渋谷 スクランブル 交差点 カメラ。 渋谷スクランブル交差点ライブカメラ(渋谷駅前ビル方面)

渋谷スクランブル交差点 ライブカメラと雨雲レーダー/東京都渋谷区

渋谷 スクランブル 交差点 カメラ

渋谷スクランブル交差点 ライブカメラと雨雲レーダーについて 東京都渋谷区の渋谷スクランブル交差点が見られるライブカメラと雨雲レーダーです。 ライブカメラは、シブヤチャンネルにより運営されており、渋谷駅前に設置されています。 ハチ公前広場、渋谷109、スクランブル交差点の人の混み具合や道路の渋滞、お天気などがライブ映像で確認できます。 台風や大雨、道路の冠水、地震などの自然災害が発生した際は、被害の状況がリアルタイムで確認でき、防災カメラとして活用できます。 では、渋谷駅前スクランブル交差点を中心とした渋谷区周辺の現在の雨雲の様子を確認することができます。 ショッピングなどお出かけ前に雨雲の動きをみて、天気予報に役立てることができます。 渋谷について [出典:wikipedia] 渋谷(しぶや:英記 Shibuya)は、東京都渋谷区の地名。 住所表記としての渋谷、渋谷一丁目から四丁目までで構成される。 渋谷駅を中心とする地域の総称。 「道玄坂」「宇田川町」「神南」「桜丘町」などが含まれる。 東京を代表する繁華街のひとつであり、最先端の流行やファッション、音楽、若者文化の街となっている 東京特別区のひとつ、渋谷区。 武蔵国の村を起源とする、明治時代以降の渋谷村・渋谷町。 渋谷駅前には忠犬ハチ公の銅像があり、そのすぐ向かいはスクランブル交差点となっている。 ライブカメラ情報 ライブカメラで東京都・渋谷区の渋谷・道路・駅・電車のリアルタイムな映像が確認できます。 ライブカメラ配信情報 配信種類 動画(YouTube) 配信期間・時間 365日・24時間 渋谷駅周辺のその他のライブカメラ 渋谷駅周辺のその他のライブカメラを地図上に表示します。 渋谷駅の周辺地図と雨雲レーダー 渋谷駅の周辺地図と雨雲レーダーをYahoo! 地図で表示します。 旅行や出張前の天候チェックにご活用ください。

次の

渋谷スクランブル交差点ライブカメラ(渋谷駅前ビル方面)

渋谷 スクランブル 交差点 カメラ

6月に入り、気温と湿度が高くなってきましたが、そんなときはできるだけ空調が効いた室内や、人が少ないところで快適に過ごしたいもの。 といっても、都心に住んでいる、都心で仕事をしている人などは、混雑に巻き込まれることは避けられません。 混雑といえば、すぐに思い浮かぶのが渋谷のスクランブル交差点ではないでしょうか。 最近はこの交差点が外国人にとっての一大観光スポットになっていて、カメラを構えている外国人の姿をとても多くみかけます。 実はあれだけの大勢の人々が四方八方に歩いているにもかかわらず、体を接触することなく信号が赤に変わるまでにスムーズに行き交う光景は、とても不思議なのだそうですよ。 今日はそんな渋谷スクランブル交差点についてご紹介しましょう。 外国人観光客に大人気のスポット 渋谷のスクランブル交差点。 外国人観光客に人気の理由とは 近年、日本を訪れる外国人観光客が急増しています。 そうした観光客の人々に高い人気を誇る観光スポットが、渋谷のスクランブル交差点です。 最近、渋谷を訪れたことがある人であれば必ず見かけていると思いますが、人々が行き交う交差点を撮影する外国人の姿です。 自撮り棒を伸ばして上から撮影したり、ビデオカメラをまわして動画を撮影する人、または交差点の周囲のビルの高層階のカフェなどから撮影する人もいます。 なぜ、私たち日本人が普通に通行している様子を撮影するのでしょうか? 実は、日本を訪れた外国人観光客のうち、なんと約4割が渋谷のスクランブル交差点を訪れるといわれています。 これはかなりの確率ですね。 数字的に見ても、渋谷のスクランブル交差点を渡る人々は、1回の青信号が瞬く間になんと3000人におよぶといわれています。 もちろん時間帯によって数は変わりますが、3000人収容のイベントホールなどを連想すると、それがかなりの規模であることがわかります。 しかも、それだけの人が一斉に動いているわけですから、見慣れた日本人にとっては驚きの光景ではないにしろ、外国人にとってはアメイジング!ということになるのでしょう。 そして、1日に換算すると渋谷のスクランブル交差点を行き交う人の数は、30万〜50万人になるのだそう。 そんな巨大な交差点を誰に頼るでもなく、ぶつからず、交差点を渡り歩くことができるのは日本人ならではの「譲り合いの精神」に基づく「高等テクニック」らしいのです。 自撮り棒で撮影する人が多数 意外?スクランブル交差点は海外発祥 ここまで多くの人々が軽やかかつスムーズにスクランブル交差点を渡りきることができるわけですから、日本がスクランブル交差点を生み出したと思っても不思議ではありません。 ところが、スクランブル交差点を初めて生み出したのは「カナダ」「アメリカ」なのです。 しかし、まさかカナダ人やアメリカ人も、ここまで巨大な交差点ができるとは思ってもみなかったことでしょう。 少し歴史をひもとくと、日本にスクランブル交差点が伝わったのは1968年のこと。 今では全国に300カ所以上のスクランブル交差点があるとされていますが、その中でも渋谷駅前のスクランブル交差点を行き交う人の数は「世界一」といわれているのです。 交差点を眺めるおすすめスポット もし、外国人観光客を案内する機会があったら、おすすめしたいスポットがあります。 それは渋谷駅と渋谷マークシティをつなぐ「連絡通路」です。 人々が行き交う全体像を撮るには、高い位置から撮影するのがおすすめですので、マークシティをつなぐ連絡通路なら、俯瞰的に撮影できるはず! 何より、通行者の邪魔にもならず安全を確保できますね。 また、外国人観光客が楽しみにしているのが「雨」の日らしいのです。 その理由は、高い位置から見ると交差点上に色とりどりの傘の花が開き、さらに迫力のある風景が撮れるから。 せっかくの観光地めぐりが雨だと残念がるケースも多いのですが、スクランブル交差点にいたっては特別のようですね。 私たちは普段あまり意識していないことかもしれませんが、日本人として大事にしたい風習ですね。 上からの眺めがおすすめ 外部サイト.

次の

渋谷のスクランブル交差点を一望! 話題の撮影スポット「CROSSING VIEW」に行ってきた

渋谷 スクランブル 交差点 カメラ

大晦日は家でまったりと過ごしたい。 一方で、年間365日あるうちのほんの10秒程度しかない「年越しカウントダウン」の高揚感も、多くの人と共有したい。 そんなニーズを叶えるのが、「ネット配信/固定カメラ」の存在だ。 本稿では、家にいながらにして、年越しカウントダウンの臨場感・興奮をライブで伝えてくれる便利なツールを紹介していきたい。 渋谷スクランブル交差点の定点カメラ 一説によると、一回の青信号で2000~3000人が往来すると言われる東京・渋谷のスクランブル交差点。 とりわけ、10月のハロウィン時やサッカー日本代表戦時の熱狂ぶりはよく知られ、良くも悪くも日本国内における「興奮の中心地」としての役割を果たしているのは言うまでもない。 当然、年越しのカウントダウンの時も、スクランブル交差点は大変なお祭り騒ぎだ。 渋谷区では、渋谷区商店会連合会、渋谷駅前エリアマネジメント協議会が実行委員会を結成し、大規模な交通規制をかけて、大型ビジョンと連動したカウントダウンイベントを3年前の大晦日から実施している。 昨年などは、ハチ前公広場、SHIBUYA TSUTAYA、ロクシタン渋谷店を結ぶあの巨大トライアングルを起点に12万人もの人が詰めかけた。 そんな渋谷スクランブルのカウントダウンは、でチェックすると良いだろう。 1年365日24時間、交差点の様子を俯瞰で確認できるこちらのライブ定点カメラ。 【LIVE CAMERA】渋谷スクランブル交差点 ライブ映像 浅草寺や東本願寺など、神社・仏閣の定点カメラ 大晦日の夜は除夜の鐘に耳を澄ませ、年が明ければそのまま初詣へ……今年は令和初のお正月。 日本人としてこのように神社・仏閣でひそやかにカウントダウンを迎えたいという人も少なくないだろう。 しかし、年が変わる前後の時間帯、有名な神社・仏閣はどこも混雑する。 お賽銭を投げ込むだけで長蛇の列をなし、数時間待ちはざらだ。 そこでおススメなのが、神社・お寺のライブ定点カメラだ。 東京の浅草寺()、池上本門寺()、京都の東本願寺()などの様子がYouTubeでライブ配信されているので、遠隔地からでもその賑わいが確認できる。

次の