ポケット アクアリウム 最後 の 守護神。 『TEPPEN』1stアニバーサリーイベント後半スタート!アイシー・ペンギーゴやクリス・レッドフィールドのシークレットカードもらえる! [ファミ通App]

キングダム

ポケット アクアリウム 最後 の 守護神

スタッフ• 原作: 原 泰久• 監督: 神谷 純• シリーズ構成: 荒川稔久• キャラクターデザイン: 戸部敦夫、大竹紀子、波間田正俊• 美術監督: 東 潤一• 色彩設計: いわみみか• 撮影監督: 吉田 寛• 編集: 松村正宏• 3DCG監督: 奥村優子• 音響監督: 高桑 一• 音楽: 関 美奈子• アニメーションプロデューサー: 磯谷麻依子• 制作統括: 斉藤健治、柴田裕司、上田憲伯• アニメーション制作: ぴえろ• 制作・著作: NHK・総合ビジョン・ぴえろ• オープニングテーマ 『Pride』 歌:Nothing's Carved In Stone 作詞・作曲・編曲:Nothing's Carved In Stone• エンディングテーマ (第1話~第19話) 『Voice of Soul』 歌:石田匠 作詞・作曲・編曲:山下和彰 (第20話~第30話) 『Destiny Sky』 歌:若井 友希 作詞:BOUNCEBACK 作曲・編曲:ats- (第31話~第38話) 『Never Ending』 歌:蛇足 作詞・作曲:BOUNCEBACK 編曲:ats- キャスト• 信 しん : 森田成一• 嬴政 えいせい : 福山 潤• 河了貂 かりょうてん : 釘宮理恵• 羌瘣 きょうかい : 日笠陽子• 王騎 おうき : 小山力也• 騰 とう : 加藤亮夫• 昌文君 しょうぶんくん : 仲野 裕• 壁 へき : 遊佐浩二• 成蟜 せいきょう : 宮田幸季• 竭氏 けつし : 辻 親八• 肆氏 しし : 高瀬右光• 楊端和 ようたんわ : 園崎未恵• バジオウ: 新垣樽助• タジフ: 高橋英則• 呂不韋 りょふい : 玄田哲章• 昌平君 しょうへいくん : 諏訪部順一• 蒙武 もうぶ : 楠大典• 蔡沢 さいたく : 千田光男• 澤圭 たくけい : 佐藤晴男• 尾平 びへい : 鳥海浩輔• 縛虎申 ばくこしん : 宇垣秀成• 麃公 ひょうこう : 斎藤志郎• 蒙毅 もうき : 水沢史絵• 李牧 りぼく : 森川智之• 公孫龍 こうそんりゅう : 斉藤次郎• 万極 まんごく : 武藤正史• 渉孟 しょうもう : 水島裕• 李白 りはく : 桐本琢也.

次の

Investment casting, investment casting products

ポケット アクアリウム 最後 の 守護神

メッシ(ムービングFW)ら8選手がスカウトに登場! セガゲームスより配信中の、サッカークラブ経営シミュレーションゲーム『プロサッカークラブをつくろう! ロード・トゥ・ワールド』(以下、『サカつくRTW』)。 この記事では、12月18日より開催される年間最優秀選手スカウトに登場する選手を紹介するぞ。 リオネル・メッシ サッカーファンならずともその名を知らない人はいないであろう「現代サッカーの神」が新プレイスタイル「ムービングFW」を引っさげて降臨! 基本能力が高く、 RWGとCFの両方のポジションに適正があるため、複数のフォーメーションコンボに採用できる。 加えて、同点以上で能力が大きくアップする新特徴「勝利への執念」、 基礎能力に関係なくプレイスキックの能力が大きく上昇することに加え、シュートスキルの発動率が大アップする「神の左足」 、さらにポゼッション戦術の味方FW選手の能力をアップさせるキャプテン特徴「ブラウ・グラーナの伝説」を所持。 攻めて良し、プレイスキックを任せても良し、キャプテンを任せても良しとポゼッション戦術での最強チームを目指すには欠かせない、完全無欠のストライカーとなっている。 ピエール・オーバメヤン イングランドで大活躍しているガボンの「加速の獅子」。 新スキルの「アグレッシブトラップ」はトラップ時に相手チームDFのスタミナを減少させる効果があり、 疲労したDF陣を一気に突破できる性能を持っているぞ。 ジェイドン・サンチョ イングランドの期待を背負う「ロンドンの神童」が、 貴重なポゼッション戦術のLWG選手としてサカつくRTWに初登場。 19歳の新星は「野生の嗅覚」でゴールを量産してくれそうだ。 ケビン・デ・ブライネ ベルギーの絶対的な司令塔。 新特徴「マークマスター」で発動率をアップさせ、「スパイダーマーク」で相手選手のスタミナを奪う。 パスやシュート能力も標準以上で、攻めて良し守って良しの万能型OMFになっているぞ。 マッテオ・ゲンドゥージ フランス期待の若手はダイナモ系統のプレイスタイルを持つDMF。 ポゼッション戦術のDMFとして汎用性が高く ドリブル能力が高いため低い位置からの敵陣突破も可能だ。 マルキーニョス パリの地で活躍するブラジルの「パワフルストッパー」。 所持スキルの 「バスタータックル」は発動率が高く、相手のシュート能力を大きくダウンさせることができる貴重なもの。 敵攻撃陣の脅威度をグッと下げることが可能だ。 カリドゥ・クリバリ セネガルの「空中戦の覇者」。 タックル・パスカットの能力が高いが、 発動すると一定時間タックルとパスカットが特大アップし続ける 「バッファロータックル」でその能力を更に強化させることができる。 ヤン・オブラク 世界No. 1GKの候補にも挙がるスロベニアの絶対的守護神。 高いセービング能力に加え、 新スキル「チェインフィード」を所持。 このスキルが発動すると味方チーム全体のトラップ能力がアップするので、守備からのロングフィードで一気に攻撃へ転じることが可能。 非常に攻撃的な能力のGKとなっている。

次の

【魔界戦記ディスガイア】星4確定ガチャ!神引きが….!【RPG】【攻略】【REN】

ポケット アクアリウム 最後 の 守護神

モデルとなったヴェネツィアの町並み 1998年より5年間続いていた無印編(オリジナル初期)の劇場版ポケットモンスターとしては最後の作品。 舞台である「アルトマーレ」はで、直訳すれば「永遠なる海」。 アルトマーレのモデルはの都市であり、ポケットモンスター劇場版シリーズとしては初の実在の街がモデルとなっている。 アバンオープニングでは、新規にTVアニメ版第1話のダイジェストが描かれた。 また、歴代の映画の主役ポケモン(・・・)がどこかに変わった姿で登場する。 のが音楽を担当し、予告編にアルバム「運命のレシピ」の「most decision」を使用する。 本編は「」の「ひとりぼっちじゃない(映画バージョン)」を使用した。 シングル「ひとりぼっちじゃない」は一部の歌詞が異なる。 キャッチコピーは「 "心のしずく"が伝説のポケモンをよびさます。 ポケットモンスター劇場版シリーズにおいて傑作と評価され、またシリーズで唯一、に出品されるなど作品としては高評価を得た。 作品単独でのは26. 7億円を記録、第18作目の『』が公開されるまで歴代のポケモン映画で最も低い作品であった。 時系列は第248話以降である。 前作まで使用されていたでの制作を中止し、今作以降劇場版ポケットモンスターシリーズはすべて制作となったため、無印編の劇場版においては最初で最後のデジタル制作となった。 2017年、「」の公開記念として、人気投票企画「推しポケモン映画ナンバーワンはキミにきめた!」でポケモン映画19作品の中から1位に選ばれ、は「あの頃感。 美しい水の街の描写とアコーディオンの音色!」と再評価された。 あらすじ [ ] 旅を続けるサトシ達一行は、水の都と呼ばれる美しい町「アルトマーレ」にやって来ていた。 サトシとカスミはこの時期に行われるアルトマーレの名物「水上レース」に参加する。 レース後に街を観光をしていると、サトシは女の子が襲われているところに遭遇する。 助けている途中ではぐれてしまうが、博物館で再び姿を見かけ追いかける。 不思議な壁を通り抜けた先の庭園で、その女の子は伝説のポケモン、ラティアスが変身していたと判明する。 ラティアスが姿を借りていた少女カノンと、その祖父ボンゴレに、この町に伝わる御伽話を聞かされると、サトシはこの町に忍び寄る不穏を感じ取る。 その裏では怪盗姉妹のザンナーとリオンが悪事を企てているのだった。 登場人物 [ ] レギュラー [ ] 詳細は個別記事かを参照。 - ポケモンマスターを目指す主人公。 声 - 技:10まんボルト サトシの相棒であるポケモン。 声 - サトシを旅を共にする少女。 水上レースで優勝を果たす。 声 - サトシと旅を共にし、ブリーダーを目指している。 声 - カスミの所持するポケモン。 声 - ロケット団員。 今回のロケット団はサトシ達とあまり絡まず、別行動をしているが毎回散々な目にあっている。 声 - ロケット団員。 怪盗姉妹のザンナーとリオンの存在を知っていた。 声 - 人間の言葉を珍しく話せるロケット団員。 声 - サトシの手持ちポケモン。 水上レースのパートナーとして使用するが、優勝を逃してしまった。 、 声 - 大谷育江、三木眞一郎 技:バブルこうせん(サニーゴ)、みずでっぽう(ニョロトノ) カスミの手持ちポケモンたち。 サニーゴは水上レースでカスミに優勝をもたらしている。 その後、カスミにサトシを探すよう頼まれ、ニョロトノと共に「バブルこうせん」と「みずでっぽう」のダブルでカブトプスを撃退した。 声 - 三木眞一郎 技:たいあたり タケシの手持ちポケモン。 タケシにサトシを探すよう頼まれる。 サトシがカブトプスに襲われた際は体当たりで吹っ飛ばした。 ゲスト [ ] カノン 声 - 絵を描くことが好きな少女。 祖父のボンゴレと共に「こころのしずく」を守っている。 ラティアスとは友達であり、最初は庭園に無断で入ったサトシを疑うが、すぐに誤解と分かり仲良くなる。 また、予告編では彼女が「こころのしずく」の力を開放しているシーンがあるが、本編ではそのようなシーンはなかった。 ボンゴレ 声 - アルトマーレのゴンドラ職人でカノンの祖父。 博物館の案内なども行う。 先祖代々からの「こころのしずく」を守る一族である。 怪盗姉妹 本作のゲスト悪役。 名の知れたおしゃれな怪盗。 アルトマーレには「こころのしずく」を盗みに訪れ、その目的のためにラティアスやラティオスを襲う。 ED中にて、逮捕され刑務所に収監されている描写が描かれている。 なお、視聴者に彼女らが姉と妹の区別を付けられるのは、リオンが一瞬だけ「姉さん」と叫ぶシーンのみである。 ザンナー 声 - 怪盗姉妹の姉。 長いカールのかかった金髪が特徴。 宝石などの金品を好む。 高飛車で自らの容姿に心酔しており、毎日メイクは欠かせない。 ただし、妹とは異なり金品を手に入れる事が目的のため、世界征服等の野心はなく、暴走する妹に止めるように忠告している。 使用ポケモン 声 - 技:サイケこうせん、サイコキネシス、スピードスター、たいあたり。 リオン 声 - 怪盗姉妹の妹。 短い銀髪が特徴。 姉とは違い、宝石などの金品には興味が薄く、野心かつ冷酷な性格で世界征服を目論む。 姉との姉妹喧嘩にはムキになる面も。 使用ポケモン 声 - 技:ナイトヘッド、いとをはく ロッシ 声 - 水上レースの前大会優勝者。 カスミが優勝した際には、餞別としてゴンドラに乗せてくれるなど、気前の良い人物。 使用ポケモン レース時のパートナー。 アナウンサー 声 - 水上レースの実況アナウンサー。 アドリブ(広川節)で有名な広川が担当したため、アドリブの多い実況を演じた。 、 声 - 、三木眞一郎 技:はかいこうせん(プテラ)、きりさく(カブトプス) 「こころのしずく」により復活したポケモン。 リオンの命令でラティアスを捕まえようとするも、プテラは襲う途中で建物に激突、カブトプスは駆け付けたクロバット、サニーゴ、ニョロトノによって撃退された。 声 - 林原めぐみ 水の都「アルトマーレ」に住む伝説のポケモンでラティオスの妹。 ラティオスと共に「水の都の護神」と呼ばれ、「秘密の庭」に住む。 大昔、街にもたらされた「こころのしずく」を代々護っている。 ラティオスとはとても仲の良い兄妹。 また、ラティオスが見ている状況をその場で映す「ゆめうつし」を使う。 水上レース中、壁に激突しそうになったサトシを助け、その後水道を使いたがっていたピカチュウのために水を出すなど心優しく、また好奇心旺盛で無邪気な性格。 自分の見た目を変えることで透明になる他、カノンの姿にも変身でき、その姿で秘密の庭から出て街を散策することもある。 ただし体温は違うほか、人の言葉を話すことはできない。 サトシの人間性を感じたのか彼に好意を持ち、自分達が住んでいる秘密の庭に導く。 ラティアスがカノンに度々変身しサトシたちを度々混乱させる場面があるが、基本的に帽子を被っているのがカノン自身で、被っていないのがラティアスである。 声 - ラティアスと共にアルトマーレに住む伝説のポケモンでラティアスの兄。 ラティアス同様「こころのしずく」を代々護っている。 滅多に人に姿は見せず、普段は妹と共に透明になっている。 サトシが初めて庭を訪れた際は、不審から全力で追い払おうとするが、誤解が解けた後は傷付いたピカチュウを気遣い、遊びに付き合ったり、ラティアスの悪戯で空中から落とされたサトシを受け止めるなど、素直な優しさも見せるようになる。 非常に妹想いで、怪盗姉妹の秘密の庭への襲撃時は自らの身が傷付くことをいとわず、ラティアスを庇い逃がす。 最終的にはアルトマトーレを救うために、妹の前に消滅して、新たな「こころのしずく」として生まれ変わる。 なお、アメリカ版で公開されたバージョンでは江原ではなく、林原に差し替えており、外国版でポケモンの声優が別の日本語声優に変更されるのは今作のみである。 その他 [ ]• ゲームボーイアドバンス 映画公開記念として、ラティアスとラティオスをデザインしたゲームボーイアドバンスが発売された。 エンディングの少女 エンディング直前に、"帽子を被っていない"カノンの姿をした少女がサトシの頬にキスをする場面が存在するが、このシーンに関して、カノン本人がしたのか、カノンに変身しているラティアスがしたのかは不明。 また、この場面に使用されているBGMの曲名は「カノン」となっている。 それ以外のカノン、カノンに変身したラティアスが登場する場面で使用されているBGMの曲名は「謎の少女」および「謎の少女、再び(迷宮)」。 見分け方として少女がどちらであるかは、帽子を被っているか否かで判ると前述の書籍では解説されているが、エンディング直前の場面では帽子はカノンの部屋のイーゼル(三脚)に掛けてある状態であり、例えカノンだとしてもその時カノン本人は被っていないことがわかる。 オープニングにて一瞬だけポリゴンが登場している。 これはが起きた「でんのうせんしポリゴン」以来の登場。 劇場版でのポリゴンの登場がこれが最初で最後となった。 スタッフ [ ]• 原案 -• スーパーバイザー -• アニメーション監修 -• エグゼクティブプロデューサー - 、川口孝司• プロデューサー - 、松追由香子、盛武源• アニメーションプロデューサー - 、• アソシエイトプロデューサー - 川原章三、山内克仁、大橋美紀子、山下善久、千田寿嗣、吉田紀之• アシスタントプロデューサー - 福田剛士• TVリレーションシップス - 岩田圭介、岩田牧子• デスク - 藁科久美子、島村優子、金原由香里• 脚本 -• 絵コンテ - 、、• 演出 - 、鈴木輪流郎、、井硲清高• キャラクター原案 - 、藤原基史、森本茂樹、吉田宏信、太田敏、にしだあつこ、斎藤むねお、吉川玲奈、奥谷順• キャラクターデザイン - 玉川明洋、、• デザインワークス - 近永健一、ゴトウマサユキ、コレサワシゲユキ、• 作画監督 - 玉川明洋、、松原徳弘、毛利和昭、高橋英吉、、• 動画チェック - 榎本富士香、齋藤徳明、室岡辰一、大島嘉代、吉野満純、山中正博、森出剛• 色彩設計 - 吉野記通、佐藤美由紀• 色指定 - 手嶋明美• 検査 - 石川直樹、伊藤良樹、伊藤敦子、奥井恵美子、安藤有由美、粕田信治、川崎亜矢、中沢賢宏• 特殊効果 - 太田憲之• 美術監督 -• デジタルワークス - 高尾克己• 撮影監督 -• CGI監督 - 鹿住郎生• 2Dディレクター -• プロダクションマネージャー - 大竹研次• チーフ3DCGデザイナー - 佐藤誠• 編集 - (辺見俊夫)• 編集助手 - 板部浩章、神野学、今井大介• 現像 -• 音楽 - 、• 音楽プロデューサー - 斎藤裕二、• 一部原曲・作曲 - 一之瀬剛、青木森一• 音響監督 -• 音響プロデューサー - 南沢道義、西名武• 制作担当 - 小板橋司• 制作進行 - 牧野治康、児玉隆、加藤浩幸、、古宮磨里、村上修一、亀井康輝、上野弘泰• アニメーション制作協力 - 、• アニメーション制作 -• 制作 -• 監督 - 湯山邦彦• 本編のとは、発売。 本作以降DVDは公開された年の12月発売となっている。 映画10周年を記念して発売された「劇場版ポケットモンスター PIKACHU THE MOVIE BOX 1998-2002」に収録されている。 映画15周年を記念して発売された「PIKACHU THE MOVIE PREMIUM BOX 1998-2010」に収録されている。 こちらは映像や音声がリマスタリングされ規格もへ変更されている。 なお、オリジナル版とは、• プロローグで神話が語られる部分が削除されている• ザンナーとリオンがロケット団に所属している• 「こころのしずく」にラティオスの魂が宿った旨の表現が明確化されている などの点で異なる。 また本作は、ポケットモンスターの劇場版作品では唯一の最終選考エントリー作品となっている。 脚注 [ ] []• 2015年6月4日閲覧。 でも登場している• 駒井尚文 2002年7月16日. 2002年8月12日時点のよりアーカイブ。 2012年11月6日閲覧。 に同日公開されたは、2作合算で43. 3億円となっている。 カスミのニョロゾがニョロトノに進化しているため。 テレビ東京系放送のアニメでは第261話「ヤドキング! おうじゃのしるし! 」同年放送よりデジタル彩色化• 他のパターンでは英語声優、あるいは日本統一声優等がある。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• (日本語)• (英語)•

次の