無一郎の兄。 時透無一郎の覚醒の謎/あの小悪魔的な性格はどこからきたの?

【鬼滅の刃】時透有一郎についてまとめてみた【無一郎の兄】|サブかる

無一郎の兄

誕生日:8月8日生まれ 年齢:14歳 身長体重:160㎝ 56㎏ 階級:霞柱(かすみばしら 風の呼吸からの派生で霞の呼吸が生まれたといいます。 使い手の無一郎も、まさに霞のごとく常にぼーっとしていることが多い印象。 誰がどうなっても特に気にならないが、しかし親方様の話を遮られることだけは許さない 笑。 ものごとを長く記憶に留めておくことができず、すぐに忘れてしまう。 感情は表に出ず無表情。 音柱・宇髄天元の話によると刀を持ってわずか2ヶ月で柱に上り詰めた天才剣士なのだとか。 努力はするが、無駄が嫌いなようで、作中でも小鉄から無理矢理からくりを出させ戦うなどしている。 炭治郎曰く「言っていることは正しいが配慮に欠けている」行動をしている。 ・・・。 ・・・。 これだけを見ると血も涙もない冷酷非道な人物に思えてきますが、実はこうなってしまった訳があるのです。 無一郎は両親と双子の兄の4人家族。 杣人(そまびと:木こりのこと)で生計を立てていました。 しかし母が風邪を拗らせ肺炎に、薬草を採りに行った父は崖から落ちて共に帰らぬ人に・・・。 兄の有一郎と2人で生活していると、夏のある晩、その夜はとても暑くて戸を開けたままにして寝ていました。 そこから鬼が入ってきたのです。 有一郎が先に傷つけられ鬼は騒ぐなと。 「いてもいなくても変わらないようなつまらねぇ命なんだから」 (コミックス14巻より引用) そこから先の記憶はほとんどありません。 頭に血が上り、言いようのない怒りがこみ上げてきて、気がついたら鬼は死にかけていました。 手には木を切る際に使う斧や金鎚が。 鬼の頭は大きな石で潰れ、体には木の杭が打ち付けられていました。 状況から見て無一郎がやったのでしょう。 その後お館様の妻であるあまね達に発見され、無一郎は一命を取り留めますが、有一郎は助からず・・・無一郎は天涯孤独となってしまいました。 怪我がひどく、頭に包帯も巻いています。 布団に寝ている無一郎に対し、お館様がこめかみを指しながらこう言いました。 「些細な事柄がはじまりとなり、君の頭の中の霞を鮮やかに晴らしてくれるよ」 と。 前の回想から事故等で怪我をし、なおかつ 記憶が失われていることが分かります。 まさか霞と霞柱をかけたなんてそんなそんな…え、ないですよね??(汗) 記憶がないということは無表情な無一郎は本当の彼の姿じゃないのでは…?? それでは怪我を負う前…過去の無一郎はどのような人物だったのでしょう? 無一郎のホントの気持ちは… 無一郎は「人のためにすることは巡り巡って自分のためになる」という父の教えを守る心優しい少年でした。 それに対し、兄の有一郎は口が悪く、死んだ父や母の悪口を言います。 あまりの言いように無一郎は泣きながらそんな言い方するなと怒りますが、有一郎は眉間に皺を寄せたまま「俺は事実しか言っていない」と言い放ちます。 本当に意地悪な兄・・・に見えますよね。 でも、死ぬ間際にはこう言っています。 「神様 仏様 どうか弟だけは助けてください。 弟は…俺と…違う…心の優しい子です。 」 (コミックス14巻より引用) 「悪いのは俺だけです。 バチを当てるなら俺だけに…」 (コミックス14巻より引用) 嫌われていたと思っていた無一郎はそこで本当の有一郎の思いに気づきます。 両親共に失い、子ども2人で生活をしなければならない。 頼れる大人もいない。 俺が、守らねば、と… ですが、有一郎だって同い年のまだまだ小さな子ども。 余裕があるわけがない。 あまねを追い返していたのも、もしかしたら怖い大人かもと思ったから。 周りに誰も寄せ付けなければ安全という自己防衛からでしょう。 剣士になろうと話題を振られた時はきっと恐ろしかったのでしょうね。 剣士になりもしそれで無一郎が死んだら? 誰もいなくなったら? 幼い心は必死で弟をつなぎ止めようとしていたのではないかと思います。 素直に気持ちを伝えられない不器用な弟思いの兄だったのです。 記憶がなくなったあと、無一郎の性格が変わってしまったのはなぜ? 読み進めていく上で私が思ったこと。 両親のことを忘れたくなかったから…? 最初は父と母。 これは元々の性格だったと言われればそれまでですが、心優しく楽観的で、人のためになることをしたいと思うようなそんな子でした。 その姿を見た兄の有一郎は「本当に母さんと父さんにそっくりだな」と言われます(まあ有一郎は激怒している場面ですが…) 兄のことを忘れたくなかったから…? 次に有一郎。 作中でも回想に入っている際、口の悪い無表情な兄を見て「今の僕に似ている」と話しています。 確かに表情をあまり表に出さないところ、人のためなんてどうでもいいなんてところも似ていますね。 兄っぽい性格でふるまっていた?真相 それではなぜ記憶をなくした後、兄のような性格になってしまったのでしょうか? これは私の推測にすぎないのですが・・・ 兄が目の前で死に、無一郎は精神的にも肉体的にも限界がきた結果、その小さな体では抱えきれない恐怖、不安、悲しみ、憎しみから心を壊さないために、記憶をなくしてしまったのではないかと思います。 でも、それでも。 体のどこかでは覚えていたい、忘れたくない、忘れちゃいけないと本能的に感じ取った為、無意識に兄と似た性格になったのではないかと思います。 鬼に飛ばされた無一郎はすぐさま敵地へ戻ろうと足を飛ばします。 その途中で小鉄が鬼に遭遇しているところを発見するが、冷静に分析そして彼よりも里を、長を守ることが優先と判断する。 そんなときに浮かんでくる炭治郎の言葉・・・ 「人のためにすることは 巡り巡って自分のために」 (コミックス12巻・14巻より引用) 今まで何に対しても無頓着でいた 彼が目を見開き、初めて表情の変化が見られたシーンでした。 そして自分の分析とは反し、小鉄を助ける選択をします。 しかしこれはただ単に炭治郎の言葉に心を打たれた、というだけではないのです。 実はこの言葉は無一郎にとって特別な言葉だったのです。 それは 無一郎の父が口癖としていた言葉でした。 ここから無一郎はどんどん記憶を思い出していくのです。 なぜ炭治郎がイメージとなって語りかけたのか? さらに、なぜピンチの時に炭治郎が頭をよぎるのか。 炭治郎本人から言われていない言葉も、無一郎の頭を巡る。 「思い出したよ。 僕の父は君と同じ赤い瞳の人だった」 (コミックス14巻より) つまり炭治郎の顔立ちそのものが無一郎の記憶を呼び覚ますきっかけになっていたのです。 でも日の呼吸の子孫である無一郎の父と炭治郎が似てる、なんて偶然ではないですよね?? ・・・ ともかく、記憶を取り戻した無一郎は覚醒しました。 顔に雲のような痣が浮き出て、今までにない位の力を発揮し、あっという間に十二鬼月である玉壺に見事打ち勝つのでした。 いつも空ばかり見ていたから雲の痣が浮き出てきたのかもしれませんね。 どこで知ったのか、無一郎達は始まりの呼吸と呼ばれる 日の呼吸を使う一族の末裔であったことが判明。 私のイメージだと霞は風+水のような気がしますが、まあ独自の性質変化ですよね。 日の呼吸は杏寿郎の父でさえも嫉妬した使い手なので、日の呼吸自体使える人はほんの一握りなのでしょう。 いくら末裔だからと言って日の呼吸自体を受け継いでいるわけではないようですね。 また無一郎の家庭では木を扱っている仕事に従事していた為、日から風に性質変化。 さらには記憶を失う、などなど・・・体の変化も+され鍛錬していく中で 自分だけの呼吸が発現した?とも考えられますね。 まさか炭治郎と同じように、 今後物語が進む中で日の呼吸発現…?!なんてこともありえなくないかもしれません!• 覚醒前の無一郎の性格は死んだ兄に近い。 なぜなら大事な兄のことまで忘れることを恐れたから?• 覚醒直前に現れた炭治郎は、実は父親のイメージだった。 炭治郎ととても似ていた• 無一郎は日の呼吸の末裔だが、継承が途絶えていたことなどから、独自の「霞」に行きついた? 優しい心の持ち主から亡くなっていくことが多くて胸が張り裂けそうです。

次の

【ネタバレ注意】鬼滅の刃 179話 兄を想い弟を想い【感想】表紙絵は黒死牟の両腕か?時透無一郎と不死川玄弥はどうなる?

無一郎の兄

柱に2ヶ月で登りつめた天才剣士 時透は日の呼吸の使い手の子孫であり、刀の才覚に恵まれた血統です。 生まれ持った血統と並外れた鍛錬により、短くとも2年はかかると言われる柱に、約2ヶ月で登りつめます。 無一郎の来歴・活躍 刀鍛冶の里編 縁壱零式を使った訓練のため、刀鍛冶の里を訪れていた無一郎。 極秘な土地である里には平和な空気が流れていましたが、突如 上弦の鬼「玉壺」「半天狗」が襲来。 その場にいた炭治郎、甘露寺蜜璃、玄弥とともに戦いに挑みます。 しかし切れ味の悪い刀で戦ったことにより、水獄壺に閉じ込められてしまいます。 死を覚悟した無一郎でしたが、土壇場で小鉄が無一郎を命がけで救助。 小鉄の行動をきっかけに失った記憶を取り戻し、 痣を発現して玉壺の単騎撃破に成功します。 無限城編 産屋敷にもとに鬼舞辻無惨が襲来。 隊士たちは無惨の根城「無限城」に吸収され、ついに総力戦が始まります。 無一郎は無限城内で、祖先である黒死牟と対峙。 上弦の鬼である黒死牟に、仲間3人と共に立ち向かう玄弥ですが、呼吸と血気術の両方を扱う黒死牟に、圧倒されてしまいます。 しかし、土壇場で 無一郎の刀が赫刀化し黒死牟を攻撃。 大きな隙を作り出し、首を切断するチャンスを作り出すのでした。 激闘の末、無一郎は亡くなってしまいます。 主役級キャラクターの紹介記事 無一郎オリジナルの技。 高速移動と低速移動を繰り返し、敵を撹乱させた隙に、鬼の首を切断します。 時透の過去と記憶 木こりの家庭に生まれる 無一郎は、八王子に住む杣人 木こり の家庭に生まれます。 木を切る仕事を手伝いながら、双子の兄「有一郎」を含めた4人で暮らしていました。 両親が死に兄と2人暮らしに しかしある日、母が肺炎にかかり亡くなってしまいます。 一方で父は、肺炎を治すために薬草を取りに行った際、崖から転落して死亡。 10歳で、兄と2人暮らしになります。 冷たい言葉を使う兄との生活は、息が詰まるようでした。 突如訪れる兄の死 11歳になった頃、2人は夜に鬼に襲われます。 鬼により有一郎の腕が切断され、怒りに我を忘れた無一郎は、朝日が登るまで鬼の頭を潰し続けました。 鬼を倒した後、這うように家に戻った無一郎が見たのは、瀕死の兄の姿。 意識がほぼない有一郎は「 無一郎の無は無限の無なんだ」という言葉を最後に残し、息を引き取ります。 鬼への憎悪から鬼殺隊へ 体を動かせない無一郎は死の淵を見ますが、運良く産屋敷一族に保護されます。 しかし 最愛の兄が死んだことで、記憶を失います。 一方で鬼に対する怒り・憎悪は、体に深く刻み込まれており、忘れることはありませんでした。 こうして無一郎は、鬼殺隊入隊を決意するのです。 時透推しになるエピソード2選 先祖「黒死牟」との激戦 無一郎は、上弦の壱「黒死牟」との戦いで亡くなります。 無一郎の祖先である黒死牟は、柱3人と玄弥に対しても互角以上に戦う、まさに最高峰の鬼でした。 黒死牟との激戦の中で、無一郎は透き通る世界と赫刀を発現。 首を克服した黒死牟に致命傷を与えますが、その過程で両腕・片足・胴体を切断されてしまいます。 最終的に黒死牟を倒すことができますが、それの代償として無一郎は息を引き取るのです。 あの世で兄「有一郎」と再会 14歳で生涯を終えた無一郎は、あの世で兄「有一郎」と再会。 しかし兄から告げられたのは「こっちに来るな、戻れ」という言葉でした。 兄が無一郎を拒絶したようにも解釈できますが、無一郎を傷つけるためではなく「無一郎に長く生きて欲しかった」という愛情から出た言葉だったのです。 「幸せな人生だった」と告げる 一方で無一郎は、頑張ったことを兄が褒めてくれないことに困惑します。 仲間のために命をかけ、逃げずに戦ったことを後悔していません。 「無駄死にだ」と兄に辛い言葉をかけられながらも、家族・鬼殺隊の仲間と過ごした時間を思い出しながら「自分は幸せだった」と兄に告げます。 イチョウが降り注ぐ中最後を迎える 無一郎が無駄死ではないことは、有一郎も心の底で理解していました。 しかし深い愛情ゆえに厳しい言葉を使ってしまった有一郎。 無限の可能性を秘めた無一郎に、誰よりも生きて欲しいと願っていたのです。 涙を流しながら「ごめん…。 だけど無一郎だけは死なないで欲しかったんだ」と伝えます。 そして最後は「長寿」という花言葉を持つイチョウが降り注ぐ中、2人が抱き合うシーンで幕を閉じます。 現代にて転生者が登場 現代編にて、転生者と思われる人物が登場。 再び双子として生まれ変わり、有一郎と共にベビーカーの中で仲良く眠る姿が描かれています。 現代編の子孫・転生者について 過去が明らかになる14巻 無一郎の初登場巻は6巻。 そして14巻では、無一郎が記憶を失った理由・過去、上弦との戦いが描かれています。 U-NEXTではお試し登録することで、無料で鬼滅の刃14巻を読むことができます。 無一郎について詳しく知りたい方は、以下のリンクから14巻を無料で読みましょう! 時透の担当声優・プロフィール 声優は河西健吾さん 時透無一郎の声を担当されたのは「河西健吾」さんです。 慎重勇者のマッシュや転生したらスライムだった件のゲルミュッドなどを演じられています。 プロフィール 名前 時透無一郎 階級 霞柱(かすみばしら) 誕生日 8月8日 身長 160cm 体重 56kg 出身地 (東京都 八王子 景信山) 趣味 紙切り、折り紙 好きなもの ふろふき大根 登場人物の現在の生存状況はこちら 主役級キャラクターの紹介記事.

次の

【鬼滅の刃】時透無一郎のイラストがかわいい!死亡シーンが泣ける【鬼滅の刃】

無一郎の兄

ぼんやりした表情をしており、何を考えているかよくわからない雰囲気で、記憶を失っています。 初登場時、主人公・竈門が鬼と化した妹・を連れて行動していることが問題となり柱が集結する場面では、他の柱たちがの問題に集中しているなか、一人空を見上げていました。 このように、無一郎はボーっとしているように感じられますが、鬼との闘いではその実力をいかんなく発揮しています。 実は無一郎は天才と言われる剣士です。 無一郎の使用する日輪刀 刀の目貫部分は無一郎の髪色と同じエメラルドグリーンをしており、鍔は四角が五つ重なったようなデザインをしています。 刀身は白く、「悪鬼滅殺」という文字が彫られています。 この「悪鬼滅殺」という文字は柱の日輪刀に共通して彫られている文字です。 担当の鍛冶屋は鉄井戸であり、高齢のため引退し鉄穴森に無一郎の家事を引き継いでいます。 鍛冶屋の集落で縁壱零式 からくり人形 と修行した際に日輪刀が折れてしまったため、縁壱零式が所持していた刀を一時的に使用していたが、新たに担当になった鍛冶屋・鉄穴森により新製されました。 時透無一郎の強さ 前述したとおり、無一郎は刀を手に取ってからたった二か月で柱となった人物です。 無一郎の技 壱ノ型 垂天遠霞 名前にあるように遠い天に向かって刀を突く技です。 弐ノ型 八重霞 何度も斬撃を繰り出し、対象を斬りつける技です。 参ノ型 霞散の飛沫 刀を大きく振って円を描いて繰り出す回転技で、複数の対象を攻撃したりはじく事が可能です。 肆ノ型 移流斬り 対象の足元に滑り込むように低い姿勢で移動し、下から上方へ斬り上げる技です。 伍ノ型 霞雲の海 周囲に霞がかかり、高速で対象に幾度も斬りつける連撃です。 陸ノ型 月の霞消 高速で刀を振るうことで広範囲に攻撃する技で、周囲には霞がかかっています。 漆ノ型 朧 無一郎自身で編み出したオリジナルの技で、緩急をつけて動くことで相手を錯乱させます。 黒死牟との決死の戦い とは、無惨率いる鬼の中でもトップに位置する「上弦の壱」の鬼です。 いつも無一郎にきつく当たっていた兄は誰よりも弟を想っていたのです。 その兄・有一郎は仲間のために命を賭して戦った無一郎を「よく頑張った」と出迎えてはくれませんでした。 それでも無一郎は仲間のために頑張ったのであり、「幸せになるために生まれてきた」と言います。 兄・有一郎も本当は無一郎に生きていてほしかったため、きつい言葉を言ってしまったようで、無一郎に謝罪の言葉を言って二人は抱き合います。 二人の周りには長寿の花言葉を持つイチョウの葉が降り注いでいました。 時透無一郎の声優は河西健吾さん 時透無一郎の声優は河西健吾さんです。 他にも炎炎ノ消防隊のトオル岸理やDr. STONEのあさぎり ゲンを担当しています。 時透無一郎の名言・名シーン 柱の中でも最高レベルの実力を持つ無一郎の戦闘シーンはかなり迫力があり、霞によって美しさすら感じることもあります。 そして、兄との再会シーンはかなり感動的です。 そんな無一郎の数ある名シーンのなかから厳選したシーンをご紹介します。 邪魔になるからさっさと逃げてくれない?

次の