トラベルコ 台北。 ¥13,950

お知らせ

トラベルコ 台北

写真:木内 つばめ 特に男のお子さんには見せてあげたい「台北駅(台北車站)」。 台湾鉄道・高速鉄道・MRT(地下鉄)の3つの駅が集結している、東京駅のような巨大駅です。 まずパチリと1枚写真に収めたくなるような場所が切符売り場(写真)。 圧巻の広さを保ったこの空間は駅というより、まさにホールのような場所。 天井が高く、行き交う人の足音が響き渡る趣きたっぷりの旅の拠点となっています。 また駅に来たら必ずチェックしておきたいのが、台湾の鉄道グッズ。 日本人にとってはレアで思い出に残るものがどっさりあります。 定番の車両型おもちゃ、汽笛の音がする笛、文具等など子供にとっての「お宝」が数々販売してあります。 台湾の駅弁も購入できるので、食事付きで隅々まで台北駅を大満喫するプランなんていかがでしょう。 身近だけどかなりポイント高し!台北のホテルプール 写真:木内 つばめ 台北市内を歩いていると遊具のある公園に出くわすことがあるのですが、中でも驚愕的な規模の公園が「大安森林公園」。 ニューヨークでいうセントラルパークのように、台北における都会のオアシス的な存在なのです。 自然豊かな公園内で子供が思わず飛びついてしまうのがここのプレイグランド。 しっかりした遊具がいくつもあり、それらが空中で繋がっているので高いところをどこまでも渡り歩いていけるという子供にはたまらないスペシャルな遊び場。 ブランコだけでも10以上あり、きれいな砂場も完備。 ローラースケート場まであります。 東京都内でもこれだけ遊具の豊富な無料の公園はないかもしれません。 2013年にこの公園に直結したMRT信義線も開通したので、増々行きやすくなってます。 また、この辺のエリアはかなり道がきれいに舗装されているので、ベビーカーでも行きやすいですよ。 写真:木内 つばめ 雨の日には遊べる本屋「誠品書店」に行ってみてはいかがでしょう?台北市内に何店舗かあるのですが、駅から近くて特に行きやすいのが「誠品信義店」。 ここの5階はおもちゃ、絵本、子供服が揃った可愛らしいフロアとなっております。 おもちゃは日本では見ないような珍しいものも結構あります。 ファンも多いプレイモービルが多数販売されていたり、またクラフト系のワークショップが開催されていたり。 「その場で実際に試せる・遊べる」ものが数多く展示されているのがここの魅力です。 オムツ替えコーナーや授乳室もあるので信義エリアを訪れるときはここを覚えておくと便利です。 このお店は代官山の蔦屋書店のモデルになったことでも有名。 他のフロアには大人もじっくりみたくなるような雑貨や本があるので、交代で子供のお世話をしながら、パパとママもお買い物を楽しんでもいいですね。 写真:木内 つばめ 台北では有名な夜市がいくつかありますが、それはまさに夏にしか味わえない日本のお祭りの雰囲気。 露店のゲームも射的やピンボール型のパチンコを弾いて景品をもらうというシンプルなものが多く、嬉しいことに価格も良心的。 うまく使えないまま残ってしまったコインで、この時ばかりはちょっとゲームを楽しませてあげるのもいいかもしれません。 お祭りならではのような食べものも売っているので、子供も喜ぶこと間違いないでしょう。 いろんなお店を見たいなら規模の大きい「士林夜市」(写真)へ。 逆にお子さんまだ小さくて広すぎるところは不安という方は「寧夏路夜市」あたりがちょうどよい見やすさです。 夜市はたいへん混み合うので早めの時間に行ってみましょう。 ベビーカーではかなり歩きにくいので、この時ばかりはホテルに置いて行った方がよいです。 子供でもおいしい台湾グルメ、そして「ハローキティジェット」搭乗も?! エバー航空ではアメニティも可愛らしい「ハロー キティジェット」も運航しているので、航空会社にもこだわると機内の時間からより楽しい台北旅行を演出することもできます。 大興奮間違いなしのビックサイズなかき氷、子供も大好きな小籠包、MRTのコイン型の切符・・・小さいことでも子供目線では刺激が溢れている台北。 また台湾の方は子供にとっても親切なので、たいへん旅行しやすいです。 ぜひご家族で何年経っても話に出てくるような、思い出深い台北旅行をしてみてはいかがでしょう。

次の

《台湾旅行&台湾ツアー》格安予約サイト|ハッピーホリデー【公式】

トラベルコ 台北

、管轄下の行政区域()の中で初めて直轄市に昇格した。 2019年10月時点での人口は2,646,204人 であり、市域の人口ではのに抜かれたものの、の である。 最大のであるの中枢都市であり、屈指のでもある。 面積は約272で四方をに囲まれている。 台北市の衛星画像 台北市は急速な人口増加のため、台北盆地の山際にまでが進展している。 北部は夜市で有名な士林、山の手高級住宅地の、で有名な北投から、地域内には台北最古の寺・が立地しているにいたる。 中心部は古くから栄えた地域であり、日本時代の建築や清時代の遺構が多い。 総統府、台北最古の寺の一つの、古くからの繁華街・西門町もここにある。 南部には茶の産地であるを擁する。 地形 [ ] 台北市はに位置し、(休火山)が市北部北部に位置し、市南部の円山、大直、内湖に向かって緩やかな傾斜を生み出している。 最高海抜は七星山の1,120mであり、続いて大屯山の1092mが続いている。 山間部の中心はの外延に広がる火山地帯である。 市東部の、及び南部のでは丘陵地帯となっており、標高約300mの(拇指山系)が広がっている。 水系 [ ] 台北市内はの流域に分類される。 淡水河は主流以外に支流の新店渓が(大龍峒、大稲 埕)、、公館、景美などの地域を流れている。 はや、南港、松山、内湖、大直、士林、社子を経た後関渡一帯にて淡水河で合流している。 河道が湾曲していることから、かつては大雨ごとに水害が発生していたが、現在は士林、内湖、南港の河道を修正する工事を行い水害被害を防ぐ治水事業が完成している。 これ以外にはは景美にて新店渓より分岐し、景美、木柵を経て新北市へと流れている。 は士林、北投境界一帯より基隆河が分岐したものであり、はその双渓より分岐している。 双渓は芝山岩、外双渓谷(附近)を流れ、鉱渓は石牌、天母などを流域に含んでいる。 ケッペンの気候区分では Cfa に属する。 台湾では四季の変化が顕著な地域であり、一般に3~5月を春、6~8月を夏、9~11月を秋、12~翌年2月を冬としている。 8 92. 8 31. 8 89. 2 35. 0 95 36. 2 97. 2 38. 2 100. 8 38. 7 101. 7 38. 6 101. 5 39. 3 102. 7 38. 6 101. 5 36. 8 98. 2 34. 3 93. 7 31. 5 88. 7 39. 3 102. 1 66. 4 19. 6 67. 3 22. 1 71. 8 25. 7 78. 3 29. 2 84. 6 32. 0 89. 6 34. 3 93. 7 33. 8 92. 8 31. 1 88 27. 5 81. 5 24. 2 75. 6 20. 7 69. 3 26. 6 79. 1 61 16. 5 61. 7 18. 5 65. 3 21. 9 71. 4 25. 2 77. 4 27. 7 81. 9 29. 6 85. 3 29. 2 84. 6 27. 4 81. 3 24. 5 76. 1 21. 5 70. 7 17. 9 64. 2 23 73. 9 57 14. 2 57. 6 15. 8 60. 4 19. 0 66. 2 22. 3 72. 1 24. 6 76. 3 26. 3 79. 3 26. 1 79 24. 8 76. 6 22. 3 72. 1 19. 3 66. 7 15. 6 60. 1 20. 4 68. 1 31. 2 31. 6 1. 4 34. 5 4. 7 40. 5 10. 0 50 15. 6 60. 1 19. 5 67. 1 15. 4 59. 7 13. 5 56. 3 10. 2 50. 4 1. 1 34 1. 8 35. 2 31. 6 mm inch 83. 2 3. 276 170. 3 6. 705 180. 4 7. 102 177. 8 7 234. 5 9. 232 325. 9 12. 831 245. 1 9. 65 322. 1 12. 681 360. 5 14. 193 148. 9 5. 862 83. 1 3. 272 73. 3 2. 886 2,405. 1 94. 1 mm 14. 1 14. 6 15. 5 14. 9 14. 8 15. 5 12. 3 14. 0 13. 8 11. 9 12. 4 11. 7 165. 5 80. 6 79. 5 77. 8 76. 6 77. 3 73. 0 74. 1 75. 8 75. 3 75. 4 75. 4 76. 6 平均月間 80. 6 71. 3 89. 6 92. 6 113. 7 121. 7 179. 0 188. 9 153. 7 124. 0 99. 4 90. 7 1,405. 2 出典: 平均値:1981年 — 2010年、極値:1896年 — 現在 行政区分 [ ] 変遷 [ ]• 台北に府が初めて設置されたのはであり、当時のは台北府淡水県に属し、台北市は設置されていなかった。 - の行政区域改革が実施され、・・の3市街を基礎に、直轄の艋舺区・大稲埕区・大龍峒区・古亭村荘区が合併し、 台北市が設置される。 - 台北州を編入。 - ・による後、台北市はの管轄下に入る。 10区• 文武町・書院町・乃木町・栄町・大和町・京町・本町・表町・明石町・北門町・樺山町・幸町・東門町・旭町・末広町・寿町・築地町・浜町の区域をもって、を設置。 建成町・上奎府町・下奎府町の区域をもって、を設置。 大正町・三橋町・御成町・宮前町・円山町・大宮町、大字大直・西新庄子・中庄子・下埤頭・朱厝崙・上埤頭の区域をもって、を設置。 錦町・福住町・昭和町、大字大安・下内埔・六張犁の区域をもって、を設置。 新栄町・千歳町・児玉町・佐久間町・南門町・龍口町・馬場町・川端町・古亭町・水道町・富田町の区域をもって、を設置。 八甲町・老松町・若竹町・新起町・西門町・元園町・入船町・有明町・龍山寺町・新富町の区域をもって、を設置。 東園町・西園町・堀江町・緑町・柳町の区域をもって、を設置。 大字松山・頂東勢・下塔悠・上塔悠・旧里族・中坡・五分埔・三張犁・興雅・中崙の区域をもって、を設置。 5月17日 - 新設に伴い、台湾省のとなる。 7月1日 - 省轄市からへ昇格。 10区• 7月1日 - 台北県景美鎮・南港鎮・木柵郷・内湖郷、台北県陽明山管理局士林鎮・北投鎮を編入。 16区• ・・・・・が発足。 3月12日 - 台北市の行政区域調整が実施され、16区を12区に統合。 12区• 龍山区・双園区および城中区・古亭区の各一部が合併し、が発足。 城中区の残部・古亭区の一部が合併し、が発足。 景美区・木柵区が合併し、が発足。 建成区・延平区が大同区に編入。 松山区の一部が分立し、となる。 古亭区の残部が大安区に編入。 日本時代台北市の町名一覧 [ ] にによる台湾統治が開始されても、清政府は「化外の地」としてへの渡航自体を制限し、当初は台北が開発されることはなかった。 やがてうやむやのうちに制限は解除され、漢民族の移住は活発化し、台北は「一府二鹿三艋舺」と三大都市の一つに数えられるほど栄えるようになった。 「府」とは清朝統治の中心であった、「鹿」とは台湾中部の、とは台北(厳密には現在の地区周辺の古称)のことである。 字が示すように、元々台北は水運から発達した。 と比べると都市形成の点で後進的であった台北であるが清末には都市化が進行し、には清政府による台北府の設置との建設が始まった。 に方形の城壁が張り巡らされ、には台湾省が設置されて台北はその省都となるなど台北は中国的近代都市として成長を遂げた。 巡撫として派遣されたは電灯、電報、鉄道などのインフラを整備し、また都市整備のため大陸の商人資本を集めて興市公司を設立するなどの政策を次々と遂行し、ここに「清国人の都市としての」台北は着々と発展していった。 現在台北市の行政区を囲むように点在する四つの城門は、当時を偲ばせるものであるが、福建様式の一つを除いた残りの門は国民政府以降に作られたため北京様式である。 しかしながら、敗北によって清国が台湾割譲を余儀なくされるとこうした流れは一転し、台北は日本的近代都市として新たな成長期を迎えることとなった。 日本統治時代 [ ] 台湾総督府(現中華民国総統府) にが始まると、日本は独立派の勢力が強く、日本からも遠い台南を嫌って台北にを設置、台北の本格的発展はこの時点から始まった。 初代民政長官に就任したは、清朝が築いた市街の城壁を撤去、街路を建設し、また上下水道を整備するなど近代都市建設を進めた。 に台風被害があり、在来建造物が壊滅的被害を受けると、それを機に中国式建築が一掃されて代わりにレンガ造り・石造りの官庁・学校・銀行・会社などが林立し、市街の光景を一変させた。 その後も市域の拡大や周辺農地の治水・開墾が進められ、日本本土からの移住者も多数にのぼった。 さらに経済的にも軽工業や農産物の生産などにより次第に影響力を強めた。 このような中、市民生活も豊かになりでは数多くの映画館が立ち並び、また台北郊外のは、日本有数の温泉地として整備され台湾の内外から多くの湯治客・観光客を集め、には皇太子裕仁親王(のちの)もした(天皇が来訪した温泉場も現存する)。 このように日本統治下において台北は台湾の政治・経済・観光・軍事の中心地として栄えた。 ()が始まると、台湾は南進基地として利用され、台北にはからの軍隊が往来するようになった。 それを狙ってによる空爆も開始され、市民は疎開を余儀なくされた。 中華民国時代 [ ] 2017年台北市の夜景。 後、率いるが台湾を接収()し、が駐留するようになった。 大戦後、る代わりにが兵士やその家族を引き連れて居留したため、台北の人口は一気に跳ね上がった。 国民党はを称揚する政策をとり、台北の日本建築は中華式のものに立て替えられたり、や、などの中華様式のモニュメント的建築が建てられた。 栄町・旭町、勅使街道などの日本式の名前を持っていた町や通りも、中山路・民族路などの中華式のものに改められた。 その後、がで(中国共産党軍)に敗れ、中華民国がを失うと、大陸にあるの代替地として台北に戦時首都 ()が置かれた(時期は不明だが、後に臨時という扱いではなくなる)。 はを敷き、やを優先したため、は飛躍的に発展し、中心地である台北も人口増が相次いだ。 だが、民生は後回しにされていたため、台北のやは悪化していった。 それを解決するためにの地下化、建設、排気規制などが計画されたが、ほとんど実行されなかった。 これらの政策が実行に移されるようになったのは、の進んだ前後からであり、台北の都市環境は飛躍的に整備されるようになった。 現在 [ ] 西門町 IT経済化、さらにバイオなどの知識集約経済化を進める中華民国では、台北を中心とした地域の重要性がさらに高まっている。 しかし、台北市内には余剰空間が不足しているため都市の発展は周辺部に波及し、を形成している。 特に台北から、へ至る回廊は人口が密集し、移動人数に対処するため各線やが運行しているほか、追加の路線も建設または計画されている。 までの台北大都市圏(台北市、、)の人口は704万人を数え、と同規模の都市圏を形成している。 日本の民間がに発表した「世界の都市総合力ランキング」では、世界33位と評価された。 また、アメリカのが2016年に発表したランキングにおいて、世界43位と評価された。 また、台北市南部には中華民国に出稼ぎにきた・人らが密集して居住する地域が存在している。 これらの地域は従来交通不便地であったが、交通インフラの整備により急速にベッドタウン化が進んでいる。 にはとのの完成に伴い、それまで工業都市として発展していた高雄地区が工場の海外移転及び脱工業化にともない産業が空洞化したことで、高雄都市圏の人口を吸収する可能性も指摘されている。 には()も開催され、中華民国で初の国際総合スポーツ大会となる。 政治 [ ] 市長 [ ] 歴代市長 台北市庁(台北市政府)• 官選省轄市長• 1945年11月-1946年2月28日• 1946年3月1日-1950年2月5日• 1950年2月6日-1950年11月• 1950年11月-1951年1月31日(代理市長)• 民選省轄市長• 1951-1954• 1954-1957• 1957-1964• 1961-1963(代理市長)• 官選直轄市長• 1964-1972(から台北直轄市長に升格)• 1972-1976• 1976-1978(後に長)• 1978-1981(後に)• 1981-1982• 1982-1985• 1985-1988• 1988-1990(後に主席)• 1990-1994• 民選直轄市長• 1994-1998(後に、民主進步党主席)• 1998-2006(後に総統、国民党主席)• 2006-2014• 2014-現職 対外関係 [ ] 姉妹都市・提携都市 [ ] アジア・大洋州 内湖科学技術園区 台北市は中華民国経済の中で金融、メディア、通信の中心地としての地位を占めている。 産業方面では経済の急速な発展により市民の所得が増大し、高い消費能力とそれに付随する産業の発展が特徴であり、サービス業などの第三次産業が台北経済の9割を占めるようになっている。 その中には卸売り、小売、貿易、飲食、金融サービス、物流サービス、通信事業、インターネット関連、そしてSOHOを含んでおり、特に小売業では人口当たりのコンビニの店舗数が世界一となっている。 また台北市のテクノロジー関連でも整備が進み情報ハイウェイ( 資訊高速公路、 Information Infrastructure)を目指す台湾のコンピューター通信網は世界でも先端の設備率を有している。 建築 [ ] 台北で最も高い超高層建築である 台北にはより多くの日本統治時代のが残されている。 その中でも特に、台北の中心地にあり、台湾の政治・の中枢を担う中央官衙(ないし)は、(旧)、(旧台湾総督官邸)、(旧総督府高等法院)、()、 などが立ち並び調の風情を感じさせる建築群として知られており、台北のシンボルにもなっている。 市内にも多くの日本統治時代の建築が点在している。 の日本人の住宅地である「」(現・青田街)の日本家屋も残っている。 都市化が進むなか貴重な文化資産として、残存するおよそ60棟のうち10棟ほどが文芸施設やレストランとして改築され保存されている。 市内郊外のも日本統治時代の建築群の一例である。 の近くには台北市内現存する唯一の神社のも残っている。 一方、台北市の東部にある信義区のは、高層ビルや商業施設が立ち並び、急速に発展を遂げる地区である。 台北市政府が移転し、完成のを中心とする新しい高層ビル群が立ち並び、国際都市としてインフラ整備が実施されている。 台北101は、2004年に当時世界第1位の高さとなる(地上492m、階数101階)として完成し、地上449mの高さにある91階には屋外展望台がある。 との関係改善が進むに連れて、中国からの投資資金が流入し、住宅価格が高騰している。 一般人の年収の約15倍に達しており、住民の年収比での住宅価格は世界一との指摘もある。 2013年の住宅価格は、2003年の倍にのぼる。 労働市場 [ ] 3月現在、15歲以上の民間人口は約213万、実質労働人口は118万6千である。 就業者数は114万、失業者数は4万7千であり、失業率は3. また外国人労働者はいわゆるホワイトカラーが約2万9千人、ブルーカラーが4万3千人就業している。 教育 [ ] 台北市に本部を置く大学 松山空港 台北市内には、(松山機場)が存在する。 台北松山空港は、都心部に近いにある。 の(現)開港以降は、中華民国の国内線専用空港として運用されてきたが、に再国際化し、のとの間に定期便が就航した。 都心部との距離が近いため、都心部との交通手段としてがターミナル直下に乗り入れるほか、路線バスやタクシーなどの連絡手段も利用される。 また、近郊の、、への高速バスや、桃園国際空港へのリムジンバスも運行されている。 松山空港に発着する以外の大部分の国際線は、桃園市にある桃園国際空港に発着する。 台北市との連絡手段は、経由のリムジンバスとタクシーに限られているが、に空港と台北市内を連絡するが開業し、台北駅から35分のアクセスとなり、連絡状況が向上した。 鉄道 [ ] 台北捷運路線図 路線 区間 キロ程 備考 BR 1号線 - 10. 9km - 14. 8km R 2号線 - 23. 2km - 6. 4km - 中坡駅 仮称 1. 5km 建設中 - 1. 2km G 3号線 - 9. 3km - 1. 6km - 8. 5km - 1. 9km O 4号線 - 5. 4km 4A号線 - 19. 7km 4B号線 - 6. 4km BL 5号線 - 13. 5km - 7. 2km - 7. 6km Y - 17. 1km 中止 - 14. 2km 計画中 - 15. 4km - 5. 6km 計画中 剣南路 - 動物園 13. 1km 計画中 LG 万大中和線 - 9. 4km 建設中 樹林線 - 13. 3km 計画中 LB 民生汐止線 - 17. 5km 計画中 バス [ ] バス路線は台北市内を網羅し、市内交通の毛細血管としての役割を担う重要な交通機関である。 渋滞の影響を避け定時運行を実現するため、市内の主要道路である松江路、信義路、仁愛路、新生南路、民権東西路、南京東西路、羅斯福路、忠孝東西路(未供用)及び敦化南北路(一方のみの設置)にはが設置されている。 市内を走るバスは大きく下記の3種類に分類することができる。 聯営公車 台北市聯営公車管理処はに成立し、台北市及び新北市内で運行される聯営公車路線を一元管理している。 旧台北市公共汽車管理処が会社として再編され、等の15業者が共同あるいは個別に路線を経営している。 また、一部市内バス路線は新北市交通局により管理されており、こちらは「県管公車」と称されている。 台北市民の足として利用され、また、捷運交通を補完する役割も担っている。 地方客運 聯営公車に加盟している事業者が運行する一部路線は公路総局の管理とされている。 また、聯営公車に加盟していない皇家客運の路線もこのように称されている。 中・長距離バス やなど約30事業主からなる高速バス事業主は全て台北に運行拠点を有している。 主な運行拠点は、市民大道と重慶北路の交差点の「」に集中しており、国光客運は台北駅に隣接するバスターミナルを有している。 水運 [ ] 20世紀中までを利用した水運が発達していた台北であるが、時代の経過とともに水運は衰退し、現在ではとに「藍色公路(ブルーラインバス)」と称される観光路線が残るのみである。 高速道路 [ ] 台北市は現在国道1号()及びその高架支線(—間)、国道5号 台北市から宜蘭県を結ぶ高速道路、そして国道3号()及びその支線である(台北聯絡線)が台北市を貫いて建設されている。 また、は国道三甲と信義再開発区を連絡する主要動脈となっている。 これ以外に新生高架道路、建国高架道路、環河南北快速道路、水源快速道路、東西向快速道路(市民大道)、天母快速道路(堤頂大道平面段)、環東大道(連結)及び洲美快速道路が台北市内で供用されている。 道路 [ ] 重陽橋 人口が集中している台北では密度の高い道路網が構築されている。 1900年代から1980年代にかけて中華路、忠孝東路、仁愛路、羅斯福路、基隆路等の高規格道路が建設されたが、それを補完すべき補助道路の整備が遅れ、特に旧市内では極めて狭隘な道路が出現し、交通動線を阻害するものとなっていた。 1970年代後半より路地に駐車しやすいスクーターが市民の足として活用されるようになると、車道をスクーターが占める特殊な景観を生み出す原因となっている。 スクーターに乗っていると口回りが真っ黒くなるためマスクをして乗っている人が多い。 台北市内の主要な道路は中国の地名(の漢名にちなむ、長安西路)、政治上の人名(にちなむ、にちなむ羅斯福路など)、古典(四維八徳)により命名されるのが原則となっている。 しかし新しく建設された道路ではその地域の名称、美雅字、自然景観や建築物の名称により命名されている。 この他、の再開発地域では、以前はに属していたことから「松」を冠した道路名や、の景美地区では、以前は景美区に属したことから「景」を冠した道路名が使用されている。 より、台北市政府は国際化と外国人観光客の利便を考慮し東西南北に漢字名とは無関係に番号による道路表記を開始し、同時に東西南北を付すことで表記を行っている。 この方法によれば南北に第1大道から第10大道、東西に第1大街から第14大街と表記することが定められたが、台湾人のあいだで定着しているとは言えない状態となっていたため、結局廃止された。 橋梁 台北市はに囲まれている立地からとの交通には橋梁に依拠した交通となっている。 橋梁の名称は道路名、人名、古典、河川、地名によりつけられている。 市内よりへ移動する際には道路名に加え橋梁名により経路を示すことが一般的であり、タクシーなどでも橋梁を指定することが多い。 観光 [ ]• 迪化街の歴史的建造物群 繁華街 [ ]• 公園 [ ]• - 台湾茶の名産地• 出身・関連著名人 [ ]• (俳優)• (俳優)• (舞台女優)歌手の(東京出身)の姉• (俳優、歌手)• (中国武術家)• (女優、歌手)英名:ルビー・リン• デニオ松本(松本丹尼奧)• (歌手)• (歌手、女優)英名:セリナ・レン• (歌手、女優)• (白歆惠)(モデル、女優)• (アニメーター)• (法学者)• (政治家)立法委員、など• (女優、モデル、作家)• (モデル、タレント)• (政治家)民主進歩党立法委員、文化部部長• (政治家)中国国民党立法委員、蒋介石の曾孫• (政治家)歯科医師、衛生福利部部長• (・) 台北市を舞台にした作品 [ ]• 脚注 [ ] []• 中華民國內政部戶政司 2018年5月1日. 中華民國內政部戶政司. 2019年11月14日閲覧。 2016年3月5日閲覧。 2020年6月1日閲覧。 (中華民国)• 森記念財団都市戦略研究所 2016年11月2日閲覧。 AT Kearney 2016年11月2日閲覧。 横浜市 2014年3月25日. 2014年7月18日閲覧。 浜松市 2016年12月22日. 2016年12月22日閲覧。 西本秀 2018年7月5日. 朝日新聞. 2020年6月20日閲覧。 向井ゆう子 2014年8月28日. 2014年8月28日閲覧。 台湾文化部• 2008年7月6日. 2013年12月2日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年11月27日閲覧。 台湾文化部• 台湾交通部観光局 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 台北市に関連する および があります。 (中国語)• - 台湾交通部観光局(日本語)• ウィキボヤージュには、に関する旅行情報があります。 に関連する地理データ -• 注 発行の『中華民國年鑑(94年・2005年版)』(行政院新聞局編)を最後に、中華民国政府は政府刊行物で全境域の範囲と行政区画を公告していない。 2006年以降もでは中華民国全境域の『中華民國全圖』が販売されているが、いずれも民間が編纂したものであって政府刊行物では無い。 1 中央政府の歴代所在地のうち、中央政府が1年以上継続して所在していた都市を年代の古い順に記載。 なお、からまでの間はとの並立期間。 2 全域がに含まれる行政区画。 3 一部地域が台湾地区に含まれる行政区画。 4 の中央政府移転(遷台)後に下級行政区画()から昇格した行政区画。 5 遷台時点ではまだ該当地域の一部をしていたが、の開始までの間に全域が「」による(淪陥)を受けた行政区画。 6 大陳島撤退作戦中のに省政府の廃止を宣言し、全省域から撤退。 これにより台湾地区と後に称される範囲が確定した。 7 に省政府の一部が台湾地区へ移転。 全省域が淪陥した後もまで名目上は組織が存続していた。 8 のを受けに一旦消滅したが、国家承認の取り消しを受けに復活。 ただし、国家承認の期間中に実施された、、の各選挙では蒙古地方からも人員が選出されていた。 9 名目上の行政区画は・・のいずれかに属していたが、実務上は特別行政区と同じくの直轄下に置かれていた。 10 遷台前に消滅した行政区画。 矢印の後に遷台時点での行政区画を記載。 11 ・等のが中央政府の認可を受けず独自に設置した行政区画。

次の

トラベルコちゃん「2016年1月海外ツアー検索人気ランキング」、順位維持のパリははっきりとした回復傾向見られず

トラベルコ 台北

各ホテルで100枚以上のオリジナル写真を撮影。 日本人が安心して泊まれる「5つ星の超高級ホテル」から「三つ星のお手頃ホテル」まで、しっかり掲載しています! 台北に行くけど、どのホテルに泊まるべきか悩んでいる皆さん、ぜひ私たちの宿泊レポートを参考にして、ピッタリのホテルを見つけ出してくださいね。 さっそく宿泊したホテルを、クラス別に紹介したいと思います。 パッケージツアー で宿泊できるかチェック 多数の旅行商品から検索・比較 安心・安全な旅行をサポート JALダイナミックパッケージや おすすめツアー満載のJAL旅行予約サイト 安心と信頼の海外旅行 ネットで予約・お店で支払い&受取はJTBだけ WEB予約で割引ポイント! 海外格安ツアーならハッピーホリデー 安心のおすすめ高級ホテル シェラトン グランド 台北 ホテル 台北喜来登大飯店 - Sheraton Grande Taipei Hotel シェラトン グランデ 台北 ホテル(Sheraton Grande Taipei Hotel)は、台北市内中心部に位置している高級ホテルです。 台北駅からも徒歩10分くらいで、MRT善導寺駅が目の前で、周囲には飲食店やコンビニもありとても便利なロケーションです。 パッケージツアー で宿泊できるかチェック 多数の旅行商品から検索・比較 安心・安全な旅行をサポート JALダイナミックパッケージや おすすめツアー満載のJAL旅行予約サイト 安心と信頼の海外旅行 ネットで予約・お店で支払い&受取はJTBだけ ツリーアートに囲まれた上質空間! アーツリーホテル 阿樹國際旅店 - arTree Hotel Taipei アーツリーホテル 阿樹國際旅店 — arTree Hotel Taipei は、2017年9月にオープンしたまだ新しいホテルです。 木をテーマにしたホテルだけあって、ホテルの至る所に木をモチーフにしたアートがあります。 またスタイリッシュで斬新なデザインも宿泊客を魅了させてくれます。 パッケージツアー で宿泊できるかチェック 多数の旅行商品から検索・比較 安心・安全な旅行をサポート JALダイナミックパッケージや おすすめツアー満載のJAL旅行予約サイト 安心と信頼の海外旅行 ネットで予約・お店で支払い&受取はJTBだけ おしゃれな雰囲気!寝心地最高 amba台北中山ホテル 台北中山意舎酒店 - amba Taipei Zhongshan 「amba台北中山ホテル (台北中山意舎酒店 — amba Taipei Zhongshan)」は、買い物、食べ歩きを中心とした旅行に便利な繁華街の台北中山に立地したホテルです。 清潔感があるホテルで、台北中山の繁華街からアククセスが良く、オープンから日が浅くホテルの設備がきれいなホテルです。 パッケージツアー で宿泊できるかチェック 多数の旅行商品から検索・比較 安心・安全な旅行をサポート JALダイナミックパッケージや おすすめツアー満載のJAL旅行予約サイト 安心と信頼の海外旅行 ネットで予約・お店で支払い&受取はJTBだけ 台湾のベニス「淡水」 フーロン ホテル ダンシュウエイ フィッシャーメンズ ワーフ 福容大飯店淡水漁人碼頭 - Fullon Hotel Tamsui Fishermen's Wharf フーロン ホテル ダンシュウエイ フィッシャーメンズ ワーフは、台北市内から小旅行感覚でいける距離にあり、淡水エリアの中でも美味しい料理と最高のロケーションが楽しめるホテルです。 パッケージツアー で宿泊できるかチェック 多数の旅行商品から検索・比較 安心・安全な旅行をサポート JALダイナミックパッケージや おすすめツアー満載のJAL旅行予約サイト 安心と信頼の海外旅行 ネットで予約・お店で支払い&受取はJTBだけ 台北おすすめホテル ミラマー ガーデン 台北 美麗信花園酒店 - Miramar Garden Taipei ミラマー ガーデン 台北(Miramar Garden Taipei)は市民大道沿いにあるホテルです。 客室は広く、バスルームは大理石でゆったりと過ごせます。 プールやフィットネスセンターの施設も美しく人気です。 朝食ビュッフェは中華と洋食がありこれも人気です。 宋王朝スタイルの広々とした客室、広い浴槽、ベッドの寝心地も良いと評判です。 パッケージツアー で宿泊できるかチェック 多数の旅行商品から検索・比較 安心・安全な旅行をサポート JALダイナミックパッケージや おすすめツアー満載のJAL旅行予約サイト 安心と信頼の海外旅行 ネットで予約・お店で支払い&受取はJTBだけ 台北おすすめホテル エバーグリーン ローレル ホテル 台北 長榮桂冠酒店 - Evergreen Laurel Hotel Taipei エバーグリーン ローレル ホテル 台北(Evergreen Laurel Hotel Taipei)は新しいビルが並ぶ大通りに面した5つ星ホテルです。 MRT駅まで徒歩5分と近くアクセス便利。 また、繁華街からは少し離れるので夜は静かです。 日本語対応スタッフがいて安心です。

次の