豚肉 もやし 卵。 豚肉のレシピ

とん平焼き

豚肉 もやし 卵

以上、出典先:より抜粋 実際に作ってみた 今回はレシピの食材だけで作ってみました。 手順もほとんど変えていません。 手順で変更しているのは卵で包む前にフライパンを洗っていることくらいでしょうか。 やはり卵を焼くときは、一度フライパンを綺麗にしてやらないと仕上がりに影響します。 特に醤油などは卵に味が移るだけでなく、色にも影響します。 仕上がりにこだわるなら、もやしなどの具材を仕上げた後に軽くフライパンを洗うことをお薦めします。 それでは、 実際の手順を見ていきましょう。 食材の下ごしらえをします。 豚肉は3cm幅に切り分けましょう。 ボウルに卵、塩を入れて混ぜ合わせます。 もやしはざるで水洗いをしたらしっかりと水切りをします。 今回は30分ほど水切りしました。 水切りがしっかりしていれば、炒めた時に出る水分も少なくなると思います。 フライパン 直径26cm に半量のサラダ油を入れて熱し、切り分けた豚バラ肉、水切りをしたもやしを加えて中火で炒めます。 もやしから水が出てきますから、その水分をしっかり飛ばすつもりでフライパンいっぱいにもやしを広げながら一気に炒めます。 豚バラ肉の色が変わったらしょうゆ、塩こしょうを加えて、味が整ったら別の器に取り出しておきます。 今回はここで一度フライパンを洗いました。 洗ったフライパンに残りのサラダ油を入れて中火で熱します。 溶いた卵をフライパンに入れる直前に弱火にし、一気に溶いた卵をフライパンに入れて広げます。 卵が半熟になりかけたら、火を止めるか、コンロからフライパンを外して、取り出しておいた具材をのせて包みます。 卵が固まりすぎると具材を包みにくくなりますから気を付けてくださいね。 盛り付け用の器に盛り、お好み焼きソース、マヨネーズをかけ、細ねぎをちらして完成です。 しかし、外見上はトマトソースなどでも全く問題なさそうです。 むしろ試してみたくなりますね。 さて、味の方ですが、これはなかなかイケますよ。 卵の柔らかさともやしのシャキシャキした食感。 醤油の香りにお好み焼きソースとマヨネーズの重厚な味付け。 ご飯もよいですが、ビールが欲しくなりますね。 動画ではもやしからの水分が随分と出ているようでしたが、今回作ったものは水分がくるんだ卵の外に出ることはほとんどありませんでした。 ベチャベチャにならないので、味付けが具材にしっかりと乗った状態を保っています。 これならば、見栄えなどの面から見ても夕食のメインを張れますね。 しかし、これで終わりにするのは勿体ないレシピですね。 具材の味とソースを変えればたくさんのバリエーションを作り出せますよ。 さっぱり系にするならば、お好み焼きソースとマヨネーズの代わりにおろしポン酢。 こってり系にするならば、トマトソースを上からかけてもよいでしょう。 もちろんホワイトソースでも違和感ないと思います。 ソースをかけずに、具材をカレー粉で味付けしても美味しそうですね。 もやしも卵も味に染まりやすい食材です。 その時の冷蔵庫の状況や手元にある調味料の都合でレシピ通りに作らなくても柔軟に合わせることができると思います。 敢えてデメリットを上げるとするならば、お弁当のおかずには使えないということくらいでしょうか。 あとは言うことないレシピですね。 まとめ 今回はもやしと卵を使って 『オムもやし』を作ってみました。 今回のレシピはあくまでもベースとなるレシピ。 手順さえ覚えておけば、具の味付けやソースを変えるだけで無限のバリエーションを作り出すことが出来ると思います。 是非試してみてくださいね。

次の

もやしレシピ決定版|子どもも食べやすいナムル、卵や豚肉を合わせた一品など、簡単で人気のもやしレシピ集

豚肉 もやし 卵

作り方• 豚肉は長さ5センチに切る。 キャベツは幅7~8ミリに切る。 もやしはさっと洗って水気をきる。 ボウルに卵を入れ、Aを混ぜて加え、卵白を切るようにかるく溶きほぐす(卵のコシを残す程度に)。 フライパンにサラダ油小さじ1を中火で熱し、豚肉を炒める。 肉の色が変わったらキャベツ、もやしを加えて強火で1分ほど炒める。 Bを加えて30秒ほど炒め合わせ、いったん取り出す。 菜箸で外側から中央に向けてふんわりと混ぜ、半熟状になったらフライパン全体に広げ、2を中央にのせる。 具を包むように卵の両端を折りたたむ。 折りたたんだ部分が下になるように皿に盛りつける。 ソース、マヨネーズ、削り節、青のりをかけて紅しょうがを添える。

次の

もやしレシピ決定版|子どもも食べやすいナムル、卵や豚肉を合わせた一品など、簡単で人気のもやしレシピ集

豚肉 もやし 卵

シャキシャキ食感が魅力のもやしを使ったメニューを、幼児誌『ベビーブック』『めばえ』(小学館)に掲載されたレシピの中から13品、ピックアップしました。 ナムルにしたり、卵や豚肉と組み合わせれば、もやし嫌いさんも食べやすい!もやしならではの食感がアクセントになったハンバーグや、お鍋のアイディアレシピも満載です。 簡単で人気!子どもが喜ぶもやしレシピ 【1】ごまみそもやし鍋 シンプルな具材でパッと作れる超簡単の鍋レシピ。 なのにおいしくて、体がポカポカ温まります。 教えてくれたのは 簡単に作れて、栄養バランスがよく、おいしさのセンスが光るレシピが人気。 藤井家の毎日のごはんを綴ったブログも参考になります。 『ベビーブック』2016年12月号 【2】ギョーザ鍋 汁で煮たギョーザが主役の、つるんと食べやすいお鍋。 もやしはもちろん、好きな野菜を入れて。 【2】もやしは洗ってざるに上げ、にらは5cm長さに切る。 豆腐は奴に切る。 【3】鍋に【B】を煮立て、【2】と【1】を入れて5分ほど煮る。 ラーメンは適宜加えて煮る。 教えてくれたのは 阪下千恵さん 料理研究家、栄養士。 二人の女の子のママ。 家族のために作り続けてきたおいしくて、栄養バランスのいいレシピが人気。 『ベビーブック』2014年12月号 【3】にんじん・小松菜入りつくね鍋 冬場は体を温める鍋料理で肉や野菜をたっぷりとりましょう。 小松菜はサッとゆでて絞って刻む。 【2】【A】と【1】を混ぜ合わせてよく練り、一口サイズの団子状に丸める。 【3】【C】の白菜と小松菜はざく切りにし、にんじんはピーラーで薄く切る。 【4】鍋に【B】を熱し、【2】を加えて火を通し、【3】ともやしを加えて煮る。 教えてくれたのは 阪下千恵さん 栄養士。 ふたりの女の子のママ。 家族のために作り続けてきたおいしくて、栄養バランスのいいレシピが人気。 子どもの食物アレルギーをきっかけに、アレルギー料理にも力を入れている。 『ベビーブック』2013年11月号 【4】シャキシャキもやしハンバーグ もやしでハンバーグをかさ増しし、ヘルシーに。 食感もよくなります。 粗熱がとれたら水けを絞り、細かく刻む。 【2】ボウルに【1】と【A】を入れて、粘りけが出るまでよく混ぜる。 小判形に丸め、両手でキャッチボールをするようにして空気を抜く。 【3】フライパンにサラダ油を熱し、【2】を並べ入れ、強火で1分焼いて表面に焼き色がついたら、ふたをして中火で3分、裏返して3分焼く。 【4】器に盛り、フライパンに残った肉汁に【B】を加えて煮立たせてソースを作り、ハンバーグにかける。 *お好みで野菜を添えても。 もちろんカロリーオフにもなります。 教えてくれたのは マイティさん 節約料理研究家、日本ソムリエ協会認定ソムリエ。 ふたりの女の子のママ。 趣味の節約を生かしたブログ『』が一躍人気に。 料理以外にも公共料金の節約術なども公開。 「レシピブログ」でも連載中。 『ベビーブック』2012年12月号 【5】さばのキャベツ蒸し焼きトマト風味 いろいろな野菜も詰めてごちそう風。 断面がきれいで、パーティにもOKです。 じゃがいもは薄切り、水菜は2cm幅、長ねぎは小口切りにする。 さば1枚は半分に切る。 さばの上にトマトソースをかけ、粉チーズをふり、キャベツで包んで、アルミホイルでさらに包む。 同様にあと2個作る。 【3】蒸気の上がった蒸し器で10~12分蒸し、食べやすい大きさに切り分ける。 教えてくれたのは 尾田衣子さん 「ル・コルドン・ブルー」やイタリアにて料理を学び、OLから料理研究家に転身。 現在、「料理教室Assiette de KINU」を主宰。 男の子のママでもある。 『めばえ』2014年11月号 【6】野菜たっぷり五目麺 ヨーグルトを加えたみそ味がマイルド!もやしや千切り野菜をたっぷりとトッピングして。 もやしは洗う。 麺はゆでて、【A】をまぶす。 【2】フライパンに【1】と【B】を入れ、ふたをして中弱火にかけ、蒸し焼きにする。 【3】火が通ったら器に盛り、混ぜ合わせた【C】をかけ、のりをのせる。 教えてくれたのは 井澤由美子さん 旬の食材を使い、食べ合わせによる体への相乗効果を大切にしたレシピが人気。 食育にも力を注いでいる。 女の子の母。 『ベビーブック』2015年5月号 【7】ごまだれ冷やし中華 甘酸っぱい人気の味が自家製のたれで簡単に作れます。 シャキシャキもやしやキュウリを添えて。 きゅうりとハムは細切りに、ミニトマトは半分に切る。 【2】湯を沸かして麺を指定時間どおりにゆでてざるに取り、ごま油 分量外 をまぶす。 【3】【2】を器に盛り、【1】をのせ、ごまだれをかける。 【2】練りごまに砂糖を混ぜ、酢、しょうゆを順に加えて混ぜ、【1】をこしながら加え、ごま油を加える。 *冷蔵庫で1か月程度保存可能。 使った干しえびは炒め物などに加えてどうぞ。 教えてくれたのは 料理研究家。 国際中医師・国際中医薬 膳師。 食養生やハーブなどの専門家でもあり、体にいいものを簡単においしく作れるレシピが人気。 『ベビーブック』2017年6月号 【8】ほうれん草のおひたし 定番のおひたしはしょうゆ洗いがスッキリ味つけのコツ。 もやしを少し加えれば、子供も食べやすく。 【2】熱湯に塩を加え、【1】の根元を入れて30秒ほどおき、葉を入れてサッとゆで、冷水にとる(色止め=冷水にとることで色を鮮やかにする)。 【3】水けを軽く絞って、巻きすの上に互い違いにのせ、しょうゆを全体にふり、巻きすで巻いて水けを絞る(しょうゆ洗い=余分な水けを除き、下味をつける効果がある)。 根元をそろえて4~5cmの長さに切る。 【4】もやしはサッと洗って、ひげ根を取り、熱湯でサッとゆでて、ざるにとる。 【5】鍋に【A】を入れて煮立てる(だし割りしょうゆ=しょうゆの味をやわらげるのと同時にうまみを加えるため、薄味でもおいしく仕上がる)。 【6】【3】の水けを再度絞って、【4】とともに【5】に入れ、15分ほど浸す。 *かつお節をのせても。 巻きすで巻いて、ギュッと絞る。 教えてくれたのは ABC Cooking Studioは、初心者の方にもおすすめの、料理・パン・ケーキ作りが楽しく学べる女性専用の料理教室です。 少人数レッスン、復習にも最適なイラストレシピ、 HPや携帯からの予約など、システムが充実。 入会金不要、1回完結の「1dayレッスン」や授業の雰囲気を体験できる「体験レッスン」を毎日開催しています。 『ベビーブック』2012年9月号 子どもも食べやすいナムルアレンジレシピ 【1】豚ひき肉ナムルうどん レンジと焼き肉のたれでパパッと作る、ナムルとひき肉をのせたボリュームうどん。 青梗菜は長さを2~3等分し、せん切りにする。 【2】耐熱ボウルにもやしと【1】を入れてラップをかけ、電子レンジ(600W)で4分加熱する。 水けをふき、【A】を混ぜる。 【3】フライパンに湯を沸かしてうどんをサッとゆで、湯をきって、器に盛る。 フライパンを拭き、【B】を入れて混ぜ、中火にかけてパラパラになるまで炒める。 【2】とともにうどんにのせる。 教えてくれたのは 簡単に作れて、栄養バランスがよく、おいしさのセンスが光るレシピが人気。 藤井家の毎日のごはんを綴ったブログも参考になります。 『ベビーブック』2014年9月号 卵と合わせたもやしレシピ 【1】もやしとツナの卵とじ丼 もやし、ツナ、卵。 3種のお助け食材を組み合わせて丼ぶりに。 【2】グツグツ煮えてきたら溶き卵を回し入れ、ふたをする。 卵が半熟状になったら火から下ろす。 【3】器にご飯を盛って【2】をのせる。 *しょうゆはめんつゆの濃さで調節して。 大人は七味唐辛子をふっても。 教えてくれたのは 飛石なぎささん 3人のお子さんのママ。 個人でギャラリーも経営しており、その忙しい生活から生まれた、簡単で、パパッと作れて、子どもが喜ぶレシピが人気。 『ベビーブック』2011年6月号 豚肉と合わせたもやしレシピ 【1】甘辛豚のぶっかけうどん お肉にしっかり味をつけるのがおいしさの秘訣。 【2】冷凍うどんをたっぷりの熱湯に入れ、途中でもやしとコーンを加えてゆでる。 ざるにとって、水で洗う。 【3】器に【2】を盛り、【1】とせん切りにしたレタスをのせ、めんつゆをかける。 教えてくれたのは 祐成二葉さん 祐成陽子クッキングアートセミナーのメイン講師。 男の子のママで、子育ての日常をつづったも人 気。 『ベビーブック』2011年8月号 【2】みそ焼そば みそを主役にした和風の味つけでソース焼きそばのマンネリ解消!具沢山で豪華に。 豚肉は2cm幅に切る。 にらは4cm長さに切る。 【2】中華麺は半分に切ってラップに包み、電子レンジで1分加熱する。 【3】フライパンにサラダ油半量を熱して【2】を入れ、両面をこんがり焼いて、器に盛る。 【4】フライパンに残りのサラダ油を熱し、豚肉とえびを炒めて塩、こしょうをふる。 キャベツ、もやし、にらを加えて炒め、全体に熱くなったら混ぜ合わせた【A】を加えて炒め、【3】にのせる。 教えてくれたのは 簡単に作れて、栄養バランスがよく、おいしさのセンスが光るレシピが人気。 藤井家の毎日のごはんを綴ったブログも参考になります。 【2】豆腐と青梗菜を大きめに切り、もやしとともに【1】に加えて3~4分煮、豚肉を加えて軽く煮る。 先にラーメンをゆでておく。 子ども分を器に盛り、汁と具を取り分ける。 教えてくれたのは ほりえさちこさん 栄養士、フードコーディネーター、飾り巻き寿司インストラクター1 級。 男の子のママ。 育児経験を生かした簡単で栄養バランスのとれた料理やかわいいレシピが人気。 『ベビーブック』2018年2月号.

次の