イオン銀行 メリット。 イオン銀行をメインバンクにするとどんなメリットがある?

イオン銀行の住宅ローンの評判・メリット・デメリットとは?

イオン銀行 メリット

イオン銀行について イオン銀行は、2007年に営業を開始していて10年以上の歴史があります。 口座数の伸びは非常に高く、ネット銀行最大の口座数を誇る楽天銀行に迫る勢いです。 基本的な銀行サービスはほぼ提供していて、住宅ローンはもちろん、無担保ローン カードローン・フリーローン 、投資信託、生命保険なども取り扱っていて普通の銀行と同等またはそれ以上の商品ラインナップを備えています。 国内の銀行を評価する調査としては、国内でもっとも信頼性が高く有名な調査である、日本経済新聞と日経リサーチが共同で支店を有する117の銀行を対象としたリテール力調査でもイオン銀行は住宅ローン部門で1位に選ばれた実績もあります。 この調査は銀行の店舗での接客サービスや商品の充実度などを総合的に調査して、その結果を評価するものですが、メガバンクを押さえてイオン銀行が住宅ローン部門で1位になったことで当時は業界内でも話題になりました。 また、2017年1月29日 日 に発表された「第13回日経金融機関ランキング」でもイオン銀行は「顧客満足度第1位」を獲得、2018年度のオリコン「住宅ローン借り換え部門」の顧客満足度でも1位を獲得しています。 このように2016年~2017年ごろに高い評価を得ていた傾向があるイオン銀行ですが、まず イオン銀行の住宅ローンの特徴やメリットとデメリットを解説したいと思います。 なお、イオン銀行の最新のキャンペーンや金利情報などにはあまり触れていませんので、事前に しておくようにしてください。 イオン銀行 住宅ローン金利 住宅ローンを比較するうえで「金利」はもっとも重要な要素なので、最初に イオン銀行の住宅ローンの変動金利を他の住宅ローンの金利と比べてみましょう。 イオン銀行の金利は激しい金利引き下げ競争を繰り広げているネット銀行と比較すると特段低いというわけではありません。 詳しい商品性の説明は割愛しますが、ネット銀行の住宅ローンは「無料で疾病保障が付帯する」ことがスタンダードになりつつありますが、イオン銀行の住宅ローンで疾病保障の利用には一定の金利が上乗せされます。 その点を考慮するとやはりソニー銀行など無料の疾病保障が付帯するネット銀行の住宅ローンの方が有利な金利設定になっていると言えます。 注意点は「最大で5年間」という点と、年間の割引金額に上限があるという点です。 割引上限金額は住宅ローンの借入れ金額が1,000万円以上2,000万円未満で45万円、住宅ローンの借入れ金額が2,000万円以上で90万円となっています。 住宅ローンの金利引き下げ競争にも限界はありますので、普段からイオンで買い物をしている人であれば、毎日の買い物が5%OFFになるのはメリットの1つと言えるでしょう。 全国のイオンにある店舗 イオン銀行の特徴は全国にある店舗網です。 それも「イオンの中に銀行店舗を作る」という方式なので、買い物に行くついでに店舗によれますし、銀行帰りに買い物したいという場合は非常に便利です。 イオン銀行では大半の都道府県に住宅ローンの専門家が常駐する店舗を展開していますし、土日、祝日など午前9時から午後9時まで営業をしている点も普通の銀行の店舗と比べても利用しやすくなっています。 ネット銀行は店舗を維持するお金と店舗で働く人の人件費を抑え、その抑えた分を利用して住宅ローンの低金利を実現している面がありますので、単純に金利やサービス性ではネット銀行の方が優位性があったりしますが、ネット銀行に近い水準の低金利を実現しながら、全国に住宅ローンの専門家が駐在する店舗で相談できる体制があるのはイオン銀行の強みです。 ネットでも申し込みが可能 先ほど解説した通り、店舗で住宅ローンの専門家に相談できるメリットがあるのがイオン銀行の特徴ですが、 住宅ローンの申込みはネットで簡単に行えることもイオン銀行の特徴です。 住宅ローンに関する不安や悩みの相談は店舗がなければ出来ませんが、申込みに関してはわざわざ店舗まで出向く時間を作る必要もない!という人でも安心して利用できます。 なお、イオン銀行の住宅ローンは2018年1月から契約書の締結をインターネットで結べるようになっていて印紙税も節約できるようになっています。 ただ、同じくネットで完結できる住宅ローンと比較すると気になる点が2つあるので注意点として解説しておきます。 ワイド団信の利用には年0. ワイド団信は、高血圧・うつ病・糖尿病・肝炎など一般の団信では審査に通らない持病、病歴をお持ちの方でも加入しやすくした団信で、ご自身の健康状態が理由で住宅ローン審査に落ちた方、落ちるのが心配な方にはオススメなサービスと言えます。 ソニー銀行のワイド団信は保険料が年0. 20% ネット銀行のソニー銀行の住宅ローンは年収400万円以上と年収基準が厳しめですが、ワイド団信の保険料は年0. 20%とイオン銀行より30%以上安くなっています。 金利自体もイオン銀行より割安なので、ワイド団信に興味がある方はソニー銀行への審査申込もオススメしたいですね。 8疾病保障付住宅ローン ガンと診断されると住宅ローン残高がゼロに イオン銀行では日本人の国民病とも言われるがんに対する保障が充実している8疾病保障を取り扱っています。 この保障は、ローン実行後91日経過日以降にがんと診断された場合に住宅ローン残高が0円になる保障です。 ただし、8疾病保障を利用するには年0. 住宅ローン審査に通りやすい? どんなに素晴らしい住宅ローンがあっても、審査に落ちて利用できなければ意味がありませんが、イオン銀行の住宅ローンはかなり利用しやすい審査基準が用意されています。 以下は、住宅ローン商品概要説明書に記載されているイオン銀行の住宅ローンを利用できる方の条件です。 例えば、一般的には勤続年数3年以上経過していることが必要と言われる住宅ローンですが、イオン銀行は6ヶ月で可能となっていますし、年収制限も非常に低くも年収100万円以上で利用可能です。 他にも職業の面でも派遣社員や契約社員でも利用可能だったり、かなり審査に通りやすい住宅ローンと言えるでしょう。 ただし、アルバイトやパートでは利用不可です。 アルバイトやパートで住宅ローンを利用したい方は公的な住宅ローンであるへの申し込みを行ってください。 つなぎ融資 分割融資 に対応 イオン銀行では、住宅ローンを店舗で申し込む場合に限定されていますがつなぎ融資 分割融資 にも対応しています。 イオン銀行 住宅ローンのデメリット 事務手数料が高い 定額型を除く イオン銀行に限りませんが、住宅ローン取り扱い事務手数料として、住宅ローン融資額の2. 例えば、2,000万円の住宅ローンを組む場合、440,000円 税込 もの費用がかかります。 金利に割高感? イオン銀行の住宅ローン金利は変動金利を中心に競合行と比較して金利の割安さがありましたが、日銀のマイナス金利政策導入により多くの銀行で変動金利や10年固定金利が大幅に引き下げられ他のネット銀行と比べると金利の割安さを感じれないことがデメリットといえるでしょう。 つまり業界でも最低の住宅ローン金利を低維持しているネット銀行に比べて、若干金利が高いということですね。 一方、多くの銀行が住宅ローン金利を毎月見直すのに対して、は年に1回程度しか見直しをしていないため、住宅ローン金利が上昇するタイミングではの住宅ローン金利が相対的に魅力的になっていく可能性があるので要チェックです。 疾病保障が有料 繰り返しになってしまいますが、イオン銀行では疾病保障を付帯させるためには金利上乗せ 有料 となっています。 これらの銀行は変動金利で国内最低水準の金利を打ち出しているのに対し、イオン銀行の変動金利にはこれらの銀行に対して疾病保障がない割に割安さがありません。 残念ながら疾病保障などを加味した実質金利での割高感はぬぐえないですね。 イオン銀行の住宅ローン金利推移 変動金利 10年固定金利 2020年7月 0. 住宅ローンを選ぶ上で、住宅ローン金利が一番重要であるというお考えの方や金利以外のサービスも含めて検討したいという方もいらっしゃると思います。 2020年6月現在のの住宅ローン金利は競合するネット専業銀行との比較では割安感がありませんが、一方でイオン銀行でしかできないこともあります。 それが住宅ローンの専門家との対面相談です。 普段お買い物でよく訪れる店舗で気軽に相談できることは、ひょっとすると大手銀行にも勝るメリットかもしれません。 い換えれば、 『イオンが近くにあり頻繁に買い物をし、さらに住宅ローンの借入れについては専門家に対面で相談したいと考えている方』に最適な住宅ローンがです。 逆にイオンも近くないし、住宅ローンは自分で調べてある程度把握している、または電話やメールでの問合せで自己解決出来る方には、対面での相談は出来ない代わりに イオン銀行よりも金利が低く、団信に加えて無料の「疾病保障」が付帯する住宅ローンがおすすめと言えるでしょう。 住宅ローンを借り入れる時に何を重要視するかで選ぶ銀行が変わるということですね。 ご自身にあった銀行、住宅ローンを選びましょう。

次の

イオン銀行投資信託の評判とメリット

イオン銀行 メリット

年会費無料のクレジットカーのなかでも特に人気が高いのがイオンカードです。 主婦の方を中心に、イオングループの店舗で買い物をする人に支持されており、ポイント還元や特典など、お得感も大きいのが特徴です。 もっとも一般的なのはイオンカード(WAON一体型)ですが、実は イオンカードの中で一番お得なのは「イオンカードセレクト」です。 現在は、 イオンカードの新規会員のうち、約半数の人が「イオンカードセレクト」を選んでいるほど、代表的な一枚となっています。 イオンカードセレクトは、 年会費永年無料で使えます。 (家族カードも無料) また、「18歳以上で電話連絡ができる方」なら誰でも発行可能です。 (高校生は不可) 目次• ディズニーバージョンが新登場 新しく ミッキーマウス デザインカードも登場しました。 こちらは「JCB」のみ選択できますが、年会費無料でスペックは同じです。 こちらの記事で詳細解説しています。 即日発行が可能に イオンカードセレクトは、「カード店頭受取りサービス」によって 即日発行が可能です。 WEBで申込後、最短30分で審査が完了します。 その後、イオン店舗内の「イオン銀行」または「イオンクレジットサービスカウンター」に行くことで、その日のうちにイオンカードセレクトを入手できます。 その日からイオンカードセレクトの優待が受けられ、またポイントも貯めることが可能です。 ただし、即日発行カードは「イオン」マークの加盟店でのみ使える一時的なカードで、国際カードブランド(VISA・mastercard・JCB)のついた正式なカードは後日郵送で受け取ります。 イオンカードセレクトの特徴 イオンカードセレクトは、イオングループのサービスを利用する機会が多い方なら、「 これほどお得な一枚はない!」と言い切れるほど、突出してメリットが大きいクレジットカードです。 数ある年会費無料カードのなかでも、個人的にはかなりおすすめしたいカードです。 1枚4役の多機能カード イオンカードセレクトの最大の特徴は、「1枚4役」ですべてが一体型となっている点です。 年会費無料のクレジットカード• イオン銀行のキャッシュカード• 電子マネーWAONカード• イオンの優待カード さらに、カードキャッシングを利用したい方は、キャッシングの機能も付けることが可能です。 これらすべての機能が1枚に集約されています。 特に、「 イオン銀行との連携特典」はメリットが大きいです。 (くわしくは後述します。 ) 2重取りもできる2つポイントシステム イオンカードセレクトでは2つのポイントが貯まります。 貯めたポイントはさまざまな商品と交換できるほか、交換レート1:1でWAONポイントやdポイント、Suicaに交換することも可能です。 また、イオングループのお店で使うとポイント還元率は毎日2倍、毎月10日の「ときめきWポイントデー」ではイオングループ以外のお店でもポイントが2倍となり、よりお得です。 貯めたポイントは1WAON=1円として、イオングループ店舗をはじめ、WAONが使えるお店で消費できます。 また、電子マネー「WAON」のオートチャージができるのも、イオンカードセレクトのメリットです。 オートチャージによって貯めたWAONも、もちろんポイント還元の対象となります。 イオンカードセレクトを使ってWAONチャージをした場合に限り、 ポイントの2重取りができるので還元率が1%にアップします。 これは、電子マネーWAONへチャージした際にクレジット利用分として「ときめきポイント」が、電子マネーWAONで支払いをしたときに、電子マネー利用分として「WAONポイント」が両方もらえるからです。 以下の2重取りテクニックを使うことで、イオンカードセレクトのポイント還元率を最大1. 5%にアップできます。 おすすめのポイント2重取りテクニック 1.イオンカードセレクトで電子マネーWAONにチャージする 0. 5%のときめきポイントを獲得できます。 2.毎月「5の付く日」のお客様わくわくデーでチャージした電子マネーWAONで支払いをする 毎月5の付く日は、イオングループのお店でWAON支払いをするとWAONポイントが2倍となります。 0%のWAONポイントが獲得できます。 合計すると1. 5%のポイント還元が得られます。 優待カードとして活用する イオンカードセレクトは、イオングループ各店で使える優待カードとしても活用できます。 対象となる店舗は、イオンの他、ミニストップ、ビブレ、マックスバリュ、イオンスーパーセンターなどです。 近年イオンは事業領域を拡大しており、最近ではダイエーやピーコックストアも傘下におさめたので、将来的にはこういった店舗も優待の対象になるかもしれません。 イオン系のお店以外でも、イオンカードセレクトを使って買い物をすればどこでもポイント2倍の対象になることです。 (たとえば家電量販店や百貨店など、どこでもOKです。 G感謝デー(毎月15日) G. G感謝デーとは、55歳以上の方限定の優待デーのことです。 イオン銀行との連携でさらにお得 イオンカードセレクトは、イオン銀行のキャッシュカードとしても使えます。 そして、 イオン銀行との連携特典が非常にお得感が大きいです。 イオン銀行Myステージでは、取引内容に応じて、ステージと特典内容が変わります。 たとえば、ゴールドステージになると、 普通預金金利が年0. 普段の買い物でイオンカードセレクトや電子マネーWAONを利用している方は、ゴールドステージ到達に必要な100点も獲得しやすいです。 ゴールドステージ(100点)になる利用方法• イオンカードセレクト会員:10点• インターネットバンキングの登録:30点• WAONオートチャージの利用:10点• イオンカード利用代金の引き落とし(2~4万円未満):20点• 電子マネーWAON払い(2~3万円):30点 ちなみに優遇金利を適用すると、ネット銀行の中でもっとも高金利になるので、資金をお得に運用できます。 無料のイオン銀行口座と、年会費無料のイオンカードセレクトを組み合わせるだけで、実質的には毎月10円相当のプラスになる、これが連携特典の大きなメリットの一つです。 しかし、イオンカードセレクトの会員が他行振込をした場合、毎月1回に限り220WAONがもらえます。 年会費は一切かかりません カードブランドは、VISA、JCB、MASTERの3種類のカードブランドから、好きなものを選択できます。 公式サイトの画像を見る限り、イオンは「VISAカード」を推奨しているようなので、とくにこだわりがなければVISAの選択をおすすめします。 また、イオンカードセレクトは年会費永年無料です。 クレジット機能を一切使わなくても年会費がかかることはありません。 ユーザーの中には、イオン銀行連携特典を使うために、イオンカードセレクトをキャッシュカードとして活用している人もいます。 管理人はこう思う 管理人がこのカードを手に入れるべきかどうか、独断と偏見で判断します。 個人的には非常におすすめしたいクレジットカードです。 日常生活の中で、コンビニのミニストップやイオン系のスーパーを利用している人は多いと思います。 また、電子マネーWAONを使っている人も多いでしょう。 イオンカードセレクトは、そういった「イオングループに関わりのあるすべての人」にとって、もっともお得なクレジットカードなので、一枚持っておくだけでもメリットは大きいです。 逆に、イオンのスーパーやイオン銀行、WAONなどを一切使うシーンがない人にとっては、メリットは薄いかもしれません。。。 クレジットカードとしての機能はもちろんですが、私の意見を言うと「イオン銀行との連携特典」が大変メリットがあると感じます。 イオンカードセレクトの口コミ JAL使わないのであればイオンカードセレクトも検討の価値がありますよ。 オートチャージで0. イオンカードセレクトで500円引き。 — Kazuhiro Abe abee2 最短即日発行ができるようになりました。

次の

イオン銀行のデメリットと注意点、手数料を無料にする方法

イオン銀行 メリット

イオン銀行は利用するに当たって非常にメリット豊かな、優れた銀行であると分析することが可能です。 ゆうちょ銀行やそのほかのメガバンク、ネット銀行の金利がなかなか改善されない中、国内で最高水準の金利を保っているのがイオン銀行なのです。 なのでイオン銀行を利用するに当たっては様々なメリットを頭の中に入れてから利用すると非常に有効的であると考えられます。 この項ではそのようなイオン銀行のメリットについて紹介していきます。 「イオン銀行のメリット」 まずイオン銀行の最大の魅力はその溢れる金利水準になります。 このイオン銀行の金利水準は0. 12%と、他の銀行が0. 01%台で苦しむ中素晴らしい実績を積んでいます。 一方でこの金利水準を達成するためには「イオンカードセレクト」というクレジットカードを保有する必要がありますが、その点も平気で、簡単な申込と簡易な審査によりカード保有は認められるので是非利用をお勧めします。 「イオンカードセレクト」を持つということは、即ち 「イオン銀行ダイレクト」という機能も利用することができます。 この機能を利用する上では、インターネット上での様々な金融の取引を利用することが可能になります。 経由する端末としてはパソコンやスマートフォン、携帯電話を挙げることができ、店頭に行かずとも入金ができたりする点には非常に注意する必要があります。 24時間取引が行えるのも魅力を高める機能のひとつになっています。 そして全国のイオンやミニストップというような店舗に設置されたイオン銀行ATMで24時間いつでも無料で入出金を行えるというのも非常に嬉しいシステムになります。 特に普通の金融機関ですと深夜にはATMの作動を停止させてしまうことも多く、その意味でも24時間のフル稼働においては非常に利便性が高いと言い切ることができます。 このように様々なイオン銀行におけるメリットを並べてきました。 特に注目するべきはその金利のレベルにあります。 年利0. 12%というのは非常に驚くべきレベルでの金利で、そういう意味でも利用に当たっては非常に利便性を発揮すると考えられます。 加えてイオン銀行内での振込などでは手数料も無料になり、その手の煩雑な手数料も必要なく、非常にスムーズで快適なクレジットカードライフを利用することができます。 「イオン銀行のデメリット」 イオン銀行のデメリットとして挙げられるのは、そのメリットの多さより余りありません。 強いて言うならイオン銀行以外の 金融機関に対する振込などの場面で手数料が必要になること程度であると言い切ることができます。 一方でこのような手数料もポイント還元の形で利用者の方に対する衝撃が緩和されているので、その点でも非常に心配りの利いた銀行であると断言することができます。 イオン銀行はそのメリットの強さより、余り特筆すべきデメリットを挙げることはできません。 しかし利用細則やそのほかの情報を収集して、しっかりと自分の中で理解、納得して後カード利用を決断することが必要です。 「イオン銀行のメリット・デメリット」・まとめ イオン銀行のメリットやデメリットをつらつらと述べてきました。 その中で確認できることは、メリットのレベルが非常に高いということです。 特に何度も注記することになりますが、金利0. 12%という数値は驚異的であると言えます。 このような銀行サービスを利用しないのは非常にもったいない気がします。 もしお得なサービスを求めて、銀行利用を検討している方がいらっしゃいましたら、是非利用を一考してみましょう。

次の