ジャンバラヤ 作り方。 【レシピ】簡単!炊飯器で作る「ジャンバラヤ」洋風の炊き込みご飯

ジャンバラヤのレシピ!人気男子ごはん!簡単に炊飯器やフライパンで!

ジャンバラヤ 作り方

がおいしい! ゲストさん 13:11• がおいしい! ゲストさん 12:56• がおいしい! ゲストさん 12:49• がおいしい! ゲストさん 12:16• がおいしい! ゲストさん 12:15• がおいしい! ゲストさん 11:42• がおいしい! ゲストさん 11:41• がおいしい! ゲストさん 11:40• がおいしい! ゲストさん 11:34• がおいしい! ゲストさん 10:51• がおいしい! ゲストさん 10:50• がおいしい! ゲストさん 10:39• がおいしい! ゲストさん 10:18• がおいしい! ゲストさん 09:25• がおいしい! ゲストさん 09:04.

次の

「ジャンバラヤのレシピ」

ジャンバラヤ 作り方

CONTENTS• ルイジアナ風ジャンバラヤ 日本でもよく知られる、米を使ったケイジャン料理のジャンバラヤ。 本場ルイジアナ州周辺では、家庭だけではなくパーティやお祝いごとに大きな鍋(BLACKPOT)で大量につくることもあり、バーベキューにおいては祝祭料理としても知られています。 豚や鶏肉のほか、鹿やウサギなどのゲームミート(牛や豚など家畜以外、狩猟対象の食肉)を使い、ケイジャン・シーズニングで味付けをします。 分量の水を沸かし、完全に沸騰したらコンソメキューブを潰して入れ、溶かしておきます。 にんにくと玉ねぎはみじん切り、トマトとピーマンは1cm角に切る。 鶏もも肉は皮を除いて一口大にし、1cm厚さの小口切りにしたソーセージ、ケイジャン・シーズニングと塩、胡椒を加えて混ぜます。 ダッチオーブンにオリーブオイルとにんにくを入れて炒め、香りが立ったら玉ねぎを入れて炒め合わます。 ケイジャン・シーズニングをまぶした鶏とソーセージ、生米を入れてまんべんなく混ぜながら、3分ほど炒めます。 米が透明になってきたら1を加えて強火にし、沸騰したら蓋をして15分ほど炊きます。 火を止め、刻んだピーマンを表面に散らし、蓋をしてしばらく蒸らします。 米の表面はやわらかく、少し芯がある程度になればできあがり。 ポイント バーベキューでは肉や野菜だけを焼くのではなく、ジャンバラヤなどの米料理を加えると、メニューにボリュームのあるパーティとなり、参加者に喜ばれます。

次の

【ジャンバラヤ】とはどこの国の料理?パエリアとの違いもチェック!

ジャンバラヤ 作り方

まず「ジャンバラヤ」って何なのか?知らなかったのでざっと調べてみました。 ジャンバラヤとは?• ジャンバラヤはケイジャン料理(アメリカ南部ルイジアナ州の郷土料理)の一種でスパイシーな炊き込みご飯のこと。 スペイン料理の「パエリア」とよく似たお米の料理で、玉ねぎやセロリ、パプリカ等の香味野菜とソーセージや鶏肉などの食材が主に使われ、スパイスが効いているのが特徴。 なるほど! アメリカの料理で、スパイシーな炊き込みご飯なんですね! 炊飯器で簡単「ジャンバラヤ」 今回はトップバリュのレシピ「チキンジャンバラヤ風」というものを作りました。 " ジャンバラヤ風 "ということなので、なんちゃってジャンバラヤですね! 材料• 米 1. 水 200ml• 鶏もも肉 350g• ホールトマト 150g• 焼肉のたれ 大さじ5. 5(鶏肉の下味用:大さじ1. 5・炊飯用:大さじ4)• ネギ、白ごま(トッピング)適量 焼肉のたれは中辛を使用します。 作り方 【下準備】• 鶏もも肉(1枚)は皮面にフォークで穴をあける• 5)を入れて揉みこみます。 今回 鶏肉はカットしてあるものを使用しました。 皮面に焼き目をつけます。 よく混ぜ合わせます。 お好みで仕上げに焼肉のたれをひとかけします。 まとめ トップバリュの「チキンジャンバラヤ風」は簡単に出来て美味しかったです。 このレシピは、焼肉のたれで味が決まる!というもので、味付けが焼肉のたれだけだったので、もっとスパイシーな調味料を使うと、もっと「ジャンバラヤ」っぽくなるのかなと思います。

次の