蕁 麻疹 治す 方法。 「蕁麻疹(じんましん)」ひどくなった時の対処法|田辺三菱製薬|ヒフノコトサイト

はしかが流行中!潜伏期間や症状、感染経路は?予防方法はあるの?

蕁 麻疹 治す 方法

ムズムズ、チクチク・・・カラダがかゆくて仕事に集中できない!気になって眠ることもままならないなんてこと、ありませんか?「このかゆみ、この赤み我慢できない!」「引っ掻きたい衝動にかられるけれど、掻けば広がって、またかゆみが出て後悔することも頭ではわかっている・・・」と、どうにもならないそのかゆみ、もしかして「 じんましん 蕁麻疹 」かもしれません。 じんましんの原因、じんましんの予防策、また、じんましんにおすすめの漢方をご紹介します。 これって、じんましん? 湿疹や虫刺されによく似ている、じんましんの症状をまずは知りましょう。 地図状に広がる大きいものから虫刺されのようなものまで、発症する箇所や大きさ、時間帯などにも個人差があります。 いてもたってもいられない、我慢できないほどのかゆみを伴うことや、熱を持ち焼けるような痛みを感じる場合などもあります。 どうして、じんましんになるの? じんましんの7割は原因不明?!実はじんましんが発症する原因の多くがはっきりとはわからないとされていますが、発症する可能性として以下のようなことが考えられます。 食べ物による原因 えび・蟹などの甲殻類、青魚などの魚介類、牛乳・チーズなどの乳製品、穀類、卵、食品添加物、豚肉などの肉類。 (小麦、ソバ、乳製品、卵、落花生は、五大アレルギー成分といわれています。 乳製品や肉・魚・卵などに含まれる動物性のタンパク質や、油などはすぐにカラダの外に排出されにくいものなので、普段食べているときはなんともなくても、その日の体調が優れなかったり、疲れていたりするとアレルギーとして反応することもあります。 精神的な原因 人のカラダは本来、カラダに毒素が溜まったとき発汗や排泄でカラダの外に出そうとする機能が備わっているのですが、その機能がうまく働かない時に皮膚疾患として症状があらわれやすくなります。 ストレスもカラダの毒素のひとつと捉えられます。 現代のストレスフルな社会に起こりやすい症状の一つかもしれません。 その他の要因 犬猫などの動物・金属などの接触・薬の副作用・寒暖差・太陽光や汗などでも起こる場合があります。 ありとあらゆるものが原因になる可能性があるのですね。 どんな予防ができるの? 原因がはっきりしないことの多いじんましんですが「打つ手なし」とあきらめるのはまだ早そうです。 大事なことは じんましんの出にくいカラダづくりをしていくことが予防につながります。 ストレスや疲れをためこまない じんましんに限ったことではありませんが、ココロが不調になればカラダにも不調が現れてきます。 ストレスを発散する、受け止める、受け流すなど自分なりのストレス解消法をうまく活用しましょう。 でも、ヨガやハーブティなどストレス発散のためのアドバイスをご紹介していますので、是非試してみてくださいね! 2. 食事の改善 じんましんの原因となりうる 動物性のタンパク質や油を避けるのはもちろん、チョコレートや辛いもの、アルコールなどの刺激物もじんましんを助長してしまう可能性があります。 症状が出ている時は摂取を控えたほうが良いでしょう。 睡眠・生活習慣の改善 不規則な生活や睡眠不足が与えるカラダへのダメージは、自分が思っている以上に大きいもの。 疲れをうまく解消できておらず、気づかないうちに慢性疲労になっていることもあります。 また、 睡眠は自律神経や免疫力にも多くの影響を与えていると考えられています。 良質な睡眠をとることも大切です。 もし、じんましんが出たときには「何をしていた時に発症したのか」「どのような状況だったのか」を自分でよく考えてみましょう。 原因不明のじんましんには、自分自身に気づくということも重要です。 (例:アクセサリーをつけたら出た 日光浴をしていたら出たなど) 生活習慣を見直してみることで、かゆみがなくなることもあるかもしれません。 また、 未病を治すことは漢方の得意分野です。 漢方も力になってくれるかもしれません。 漢方から見たじんましんとは 漢方では、人のカラダは「気(き)」「血(けつ)」「水(すい)」の3つで構成されていると考えています。 じんましんは、そのうち、「 水(=血液以外の水分や体液を指すもので、飲食物中の水分を消化吸収によってカラダに必要な形にし、カラダをうるおしているもの)」と 熱のバランスが崩れたとき、風邪(ふうじゃ)という邪気が皮膚から侵入することによって起こると考えられています。 また、 「水」が滞ると全身の組織や器官に栄養を与える「血」も滞り、本来あるべき栄養補給や排出の働きにも影響を与えるとされています。 じんましんにおすすめの漢方薬 腫れて痛みや膿のある皮膚疾患、じんましん、化膿しやすい皮膚炎、水虫には 十味敗毒湯(じゅうみはいどうくとう)という 漢方薬が効果的です。 漢方薬の名前にも入っている通り、配合されている10種類以上の生薬が相互に働いて、解毒を促します。 十味敗毒湯は何らかの原因で肌がふさがることで正常に排出されない 「水(すい)」と熱のバランスを整えます。 患部がじゅくじゅくしている時に、 肌をふさいでいる余分なものを出すとともに、「水」や熱を発散させて肌を正常な状態に導きます。 生薬パワーを借りてじんましんを繰り返さないカラダを目指しましょう。 カラダの中に生じた余分なものを排出させるのにとても良い漢方薬です。 ただし、症状がひどかったり、原因が分からない時には、お医者さんにご相談ください。 お近くの漢方医の検索や漢方専門の先生をご紹介。 どの漢方薬が合っているか、分からない方は是非!.

次の

漢方医学(中医学)による蕁麻疹の治療と予防

蕁 麻疹 治す 方法

2 どうしてかゆくなるの? 私たちにとって「痛み」や「かゆみ」は大切な皮膚感覚です。 かゆみは、痛みとよく比較され、両者とも神経を伝わって感じることから、かつては「痛みの神経が感じる弱い痛みがかゆみである」と考えられていました。 私たちは経験的に「痛み」は皮膚だけでなく体の内部でも感じることを知っていますが、「かゆみ」は体内の臓器では感じません。 「胃が痛い」ということはあっても、「胃がかゆい」ということはないことから、痛みとかゆみを脳に伝える神経はそれぞれ別々の神経であるという説が提唱されました。 今では、この説は正しく、痛みとかゆみは異なる神経によって脳に伝えられること、かゆみを伝える神経は「C-線維」とよばれる細く、伝導速度(情報を伝える速度)が遅い神経であることが明らかになりました。 最近の研究では、伝導速度の速い神経であるA-線維の一部もかゆみの伝達に関わることが明らかにされています。 一端、かゆみが生じると私たちはかゆい場所を引っ掻きます。 掻くと最初は気持ちが良いですが、その後は痛みが生じるために掻くことを止めますが、同時にかゆみも鎮まります。 それでは、なぜ、引っ掻くとかゆみが鎮まるのでしょうか。 最近の研究から、皮膚から脳へ感覚情報を伝える中継地点の脊髄のなかで、痛みの神経回路はかゆみを伝える神経回路を抑制することが明らかにされました。 すなわち、かゆいところを引っ掻くと痛みの神経回路が活動し、それがかゆみの神経回路の活動を鎮めるわけです。 後述するように、アトピー性皮膚炎の患者さんでは「掻いても掻いてもかゆい」と訴える場合があります。 近年、この原因の一つに、前述した「痛みによる鎮痒の仕組みの異常」が関係しているのではないかと推察されています。 3 どうして掻くといけないの? かゆいところを掻くと一時的に「気持ちいい」と感じます。 しかし、掻き過ぎると、皮膚を傷つけたり、湿疹などの皮膚のトラブルが悪化したりするだけでなく、わずかな刺激にも反応してかゆみが起こりやすくなる「かゆみの悪循環」を発症します。 かゆみを感じると、ついつい掻いてしまいます。 掻くと気持ちが良いし、ひりひりするまで掻いてしまえば、しつこいかゆみから一時的に逃れることができます。 しかし、強く掻くと皮膚のバリア機能、すなわち外からの異物に対する防御機能が低下してしまいます。 また、体の中から水分が外に逃げてしまい、皮膚から水分が失われることで乾燥肌になります。 バリア機能の弱まった皮膚からは、アレルギー反応を引き起こすアレルゲンなどが体内に入りやすくなり、衣服のこすれなどのちょっとした刺激によってもかゆみ神経を刺激することでますますかゆくなります。 また、かゆいところを掻くと皮膚に存在する細胞から炎症を促すさまざまな物質やかゆみの神経にはたらく物質が放出されて、結果的に皮膚炎がさらに悪化し、かゆみも強くなります。 いったん掻き始めると、そのまわりの皮膚もかゆくなったりします。 すると、もともとかゆかった場所よりも広い範囲を掻いてしまい、皮膚のダメージは広がり、皮膚炎はどんどん悪化します。 例えば、アトピー性皮膚炎の患者さんのしつこいかゆみは、この「かゆみの悪循環」が原因であると考えられています。 オピオイドによるかゆみ かゆみの原因は皮膚局所にある場合が多いですが、最近ではこれとはまったく異なる原因で起こるかゆみがあることがわかってきました。 それがオピオイドによって生じるかゆみです。 強力な鎮痛薬として使用されるモルヒネは、痛みを鎮める作用と同時に、かゆみを起こす作用があることが知られていました。 私たちの体内では、モルヒネと同じ働きをするオピオイドとしてベータエンドルフィンという物質が作られていますが、この物質が増えると強いかゆみが起こります。 体内には、ベータエンドルフィンとは逆に、かゆみを抑えるオピオイドとしてダイノルフィンという物質があります。 ベータエンドルフィンとダイノルフィンはそのバランス(割合)によってかゆみを強めたり弱めたりすると考えられています。 例えば、強いかゆみに悩まされている透析患者さんでは、血液中のベータエンドルフィンの量がダイノルフィンの量に比べて多いことがわかっています。 この2つの物質のバランスの異常が、透析患者さんのかゆみの原因の一つであると考えられています。 こうしたかゆみを和らげるために、体内のダイノルフィンの割合を増やせば良いのではないかという発想で長い間研究が行われてきました。 現在では、その努力が実り、ダイノルフィンと良く似た働きをする内服薬が透析患者さんのかゆみ治療薬として使われています。 また、最近の研究ではこの内服薬は原発性胆汁性肝硬変の強いかゆみにも効果があることがわかってきました。 5 なかなか治らないかゆみとは? なかなか治らないかゆみを理解するためには、かゆみを引き起こす物質として有名なヒスタミンについて知ることが大切です。 皮膚のなかにはヒスタミンを作る細胞が存在しており、その代表が肥満細胞(ひまんさいぼう)です。 皮膚に存在する肥満細胞が刺激されると、ヒスタミンを分泌します。 分泌されたヒスタミンは、血管にはたらきかけ、皮膚が赤くはれます。 また、ヒスタミンが神経にはたらくと強いかゆみを起こします。 これが蕁麻疹(じんましん)で、蕁麻疹のかゆみはヒスタミンが神経にはたらきかけることで生じることから、かゆみの第一選択薬である抗ヒスタミン薬によってかゆみが鎮まります。 また、皮膚の表皮ケラチノサイトもヒスタミンを作り、分泌することもわかっています。 イラクサなどの植物のとげにヒスタミンなどが含まれている場合もあり、そのとげが皮膚に刺さることによってもかゆみを感じます。 ヒスタミンを分泌させる刺激とは? 接触アレルギー 肌に何かが接触するとそれが刺激となってかゆくなることがあります。 「かぶれ」ともいいます。 植物アレルギー:ウルシ、タンポポ、イチョウなど• 金属アレルギー:アクセサリー、虫歯や矯正の金属など• 化粧品:口紅、染毛剤、日焼け止め、アロマオイルなど• 薬:湿布、ばんそうこう、目薬、防腐剤、消毒薬など• その他:ゴム手袋、歯みがき粉、シャンプー、洗剤など 食物アレルギー 食べると蕁麻疹を起こしやすい食品があります。 青魚、エビ、カニ、そば、ナッツ類、卵、肉、乳製品、アルコール類などです。 虫刺され 虫に噛まれたり刺されたりすると、赤く腫れてかゆみを感じます。 毒の成分にヒスタミンなどが含まれていてかゆみや炎症を起こします。 蜂、ムカデ、蚊、アブ、毛虫、ガなどです。 温度変化 冷えていた体が急に温まったり、その逆の温度変化が起こると、広い範囲でかゆみを感じることがあります。 お風呂やスポーツ、暖房器具などが原因になります。 ストレス 勉強や仕事などで生じる強いストレスによってかゆみを強めることがあります。 しかし、抗ヒスタミン薬を内服しても効果が無く、なかなかかゆみが鎮まらない場合や、何度も繰り返し、かゆみが生じる場合には、ヒスタミン以外の原因によってかゆみが起きていることが考えられます。 最近の研究では、ヒスタミン以外のいろいろな物質によってかゆみが引き起こされていることがわかっており、例えば、セロトニン、タンパク質分解酵素、脂質、サイトカインなどがあります。 肥満細胞はヒスタミンだけでなく、その他のかゆみ物質も分泌することがわかっています。 これらのヒスタミン以外のかゆみ物質は肥満細胞だけでなく、免疫細胞や表皮ケラチノサイトなどでも作られ、分泌されます。 前述したように、乾燥肌になるとかゆみのC-線維が体の表面近くまで伸びています。 この神経が外界の刺激である衣服のこすれなどの刺激を受けることでもかゆみが起こりますが、このようにして生じたかゆみにヒスタミンは関与していないため、抗ヒスタミン薬が効きません。 抗ヒスタミン薬を使ってもかゆみが改善しない場合には、アトピー性皮膚炎や内臓疾患などを疑って、早めに受診することが大切です。 こうした病気に伴うかゆみは、前述したようにヒスタミン以外の原因でかゆみが起きているために、抗ヒスタミン薬が効きにくいと考えられます。 特に注意したいのは、内臓疾患によるかゆみです。 単なるかゆみと思って放置していると、病気そのものが悪化する可能性があります。 かゆみをともなう内臓疾患として、糖尿病、腎不全、肝硬変の一種(原発性胆汁性肝硬変)、内臓がんなどがあります。 内臓疾患によるかゆみは、抗ヒスタミン薬でかゆみが改善しないことに加えて、肌には目立つ異常はなくても夜も眠れないようなかゆみがしつこく起こり、乾燥肌の特徴がみられる場合があります。 なかでも、透析患者さんや原発性胆汁性肝硬変患者さんのかゆみには、前述した脳内モルヒネともいわれるベータエンドルフィンが関与することが分かっています。 なかなか治らないかゆみが起こったときには病院に行き、検査を受けると良いでしょう。

次の

寒冷蕁麻疹の原因とは?症状や治療方法も紹介!

蕁 麻疹 治す 方法

常聽到蕁麻疹是因為吃海鮮所引起,跟壓力大有什麼關係? 蕁麻疹的常見誤解 蕁麻疹不一定是由食物所引起,只要食、衣、住、行方面能引發體內的組織胺釋放,就可能引起症狀。 可能誘發蕁麻疹的因子包括:• 芒果、奇異果• 有機溶劑• 口服或局部藥物• 其他因素 蕁麻疹的主要症狀 常見症狀有三大類,症狀表現與範圍會視嚴重程度而定。 膨疹:在皮膚各處都可能出現澎疹,面積與數量會依嚴重程度而定。 發癢:膨疹處通常會有癢的感覺,尤其晚上會更明顯。 血管性水腫:在皮膚比較薄的地方容易出現腫脹,如眼周、嘴唇等。 蕁麻疹的致病機制 許多過敏原如海鮮、塵蟎等,當它們與人體首次接觸時,人體會啟動防禦機制激活體內的 B 細胞,進而引發 E 型免疫球蛋白 IgE 的大量製造。 一旦人體再次接觸過敏原,E 型免疫球蛋白就會與其結合,在刺激之下皮膚內的肥大細胞就會釋放組織胺,導致皮膚中的血管腫脹、興奮神經引起搔癢。 急性蕁麻疹與慢性蕁麻疹的不同 許多民眾不易區分急性與慢性,其實兩者最大的差別在於,慢性尋麻疹通常會因不明原因反覆發作超過六週,而急性蕁麻疹只會在接觸過敏時發作,也不會持續至六週。 一般來說,急性尋麻疹大多是由飲食所引起,只要盡快找到病因、避免再接觸過敏原,通常很快就會改善。 一旦症狀持續且反覆發作六週以上,就稱為「慢性蕁麻疹」,這類患者通常不是食物所引起,而是跟個人體質有關,其他像是精神或情緒起伏、生活壓力大等都可能是誘發原因,由於慢性蕁麻疹的病因難以確診,也較難事先預防,所以紅腫、發癢的症狀就容易反覆出現。 急性、慢性蕁麻疹如何治療與改善? 兩者在治療的第一步都必須找出病因,在生活上避開誘發因子,再依急性、慢性做區分採行不同的治療方式。 急性蕁麻疹大多不用治療就能痊癒, 發癢難耐時可以冰敷或輕拍舒緩症狀,如果情況較為嚴重,醫師可能會以口服或施打抗組織胺治療,服藥次數可一天服用一次。 治療慢性蕁麻疹的第一線藥物為第二代抗組織胺,須每天給藥。 如果治療效果不佳,則由醫師評估增加二~四倍的藥量,或考慮其他替代藥品、使用免疫抑制劑(如類固醇)等。 如果皮膚發癢的情況較為嚴重,也可請醫師開立止癢藥膏改善症狀。 只要牢記以下幾點生活對策與治療原則,就能使慢性尋麻疹獲得良好的控制。 遠離過敏原• 紓解壓力• 避免搔抓• 提高對疾病的認知• 定期治療、長期追蹤• 不可自行減藥或停止治療 慢性蕁麻疹超過5成跟壓力有關 慢性蕁麻疹像是一種「身心皮膚病」,根據臨床醫師長期觀察,慢性蕁麻疹的患者大多與生活壓力大脫不了干係,尤其發病前的壓力指數通常較高。 醫師建議,身心調整對改善慢性蕁麻疹來說相當重要,許多患者透過改變生活節奏、調整作息、安排休閒活動紓解壓力,病情都能有明顯的改善。 文:林恆毅/圖:Daco 參考資料: 、、、.

次の