新型 グランド チェロキー。 【新型グランドチェロキー】2020年後半フルモデルチェンジ発表!最新情報、サイズやハイブリッド燃費、価格、発売日は?

グランドチェロキーは故障が多い?壊れやすいのか故障率をもとに解説!

新型 グランド チェロキー

FCAジャパンは、ジープブランドのフラッグシップSUV「グランドチェロキー」に特別仕様車「トレイルホーク」を設定して、2020年4月2日に発表、同年4月18日に152台限定で発売した。 また急勾配の登り坂や下り坂を一定の速度で安定して走行できるセレクスピードコントロールを備え、走破性に優れているのが特徴だ。 フロントグリルやドアミラーカバーにナチュラルグレーのアクセントカラーを採用した。 またマットブラックのボンネットデカールやピアノブラックのベルトモール、専用18インチアルミホイールを装備して、精悍な雰囲気を演出。 そのほか、レッドの牽引フックやTrail Ratedバッジ、レッドのアクセントカラーをあしらったナチラルグレーのJeepバッジおよびGrand Cherokeeバッジを装備した。 インテリアは、レザーとスエードのインサートを組み合わせたRAILHAWKのロゴ入りシートを採用。 さらにレッドステッチをあしらったインテリアアクセントが、車内を上質なイメージに仕上げている。 FCAジャパンは、ジープブランドのフラッグシップSUV「グランドチェロキー」に特別仕様車「トレイルホーク」を設定して、2019年4月4日に発表、同年5月18日に100台限定で発売した。 また急勾配路を一定の低速で安定して上ったり、下ったりできるセレクスピードコントロールを装備して、慎重なアクセル・ブレーキが要求される状況において、ドライバーの運転操作を強力にサポートする。 エクステリアは、トレイルホーク専用のナチュラルグレーをアクセントとしたブラックグリルやフォグランプベゼル、ドアミラーカバーのほか、マットブラックボンネットデカールにより、精悍さをアップ。 またオフロード走行時にボディ下部を保護するスキッドプレートを4箇所に装備するほか、レッドカラー仕上げの牽引フックや専用18インチアルミホイールなどにより、機能性も兼ね備えたタフなルックスが演出されている。 インテリアは、ブラックを基調にレッドステッチをあしらったインテリアトリムや、「TRAILHAWK」ロゴ入りレザーシートを採用して、上質な空間に仕立てられている。 なお運転支援装備は「リミテッド」に準じており、アダプティブクルーズコントロール(STOP機能付)やクラッシュミティゲーション(衝突被害軽減ブレーキ)付の前面衝突警報、LaneSense車線逸脱警報プラスなどを装備。 またエアサスペンションを搭載し、優れた乗り心地と悪路走破性を両立したという。 同年5月16日には、「トラックホーク」に一部改良を施した。 今回の改良では、、内外装の一部デザインを変更して質感を向上した。 エクステリアは、トラックホーク専用の20インチアルミホイールのデザインを変更。 新たにブラックサテン塗装が施された。 インテリアは、センターコンソールにあしらわれるインテリアアクセントをピアノブラック仕上げに変更した。 同年12月2日には価格改定を実施した。 FCAジャパンは、ジープブランドのフラッグシップSUV「グランドチェロキー」に特別仕様車「アルティテュード」を設定して、2019年3月28日に発表、同年4月13日に発売する。 「アルティテュード」は、エントリーグレードの「ラレード」をベースに、精悍さを演出するエクステリアパーツや、上級グレード譲りの豪華装備を搭載。 エクステリアは、ボディ同色バンパー/サイドシルのほか、ブラックグリル、ブラックベルトモール、ブラックルーフモールディング、グロスブラック仕上げの20インチアルミホイールなど、ブラックのアクセントカラーを用いた専用装備により、スタイリッシュさを強調した。 インテリアは、滑らかな触感のスエードとレザーを組み合わせたブラックスエード/レザーシートやフロントシートヒーターを特別装備して、上質で快適な空間に仕立てられている。 また通常は上級モデルの専用装備であるエアサスペンションを装備して、高級感や快適性を高めている。 FCAジャパンは、ジープブランドのフラッグシップSUV「グランドチェロキー」に特別仕様車「Sモデル」を設定して、2018年12月20日に発表、2019年1月12日に120台限定で発売した。 「Sモデル」は、本国で「リミテッド」と「サミット」の中間に位置する日本未導入モデル「オーバーランド」をベースに開発。 車名の「Sモデル」の「S」は、上級モデル「サミット」、ならびに高性能モデル「SRT8」の頭文字に由来している。 各モデルの特徴的なデザイン要素を採り入れると共に、充実した装備を兼ね備えた質感の高いモデルとなっている。 フロントフェイシアには、「サミット」の特徴である3分割タイプのロアグリルやアクセント付きのフォグライトベゼルを備えたボディ同色フロントバンパーを採用。 さらに、ブランドバッジなど随所に施されたグラナイトクリスタルカラーのエクステリアパーツや、「SRT8」と共有デザインとなるブラックルーフレールを装備し、より洗練されたスタイリングを実現した。 また20インチアルミホイールやナッパレザーとスエードを組み合わせた上質なシート、レザー仕立てのインストルメントパネルおよびレザードアパネル、レザーセンターアームレスト、ブラックウッドを用いたインテリアアクセントなどを装備して、プレミアムな雰囲気を演出した。 さらに前席と後席の開放感を高めるデュアルペインパノラミックサンルーフが特別装備され、すべての乗員がくつろげる室内空間となっている。 FCAジャパンは、ジープブランドのフラッグシップSUV「グランドチェロキー」に特別仕様車「アップランド」を設定して、2018年8月30日に発表、同年9月8日に160台限定で発売した。 「アップランド」は、「高地、高台」という訳語から想起させる美しい空を、ブルーのアクセントを内外装に取り入れることで表現。 エントリーモデル「ラレード」をベースに、エクステリアにあしらった「Jeep」および「Grand Cherokee」のバッジに、鮮やかなブルーの縁取りが特徴的なブラックバッジを採用。 またブラックグリルをはじめ、ブラックベルトモールやブラックアクセント入りのLEDテールランプなどの採用により、風格をより一層際立たせた。 シックなブラック基調のインテリアは、ステアリングホイールやシフトノブ、ドアアームレスト、センターコンソールにブルーカラーのステッチを施すことで、特別感が得られる室内空間に仕上げている。 足回りは、高い走破性を持つオールテレインタイヤとグロスブラックカラーの20インチ大径アルミホイールを採用して、ジープならではのタフさを演出した。 FCAジャパンは、ジープブランドのフラッグシップSUV「グランドチェロキー」に特別仕様車「スターリング」を設定するとともに全モデルに仕様変更を実施して、2018年5月31日に発表、同年6月9日に発売した。 グランドチェロキーは1993年に誕生し、2018年で25周年を迎える。 「リミテッド」をベースに、エクステリアにはシルバーアクセント付のフロントバンパーやフォグランプベゼル、グロスブラックグリルなどを採用。 さらにシルバールーフレールや25周年記念バッジ、特製のシルバーエクステリアバッジなど、細部のデザインやカラーリングにもこだわっている。 また通常はオプションのデュアルペインパノラミックサンルーフや、ジープのヘリテージにインスピレーションされた専用デザインの20インチアルミホイール、初代モデルのデザインを復刻したレザーシートを特別装備。 さらにレザーインストルメントパネルやイリジウムシルバーのインテリアアクセントを追加して、豪華さを演出した。 なお発売台数は125台限定となっている。 特別仕様車の発売にあわせて実施された仕様変更では、従来のLEDクリアランスランプを、より光度の高いLEDデイタイム・ランニング・ライトへと変更し、被視認性を高めるとともに印象的なフロントフェイスを実現した。 またUconnectシステム(オーディオナビゲーション)が最新世代のものへ進化。 新たにApple CarPlayとAndroid Autoに対応したほか、オフロードページ(ラレード、リミテッド、サミット)やパフォーマンスページ(SRT8)といったコンテンツも追加された。 さらにUSBポートが1基から2基へと増設され、スマートフォンの接続や充電をより快適に行えるように改良された。 このほかラレード、リミテッド、サミットのインテリアアクセントの色を変更したほか、ラレードではファブリックシートのデザインを変更。 またリミテッドには、逆位相の音をスピーカーから発生させ、ノイズを打ち消すアクティブノイズコントロールシステムを追加した。 FCAジャパンは、ジープブランドのフラッグシップSUV「グランドチェロキー」にハイエンドモデルとなる「トラックホーク」を2018年1月25日に設定し、同日に受注を開始した。 グランドチェロキー トラックホークは、オフロード性能のみならず、レーシングトラックにおける走行性能も追求したジープ史上最強・最速のSUV。 搭載される6. 足まわりにはブレンボ製ブレーキキャリパー(フロント6ピストン、リヤ4ピストン)および大径ディスクブレーキ、ビルシュタイン製可変減衰力機構付き(アダプティブダンピング)サスペンションが装着されている。 エクステリアは大開口タイプのフロントバンパーやリップスポイラー、イエロー塗装を施したブレーキキャリパーを備え、高性能モデルとしての存在感を主張。 第4世代「Uconnectシステム」(Apple CarPlay、Android Auto対応)により、インフォテインメント機能も充実している。 同年2月1日には価格改定を実施した。 FCAジャパンは、ジープ・グランドチェロキーをマイナーチェンジして、2017年3月4日に販売を開始した。 今回のマイナーチェンジでは内外装のリニューアルと装備の充実化、搭載エンジンの変更などが行われた。 エクステリアは伝統の「セブンスロットグリル」の高さを短くし、グリルまわりをブラックに統一。 さらにヘッドライトベゼルのカラーをダーク調としたほか、18インチアルミホイールのデザインも一新されている。 「ラレード」はアイドリングストップ機構を新たに設定し、エンジンの改良と合わせて燃費を向上。 需要の高いリヤバックアップカメラを標準設定したほか、ドアミラーに格納機能を追加した。 「サミット」は最先端の安全装備の追加に加え、従来型に搭載されていた5. 7LV8を3. さらに20インチアルミホイールのデザインを変更、ホワイトのラグーナレザーを用いた「ラグーナレザーパッケージ」をオプション設定とした。 「サミット」はエンジンの変更などにより、これまでより約70万円の値下げが行われている。 あわせて「ラレード」をベースにした特別仕様車「アルティテュード」を同日に発売した。 黒を基調に引き締まった外観が特徴のジープ・アルティテュードシリーズは、2012年より販売を開始して、今回でシリーズ第5弾。 人気の高いリアバックアップカメラやエアサスペンション、スエード/レザーコンビ シートなどを標準装備した。 FCAジャパンはジープ・グランドチェロキーの「リミテッド」をベースにした特別仕様車「75th アニバーサリーエディション」を設定し、2016年7月16日に205台限定で発売した。 「75th アニバーサリーエディション」は、1941年に誕生したJeep R ブランドが今年で75周年を迎えることを記念したモデルで、5月に発売した第一弾に続き、今回は第二弾となる。 グリーン・オレンジ・ブロンズを内外装共通のメインカラーに設定している。 またフロントのフェイスを一新して、より精悍なマスクにLEDのフロントフォグランプを装備することで高級感を向上した。 6リッターペンタスターエンジンの改善や安全装備の充実化なども施される。 フィアットクライスラージャパンは、ジープブランドのフラッグシップモデルであるグランドチェロキーのエントリーグレード「ラレード」をベースに、上級グレード向けの装備を標準設定した特別仕様車「クロームエディション」を160台限定で2016年4月9日に発売した。 特別仕様車「クロームエディション」は、「ラレード」にクロームパッケージを標準装備することで、よりラグジュアリーな外観としたのが最大の特徴。 クロームパッケージは上級グレード「サミット」に採用しているハニカムメッシュのフロントグリルとクロームドアミラー、中級グレード「リミテッド」に採用しているフロントバンパー下部のクロームフェイシアを搭載している。 これらの装備を標準装備しながら、ベース車両の価格を据え置いた点もポイントだ。 フィアットクライスラージャパンは、ジープブランドのフラッグシップモデルであるグランドチェロキーに、内外装のデザインの変更やメカニズムの変更などの改良を加え、2013年11月23日に発売した。 外観デザインはジープらしさを継承しつつ、バイキセノンヘッドライトをスリム化し、LEDクリアランスランプのフロントフェーシアを変更することで、プレミアム感を演出した。 リアデザインもLEDを採用した独自の大型テールランプや大型リアスポイラー、形状を変更し視認性を高めたテールゲートなどを採用した。 インテリアはセンターパネルに新型の8. 4インチタッチスクリーンを組み込み、ラジオや温度調整スイッチを画面の下に集約した。 またステアリングホイールにすっぽりと縁取られた形となる曲線的なデザインで、鮮明な色と画像を表示するTFT方式7インチマルチビュークラスターディスプレイも先進的な印象を与えている。 搭載エンジンはV型6気筒の3. 6リッターを始め、V型8気筒の5. 7リッターと同6. 4リッターHEMIの3機種で変わらないが、いずれも電子制御8速ATが組み合わされるようになり、燃費を向上させている。 安全装備やセキュリティ装備などは、クラス最多となる60にのぼるアイテムが用意されている。 グレードは3. 6リッターエンジンの搭載車がラレードとリミテッドの2グレード、5. 7リッターはサミットで、6. 4リッターはSRT8となる。 合計4グレードのバリエーションだ。 2014年3月1日には全グレードにナビゲーションシステムを標準装備して発売した。 同年7月5日にはラレードをベースに、内外装に専用装備を施した特別仕様車「アルティテュード」を200台限定で発売した。 2015年3月2日には価格改定を行った。 同年7月4日には、クォドラリフトTMエアサスペンションやブラックスエード/レザーコンビシートなど、内外装に専用装備を施した特別仕様車「アルティテュード」を150台限定で発売した。 フィアットクラスイラージャパンは、ジープブランドのフラッグシップモデルであるグランドチェロキーに、内外装のデザインの変更やメカニズムの変更などの改良を加え、2013年11月23日に発売した。 外観デザインはジープらしさを継承しつつ、バイキセノンヘッドライトをスリム化し、LEDクリアランスランプのフロントフェーシアを変更することで、プレミアム感を演出した。 リアデザインもLEDを採用した独自の大型テールランプや大型リアスポイラー、形状を変更し視認性を高めたテールゲートなどを採用した。 インテリアはセンターパネルに新型の8. 4インチタッチスクリーンを組み込み、ラジオや温度調整スイッチを画面の下に集約した。 またステアリングホイールにすっぽりと縁取られた形となる曲線的なデザインで、鮮明な色と画像を表示するTFT方式7インチマルチビュークラスターディスプレイも先進的な印象を与えている。 搭載エンジンはV型6気筒の3. 6リッターを始め、V型8気筒の5. 7リッターと同6. 4リッターHEMIの3機種で変わらないが、いずれも電子制御8速ATが組み合わされるようになり、燃費を向上させている。 安全装備やセキュリティ装備などは、クラス最多となる60にのぼるアイテムが用意されている。 グレードは3. 6リッターエンジンの搭載車がラレードとリミテッドの2グレード、5. 7リッターはサミットで、6. 4リッターはSRT8となる。 合計4グレードのバリエーションだ。 2014年3月1日には全グレードにナビゲーションシステムを標準装備して発売した。 同年7月5日にはラレードをベースに内外装に専用装備を施した特別仕様車「アルティテュード」を200台限定で発売した。 2015年3月2日には価格改定を行った。 フィアットクラスイラージャパンは、ジープブランドのフラッグシップモデルであるグランドチェロキーに、内外装のデザインの変更やメカニズムの変更などの改良を加え、2013年11月23日に発売した。 外観デザインはジープらしさを継承しつつ、バイキセノンヘッドライトをスリム化し、LEDクリアランスランプのフロントフェーシアを変更することで、プレミアム感を演出した。 リアデザインもLEDを採用した独自の大型テールランプや大型リアスポイラー、形状を変更し視認性を高めたテールゲートなどを採用した。 インテリアはセンターパネルに新型の8. 4インチタッチスクリーンを組み込み、ラジオや温度調整スイッチを画面の下に集約した。 またステアリングホイールにすっぽりと縁取られた形となる曲線的なデザインで、鮮明な色と画像を表示するTFT方式7インチマルチビュークラスターディスプレイも先進的な印象を与えている。 搭載エンジンはV型6気筒の3. 6リッターを始め、V型8気筒の5. 7リッターと同6. 4リッターHEMIの3機種で変わらないが、いずれも電子制御8速ATが組み合わされるようになり、燃費を向上させている。 安全装備やセキュリティ装備などは、クラス最多となる60にのぼるアイテムが用意されている。 グレードは3. 6リッターエンジンの搭載車がラレードとリミテッドの2グレード、5. 7リッターはサミットで、6. 4リッターはSRT8となる。 合計4グレードのバリエーションだ。 2014年3月1日には全グレードにナビゲーションシステムを標準装備して発売した。 フィアットクラスイラージャパンは、ジープブランドのフラッグシップモデルであるグランドチェロキーに、内外装のデザインの変更やメカニズムの変更などの改良を加え、2013年11月23日に発売した。 外観デザインはジープらしさを継承しつつ、バイキセノンヘッドライトをスリム化し、LEDクリアランスランプのフロントフェーシアを変更することで、プレミアム感を演出した。 リアデザインもLEDを採用した独自の大型テールランプや大型リアスポイラー、形状を変更し視認性を高めたテールゲートなどを採用した。 インテリアはセンターパネルに新型の8. 4インチタッチスクリーンを組み込み、ラジオや温度調整スイッチを画面の下に集約した。 またステアリングホイールにすっぽりと縁取られた形となる曲線的なデザインで、鮮明な色と画像を表示するTFT方式7インチマルチビュークラスターディスプレイも先進的な印象を与えている。 搭載エンジンはV型6気筒の3. 6リッターを始め、V型8気筒の5. 7リッターと同6. 4リッターHEMIの3機種で変わらないが、いずれも電子制御8速ATが組み合わされるようになり、燃費を向上させている。 安全装備やセキュリティ装備などは、クラス最多となる60にのぼるアイテムが用意されている。 グレードは3. 6リッターエンジンの搭載車がラレードとリミテッドの2グレード、5. 7リッターはサミットで、6. 4リッターはSRT8となる。 合計4グレードのバリエーションだ。 フィアットクライスラージャパンは、ジープ・グランドチェロキーの最高パフォーマンスを実現したモデルとしてSRT8を設定し、2013年1月から発売した。 SRTとはストリート&レーシングテクノロジーの略で2002年に初登場し、これまでは各モデルの最高グレードとして位置づけられていました。 2011年に、クライスラーグループ内で最高のパフォーマンスカーを開発、販売するブランドとして独立して現在に至っている。 今回のグランドチェロキーSRT8は、排気量を6. 1リッターから6. 4リッターに拡大した新型のV型8気筒HEMIエンジンを搭載する。 その一方で、負荷の少ない走行状況下では8気筒中の4気筒を休止させ、燃費を最大20%も削減するフューエルセイバー・テクノロジーも採用している。 サスペンションは、フロントがダブルウィッシュボーン、リアがマルチリンク式で、いずれもビルシュタイン製のアダプティブダンピングサスペンションを搭載し、新採用のセレクトラックシステムによって制御される。 また、ブレンボ製のブレーキシステムはレッドカラーのフロント6ピストン、リア4ピストンのブレーキキャリパーを装備し、時速100kmから停止までの制動距離は35. 4mという圧倒的なパフォーマンスを備えている。 また2013年3月2日より、20インチ・アルミホイールを装着したホワイト・ボディのグランドチェロキー SRT8 アルパインを限定20台で、ブラック・ボディのグランドチェロキーSRT8ベイパーを限定50台で発売した。 また同年3月9日より、クォドラリフトエアサスペンションや20インチホイールなどを装着したグランドチェロキーアルティテュードを150台限定で発売した。 フィアットクライスラージャパンは、ジープ・グランドチェロキーの最高パフォーマンスを実現したモデルとしてSRT8を設定し、2013年1月から発売した。 SRTとはストリート&レーシングテクノロジーの略で2002年に初登場し、これまでは各モデルの最高グレードとして位置づけられていました。 2011年に、クライスラーグループ内で最高のパフォーマンスカーを開発、販売するブランドとして独立して現在に至っている。 今回のグランドチェロキーSRT8は、排気量を6. 1リッターから6. 4リッターに拡大した新型のV型8気筒HEMIエンジンを搭載する。 その一方で、負荷の少ない走行状況下では8気筒中の4気筒を休止させ、燃費を最大20%も削減するフューエルセイバー・テクノロジーも採用している。 サスペンションは、フロントがダブルウィッシュボーン、リアがマルチリンク式で、いずれもビルシュタイン製のアダプティブダンピングサスペンションを搭載し、新採用のセレクトラックシステムによって制御される。 また、ブレンボ製のブレーキシステムはレッドカラーのフロント6ピストン、リア4ピストンのブレーキキャリパーを装備し、時速100kmから停止までの制動距離は35. 4mという圧倒的なパフォーマンスを備えている。 ジープブランドのプレミアムSUVであるグランドチェロキーが2011年2月にフルモデルチェンジを受けた。 外観デザインは縦型スリットの入ったグリルを採用してジープブランドのアイデンティティーを確保しつつ、たくましさを表現すると同時に彫刻的で洗練されたものに仕上げられた。 これによって空力特性も向上。 ボディサイズが拡大されたのに合わせて室内空間が拡大され、後席の足元スペースが広げられたほか、ラゲッジスペースも拡大した。 ドア開口角度を拡大することで、乗降性も向上。 インテリアにはソフトタッチの素材が使われて高級感が表現されている。 搭載エンジンは新開発のV型6気筒3. 同時に従来のV型6気筒エンジンに比べて燃費も10%以上改善している。 組み合わされる電子制御5速ATはマニュアル操作も可能だ。 路面は走行条件に合わせて5種類の走りを実現したもので、クアドラリフトの電子制御エアサスペンションと合わせ高い走破性を実現する。 ほかにもESPなどによってサスペンション関係で12種類のシステムを電子制御する仕組みが採用された。 ロールオーバー・ミティゲーションなど安全装備も充実している。 7リッターエンジンを搭載するオーバーランド、オーバーランドサミットの2グレードを追加した。 ジープブランドのプレミアムSUVであるグランドチェロキーが2011年2月にフルモデルチェンジを受けた。 外観デザインは縦型スリットの入ったグリルを採用してジープブランドのアイデンティティーを確保しつつ、たくましさを表現すると同時に彫刻的で洗練されたものに仕上げられた。 これによって空力特性も向上。 ボディサイズが拡大されたのに合わせて室内空間が拡大され、後席の足元スペースが広げられたほか、ラゲッジスペースも拡大した。 ドア開口角度を拡大することで、乗降性も向上。 インテリアにはソフトタッチの素材が使われて高級感が表現されている。 搭載エンジンは新開発のV型6気筒3. 同時に従来のV型6気筒エンジンに比べて燃費も10%以上改善している。 組み合わされる電子制御5速ATはマニュアル操作も可能だ。 路面は走行条件に合わせて5種類の走りを実現したもので、クアドラリフトの電子制御エアサスペンションと合わせ高い走破性を実現する。 ほかにもESPなどによってサスペンション関係で12種類のシステムを電子制御する仕組みが採用された。 ロールオーバー・ミティゲーションなど安全装備も充実している。 ジープブランドの上級モデルであるグランドチェロキーは2005年8月に3代目モデルが登場した。 ひと回り大きくなったボディには、ジープを象徴する縦型のフロントグリルが採用され、丸型4灯式のヘッドライトも特徴的。 インテリアはツートーンのインパネとドアトリムを採用した。 ボディの拡大に合わせて室内空間も拡大。 搭載エンジンは2009年モデルから2機種に絞られ、V型8気筒4. 7リッターSOHCが303psを発生するようになり、「SRT8」に搭載される6. 1リッターエンジンは426psを発生する。 5速ATはマニュアル操作が可能。 前輪には新開発の独立懸架サスペンションが採用され、5リンクのリヤサスペンションもジオメトリーが一新された。 ストリート&レーシングテクノロジーを生かした6. 1リッターエンジンを搭載するジープ史上最強かつ最速のモデルである「SRT8」が追加設定されたのは2006年9月。 2008年1月には内外装のデザインを変更した08年モデルが発売された。 2008年12月からの09年モデルでは内外装のデザインに手を加えたほか、装備の充実化、4. 7リッターエンジンの性能向上、バリエーションの変更などを行った。 2010年7月に発売された「SRT8」の10年モデルは、ナビゲーションシステムなどをオプション装備として、09年モデル比で51万9750円の値下げに踏み切った。 ジープブランドの上級モデルであるグランドチェロキーは2005年8月に3代目モデルが登場した。 ひと回り大きくなったボディには、ジープを象徴する縦型のフロントグリルが採用され、丸型4灯式のヘッドライトも特徴的。 インテリアはツートーンのインパネとドアトリムを採用した。 ボディの拡大に合わせて室内空間も拡大。 搭載エンジンは2009年モデルから2機種に絞られ、V型8気筒4. 7リッターSOHCが303psを発生するようになり、SRT8に搭載される6. 1リッターエンジンは426psを発生する。 5速ATはマニュアル操作が可能。 前輪には新開発の独立懸架サスペンションが採用され、5リンクのリヤサスペンションもジオメトリーが一新された。 ストリート&レーシングテクノロジーを生かした6. 1リッターエンジンを搭載するジープ史上最強かつ最速のモデルであるSRT8が追加設定されたのは2006年9月。 2008年1月には内外装のデザインを変更した08年モデルが発売された。 2008年12月からの09年モデルでは内外装のデザインに手を加えたほか、装備の充実化、4. 7Lエンジンの性能向上、バリエーションの変更などを行った。 ジープブランドの上級モデルであるグランドチェロキーは2005年8月に3代目モデルが登場した。 ひと回り大きくなったボディには、ジープを象徴する縦型のフロントグリルが採用され、丸型4灯式のヘッドライトも特徴的。 インテリアはツートーンのインパネとドアトリムを採用した。 ボディの拡大に合わせて室内空間も拡大されている。 搭載エンジンは3機種で、V型8気筒4. 7リッターSOHCが231psを発生。 またジープブランドに初めて搭載されるV型8気筒5. 7リッターのHEMIエンジンは326ps、さらにSRT8に搭載された6. 1リッターエンジンは426psを発生。 改良された5速ATはマニュアル操作も可能になった。 前輪には新開発の独立懸架サスペンションが採用され、5リンクのリヤサスペンションもジオメトリーが一新された。 SRT8用には新開発のクォドラトラック・アクティブ・オンデマンド4WDが採用されている。 オーバーランド5. 7HEMIの設定は2006年5月からで、ストリート&レーシングテクノロジーを生かした6. 1リッターエンジンを搭載するジープ史上最強かつ最速のモデルであるSRT8が追加設定されたのは2006年9月。 2008年1月には内外装のデザインを変更した08年モデルが発売された。 ジープブランドの上級モデルであるグランドチェロキーは2005年8月に3代目モデルが登場した。 ひと回り大きくなったボディには、ジープを象徴する縦型のフロントグリルが採用され、丸型4灯式のヘッドライトも特徴的。 インテリアはツートーンのインパネとドアトリムを採用した。 ボディの拡大に合わせて室内空間も拡大されている。 搭載エンジンは3機種で、V型8気筒4. 7リッターSOHCが231psを発生。 またジープブランドに初めて搭載されるV型8気筒5. 7リッターのHEMIエンジンは326ps、さらにSRT8に搭載された6. 1リッターエンジンは426psを発生。 改良された5速ATはマニュアル操作も可能になった。 前輪には新開発の独立懸架サスペンションが採用され、5リンクのリヤサスペンションもジオメトリーが一新された。 SRT8用には新開発のクォドラトラック・アクティブ・オンデマンド4WDが採用されている。 オーバーランド5. 7HEMIの設定は2006年5月からで、ストリート&レーシングテクノロジーを生かして作られたジープ史上最強かつ最速のモデルであるSRT8が追加設定されたのは2006年9月から。 ジープブランドのフラッグシップであるグランドチェロキーがフルモデルチェンジを受けた。 新型の2005年モデルは3代目に当たる。 ひと回り大きくなったボディの外観デザインはジープを象徴する縦型のフロントグリルを採用したほか、丸型4灯式のヘッドライトも特徴的。 インテリアはツートーンのインパネとドアトリムを採用し、快適で高級感ある空間に仕上げている。 ボディの拡大に合わせて室内空間も拡大されている。 室内の静粛性が高められたことも見逃せない。 搭載エンジンは2機種で、V型8気筒4. 7リッターSOHCが170kWを発生。 またジープブランドに初めて搭載されるV型8気筒5. 7リッターのHEMIエンジンは240kWのパワーと500N・mのトルクを発生すると同時に可変シリンダーシステムによって燃費向上を図っている。 改良された5速ATはマニュアル操作も可能になった。 前輪には新開発の独立懸架サスペンションが採用され、5リンクのリヤサスペンションもジオメトリーが一新された。 安全装備もABSを始め、BTCS、ESPを標準装備し、アクティブセーフティを実現した。 サイドカーテンエアバッグなども標準装備する。 92年に登場したJeepブランドの最高峰モデル。 2003年6月には新デザインを織り込んだ2004年モデルが登場。 7リッターV型8気筒SOHC16バルブエンジン搭載のリミテッドV8、4. 0リッターパワーテック直列6気筒OHV12バルブエンジン搭載のリミテッド、ラレードがある。 フロントマスクを一新し、全長を4615mmから4630mmに変更。 また、メッキ処理やフォグランプを楕円から丸型に変更するなど、ジープブランドファミリーに共通のデザインとした。 足回りはチェロキーのリア・リーフリジッドに対し、4輪コイル。 新開発のクォドラ・ドライブというフルタイム4WDシステムは、どれか1輪でもグリップしていればどんな条件でも走行できるという画期的なメカニズムだ。 日本仕様は全て右ハンドルとなり、オーストリア・グラーツ ユーロスター工場で生産される。

次の

雪上から高速道まで、ジープ グランドチェロキー2017年モデルを思いっきり堪能(1/3)

新型 グランド チェロキー

ボディサイズは大型化、3列シート仕様が追加か? MOBY編集部が入手した次期新型ジープ「グランドチェロキー」プロトタイプのスパイショットとフルモデルチェンジに関するスクープ情報は次のとおりです。 公道を走る次期新型ジープ・グランドチェロキーのプロトタイプ。 カモフラージュ柄の塗装の上にシートを貼り付け厳重に隠されている。 リアドア以降が長い。 リアオーバーハングが延長されていることから、3列シート仕様であることがうかがえる。 はJEEPが属するFCAグループのブランドのひとつ、アルファロメオのSUV、ステルヴィオと同じ「ジョルジオ」プラットフォームが採用される見込み。 ボディサイズは現行モデルよりも拡大される模様。 6Lガソリン、直列6気筒3. 0Lガソリン・、V6・3. 6Lはマイルドが追加され現行モデルにラインナップされるV8・5. 7Lガソリンの置き換えとなる可能性がある。 インテリア インテリア・デザインは不明であるが、最新のインフォテインメントシステムが採用されると見ている。 発表時期 次期新型ジープ・グランドチェロキーのワールドプレミアは、2020年内のようであるが、新型コロナウィルスの影響により2021年にずれ込むだろうと予想されている。 現行モデルは2010年にフルモデルチェンジを受けた4代目。 ジープが得意とするオフロード性能の高さを保ちつつ、高級感ある都会派クロスオーバーSUVとして日本国内でも高い人気を誇っています。 グランドチェロキーの新車車両価格は、524万円から885万円。 最上級グレードは6. 4L・V8エンジンを搭載。 最新「ジープ・グランドチェロキー」中古車情報.

次の

ジープ チェロキーのマイナーチェンジで新型2.0Lエンジンを搭載しフェイスリフト

新型 グランド チェロキー

ボディサイズは大型化、3列シート仕様が追加か? MOBY編集部が入手した次期新型ジープ「グランドチェロキー」プロトタイプのスパイショットとフルモデルチェンジに関するスクープ情報は次のとおりです。 公道を走る次期新型ジープ・グランドチェロキーのプロトタイプ。 カモフラージュ柄の塗装の上にシートを貼り付け厳重に隠されている。 リアドア以降が長い。 リアオーバーハングが延長されていることから、3列シート仕様であることがうかがえる。 はJEEPが属するFCAグループのブランドのひとつ、アルファロメオのSUV、ステルヴィオと同じ「ジョルジオ」プラットフォームが採用される見込み。 ボディサイズは現行モデルよりも拡大される模様。 6Lガソリン、直列6気筒3. 0Lガソリン・、V6・3. 6Lはマイルドが追加され現行モデルにラインナップされるV8・5. 7Lガソリンの置き換えとなる可能性がある。 インテリア インテリア・デザインは不明であるが、最新のインフォテインメントシステムが採用されると見ている。 発表時期 次期新型ジープ・グランドチェロキーのワールドプレミアは、2020年内のようであるが、新型コロナウィルスの影響により2021年にずれ込むだろうと予想されている。 現行モデルは2010年にフルモデルチェンジを受けた4代目。 ジープが得意とするオフロード性能の高さを保ちつつ、高級感ある都会派クロスオーバーSUVとして日本国内でも高い人気を誇っています。 グランドチェロキーの新車車両価格は、524万円から885万円。 最上級グレードは6. 4L・V8エンジンを搭載。 最新「ジープ・グランドチェロキー」中古車情報.

次の