システム ファイル チェッカー。 システムファイルチェッカーで「破損したファイルが見つかりましたが、それらの一部は修復できませんでしたӍ

「Windows 7」のチェックディスク及びシステムファイルチェッカーを実行する方法

システム ファイル チェッカー

また、壊れたファイルを保護するための追加のヒントも提供します。 破損ファイルについて 破損したファイルは、突然動作不能または使用不能になるコンピュータファイルです。 実際、システム上のすべてのファイルは特定の構造と内容を持っています。 したがって、適切な情報がファイルの右側にある場合は、正常に動作します。 しかし、誤った情報がファイルに書き込まれたり、正しい情報が間違った場所に書き込まれたりすると、データが文字化けしてスクランブルされ、破損したファイルになります。 一般に、破損したファイルは開こうとするとエラーメッセージが表示されたり、表示されません。 しかし、元のプログラムには影響しません。 つまり、破損したエクセルファイルがあっても、エクセルファイルを開き、エクセルを通常通り使用することができます。 ファイルが破損する原因 何が間違っていても、それには理由があります。 以下を参照して、破損したファイルの理由を確認してください。 保存中にファイルが破損しました。 たとえば、ファイルを保存するときにコンピュータの電源が切れたり、クラッシュしたりすると、ファイルが破損する可能性があります。 HDDまたはその他のストレージデバイスが不良セクタあります。 HDDやその他のストレージデバイス上でウイルスやマルウェアがあります。 コンピュータに予期しないシャットダウンまたは不正なアップデートします。 Windows組み込みツールを使用して不良セクタを修正する Windows 7ユーザーの場合:• 手順 1. HDDのプロパティウィンドウに移動します。 コンピュータを開き、不良セクタをチェックするHDDを右クリックし、「プロパティ」を選択します。 手順 2. 「プロパティ」ウィンドウの「ツール」をクリックします。 手順 3. 「チェックする」セクションをクリックします。 手順 4. 不良セクタをスキャンして回復させ、「開始」を押します。 手順 5. チェックディスクレポートを確認します。 Windows 10ユーザーの場合:• 手順 1. HDDのプロパティウィンドウに移動します。 「このPC」を開き、システムドライブを右クリックして「プロパティ」を選択します。 手順 2. このウィンドウの「ツール」タブをクリックします。 手順 3. エラーチェックの下にあるチェックオプションをクリックします。 手順 4. スキャン結果を確認し、「スキャンしてドライブを修復」をクリックします。 手順 5. ファイルシステムを修復する時期を選択します。 手順 6. 最終的な結果を待ちます。 方法 2. CMDを使用して破損したシステムファイルを修正する 一部のユーザーは、コマンドプロンプトを使用するように添付されています。 手順 1. 検索ボックスに「cmd」と入力し、右クリックして「管理者として実行」を選択します。 手順 2. コマンドプロンプトで、次のコマンドを入力します。 手順 3. 操作を完了するまで少し待ってください。 スキャンした後、次のいずれかのメッセージが表示されます。 Windowsリソース保護は整合性違反を検出しませんでした。 このメッセージは、システムファイルが見つからないか破損していないことを示します。 Windowsリソース保護は要求された操作を実行できませんでした。 Windowsリソース保護により、破損したファイルが検出され、正常に修復されました。 Windowsリソース保護は破損したファイルを検出しましたが、一部のファイルを修復できませんでした。 このメッセージは、破損したファイルを見つけ、手動で置き換える必要があることを意味します。 詳細を表示するには、CBS. logに移動します。 システムファイルを保護するには 上記の方法は、破損したファイルを修復するのに役立ちます。 しかし、一部の破損したファイルを修正することはできません。 確かに、事前にファイルバックアップを作成する必要があります。 安全な場所に保存する限り、いつでもできます。 バックアップを作成するには、信頼性の高いが必要です。 AOMEI Backupperを無料でお勧めします。 これにより、すべての種類のファイルを労力なくバックアップできます。 毎日、毎週、毎月のバックアップモードが提供されます。 外付けドライブ、USBドライブ、NAS、ネットワーク共有へのファイル同期も可能です。 さらにしたり、特定のフォルダをフィルタ処理したり、大きなファイルをバックアップしたりすることもできます。 また、処理中にファイルを指定されたレベルに圧縮できます。 特定の時点でスケジュールバックアップを設定できます。 また、増分バックアップまたは差分バックアップを使用して、変更されたファイルのみをバックアップすることもできます。 ディスクスペースをより効率的に節約するために、そのアドバンストエディションで提供されているバックアップスキームを使用して、ファイルのバックアップを定期的に削除することができます。 手順 1. AOMEI Backupper Standardをインストールして起動します。 手順 2. 「 バックアップ」の「 ファイルバックアップ」をクリックします。 手順 3. バックアップしたいファイル(フォルダ)を選択します。 「 ファイルを追加」または「 フォルダを追加」をクリックし、ファイルまたはフォルダのパスを選択することができます。 手順 4. バックアップの保存先パスを設定し、「 開始」をクリックします。 最高なファイル保護方法は、バックアップです。 重要なデータがある場合は、必ず油断をしないで、今すぐバックアップしなければなりません。

次の

Windows 7/8/10「sfc /scannow」で修復できない時の対処法9つ

システム ファイル チェッカー

更新履歴 [ 全て表示 戻す ] 2016. 1にも対応。 2014. 01: 一部コマンドに表記ミスがあったのを訂正。 URL移転したリンクの修正。 2010. 18: 初出• Windows Updateに失敗したっぽい。 PCがウィルスに感染したっぽい。 新しいソフトをインストールしたら調子が悪くなった。 ウイルス感染が原因だった場合、別途ウイルス駆除も必要です。 実行手順 以下手順解説はWindows7を利用しています。 XP等でも手順に大きな違いはありません。 1などでも、このコマンドは有効です。 ・この時不整合が発見されると、自動的に修復されます。 ・ 修復の際にインストールディスクが必要になる場合もあります。 ・Windows Updateの巻き戻しはありません。 復元ポイントの実行とは違います。 (画面はWindows7のもの。 ) XPなど古いOSでは何もメッセージが出ない場合もあります。 log と入力するとログの確認が出来ます。 他OSの場合は後述のOS別リンク先を参考に確認して下さい。 これでsfcによるシステムファイルの修復が完了しました。 Windows不調の原因がシステムファイルの破損・不整合だった場合、これで調子は戻るはずです。 」 などというメッセージが出て修復が出来なかった場合、以下の対処方法を試してみます。 エラーメッセージと原因および対策• エラーメッセージ Windows リソース保護により、破損したファイルが見つかりましたが、それらの一部は修復できませんでした• システムドライブ Cドライブ のMTFに異常が発生しているケースがほとんど。 エラーメッセージ Windowsリソース保護は要求された操作を実行できませんでした。 一部のシステムファイルをWindowsシステムが利用中の場合がある。 この場合はPC再起動すれば修復可能になる 念のためセーフモードで起動する• Windows 7• ディスクへの負担が大きく、最悪の場合ストレージが壊れる危険性もあるので覚悟が必要• 「操作は正常に完了しました」とメッセージが出ればOK。 大抵の場合、ここまでの対処で修復できる。 sfcのオプション オプション無しで「sfc」のみ入力すると、sfcの各種オプションの説明が表示されます。 保護されている全てのシステムファイルをスキャン。 不整合などがあった場合は正しいファイルに置き換える。 あとは上記scannowと同じ。 あとは上記scannowと同じ。 上記scanonce、scanonceなどを中止。 sfcコマンドとWFP• WFP (Windowsファイル保護機能 Windows File Protection) プログラムによって重要な Windows システム ファイルが置き換えられないように保護する機能。 sfc (システム ファイルチェッカー ツール) 不足しているシステムファイルや破損しているシステム ファイルをスキャンして、それらを修復するツール。 Windows Updateの失敗やウィルス侵入など、なんらかの理由でシステムファイルに不整合が起きた場合でも、 sfc. exe を実行させる事により自動的に修復する事が可能です。 あとがき とは関係なかった。

次の

「Windows 10」のディスクエラー及びシステムファイルをチェックする方法

システム ファイル チェッカー

OSはwindows7 Ultimate SP1 64bitです。 SFC /SCANNOWを操作したところ、「検証37%が完了しました。 リソース保護は要求された操作を実行できませんでした。 」のメッセージで完了することが出来ませんでした。 (セーブモードで実行しても同様でした。 ) オプションで SFC /VERIFYONLYで実行すると100%検証するのですが、「リソース保護により整合性違反が見つかりました。 」のメッセージが出現しました。 システム関係は全くの素人で意味が全く理解できません。 パソコンのどこかに不具合があるのだろうと思いますが、対処法等何か改善策があればアドバイスをもらいたいと思い、質問させていただきました。 XPだったら何か問題が生じれば修復インストールができましたが、windows7ではありません。 システム修復を行おうとしたら、「システムの保護」の設定でどういうわけかわかりませんが、すべてのドライブが無効になっていたので、この機能を使うことが出来ませんでした。 自力では不可能なので、OSから再インストールとも考えましたが、手間と時間がかかるのでできれば避けたいのですが。 よろしくお願いします。

次の