車中泊 商標登録。 「『車中泊』商標登録炎上について。」ヘビーベビーのブログ | ヘビーベビーのお気楽お車日記 season「赤い彗星」

車中泊の商標登録問題でにんにんが謝罪?!なぜこのような騒動を起こしたのか?

車中泊 商標登録

「断捨離」は商標登録されていることをご存知でしたか? 「断捨離」という言葉は商標登録されており、が権利者から弁護士経由で動画削除を求められたことが話題になっています。 <2019年6月9日追記> 一部の個人ブロガーさんにも弁護士より同様の連絡があったことが判明しました。 どこまでがOKでどこからがNGなのかわからないニャ〜 この記事では「断捨離」という言葉の取り扱いについて考えていくよ。 最初に結論:やましたひでこさんの主張は商標権の持つ権利をはるかに逸脱しています。 断捨離は ブログ記事タイトル使用OK、 文章内使用OK、 YouTubeの動画タイトル使用OK、 発言OKです。 広告収入を得ていてもOK。 アドセンス収益があろうがYouTube収益があろうが問題なしです。 やましたひでこさんが訴えると言っているだけで、実際訴えた訳でもありません。 「断捨離」はお金を払わずに使ってはいけない言葉? 2019年6月3日。 Minimalist Takeruさんのツイートがこちら。 【拡散希望】営利目的で「断捨離」の三文字を表示・使用する行為は、「商標権の侵害」及び「不正競争防止法違反」となります。 ブログやYouTubeで発信活動している方は、注意して下さい。 立派な犯罪行為です。 私も、過去にアップロードした動画で該当する動画は全て削除致しました。 — Minimalist Takeru Takechan4807 僕が弁護士から求められた対応は、下記の3点です。 ・動画タイトルに「断捨離」という表示を用いた,又は動画内容に「断捨離」を用いた動画全てを削除すること。 ・動画に付されたハッシュタグ「」全てを削除すること。 ・今後通知人に無断で「断捨離」という表示を用いた活動を行わないこと。 — Minimalist Takeru Takechan4807 ミニマリストのTakeruさんが発信しているYouTubeチャンネル内で、「断捨離」という言葉を使用した動画全てに、弁護士から削除要請が来たのです。 調べると「断捨離」という言葉を使用したことで番組が打ち切りになったという記事も発見。 私、ブログで「断捨離」って1000回くらい使ってるけど大丈夫なのかなあ?(不安) 結論:ブログもYouTubeも「断捨離」を使用して大丈夫です(広告収入があってもOK)。 「ビッグマック」も「無印良品」「Kis-My-Ft2」も商標を獲得しています。 商標権を持つ人が言葉を禁止できる権利を持ってるなら、もう何も言えないじゃん。 こんなおかしなことないよ。 やましたひでこさんの主張する商標権に「断捨離」という言葉をブログやYouTubeで禁止する権利はありません。 弁護士の見解を以下に掲載しています。 で商標検索したところ、• 「断捨離」という言葉を含む商標を出願しているのは14• そのうちの登録されているものが9• やましたひでこさんが申請したものが7• やましたひでこさんが取得したものが6 でした。 商標登録には「専用権」と「禁止権」があります。 「専用権」とは、指定商品(役務)の区分に登録された商標を、商用として利用する一切の権利を独占するという権利のこと• 「禁止権」とは、登録商標の呼称や外観そして商標から類推される意味などが類似したものを他人が商用に用いることを禁止する権利 つまり商用で「断捨離」という言葉を使用する権利と、他人が商用に用いるのを禁止する権利があるんデス。 私のブログってアドセンスついてるけど、それは商用になるのかな?っていうかそもそもブログで発信していいの????(ますます不安) 結論:ブログもYouTubeも記事や動画タイトルや、本文や動画内で「断捨離」を使用して大丈夫です。 個人的な断捨離体験を語り発信するのは、ご自由です。 () 「断捨離」の商標権を持っているやましたひでこさんのホームページにはこのような記載があります。 個人的な断捨離体験の発信は自由とのことですが、商業目的だと許可なしで使用不可とのこと。 ああ…悩ましい… 広告付きのブログはセーフなの?アウトなの?どっちなの!? 明確厳格な基準が知りたいニャ〜!! 結論:ブログもYouTubeも記事や動画タイトルや、本文や動画内で「断捨離」を使用して大丈夫です。 商標権に言葉を規制する権利はありません。 法的根拠の記載されていない禁止なので屈しないでください。 ツイッターで「断捨離」のブログ使用に関するアンケートをとってみました。 個人ブログで「断捨離」の使用はOK!アドセンス貼った場合も問題なし! 調べていくと2019年3月25日に、「やましたひでこ断捨離塾」「断捨離」に関するコンテンツを取り扱っている株式会社経営科学出版のホームページ内に、登録商標「断捨離」の使用についての記載を発見しました。 また、「断捨離」の考え方が広く浸透したことにより、今日では、自己の「断捨離」体験や「断捨離」にまつわるエピソードを個人ブログ等で発信される方も多くいらっしゃいます。 もちろん、弊社はこのような個人的な断捨離体験の発信を禁止するものではありません。 断捨離という名前で、やましたひでこさんの断捨離メソッドを使用して商売をした場合のみ商標権にひっかかると考えてください。 やましたひでこさんはこの文面で「断捨離」の使用禁止は普通名詞までを禁止しようとしており、 商標権を逸脱した権利主張の可能性が高いです。 ひいぃ!危ないデス! しかも、今回調べてわかったことは「私たちの広義での断捨離」と、提唱者のやましたひでこさんの「断捨離」とはどうも違うみたい… 結論:ブログもYouTubeも記事や動画タイトルや、本文や動画内で「断捨離」を使用して大丈夫です。 アドセンス収入やアフィリエイト、YouTube広告収入があっても問題ありません。 「断捨離」とは「大掃除」ではない!「モノへの執着を捨てること」である 断捨離って「家の荷物を捨てて、部屋を片付けること」デスよね? 「大掃除」的な意味で使っていたニャー 私もそう思ってたんだけど…そもそもそこから違うみたい。 「断捨離」は、2010年の流行語大賞にノミネートされ、2019年現在日常的に使われる言葉として浸透しています。 特に私はミニマリストだから、このブログでも「断捨離」言いまくりだよ〜。 実はこの「断捨離」という言葉は、やましたひでこさんという方が提唱された言葉。 ヨーガの行法である断行(だんぎょう)・捨行(しゃぎょう)・離行(りぎょう)を応用して作成した、やましたひでこさんの造語です。 断:入ってくるいらない物を断つ。 捨:家にずっとあるいらない物を捨てる。 離:物への執着から離れる。 断捨離はやましたひでこさんが提唱した言葉でもなければ、造語でもありません。 「 断捨離」という言葉は1976年(43年前)にヨガの思想家沖正弘さんがすでに提唱しています。 それをやましたひでこさんが片付けのメソッドとして転用しています。 ご本人はホームページ内でこのようにおっしゃっています。 断捨離というと新しい片づけ術かと思うかもしれませんが、そうではありません。 断捨離とは、モノへの執着を捨てることが最大のコンセプトです。 () 「家のいらないモノを捨てて部屋を整理整頓すること」は「断捨離」じゃない! 「断捨離」って「家のいらないモノを捨てて、部屋を整理整頓をすること」だと思ってたニャ! ご本人も「断捨離」という言葉の間違った使用され方に心を痛めておられます。 (断捨離は)言葉だけがひとり歩きして「ただ捨てること」という、間違った認識が広まっていることも事実です。 (中略)断捨離とは一言で言うと「モノの片づけを通して自分を知り、心の混沌を整理して人生を快適にする行動技術」ということになります。 () テレビでやってる「断捨離」や、私たちの定義の「断捨離」とは何か違うニャね。 やましたひでこさんは、それについてブログにはこんな風に書いておられます。 無断使用の横行 勝手使用の跋扈 それよりも、なによりも、 浅薄な解釈で、「断捨離」を、さも、自分のものとして語る輩たち。 それが、一番、やりきれなかった。 () 断捨離を、いいえ、断捨離もどきを、そうだ、まったく断捨離とはかけ離れたことを、 まことしやかに、さも、断捨離であるかように語る人がいて。 そんな人が後を絶たないけれど。 モグラ叩きをしている時間は、今の私にはないですね。 () 正しい断捨離って何デスか? 呆れた…沖正弘さんの使用していた「断捨離」という言葉を片付けメソッドに転用しておいて、正しいも何もないニャー… やましたひでこさんのしてることは 商標権の行使ではなく言葉狩りだと感じました。 jikobukken.

次の

【車中泊】RV協会とクロワークスがガチでやばい。腐敗した証拠だします。

車中泊 商標登録

キャンピングカー納車まで1ヶ月をきって待ち遠しい日々を送っている中、「車中泊」って言う言葉が商標登録申請されていて申請が通れば「車中泊」って言葉が使えなくなる又は使う為にお金を支払わなければならないと言うYoutube動画を見ました。 個人的にはキャンピングカーが納車されたらブログで車中泊の記事をどんどん書いてこうと思ってたんですけどね…。 申請しているYoutuber側は車中泊で金儲けしようとしている企業に独占させない為、ひいては自由にみんなが「車中泊」って言葉を使える様に非営利目的で申請したとの事。 ただ審査が通れば権利を主張出来るのでこれはヤバいんじゃないと思って動画がを発信したYoutuberとの騒動が起こっています。 それに対して車中泊系の他のYoutuberの方も意見を色々と言っています。 今回はこの騒動の現在までのまとめと個人的な見解を記事としてまとめたいと思います。 騒動の経緯 事の発端の車中泊Youtuber・にんにんさんが下記の動画を2020年1月30日に発信したことに始まります。 これを受けて同日、クロワークスさん側で商標登録についての説明をYoutubeライブ配信しました。 この時点でにんにんさん側の動画が高く評価され、クロワークスさん側の動画には低評価が多くつくことになります。 その後の2月3日、にんにんさん側から和解の提案動画が出されます。 1月30日 :にんにんさん側からクロワークスさんを刑事告訴するという動画が配信• 同日:クロワークスさん側が説明ライブをするがライブの長さと横柄な態度が見受けられ更に炎上• 2月3日 :にんにんさん側から和解案の動画配信• 同日:クロワークスさん側から和解案に応じず、法廷で争う姿勢の見解を動画配信• 2月7日 :にんにんさん側、今後の展開をライブ配信するもまとまっておらず、刑事告訴もしないとの見解。 その後ライブ動画を非公開にしプチ炎上 それぞれの主張 にんにんさんがなぜこの様な動画を配信したのかですが、Youtubeを始めた頃にはクロワークスさんとの付き合いがあったとの事。 ある時、にんにんさんが配信した道の駅での車中泊動画にクロワークスさんが「道の駅での車中泊はグレーゾーンだからYoutubeであげるのは良くない」とコメントしました。 にんにんさんとしては道の駅は税金で作られている休憩施設なんだから車中泊は良いのではないか、疲れてやっとたどり着いた道の駅で車中泊できないで、他の場所を探して運転するのは非常に危険で命にかかわると主張。 その後、クロワークスさんから電話する様にと連絡があり連絡すると恫喝されたとの事。 そこから付き合いは無くなったそうです。 っで今回の商標登録の事を知ってしまった事で怒りを覚えて動画配信といたりました。 車中泊動画はあげるなと言っておいて自分は商標登録申請しているのだから上記の事が事実だとしたら怒るのも当然かと個人的には思います。 一方、クロワークスさんは商標登録申請にいたった経緯として「車中泊」は以前にRV協会が申請し拒絶されている、放っておいたらまた営利目的の企業に申請され通ってしまえばみんなが「車中泊」って言葉が使えなくなる、だから非営利目的で申請したとの事です。 そしてクロワークスで商標登録が取れたら権利フリーでみんなに使って欲しい、一部「車中泊」て言葉で利益を得ようとしたり、独占しようとした方が出た場合のみ権利を行使するとの事。 クロワークスさんが商標登録申請してのが2019年6月なので、なぜ今になってにんにんさんがそういう事を言ってきているのかわからない、足を引っ張らないでくれという見解です。 確かになぜ今になってというのは自分がクロワークスさんの立場だったらそう思います。 足を引っ張ってると思われても仕方がないと思います。 にんにんさん側• 車中泊動画をあげるなと言っておいて自分は商標登録申請し儲けようとしている• 道の駅で車中泊できなくなればドライバーの命にかかわる事だから、絶対に商標登録は阻止する• 恫喝された証拠があり刑事告訴も考えている• クロワークスさん側• 商標登録申請は営利目的の企業に独占されない様、みんなの為に申請している• 申請が通ったら一部の悪質な使い方してる方には権利行使するが、基本権利フリー• 2019年6月に申請しているのになぜ今になって言ってきているのか?足を引っ張っている様にしか思えない 個人的見解 クロワークスさんが炎上している理由に、にんにんさんが自分の事を批判してるクロワークスさんの動画をいくつかあげています。 その中で人物は特定されてませんが「グレーゾーンがわからない奴は 障害者だ」と言う発言があり、これがかなり尾を引いてると思います。 クロワークス側は言葉の認知の違いだと言ってますが、今の世の中ではちょっと通用しないと思いますね。 しかしこれは商標登録の件とは関係ないですよね…。 ちょっとにんにんさんも頭にきたからといって過去の動画を持ち出して批判するのはやり方が汚いかなとも個人的には思いました。 にんにんさんとしては名誉毀損や侮辱罪で刑事告訴も考えていた様ですが2月7日のライブ動画で一旦、保留と発表。 そしてそのライブ動画を非公開にしてしまった事でフェアじゃないと思う方が増えてしまったんですよね。 クロワークスの商標登録説明の動画は残ったままなのでなおさらです。 一連の騒動の流れを見てきて思う事は「これって双方とも損しているな」って思います。 双方ともこの騒動でYoutubeチャンネルの登録者数が減っているし、動画で見る本人達は疲れている様にも見えます。 このまま続けてもいい事なんて1つもないと思いますけどね…。 何より動画でやり取りしている様なので互いに連絡取るなり、顔を合わせて話し合いをして和解するのが一番だと思います。 互いに関わりたくないからとの事で連絡は取ってない様ですがこのまま法廷闘争になったら視聴者は離れていくでしょう。 そもそも同ジャンルのYoutuberなんだから仲良くしろよって個人的には思いますよ…。 自分達で「車中泊」のイメージを下げているのがわからないかなぁ〜。 クロワークスさんの過去の動画で「グレーゾーンがわからない奴は障害者だ」発言がありこれはさすがない• にんにんさんが今後の展開ライブ動画を非公開にした事でフェアではなくなった• このまま騒動を続けても双方にメリットがない• この騒動自体が「車中泊」のイメージ下げている• 法廷闘争までいってしまたら結果がどうであれ視聴者は離れていくと思う まとめ 実は自分はどちらのYoutubeチャンネルを登録していてよく見ているんですよね。 それだけにこの騒動は非常に残念。 最近はこの騒動関係の動画ばっかりで見ていて面白くないんですよね。 恐らくそう思っている人は多いと思います。 他の車中泊系Youtuberの方も言っているように、同じジャンルのYoutuber同士仲良くやってほしいものです。 嫌いな奴や合わない奴なんてどこにでもいると思うんですよ…。 自分も職場でいけ好かない奴がいますが仕事の話だけはいくら嫌いでもしますし、しなければいけないと思うんですよね。 「車中泊」って言葉に対しての見解は違っても失くしたくない気持ちは一緒だと思います。 これ以上、騒動を続ける事で「車中泊」のイメージを悪くしない様にして頂きたいものです。 間違っても法廷闘争にならない様、話し合いでの和解を心から願っています。 しかし今回は車中泊する人間でお酒を飲む人には考えさせられる内容となっています。

次の

車中泊を商標登録?女ひとり夜を車内で過ごし考える バンライフ

車中泊 商標登録

「車中泊」という言葉を私的に商標登録して自分たちの利益にしようとしてる件については、 商標登録を取得する行為は、誰にでも認められていますが、 「車中泊」という言葉自体そもそも、普通の表現として一般的に認知されている言葉ですので、そうそう、許可されるとは思いませんが、儲けられる可能性を狙って申請したんだなって思います。 また、他の方が既におっしゃてますが、既に拒絶理由通知書が出されているようですね。 その後、意見書を提出したのか、確定しているのかは不明ですが・・・ 個別に対して RV協会は、利権取るのに必死なんだろうなって思いました 彼らは営利なんだろうって思っております。 なので、登録されなくてよかったと思いました。 クロワークスは、 動画を見ていくと、 岡山まで、別YouTuberに会いに行ったとき動画を取り忘れたと言ってましたが、 その時が、その話にをしに行っているようですね。 また、女性の急な脱退の件も何があるのか公表してません。 本件の話の動画についても、営利でないとか、フリーだとおっしゃってますが、 一部認めない部分もあると言っている。 そもそも、言葉巧みに、ごまかしている節が多く感じますし、 彼自身色々なことを自分に都合のいいように置き換えたて表現したり、後出しじゃんけんみたいに後の動画で言い訳が多く、都合の割ることは隠したりしている節があるように感じられました。 (私自身は登録を解除しました) ですので、このような信用できないような、かついう事を都合よく解釈して行っているような人に、商標権を取ろうとしていることに不快すら感じました。 というのも、 確かに特許を取ったとしても、取得権者が何も言わなければ、問題はないのですが、 上記な人が持つと、気にくわないからって権利の侵害だと言いかねない とも感じましたし、 また、フリーだと言っていますが、使用する時には、手続きをしろとか言ってくる可能性も当然あるわけですが、そもそも、そういうことも話もせず、ただただ、フリーで皆が使えるようにするとしか言わない人を信用はできないなと感じました。 とはいえ、これは個人の感情の問題ですから、 質問者さんは、人に左右されず、自分の思った通りに感じればよいかと思います。 応援したいのであれば、応援すればよいと思いますし、 気にくわないなら、気にくわないで、よろしいかと思います。 長文失礼いたしました。 追記です。 仮に登録された時は、異議申立(公示されてから2ヶ月以内)ができるし 標章侵害といわれたら、無効審判で徹底的に争えばよいと思う。 その前にRV協会が黙ってないんじゃないかな? 今は、騒がず静観するのもひとつかもね・・・ 表面に出ている情報だけで判断するなら、自分勝手だなと。 Youtubeではみなさんのためだとか、利益を得るつもりはないみたいなことを、聞こえ良く説明していますが、結局は金でしょう。 実際どうなのかは知りませんけど、そういった印象を抱く方は多いでしょうね。 そもそも、「車中泊」っていうごく一般的な名詞が商標登録の認可が下りるとは思えませんけどね。 代理士とか使ってやってるみたいですけど、その代理士もわからないもんですかねぇ。 無駄に手間とお金がかかるだけだし、こうやって批判されることで自分たちのイメージが下がるわけだから、意図がわかりません。 まかり間違って、これが認可されるようなことになれば世も末ですね。 私もそういったビジネスを始めようと思います笑.

次の