日経dual 炎上。 自分も会社も大ダメージの「SNS炎上」、今すぐ新入社員に求めるべき対策は?(2ページ目)

子連れで飲食店 炎上しない親子のマナー (1/4) :日経DUAL

日経dual 炎上

先生、昨年8月にLancetに掲載になった論文(Lancet. 2018;392:1015-35. )には、「基本的に飲酒量はゼロがいい」と言い切っているとか。 これはどういうことなのでしょうか。 「この論文は、1990~2016年にかけて195の国と地域におけるアルコールの消費量とアルコールに起因する死亡などの関係について分析したものです。 この論文では最終的に、健康への悪影響を最小化するアルコールの消費レベルは『ゼロ』であるとしています。 つまり、 『全く飲まないことが健康に最もよい』と結論づけているのです」(吉本さん) 吉本さんによると、かなりインパクトがある論文として研究者の間で話題になったそうだ。 「かつての研究のグラフではJカーブを描いていましたが、今回の研究結果を見ると緩やかにLカーブになっているんです。 下のグラフにあるように、飲酒量1(アルコール換算で10g)くらいまでは疾患リスクの上昇はあるものの緩やかで、それより多くなると明確に上昇傾向を示しています。 つまり、 『飲むなら少量がいいよ、でもできたら飲まないほうがいいよ』ということですね」(吉本さん) 縦軸は相対リスク。 横軸はアルコールの消費量。 1単位は純アルコール換算で10g。 (Lancet. 2018;392:1015-35. を基に編集部で作成) なぜ、ゼロの方がいいのか? 心疾患などについては適量の飲酒がリスクを減らすのですよね? 納得いかずに吉本さんに食い下がると、 「ご指摘のように、この論文でも虚血性心疾患(心筋梗塞など)については以前と変わらず、『少量飲酒で発症リスクが下がる』という結果が出ており、Jカーブが確認されています。 しかし、飲酒量が増えればがん、結核など他の疾患のリスクは少量飲酒においても高まっていくので、心疾患などの予防効果が相殺されるのです」と吉本さんは説明してくれた。 でも「少量飲酒においては、飲酒によってリスクが上がる疾患より、心疾患などリスクが下がる疾患の影響が大きいためJカーブになる」と説明したが、最新研究ではより多くのデータからこの両者のバランスが再検証され、Jカーブから緩やかなLカーブになったということか。 「もちろん、1つの論文で結論を出すのは危険です。 色々なデータを見て判断する必要があります」と吉本さんは前置きしつつも、 「この論文の登場で、多くの医師・研究者が『少量飲酒が体にいいとは言えなくなってきた』と感じるようになっていると思います。 特に、これまで研究者の中で『全く飲まない人の死亡リスクがこんな高いわけないよね?』と疑問に思われていた部分がクリアになったのは大きいでしょう。 また、飲む人より、飲まない人の方が、がんの発症リスクが低いという点についても裏付けの1つになったと考えています」(吉本さん) 「この結果を見ると、『健康にいいから』と大手を振って飲むことはできなくなりますね」(吉本さん) ……。 満面の笑顔でそんなこと言われても(涙)。 なお、吉本さんは、「少量の飲酒が心疾患などのリスクを減らすことはアメリカ心臓協会(American Heart Association)も認めていながら、それでも飲まない人に飲酒を推奨しているわけではありません」と話す。 「健康日本21においても『飲酒習慣のない人に対してこの量の飲酒を推奨するものではない』と明記されています」(吉本さん) FEATURES of THEME テーマ別特集• 脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。 夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。 さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。 激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。 今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。 中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。 前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。 前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。 今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

次の

日経DUAL、「炎上商法に必死」な食えなくなったブロガーよりヒドイ

日経dual 炎上

「日本一の個人」を目指すと語っていたヒカル氏(写真:的野弘路) 特集でも触れたように、このVALU騒動が明らかにしたのは、インフルエンサーであるヒカル氏の影響力の大きさと、その立ち位置の危うさだ。 2016年3月にユーチューブで自身のチャンネルを開設し、約1年半で約250万人のフォロワーを獲得(9月8日現在は約232万人)。 そして、8月の騒動以降、わずか数週間で表舞台から姿を消す事態となった。 なぜ彼はこれほどの毀誉褒貶を経験したのか。 今から約1カ月前の8月7日午後、取材班は東京都港区の六本木にある大手インターネット企業、DMM. comの本社を訪れていた。 オフィス内のイベントスペースには高校3年生~22歳の若者が約300人集まり、あふれんばかりの熱気に包まれていた。 この日開催されたのは、ヒカル氏と、彼が所属するインフルエンサー専門プロダクションのVAZ(東京都渋谷区)、中卒や高卒の若者の就職支援などを手がけるハッシャダイ(東京都渋谷区)が主催した、「非大卒者向けのキャリアイベント」だ。 ヒカル氏はイベントの顔として、5日間のイベント期間中たびたび登壇。 彼が登場するたびに集まった女性の参加者からは「かっこいい!」といった悲鳴のような歓声が上がった。 会場の入り口にはヒカル氏ら人気ユーチューバーの原寸大の立て看板があり、その脇で自撮りする女性の参加者もたくさんいた。 まるで、アイドルのコンサートのようだった。 このイベントにはリクルートライフスタイルやネオキャリアといった、大手企業もスポンサーや協力企業として参加。 ヒカル氏の影響力の大きさを物語った。 1週間後の8月13日。 取材班はまたもヒカル氏に会うため、埼玉県所沢市で行われたオフ会も取材した。 オフ会には朝から夜までひっきりなしにファンが訪れ、ヒカル氏は1人数分ずつ対応していた。 ヒカル氏の名前は以前から知っていたものの、これほどの人気ぶりとは…。 取材に訪れた記者は正直、驚かされた。 今回の特集では、取材を進めれば進めるほど、これまでの企業の常識では捉えきれない現代の若者の姿が浮かび上がってきた。 「最近の若者はモノを買わない」「若者にどうPRしたらよいのか分からない」……。 若者の消費動向をつかめず苦悩する企業が頼みにするのが、ユーチューバーやインスタグラマーなどのインフルエンサーだ。 自社の商品をPRしてもらおうと企業が群がり、まるで「インフルエンサーバブル」とでも言うべき現象が起こっている。 そして今年に入り、そのど真ん中に陣取っていたのがヒカル氏だった。 イベント終了後のインタビューでは、「日本一の個人になりたい」「僕、めちゃめちゃ面白いと思うんですよね」と、「ビッグマウス」とも自信過剰とも取れる言葉を連発。 一方で、「人気商売というのは水もの。 自分の人気はいつまで続くか分からない」という心情も吐露していた。 ヒカル氏が話した内容とは…….

次の

ディズニープリンセスが炎上しない理由 企業が持つべきジェンダー観

日経dual 炎上

保育園に入ると子どもの友達家族とファミレスへ行ったり、行事の後で居酒屋で打ち上げをしたりと、子連れ家族同士で外食することが増えてきます。 子どもの誕生日や卒園の謝恩会で、レストランで会食することもあるかもしれませんね。 そんなとき、子どもはテンションが上がって、いつもよりも声が大きくなったり、動き回ったりしがちです。 親は親で、おしゃべりがはずんで、つい注意しそびれ、気が付けば周囲から白い目で見られてしまって、気まずいことにもなりがちです。 子連れでの外食では、どんなお店を選び、どんなふうにふるまったらよいのでしょうか。 子どもへの注意の仕方、迷惑をかけたときの対処法などを、親子のマナーに詳しい東 節子先生にお聞きしました。 「プレDUAL(妊娠~職場復帰)」「保育園」「小学校低学年」「高学年」の4つのカテゴリ別に、今欲しい情報をお届けする日経DUALを、毎日の生活でぜひお役立てください。 親子連れへのまなざしは厳しくなっている 保育園帰りや休みの日に親子で集まってご飯を食べたり、情報交換をしたりの時間。 楽しいですよね。 そこで気を付けたいのが、飲食店でのマナーです。 最近は特に子ども連れへの視線が厳しくなっていて、SNSで話題になることもしばしば。 でも、実際に子連れのマナーは悪くなっているのでしょうか。 キッズマナーインストラクターで、『日経DUAL』の連載『子どもに教えたいマナーのお話』でおなじみの東 節子さんはこのように話します。 「まず親に関してですが、 人によって身に付けているマナーの格差が大きくなっていると感じます。 祖父母世代にきちんとしつけられている親がいる一方、そうではないひとも一定数います。 それは、親自身も核家族育ちで、忙しい親に育てられたため、マナーを教えてもらう機会がなかったからでしょう。 私が子どもの頃は、地域で子どもを育てるという雰囲気が残っていたので、お行儀が悪い子がいれば、近所のおじさん、おばさんに注意されたものでした。 でも、今は他人が子どもに声をかけると不審者と疑われてしまう時代です。 世代間でのマナーの継承が難しくなっているのですね。 そのため、 マナーが悪い人の行動が目立ってしまい、全体として『最近の親子連れはマナーが悪くなっている』という印象になっていると思います」」 手づかみ食べは誰でもできるけれど「マナー」は教えないと身に付かない 東先生はこのようにも話します。 「子どもは放っておいても手づかみでご飯を食べられるようになります。 親の真似をしてお箸を使って食べることもできるようになる。 でも、お箸をなめてはいけないこと(ねぶり箸)や、食べ物の上で迷ってあれこれお箸を動かさないこと(迷い箸)などは、誰か教えてあげないとわかりません。 これがマナーというものです。 お手洗いに行ったら手を洗う、濡れた手はハンカチで拭く、散らかしたら片づけるといったことも誰かが言葉で説明したり、自ら行動して示さないと、子どもは身に付けることはできません」 子どもは本能的なことなら教えなくてもできるけれども、マナーに関しては、適切な時期に誰かが教えないといけないということですね。 マナーを教えることは、親の大切な役割と言えそうです。 でも、親世代もマナーに自信があるかといえば、そうではない人も多いのではないでしょうか。 しかも、東さんによると、残念なことに、最近はマナーへの関心度が下がっていて、受験や勉強を優先する親が多いと言います。 そのせいかもしれません。 ファミレスや居酒屋で子連れで集まっているときに、お店の人やほかのお客さんから注意を受けてしまったという話をよく聞きます。 そんなときはどう対応したらよいのでしょうか。 楽しい気分を損なわずに子どもを行儀良く過ごさせるには? そもそもどうして子どもは集団になると騒ぐのでしょう。 次ページから東先生に聞いていきます。

次の