トリノ 対 インテル。 トリノ対インテルミラノ

イタリアにコロナウイルスの影響拡大。ユベントス対インテルやELも無観客に?

トリノ 対 インテル

ミラノ発 - 代表ウィークが終了してリーグ戦の時間が戻って来る。 今週土曜日現地時間20時45分からインテルは今季セリエA第13節トリノ(アウェイ、)戦に臨む。 Opta社の協力のもと、同試合に関する全スタッツを紹介する。 対戦成績 トリノ対インテル戦はセリエ Aで150試合開催された。 インテルの通算トリノ戦成績は65勝36負49分。 セリエAでトリノから勝利を奪っているのはユヴェントス(71勝)のみ。 今節トリノ戦は簡単な試合にならないだろう。 同チームは直近のインテル戦で勝点を積み重ねている。 事実、トリノは直近 5試合のネラッズーリ戦で無敗(直近ホーム2試合での勝利を含む)。 両チームの現状況 インテルは今季リーグ戦アウェイ戦で全勝( 6戦6勝)。 最後にネラッズーリがリーグ戦第12節までにアウェイ全勝を収めたのは2012-13シーズンだった。 インテルは今季セリエA直近7試合で得点と失点を記録している唯一のチーム。 インテルは今季セリエ A第12節を終えて勝点31を獲得。 これは勝利時に勝点3に変更されて以降、クラブ新記録の数字である。 唯一この最高のスタートを超えるのが1988-89シーズン。 当時の成績を勝点3システムに当てはめると合計で32ポイントとなる。 インテルがトリノ戦で勝利した場合、セリエ A第13節終了時にクラブ史最高の勝点数獲得に並ぶ:34。 1950-51シーズンのチームが残した成績を勝点3システムに当てはめると同勝点数となる。 トリノは前節の試合で勝利を収めたが、その前のリーグ戦 6試合で勝点2のみ。 前節ブレシア戦では4ゴールを決めたが、その前のリーグ戦6試合で3点しか挙げられていなかった。 トリノは今季セリエA直近ホーム戦3試合のうち2試合で無得点(得点を決めたはカリアリ戦:1点)。 トリノはそれ以前のホーム戦23試合のうち2試合でしか無得点で終えていなかった。 総合データ 今季リーグ戦でインテルはビハインドの状況時に平均毎 3分でシュート1本を放っている。 今季セリエA第12節終了時点でネラッズーリの同数字を上回るチームは存在しない。 インテルは今季リーグ戦で最長プレー時間を記録:アウェイ戦合計477. 285分。 今日時点での最長記録(アタランタが2位:211分)。 インテルは今季欧州 5大リーグで全試合ゴールを決めている4チームの1つ(インテルは12試合連続)。 加えて今季の中でペナルティーエリア外から最多ゴール数を記録(6得点)。 トリノはペナルティーエリア外からの失点は僅かに1失点のみ、アタランタとカリアリが無失点。 今季セリエ Aでインテルは前半45分間で最もゴールを奪っているチームである(10得点)。 今季セリエ Aでトリノは後半45分間で最もシュート数が少ないチームであり、最も被シュート数を許しているチーム(90本)。 インテルは今季リーグ戦でセットプレーから最多数となる 10得点を記録。 今季セリエ A第12節終了時までにインテル(210本)とトリノ(206本)はオープンプレー時のクロスを供給している。 選手情報 ダニエレ・バゼッリと ダニーロ・ダンブロージオはセリエ A通算200試合まで残り1試合。 ダニーロ・ダンブロージオ(セリエ A通算42試合で4得点)と ダニエレ・パデッリ(リーグ戦100試合出場)は過去にトリノでプレー。 クワドオ・アサモアと トンマーゾ・ベルニもトリノに所属していたが、セリエAでの出場機会は訪れなかった。 ロメル・ルカクが今季リーグ戦で決めた 9得点はインテルに勝点11を加えた。 同ベルギー人は2019-20シーズンのチーム内で最多勝点数をもたらした選手。 ステファン・デ・フライは今季リーグ戦で3アシスト、これは個人ベストと並ぶ数字(2016-17シーズン、ラツィオ在籍時)。 今季パオロ・ギリオーネが全リーグDF選手の中で最多アシスト数を記録(4)。 デ・フライは2018年8月のトリノ戦でネラッズーリ初得点を決めた、 ロメル・ルカクは今季リーグ戦 9得点。 インテル加入初年度のセリエA第13節までに10得点以上を決めたのはイスタヴァン・ナイアーズのみ(11得点、1948-49シーズン)。 今季リーグ戦(アウェイ)で 14得点を奪っているインテルだが、そのうち11得点がルカク&マルティネスから生まれている。 アウェイ戦で ロメル・ルカクと同得点数を決めている選手はインモービレのみ(7得点)。 マルセロ・ブロゾヴィッチは今季セリエAで最多数のロングパスを記録したアウトフィールド選手であり(89本)、50本以上のロングパスを供給した選手の中で最高の成功率を達成している(80%)。 監督 アントニオ・コンテが監督に就任してからインテルはセリエ A第12節までの全試合で得点を奪っている。 インテル史上、セリエA開幕全13試合でネラッズーリの得点シーンを見た監督はいない。 ワルテル・マッツァーリはインテル監督としてセリエ A通算49試合を指揮し、19勝11負19分。

次の

インテルで輝くアルゼンチンの新星、マルティネスにメガクラブも大注目。

トリノ 対 インテル

ミラノ発 - 代表ウィークが終了してリーグ戦の時間が戻って来る。 今週土曜日現地時間20時45分からインテルは今季セリエA第13節トリノ(アウェイ、)戦に臨む。 Opta社の協力のもと、同試合に関する全スタッツを紹介する。 対戦成績 トリノ対インテル戦はセリエ Aで150試合開催された。 インテルの通算トリノ戦成績は65勝36負49分。 セリエAでトリノから勝利を奪っているのはユヴェントス(71勝)のみ。 今節トリノ戦は簡単な試合にならないだろう。 同チームは直近のインテル戦で勝点を積み重ねている。 事実、トリノは直近 5試合のネラッズーリ戦で無敗(直近ホーム2試合での勝利を含む)。 両チームの現状況 インテルは今季リーグ戦アウェイ戦で全勝( 6戦6勝)。 最後にネラッズーリがリーグ戦第12節までにアウェイ全勝を収めたのは2012-13シーズンだった。 インテルは今季セリエA直近7試合で得点と失点を記録している唯一のチーム。 インテルは今季セリエ A第12節を終えて勝点31を獲得。 これは勝利時に勝点3に変更されて以降、クラブ新記録の数字である。 唯一この最高のスタートを超えるのが1988-89シーズン。 当時の成績を勝点3システムに当てはめると合計で32ポイントとなる。 インテルがトリノ戦で勝利した場合、セリエ A第13節終了時にクラブ史最高の勝点数獲得に並ぶ:34。 1950-51シーズンのチームが残した成績を勝点3システムに当てはめると同勝点数となる。 トリノは前節の試合で勝利を収めたが、その前のリーグ戦 6試合で勝点2のみ。 前節ブレシア戦では4ゴールを決めたが、その前のリーグ戦6試合で3点しか挙げられていなかった。 トリノは今季セリエA直近ホーム戦3試合のうち2試合で無得点(得点を決めたはカリアリ戦:1点)。 トリノはそれ以前のホーム戦23試合のうち2試合でしか無得点で終えていなかった。 総合データ 今季リーグ戦でインテルはビハインドの状況時に平均毎 3分でシュート1本を放っている。 今季セリエA第12節終了時点でネラッズーリの同数字を上回るチームは存在しない。 インテルは今季リーグ戦で最長プレー時間を記録:アウェイ戦合計477. 285分。 今日時点での最長記録(アタランタが2位:211分)。 インテルは今季欧州 5大リーグで全試合ゴールを決めている4チームの1つ(インテルは12試合連続)。 加えて今季の中でペナルティーエリア外から最多ゴール数を記録(6得点)。 トリノはペナルティーエリア外からの失点は僅かに1失点のみ、アタランタとカリアリが無失点。 今季セリエ Aでインテルは前半45分間で最もゴールを奪っているチームである(10得点)。 今季セリエ Aでトリノは後半45分間で最もシュート数が少ないチームであり、最も被シュート数を許しているチーム(90本)。 インテルは今季リーグ戦でセットプレーから最多数となる 10得点を記録。 今季セリエ A第12節終了時までにインテル(210本)とトリノ(206本)はオープンプレー時のクロスを供給している。 選手情報 ダニエレ・バゼッリと ダニーロ・ダンブロージオはセリエ A通算200試合まで残り1試合。 ダニーロ・ダンブロージオ(セリエ A通算42試合で4得点)と ダニエレ・パデッリ(リーグ戦100試合出場)は過去にトリノでプレー。 クワドオ・アサモアと トンマーゾ・ベルニもトリノに所属していたが、セリエAでの出場機会は訪れなかった。 ロメル・ルカクが今季リーグ戦で決めた 9得点はインテルに勝点11を加えた。 同ベルギー人は2019-20シーズンのチーム内で最多勝点数をもたらした選手。 ステファン・デ・フライは今季リーグ戦で3アシスト、これは個人ベストと並ぶ数字(2016-17シーズン、ラツィオ在籍時)。 今季パオロ・ギリオーネが全リーグDF選手の中で最多アシスト数を記録(4)。 デ・フライは2018年8月のトリノ戦でネラッズーリ初得点を決めた、 ロメル・ルカクは今季リーグ戦 9得点。 インテル加入初年度のセリエA第13節までに10得点以上を決めたのはイスタヴァン・ナイアーズのみ(11得点、1948-49シーズン)。 今季リーグ戦(アウェイ)で 14得点を奪っているインテルだが、そのうち11得点がルカク&マルティネスから生まれている。 アウェイ戦で ロメル・ルカクと同得点数を決めている選手はインモービレのみ(7得点)。 マルセロ・ブロゾヴィッチは今季セリエAで最多数のロングパスを記録したアウトフィールド選手であり(89本)、50本以上のロングパスを供給した選手の中で最高の成功率を達成している(80%)。 監督 アントニオ・コンテが監督に就任してからインテルはセリエ A第12節までの全試合で得点を奪っている。 インテル史上、セリエA開幕全13試合でネラッズーリの得点シーンを見た監督はいない。 ワルテル・マッツァーリはインテル監督としてセリエ A通算49試合を指揮し、19勝11負19分。

次の

イタリアにコロナウイルスの影響拡大。ユベントス対インテルやELも無観客に?

トリノ 対 インテル

後半16分 黄シリグ(39)が警告を受ける 後半19分 黄オビ(22)が警告を受ける 黄スクリニアー(37)が警告を受ける 後半21分 選手交代、ガリアルディーニ(5)がアウト、エデル(23)がイン 後半24分 後半28分 選手交代、オビ(22)がアウト、アクア(6)がイン 選手交代、長友(55)がアウト、ブロゾビッチ(77)がイン 後半31分 ゴール!!!エデル(23)がゴールを決める。 海外サッカー 米女子プロリーグ開幕 米のチーム競技では初の実施 []• 海外サッカー [6月28日 10:01]• スペイン [6月28日 10:00]• オランダ [6月28日 9:47]• ブンデス [6月28日 9:04]• ブンデス [6月28日 9:01]• ブンデス [6月28日 9:01]• ブンデス [6月28日 8:53]• ブンデス [6月28日 8:00]• ブンデス [6月28日 7:58]• フランス [6月28日 7:58]• セリエA CロナPK決め3点絡む ユベントス快勝2位に4差 []• セリエA [6月27日 7:29]• セリエA [6月26日 13:49]• セリエA [6月25日 12:42]• セリエA [6月25日 8:56]• セリエA [6月25日 7:15]• セリエA [6月23日 18:00]• セリエA [6月23日 11:23]• セリエA [6月23日 8:47]• セリエA [6月23日 8:34]• セリエA [6月22日 9:57]• セリエA [6月22日 9:56]• セリエA [6月21日 8:47]• セリエA [6月20日 12:32]• セリエA [6月19日 12:38]• セリエA [6月18日 8:17]• ブンデス 鎌田2点に絡み白星締め 長谷部は手術で帰国 []• ブンデス [6月28日 9:04]• ブンデス [6月28日 9:01]• ブンデス [6月28日 9:01]• ブンデス [6月28日 8:53]• ブンデス [6月28日 8:00]• ブンデス [6月28日 7:58]• ブンデス [6月28日 0:23]• ブンデス [6月22日 13:46]• ブンデス [6月22日 10:53]• ブンデス [6月22日 10:08]• ブンデス [6月21日 12:16]• ブンデス [6月21日 8:47]• ブンデス [6月21日 7:56]• ブンデス [6月21日 1:23]• ブンデス [6月18日 10:25]• プレミア 南野V一夜明け「実感ない。 いずれ貢献して優勝を」 []• プレミア [6月27日 11:59]• プレミア [6月27日 10:01]• プレミア [6月27日 7:37]• プレミア [6月26日 18:00]• プレミア [6月26日 17:11]• プレミア [6月26日 11:43]• プレミア [6月26日 11:04]• プレミア [6月26日 10:37]• プレミア [6月26日 10:36]• プレミア [6月26日 9:17]• プレミア [6月26日 9:16]• プレミア [6月26日 8:48]• プレミア [6月26日 8:44]• プレミア [6月26日 8:07]• プレミア [6月26日 7:16]• スペイン [6月28日 10:00]• スペイン [6月27日 23:27]• スペイン [6月27日 23:08]• スペイン [6月27日 18:14]• スペイン [6月27日 11:05]• スペイン [6月26日 21:24]• スペイン [6月26日 21:15]• スペイン [6月26日 10:36]• スペイン [6月26日 8:57]• スペイン [6月26日 7:55]• スペイン [6月25日 20:28]• スペイン [6月25日 10:53]• スペイン [6月25日 10:52]• スペイン [6月25日 10:34]• スペイン [6月25日 9:04]•

次の