住宅 ローン 控除 確定 申告 書き方。 オーバーローンの場合の住宅ローン控除の確定申告書の書き方と注意点

確定申告での住宅ローン控除 必要書類と書き方

住宅 ローン 控除 確定 申告 書き方

マイホームを新築・購入した方は 「住宅ローン控除 減税 」という、税制面で大きな優遇を受けることができます。 ただし、 マイホームを引き渡してもらった翌年に「確定申告」をしなければいけません。 2年目以降は勤め先が年末調整で手続きをしてくれます。 実は、確定申告書の作成は スマホが使える方なら誰でも簡単にネットからできます。 そこで本記事では、新築マイホームを購入し「住宅ローン控除」を受ける方に向けて、 ネットを利用して「確定申告書」を作成する方法を、画像付きでわかりやすくご紹介します。 [jin-iconbox01]この記事の解説は「年末調整」を終えていることが前提になっています。 住宅ローン等でマイホームの新築、購入、増改築等をしたときは、一定の要件に当てはまれば、所得税の税額控除を受けることができます。 引用:国税庁HP 住宅ローン控除を受けられる方は、 個人が10年以上の住宅ローンを組んでマイホーム 新築・中古 を購入または 一定の増改築工事などを行った方が対象。 住宅ローン控除を受けるための手続きとして、 控除を受ける最初の年に「確定申告」をする必要があり、翌年以降は「年末調整」で控除が受けられる仕組みになっています。 また、2014年4月1日~2021年12月31日までに新規で住宅ローンを借り入れた方は、10年間で最大400万円の税金が所得税から控除され、住宅を購入したら必ず受けたい優遇制度です。 「住宅ローン控除」については、こちら「」の記事が参考になります。 住宅ローン控除を受けるために「確定申告」をする必要がある方 住宅ローン控除を受けるためには「確定申告」をする必要がありましたよね。 では、どのような方が確定申告をする必要があるのでしょうか? 住宅ローンを組んでマイホームを新築・購入・増改築などを行い、引渡し後から6か月以内に入居し、控除を受ける最初の年の方が対象。 「控除を受ける最初の年」というのは、住宅ローンを組んでマイホームを新築・購入し、引き渡してもらった 「翌年」に確定申告が必要です。 例えば、2018年1月~12月にマイホームの引渡しを受けた場合、2019年2〜3月に確定申告をします。 以下のリンクから、その年の確定申告の時期がわかります。 参考:国税庁HP• e-tax• 税務署の窓口で確認しながら作成・提出• 税務署の窓口で確認しながら作成するので、間違いが少なく最も正確に申告ができます。 しかし、税務署の窓口は平日しか対応しておらず、確定申告の時期には多くの方が殺到するため、長時間待たされる可能性が大きい。 [jin-iconbox01] ネットで確定申告書を作成するときに「最も簡単に」「スマホやパソコンから作成したい」という方は、クラウド会計ソフト アプリ 「 」がおすすめです。 質問に答えていくだけで簡単に確定申告書が完成するので、一切迷うことがなく安心。 さらに、通常は有料ですが初めて利用する方のみ 30日間は無料で利用可能。 住宅ローン控除を受けるためには、建物を引き渡してもらった 翌年のみ確定申告をすればいいので、無料で使える「 」は、まさに神アプリです。 初めての確定申告で間違いなくできるか不安な方は、ぜひ「 」を使ってみてくださいね。 [jin-iconbox01]インターネットを利用して確定申告はできますが、この記事を書いている2019年3月時点では、「スマホ」による作成はほぼできませんので、パソコンで作成することをおすすめします。 そのため、これから作成する確定申告書類と一緒に提出する書類を先にそろえましょう。 源泉徴収票• 住宅所得資金に係る借入金の年末残高証明書(原本)• 住宅の売買契約書の写しや工事請負契約書の写し• 土地の売買契約書の写し• 住宅の登記事項証明書(原本)• 参考:国税庁HP 2 確定申告書をネットで作成 それでは、確定申告書をネットで実際に作成していきます。 下記画像を参考にしながら進めてみてください。 国税庁HPの「」にアクセスし、「確定申告書等作成コーナー」をクリック。 「作成開始」をクリック。 「印刷して書面提出する」をクリック。 「利用規約に同意して次へ」をクリック。 「所得税」をクリック。 「給与のみ」にチェック。 「給与の支払者(勤務先)は1か所のみである」と「年末調整済みである」にチェック。 「 特定増改築等 住宅借入金等特別控除」にチェック。 「源泉徴収票」を見ながら、画面の指示通りに入力。 すべて入力後、「給与所得の入力内容確認」画面が出てくるので間違いがなければ「次へ」をクリック。 「16歳未満の扶養親族に関する事項の入力」画面で、16歳未満の扶養している方がいる場合は入力。 「収入・所得金額の入力」画面が出てきますが、すでに入力されているはずなので「入力終了 次へ 」をクリック。 赤枠内「住宅借入金特別控除」欄の「入力する」をクリック。 当てはまるものを選択。 選択した内容によっては下記に入力欄が出てきます。 住宅や土地についての質問に「はい」または「いいえ」で答える。 翌年の年末調整で住宅ローン控除を受けるために必要で、税務署から証明書が送られてくるので勤務先に提出します。 必要書類と適用要件の確認。 住宅や土地の取得価格や面積などを入力。 年末残高証明書を見ながら入力します。 土地と住宅のそれぞれに年末残高証明書が届いている場合は、「住宅のみ」で一旦入力し、画面下部の「続けてもう1件」を選択して「土地等のみ」を入力します。 あなたの住宅がどの控除の適用を受けることができるのか確認し、画面下部の当てはまる控除にチェック。 入力した内容から計算した「控除額」がわかり、次に進むと「還付額」がわかります。 ここからは画面の指示に従い氏名・住所などを入力していき、「印刷する帳票の選択」画面で必要なものにチェック。 画像 以上で、パソコンを使ったネットでの入力作業は終了です。 3 印刷して最寄りの税務署の時間外収受箱に投函 確定申告書類の内容に間違いがないか確認後、印刷し「所在地の所轄の税務署」に提出します。 ご自宅にプリンターがない場合は、最寄りのコンビニで白黒なら1枚10円で簡単にできます。 紙のサイズはA4• 片面印刷 両面印刷は不可• 白黒またはカラーのどちらでも良い 1 で準備した「必要書類」は基本的には全て貼り付けて提出しますが、提出書類が多い場合は、A4白紙を用意して貼り付けます。 このとき、税務署の職員が確認しやすいように、キレイに貼り付けましょう。 また、税務署に提出する方法は3通り。 郵便又は信書便で送付(送料は各人の負担になります。 税務署の受付に持参• 最初の「確定申告」さえできれば、 その翌年からは勤務先が「年末調整」で住宅ローン控除の手続きをしてくれるので、ほとんど手間はかかりません。 初めての住宅ローン控除の「確定申告」に、この記事が少しでも参考になれば幸いです。

次の

住宅ローン控除の確定申告書の書き方マニュアル!記入例の見本も公開

住宅 ローン 控除 確定 申告 書き方

給与所得• 雑所得(公的年金等・その他)• 配当所得• 一時所得 公務員や会社員の方は、基本的に確定申告書Aを利用して住宅ローン控除の還付申告をします。 確定申告書B 画像をクリックすると拡大します。 確定申告書Bは、所得の種類にかかわらず、誰でも利用できる申告書です。 自営業やフリーランスなど個人事業主の方は、確定申告書Bを利用して住宅ローン控除の確定申告をします。 会社員であっても副業などの事業所得がある場合は、確定申告書Aに事業所得の項目がないため、確定申告書Bを利用することになるので注意しましょう。 確定申告に必要な書類 確定申告書に必要な書類は、 公務員や会社員など会社から給与をもらっている給与所得者とフリーランスや自営業などの個人事業主では、若干の違いがあります。 必要書類の入手方法 まずは、「 確定申告書」と住宅ローン控除額を求める「 (特定増改築等)住宅借入金等特別控除額の計算明細書」を入手します。 国税庁の「 」 国税庁の「 」 「住宅借入金等特別控除額の計算明細書」の書き方 画像をクリックすると拡大します。 確定申告書を書く前に作成しなければいけないのが、「住宅借入金等特別控除額の計算明細書」です。 住宅借入金等特別控除額の計算明細書とは 『 住宅ローン控除額を計算するための明細書』 のことで、住宅ローン控除を受ける場合に提出しなければいけない書類の1つです。 住宅借入金等特別控除額の計算明細書で求めた「住宅ローン控除額」を「 icon-arrow-circle-down 」しますので、 確定申告書を書く前に、住宅借入金等特別控除額の計算明細書を完成させましょう。 「住宅借入金等特別控除額の計算明細書」の書き方については 【 icon-book 】で詳しく解説していますので、ご確認ください。 確定申告書Aの書き方 住宅借入金等特別控除額の計算明細書で住宅ローン控除額を求めたら、確定申告書に記入していきます。 まずは、 公務員や会社員の方向けに、確定申告書Aの書き方を説明します。 個人事業主の方は、「 icon-arrow-circle-down 」へ読み進めてください。 確定申告書Aは、「第一表」と「第二表」の2枚で構成されており、それぞれに記入していきます。 基本的に源泉徴収票をもとに記入していきますので、源泉徴収票を準備しましょう。 提出先・提出日・年• 申告者情報• 「収入金額等」の給与• 「所得金額」の給与• 「税金の計算」の上の21に対する税額• 「税金の計算」の(特定増改築等)住宅借入金等特別控除• 「税金の計算」の差引所得税額(22-23-24-25-26-27-29-30-31)• 「税金の計算」の再差引所得税額(基準所得税額)(32-33)• 「税金の計算」の源泉徴収税額• 「税金の計算」の申告納税額[還付される税金](36-37-38)• 還付される税金の受取場所 確定申告書A(第一表)に記入する主な項目は、こちらの17項目です。 提出先・提出日・年 画像をクリックすると拡大します。 提出先 確定申告書の提出先は、 土地や家屋の所在地を管轄する府税事務所長です。 提出先には、「 所轄税事務所名」を書きます。 提出日 提出日には、確定申告書を提出する「 提出日」を書きます。 和暦の「令和」がすでに記載されていますので、和暦で書きましょう。 年 年には、前年分の「 年」を書きます。 申告者情報 画像をクリックすると拡大します。 「申告者情報」の項目には、以下の8つの欄があります。 住所(又は居所)• 個人番号• 氏名(フリガナ)• 世帯主の名前(世帯主との続柄)• 生年月日• 電話番号 住所(又は居所) 住所(又は居所)欄には、現在住んでいる「 郵便番号」「 住所」を書きます。 例えば令和01年分の確定申告書を提出する場合は、 「令和2年」が確定申告書を提出する年です。 住所(又は居所)欄の住所と同じであれば、 「同上」と記入しても問題ありません。 個人番号 個人番号欄には、申告者の「 マイナンバー(個人番号)」を書きます。 氏名(フリガナ) 氏名(フリガナ)欄には、申告者の「 フリガナ」と「 氏名」を書きます。 世帯主の名前(世帯主との続柄) 世帯主の名前(世帯主との続柄)欄には、「 世帯主の氏名」と「 世帯主との続柄」を書きます。 申告者と世帯主が同一人物の場合は、「本人」と書きます。 生年月日 生年月日欄には、「 元号に対応する数字」と「 2桁の年月日」を書きます。 「元号に対応する数字」は、以下に該当する数字を一番左に記載します。 明治・・・1• 大正・・・2• 昭和・・・3• 平成・・・4• 令和・・・5 例えば、昭和59年5月12日の場合は、「 3590512」と書きます。 連絡先区分は「自宅」「勤務先」「携帯」の3つで、固定電話の場合は、市外局番から記入します。 「収入金額等」の給与 画像をクリックすると拡大します。 公務員や会社員などの給与所得者の収入は「給与のみ」ですので、収入金額等の「ア:給与」には、 源泉徴収票の「支払金額」を転記します。 「所得金額」の給与 画像をクリックすると拡大します。 「区分」は、給与所得者の特定支出控除を受ける場合のみ記入しますので、 空欄のままで構いません。 (特定支出控除は一部の方のみ) 給与所得=給与収入-給与所得控除 給与所得控除は、1年間の給与収入額(年収)に応じて計算されます。 令和2年分以降は、給与所得控除額が以下のように変わりますので、令和2年分以降の方は、こちらの表を利用してください。 所得金額について知りたい方は 【 icon-book 】で、詳しく解説していますので、ご確認ください。 「所得金額」の合計 画像をクリックすると拡大します。 「所得から差し引かれる金額」の合計 画像をクリックすると拡大します。 「税金の計算」の課税される所得金額 画像をクリックすると拡大します。 4,920,000円-2,508,484円= 2,411,516円 端数処理で、千円未満は切り捨てられますので、「 2,411,000円」となります。 「税金の計算」の上の21に対する税額 画像をクリックすると拡大します。 税金の計算の「22:上の21に対する税額」には、以下の所得税の速算表から 課税される所得金額に対する税額を書きます。 源泉徴収税額 源泉徴収税額欄には、 源泉徴収票の「源泉徴収税額」を転記します。 源泉徴収税額の合計 源泉徴収税額の合計欄には、源泉徴収額の合計を書きますが、給与以外の所得がなければ、 源泉徴収票の「源泉徴収税額」を転記します。 住民税に関する事項 画像をクリックすると拡大します。 「住民税に関する事項」の項目には、「 16歳未満の扶養親族」欄があります。 もしも、子供など16歳未満の扶養親族がいる場合は、子供の「 氏名」「 続柄」「 生年月日」「 別居の場合の住所」「 個人番号(マイナンバー)」を書きます。 特例適用条文等 画像をクリックすると拡大します。 「特例適用条文等」には、「 居住開始年月日」を書きます。 住宅ローン控除の種類 もしも、以下の特例に該当する場合は、 居住開始年月日の頭部に記入します。 提出先・提出日・年・申告書名• 申告者情報• 収入金額等• 所得金額• 所得から差し引かれる金額• 「税金の計算」の課税される所得金額(9-25)と26に対する税額• 「税金の計算」の(特定増改築等)住宅借入金等特別控除• 「税金の計算」の差引所得税額(27-28-29-30-31-32-33-35-36-37)• 「税金の計算」の再差引所得税額(基準所得税額)(38-39)• 「税金の計算」の申告納税額(42-43-44)• 「税金の計算」の予定納税額(第1期分・第2期分)• 第3期分の税額(45-46)• 還付される税金の受取場所 確定申告書B(第一表)に記入する主な項目は、こちらの15項目です。 提出先・提出日・年・申告書名 画像をクリックすると拡大します。 提出先 確定申告書の提出先は、 土地や家屋の所在地を管轄する府税事務所長です。 提出先には、「 所轄税事務所名」を書きます。 提出日 提出日には、確定申告書を提出する「 提出日」を書きます。 和暦の「令和」がすでに記載されていますので、和暦で書きましょう。 年 年には、前年分の「 年」を書きます。 申告書名 申告書名には、「 確定」と書きます。 申告者情報 画像をクリックすると拡大します。 「申告者情報」の項目には、以下の11つの欄があります。 住所(又は居所)• 個人番号• 氏名(フリガナ)• 屋号・雅号• 世帯主の名前(世帯主との続柄)• 生年月日• 電話番号• 種類 住所(又は居所) 住所(又は居所)欄には、現在住んでいる「 郵便番号」「 住所」を書きます。 例えば令和01年分の確定申告書を提出する場合は、 「令和2年」が確定申告書を提出する年です。 住所(又は居所)欄の住所と同じであれば、 「同上」と記入しても問題ありません。 個人番号 個人番号欄には、申告者の「 マイナンバー(個人番号)」を書きます。 氏名(フリガナ) 氏名(フリガナ)欄には、申告者の「 フリガナ」と「 氏名」を書きます。 職業 職業欄には、申告者の「 職業」を書きます。 屋号・雅号 屋号・雅号欄には、事業に係る「 屋号・雅号名」を書きます。 世帯主の名前(世帯主との続柄) 世帯主の名前(世帯主との続柄)欄には、「 世帯主の氏名」と「 世帯主との続柄」を書きます。 申告者と世帯主が同一人物の場合は、「本人」と書きます。 生年月日 生年月日欄には、「 元号に対応する数字」と「 2桁の年月日」を書きます。 「元号に対応する数字」は、以下に該当する数字を一番左に記載します。 青色・・・青色申告者• 分離・・・申告書第三表(分離課税用)を使用する方• 国出・・・国外転出時課税制度の適用を受ける方• 損失・・・申告書第四表(損失申告書)を使用する方• 修正・・・一度確定申告したものの、修正で再度提出する方• 特農・・・農業所得の金額がその年の所得金額の70%かつ9月1日以降に得られる分が70%を超える方(特別農業所得者) 収入金額等 画像をクリックすると拡大します。 収入金額等には、 該当する項目の収入を書きます。 所得金額 画像をクリックすると拡大します。 所得金額には、収入から経費や青色申告特別控除額などを差し引いた 所得金額を書きます。 所得金額には、確定申告や所得税、住民税を計算するときに「課税総所得金額」「総所得金額」「総所得金額等」「合計所得金額」と似たような言葉がいくつもありますが、 それぞれ金額の内容に違いがあります。 所得金額について知りたい方は 【 icon-book 】で、詳しく解説していますので、ご確認ください。 所得から差し引かれる金額 画像をクリックすると拡大します。 所得から差し引かれる金額には、該当する項目の 控除額を書きます。 「税金の計算」の課税される所得金額と26に対する税額 画像をクリックすると拡大します。 4,920,000円-1,603,898円= 3,316,102円 端数処理で、千円未満は切り捨てられますので、「 3,316,000円」となります。 「税金の計算」の上の26に対する税額 税金の計算の「27:上の26に対する税額」には、以下の所得税の速算表から 課税される所得金額に対する税額を書きます。 「税金の計算」の(特定増改築等)住宅借入金等特別控除 画像をクリックすると拡大します。 税金の計算の「30:(特定増改築等)住宅借入金等特別控除」には、 住宅借入金等特別控除額の計算明細書で求めた「住宅ローン控除額」を転記します。 住宅ローン控除額の求め方については 【 icon-book 】で詳しく解説していますので、ご確認ください。 「税金の計算」の差引所得税額 画像をクリックすると拡大します。 税金の計算の「38:(特定増改築等)住宅借入金等特別控除」には、 「27:上の26に対する税額」の金額から28~33,35~37の金額を差し引いた金額を書きます。 税金の計算の「45:申告納税額」には、 「42:所得税及び復興特別所得税の額」の金額から「43:外国勢額控除」と「44:源泉徴収税額」の金額を差し引いた金額を書きます。 金額が黒字の場合は、100円未満を切り捨てますので、138,549円の場合は、「 138,500円」となります。 「税金の計算」の予定納税額(第1期分・第2期分) 画像をクリックすると拡大します。 税金の計算の「46:予定納税額(第1期分・第2期分)」には、税務署から通知された予定納税額の「 第1期分と第2期分の合計額」を書きます。 予定納税額は、実際に納めたかどうかにかかわらず、通知書に記載された金額を記入します。 特定取得と特別特定取得とは「特定取得」とは、住宅の購入費や建築費用に、8%または10%の消費税が含まれている住宅の取得のこと(個人から購入した住宅は消費税が含まれていないので特定取得に該当しない) 「特別特定取得」とは、住宅の購入費や建築費用に、10%の消費税が含まれている住宅の取得のこと まとめ ここまで、住宅ローン控除を受けるための「確定申告書A」「確定申告書B」それぞれの書き方や入手方法について、わかりやすく説明してきました。 公務員や会社員など給与所得者は、初年度のみ確定申告をすれば、2年目以降は年末調整で住宅ローン控除を受けられます。 個人事業主の場合は、毎年確定申告する必要がありますので、住宅ローン控除に関する記入項目をしっかり押さえておきましょう。

次の

【住宅ローン控除】確定申告のetax(ネット)でのやり方を初心者向けに解説!

住宅 ローン 控除 確定 申告 書き方

確定申告はなぜ必要?住宅ローン控除のメリット 住宅ローンを組んで家を建てたあと、なぜ確定申告をしなくてはならないのでしょうか? それは、住宅ローン控除を受けると、年末の住宅ローン残高に応じて支払った税金の一部戻るメリットがあるからです。 控除になるものはたくさんありますが、そのなかでも住宅ローン控除は多くの税金が却ってくるメリットがあるのでぜひ活用したいです。 まずはその家が控除の適用になっているか条件をチェックしてみてください。 住宅ローン控除に必要な確定申告は、いつどのような方法で行えばいいのでしょうか? 初年度は、会社員でも会社では行ってくれないので、税務署にて手続きを行います。 自営業者は二年目以降も確定申告時に同じ方法で申告しますが、会社員であれば年末調整で申告するだけでいいです。 ・源泉徴収票 ・住宅借入金等特別控除明細書 ・マイナンバー ・登記事項説明書 ・確定申告書 ・本人確認書 ・売買契約書(写し) 二年目以降 ・残高証明書 ・住宅ローン控除申告書 ・特定増改築等住宅借入金等特別控除申告書兼証明書 中古の場合は、上記の書類と合わせて住宅の性能を証明する書類が必要になります。 確定申告の申請時期は毎年3月15日までと決まっていますが、5年以内であればさかのぼって申告することが可能です。 会社員の場合で年末調整の期日に間に合わなかった場合、税務署で自ら確定申告をすれば、還付を受けることが可能です。 まとめ 住宅ローンを組んだときは、確定申告を行い住宅ローン控除が受けられるようにしましょう。 今回お伝えした確定申告の方法や必要書類を参考に、期日内までに手続きを済ませてくださいね。 とはいえ、これらの動きは不動産屋の営業がある程度理解し、サポートしてくれるものです。 途中でも書きましたが一番いけないのは、上にあるような条件を見て、そういった物件のみにターゲットを絞ってしまう事です。 ローン控除のための様々な方法や手段が公に存在しますから、気になる場合には営業に、「この物件は控除なんか使えますよね」と気軽にお尋ねください! この他にも不動産探しの豆知識、売却についてなど続々公開していますのでご覧ください。 seiken-re. 親身なご相談と、確かな不動産知識をお求めでしたら、是非弊社にお問い合わせください。 もちろん、強引な営業やしつこいお電話など一切行わない事をお約束いたします。 また、内覧や物件の有無だけでなく、不動産購入に関するご質問も承っておりますので、お気軽にご相談ください。 エリア 駅 市区町村選択 指定なし 相模原市緑区 相模原市中央区 相模原市南区 厚木市 大和市 座間市 愛甲郡愛川町 町田市 東金市 駅選択 指定なし 横浜線• 淵野辺• 相模原• 相原 相模線• 南橋本• 原当麻• 相武台下 東金線• 東金 東急田園都市線• 南町田グランベリーP• つきみ野• 中央林間 京王相模原線• 多摩境• 橋本 小田急小田原線• 相模大野• 小田急相模原• 相武台前• 海老名• 本厚木 小田急江ノ島線• 相模大野• 東林間• 中央林間• 南林間 相鉄本線• 海老名 価格 価格 指定なし ~1,000万円 ~1,500万円 ~2,000万円 ~2,500万円 ~3,000万円 ~3,500万円 ~4,000万円 ~4,500万円 ~5,000万円 ~6,000万円 ~7,000万円 ~8,000万円 ~9,000万円 ~10,000万円 上限なし 価格 指定なし ~500万円 ~1,000万円 ~1,500万円 ~2,000万円 ~2,500万円 ~3,000万円 ~3,500万円 ~4,000万円 ~4,500万円 ~5,000万円 ~6,000万円 ~7,000万円 ~8,000万円 ~9,000万円 ~10,000万円 上限なし 面積• 指定なし• 20㎡~• 25㎡~• 30㎡~• 35㎡~• 40㎡~• 50㎡~• 60㎡~• 70㎡~• 80㎡~• 90㎡~• 100㎡~• 120㎡~• 150㎡~• 180㎡~• 200㎡~• 250㎡~• 300㎡~.

次の