クラシック 音楽 モーツァルト。 クラシック音楽の曲名一覧

クラシック音楽謎解きミステリー 音楽探偵バッハの事件録file3 ~怪盗モーツァルトのたくらみ~|西宮市フレンテホール

クラシック 音楽 モーツァルト

ベネチア・クラシック・ラジオ。 主流のど真ん中にある人気のネット局で、バロックから古典派、ロマン派までが守備範囲。 イタリア音楽に偏った印象はない。 無人放送の楽曲垂れ流し。 選曲はもっぱら全曲単位。 分かりやすい内容に定評がある。 個人局ながら欧・米複数のサーバーで数千の同時接続を難なくこなす。 局名告知はあるが、広告は入らない。 アバカス・エフエム。 他局との差別化を図るためチャンネルを細分化したのが特徴。 放送形式はジュークボックス。 一時は多方面に手を広げたが、現在はクラシックと自然の音の7本を擁す。 チャンネルの統廃合を頻繁に行う反面、既存チャンネルの楽曲入れ替えはほぼない。 馴染みの定番曲ばかり聴きたい方にお勧め。 経由の配信は廃止。 ラジオ・スイス・クラシック。 無人放送の楽曲垂れ流しに類するが、ネットラジオと異なり、1曲毎に収録音声が曲名を読み上げる。 選曲が楽章単位だから音声の挿入度合いが大きい。 放送は独・仏・伊語に分かれる。 三者は微妙に時間がズレるものの曲目は同じ。 曲目は当日の一覧を全部示した上で現在放送中の楽曲をハイライトし、参照しやすい。 ロンド・クラシック。 は楽章単位の選曲で、ちょい聴き用。 は全曲単位の選曲で、音楽鑑賞向き。 両者の選曲対象は違わない。 は2014年に休止した個人局を再開したもので、室内楽とオペラ・アリアを中心とした軽めのクラシック。 試験運用のは継続性や安定性に課題がある。 本部はロンドン。 クラシック・エフエムは大衆音楽の専門局と同じ切り口でクラシック放送を再構築して一世を風靡したことで知られる。 クラヲタは敬遠しがちだが、十年一日なクラシック放送に新しい息吹を吹き込んだのは確かだ。 この局の追従者は世界各国にある。 日本のオッターバもその一つ。 MTV風のテレビはアクセス規制により英国限定になったようだ。 クラッシネンは文化放送のラジオ1から派生したデジタルラジオ。 収録音声が曲名を読み上げた後に音楽がかかるだけの単調な放送だが、長大楽曲中心で造詣の深い選曲は、ながら族を飽きさせず仕事の邪魔にもならず居心地がよい。 北欧らしく暗めの楽曲を好む傾向がある。 2014年からラジオ1の演奏会がクラッシネンでも聴けるようになった。 深夜放送は同じ。 サイコメド。 2011年末までギリシャ語かつ接続上限50件という規模で精神科医が個人的に運営していた。 2013年の再開では使用言語を英語に改め、「オーディオファイル」の名を冠して世界に打って出た。 高音質は喜ばしいが、自動リクエスト受付などの試みはなくなった。 放送形式はジュークボックス。 曲目はできる。 広告は入らない。 の加盟局。 当初はの配信番組を垂れ流すだけのデジタルラジオだった。 2011年に地元商業FM局WCRBを取得してクラシック局に転換、「クラシカル・ニューイングランド」なる愛称を与えて本格始動した。 2012年よりボストン響の演奏会チャンネルなども増設。 ホムペには放送音源を多数掲載しており、現在では米国局でもっとも充実した内容を誇る。 ワン・エフエム。 無人放送の楽曲垂れ流し。 もっぱら大家の小作品を全曲単位でかける。 曲目はできる。 接続した直後に所在国参照の広告が1本入り、以降は無広告? のようだ。 日本では日本語の広告が入る。 ホムペ閲覧は登録が必要。 チャンネル毎に音質が異なるのが妙な感じ。 クラシックとバロックの320kは抜群に音がよい。 クラシック・ラジオ。 本部はハンブルグ。 商業色の強い放送でニュースや生活情報の合間にラウンジ系の軽い楽曲を細切れに挟む。 日本のAM放送に近い。 一方、ネットラジオは定番チャンネル一式のほかに、この局が得意とするラウンジ系のチャンネルを多数取り揃える。 起動リンクの「全部」は本放送に接続するが、から全チャンネルに接続できる。 2007年に東京放送のデジタルラジオとして開局、英クラシック・エフエムに倣った新感覚の放送を目指した。 2014年に休止、音源の提供元であるの支援を受けて再出発を果たす。 進行役が入る番組が土曜を除く毎日4~5時間あり、他の時間帯は楽曲垂れ流しか再放送。 選曲は楽章単位またはサビの抜粋で、1曲あたりの演奏時間が短い。 ARD の地方放送団体。 本部はミュンヘン。 クラシックは地上波ラジオの一つで、1980年にドイツ初のクラシック専門局として放送を開始した。 欧州の伝統的な公共放送であり、進行役による楽曲紹介、音楽評論、演奏会 20時~ などの定番番組が定時ニュースを挟んで終日続く。 ARD配信のは本局の制作で、加盟各局が同時放送する。 「二長調」は文化放送のラジオ3から分離したクラシック専門のデジタルラジオ。 収録音声が曲名を読み上げた後に音楽がかかるだけの単調な放送でYLEクラッシネンに似るが、市販のCD音源だけでなく、チェコ放送が所蔵する演奏会音源も用いる。 選曲は全曲単位。 再生環境がない形式は自動でスキップする。 アリゾナ大学の非営利局。 本部はツーソン。 の加盟局でもっとも表記上の音質がよい。 全米公共放送は会員組合かつ制作会社であり、本局は存在しない。 ここは配信番組が多く、の有名番組に興味のある方に向いている。 現地20時 =演奏会の開始時刻 が日本の12時になるのも好都合。 昼休みに米欧一流どころの演奏会が楽しめる。 ラジオ・クラシック。 一見すると地上局のようだが電波は出していない。 国名を冠する本放送のほか多数のチャンネルを抱えるが、作曲家別チャンネル6本に希少価値がある。 内訳はビバルディ、モーツァルト、ベートーベン、シュトラウス ウインナワルツ 、ショパン、チャイコフスキー。 本放送以外は楽章単位のジュークボックス。 局名告知はあるが、広告は入らない。 以前のクラシック放送は地上波のP2、デジタルラジオのクラシスクおよびアレグロの3本立てだった。 デジタルラジオは2011年をもって廃止。 新生P2クラシスクは雑多な音楽をかけて焦点ボケしていた文化放送のP2にデジタルラジオのクラシック純化路線を継承させた形だ。 選曲はゲルマンの重厚長大寄りで日本人好み。 自社で収録した臨場感抜群の演奏会音源が多い。 ラジオ・チューン。 旧スカイ・エフエム。 ネットラジオの老舗で、多チャンネル、無人放送、楽曲垂れ流しというスタイルを広めた局の一つ。 は耳触りのよい軽めの楽曲を提供する。 は世界初の室内楽専門か。 は環境音楽の類い。 癒し系を求めている方にお勧め。 により音楽プレーヤーでは開けない。 30分制限もある。 ARD の地方放送団体。 本部はライプチヒ。 デジタルラジオのクラシックはもっぱら楽曲垂れ流し。 選曲対象には軽音楽や歌謡曲なども入る。 近年は同社アーカイブの再放送を始め、ネットラジオとの差別化を図る。 現地10~12時の演奏会が日本の夕方で聴きやすい。 ネット配信の「演奏会」は、同社収録の演奏会音源の垂れ流し。 時間割はない。 傘下にあるリン・レコードの宣伝を兼ねて3チャンネルを用意する。 クラシックでは至上の高音質で古楽からロマン派までの幅広い音楽が楽しめる。 放送形式はジュークボックス。 選曲は楽章単位またはそれ以下で細切れな印象。 音源はリン・レコードに限られる。 曲目はできる。 BBCは世界最大の放送会社で制作能力が高く、ラジオも抜かりない。 文化放送のラジオ3は、クラシック、オペラ、演劇 シェークスピア 、ジャズなどで番組を編成する。 有力番組は東欧・北欧中心に配信され、各国の放送局が現地語を被せて放送する。 やは中継局が多い。 番組表から過去30日間の放送音源 96k が例外なく全部聴けるのがうれしい。 本部はセントルイス。 2011年認可の新しい財団で、特にネットラジオを通した普及活動に力を入れる。 は2万1000曲以上の所蔵を誇るクラシック・オルガン と教会音楽 の集大成。 はバロック期のオルガン楽曲に特化した専門局。 後援者がしっかりしており、打ち上げ花火的な高音質局で終わらず、息の長い良質な運営が期待できそうだ。 以前はオランダ公共放送加盟のに番組を提供していたが、現在は袂を分かち独自路線を歩む。 この局は前衛や傍流に詳しい。 古楽、民族音楽から、クラシック、現代音楽、ジャズまでを守備範囲とし、玄人向けの濃い番組を制作する。 番組表から2006年9月来の放送音源が聴けて便利。 16本ある専門放送は過去番組を分野別に再編したもの。 本部はセントポール。 MPRは米国の二大公共放送網の一つ、の本局。 制作番組は全米各地の公共局に配信されるから、米国局を梯子するとあちこちで同じ番組に出くわす。 看板番組のや、などは放送を逃しても過去数回分が聴ける。 CD音源を無料配布する日替わりダウンロードは小品ながらうれしい企画。 バルトーク・ラジオはクラシックとジャズの専門局。 ネットラジオ黎明期にや、など世界の選りすぐりを世界最高音質で配信してクラヲタの絶大な支持を集めた。 2010年に高音質配信を終了して人気離散。 2017年の再開は喜ばしい。 番組表から過去の放送音源が聴けるが、こちらは音質も操作性もよくない。 本部はロサンゼルス。 純粋な音楽専門局で、朝の時間帯でもニュースなどが入らない。 選曲は中世から現代音楽まで幅広く、概ね中庸を得ている。 2008年に独自放送網を解消し、全米公共放送に合流した。 多少配信番組が加わったが、独自色は失っていない。 米デジタル著作権法を理由とした配信規制があり、一部番組は接続を拒否される。 本部はケルン。 地上波ラジオの3チャンネルは文化放送であってクラシック専門局ではない。 平日のクラシック番組は 0~6時 、クラシックフォーラム 9~12時 、演奏会 20~22時 の三つ。 それでも紹介するのは、この局が ARD の地方放送団体としては突出した高音質だからだ。 ARDの制作番組を高音質で聴きたいなら、この局一択になる。 NRKクラッシスクは1995年に開局した世界初のデジタル放送局として知られる。 巨大CDジュークボックスを構築して無人放送を始めた最初の局でもある。 現在は現地6~11時に有人放送があり、19時から3時間が演奏会枠。 その他はもっぱら楽曲垂れ流しで、深夜放送はP2と同じ。 毎時3~5分のニュースが煩わしい。 北欧局の選曲は日本人好みではある。 ラジオ・クラシック。 本部はパリ。 音楽のほか政治・経済のニュースを扱う。 民放なのに硬派な番組制作に好感が持てるが、フランス局らしく口数が多く、広告の押し出しも強いとなれば、ながら聴きには向かない。 深夜 日本の午前中 は無人放送で聞きやすい。 仏語で時事ニュースや音楽情報を仕入れたい方にはがうれしい。 ソ連崩壊により ソビエト放送の音楽部門を改組。 傘下のFM局ラジオ・オルフェウスは「芸術音楽」を担当する。 内容は娯楽向きではなく教育寄り。 目当てのロシア音楽は存分に聴ける。 モスクワの演奏会の様子は連日20時から。 西側の放送局にはない選曲が魅力だが、東側品質の放送設備が悩みの種。 放送時間は6時~24時の18時間。 24時間放送に。 ラジオ・クラシック・シュテファン寺院。 局名は当地を代表する歴史的建造物に因む。 音楽の都ウィーンには公共放送を含め10以上のラジオ局があるが、クラシック専門局は意外にもここだけだ。 商業局らしく軽めのクラシックを楽章単位に細切れにして放送する時間帯が長いが、夜間は長大楽曲がかかるし、日曜はコンツェルトハウスの演奏会やシュテファン寺院のミサが聴ける。 フランス・ムジークはクラシックとジャズの専門局。 ゲルマンの重厚長大に偏らないクラシックが楽しめる。 欧州局は全般に口数が多いが、この局は特におしゃべりだ。 音楽が望みなら番組表にある過去の放送音源から演奏会や特集番組を選んで聴こう。 ネットラジオ7本はCD音源のジュークボックス。 「演奏会」のみ自社音源だが、番組の再放送ではなく1作品単位の連続再生になる。 以前は「トップ40クラシック」と呼ばれるほどレパートリーが狭く、生活情報や広告の合間に定番曲の断片を細切れに挟む賑やかな商業局だった。 2011年にが取得して地元の非営利団体に運営を委ねてからは、よくある保守系のクラシック局となる。 のラジオホームで、火曜20時から演奏会。 看板番組や深夜番組はKUSCが配信する。 旧クラシカル102。 ライバル局がバロック~古典派寄りなのに対し、この局はロマン派中心に、歌劇抜粋や映画音楽を織り交ぜる。 派手な楽曲が多く、ちょい聴きにはよい感じだ。 長時間聴き続けるのはしんどいか。 音圧もかなり高い。 放送形式はジュークボックス。 選曲はもっぱら楽章単位。 開局来の英語利用を打ち切り、完全なドイツ語局に。 FM放送はクラシック、オペラ、ジャスの演奏会音源を中心に番組編成する。 米国局ほど無口ではなく、欧州局ほど口やかましくない。 NHK-FMをクラシック専門局にした感じに近い。 は過去半年分が聴ける。 ネットラジオは楽章単位の楽曲垂れ流し。 豪州演奏家に特化した内容ながら演奏家名は分からない。 クラシック・エフエム。 本部はアムステルダム郊外のバッセム。 元々はFM局だが、免許更新ならず全国有線放送網とインターネットで放送を継続する。 同名の英国局に倣った放送局。 ロゴも同じながら姉妹局ではない。 耳触りのよい軽めのクラシックを楽章単位に細切れにして提供する。 ネット配信の「歌劇」「映画音楽」「チルアウト」は特徴に乏しいが、「全部」から接続できる。 民放各局が参加するのNHK版。 地上波の第一、第二、FM放送が楽しめる。 放送対象地域は日本国内。 NHK提供の専用プレーヤー経由でのみ聴取できる。 以前は放送ファイルに直リンクすることでアクセス規制から逃れられたが、現在はIPアドレスによる居住地判定が避けられない。 音が出ない場合はを更新しよう。 の加盟局。 本部は人口2万の町コルチェスター。 VPRは米国の典型的な地方局だ。 朝夕はニュース。 昼下がりや深夜は自社進行役が気だるくCD音源を紹介してやり過ごす。 看板番組はの配信番組に頼る。 19時~22時にWFMT配信のと演奏会中継が続けて聴ける。 十年一日な放送をマンネリと取るか安らぎと取るかは人それぞれ。 WFMTラジオ網の本局。 全米各地の有名楽団の演奏会番組や、大人気のなどを制作。 地方局はゴールデンタイムに花形番組として組み込むことが多い。 ネットラジオには有料配信で参入したが、2008年の見直しで無料開放。 しかし開放後も冗長な開始音声や低品質な音源に不満が募った。 このほどAACが128kになり、ようやく並みの音質で楽しめる。 田舎の小さな独立局。 ほのぼのしたリクエスト番組などが楽しめる。 本来は世界が知るところになる放送局ではないが、1998年に他局に先駆けネット配信を始めて一躍有名になった。 ネット局としては老舗中の老舗だ。 ここ数年は世界中の大放送局がネットに参入して旗色が悪い。 高音質化には関心がないようだ。 ラジオ・ピラミーダ。 2009年のデジタル放送開始により開局。 当初は「 ラジオ・クラシカ」というクラシック局。 2016年の放送90周年の際に同社アーカイブ局として再編された。 局名はピラミッドの意で、の形に因む。 放送は5分野の2時間番組を1日2回転させる。 毎日同じ番組が巡ってくる。 番組は2週間毎に入れ替える。 WNYCは経営不振のニューヨーク・タイムズから老舗商業局を取得して、ラジオを総合放送のWNYC、クラシックのWQXR、前衛音楽のQ2に再編した。 WQXRはアメリカの伝統的音楽観に基づいた保守的な放送。 一日の大半を黙して音楽鑑賞に徹する。 Q2は「500年間の新音楽」を掲げて古典から現代音楽まで幅広く紹介する。 当地発祥のミニマル音楽に強い。 オランダの公共放送は放送局と制作会社が分離しているのが特徴。 ラジオ4ではクラシック放送という方針に則って、、、など7社が番組を提供する。 制作会社にはそれぞれ得意分野があり、慣れれば会社名で番組内容の見当がつく。 番組表は1年前から6か月先までが網羅され、放送済み番組は一覧表から聴取できる。 公共放送のFM局だが、雑多な内容ではなくクラシックとジャズに特化した番組編成となっている。 同国の音楽事情を目当てに聴くのもいいが、ここは土曜にを組むなど、音楽好きが集まって番組を作っている感じがいい。 日本の夕方の時間帯は、米国は深夜、欧州は午前で面白い番組がないが、ニュージーランドでは演奏会が始まる。 本部はメルボルン。 ABCのクラシック番組削減に失望した有志らが長年ロビー活動して開局させた。 各地にある、、も同類。 豪州局は配信番組に頼らずそれぞれが手作りで番組制作し、地域放送の模範のような存在だ。 最近始めたデジタル放送は繁忙時に別の番組や再放送が入るが、大半は同じ。 旧2MBS。 本部はシドニー。 英語でいう「ファイン・ミュージック」は、クラシック、ジャズ、現代音楽からなる芸術音楽を指す。 この局は20世紀以降の新音楽を好む傾向が強く、日本でいう「クラシック」の範囲を大きく逸脱する。 最近は明らかに畑違いの音楽がデジタル放送に移動しているようだ。 2011年来の高音質配信は終了。 スカンジナビアの公共放送は英国が手本だからBBCと比較されることが多い。 P2はBBCラジオ3相当。 終日クラシック放送ではないが、高音質の放送音源 192k が番組表から選んで聴けるため通に好まれる。 が特にお勧め。 デジタルラジオのはネット配信を中止か。 ホームページに放送リンクはなく、代わりにオンディマンド音源の一覧がある。 2020-01-13 P2 192k P2 192k クラシック 192k• 起動リンクには注記があるものがある。 リンクにポインタを当てれば内容を表示する パソコン限定。 起動リンクを押して音楽プレーヤーが動作しない場合はを参照されたい。 ウインドウズ・メディアプレーヤーでチャンネル一覧を表示するには、プレイビュー内の任意の場所を右クリックして「リストの表示」を押す。 を参照されたい。 ウインドウズ10のインターネットエクスプローラー11で Media リンクを押すとエラーになる場合はを参照されたい。 評価欄で日本時間に言及する場合は現地標準時を参照する。 放送局の評価方法や掲載順位に関しては、を参照されたい。

次の

クラシック音楽の曲名一覧

クラシック 音楽 モーツァルト

項目 データ 作品名 アイネ・クライネ・ナハトムジーク 作曲 1787年8月10日完成 「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」は数あるモーツァルトの名曲の中でも最も有名な曲の一つです。 おそらく誰もが聴いたことのある曲だと思います。 モーツァルトが作曲した最後のセレナードで、31歳のときの作品です。 東京在住の方は、東武東上線池袋駅のホームでも聴くことが出来ます。 余りにも数多くのテレビ・CMなどのメディアで取り上げられている為、数えるときりがありません。 ここではモーツァルトの「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」の解説と名盤を紹介したいと思います。 525は、モーツァルトが作曲したセレナードのひとつです。 これはドイツ語で、それぞれ「Eine=冠詞(英語でいうa)」「kleine=小さい」「Nacht=夜」「Musik=音楽」という意味です。 つまり、日本語では「小さな夜の曲」という意味です。 このタイトルは、モーツァルト自身が自作の目録に書き付けたものでした。 また「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」は「セレナード第13番」と呼ばれることもあります。 13番目に作られたセレナードということですね。 セレナードは娯楽音楽ですので何かのために作曲された曲だと推測されますが、詳しい資料は今のところ見つかっていません。 モーツァルトが演奏規模を指定していないため、弦楽合奏だけでなく弦楽五重奏で演奏されることもあります。 「フィガロの結婚」「ドン・ジョヴァンニ」と同時期の作品 「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」は1787年に作曲された作品で、父レオポルトが亡くなった2か月後に作曲されました。 これはモーツァルトの代表的オペラ「ドン・ジョヴァンニ」の第2幕の作曲をしていた時期と重なります。 また前年の1786年には「フィガロの結婚」が大ヒットしています。 「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」はモーツァルトが乗りに乗っていた時期に作曲された曲なのです。 モーツァルトの死後に発見 モーツァルトの曲の多くは生前から多大な人気を誇っていますが、この曲はそうではありません。 モーツァルトが亡くなって36年後に、初めてこの曲は出版されました。 「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」は5楽章の作品ですが、第2楽章が見つかっておらず4楽章で現在は構成されています。 曲の構成 20分弱の演奏時間で、上記の通り一般的に4楽章で構成されています。 「バーカ バーカ エヘン虫、バーカ バーカ エヘン虫」のCMの曲を思う出す方も多いと思います。 映画「アマデウス」を思い出す方もいるかもしれません。 第2主題に移ると音楽は雰囲気を少し変え、優美さが増します。 展開部では一度調が短調になりますが、最後は長調にかわります。 再現部では最初のト長調に戻り、短いコーダの後に力強く第1楽章は終わります。 中間部では少し不安で緊張感のある音楽に変化します。 転調などを重ねた後に、最後は第1主題が奏でられて穏やかに第2楽章は終わります。 第2楽章は親しみがあり、そして優しさに溢れた音楽で満ち溢れています。 また第2楽章には、フランスの古典舞曲であるガヴォット(gavotte)のリズムが取り入れられているとも言われています。 中間部では対照的に柔らかな流れる音楽に変わります。 最初のメヌエットが再び登場し第3楽章は終わります。 音楽は軽やかな第1主題ではじまり、これは第1楽章第1主題を彷彿させます。 同じト長調がそう感じさせるのかもせれません。 最後は少し長めのコーダが演奏され力強く作品を締めます。 アイネ・クライネ・ナハトムジークの名盤 名盤として名高いこのCDが、価格が安くなって再発売されています。 まさに「お得なCD」だと思います。 ベームが80歳代を過ぎたころの晩年の録音です。 ウィーン・フィルの「アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク」だけでなくベルリン・フィルの「ポスト・ホルン」の演奏も名演です。 「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」はテンポは抑えめで演奏されてはいます。 その中でベームの指揮とウィーン・フィルの演奏が相乗効果を生み出し、心の躍るような楽しい演奏を聴かせてくれます。 「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」の1枚目のCDとしてもオススメできるCDです。 1992年9月、岡谷での録音です。 毎年夏に開催されるセイジ・オザワ・松本フェスティバル(旧サイトウ・キネン・フェスティバル松本)では、このタッグを聴きに来ようと全国から音楽ファンが集まります。 同楽団は、バッハの宗教曲やモーツァルトの交響曲の演奏をオリジナル楽器でおこなっていることでも有名です。 小編成のオリジナル楽器のオーケストラの澄んだ軽やかな演奏が楽しめます。

次の

【クラシック音楽】モーツァルトのおすすめ名曲10選!ピアノ協奏曲、交響曲から独奏曲まで | VOKKA [ヴォッカ]

クラシック 音楽 モーツァルト

モーツアルトの三大交響曲の一つ、交響曲第39番。 モーツアルトの三大交響曲は第39番、第40番、第41番であり、すべてモーツアルトが晩年に描いた作品です。 この第39番は第1楽章(Adagio;Allegro)第2楽章(Andante con mote)第3楽章(Menuetto Allegretto)第4楽章(Allegro)からなっています。 この交響曲はこの時代には珍しく、オーボエではなくクラリネットが使われています。 倍音豊かなオーボエでなく、音色柔らかなクラリネットが使われるのは、この時代ではかなり新しい試みと言えます。 そうにもかかわらず、この交響曲はかなり洗練されており、三大交響曲の名にふさわしい交響曲と言えるでしょう。 この「すみれ」はモーツアルトが作曲した歌曲の中で最も有名なものの一つです。 歌詞はゲーテの詩であり、モーツアルトが唯一作曲したゲーテ作品です。 すみれが野原に人知れず頭を垂れていた。 かわいらしいすみれだった! そこへ若い羊飼いの娘が、足取りも軽く、心も軽く、やってきた。 野原の道を歌いながら。 すみれは思った。 ああこの世で一番きれいな花になりたいと。 ああもうすぐだ。 あのいとしい人が僕を摘んで胸にそっと押し当てるぞ! ああ、ほんの、ああ、ほんの15分ほどでいいんだ。 少女はきたが、すみれに気づかずに近寄って、 可哀相にすみれを踏んでしまった。 すみれは倒れて死んだが、嬉しかった。 僕は死ぬけれど、でも死ぬのは、あの人の、あの人のお陰。 あの人の足もとで死ねるのだ。

次の