犬鳴峠 事件。 【都市伝説】犬鳴村の噂はどこからやってきたのか?考察【心霊スポット】

犬鳴峠

犬鳴峠 事件

犬鳴峠(いぬなきとうげ)リンチ焼殺事件【怪異談】 1988年12月7日の昼、犬鳴峠で福岡県田川郡方城町伊方の工員・Uさん(20)が焼死体で発見されました。 警察は田川地区の少年グループ5人(16~19歳)がUさんにガソリンをかけて焼き殺したと断定、殺人と監禁容疑で逮捕しました。 Uさんは親孝行な青年だったそうです。 事件発生時、Uさんは仕事を終えて帰路についたところでした…… 事の発端は、たまたま信号で停まっていた車に乗っていたUさんにヤンキーたちが 「女を送るのにカッコつかんから車貸せ」 と言い出したことでした。 それを断ったUさんを、ヤンキーたちは暴行、拉致して連れ回し、更に暴行しました。 見張りのヤンキーの隙を見て逃げ出したUさんは、傷ついた体で歩いて家を目指しました。 しかし、通りすがりの車に助けを求めなかったUさんは、追ってきたヤンキーたちに再び拉致されてしまいます。 激怒したヤンキーたちは、Uさんを苅田港へ突き落とそうとしましたが、Uさんは死にたくない一心でフェンスにしがみつき、必死に暴行を耐えました。 その姿を見てさすがに憐憫の情が湧いたのか、それとも恐ろしくなったのか、 「もうよそう」と一人が言い出しましたが、主犯の男は犯行が発覚することを恐れ、 「俺たちは共犯だからな」 と仲間を脅してUさんを殺すことを決意します。 Uさんは車のトランクに押し込められ、クランクやレンチなどの工具で暴行を受けました。 ヤンキーたちは、最初は力丸ダムにUさんを沈めようとしましたが、死体が浮いたらばれるので、焼き殺して身元をわからなくしようと、ひと気のない廃道の旧犬鳴トンネルへと向かいました。 旧トンネルに着き、ガソリン(バイクがガス欠になったと嘘を言ってガソリンスタンドからペットボトルに入れて調達)を頭からかけられてUさんは恐怖で悲鳴をあげ、それは不気味な旧トンネルに大きく響き渡りました。 この事件が起こるよりもずっと以前から、この旧トンネルには怨霊にまつわる多くの話があります。 それもあってか、ヤンキーたちが一瞬ひるんだ隙にUさんは旧トンネルを走り抜け、雑木林に逃げ込みました。 ヤンキーらは「何もしないから出てこい。 嘘じゃないから」と呼びかけます。 普通なら、ここまで暴行されて信じるはずがありません。 しかし、Uさんはそれを信じて姿を現してしまいました…… ヤンキーたちは、三度Uさんを捕まえ、口に破った服をねじ込み、手足を縛って石で頭を何度も殴りつけました。 その血しぶきはガードレールにまで飛び散ったと言われています。 それでも死ねず命乞いするUさんに、ヤンキーたちは更にガソリンをかけ、火を放ちます。 Uさんは助けを求めてもがき、激しくのたうちまわりました。 ガードレールには焼けこげた衣服などがこびりついていたと言います。 Uさんは苦しみに狂乱してトンネルの入り口まで走って逃げ出しますが、そこで力尽きて倒れてしまいました。 ヤンキーらは一旦そこを立ち去りますがUさんが死んだかどうかを確かめに戻っており、三回目でようやく動かなくなったのを見届けて福岡市内へ戻ったのだそうです。 その後、ヤンキーたちは飲み屋で 「さっき人ば焼き殺した!」と、ご機嫌に言い放ったのだとか。 Uさんの死因は頭からの出血ということでした。 失血死するまで生きたまま体を焼かれるという想像を絶する痛みと苦しみを受け続けたのです。 翌日昼、Uさんの遺体は発見され、その後ヤンキーたちは逮捕されました。 1991年3月8日、福岡地裁で行われた控訴審判決において、主犯(21、犯行当時19。 福岡県田川郡の露天商手伝い)の男は一審で無期懲役を言い渡され、「確定的な殺意はなく、量刑は重過ぎる」と減刑を求めて控訴しましたが、前田一昭裁判長は「犯行は他に類例を見ないほど残虐。 被告はその中心的な役割を果たしており、責任は重い」としてそれを棄却、他のメンバーも有罪となりました。 (了).

次の

【心霊スポット】犬鳴峠(旧犬鳴トンネル)の事件や事故、行き方まとめ

犬鳴峠 事件

入口を完全に封鎖しないためか、不自然に上部を空けて積まれたブロック石、その石に雑な文字で書かれたいたずら書き、鬱蒼 うっそう と生い茂る草木、そしてどこへ続いているのか一切不明な漆黒の闇が広がる内部…。 このトンネルの写真を見ているだけで、なんだか陰鬱な気持ちになってこないだろうか。 霊感が強い臨床心理士の奏 三吉彩花 の周りで奇妙な出来事が次々に起こり始め、知人の女性がおかしくなり、奏の兄弟も失踪してしまう。 さらに、恐るおそる石の隙間からトンネル内部をのぞいてみると、ペットボトルやハンガーといった様々なゴミが散乱する無法地帯に。 反対側も完全に石で塞がれているらしく、この先に村があるとは考えられないが…。 こ、これは有名な電話ボックス! ダムの底に沈んだ村の歴史が、都市伝説を生みだしたのかもしれない 白いセダンに乗った若いカップルがおもしろ半分で村に入り惨殺されたという都市伝説も 旧犬鳴トンネルの内部は多数のゴミが捨てられている さらに奇妙なことに、トンネル付近数百メートルのみ各携帯会社の電波が圏外となり電波が遮断されるのだ。 トンネル入り口にはなぜか折れ曲がったガードレールがそのまま放置され、使われなくなった家電も山中の至る所に投棄されている。 そして、犬鳴峠の山道には「自己責任で」という文字が書かれた不安感をあおる案内板も…。 昼間でも薄暗く、周りの空気が止まったような独特の静寂さをたたえる旧犬鳴トンネル一帯だが、夜はまた格別。 そこにいるだけで冷や汗が出はじめ、背筋にも寒気が。 とにかく、一刻も早くこの場から離れたいという気持ちを抑えられなかった。 なぜこんなところに折れ曲がったガードレールが… 道案内には「自己責任で」の文字が… 村の入り口には「この先、日本国憲法は適用しません」という看板があるとか 我々Movie Walker編集部は無事に帰ることに成功したが、さすが日本でも屈指の心霊スポットと言われる場所だけあって、その雰囲気は独特。 それ以上に、厳しい山道をかき分けて進む必要があり、崖が崩れている部分もあるため、安全上はもちろんお勧めできない。 映画『犬鳴村』は精巧に再現されたトンネルのセットを使用して撮影されているので、清水監督の演出と相まって恐怖感も本物をしのぐほど。 読者の方々は、映画館で旧犬鳴トンネルと対面を果たしてほしい。

次の

封鎖された犬鳴峠と最恐心霊スポットと噂される旧犬鳴トンネルの真実について

犬鳴峠 事件

Jホラー・マエストロこと清水崇監督のガチ怖最新作が登場! 日本最大最恐の心霊スポットといえば、北九州の犬鳴峠。 そこには実際に殺人事件現場となった旧犬鳴トンネルがあり、「トンネル内で幽霊を見た」「遊び半分で行った友達が帰り道に事故死した」などの、トンネル系スポットでは定番のいわくが盛り沢山。 さらに付随する都市伝説がこれまた強烈なもので、犬鳴峠周辺には<犬鳴村>という地図上には存在しない村があり、村の入り口には「この先、日本国憲法通じず」という物騒極まりない立て看板。 それを無視して一歩でも足を踏み入れると、村人に襲われる……なんてものも。 そんな怖い怖い諸々を基に、1本の映画が誕生した。 その名もズバリ『犬鳴村』(2019年)。 監督はJホラー・マエストロの1人、清水崇。 これはただごとで済むはずはない。 土地の持つ暗い過去、そしてそこから生まれ受け継がれていく血にまつわる因果。 絶対に逃れることができない「地」と「血」の関係は、横溝正史が描く世界のようで観賞後もしばらくねっとりとまとわりつく。 「俺、見えるんですよ! お化けの見える方法を教えてあげます!! 」 ところで唐突だけど、ぼくは 『怪談新耳袋 殴り込み!』という心霊スポット突撃DVDシリーズ(2008年~)でギンティ小林たちと旧犬鳴トンネルに行ったことがある(実はこの作品には清水崇監督も出演している。 が、諸事情で犬鳴トンネルには同行していない)。 2008年のことだ。 トンネルに着くと、そのあまりの威圧感に圧倒された。 長年、世間から「怖い」と言われ続ければ、たとえ指先ほどの石ころでも勝手に迫力つくでしょうよ……。 それが 殺人事件もあったようなトンネルなら、なおさらのこと。 しかも、「閉鎖されたトンネル」ということだが、劇中と同様に上部だけは口が開いていて、壁となっている積み重ねられた巨大ブロックをよじのぼれば中に入ることができる。 さらにいうと、巨大ブロックには隙間があって、 少しだけ中の様子を覗くこともできる。 これがなんとも怖い。 犬鳴式降霊術を試すのは、ぼくとギンティ小林。 ぼくらは身体にバイブ機能が搭載された人造人間か? というほど小刻みにブルブル震えながら、旧犬鳴トンネルに足を踏み入れた。 外では体験できない濃い暗闇に飲み込まれそうになる。 心の中では、なぜだか 「ごめんなさい!」と誰かに土下座しっぱなしだ。 そして、ぼくらの息遣い、足音と衣擦れ、そして天井からしたたり落ちる水滴、通り抜ける風、すべての音が不気味で壮大なハーモニーを奏でまくった。 「このトンネル、ダイナマイトでいますぐ爆破してやりたい」 そんな物騒なことを思った。 といっても、両腕をピーンと伸ばして人差し指をひょいと指すだけなのだけど、これがどういうわけか 絶対にやっちゃいけない気がしてくる。 一度そう思うと妄想にブーストがかかり、ついには 「やったら死ぬんじゃないか?」とすら思えてくる。 青年から話を聞いていた時の半笑い状態だった自分を半殺しにしてやりたい。 しかし、ここまで来て何もやらずに帰るのもしゃくだった。 意を決したぼくらは、犬鳴式降霊術を開始した……。 結果としては大成功。 降霊術中にギンティ小林が何者かに背中を撫でられるという怪異ではじまり、「ギャーギャー」と喚くぼくらのすぐそばで、 「ここで喋ってるんじゃない!」という謎のお叱りボイスまで記録できた。 すごいぞ犬鳴式降霊術! しかし、トンネルを出ると教えてくれた青年はいなくなっていた。

次の