アイフォン 11 違い。 iPhone 11シリーズは買いか? 待ちか? どれを狙うか?

どっちを選ぶ?iPhone 11とiPhone 11 Proの違いを比較。おすすめポイントを紹介

アイフォン 11 違い

iPhone 11とiPhone 11 Proシリーズ 今年のiPhoneは昨年同様に2ラインナップだが、iPhone 11を標準モデルとし、iPhone 11 Proが名前の通りプロ仕様と位置づけられた。 2つのモデルの違いを見て、Appleの意図を考察してみます。 ディスプレイ 両モデルのもっとも大きな違いのひとつがディスプレイだ。 iPhone 11は液晶で6. 1インチ、iPhone 11 ProはOLED5. 8インチ。 iPhone 11 Proは、Super Retina XDRディスプレイと呼ばれる新しいディスプレイで、太陽光の下でくっきりと再現できるらしい。 解像度・コントラスト・輝度ともiPhone 11 Proのほうが上だ。 ディスプレイの大きさはiPhone 11の方が大きいが、体感的にはそれほど大きな差はない。 OLEDディスプレイ搭載のiPhone X・iPhone XSのユーザーの中には、液晶へ買い換えるのに抵抗がある人も多いだろう。 2モデルを比較しないと違いがわからないので、価格差を考えたらiPhone 11を選ぶのも現実的な選択だと思う。 デザイン iPhone 11のフレームはアルミニウムだが、iPhone 11 Proはステンレススチール。 iPhone 11 Proは、iPhone XSと異なりつや消しに変わった。 背面はiPhone 11が光沢のあるガラスで、iPhone 11 Proはすりガラスみたいな材質だ。 見た目は異なるが、ガラスの素材は一緒。 どちらのモデルも、かなり割れづらいガラスに変わっているそうだ。 カメラ 見た目でわかるとおり、カメラの数が異なる。 iPhone 11 Proは望遠レンズを搭載している。 その他の2つのカメラの機能は一緒。 iPhone 11 Proはプロレベルのポートレート機能が使えて、ズームインして遠くにある被写体の撮影もできる。 間違いやすいのは、iPhone X・iPhone XSの2レンズは広角と望遠の組み合わせだったので、iPhone 11の2レンズとは性格が異なる。 iPhone X・iPhone XSからiPhone 11に買い換えると、2倍の光学ズームがなくなることになる。 バッテリー駆動時間 バッテリー駆動時間が異なる。 iPhone 11 ProはiPhone XSより大幅に伸びて、最大18時間のビデオ再生ができるようになった。 最大17時間のiPhone 11よりもバッテリーが長く保つようになった。 新しいチップ「A13 Bionic」の効果でバッテリー駆動時間が延びたと言われるが、iPhone 11はそんなに延びていない。 iPhone 11 ProはiPhone 11よりは14g重いので、バッテリーが増量されたと思われる。 分解レポートがでてこないとわからないが、3D Touchが廃止されたスペースをバッテリーで埋めたのかもしれない。 防水性能 防水性能はiPhone 11 Proが高く、深い水中に耐えることができる。 一般の人にはまったく関係ないだろうが。 差が出る理由は、よくわからない。 iPhone XRは1m、iPhone XSは2mだったので、それぞれ2倍になった。 アルミニウムとステンレススチールの違いが影響しているのか。 容量 iPhone 11は128GB が選べて、iPhone 11 Proは512GBが選べる。 個人的には128GBがちょうどよく、256GBは多すぎる。 ストリーミングサービス全盛なので、デバイスに多くのコンテンツを保存する必要がなくなったからだ。 iPhone 11 Proにも128GBの設定がほしいところ。 サイズ iPhone 11はiPhone 11 Proより一回り大きい。 幅は4. 3mm異なり、iPhone 11は片手で使うのはかなりきつい。 片手操作を好む人はiPhone 11 Proの方が良い。 iPhone 11 ProはiPhone XSより厚く重くなり、iPhone 11とiPhone 11 Proの差は縮まった。 バッテリー容量が増えた影響だと思われる。 電源アダプタ iPhone 11 Proには、iPhone史上初のUSB-C - Lightningケーブルと18W USB-C電源アダプタが付属する。 iPhone 11は今まで通りのケーブルとアダプタが付属する。 iPad Proと同様に、iPad 11 ProはUSB-Cコネクタになると思われたが、iPhone本体はLightningのまま。 高速充電ができるようにケーブルとアダプタだけがUSB-C仕様になった。 このケーブルと電源アダプタを使うと、30分で50%充電できる。 カラバリ iPhone 11は6色展開、iPhone 11 Proは4色から選べる。 iPhone XRからiPhone 11は2色が入れ替わり、iPhone 11 Proはミッドナイトグリーンが追加された。 iPhoneの「標準モデル」が3色以上のカラーが用意されたのも、上位版が4色展開になったの初めてのことだ。 価格 価格はiPhone 11の方が32,000円安い。 30%の価格差はかなり大きく、iPhone 11はiPhone XRより値下げされている。 この差は64GBの価格差だ。 64GBで足りない人は、その上の容量のモデルを選ぶ必要があるが、iPhone 11は128GBで79,800円が選べるが、iPhone 11 Proは256GBしか選べない。 128GBのiPhone 11と256GBのiPhone 11 Proの価格差は43,000円と広がる。 iPhone 11の価格表• iPhone 11 Proの価格表 10の違い iPhone 11とiPhone 11 Proの違う点は10つ。 一番大きな違いは、カメラとディスプレイだろう。 写真撮影の機会がどれだけあるか、液晶ディスプレイを許容できるかによって、決めて良いと思う。 容量が64GBで不足だと、iPhone 11とiPhone 11 Proの価格差は43,000円とかなり大きい。 一般の人はiPhone 11を選んでも困ることないだろう。

次の

【比較】iPhone 11/11 Pro/11 Pro Maxの違いを徹底解説!どの機種がおすすめ?

アイフォン 11 違い

同じ容量で価格を比べてみると、「iPhone 11」と「iPhone 11 Pro」の差額が32,000円、「iPhone 11 Pro」と「iPhone 11 Pro Max」では13,000円の差額となります。 「iPhone 11」と「iPhone 11 Pro Max」では45,000円も違うんだな… ディスプレイの違い iPhone 11 iPhone 11 Pro iPhone 11 Pro Max Liquid Retina HDディスプレイ Super Retina XDRディスプレイ Super Retina XDRディスプレイ IPSテクノロジー搭載6. 有機ELディスプレイのメリットは、 自発光する仕組みのため、バックライトが不用になり、黒い表示をより忠実に表示できること。 2絞り値 Retina Flash Retina Flash Retina Flash 次世代のスマートHDR(写真) 次世代のスマートHDR(写真) 次世代のスマートHDR(写真) 進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード 進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード 進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード 6つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ)) 6つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ)) 6つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ)) ビデオの拡張ダイナミックレンジ(30fps) ビデオの拡張ダイナミックレンジ(30fps) ビデオの拡張ダイナミックレンジ(30fps) 映画レベルのビデオ手ぶれ補正(4K、1080p、720p) 映画レベルのビデオ手ぶれ補正(4K、1080p、720p) 映画レベルのビデオ手ぶれ補正(4K、1080p、720p) 4Kビデオ撮影(24fps、30fpsまたは60fps) 4Kビデオ撮影(24fps、30fpsまたは60fps) 4Kビデオ撮影(24fps、30fpsまたは60fps) アニ文字とミー文字 アニ文字とミー文字 アニ文字とミー文字 まずアウトカメラの数が違います。 最大10倍までのデジタルズームなのができるようになるので、遠く離れたものをズームして撮影することができます。 今回の目玉機能の「超広角レンズ」は「iPhone 11」にも搭載されているので、通常では写真に入りきらないような広い風景や建物を写真は3機種どの機種でも楽しめます。 フロントカメラの画素が12MPに向上して、自撮りがキレイに撮れるのもいいね! 処理性能は同じ iPhone 11 iPhone 11 Pro iPhone 11 Pro Max A13 Bionicチップ A13 Bionicチップ A13 Bionicチップ 第3世代のNeural Engine 第3世代のNeural Engine 第3世代のNeural Engine どの機種にも最新の「A13 Bionicチップ」が採用されているので、 処理性能の差はほとんどないと考えてOKです。 代わりに ロングタップで同等の機能が使える「触覚タッチ」が採用されているので、なくなってもそこまで困ることはないと思います。 サイズ・重量 iPhone 11 iPhone 11 Pro iPhone 11 Pro Max 画面サイズ 6. 1インチ 5. 8インチ 6. 5インチ 高さ 150. 9 mm 144. 0 mm 158. 0 mm 幅 75. 7 mm 71. 4 mm 77. 8 mm 厚さ 8. 3 mm 8. 1 mm 8. 1 mm 重量 194 g 188 g 226 g 本体サイズは「iPhone 11 Pro」<「iPhone 11」<「iPhone 11 Pro Max」の順で大きくなっています。 「iPhone 11」がだいたい「iPhone 11」と「iPhone 11 Pro Max」の中間くらいのサイズです。 「iPhone 11 Pro Max」はサイズだけじゃなく、重量もMAXだから、長時間使う方はその辺も気にしたほうがいいかも…? バッテリー持続時間 iPhone 11 iPhone 11 Pro iPhone 11 Pro Max 前モデルとの比較 iPhone XRより最大1時間長いバッテリー駆動時間 iPhone XSより最大4時間長いバッテリー駆動時間 iPhone XS Maxより最大5時間長いバッテリー駆動時間 ビデオ再生(ワイヤレス) 最大17時間 最大18時間 最大20時間 オーディオ再生(ワイヤレス) 最大65時間 最大65時間 最大80時間 iPhone 11シリーズではバッテリー持続時間が大きく伸び、「iPhone 11 Pro Max」では「iPhone XS Max」よりも最大5時間も長く使えるようになりました。 そして、ついに 「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」に18Wの高速充電に対応した充電器が付属するようになりました。 残念ながら iPhone 11」には従来と同じ高速充電非対応の5W充電器が付属し、高速充電に対応した充電器は付属していません。 「iPhone 11」がおすすめの方• コストを抑えたい• カメラの望遠は使わない• その他にも細かな違いもありますが、耐水性能の違いなど気にするほどの違いはありません。 望遠レンズは望遠で写真を撮らなければ必用ありませんし、今回の目玉機能でもある「超広角レンズ」は「iPhone 11」でも楽しめます。 ディスプレイも有機ELディスプレイの「Super Retina XDRディスプレイ」のほうがキレイなのは確かですが、iPhone 11の液晶ディスプレイ「Liquid Retina HDディスプレイ」も成熟されて十分すぎるほど高画質なディスプレイです。 横に並べて見比べない限りは、Liquid Retina HDディスプレイで不満に思うことはないと思います。 カメラの望遠を使いたい• コンパクトなiPhoneが欲しい• 片手で使いたい• 有機ELディスプレイで動画や写真を楽しみたい• 高速充電器が欲しい 「iPhone 11」よりも高機能なiPhoneで、望遠レンズが追加されたトリプルカメラ、有機ELディスプレイの「Super Retina XDRディスプレイ」が搭載された上位モデルとなります。 「iPhone 11」には搭載されていない望遠レンズが追加されていて、通常だと遠くのものを拡大するとぼけてしまいますが、 望遠レンズを利用すれば拡大してもぼけにくく、より遠くのものを写すことができます。 そのため、 カメラの望遠を使う方は「iPhone 11 Pro」がおすすめです。 また自発光できてバックライトが不要な、有機ELの「Super Retina XDRディスプレイ」が採用されているので、黒い表示をより忠実に再現することができます。 液晶の「iPhone 11」も成熟された高画質なディスプレイですが、より高画質な画質を求める方にもおすすめです。 そして3機種の中で最もコンパクトな機種になるので、「片手で使いたい」「ズボンのポケットに入れても邪魔にならないのがいい」という方にもおすすめ! 画面に表示できる情報量が多いので作業効率を求める方、大画面で動画や写真を楽しみたい方におすすめ! まとめ• Proとの大きな違いは「望遠レンズ」と「有機ELディスプレイ」の有無• カメラの望遠を使わない方はコスパに優れた「iPhone 11」がおすすめ• 片手で使いたい方は「iPhone 11 Pro」がおすすめ•

次の

どっちを選ぶ?iPhone 11とiPhone 11 Proの違いを比較。おすすめポイントを紹介

アイフォン 11 違い

iPhone 11シリーズの3モデルが9月20日に発売されます。 買い替えを検討するうえで、iPhone 11とiPhone 11 Proシリーズのどちらを選ぶか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。 本稿では、発売前のiPhone 11とiPhone 11 Pro Maxの実機を試用する機会を得ましたので、両機の3つの違いに注目して、どんな差があるのかを検証しました。 iPhone 11とiPhone 11 Proシリーズは、ともに一枚のガラスから成形した背面が特徴的で、カメラ周りの四角く隆起した部分までがひとつながりになっています。 カメラ自体がデザインのアクセントになり、その変化に合わせてAppleのロゴマークは中央へと移動。 XS時代にあった「iPhone」の刻印もなくなりました。 光沢感のある背面ガラスの表面は、適度に手に吸い付くような触り心地。 iPhone XRの質感に近く、光の角度によってはわずかに周囲の風景を反射します。 今回触ったカラーは「グリーン」。 ミントのような軽くて涼しげな色合いでありつつも、悪目立ちするポップさはなく、コーディネートを問わずに合わせやすい色味だと思います。 ちなみにロゴマークの色はシルバーです。 背面にはテクスチャードマットガラスを採用し、ロゴマークとカメラ周り以外はサラサラとした手触りになりました。 指紋も付きづらく、高級感を醸し出しています。 光沢感はありますが、反射による周囲の景色の映り込みはありません。 歴代機のどれにもあてはまらない、全く新しい質感です。 あえて言うならMacBookのサラサラ感が近いかもしれません。 今回触ったカラーは新色の「ミッドナイトグリーン」。 Appleとしては珍しいガジェットらしい色味で、重厚感があります。 コーディネートを選ぶデザインだと思うので、人によっては無理に新色を選ばず「シルバー」や「ゴールド」といったカラーも合わせて検討したいところ。 両モデルともにそれぞれ良さがあるので、どちらを選択すべきかはその人の好みによるとしか言えません。 とは言え、昨今のiPhoneのデザインは、ケースを装着するのが前提であるかのように個人的には思えます。 ケースを装着して使用する予定の人ならば、両機の背面素材の差は気にせずに選択しても特に問題ないでしょう。 【2】望遠カメラの有無 まず両者に共通するカメラのアップデートとして、画角120度の超広角カメラを搭載したことは重要です。 従来の広角カメラ(標準のカメラ)と比較して、表現の幅が広がりました。 超広角カメラで撮影した写真は、周囲の歪みも少なく、日常的に使いやすい。 動画やパノラマ撮影で使えることも面白いです。 実際に撮影してみたところ、ただ明るく撮影できるだけではなく、ディテールが潰れず、さらに温かみのある色味が再現されました。 周囲の光量に応じて自動で適用される仕組みのため、設定操作などは基本的に必要ありません。 動きのある電車は光の線になってしまった 一方、2つ目の違いとしては、iPhone 11 Proシリーズだけに光学2倍相当の望遠カメラが搭載されていることが挙げられます。 より明るく撮影できるようになりました。 先述のナイトモードと合わせれば、暗所でも望遠カメラを有効活用できます。 両者もカメラアプリ上で最大まで拡大して撮影した。 iPhone 11ではカモのディテールはわからないが、iPhone 11 Proでは表情まで捉えられた ポートレートモードでの撮影を行う場合にも、iPhone 11 Proの望遠カメラがあれば、被写体に接近せずに撮影することができます。 街で遭遇したネコを撮影してみましたが、正直、iPhone 11 Proでの撮影の方がラク。 今回は運良くiPhone 11でも撮影することはできたのですが、半分くらいの距離までぐっと近づく必要があったので、逃げられてしまう可能性が高いと言えました。 普段から動物を撮影する人にとっては、望遠機能は必須です。 また、レストランで料理を撮影したり、フリマアプリに小物を出品するために写真を撮る場面では、手元の影が写り込んでしまうことがありますが、望遠カメラがあると遠くから画質を落とさずに撮影できるので重宝しますよ(ただ、筆者はわりとココを重視したい人なのですが、特にこだわりがない場合には多少画質が落ちることを割り切れば別に問題ありません)。 ネコやイヌの写真を狙う人には、望遠があると遠くから撮影できて便利 ちなみに、ビデオ撮影の場合には、iPhone 11は3倍までしかデジタルズームで拡大できませんが、iPhone 11 Pro Maxでは6倍まで拡大可能。 普段から動画素材を撮影する目的でiPhoneを使用する人にとっても、後者を選択した方が、表現が豊かになるでしょう。 【3】ディスプレイの違い 3つ目の違いはディスプレイです。 iPhone 11は液晶の「Liquid Retina HDディスプレイ」を、iPhone 11 ProとiPhone 11 Pro Maxは有機ELの「Super Retina XDRディスプレイ」を搭載します。 パッと見た印象はさほど変わりませんが、実はHDRコンテンツを視聴した際の輝度に大きな差があります。 なお、iPhone 11 ProはiPhone XSと同じサイズになる iPhone 11のディスプレイは、解像度が1792 x 828ピクセルで、画素密度は326ppi。 コントラスト比は1400:1となります。 また、最大輝度は625ニトです。 リングなどのアクセサリーなしで片手操作を行える、最大のディスプレイサイズだと思う iPhone 11 Pro Maxのディスプレイは、解像度が2436 x 1125ピクセルで画素密度が一回り高い458ppiに。 コントラスト比はピークが2つあり、HDRコンテンツを視聴するときには2,000,000:1コントラストまで上がります。 ただし、日常的に片手操作をする場合にはリングなどのアクセサリーによる補助が必須。 両手操作なら問題なし 今回は「TV」アプリでHDRコンテンツをいくつか視聴してみました。 一番顕著な違いを感じたのは、Dolby VISION、Dolby Atmos対応の「バンブルビー」後半に出てくるカーチェイスのシーン。 衝突して飛び跳ねた車両が電線に接触し、激しく火花を散らす場面です。 この火花がiPhone 11では「明るいな」と思う程度だったのですが、iPhone 11 Pro Maxでは「眩しいっ」と感じるほどに輝きました。 ただし、両機ともにHDRコンテンツそのものには対応していますし、オーディオもDolby Atmosや空間オーディオ再生に対応するので、臨場感あるサウンドも共通。 コンテンツやシーンによっては両者の違いはあまり感じられことも多いです。 映画やゲームの映像のクオリティによほどのこだわりがなければ、iPhone 11を選んでも十分満足できるのでは、と筆者は思います。 まとめ そのほか、防水性能やバッテリー持ちなどにも細かな差がありますが、どちらが非常に劣るという話ではないので、日常使いではそこまで気にしなくて良いと思います。 以上の違いを踏まえてiPhone 11/11 Proシリーズを選ぶ際のポイントをまとめると• ケースはつけない派で、高級感のあるサラサラした触り心地が好きならiPhone 11 Proシリーズが気に入るかも。 ただし、ケースを装着するならどちらでもOK。 超広角カメラや夜景撮影の恩恵はどちらでも享受できる。 しかし、食事に影を入れずに撮影したり、ペットをポートレートで撮影したりする場面が多いならiPhone 11 Proシリーズの方が満足度が高くなる。 映画ファンでHDRコンテンツの臨場感をより引き出して視聴したいならばiPhone 11 Proシリーズを選択すべし。 一方、そこまでこだわりがないならiPhone 11で十分。 となります。 あとはご予算次第——。 下取りなどを上手に活用しつつ、納得のいく機種をなるべく安く入手して欲しく思います。

次の