グーグルアドセンス審査落ちた。 2020年グーグルアドセンス審査に通るコツと落ちた時の対処法10

Googleアドセンス審査に落ちる14の理由【連絡が来ない&遅い時の対処法あり】

グーグルアドセンス審査落ちた

今回も行けるっしょ! と、謎の余裕をかまして早々に申請したところ、見事に 落ちましたww そして、2回目の審査で通過しました。 なので、以前通過した時と比較しながら、アドセンス審査通過のためにどう改善したのかお伝えします。 ぶっちゃけ、アドセンス収益って 大したことないですし、 アフィリエイト記事書ければそれでいいじゃん、と思っています。 それに、最近のGoogleの傾向からしても、アドセンスもどうなるかあまり期待はできません・・。 落ちても全然大丈夫です。 落ち込まないでください。 何度でもチャレンジできます。 コロナ期間関係なく。 ただ再申請前に、この記事のことをちょっとだけ参考にしてもらえると嬉しいです。 ちなみに通知がくるまでには3日ほどかかりました。 Googleアドセンス審査に落ちて改善したこと 趣味ブログは5記事程度・文字数も1500程度で合格したことから、やはり 特化ブログがアドセンス通過に強いの間違いないですね。 そりゃそうです。 テーマがはっきりしてるほうがGoogle先生も安心です。 コンテンツ内容の見直し 当ブログは3~4つのカテゴリーで記事を書いていたのですが、 1つのカテゴリーの記事を増やしました。 ゆくゆくはアフィリエイト記事が書ければいいや、むしろアドセンス広告いらんかも。 ちなみに、 24時間以内に通知がきました。 合格の時は通知が早い! それから 文字数の影響については不明ですが、1記事あたり1000~2000字はあったほうがいいかと。 少なくとも1000字はほしいところ。 1000字以下だと情報量が少なすぎますよね。 なお、ここまで、アドセンス の利用規約に違反してないことを前提に書いてます。 チェックしてない方は念のため確認してみてくださいね。 まとめ ということで、Googleアドセンス審査に落ちたら、 真っ先にコンテンツを見直したほうがいいです。 特化ブログが通過しやすいのは間違いないので、 雑記ブログでも、「 ひとつのテーマを掘り下げて記事を増やしてみる」などの対策が効果的かと。 正直記事数は、5記事でも通った経験があるのでそれほど影響なさそうです。 それから 文字数は少なくとも1記事あたり1000字は頑張りましょう。 お問い合わせ・プライバシーポリシーは念のため設置しておきましょう。 アフィリンクは貼った状態でも問題なかったです。 重要なのは コンテンツ!工夫して「特化ブログっぽく」専門性を出してみましょう! 以上です。 参考になれば幸いです。 快適なアドセンスライフを!.

次の

Google Adsenseの審査に落ちた原因と通過するコツとは?

グーグルアドセンス審査落ちた

最初の申請で落ちた理由 申請に落ちた時のメールにはこのような記載がありました。 Google のポリシーに準拠していないサイト お客様のサイトは、Google AdSense のプログラム ポリシーに準拠していないか、ウェブマスター向けの品質に関するガイドラインに準拠していないため、現時点では AdSense のお申し込みを承認できませんのでご了承ください。 ポリシー準拠については問題無い(はず)と思っていたので、「ウェブマスター向けの品質」という部分かと思いました。 つまり質がまだ基準に満ちていない=記事数が足りないという部分が最初の申請で落ちた理由かと思っています。 かなと思い地道に記事を増やす事にしました。 特に方向性ややり方などは最初から変えていません。 一度審査落ちしてからやったこと まず前提として自分のブログは内容・質的に問題無いと判断していました。 その理由はAmazonのアフィリエイトプログラムであるAmazonアソシエイトの申請は通っていた為です。 という事で特に焦ることなく方向性ややり方も変えずに記事数を増やしていっただけです。 審査合格へのポイント 私が思う審査合格へのポイントは下記になります。 Google AdSense のプログラム ポリシーに準拠 最低限のスタートラインです。 当たり前ですが禁止されている事項の記事があった場合は申請通りません。 記事内容の充実 記事内容の充実といってもいたずらに文字数を増やすのが良い訳ではありません。 読んでくれる人にとって有益で質が高いコンテンツを目指しましょう。 文字数は1000文字以上と良く書かれていますが私はあまり気にしていません。 記事によっては1000文字以下で収まるものも当然あります。 読み手にとってより心地よい記事にする事を心がけましょう。 プライバシーポリシー設置 これは最近の傾向を見てると作らないとアフィリエイト系のサービスがうからないのかな?と思ってます。 自分のサイトはこんな感じですよ〜という自己紹介的な部分とアフィリエイトやってますよ〜というのを明言するためにも必要になりますので作っていない方は作りましょう。 お問い合わせフォーム設置 こちらも最近の傾向を見てると必須な感じがします。 何かあったりした時に問い合わせができる体制があるかどうかが重視されているのかと思います。 ワードプレスだとお問い合わせフォームのプラグインを入れるかあらかじめ機能が備わっているテーマもありますのでそちらを利用するかしてお問い合わせフォームを設置しましょう。 私が感じた疑問と回答 審査通過するまでに私が感じた内容について、疑問と回答を記載しておきます。 審査の申請から通過までの期間は? 審査合格をもらった2回目は24時間以内に返答がきました。 1回目は一週間待ってもステータスが何も変わらず問い合わせフォームより問い合わせたら不承認との連絡をもらいました。 アドセンス審査時の記事数は? 記事数についてですが私は20記事で一度申請してみて落ちました。 その後41記事で再度申請を出して審査通過しました。 私のブログですと41記事以上で合格ラインという事が言えます。 画像は貼って大丈夫? 私はたくさん画像を貼っていましたが問題なく通過出来ました。 主には紹介する商品の画像です。 もちろん著作権のある画像などはダメです。 マンガの中やテレビを撮影したものもダメです。 自分で撮影したものやフリー画像 ぱくたそなどのサイトのもの を使っていれば問題無いと思います。 別の広告は貼って大丈夫? A8・バリューコマース・Amazonアソシエイトなど他の広告は貼って大丈夫かなと思う方も多いと思います。 審査通過時、私のサイトはAmazonアソシエイトしか貼っていませんでした。 適正な形で広告を貼っている分には評価マイナスにならないと思います。 プライバシーポリシーや運営者情報は必要? こちらは必要かと思います。 審査通らないで困っている方でまだ作成していないという方は他のブロガーの皆さんを参考に作ってみてください。 毎日更新しないとダメ? これも良く見かけるのですがそんなことはありません。 現に私は毎日更新などせずに審査通過しました。 例えば1か月で見た場合に適当で中身の薄い記事を30記事書くより、しっかり中身のある記事を10記事書いたほうが価値が高いと思います。 まとめ 申請通過がゴールではありません。 これはすごくポイントです) 申請通過のために小細工に力を注ぐのではなく、自分の記事をいかに内容の濃いものにするかに注力するのが良いと思います。 それなりに集客出来るようになってから考えるといいと思います。 せっかく申請が通っても誰も見てくれない記事だと結局何も収益は発生しません。 仮に100記事書いたとして各記事に対して月に1人しか見てくれないと合計で100PVにしかなりません。 SEOを意識しながら検索意図に寄り添ったコンテンツを作っていきましょう。

次の

グーグルアドセンス(Google Adsense)の審査に落ちた人必見!審査合格のポイント。【2018年3月】

グーグルアドセンス審査落ちた

こんばんは。 ブログ開設から早くも2か月たったkiraです。 題名の通り、今回はgoogleアドセンスについて。 10回目に 受かった要因はサイトマップかな?と思ったので一応記事にしておこうと思います。 グーグルアドセンス合格!!その要因はサイトマップ? 10回目の審査でやっとこ合格いたしました~。 感想は落ち続けた多くの皆様と同じく、 長かった! だけど苦労した分、最後はこんなことで受かったのか?ってくらい拍子抜けでした。 何をしたかというと、 グーグルサーチコンソールのサイトマップを1つに絞った です。 アドセンスを登録した直後、右も左もわからない私は色々な方のブログを読み漁っていました。 そこで目にしたのが google search console。 自分のサイトがグーグル検索でどのぐらい検索されているかが分かったり、 載せたいページをgoogleに登録してもらうよう依頼できるようなツールです。 これに登録するとアドセンス審査が早い、有利だという情報を得て、意気揚々と登録しました。 はてなPro登録時につまづいた記事でもしっかり書いてますね^^; しかもやる気満々…このあと苦悩が待っていようとは知る由もなく…。 が、その後 複製されたコンテンツ で不合格生活が続きます。 当然ながらコピペも画像パクったりもしてないよ!! 文章やネタが不十分なのかな、と何度も何度もリライトしたり記事を増やしたり減らしたり。 プライバシーポリシーをPDF化したり、アイキャッチ画像をなくしたり。 ネット上で 効果があったよ!って紹介されていることを片っ端から試したけどダメでした。 そのうち好きなように記事が書けないことが辛くなってきて、 「もういいや、とりあえず楽しんで書くことにしよう。 アフィリエイトもどんどん貼っちゃおう。 記事が増えたらコンテンツが充実したと判断されるかもしれないし。 」 と割り切って、(なげやりになって?)ブログを細々と更新していました。 ある日自分のブログがグーグルにどんな感じで登録されているのか調べたら ( site:自分のサイトのアドレスで検索すると表示されます。 ) 下書きに戻した記事もカテゴリも、いつまでもインデックスされてるな~ ってことが気になってきました。 もちろん下書きにした記事のアドレスはサーチコンソールから削除依頼済みです。 で、サーチコンソールのカバレッジを確認したら気づいた。 有効(緑の部分・インデックスに登録されてるページ)が多いぞ?! このブログ、当時は記事が30件ほどしかないのに インデックスは60件を超えてたんです。 これってどういうことなんだ?? もし同じページが2重にインデックスされているとしたら 複製とみなされてるのかも…?? となれば今度はサイドバーでインデックスのすぐ下、 サイトマップを確認です。 xml? ブログを立ち上げたころ、早くインデックスしてもらわないと! という安易な考えでやみくもに登録したのでしょう…。 2日後… 受かりました。 というわけで私の場合、インデックスの重複が原因ではないかと推測しております。 もちろん真実は藪の中なんですが…。 合格時のブログのスペック ちなみにですが、合格時ブログはどんな状況だったかもお知らせします。 アフィリエイト貼りまくり ちょっと語弊があるかな、貼りまくりってほどではないかもしれないけど、 まあふつうに貼っていました。 今と変わらないです。 ほとんどの記事に使っています。 記事の文字数は2000字以上 一つの記事に2000字ぐらいあったほうがいいという情報を見かけたので とりあえず2000字未満のものは非公開にしました。 プライバシーポリシーはPDF化 もう万策尽きた!って感じで最後のほうにやりましたが その後不合格になっているので意味ないんじゃないかな…。 うーん…。 以上のことから、なんか巷で言われている対策はいまいち当てはまらないような気がしております。 逆に仮説ではありますが、サイトマップのインデックスが問題であれば エラーが出ている人やいくつも登録している人は試しに対策してみてほしい! エラーを解決したら通ったっていう方も見かけました。 ヘルプフォーラムの是非 ところでアドセンスに合格できない場合、グーグルからのメールに をご覧ください。 の文言があります。 これ、何かというと利用者の意見交換の場なんですね。 つまりグーグルの社員さんが回答するでもなんでもないんです。 わたしは実際にここで相談はしなかったものの、 かなり読み込みましたが審査基準についてあいまいな回答も多く しかも攻撃的な物言いをするユーザーさんもけっこういました。 ここで「記事が薄い」とか言われていた相談者さんのブログも 時間が経ったら合格されていたので、 やっぱりどっちかっていうと 記事の問題よりはインデックス系なんじゃないかな… なんて思いつつ傍から眺めていました。 確かに親身になってアドバイスしてくださっている方もいるので一概には言えないですが アドセンスの審査に関しての利用は微妙なんじゃないかな…と感じています。 心が折れたころにポンと受かります もう、わたしも何が原因かわからなくて疑心暗鬼で 一時期はアドセンスのことしか考えられないぐらいになって、 それでも何度も落ちてもういいや…って思ったころに ピョン って感じで合格の知らせが届きました。 正直、うれしかったけど熱意は冷めかけていたので あ、受かった…っていう心境。 でも記事の書き方やクオリティは当初とそんなに変わっていないので やっぱりそこが原因ではなかったんだという自信にはなりました。 もちろん審査基準はグーグル先生のみが知ることだし わたしの見立てが正しい証拠なんてないのですが もしサイトマップを見落としていたら確認してもらいたいし きっとある日突然合格する日が来ると思うので なんとか 諦めないでほしいなって思います。 あ、ちなみに合格して数日ですが いまだに 収益はゼロです。 しかもはてなブログとの相性のせいか 自動配信されません。 合格してもその先が甘くないってことですかね… わたしもがんばります。

次の