八幡 ss 陽乃 婚約。 八幡「家族が増える?」

俺ガイル 雪ノ下と葉山は婚約していた?アニメだとカットされたシーンが原作だと

八幡 ss 陽乃 婚約

八幡「どういうことだ?」 八幡父「俺の仲の良かった同僚が事故で亡くなってしまってな。 」 八幡「それでうちで引き取るって事か。 その子の母親は?」 八幡父「既に亡くなっていた。 男手一つで高校まで育てていたみたいだ。 そういえばお前と同じ総武高校だったと思うぞ。 」 八幡「え!?苗字とかってわかるか・・・?」 八幡父「まぁ待て。 もうすぐ到着すると先ほど連絡があった。 」 ピンポーン 八幡父「丁度来たようだな。 」 ??「あ、あの、今日からお世話になります、一色いろはです。 よろしくお願いいたします。 」 八幡「一色!?家に来るのって一色だったのか。 」 いろは「こんにちわ先輩。 今日からお世話になります。 」 八幡「あ、あぁ。 よろしくな。 」 いろは「はい!」 八幡父「何だ。 二人は知り合いだったのか。 」 八幡「奉仕部関連でちょっとな。 」 いろは「先輩には色々助けてもらってたんです。 そのうえご家族にまでご迷惑をおかけしてしまって申し訳ないです。 」 八幡「迷惑だなんて思ってないぞ。 その・・・・大変だったみたいだしな。 ゆっくりしていけよ。 」ナデナデ タダイマー いろは「!!・・・じゃあ先輩・・・・ちょっと胸を貸してくれませんか・・・?」 八幡「・・・いいぞ。 」 ----- --- - いろは「ありがとうございます。 泣いたらスッキリしました!」 八幡「そうか。 それはよかった。 そういえば小町は?」 小町「ずっといるよ~?」 八幡「うぉ!?いつ帰ってきた!?」 小町「お兄ちゃんがいろはさんの頭を撫でてる時ぐらいかな?いろはさんがお兄ちゃんに抱き着いて泣き始めたから私は自分の部屋に行ってたけど。 」 八幡「そうだったのか・・・」 小町「という訳で初めましていろはさん!!!比企谷八幡の妹比企谷小町です!!総武高校を受験する予定の中学3年生です!!」 いろは「小町ちゃんよろしくね。 総武高校現生徒会長の一色いろはです。 お世話になります。 」 小町「小町にお姉ちゃんができた~!!!一緒に寝ましょ!!」 いろは「う、うん。 じゃあ俺は部屋に戻るから。 」 いろは「えぇ~?先輩ももう少しお話ししましょうよ~」 小町「あ、お姉ちゃん!提案があります!!!」 八幡(きっとろくでもない提案だ・・・・) いろは「え!?・・でもあざといで終わる気が・・・うん。 わかった・・・・やってみる!」 八幡「な、なんだ一色・・・・」 いろは「私とお話してほしいな。 お兄ちゃん!」 八幡「・・・・・・あざとい。 もう少しいるよ。 」 いろは「やった!!!そ・れ・と!これからは【いろは】って呼んでくださいね!!」 八幡「まぁ・・・善処する。 」 いろは「期待してます!!」 ----- ---- --- -- - いろは「・・・・・」ムクッ いろは「夢落ちかい!!!・・・・・今度先輩にお兄ちゃんって言って反応を見てみよう。

次の

#やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 #比企谷八幡 わたしの誕生日と婚約者騒動

八幡 ss 陽乃 婚約

村上醍醐私が実際に読んだ作品の中から選りすぐりの一色いろは・八色作品を紹介します。 はじめに「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 」(通称:俺ガイル)は二次創作物の数も多く、クオリティも高くておすすめです。 この記事では俺ガイルss … これは「俺ガイル」と「ブレンド・s」 のクロスオーバー作品です。 現在、最新話まで加筆・修正が完了しました。 * 注意 * ・俺ガイルからは基本、八幡しか出ません。 俺ガイルss -キャラクター別まとめ-やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 のキャラ別ssまとめ. ホーム. 【俺ガイル】折本「あ、あれ、比企谷じゃん」雪乃「あなたは確か」 カテゴリ: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 セイバー「んっここは…冬木市! 葉山「どうして?」 八幡「いや、俺もそのシャツと似ているのを最近まで着ていたからさ」 葉山「そ、そうだったのか。 偶然だな。 比企谷と趣味が合うんだな」 折本「比企谷はともかく、葉山君のセン … 村上醍醐私が実際に読んだ作品の中から選りすぐりの雪ノ下雪乃・八雪作品を紹介します。 はじめに「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 」(通称:俺ガイル)は二次創作物の数も多く、クオリティも高くておすすめです。 この記事では俺ガイルss … 奉仕部.

次の

八幡「雪ノ下と付き合うのは辛かった」 : やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 SS

八幡 ss 陽乃 婚約

--大貴side-- 俺の名前は山本大貴。 山本建設社長、山本利弥の息子である。 将来はそのまま親父の後を継ぐつもりである。 中々に順調だった。 しかし、俺の計算外なことが起きた。 なんとあの雪ノ下建設の長女である雪ノ下陽乃が婚約したというのではないか。 親父も驚いたらしく一応婚約パーティーの招待状が来ていたので行ってみることにした。 そこで見たのは綺麗な衣装に身につけた陽乃だった。 見惚れていた。 そしてその隣にいたのが陽乃の婚約者という比企谷八幡という男だった。 ごくごく普通の家で何でコイツが陽乃の婚約者なのか分からない。 冴えてるわけでもないし俺の方が断然かっこいいし、陽乃とお似合いだ。 俺はそこで陽乃にそいつなんかより俺の方がいいだろと言ったが聞き入れてくれなかった。 親父も陽乃とそいつとの婚約をものすごく反対したが陽乃の両親も聞き入れてくれなかった。 その日は大人しく帰ったが俺と親父は諦められなかった。 そうだ、陽乃を誘拐して比企谷八幡との婚約を破棄にしよう。 そうしてゆくゆくは俺と結婚… デュフフフ…… そして、実行日。 陽乃を無事誘拐できた。 あと陽乃と一緒にいたやつもいたがまあいい。 さっそく俺は公衆電話から変声機を使ってこういった。 公衆電話からするのは場所を特定されないようにだ。 『もしもし。 』 「雪ノ下家の当主か?」 『ええ、そうよ。 』 「お前の娘とその友人2人を誘拐した。 返して欲しければ比企谷八幡と雪ノ下陽乃の婚約を破棄しろ。 その後2度と比企谷八幡と会うな。 明日の昼まで待つ。 以上だ。 」 『待ちなさい、娘たちは無事なの?』 「ああ、今のところは無事だ。 だが、もしさっき言ったことをやらなかったらどうなるかわからんがな。 では良い知らせを待っている。 」ガチャ これでいい。 俺は電話を切って親父のところに行って報告した。 しかし、その日の夕方思わぬことが起きた。 なんと雪ノ下当主である、雪ノ下冬乃が訪ねてきた。 何をしに来たのか知らないがちょうどいい。 今頃陽乃が誘拐されて雪ノ下家では大騒ぎだろう。 うまいこと俺たちが陽乃を見つけたことにすればそのままいい感じに… デュフフフ… ・・・・・・・ --冬乃side-- 私は今、陽乃を誘拐したクソがいる山本建設に来ていた。 先ほど八幡君と材木座君と話し合った結果こうなった。 「雪ノ下ですが今、山本社長はいらっしゃるでしょうか?」 「ゆ、雪ノ下様!?は、はい!今ちょうど大貴様と一緒に社長室にいます!」 「案内してくれるかしら?」 「は、はい!」 受け付けの女性に案内された私はクソがいる部屋の前まで来ていた。 コンコン 「しゃ、社長!雪ノ下様がいらっしゃっています!」 「通せ。 」 「で、ではどうぞお入りください。 」 「失礼しますわ。 」 「おお!これはこれは雪ノ下様どうぞこちらへ。 」 「ええ。 」 「で、今日はどのようなご用件で?」 「ええ、実は…」 それから私は別に動いている八幡君と材木座君の時間稼ぎをしていた。 すると八幡君からメールがあった。 これで時間稼ぎは終了ね。 「ところで山本社長。 」 「なんですかな?」 「実はうちの陽乃が誘拐されましてね…」 ビクッ 本当に分かりやすいわね。 これで隠しているつもりかしら。 「そ、そうなんですな…。 災難でしたな。 ところで服装とかは何か特徴見たいなものは?」 「ええ、今日は青い服を着ていたわね。 」 「え?白では?」 「あら何であなたが今日の陽乃の服の色を知っているかしら?」 「そ、それは…」 「さらに友達1人も一緒に誘拐されてしまいましてね。 」 「2人ではないのですか?」 「あ、バカ!」 「あらあらおかしいですわね。 なぜあなたたちが今日陽乃が友達と出かけていることを知っているかしら?」 「「そ、それは…」」 その時にドアがノックされた。 「社長お飲み物です。 」 「あ、ああ。 」 そして入ってきたのは… 「は、陽乃様!?」 陽乃と八幡君だった。 ・・・・・・・・・ --八幡side-- 俺と材木座は冬乃さんがクソと話して時間稼ぎしてもらっている間陽乃たちを救出するために動いていた。 「材木座どっちだ!」 「こっちだ!」 俺と材木座は走りながら行っていた。 ちなみにこのビル監視カメラがたくさんあるが全て材木座がのっとったために関係ない。 そう進んで行くと1つの扉の前に着いた。 「ここだ。 」 「ここか…、チッ、指紋認証とカードキーかよ。 」 「ふむ、少し待たれよ。 ……よしこれでいい。 開いたぞ!」 こうして扉を開けたらまた扉があった。 「今度は南京錠か…、これならいけるな!」 「八幡、お主解除できるのか?」 「俺の80000の特技の1つだ。 …よし開いた!」 そして扉を開くと… 「お兄ちゃん!」ダキッ 「義輝さん!」ダキッ 小町が俺に、風鈴が材木座に抱きついてきた。 「お兄ちゃん、怖かったよ…」グスッ 「ああ、もう大丈夫だ。 」ナデナデ 「義輝さん怖かったよ…」ポロポロ 「もう我がいるから大丈夫だ。 」 「はい!」 そして… 「八幡…」 「助けに来たぞ、陽乃…」 「うん…信じてた。 」 「そうか…。 」 こうして陽乃と見つめ合ってると 「で、お兄ちゃんこれからどうしよう?」 「ああ、小町と材木座、風鈴は都築さんの車で一足先に帰ってろ。 俺と陽乃はちょっと行くところがある。 任せたぞ材木座。 」 「ははは!承知!」 「では行くか陽乃。 」ギュッ 「うん!」ギュッ 冬乃さんにメールをした後に俺と陽乃は小町たちと別れた。 そして今俺たちはクソがいる部屋の前にいる。 「さて、陽乃…」 「うん、八幡…」 俺は材木座からもらった変声機で声を女性に変えてこう言った。 「社長お飲み物です。 」 「あ、ああ。 」 そして部屋に入ると… 「は、陽乃様!?」 部屋には冬乃さんとクソ1とクソ2がいた。 ・・・・・・・・・ 「なぜ…」 クソは陽乃を見て驚いている。 それはそうだろ。 誘拐したやつがここにいるからな。 「それはあなたたちに誘拐されたからだよ。 」ニコッ やばいよ、陽乃目が笑ってないよ。 「それで俺が助け出した。 」 「そんな!あそこの部屋には親父の指紋とカードキーがないと入れないのに…」 「あ、このバカ!」 「さてさっきからもボロがででましたがここまでくるともういいですね。 あなたたちが陽乃たちを誘拐したんですね?」 「…あー、そうだよ!俺とコイツでやっんだよ!そこの冴えないやつと婚約するから悪いだろ!大貴のほうがいいに決まってるだろ!ちなみに警察呼んでも意味ないぜ!証拠がないし、ここの部屋には記録するものがないからな!」 「へえ〜、証拠がないですか。 実は私がこの部屋に入ってからの出来事は全て警察へ行っていますよ。 今こっちに向かってると思うわよ。 」 「なんだと!?ハッタリだ!」 「実はココにカメラがついているわ。 便利よねこれ。 」 そうして冬乃さんが指差したのは服の一箇所。 「あ、そうそう。 この動画は警察の他にあなたの系列の会社や大企業に流しているわ。 誰が弁明してくれるのかしら?」 そう冬乃さんがいったらクソ1号は 「くそー!こうなったらこうしてやるー!」 思いっきり冬乃さんに殴りかかってきたが、冬乃さんはそのままクソを一本背負いした。 「グハッ!?」 「まったく」パンパン 「親父!?クソー!お前がいなければー!」 次にクソ2号が来たので俺は投げ飛ばしてクソ1号のところにやった。 「グハッ!ち、ちくしょう…お、お前がいなければ…。 」 くたばったクソ2号はそういうと俺を睨みつけてきたが無視。 クソ2人が気絶した後に陽乃がクソの両腕を折ったりしたが気にしない。 これぐらいで勘弁してやるんだからありがたく思え。 その後警察が来てクソたちを連行した後に念のため病院に行って陽乃たちがケガしてないか確認した。 何もなくてよかった。 そして帰宅後… 「ねえ、八幡。 」 「ん?」 「助けに来てくれてありがとう。 」 「当然のことをしたまでだけどな。 」 「うん。 でもありがとうね。 」 「おう。 」 こうして誘拐騒動は終わった。 それから夏休み終わるまでは怖かったのか陽乃と小町は俺に、風鈴は材木座にべったりだったとさ。

次の