寛一郎 顔。 寛一郎は顔が長いけどイケメンと演技下手・上手い!父親佐藤浩市激やせも|めるブログ

寛一郎の顔が長いのは佐藤浩市の遺伝子?母も身長が高かい?

寛一郎 顔

寛一郎は顔が長い? ドラマ「青と僕」あいつ役 出典: 俳優寛一郎の顔が長いかそうでないかと聞かれると 顔が長いという認識で間違っていないと思います。 ドラマ「青と僕」に使われている写真ですが 結構面長に見えますよね。 アゴも割と長く見える写真なだけに 若干悪意すら感じるのですが気のせいですかね 汗 ただ、長すぎるかというとそうでもないと思うので ちょっと気になる、くらいには面長かもしれませんが 顔全体としても濃い目なのでインパクとはありますよね。 父があの大俳優である佐藤浩二ということで 一躍有名になった寛一郎ですが 今後は彼自身の演技とルックスによっては 俳優として欠かせない存在になる可能性も秘めていますね。 寛一郎のブサイク説を解説 そんな俳優として注目度が上がっている寛一郎ですが 「ブサイク」といった声も目立つので その意見についてブログ管理人 男性 が解説していきます。 まず顔全体をトータルで見た時にですが 寛一郎は決して整っているとは言えないと思います。 もちろん 目鼻立ちははっきりしていますが やはり面長な所と顎などのパーツが気になる そこら辺が「ブサイク」と言う人がいる原因なのではないかと思います。 ただ、 目と鼻だけを見ると びっくりするぐらいに父である佐藤浩二に似ています。 実は佐藤浩二も鼻は高いですが 鼻先は意外と丸くボッテリしていて綺麗という訳でもないです。 このはっきりした二重と鼻の高さ そして丸い鼻立ちは佐藤浩二似ですね。 ただ、やっぱり佐藤浩二は面長には見えないので この面長に見える辺りがバランスを悪くしているのではないかと思います。 父の佐藤浩二と比べて 鼻の下から唇までと唇の下から顎 これらがやはり長いんですよね。 ここが「顔が長い」と言われる原因ではないかと。 正直、面長と言っても 男性では面長な方は結構いると思うので そこまで問題になるレベルでもないと思いますが やはり俳優となると世間の声は厳しくなりがちですよね 汗 目鼻立ちがここまではっきりしているだけでも 羨ましいといった男性が山程いることでしょう。 ただ、女性ウケはかなり好みが分かれそうな顔立ちかと。 日本人に人気が高い若手俳優は 割とそこまで彫りが深い人は少ないです。 目鼻立ちははっきりしていてもマイルドな感じのイケメンが 日本人女性の多くから好まれる傾向にあると考えています。 彫りが深いハーフ系だったりも好みがかなり分かれる顔立ちで 寛一郎はかなり彫りが深いので、ハマる方はかなり好きになりそうですが 好みじゃないって方とのギャップが結構ありそうです。 結論、寛一郎は目鼻立ちははっきりしているが 佐藤浩二似の丸鼻に面長が原因で「ブサイク」 といった声も上がっていると考えています。 寛一郎の「顔が長い」でブサイク説まとめ ・どちらかというと面長 ・父佐藤浩二似で鼻先は少し丸くボッテリしている ・鼻下と顎が少し長く面長に見える ・日本人女性からは好き嫌いが分かれそうな彫りが深い顔立ち.

次の

寛一郎、顔が長いと出てくる衝撃理由!ドロ刑、中島健人との関係は?

寛一郎 顔

佐藤浩市のプロフィール 本名:佐藤浩市(さとう こういち) 生年月日:1960年12月10日( 2019年の誕生日で年齢59歳) 出身地:東京都新宿区 身長: 182cm 血液型:A型 職業:俳優、大学教授 事務所:テアトル・ド・ポッシュ 親族:三國連太郎(父)貫一郎(息子)広田亜矢子(嫁) 佐藤浩市さんは昭和の大俳優、三國連太郎さんの子供で、お父さんと同じ俳優の仕事をしていますが、三國連太郎さんには頼らず、自分の力でのし上がってきたと言われています。 身長が高くてイケメンですので、三國連太郎さんに頼らなくても、有名になれそうな器の大きさを感じます。 そんな佐藤浩市さんには、一人息子の貫一郎さんがいます。 祖父、父、子と三代に渡っての俳優ですから、本当のサラブレッドです。 ところで寛一郎さんのお母さんは一体誰なのでしょうか? 佐藤浩市の嫁は広田亜矢子(寛一郎の母親) 佐藤浩市さんは、 1993年にモデルの 広田亜矢子さんと 結婚し、その 3年後に子供の 寛一郎さんが産まれました。 佐藤浩市さんの嫁の広田亜矢子さんは、タレントの広田レオナさんの従姉妹ということです。 個性的な従姉妹の広田レオナさん。 佐藤浩市さんにとって初めての子供(長男)だったのでとても喜んでいたと言われています。 寛一郎さんは芸能人御用達の学校、成城学園の中学校と高校に通いました。 そして、成城学園高校を卒業すると、日本の大学には進学せず、アメリカのロサンゼルスに留学します。 留学した理由は演技の勉強ということで、この先どういった仕事をしていくか迷っていたようです。 しかし、その短期留学で寛一郎さんは目覚めます。 「 そうだ、やっぱり役者になろう!」 寛一郎さんは、ロサンゼルスで役者になることを決意しましたが、その時期は、祖父である三國連太郎さんがこの世を去った時期でもあったのです。 2013年4月のお祖父さんである三國連太郎さんの死をきっかけに、寛一郎さんの中で何か大きなことを決断するところがあったのでしょう。 寛一郎さんは、三國連太郎さんの葬儀で遺影を持ち、三國連太郎の孫で佐藤浩市の息子と言うことで、始めてマスメティアに登場したことで話題になりました。 寛一郎さんは当時、それほど有名ではなかったけれど、この映像が世間に流れば、イケメンだし、佐藤浩市の息子さんということもあって、評判になるのは自然のことです。 そしてこの役者になると決めた時に、お父さんの佐藤浩市さんに伝えた時に、佐藤浩市さんは一言こう言ったそうです。 「 そうか」 この「そうか」の意味は、佐藤浩市さんしかわかりませんが、「そうか」の一言で終わる辺り、父である、佐藤浩市さんは、自分の仕事を継いでくれる嬉しさ、やっていけるのかという心配、巣立っていく寂しさなど、複雑な感情が沸き起こっていたのかも知れません。 寛一郎の役者への目覚めは三國連太郎 寛一郎さんは、アメリカのロサンゼルスに渡ったことで、気持ちに整理が付き、役者への夢を追いかけることになったわけですが、それ以前に、寛一郎さんは 音楽の仕事がしたいと考えていました。 しかし、 佐藤浩市さんの関係者から、演技に対するセンスの良さを期待され、俳優になることを薦められたようです。 音楽をやりたいが芝居のセンスもある。 そういったことで迷っている時に、寛一郎さんはアメリカのロサンゼルスに留学して、自分を見つめ直したことで、役者の道に進むことを決心したようです。 好きな音楽を仕事にしていくのもいいですが、役者としての素質を佐藤浩市さんの関係者の人に見つけてもらえたので、やはり玄人から見ると、役者として大成しそうな雰囲気が寛一郎さんにはあるのでしょう。 役者として生活していこうと決心した寛一郎さんに、父親の佐藤浩市さんは何も助けることはしなかったと言います。 なぜなら、佐藤浩市さん自身が、父、三國連太郎さんに突き放されて俳優の道を進んできたので、寛一郎さんも突き放すことで、自分(佐藤浩市)のように這い上がって欲しい思っていたそうです。 佐藤浩市さんは自分の良い経験を、寛一郎さんにも経験させ、自分と同じようないい役者になってほしいのですね。 これが本当の親心なのでしょう。 なまじっか大切にしたり甘えさせることが、大成する近道を思いますが、結局甘えさせることは自分で考えることができなくなったりして、成長が止まってしまうことがあるようで、佐藤浩市さんも息子の寛一郎さんを突き放すことで、役者として一流になってほしいのでしょう。 また、佐藤寛一郎さんは芸名を考える時に迷い「佐藤寛一郎」では明らかに長過ぎると感じ、名前だけ取って「寛一郎」にすることで納得したそうです。 明石家さんまも知っている寛一郎(さんまのまんま) 芸能界で頑張ろうと決意した寛一郎さんは、元々、お笑い界の大御所の明石家さんまさんと親密な関係にあったと言います。 そのことは佐藤浩市さんが「さんまのまんま」に出演した時にわかったことで、佐藤浩市さんと明石家さんまさんが芸能界で仲が良いということで、佐藤浩市さんの息子の寛一郎さんのことをよく知っていたようです。 明石家さんまさんは寛一郎さんについて語っています。 「 寛くんって言うんですけどね、なかなかいい男なんです」 お笑い界の大御所である明石家さんまと親しければ、なにか問題が生じたときでも相談できて、寛一郎さんにとってとても心強い存在なのではないでしょうか。 二世としてのプレッシャー 三國連太郎さんの孫、佐藤浩市さんの息子という大看板がありながら、役者の道に進んだ寛一郎さんには、大変なプレッシャがかかってきています。 それを解っていて俳優の道に進んだのですから、その覚悟は半端ないものと言えます。 寛一郎さん入っています。 「 親のことを言われるのは正直 嬉しくはないですが、 注目していただけることは ありがたいことでもあるので、それをプラスに変えて今後の俳優人生を進んでいこうと思っています。 将来は、『 いい俳優』と言われるような俳優に なりたいです」 おじいさんの三國連太郎さん、お父さんの佐藤浩二さんと比較されることは、非常に不愉快なことですが、それを利用することもできるので、寛一郎さん的にはマイペースで俳優を頑張ろうという決意が感じられます。 父親の佐藤浩市さんもデビュー当初は「三國連太郎の息子」としていろいろ嫌な思いをしたでしょうが、今では「三國連太郎の息子」と言われることはほとんど無く、「佐藤浩市」という名前の方が大きくなっています。 寛一郎さんも、佐藤浩市さんのように、やがて父を追い抜く時が来るでしょう。 寛一郎はお祖父さん似で顔長い! 役者への決意をもって俳優業に臨んでいる寛一郎さんですが、デビューすると「寛一郎、顔長くね?」と言われるようになりました。 画像を見るとたしかに長いですね。 この寛一郎さんの顔が長い理由は、身長が183cmと高身長であるため、顔が長くなってしまうのでしょう。 高身長でも顔が小さい人はいますが、俳優さんですので顔が長い、顔が大きい方がインパクトがあって恩恵を受けることもあります。 現に顔が長いことで注目を浴びていますし、個性があるので気になる存在だと思います。 しかし、この顔が長いのは、誰から受け継いだものなのでしょうか? 佐藤浩市さんの画像を見ると、これといって長い顔とは言えません。 こちらは三國連太郎さんの若い頃と中年の時の画像です。 三國連太郎さんは若い時、寛一郎さんのように若干顔が長い感じがします。 しかし、年齢を重ねていくと、段々と脂肪がついてくるので、長い顔が丸くなってきます。 結局、顔は丸くなりますが、脂肪がつくので大きい顔になるのでしょう。 そして、画像の右の方が寛一郎さんの母親の 広田亜矢子さんです。 広田亜矢子さんを見ますと明らかに顔が長いです。 三國連太郎さんは若い頃は顔が長く、お母さんの広田亜矢子さんも顔が長いので、寛一郎さんも顔が長くなったのでしょう。 母親譲りと隔世遺伝のようです。 「心が叫びたがってるんだ」のワンシーンですが、共演者よりも明らかに顔が長いです。 寛一郎に似てる俳優は高畑裕太(そっくり) 世間で寛一郎さんが誰かに似ていると言われていますが、一体似てる俳優は誰なのでしょうか? 寛一郎さんが映画「心が叫びたがってるんだ」に出演した時、坊主頭にしたために高畑裕太さんに似てしまったのでは?と評判になりました。 本当に似ているのでしょうか? 画像の 左は 高畑裕太さんで、 右が 寛一郎さんです。 似てないと言う人もいますが、個人的には雰囲気が似ているような感じがし、目鼻口が明らかに似ています。 甘い感じで幼い感じの表情が、似ていると言われる所以(ゆえん)かも知れません。 また寛一郎さんが長髪にしている時は、映画デスノートの「L」のを連想させます。 前かがみになっていることと、髪が長いので似ていると感じるのかも知れませんが、もしかすると寛一郎さんは「L」を意識しているのかも知れません。 寛一郎の映画出演 寛一郎さんは2017年にデビューしていて、2019年で俳優生活が3年目になりますが、3年の役者生活でもたくさんの映画やドラマに出演しています。 心が叫びたがってるんだ。 寛一郎さんは、人気アニメーション映画を実写化した『心が叫びたがってるんだ。 』で、野球部の元エース・田崎大樹を演じました。 自身のケガのせいで甲子園を逃してしまったという自責の念から、人間関係にもつまずき、常に苛立ちを抱えながら高校生活を送っているという役柄を繊細に演じました。 この「心が叫びたがってるんだ。 」は寛太郎さんのデビュー作品ですが、テレビやマスコミでの宣伝が盛んに行われていました。 デビュー作品から話題作に出演することができて、寛一郎さんもデビュー作から気合がはいったのではないでしょうか。 ナミヤ雑貨店の奇蹟 「Hey! Say! デビュー当初の2017年には、「心が叫びたがってるんだ。 」と「ナミヤ雑貨店の奇蹟」と、2本の映画に出演し、役者とし羽ばたきました。 しかし、初めて芝居をしたのは2016年に撮影された「 菊とギロチン」です。 公開は2018年ですのでデビュー作にはなっていませんが、初々しい寛一郎さんを見るのなら、「菊とギロチン」かも知れません。 また2018年には「 君がまた走り出すとき」で、 主演に抜擢されています。 着実に俳優として活躍していますので、今後も寛一郎さんの俳優、役者としての飛躍が期待できそうです。 その他にも、2019年1月18日に「チワワちゃん」に出演しています。 直近では、2019年5月18日に公開された「雪子さんの足音」に出演して、存在感を示しています。 また「ナミヤ雑貨店の奇蹟」でプロデューサーの二宮直彦さんは、寛一郎さんに初めて会った時に以下のような印象を持ったそうです。 「キャスティングの方から何の プロフィールもなく、 俳優経験もほぼ無いけれど、ぜひ会ってほしいということで 初めて寛一郎くんに会いました。 多分緊張していたのだと思いますが、 何を聞いてもなかなか答えてくれない(笑)少々困惑しましたが、 幸平役には作りモノではない イノセントな雰囲気を求めていて、彼の 佇まいと 目がとても印象的で 好感を持ちました」 「後日、 彼の出所を聞いて驚きましたが、 西田敏行さんとの共演ということからも 運命的なものを感じて 廣木監督にも会っていただきました。 監督は面談後、即決で『 幸平は彼で』と決断が非常に早かったです。 監督も彼から幸平像を見たのだと思います」 寛一郎さんは二宮直彦プロデューサーとの対面で、緊張しているようで、聞いてもなかなか答えなかったようですが、このシャイな部分は、逆に感受性があるという意味では、表現者である役者としては向いているのかも知れませんね。 寛一郎のドラマ出演 寛一郎さんは映画だけではなく、テレビドラマにも出演しています。 2018年3月30日からテレビ東京で放送された「ミッドナイト・ジャーナル、消えた誘拐犯を追え!七年目の真実」で、岡田昇太役を演じ、寛一郎さんにとってこれがドラマ初出演しました。 このドラマに出演する際に、寛一郎さんは以下のように言っています。 「佐々部清さんが演出して、竹野内豊さんが主演なので、どうなるのか楽しみです」 「ドラマ初出演ということはあまり意識しておらず、目の前の作品を1つ1つやっていく、というだけでした。 佐々部監督も映画の様に撮られていたので、ドラマという感覚はなかったですね」 映画ではもうすでに芝居をしていますから、ドラマ初出演だからといって気負うことなく、自然体で役を演じられたんでしょう。 コツコツ一つずつこなしていく、真面目な性格で慎重なタイプなんでしょう。 また、プロデューサーの田淵俊彦さんは、寛一郎さんの演技について語っています。 「映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』の演技は、自然体でありながら、触れば壊れてしまいそうな『繊細なピュアさ』や、時折見せる『芯の強さ』という相反する二つの魅力に目が離せなかったので、ぜひこの作品の岡田の役は寛一郎さんにやっていただきたいと熱望していた」 「想像以上に素晴らしかった。 一番すごいと思ったのが、『そこにいるかどうかわからないほどの自然体』という存在感である」 まだ、スタートを切ったばかりと言っていいほどの役者歴なのに、製作者側から高い評価をもらって、素質を垣間見せているあたりは、役者としての感性を生まれながらに持っているのでしょう。 プロデューサーにそう言われた寛一郎さんは謙虚にこう言いました。 「チャンネルを変えさせないような、気になる存在に映っていれば…」 「つまらなければチャンネルを変えられてしまうこと」 この発言は、謙虚のようで逆に目標の高い言葉ですね。 大げさな演技をして目立つ訳ではないのに気になる存在、という演技ですから、相当の 演技力や映像に映る オーラのようなものが必要になってくるのではないでしょうか。 テレビは飽きられればすぐ別のものに移ることができるので、それを意識してただ単に演技をするのではなく、どのようにすればもっと良くなるかと分析しているので、とても向上心の高さがうかがわせます。 佐藤浩市には寛一郎を含め息子が二人いた! 佐藤浩市さんの息子さんというと、俳優デビューを果たした寛一郎さんだけのように思われますが、佐藤浩市さんには、寛一郎さんを含め、二人の子供がいます。 それは1986年、佐藤浩市さんが26歳の時に初めて結婚した時に産まれた息子です。 モデルの女性と結婚したものの、結婚生活は3年で終わり、その息子さんの親権はモデルの元妻に渡ったようです。 元妻と離婚しても、息子と会うことは出来ますが、関係性は悪く今は絶縁状態なので会っていないようです。 佐藤浩市さんにとって、寛一郎さんは次男なんですね。 寛一郎さんにとっては、腹違いのお兄さんがいるのですから、佐藤浩市さんが絶縁状態でも、寛一郎さん自身はそのお兄さんと会ってみたいでしょうね。 佐藤浩市の息子、寛一郎のまとめ 佐藤浩市さんの息子は寛一郎さんと言い、役者として頑張っています。 寛一郎さんは将来音楽の仕事をしていこうと思っていましたが、お祖父さんの三國連太郎さんが亡くなったことで考えるところがあり、ロサンゼルスに役者の勉強をしながら考えた末、三國連太郎さん、佐藤浩市さんの後を継ぐ感じで役者になることを決心しました。 寛一郎さんは佐藤浩市さんの息子ですから、子供の頃から有名人に会っていたようで、寛一郎さんのことを明石家さんまさんもよく知っているようで、「寛くん」と言っているようです。 役者になった寛一郎さんですが、二世としてのプレッシャーは当然あるようですが、マイペースで「いい役者になりたい」と語っています。 寛一郎さんは「顔長い」と言われていますが、佐藤浩市さんはそれほど長いと言った感じはありません。 しかし、お祖父さんの三國連太郎さんは若い頃、顔が長いので隔世遺伝で寛一郎さんは顔が長いと思われます。 また、寛一郎さんに似てる俳優として高畑裕太さんが挙げられ、比較してみると雰囲気が似ています。 寛一郎さんは2017年にデビューしてから2019年で3年目になりますが、コンスタントに映画やドラマに出演しており、今後ももっと映画やドラマで活躍しそうです。 寛一郎さんにはお兄さんがいますが、腹違いのお兄さんということで、佐藤浩市さんは元妻とは絶縁関係ということなので、寛一郎さんもお兄さんとはあまり会っていないと思われます。 佐藤浩市さんは日本を代表する俳優さんで、三國連太郎さんも大俳優でした。 その三代目の寛一郎さんは、お祖父さん、お父さんの後を継いで俳優になったわけですが、活躍する時間はまだたくさんありますので、ゆっくりと着実にいい俳優になることを期待しています。

次の

寛一郎は高畑裕太に似てる?顔が長いけど母親似?事務所はどこ?

寛一郎 顔

こんにちは、管理人のツグミです。 10月20日(日)今夜、9時スタートの 『グランメゾン東京』で、従業員役で キムタクと共演する「寛一郎」と言う俳優がいます。 彼の眼チカラは結構な圧がありますよね~!? とにかく、顔が濃い!印象です。 寛一郎は、2017年に俳優デビューしたばかりなんですってね。 net 【名前】佐藤寛一郎 (さとう かんいちろう) 【芸名】寛一郎 (かんいちろう) 【生年月日】1996年8月16日(23歳) 【出身地】日本・東京都世田谷区 【身長】181cm 【血液型】A型 【体重】60kg 【足のサイズ】27. 予定日より2ヶ月早く1600グラムで生まれた 未熟児だそうで、大きく、伸び伸びと寛大な心を持って欲しいと言う意味が込められて付けられた名前だそうです。 一(イチ)は親父の「市」に入っていて、郎(ロウ)は祖父の「郎」に入ってますが、字面のバランスが良かったのかもと言っています。 芸名が「寛一郎」ですが、 お父さんのイメージがあるので「佐藤」は付けたくなかったそうです。 佐藤浩市は2度離婚しています。 最初の結婚はモデルで寛一郎には異母兄弟がいます。 あの! 広田レオナは広田亜矢子の従妹にあたります。 また、 母・広田亜矢子の妹の旦那さんが、俳優の故・原田芳雄の息子の原田喧太(ミュージシャン)なので、親族に俳優が多い家系なんでしょうね。 その理由は、父・佐藤浩市の母、 姑になる人を長年介護しています。 姑は三國連太郎(佐藤浩市の父)と離婚後、スナック経営や男性関係が原因で、息子である 佐藤浩市が高2の時に家を出てから30年間絶縁状態だったそうです。 脳梗塞と認知症を発症した時に、家族に引き取ることを相談した時には、誰も反対しなかったと言うのも凄いな~と思いませんか? 完全介護なら、24時間365日ですから本当に大変だと思います。 お手伝いさんやヘルパーさんの手があったのかも知れませんが、並大抵のことではないと思います。 それでも、 俳優という職業は否定し続けた道だったとか。 それなのに、それ以外の道を歩むことは考えたことが一度もなかったとも言っていますから、こう言う心理的な部分はサラブレッドならではなのかも!? きっと、小さいながらも映画作りの現場の魅力を肌で感じていたんでしょうね。 その頃について寛一郎がこう語っています。 「『本番!』と声がかかった時には、子供ながらにその時だけは静かにしなければと思っていました。 親父が本番中に演技していた姿を見ていたことは僕の今にとって、すごく大きいです。 ・・・・今、自分で立ってみるとまた違うわけですが 笑 」 俳優の道を否定し続け、本人が言う「向き合う覚悟」を持ったのが18歳の時だったようです。 その頃の心情をこんな風にも語っています。 「物心がついて自我を持ってからは、他にありません。 『将来、何になりたいの?』と進路を聞かれるのが嫌で。 たぶん、俳優になりたいと口にするのが怖かったんです。 】デビュー作 この映画は、大ヒット劇場版オリジナルアニメの実写版です。 寛一郎は、肘の故障で夢に破れた野球部のエース、 田崎大樹役です。 芳根京子演じる成瀬順に好意を持つも、順は中島健人が演じる坂上拓実に好意を寄せる。 お互いに本音を言えず、すれ違う4人。 寛一郎は古田大次郎役です。 撮影自体はデビュー作より早く行われ、一般人からの出資金で制作されています。 寛一郎も物理的、精神的にに過酷だった印象があったそうですが、それが返って次に映画に生かされたと言っています。 スポンサーリンク 寛一郎は俳優一家の3代目だったの!? 今日、7月の第4日曜日は 『 』だったんだね。 芸能界最強の親子と言えば… 寛一郎君はまだデビューしたてだけど佐藤浩市さんの若い頃に似てる。 『 』公開中!今後が楽しみ。 t-poche. 親子共演の映画『美味しんぼ』の会見でも、三國さんと呼び、真逆の発言をし、その場が凍り付いたエピソードも。 20代、30代は脇役が多かったが、 『あ、春』、『顔』、『KT』での演技が話題になり、それ以後、数えきれに程の映画、ドラマ、CMに出演し、受賞歴もかなりの数に上っています。 佐藤浩市は、三國連太郎が三度目の結婚の時に出来た子供なんです。 そして合計、四度も結婚しています。 結構な破天荒な人生を送った人なんですね。 祖父の三國連太郎も映画、ドラマ、ドキュメンタリー番組、CMに出演しています。 写真集も出してますし、『親鸞に至る道』など、本まで出しています。 役柄のために上下の歯を10本抜くとか、平気でする役者馬鹿ですが、その一方で約束を守らない人とも言われていたそうで、 1日待っても来ないことはざらにあり、ブラックリストに! 『釣りバカ日誌』で、西田敏行との共演が長いですが、寛一郎も『ナミヤ雑貨店の奇蹟』で共演していますから、寛一郎との違いを感じたかも知れませんね。 tbs. 【役名】芹田公一 (せりた こういち)。 尾花たちの料理にかける情熱を目の当たりにした公一は、やがて料理人として、そして一人の男として成長していく。 寛一郎がゴールデン帯の連続ドラマのレギュラーに出演するのは初めてで、しかもキムタクなど一流の俳優と肩を並べる訳ですから、どんな気持ちなんでしょう。 本人がスポニチの取材で、出演するにあたってこう語っています。 「小さい頃から映画が好きで、デビューしてからもずっと映画をやらせていただいて、いわば映画畑で育った僕が日曜劇場に出させていただける日が来るなんて、夢にも思いませんでした。 驚きも、不安も喜びもあります」 「 いい緊張感を持ってやれています」 一般人からしたら、キムタクと共演で「いい緊張感~」と言えるところが凄い感想に感じますが、もともと、祖父や父が俳優業としては大ベテランですから、小さい頃からその人たちの中で育ってますからね、当然、萎縮ってしないのかも知れませんね。 役柄が本人とは違うテンション高めで、最初はきついと思ったそうですが、キムタクとのシーンではこんな風にも言っています。 「2次元の脚本から、僕たちが3次元で演じる時、どうしても整合性の取れないことがありますが、 木村さんは例えば脚本上にはない『ん?』とかの一言をアドリブでいれてくれる。 一般人からみると、目指すものや、越えなくてはならないものが圧倒的に高いところにあるように感じるし、見えないプレッシャーもかなりあるんじゃないかと思っちゃいますが、寛一郎さんご本人はそれらのものを「こみ」で受け入れているようですね! 寛一郎さんの今後の目標も「周囲の期待にこたえるしかないと思います。 そして、いい意味で期待を裏切れる役者になりたい」と頼もしいことを言っています。 キムタク主演の「グランメゾン東京」で、連ドラ出演で寛一郎さんの存在が多くの人の目に留まるんじゃないでしょうか。 個人的には、父や祖父の強烈な個性とは全く別物の個性、寛一郎さんだからこそ演じられる色んな顔を見てみたいと思いました。

次の