チゲ 鍋。 チゲ鍋をもっと「ウマ辛く&コク深く」するために知っておきたい鍋もののコツ【あつあつ】

チゲ鍋はカロリーも低く、ダイエットに最適な食事です。乳酸菌が多いのもおすすめのポイント!

チゲ 鍋

チゲ鍋の具材で人気者リスト ちなみにチゲ鍋ってどんなものを指すのでしょう?韓国風の辛い鍋のこと? 私たち日本人的には、味噌や唐辛子などを入れた辛いスープで具材を煮込んだ鍋物をチゲ鍋と表現することが多いのですが、実はそれは間違い。 チゲは韓国語で「鍋」という意味で、鍋で煮込んだ料理全般を指す言葉です。 何を鍋で煮込むのか?によって呼び名が変わり、キムチを煮込むならキムチチゲ、純豆腐(スンドゥブ)を鍋で煮込むならスンドゥブチゲ、朝鮮味噌(テンジャン)で煮込むならテンジャンチゲ・・という風になります。 ですので純粋に考えるとチゲ鍋の意味は「鍋鍋」となってしまうのですが、この記事では私たちのイメージ通りの 辛いスープで煮込む鍋料理のこととして理解し、具材を紹介していきますね。 ウインナー• 肉団子• あさり• キャベツ• 長ネギ• ごぼう• 玉ねぎ• にんにく• 青梗菜• しめじ• えのき• しいたけ• エリンギ• 厚揚げ• 油揚げ• ちくわ• キムチ• 白ごま あれもこれもなんでも!という風にたくさん入れるチゲ鍋も美味しいけど、 メイン食材を決めて残りの具材を決めるチゲ鍋も美味しいですよ。 例えば、海鮮チゲ鍋にするなら・・海老、あさり、タラをメインにキノコ2種+白菜・ニラ・豆腐など。 豆腐をメインにするなら・・豆腐をメインに、もやし、ニラ、青梗菜、豚肉+キノコ数種類。 その日の気分や買い物具合でメイン食材を決めれば後の具材も買いやすいですよ。 キムチを入れればより味が引き締まるので、白菜を入れる代わりにキムチを入れるのもおすすめです。 トマト• 水餃子• ヤングコーン• チーズ• マロニー なすはしみしみな感じが美味しいですよ!鍋物に入れるイメージはないけど、チゲ鍋やるなら一度入れてみて!ヤングコーンはあの独特の歯ごたえがアクセントに。 トマトを入れれば旨味アップ! 水餃子は市販のものを使えば手軽に入れれるし、ボリュームアップにも役立ちます。 私は納豆好きなので、何にでも入れちゃうんですが、チゲ鍋にもこれまた合うんですよ。 栄養たっぷり、さらに濃厚! チーズはハマる人多し。 辛いところにまろやかさがたまらんです。 スポンサードサーチ.

次の

【ローソン】「チゲ鍋うどん入り」をレビューしました。

チゲ 鍋

1韓国料理の代表?!チゲ 韓国料理といえばチゲ!という人も多いはずです。 日本語のチゲ鍋という表現は、訳すと「鍋鍋」という意味になりますから、実は間違っているんですね。 韓国のチゲの特徴は、具がごろごろと多く水が少なく、味付けが濃い目だということ。 日本と同じように大きな鍋で作って取り分けて食べるのが一般的です。 チゲの代表的な種類 韓国のチゲにはいろいろな種類があります。 韓国で注文するときこれは「一体どんなチゲだろう?」と思ったことはありませんか? 簡単に代表的なメニューをあげてみましたので、韓国旅行の際に参考にしてください^^ キムチチゲ 家庭であるもので簡単にできてしまうのがキムチチゲです。 キムチと豚肉が入ったキムチチゲが一番一般的です。 キムチにと一緒に、チャムチ(シーチキン)を加えたチャムチチゲもありますよ。 最近はチャムチチゲ用のシーチキンなんてのもあります^^ テンジャンチゲ テンジャン(味噌)ベースの鍋です。 キノコ、ジャガイモ、ズッキーニ、かぼちゃなど中に入る具材は、さまざまです。 日本の味噌汁よりは濃厚な味で、煮込めば煮込むほど美味しさが増す韓国料理です。 スンドゥブチゲ 日本人にも人気のスンドゥブチゲは、辛いベースにスンドゥブ(韓国のおぼろ豆腐)を入れた鍋です。 入る具材は、あさりなどの海産物が多いですが、肉類、キムチなども入ることがあります。 プデチゲ 「プデ」が、部隊という意味で、朝鮮戦争後の食糧難の時に米軍の物資で鍋を作ったのが始まりとされています。 スパムというミートハムが入るのが一番の特徴で、キムチやソーセージやトックッ(韓国のお餅)を薄く切ったもの、というか何でも入れていい鍋という感じです。 締めは、インスタント麺を入れていただくのが定番です。 楽天で購入 ポイント2 キムチと肉の比率は3対象1 キムチと肉の比率に悩むところですが キムチ3・豚肉1の割合で作るのが一番おいしく作れます。 これを見安にすれば余ったキムチでチゲを作る場合、悩む心配がありません。 ポイント3 キムチはよく炒めるべし キムチチゲを作る場合、炒めずに水を追加するというのは邪道中の邪道。 ぜーったいよく炒めてから水をいれましょう、全く味が違うはずです。 ポイント4 水を使うな、米のとぎ汁を入れろ キムチチゲを作る場合、水を入れる人多いんじゃないんでしょうか? それよりも米のとぎ汁を使えば、臭みをとることができ香ばしい味に仕上げることができます。 米のとぎ汁は韓国のスープを作るときによく利用していますヨ。 米を研いだ時の最初の水ではなくて2~3回目のとぎ汁を利用してみてください。 どうせ捨てるものですし、騙されたと思って入れてみてください。 ポイント5 隠し味は、、砂糖 キムチチゲの隠し味はずばり、砂糖です! チゲの味とは正反対なので、ビックリしたのではないでしょうか。 キムチチゲには酸っぱいキムチを使いますが だいたい作ってみて酸っぱすぎる、まろやかさがないという場合に使える裏技です。 砂糖を入れることで、酸っぱさが取り除かれてまろやかになります。 必要な場合は味を見ながら少しずついれてみてください。 また砂糖と同じ役割をするのが、玉ねぎなんです。 砂糖を使いたくないけど、キムチは酸っぱそうだという場合なら 最初の時点で玉ねぎの量を多めにしても効果的ですヨ。 レシピを見て冷蔵庫の中の材料で作ってみましょう! 【材料】• 酸っぱいキムチ• 玉ねぎ• 大ネギ• 潰したニンニク• あればダシダ• 必要なら砂糖 【作り方】 1 キムチを食べやすい大きさに切ります。 玉ねぎは2㎝くらい縦に切って、半分に。 豚肉・豆腐はお好みの大きさに切っておきます。 2 鍋に油をひいて、キムチを炒めます。 だいたい炒まったら、豚肉も加えて炒めます。 3 鍋の中の具に被るぐらい米のとぎ汁を追加して、煮ます。 4 少ししたら豆腐・玉ねぎを加えてぐつぐつ煮ます。 キムチチゲは煮込むと美味しくなるのでよく煮込みましょう。 5 味を見て、味が薄いようならキムチの汁を追加したり、塩、ダシダを入れて味を調えます。 また酸っぱいなら、砂糖を少しずつ入れてみましょう。 6 水が少なくなってきたらネギを入れて、ひと煮立ちさせて完成です。

次の

【ローソン】「チゲ鍋うどん入り」をレビューしました。

チゲ 鍋

1韓国料理の代表?!チゲ 韓国料理といえばチゲ!という人も多いはずです。 日本語のチゲ鍋という表現は、訳すと「鍋鍋」という意味になりますから、実は間違っているんですね。 韓国のチゲの特徴は、具がごろごろと多く水が少なく、味付けが濃い目だということ。 日本と同じように大きな鍋で作って取り分けて食べるのが一般的です。 チゲの代表的な種類 韓国のチゲにはいろいろな種類があります。 韓国で注文するときこれは「一体どんなチゲだろう?」と思ったことはありませんか? 簡単に代表的なメニューをあげてみましたので、韓国旅行の際に参考にしてください^^ キムチチゲ 家庭であるもので簡単にできてしまうのがキムチチゲです。 キムチと豚肉が入ったキムチチゲが一番一般的です。 キムチにと一緒に、チャムチ(シーチキン)を加えたチャムチチゲもありますよ。 最近はチャムチチゲ用のシーチキンなんてのもあります^^ テンジャンチゲ テンジャン(味噌)ベースの鍋です。 キノコ、ジャガイモ、ズッキーニ、かぼちゃなど中に入る具材は、さまざまです。 日本の味噌汁よりは濃厚な味で、煮込めば煮込むほど美味しさが増す韓国料理です。 スンドゥブチゲ 日本人にも人気のスンドゥブチゲは、辛いベースにスンドゥブ(韓国のおぼろ豆腐)を入れた鍋です。 入る具材は、あさりなどの海産物が多いですが、肉類、キムチなども入ることがあります。 プデチゲ 「プデ」が、部隊という意味で、朝鮮戦争後の食糧難の時に米軍の物資で鍋を作ったのが始まりとされています。 スパムというミートハムが入るのが一番の特徴で、キムチやソーセージやトックッ(韓国のお餅)を薄く切ったもの、というか何でも入れていい鍋という感じです。 締めは、インスタント麺を入れていただくのが定番です。 楽天で購入 ポイント2 キムチと肉の比率は3対象1 キムチと肉の比率に悩むところですが キムチ3・豚肉1の割合で作るのが一番おいしく作れます。 これを見安にすれば余ったキムチでチゲを作る場合、悩む心配がありません。 ポイント3 キムチはよく炒めるべし キムチチゲを作る場合、炒めずに水を追加するというのは邪道中の邪道。 ぜーったいよく炒めてから水をいれましょう、全く味が違うはずです。 ポイント4 水を使うな、米のとぎ汁を入れろ キムチチゲを作る場合、水を入れる人多いんじゃないんでしょうか? それよりも米のとぎ汁を使えば、臭みをとることができ香ばしい味に仕上げることができます。 米のとぎ汁は韓国のスープを作るときによく利用していますヨ。 米を研いだ時の最初の水ではなくて2~3回目のとぎ汁を利用してみてください。 どうせ捨てるものですし、騙されたと思って入れてみてください。 ポイント5 隠し味は、、砂糖 キムチチゲの隠し味はずばり、砂糖です! チゲの味とは正反対なので、ビックリしたのではないでしょうか。 キムチチゲには酸っぱいキムチを使いますが だいたい作ってみて酸っぱすぎる、まろやかさがないという場合に使える裏技です。 砂糖を入れることで、酸っぱさが取り除かれてまろやかになります。 必要な場合は味を見ながら少しずついれてみてください。 また砂糖と同じ役割をするのが、玉ねぎなんです。 砂糖を使いたくないけど、キムチは酸っぱそうだという場合なら 最初の時点で玉ねぎの量を多めにしても効果的ですヨ。 レシピを見て冷蔵庫の中の材料で作ってみましょう! 【材料】• 酸っぱいキムチ• 玉ねぎ• 大ネギ• 潰したニンニク• あればダシダ• 必要なら砂糖 【作り方】 1 キムチを食べやすい大きさに切ります。 玉ねぎは2㎝くらい縦に切って、半分に。 豚肉・豆腐はお好みの大きさに切っておきます。 2 鍋に油をひいて、キムチを炒めます。 だいたい炒まったら、豚肉も加えて炒めます。 3 鍋の中の具に被るぐらい米のとぎ汁を追加して、煮ます。 4 少ししたら豆腐・玉ねぎを加えてぐつぐつ煮ます。 キムチチゲは煮込むと美味しくなるのでよく煮込みましょう。 5 味を見て、味が薄いようならキムチの汁を追加したり、塩、ダシダを入れて味を調えます。 また酸っぱいなら、砂糖を少しずつ入れてみましょう。 6 水が少なくなってきたらネギを入れて、ひと煮立ちさせて完成です。

次の