木下 優樹 菜 タピオカ 店舗。 木下優樹菜 姉が働くタピオカ店とトラブル インスタのコメントが恫喝みたいで営業妨害?お店の名前は?

木下優樹菜“電撃ヌード”のお値段は? タピオカ恫喝に離婚…巻き返しへ起死回生 (1/2ページ)

木下 優樹 菜 タピオカ 店舗

タレントの木下優樹菜が、姉のタピオカドリンク店を巡るトラブルについて謝罪した。 木下の姉が8月にオープンさせたタピオカ店だが、今月6日になり、木下は突然自身のインスタグラムで「もうお店には行かなくて大丈夫です」と姉とオーナーがトラブルになったことを報告。 トラブルの一因となったのは、木下が店を宣伝したことだったといい、給料明細がまだ渡されていないことを告発していたが、その後、オーナー側の人間と思われる人物がツイッターで木下から送られたというDMを公開。 「弁護士たてて、法的処理、いくらでもできる 原文ママ 」「事務所総出でやりますね」「覚悟決めて認めなちゃい おばたん」などとつづられていた。 DM公開後、木下について「恫喝では?」などの批判が寄せられることとなったが、木下は10日夜になりインスタグラムを更新し、灰色の画像を投稿。 「この度は、私の自己中心的な発言により、相手の方、相手の関係者の方々に大変不快な思いをさせてしまい、誠に申し訳ございませんでした」と謝罪した。 さらに、木下は「私の発言はいくら大切な家族のための事とは言え一方的な凄く幼稚な発言だったと思います」と公開されたDMが本物であることを示唆。 感情的になってしまったことを反省し、相手には誠意を伝えるといい、「この報道を見て不愉快な思いをされた方、本当に申し訳ございませんでした。 事務所にも大変迷惑をかけました」とし、重ねて謝罪の言葉をつづっていた。 この投稿に木下のファンからは、「これからも応援してます!」「姉思い!最高かよ」「人間だし、時には感情的になりますよね」というエールが寄せられているものの、一方では、「報道されなかったら謝罪しなかったんですか?」「恫喝は幼稚のレベルを超えてます」「事務所出したから事務所に怒られて謝罪したんじゃないですか?」という厳しい声も。 また、「不都合なコメント消さないで」「DMの内容書いたコメントは消すんですか?」と、木下が批判コメントを削除してる疑惑も上がっている。

次の

木下優樹菜がなぜタピオカで揉めているのか? 乗り遅れた人にユッキーナ炎上をまとめました(2019年10月10日)|BIGLOBEニュース

木下 優樹 菜 タピオカ 店舗

画/彩賀ゆう (C)まいじつ 姉が勤務していたタピオカ店の店主に、侮辱を含む恫喝メッセージを送っていたことが理由で、謹慎処分となっている。 騒動以降、木下はインスタグラムを更新していないが、12月4日に誕生日を迎えたことでファンから祝福のコメントが寄せられている。 【関連】ほか 木下の最新投稿は、10月9日の謝罪文。 インスタはこれ以降に更新がないが、一般人からのコメントは続々と寄せられていた。 そして4日、木下が誕生日を迎えると、インスタには、 《ゆっきーな、誕生日おめでとう 来年は少し落ち着くといいね ずっと応援してます》 《ゆっきーな誕生日おめでとう ヘキサゴンのときからずっと好き 待ってるからね》 《優樹菜ちゃん!happy birthday! 優樹菜ちゃんがまた元気で活動をするのを待ってます!》 《ユキナさん、誕生日おめでとう たくさんのユキナファンはサイレントマジョリティーなのです》 など、妄信的なコメントが上がることに。 「ゆきなかわいそ」「やること幼稚」 ファンはこのように木下を応援しているようだが、同時に、被害者に対しては追い打ちをかけているようで…。 「木下が恫喝したタピオカ店のインスタは、10月1日を最後に更新を停止しています。 しかし、そのコメント欄は、木下のインスタと同様に動き続けており、中には、『木下優樹菜さんのされたことは犯罪ですが、それならばあなたの〇〇さん(木下の姉)にしたことは陰湿そのもののように思えます』、『ねね、弁護士つけるほど? そんなことまでして大人げない…今度はたたかれるのはあなたですよ。 個人的なDMをSNSに投稿するのは、正しいことでしょうか? やること幼稚』、『ゆきなかわいそ、大人なんだから、謝罪くらい受ければいいのに』など、店長を責めるコメントまであるのです」(芸能記者) せっかく木下が自粛している中、ファンが暴走してしまうとは…。 同じ人種ということなのだろうか。

次の

恐怖...木下優樹菜の謹慎中にファンがタピオカ店への“口撃”を続行!(2019年12月6日)|BIGLOBEニュース

木下 優樹 菜 タピオカ 店舗

タレントの木下優樹菜さんが、実姉が勤務していたタピオカドリンク店に対して不適切な発言をしていたDM(ダイレクトメール)が公開され炎上。 しました。 姉勤務のタピオカドリンク店で給与トラブル? 炎上の発端は木下優樹菜さんの姉・さやかさんが、今年7月からタピオカドリンクのお店で働き始めたことから始まります。 このことを木下優樹菜さんがインスタグラムで宣伝しましたが、「ゆきなのお姉ちゃんさやかがオープンしました 20日から是非タピりにいってね(現在は削除済み)」と、まるでさやかさんがお店を開いたように紹介。 しかし、実際は経営者ではなかったようで退職に。 その後、給与の振り込みをめぐってトラブルが起きていたことを木下優樹菜さんが10月6日のインスタグラムで明かします(現在は削除済み)。 これを見たファンたちがタピオカドリンク店のインスタグラムに中傷コメントを投稿し、炎上状態となりました。 脅迫めいたDMが公開される 一方的な炎上状態にたまりかねたのか、タピオカドリンク店に関係すると思われる人物が、と木下優樹菜さんが送ったとされるしました。 公開されたDMには「弁護士たてて、法的処理、いくらでもできるからこれからの出方次第でこっちも事務所総出でやりますね」、「週刊誌に 姉がこういうめにあったって言える」との脅迫めいた内容や、「覚悟きめて認めなちゃい おばたん」といった相手をバカにするような発言が書かれていました。 そのため炎上事件は急展開。 逆に木下優樹菜さんが炎上する事態となりました。 「一方的な凄く幼稚な発言だったと思います」 炎上後、木下優樹菜さんはタピオカドリンク店に関するインスタグラムの投稿を削除。 10月9日に、以下の謝罪文を発表しました。 この度は、私の自己中心的な発言により、 相手の方、相手の関係者の方々に大変不快な思いをさせてしまい、 誠に申し訳ございませんでした。 私の発言は いくら大切な家族のための事とは言え一方的な凄く幼稚な発言だったと思います。 実の姉の事なので一時的に感情的になってしまいました。 非常に失礼な発言をした事をとても反省しております。 相手の方には、気持ちが伝わるまで、誠意を伝えたいと思います また、この報道を見て不愉快な思いをされた方、 本当に申し訳ございませんでした。 事務所にも大変迷惑をかけました。 改めまして、私の発言について、大変申し訳ございませんでした。 今後は自分の芸能人という立場をしっかりと考え、 発言には十分注意していきたいと思います。 そして、どんな時も 応援して支えてくれているファンの皆様、ごめんなさい。 なお、DMを公開した人物はあくまでも だけであり、経営者ではないとのことですが、こちらもどういった人物なのかわかっていません。 まずは相手の話を聞くべき 謝罪文でも書かれていますが、(木下優樹菜さん側から見て)被害を受けたのが実の姉ということもあり、木下優樹菜さんは大変感情的になっていたことが伺えます。 ただ、やはり家族のことであっても相手の話は聞くべきです。 もちろん家族の味方をするのは大前提ですが、聞かなかった結果がこの炎上を引き起こしてしまったと言えます。 また、勝手にお店を宣伝してしまったことも問題でした。 公開されたDM内に「インスタで宣伝したのが気に食わねえだの」とありますが、姉のさやかさんの退職に関してはインスタでの宣伝も関係していることがわかります。 有名人が宣伝すればお客さんがドッと押し寄せるでしょうが、それを迷惑に受け止める人もいます。 他人のお店を許可なく宣伝した場合、それが善意であってもトラブルが起きる可能性があります。 これは個人のブログやTwitterでも言えることですので、そのことでお店の人とトラブルになってもまずは怒らず話を聞くようにしたいものです。

次の