女性 プロテインおすすめ。 女性用プロテインおすすめランキング2018

プロテインはダイエット優良児!女性におすすめのプロテインの選び方・飲み方・注意点を紹介

女性 プロテインおすすめ

筋トレやダイエットに生かす上で、それぞれに長所や短所があります。 今回は、カゼインプロテインの特徴をご紹介します。 カゼインプロテインのメリット 満腹感が持続するのでダイエットにぴったり カゼインプロテインの特徴は、体内への吸収スピードが遅く固まりやすいことです。 胃の中に長時間留まるので、満腹感を持続させることができます。 運動と合わせて、食事量をコントロールするようなダイエットをしたい方におすすめです。 筋力維持が期待できる カゼインプロテインは、アミノ酸の一種であるグルタミンを多く含みます。 グルタミンには筋肉の分解を防ぐ働きがあります。 グルタミンを豊富に含み、体内吸収がゆっくりなカゼインプロテインを飲むことで、筋力維持が期待できます。 運動しない日や寝る前の栄養補給に 筋肉は、筋トレ後に2〜3日かけて修復し増量すると言われています。 カゼインプロテインはタンパク質の効果が持続するので、運動しない日や就寝前の栄養補給にぴったりです。 価格が安い カゼインプロテインは、ホエイプロテインやソイプロテインよりも価格が安いのが特徴です。 プロテインは継続することで効果を維持しやすくなるので、価格の安さは継続する上でのメリットと言えます。 カゼインプロテインのデメリット 吸収スピードが遅く即効性がない カゼインプロテインは吸収スピードが遅いので、トレーニング後に飲んでも即効性がありません。 急速なパワーチャージが必要な筋肥大などには、ホエイプロテインがおすすめです。 他のタイプよりも水に溶けにくい 出典: カゼインプロテインの効果を早く実感したい方には、カゼインとホエイの混合タイプがおすすめです。 ホエイの即効性とカゼインの持続性の、どちらも得ることができます。 ただし、カゼイン単体よりもホエイ混合の方が価格は高くなります。 また商品によって、カゼインとホエイの混合比率が異なります。 即効性と持続性のどちらを重視したいかで比率を選びましょう。 カゼインの種類を知ろう カゼインプロテインは、商品によって異なる組成の成分として配合されているものがあります。 飲みやすいタイミングや使いやすさで、配合成分を選びましょう。 寝る前や間食にはカゼインミセル カゼインミセルとは、牛乳のタンパク質であるカゼインをそのまま取り出したものです。 体内への吸収スピードがとても遅いので、トレーニングの休息日や就寝前、間食の置き換えとしての摂取がおすすめです。 比較的水に溶けやすいカゼインカルシウム カゼインカルシウムとは、酸によって沈殿させた酸カゼインをカルシウムで中和したものです。 「カゼイネート」とも呼ばれます。 前述のカゼインミセルより、吸収スピードが少しだけ早めです。 水に溶けにくいと言われるカゼインプロテインの中では、比較的溶けやすいタイプです。 タンパク質含有量もチェック プロテインの効果を得るには、タンパク質含有量は重要なポイントです。 カゼインとホエイの混合タイプを購入する場合は、それぞれの成分の含有量についても確認しましょう。 他の有効成分があると嬉しい プロテインの働きを強くする「EMR」 EMRとは、「酵素処理ルチン」と呼ばれる抗酸化作用が強い成分です。 こちらは、プロテインブランドである「ウィダー」が独自開発した特許成分です。 水に溶けやすく身体に吸収されやすい性質があります。 プロテインと同時に摂取することで、運動で発生した体内の活性酸素を除去する働きがあります。 また、タンパク質の合成をサポートしたり、肉や魚などの食事から摂取したタンパク質の働きを強める効果もあります。 安眠効果のある「GABA・グリシン」 カゼインプロテインの有効成分として、リラックス効果や安眠効果のある「GABA・グリシン」が配合されるタイプもあります。 特にGABAは、ストレスを和らげる作用があります。 就寝前に飲むことが多いカゼインプロテインには、おすすめの成分です。 筋肉の維持に不可欠な「グルタミン」 グルタミンとは、タンパク質を構成する「L-アミノ酸」の一種です。 筋トレ時の筋肉の修復に必要な体内物質ですが、不足すると筋力低下に繋がってしまいます。 本来は体内で生成できる非必須アミノ酸に分類されますが、筋トレ時などには不足しがちなので、有効成分として補うのもおすすめです。 味・飲みやすさも重要 カゼインプロテインは不溶性なので、そのままではドロドロして飲みにくい特徴があります。 また本来の味は薄い牛乳のような独特の味なので、飲みにくく感じる方が多いでしょう。 市販の商品には、キャラメル味やチョコレート味、抹茶味など、フレーバーを足すことで飲みやすくしたものが多数あります。 商品概要や口コミなどを参考に、自分好みの飲みやすい味を見つけるのがおすすめです。 カゼインプロテインの飲み方 効果的な飲むタイミング カゼインプロテインは体内への吸収がゆっくりなので、タンパク質の効果が持続するというメリットがあります。 就寝前や運動をしない休息日などに飲むのがおすすめです。 筋トレ後に時間をかけて行われる筋肉の修復をサポートできます。 また満腹感が持続するので、間食の代わりに飲んで摂取カロリーを減らす方法もおすすめです。 ホエイプロテインと併用するのがおすすめ カゼインプロテインはホエイプロテインと併用することで、プロテインの効果が高まります。 ホエイプロテインの吸収率の高さと即効性、カゼインプロテインの効果の持続性のどちらも得られる万能なプロテインになります。 カゼインプロテインのおすすめ9選.

次の

プロテインダイエットは女性に効果なしで太る?おすすめは?【ソイ&ホエイ】|石本美ボディブログ

女性 プロテインおすすめ

Contents• プロテインの種類 プロテインには、原料や加工方法によって、いくつかの種類があります。 それぞれのプロテインには、メリット・デメリットがあるため、その特徴を最初に紹介します。 ホエイプロテイン Whey(ホエイ)は日本語で「乳清」といい、牛乳から乳脂肪分などを除いた水溶液を指します。 身近なものでいうと、ヨーグルトの上澄みにできる液体がホエイです。 ホエイプロテインは、 身体への吸収速度が速く、運動後の栄養摂取に最も適しています。 液体に溶けやすく、味も淡泊なため、おいしさもプロテインの中では一番です。 そのため、現在市場で売られているプロテインのほとんどは、ホエイプロテインです。 「プロテインの王様」なんて呼ばれ方もします。 身近なものでいうと、ホットミルクを放置した時の上澄みにできる薄い膜がカゼインです。 カゼインプロテインは、 身体への吸収速度が遅く、就寝前など絶食時間が続く時の栄養摂取に最も適しています。 しかし、液体への溶けが悪いので粉っぽく、味はあまりおいしくありません。 そのため、ボディビルダーやアスリートなど、本格志向でトレーニングしている人以外には、あまり人気がないプロテインです。 ソイプロテイン Soy(ソイ)は日本語で「大豆」です。 その名のとおり、ソイプロテインは牛乳ではなく大豆から作られています。 カゼインプロテインと同じく、 身体への吸収速度が遅く、就寝前など絶食時間が続く時の栄養摂取に最も適しています。 また、ソイプロテインには、美容に効果があるイソフラボンも含まれています。 そのため、 女性のダイエット用プロテインとして、一番人気があります。 ただし、動物性ではなく植物性のタンパク質なので、必須アミノ酸量は少なめです。 筋肉増量を目指している人には、あまりおすすめできません。 その他のプロテイン プロテインは、ホエイ、カゼイン、ソイの3種類が一般的です。 しかし海外では、他の食品を原料としたプロテインも人気があります。 それぞれ、 いくつかメリットがありますが、日本では手に入りにくく、値段も高いです。 そのため、あまりおすすめしません。 種類 原料 エッグプロテイン 卵 ヘンププロテイン 麻 ライスプロテイン 玄米 フィッシュプロテイン 魚 ピープロテイン エンドウ豆 プロテインの精製方法 プロテインは原料だけでなく、精製方法によっても性質が変わります。 代表的なホエイプロテインの精製方法には、次の4つがあります。 最大のメリットは、製造コストが安いことによる、値段の安さでしょう。 国内で売られているほとんどのホエイプロテインは、このWPC製法です。 牛乳をフィルターで膜処理する方法と、電荷で化学的に精製するイオン交換法があります。 最大のメリットは、脂肪や乳糖などの不要な成分が、ほぼ入っていないことでしょう。 乳糖不耐症の人でもお腹を下すことなく、安心してプロテインを飲むことができます。 しかし、精製の過程で、脂肪や乳糖と同時に、カルシウムなどの有益なミネラルも、一緒に分離されてしまいます。 また、WPC製法よりも製造コストがかかるため、値段が高い特徴があります。 最大のメリットは、 脂肪や乳糖などを除きながら、ミネラルを残すことができることでしょう。 WPI製法の亜種、上位互換ともいえます。 しかしその分、WPI製法よりもさらに製造コストがかかるため、値段が高い特徴があります。 ペプチドはプロテインとアミノ酸の中間的な存在で、吸収性の高さは圧倒的にNo. 1です。 しかし、CFM製法よりさらに製造コストがかかるため、値段が非常に高い特徴があります。 ボディビルダーやプロアスリートなど、超上級者向けの最高級プロテインといえるでしょう。 プロテインおすすめランキングの対象 ホエイプロテイン このランキングは、プロテインによって筋肉をつけたい人向けに作成しています。 そのため、 最も筋肉の合成力が高い「ホエイプロテイン」だけがランキングの対象です。 ダイエットに向いている「ソイプロテイン」のおすすめランキングは、下から確認できます。 WPCプロテイン このランキングは、トレーニングやダイエットをしている一般人向けに作成しています。 そのため、 最もリーズナブルで一般的な「WPCプロテイン」だけがランキング対象です。 トレーニング上級者向けの「WPI・CFM・WPHプロテイン」のおすすめランキングは、後日作成します。 プロテインおすすめランキングの仕組み 多くのプロテインおすすめランキングでは、運営者の主観で順位が決められています。 しかし、 そのようなランキングは、広告主の意向が絡み、公平性が担保されていません。 このランキングは客観性を保つため、次の3点を公平に比較します。 品質(タンパク質含有割合) 専門的にプロテインの品質を比較する場合、次の基準が使われます。 ・アミノ酸スコア ・プロテインスコア ・PDCAAS(たんぱく質消化性補正アミノ酸スコア) ・DIAAS(消化性必須アミノ酸スコア) しかし、これらの方法での比較は、専門機関での検査が必要なため、現実的ではありません。 そこでこのランキングでは、 タンパク質含有量からタンパク質割合を計算し、プロテインの純度を比較します。 この方法であれば、簡易的に正確なプロテインの品質を比較することができます。 価格(タンパク質1gあたり) プロテインの価格比較は、1袋あたりの価格か、1杯あたりの価格を比較する方法が一般的です。 しかし、プロテインの内容量や1杯あたりの推奨摂取量は、商品によって違います。 そのため、この比較方法では、内容量が少なく、推奨摂取量が少ないメーカーの商品が優位になってしまうため、公平な比較をすることができません。 そこでのランキングでは、タンパク質1gあたりの価格を計算します。 これにより、内容量や推奨摂取量に差異があっても、公平に比較することができます。 味(おいしさと溶けやすさ) プロテインは、基本的に毎日飲むサプリのため、比較する上で味は重要な要素の一つです。 しかし、味に関しては客観的な比較をすることが難しいです。 そのため、 味については、複数の口コミレビューを参考にして、総合的に評価しています。 また私は、今回ランキングで紹介するプロテインをすべて飲んでいます。 その時に体感した液体への溶けやすさも、評価のポイントにしています。 プロテインおすすめランキング 第1位 IMPACT ホエイプロテイン 販売 MYPROTEIN(マイプロテイン) 価格 10,990円 サイズ 5,000g、2,500g、1,000g フレーバー 53種類 タンパク質量 21. 0g 含有割合 84. 2019年現在、ヨーロッパで一番売れているホエイプロテインといわれています。 フレーバーは53種類あり、ピーチティー味、チーズケーキ味など、マニアックな味もあります。 私は全種類飲みましたが、基本的に一般的な海外プロテインより甘さ控えめでおいしいです。 1gあたりの値段も安く、コスパも良好です。 特にはじめて利用する人は、 下のリンクをクリックしてから商品をカートに入れると、自動的に500円OFFになります。 高品質、低価格で美味しい、これを選んでおけば間違いないプロテインです。 第2位 ホエイプロテイン100 販売 ALPRON(アルプロン) 価格 1,944円 サイズ 1,000g フレーバー 3種類 タンパク質量 15. 6g 含有割合 78. アルプロンは、ドン・キホーテとのコラボ「刃牙プロテイン」や、自衛隊とのコラボ「ミリタリープロテイン」など、変わった商品を数多く展開しています。 しかし、このホエイプロテイン100は、業界最安値を目指して作られたシンプルな商品です。 2019年現在、1gあたりの値段は、狙い通り業界最安値になっています。 3種類の味は、かなり薄味なので、水より牛乳で割った方がおいしく飲めるでしょう。 ちなみに、アルプロンには11種類のフレーバーが用意されたWPCプロテインもあります。 そちらの方が、味が濃くておいしい、3kgの大容量があるなど、いくつかメリットがありますが、値段が少し高めなので、こちらの方がおすすめです。 第3位 ビッグホエイ 販売 BULKSPORTS(バルクスポーツ) 価格 12,001円 サイズ 5,000g、2,300g、1,000g フレーバー 11種類 タンパク質量 18. 8g 含有割合 75. かつては13kgという、超大容量販売をしていましたが、現在は行っていません。 それでも、 日本のメーカーとしては珍しい、5,000gという大容量販売をしています。 品質、価格ともに高水準で、かなりレベルの高い商品です。 味は11種類と豊富ですが、味は薄めの作りになっています。 アンチ・ドーピング栄養分析結果証明書が発行されている商品なので、ドーピング検査が必要なアスリートでも安心して飲むことができます。 0g 含有割合 80. それでいて、1gあたりの値段も4. 45円と、そこまで高くありません。 ケンタイには、純粋なWPCプロテインである「パワーボディ」という商品もあります。 しかしこちらは、ビタミンとミネラルが入っていないにも関わらず、タンパク質含有割合73. 6円と、どちらも少し劣っています。 そのため、ケンタイのプロテインとしては、こちらの方がおすすめです。 第5位 ビーレジェンドプロテイン 販売 be LEGEND(ビーレジェンド) 価格 1,000円 サイズ 3,000g フレーバー 13種類 タンパク質量 16. 0g 含有割合 75. 最近では、ストリートファイターVとコラボし、波動拳風味のプロテインを発売するなど、ユニークな商品も開発しています。 最大の特徴は、13種類の個性あふれるフレーバーです。 特に「一杯飲んどコーラ風味」は微炭酸が入っており、かなり斬新な味がします。 品質や値段は普通ですが、変わったプロテインを飲みたい方におすすめです。 第6位 マッスルフィットプロテイン 販売 MORINAGA(森永製菓) 価格 9,560円 サイズ 2,500g、900g、360g フレーバー 2種類 タンパク質量 15. 2g 含有割合 76. ホエイとカゼインのハイブリッドになっており、タンパク質を時間差で吸収することができます。 おもしろい商品ではありますが、正直どっちつかずの中途半端なプロテインという印象です。 この加工のせいか、1gあたりも5. 03円と高めのため、コスパもよくありません。 ビタミンとミネラル配合にもかかわらず、タンパク質含有量は悪くないですが、それであれば第4位のケンタイのプロテインの方が上でしょう。 第7位 マックスロードプロテイン 販売 glico(グリコ) 価格 8,140円 サイズ 3,500g、1,000g フレーバー 4種類 タンパク質量 13. 6g 含有割合 68. 8種の水溶性ビタミンに、カルシウム、鉄、葉酸などのミネラルが配合されています。 マルチビタミンサプリとしてはいいですが、プロテインとしては微妙な商品といえるでしょう。 味はかなり濃いめに作られており、牛乳で飲むとジュースのようにおいしいです。 第8位 ピュアホエイプラス 販売 Champion(チャンピオン) 価格 5,640円 サイズ 2,177g(4. 8 lbs)、907g(2 lbs) フレーバー 7種類 タンパク質量 22. 0g 含有割合 70. WPCプロテインとしては、世界でも上位の人気を誇る商品です。 最大の特徴は、とにかく味がおいしいことでしょう。 7種類のフレーバーは、どれも溶けやすく、泡立ちもほとんどありません。 それでいながら、しっかりとした甘さがあり、かなりおいしく飲むことができます。 しかし、味以外の部分で目立った特徴はありません。 あえてこの商品を選ぶ理由は少ないでしょう。 第9位 ザバス ホエイプロテイン100 販売 meiji(明治) 価格 8,524円 サイズ 2,520g、1,050g、378g フレーバー 2種類 タンパク質量 21. 0g 含有割合 71. 大型スポーツ用品店では必ず目立つ位置に置かれているため、ほとんどの方がパッケージを見たことがあるでしょう。 しかし、 知名度は抜群ですが、プロテインの質はそこまで優秀ではありません。 8種のビタミンが配合されているものの、タンパク質量は71. タンパク質1gあたりも4. 74円と高めになっています。 これであれば、第4位のケンタイのプロテインの方が、品質、価格ともに優秀でしょう。 ただし、味は安定しておいしいです。 さすが、明治が作っているプロテインといった感じです。 第10位 DNS プロテインホエイ100 販売 DOME(ドーム) 価格 13,608円 サイズ 3,000g、1,000g、350g フレーバー 2種類 タンパク質量 24. 6g 含有割合 74. かなり広告に長けている印象があり「鍛えたら、飲め。 」「うまいかどうか、飲んで決めろ!」といった挑発的なフレーズを使っています。 パッケージのデザインも、他のプロテインとは少し形が違ってかっこいいです。 しかし、プロテインのコスパは決して良くありません。 タンパク質含有割合は、ビタミン群などが入っていないにもかかわらず、74. 1gあたりのタンパク質量に関しては、今回のランキングでは唯一、6円を超えています。 商品としては、とてもおすすめできるプロテインではありません。 プロテインと併用したいサプリ 筋肉をつける上で、最も重要なサプリはプロテインです。 しかし、 効率よく筋肉をつけるためには、プロテインだけでは物足りません。 プロテインは「筋肉サプリ」と併用することにより、その効果が著しく上昇するからです。 実際、ほとんどのアスリートは、数種類の筋肉サプリをプロテインと併用しています。 しかし、一般の方には、アスリートのようなサプリの併用摂取は推奨できません。 筋肉サプリには、飲み合わせが悪いもの、摂取上限量がシビアなものがあり、スポーツ栄養学の知識がないままに摂取すると、内蔵に大きな負担がかかるからです。 また、サプリ代だけで月に数万円するため、経済的な負担も増えます。 そこでおすすめなのが、 クレアチン・BCAA・グルタミンなど、筋肉の成長に効果的な成分が一粒に丸ごと配合されている、オールインワンの筋肉サプリです。 オールインワンの筋肉サプリには、管理栄養士が組んだような、理想的なバランスの成分が配合されています。 これを飲むだけで、栄養面における筋トレ成果の無駄は、ほぼなくなるでしょう。 本格的に筋肉をつけたい方は、プロテインとの併用がおすすめです。 バルクアップHMBプロ 販売 株式会社bonds 入数 150粒 1日の推奨粒数 5粒 定期価格 5,250円 1日分の価格 175. 0円 返金保証期間 90日間 配合成分 HMB、クレアチン、BCAA、グルタミン、ビタミンB2、クラチャイダム 2017年度の顧客満足度No. 1に選ばれた、オールインワンタイプの筋肉サプリです。 筋肉の分解を抑制し、合成を促進する「HMB」が2,000mg配合されています。 さらに、筋力アップに効果があるクレアチン、疲労回復効果のあるグルタミンなど、筋トレする人にはおなじみの成分が5種類配合されています。 最大の特徴は、群を抜いた値段の安さでしょう 1日あたり200円以上が普通のオールインワンタイプの筋肉サプリにおいて、175円という圧倒的なコスパの良さを誇ります。 筋トレの効果を実感できない場合は、90日間という長い全額返金保証もあります。 プロテインと併用するサプリを探している方は、ぜひ試してみるといいでしょう。 筋トレの効果が飛躍的に向上するはずです。

次の

プロテインおすすめ18選~ダイエットや筋トレに最適!安い人気のプロテインランキング

女性 プロテインおすすめ

MEMOソイプロテインは筋肉への栄養補給を助けるだけでなく、美容と健康を助ける効果があります。 特にダイエット効果を期待するならソイプロテインがおすすめ。 中性脂肪・血中コレステロール値の低下を助けてくれます。 大豆イソフラボンには代謝や脂肪燃焼効果もあるため、代謝がアップして痩せやすい体に。 さらに女性に嬉しいのが肌代謝の働きです。 ターンオーバーを助けるので美肌効果もあります。 加えて肌老化の原因となる活性酵素を抑えるので、アンチエイジング効果も期待できます! おすすめソイプロテイン7選を比較 たんぱく質含有量が多く、口コミや評判からおすすめのソイプロテインを紹介します。 モデルのマギーさんも実際に愛用されている効果抜群の人気のソイプロテインです。 味もきなこ味と抹茶味でプロテインを初めて飲む人にも飲みやすくて継続しやすいです。 置き換えダイエットで多くの女性に愛用されている商品です。 1回あたり99円なので普通にご飯を食べるよりも節約になります。 ダイエットやボディメイクをしたい人はCRASのソイプロテインで置き換えおすすめです。 マイプロテインは世界110ヶ国以上で販売している、人気のスポーツ栄養ブランドです。 様々な割引によって価格が安いのも人気の理由ですね。 さらに無駄な成分がほとんど入っていません!純粋にたんぱく質を多く摂取したい場合におすすめです。 実はソイプロテインも販売しています。 たんぱく質以外に7種のビタミンB群、ビタミンCを配合!ビタミンを同時に摂取したい女性におすすめです。 「ザバス ウェイトダウン」も大豆のプロテインを使っています。 違いは減量時に不足しやすい「11種のビタミン」と、汗で失われるカルシウムやマグネシウム、鉄などがウェイトダウンタイプには入っています。 自分の求めるタイプに合わせて選んでみましょう。 Kentaiパワープロテイン ソイプロテインの効果的な飲み方も知っておきましょう。 ソイプロテインを飲むタイミング 運動後 筋肉をつけるなら運動直後!30分以内に飲むと筋肉量を増やす手助けになります。 寝る前 就寝中に失われるたんぱく質を補えます。 運動した日のみでもOKです。 朝食 ダイエットで腹持ちを良くしたい人、朝からたんぱく質を摂る時間が無い人におすすめ。 筋トレや運動をしている場合は、運動前ではなく「運動直後」に飲むのが最も効果的な飲み方です。 また、たんぱく質を合成する成長ホルモンは夜に失われます。 さらに朝食時にもソイプロテインはぴったり!ヨーグルとや豆乳と混ぜれば朝食代わりにもなります。 また、ソイプロテインの特徴として「ホットでも飲める」というメリットもあります。

次の