パンプキン シード。 パンプキンシード

かぼちゃの種/パンプキンシードの栄養成分や期待される効果効能・食べ方紹介

パンプキン シード

パンプキンシードオイルの効果効能 目次• パンプキンシードオイルのデータ 名前 パンプキンシードオイル、パンプキンオイル、パンプキン油、Pumpkin seed oil• Cucurbita maxima• Cucurbita pepo 科名 ウリ科 使用部位 種子 低温圧搾法 香り ナッツのような香り 色 濃い黄緑色 酸化 酸化しやすい 140. これらは同じ植物のオイルでも、原料の種類、地域、抽出方法、商品やロットなど様々な条件によって変化する数値なのでお気を付けください。 ヨウ素価と鹸化価の一覧と解説は下記をご覧ください。 パンプキンシードオイルの特徴 かぼちゃは1万年前から存在 パンプキンシードオイルは西洋カボチャやぺポカボチャの種から抽出されます。 学名のCucurbitaはラテン語でヒョウタンを示し、 maximaは最大を意味します。 アメリカ大陸で9千~1万年も前から存在していたと言われています。 特徴的な黒っぽい色 パンプキンシードオイルは、オイルの中でも珍しく、黒っぽい、濃い黄緑色をしています。 不飽和脂肪酸が多く酸化しやすいです。 また、亜鉛が豊富に含まれます。 摂取量は一日大さじ1杯 パンプキンシードオイルは栄養価がとても高く、健康増進が期待できます。 しかし摂りすぎもいいわけではありません。 大体大人が1日に摂取する量は一日大さじ1杯位とされています。 パンプキンシードオイルの効果効能 虫歯の予防、抗寄生虫作用、消化管の瘢痕形成、緩下作用、強壮作用、駆虫作用、前立腺の不調改善など 虫歯の予防に パンプキンシードオイルは、虫歯の予防にいいと言われています。 確かな研究が無いにも関わらず、多くの人がこの作用を認めているようです。 歯の変性疾患のプロセスを阻止していると考えられています。 消化管への作用 パンプキンシードオイルは、消化管の鎮静、瘢痕形成作用があります。 刺激、強壮作用 その他にも、心臓、筋肉、神経、脈管へ作用します。 刺激し、強壮し、頑健する作用があります。 子供の寄生虫に 駆虫作用や抗寄生虫作用があるパンプキンシードオイルは、子供の回虫(寄生虫)にもいいです。 朝晩の食事前にパンプキンシードオイルを小さじ1飲み、それを3週間続けます(『キャリアオイル事典』より)。 その他 その他、パンプキンシードオイルは、肺や粘膜に作用したり、駆虫剤として利用されたり、泌尿器系の疾患の利尿剤として、また、鉱物欠乏の症状に利用されます。 次はこれを要チェック.

次の

かぼちゃの種/パンプキンシードの栄養成分や期待される効果効能・食べ方紹介

パンプキン シード

パンプキンシードオイルについて パンプキンシードオイルは、読んで字のごとく 「パンプキン(かぼちゃ)」の種から搾られる油のことです。 このペポカボチャは、昔から実ではなくて種を食用としていて、種には殻がない特別な品種になります。 パンプキンシードオイル…日本ではなかなか見かけない油ですよね。 でも、発祥の地であるオーストラリアではごく一般的な油のようで、普通にスーパーで買うことができるみたいです。 パンプキンシードオイルは栄養たっぷり! パンプキンシードオイルについて、サラッと調べただけでも、さまざまな「良い効果」が期待できる油なんだな、ということが分かります。 その理由の1つが…がまず「栄養豊富」なこと。 中でもビタミンEの量は、なんとオリーブオイルの約8倍! ビタミンEは抗酸化作用がある栄養素の代表格。 体の酸化を食い止めてくれるということは、あらゆる病気や老化の予防につながるので良いことだらけ。 ほか、体にいいポリフェノールやリグナンも含まれています。 驚く効能!尿トラブルにとっても効果的 健康も美容も助けてくれる「抗酸化成分」が多いパンプキンシードオイル。 中には 「えっ!」と驚くほどの効能が期待できるようです。 尿トラブルを改善 1番目を見張る効能がこちら、さまざまな「尿トラブル」を改善する効果です。 頻尿、尿もれ、残尿感など…一見地味かもしれないけど、毎日のことなので「辛い」と感じている方が多いであろうこれらの症状に良いということです。 どういうメカニズムなのか詳しくは分かりませんが、ヨーロッパでは薬やサプリにも利用されているほどなので、その効果はお墨付きです。 精神安定をサポート 幸せホルモンとも言われる「セロトニン」の材料になる「トリプトファン」が豊富なので、精神安定効果が期待できます。 ピリピリしがちな現代人には嬉しい栄養素。 また、質の良い眠りもサポートしてくれます。 男性の前立腺肥大やAGAの予防 こちらも驚いた効能の1つ。 男性の前立腺肥大やAGA(男性型脱毛症)に有効である、ということが研究で分かっているそうです。 ドイツでは医薬品として認可されているほどなので、こちらも期待大。 老いる原因は、ずばり「活性酸素」といっても過言ではないので、その活性酸素と戦ってくれる抗酸化成分が多いのだから当然ですよね。 また、体の外側からのアプローチとしても使えるのがいいところ。 パンプキンシードオイルは保湿効果が高く、ビタミンEが肌のターンオーバーを促進するので、マッサージやヘアオイルとしても人気が高いです。 ダイエット効果 パンプキンシードオイルには中性脂肪を減らす作用があること、ポリフェノールの1種である「ロズマリン酸」が糖の吸収をゆるやかにすることから、ダイエットに良いと言われています。 でも「サラダ油」と同じくらい危険だと思う理由 ここまでをご覧いただくと「パンプキンシードオイルってもの凄く体に良さそう!」とあなたも思われたかもしれません。 まず「ビタミンEがオリーブオイルの8倍」って聞かされてびっくりだし、何より薬に利用されている実績があるくらいその有用性が証明されているわけですから。 じつは「サラダ油と同じくらい危険」だと私は思いました。 なぜなら… リノール酸が約40%とかなり多いからです。 パンプキンシードオイルの脂肪酸組成• オレイン酸:約40%• 今、サラダ油は「リノール酸が多く含まれている」ことから、摂取を控えたい油として知られつつあります。 (製法が危険…などほかにも原因はあります。 ) リノール酸が多すぎて体内の脂肪酸のバランスが崩れると、動脈硬化、糖尿病などの病気や老化を招く原因になってしまからです。 リノール酸は、必ず食品から摂らなければいけない「必須脂肪酸」ではありますが、あらゆる食品に含まれているので、油から摂る必要は一切ないんですね。 意外な使い方?アイスとの相性がいいらしい 「使いどころが難しいオイル」はたくさんありますが、パンプキンシードオイルもそのうちの1つだと思います。 嬉しい効果が期待できるけど、体に悪い要素もある。 また、「酸化しやすくて加熱に向かない」という点も使いにくさを助長するポイントです。 (保存は冷蔵庫、開封したら1ヶ月以内に使い切るのが理想。 ) とはいえ、ナッツのようなコクと甘い風味が美味しいと評判のオイルなので、「嗜好品」として使うのは個々の自由です。 ナッツの香ばしさ、濃い緑色が映えて、安いバニラアイスが高級品のようになるそうですよ。 「試してみたい!」と思うのが普通じゃありませんか?(笑) ごくたまに少しだけ使う…がベストかなと思いますが、それだと全然減らなくて酸化が進む。 ここもまた悩ましいところです。。 可能なら、なるべく小さいサイズを大人数で少しずつ消費するのが1番かもしれません。 通販サイトの「amazon」で調べてみた結果… 常食するつもりはありませんが、パンプキンシードオイル、1度は使ってみたいです。 そのときのために目ぼしい商品をあらかじめ見つけておきたいと思ったので、通販サイトのamazonで調べてみることにしました。 やっぱりほかの人の口コミ、感想ほど参考になるものはないので。 有機JAS認定されていること、低温圧搾で搾られているので安心度が高いです。 お値段は、237mlで1,800円。 (楽天では1,944円。 どちらも単品だと送料がかかります。 )100gで842円くらいです。 油としては高いですが、ほかのパンプキンシードオイルは、100gで1,000~1,700円ぐらいの価格帯だったので、これでもリーズナブルなほうみたいです。 (その差はどこからくるのかと少し気になりますが…) それから酸化対策として小さめのものは無いかと探してみましたが、1番小さいものでも90gや100mlのものでした。 そんな魅力があるパンプキンシードオイル。 私も一度は使ってみたいですが…バニラアイスに病みつきになったら怖いかも?(笑) とはいえ楽しむのも大事だと思っているので、「油と上手く付き合う」を目指していきたいですね。

次の

カボチャ

パンプキン シード

この記事の目次• 日本のスーパーで普通に売られているのは「西洋かぼちゃ」なのですが、 パンプキンとは「ペポカボチャ」を指しています。 ペポカボチャは、ハロウィンの時などに使う大きなかぼちゃで、果肉の部分を食用として使用しないのが大きな特徴です。 この大きなペポカボチャの種子からつくられるのがパンプキンシードオイルです。 パンプキンシードオイルは、オメガ分類では「オメガ6系脂肪酸」に分類され、世界ブームになる前からもオーストラリアを中心に親しまれてきたオイルです。 そしてこの、パンプキンシードオイルの効果は日本でも最近注目されるようになってきたのです。 パンプキンシードオイルに含まれる栄養素 パンプキンシードオイルは、多くはリノール酸・次にオレイン酸を含む、オメガ6系の脂肪酸になります。 さらに、パンプキンシードオイルには、以下の栄養素も豊富に含まれています。 ビタミンE• マグネシウム• カルシウム• ククルビチン酸(アミノ酸)• ロズマリン酸(ポリフェノール)• リグナン(ポリフェノール)• たんぱく質 あの大きなペポカボチャのタネから、こんなにビタミン・ミネラルをはじめ、からだの組織のベースをつくる「たんぱく質」・「アミノ酸」・「ポリフェノール類」などなど、非常に幅広い栄養素が含まれていることがわかります。 パンプキンシードオイルの効果・効能5つ パンプキンシードオイルにはどのようにカラダに良い効果があるのでしょうか? まずは代表的な効果・効能を5つほど、ここではご紹介していきます。 (1)ダイエット効果 ポリフェノールの一種である ロズマリン酸には、体内に取り入れられた炭水化物をブドウ糖に変換し、糖質として吸収されるのを防ぐ働きがあります。 ブドウ糖に分解する酵素、マルターゼの働きを抑制するためです。 ブドウ糖に分解されずそのまま体外に排出されれば、糖吸収がぐんと抑えられるというわけです。 (2)さまざまな疾患の改善効果 アミノ酸の一種である ククルビチン酸。 また、パンプキンシードオイルには、前立腺肥大・前立腺癌・男性型円形脱毛症(AGA)の改善効果があることも、研究によって証明されています。 (3)アンチエイジング パンプキンシードオイルには、オリーブオイルの実に8倍もの ビタミンEが含まれています。 ビタミンEは、近年多く叫ばれる「抗酸化成分」。 酸素によって体の組織が錆びついていくのを抑ええてくれるため、シワ・シミ・たるみといった酸化による肌トラブルの予防効果が期待されているのです。 更にビタミンEは、こちらも抗酸化力があるビタミンAと組み合わせて摂取することにより、より強力な抗酸化作用が期待できるようになります。 (4)泌尿器系を中心とした消化器系トラブルの予防 パンプキンシードオイルは、さまざまな疾患の中でも特に、泌尿器系のトラブルに効果をもたらしてくれるとする研究結果が存在しています。 頻尿・尿漏れ・残尿感といった症状が起きた場合に、利尿剤として作用し症状を緩和してくれるのです。 その他の臓器・筋肉・神経に対しても、刺激を与えることで強く頑丈にしてくれ、消化器トラブルの予防にも効果があるとされています。 (5)アレルギー症状の抑制 パンプキンシードオイルに含まれるロズマリン酸には、アレルギー症状を緩和する働きが見込まれます。 更に、ポリフェノールの一つである「リグナン」にも強い抗アレルギー作用があるために、これらダブルの相乗効果によって、よりアレルギー抑制効果が見込まれるというわけです。 パンプキンシードオイルのおすすめの食べ方 パンプキンシードオイルは、実は加熱に弱いので、お料理にそのままかけて食べるのが一般的です。 特に、以下の食べ方、食材と合わせて食べるのもおすすめです。 ドレッシングにしてサラダにかける。 仕上がったスープに数滴加える。 バニラアイスクリームにかけて味わう。 冷奴のタレに加える。 スムージーの材料の1つとして少量加える。 一日の摂取量は? パンプキンシードオイルの1日の目安摂取量は、 大さじ1程度です。 普段の食事にちょこっとだけかけるというイメージで摂取するようにすれば良いでしょう。 個人的には洋風なスープにひとかけするのもおススメ。 ナッツのような香りはありますが、特に癖が強くて他の味を邪魔するといった油ではないので、ぜひ色々な食材に試してみてください。 パンプキンシードオイルを摂取する際の2つの注意点 パンプキンシードオイルは何かと健康に良いオイルだと紹介してきましたが、摂取する際の注意点もしっかり押さえておくようにしましょう! <1> 酸化しやすい油なので早めに使い切りましょう パンプキンシードオイルは、多価不飽和脂肪酸と言う非常に酸化し易い部類の脂肪酸が63%も〆ています。 これらが50%も超えていると酸化には十分気をくばる必要があります。 酸化した油は徐々に品質を落とし、色も香りも極端に悪くなってしまいます。 少しでも酸化しにくい遮光性のあるボトルものを購入して、かつ早めに使い切ることを心がけましょう。 <2> リノール酸の摂り過ぎには注意しよう! リノール酸(オメガ6系)は体の中で合成することができないため、必ず食事から摂取しなければならないとされる必須脂肪酸。 それほどに、体の機能を維持するためには必要なオイルになります。 しかしながら、同時に今騒がれているオメガ3脂肪酸とのバランス問題にもつながりますので、あくまでも摂り過ぎには注意が必要です。 リノール酸の摂り過ぎは、アレルギー疾患・心臓病などの疾患リスクが上がるという研究結果もあります。 体に必要で健康効果もあるからと言って、一日の摂取量を守って、大量摂取することは避けるようにしましょう。 そして、亜麻仁油などのオメガ3系オイルも同時に摂ってオメガバランスが崩れないように注意しましょう。 パンプキンシードオイルまとめ~摂取量を守って積極的に取り入れよう! ビタミン・ミネラル・たんぱく質など、幅広い栄養素を豊富に含んでいるパンプキンシードオイル。 ダイエット効果、抗酸化性、アンチエイジングをはじめ、泌尿器系疾患の緩和など、多くの健康効果が期待できます。 1日に大さじ1杯程度の摂取量を守れば、とても健康的なオイルです。 野菜などにちょこっとかけるだけの量なので、毎日の食生活に少しずつ取り入れていくと良いでしょう。

次の