イラスト 顔の描き方。 初心者の「なぜか上手く描けない」を解決!顔の描き方テクニック

【イラスト講座】アタリを使った顔の描き方

イラスト 顔の描き方

今日はお絵描き講座(実践編)第一回目ということで、 アタリを使った顔の描き方について書いていこうと思います。 アタリとは、バランスをとるための目印みたいなものです。 一応注意書きをしておくと、 描き方や描き順に正解はありません。 最終目標はアタリをうまくとることではなく、 しっかり顔が描けるようになることです。 スポンサードリンク さて、早速ですがまず丸を描きます できるだけ正円に近い方がいいですが、あまりこだわる必要はありません。 次に十字を描いて顔の方向を決めましょう。 この十字は方向はもちろん、目などの顔のパーツの位置の基準にもなります。 簡単に描くとこんな感じです 十字を描く位置を調整して この状態の顔をいろいろな方向に向けてみるのも練習になると思います さて、元の十字の書かれた丸に戻ります ここから、顔の顎のラインを描いていきます。 描き順的なものが描いてありますが、右利きの僕の場合です。 描きやすい形や順序を模索してみてください。 ここでコツ的なものをひとつ。 赤い線は正中線と言います。 顔の真ん中を通る線です。 この終点が顎なのですが、 顎は若干突き出し目に描いたほうがズレが少なく見えます。 もちろんやりすぎは良くありませんが、顎のラインを引くとき迷ったらやってみて下さい。 スポンサードリンク 次に後頭部を描きます。 他のお絵描き講座ではなかなか目にすることはないんですが、個人的にとても重要だと思ってます。 これを描くとき意識するのは、 顔の全体の形です。 アウトラインとも言います。 この画像だと頭の頂点あたりから出て、ちょうど耳のあたりに線を引いてますが 顔の角度が違えば、どこから線を引いて〜というのは変わってきます。 立体を思い浮かべながらこれくらいかな、という感じで描きましょう 次に、いらない線を消して新しい線を引きました。 これは 目の基準になる線です。 この線ですが、 あまり曲げないことをおすすめします。 線を元に目を描きました。 今回はさっきの線が目の下の基準になっています。 目の描き方については「 個性」の部分なので省略します。 他サイトの講座などを見て、自分好みの目を探してください。 加えて鼻と口も描きました。 鼻は先ほどの正中線上に描きましたが、 口を正中線上に描くとほぼ確実に顎が出ます。 顔の向きと逆方向にずらして描くといい塩梅になるかと思います。 ほぼ完成ですね。 首と耳を描きたして余計な線を消しました。 首ですが、 描き始めは前に出過ぎてしまうきらいがありますので 若干引き気味に描きましょう。 背骨を起点にするとわかりやすいです。 首周りの描き方については難しいので、また別に記事にしようと思ってます。 とりあえず、基本的な顔の描き方はここまでです。 ここから髪の毛などを描きたしてくことで、キャラクターの完成です。 まとめ:アタリを使って顔を描いてみよう ちょっと斜めを向いた顔を例に描きましたが、おそらくこれが一番簡単な向きかと。 慣れてきたら最初の十字線を変更していろいろな方向を向いている顔を描いてみましょう。 こんな感じです。 お絵描き講座実践編、長くなってしまいましたが初回はここまでです。 コメント、質問などお気軽にどうぞ。 では、おやすみなさい.

次の

右向きの顔が不自然に見える

イラスト 顔の描き方

イラストでの老人の顔の描き方[顔は面長に描く] まず例として、小中学校時代の時の自分と今 出来たら10年後位 の顔を見比べてみて下さい。 個人差はあると思いますが、子供の時は真ん丸に近い形をしていたのが、年齢を重ねるごとに顔が縦に長くなっている人が多いかと思います。 もし、小中学校時代からあまり経過していない、あるいは変化が分からない人は、ちびまる子ちゃんの友蔵を思い出して下さい。 面長でおでこが広くなっていませんか? なので、最初は輪郭から描く際には、 いつも描く長さよりも少し面長に描く事を意識して描いてみると、後々描き足していく時に違和感を少なくしていけると思います。 イラストでの老人の顔の描き方[目は耳より高い位置に描く] 重複しますが、今度は小中学校時代の時の自分と今 出来たら10年後位 の顔の目の位置を見比べてみて下さい。 個人差はありますが、少しでも上に上がっていませんか? 大人の人を描く時も耳より高い位置に描きますが、30歳から40歳辺りを描く時はしわはそこまで付けずに、大人っぽく落ち着いた雰囲気に描きます。 老人になると次で紹介していますが、部分的にしわを描くことで大人とは違う雰囲気に描く事ができます。 イラストでの老人の顔の描き方[しわを描き過ぎないようにする] ただし、どこにでもしわを描けば良いという訳ではありません。 しわを描き過ぎてしまうとリアルになってしまうので、狙って描く以外は部分的に描いてシンプルにした方が良いです。 額や目尻、ほうれい線は最小限描いておくと老人っぽくなります。 あとは 目の下や顎のたるみなども場合により加えると、より説得力が増しますよ。 子供と老人の特徴とそれぞれを描いた図も載せておきます。 イラストでの老人の顔の描き方のまとめ いかがでしたか? 腰が曲がり杖を持った老人のイラストは、漫画などで狙って描く時などは良いかもしれませんが、それ以外はジョギングやスポーツ、体操等をしている老人を描くと、動きのある老人のイラストが描けます。 まずは父方母方どちらでも構いませんが、お祖父さんやお祖母さんの似顔絵を試しに描いてプレゼントしてみても喜ばれると思いますよ。 以上でイラストでの老人の顔の描き方の紹介を終わります。 ここまで読んで下さり、ありがとうございました。

次の

【顔の描き方】顔のパーツのバランスの取り方・鼻の形を知ろう!

イラスト 顔の描き方

今日はお絵描き講座(実践編)第一回目ということで、 アタリを使った顔の描き方について書いていこうと思います。 アタリとは、バランスをとるための目印みたいなものです。 一応注意書きをしておくと、 描き方や描き順に正解はありません。 最終目標はアタリをうまくとることではなく、 しっかり顔が描けるようになることです。 スポンサードリンク さて、早速ですがまず丸を描きます できるだけ正円に近い方がいいですが、あまりこだわる必要はありません。 次に十字を描いて顔の方向を決めましょう。 この十字は方向はもちろん、目などの顔のパーツの位置の基準にもなります。 簡単に描くとこんな感じです 十字を描く位置を調整して この状態の顔をいろいろな方向に向けてみるのも練習になると思います さて、元の十字の書かれた丸に戻ります ここから、顔の顎のラインを描いていきます。 描き順的なものが描いてありますが、右利きの僕の場合です。 描きやすい形や順序を模索してみてください。 ここでコツ的なものをひとつ。 赤い線は正中線と言います。 顔の真ん中を通る線です。 この終点が顎なのですが、 顎は若干突き出し目に描いたほうがズレが少なく見えます。 もちろんやりすぎは良くありませんが、顎のラインを引くとき迷ったらやってみて下さい。 スポンサードリンク 次に後頭部を描きます。 他のお絵描き講座ではなかなか目にすることはないんですが、個人的にとても重要だと思ってます。 これを描くとき意識するのは、 顔の全体の形です。 アウトラインとも言います。 この画像だと頭の頂点あたりから出て、ちょうど耳のあたりに線を引いてますが 顔の角度が違えば、どこから線を引いて〜というのは変わってきます。 立体を思い浮かべながらこれくらいかな、という感じで描きましょう 次に、いらない線を消して新しい線を引きました。 これは 目の基準になる線です。 この線ですが、 あまり曲げないことをおすすめします。 線を元に目を描きました。 今回はさっきの線が目の下の基準になっています。 目の描き方については「 個性」の部分なので省略します。 他サイトの講座などを見て、自分好みの目を探してください。 加えて鼻と口も描きました。 鼻は先ほどの正中線上に描きましたが、 口を正中線上に描くとほぼ確実に顎が出ます。 顔の向きと逆方向にずらして描くといい塩梅になるかと思います。 ほぼ完成ですね。 首と耳を描きたして余計な線を消しました。 首ですが、 描き始めは前に出過ぎてしまうきらいがありますので 若干引き気味に描きましょう。 背骨を起点にするとわかりやすいです。 首周りの描き方については難しいので、また別に記事にしようと思ってます。 とりあえず、基本的な顔の描き方はここまでです。 ここから髪の毛などを描きたしてくことで、キャラクターの完成です。 まとめ:アタリを使って顔を描いてみよう ちょっと斜めを向いた顔を例に描きましたが、おそらくこれが一番簡単な向きかと。 慣れてきたら最初の十字線を変更していろいろな方向を向いている顔を描いてみましょう。 こんな感じです。 お絵描き講座実践編、長くなってしまいましたが初回はここまでです。 コメント、質問などお気軽にどうぞ。 では、おやすみなさい.

次の