発注 お礼。 注文・発注の依頼メールで役立つ例文集【フレーズ集あり】

発注依頼|メール例文.com

発注 お礼

」です。 ~の部分には、自分が発注し購入したい該当商品の名前を具体的に入れて使用します。 「ホームページを拝見し」という文言があると、相手も顧客がどこから自社の商品をチェックしているのか、またはどの商品の話をしているのかが明確になるので分かりやすくて良いでしょう。 」です。 例えば自分の会社が相手の会社の衣料品やアクセサリーなど魅力的な商品を採用し、販売することが決まった際に使用できます。 「採用することとなり」という言葉があると、自分の会社の商品がどこかで認められ、採用されたのだなということが相手にも伝わるので効果的です。 積極的に使用してみましょう。 」です。 このメール例文では、個人もしくは会社の意思として商品購入の意思がある程度あることを相手に伝えています。 もちろん、発注依頼後の具体的な見積もりや価格交渉などを経て実際に購入するかどうかの決定をすることにはなりますが、自分や自社が気に入っていてぜひ購入したいというものなのであれば発注依頼のメールを出す段階から積極的にそれを伝えていくのも効果的です。 」です。 この例文の後に具体的な商品の名前、発注したい数や希望納品時期などを伝えるようにします。 発注処理をする相手からしても、相手がどんな商品をいくつ、どの時期に購入したいのか?を把握することは非常に重要です。 できる限りこちらでもわかる範囲の内容を相手に伝えるように心掛けましょう。 」です。 この例文は、発注前にまず相手から見積もりをしてもらいたい際に使用できます。 丁寧な敬語を使用することで忙しい相手にも配慮した例文となっています。 この例文の後に見積もりをしてもらいたい商品名、数など具体的な数字などを盛り込んだ情報を記載すると相手も分かりやすく処理もしやすいでしょう。 」です。 これは、丁寧な言葉で相手に見積もりをしてもらいたいことを伝える表現となります。 これも1つ目の例文と同様、見積もり希望の商品名、数などを明記しておくと、メールをお互い何度もやり取りすることも必要なくなるので仕事の効率化にもつなげることができます。 」です。 これは、丁寧な敬語で「見積もりを希望します」という意味を表しています。 先に挙げた2つの例文と同様、丁寧な敬語表現で言い表したものなので相手に失礼な響きで伝わることはありません。 このような表現のように、ビジネスパーソンとして相手の忙しさや職位などに配慮した言い回しができると素敵ですよね。 」です。 この例文は、まず相手が自社商品やサービスに興味を持ってくれたことそれ自体に感謝するものです。 数ある商品やサービスが溢れる中で自社の商品に興味を持ってくれるというのは会社としても喜ぶべきことですよね。 その気持ちを素直にメールで表現するのも効果的です。 」です。 これは、相手が自社商品を発注してくれたことに対して感謝を述べる例文です。 非常にストレートな表現なので、相手に簡潔に感謝の気持ちを伝えることができます。 企業側にしても、発注者がいることで自社ビジネスの経営がまわるのですから、そこにきちんと感謝の意を感じそれを伝えるのは当然のこととも言えます。 」です。 これは、相手からの発注の連絡に対して感謝を述べる例文です。 相手側も忙しい時間を割いて発注の連絡をしてくれています。 まずはその事実に対して感謝の意を述べた後、本題に入るメール構成にすると相手にも良い印象を与えることができるはずです。 」です。 これは、「発注のあった商品の注文をお受けしました。 」という意味を表す例文です。 「該当商品」という言葉だけでは曖昧で伝わりにくいなと感じる場合は、「商品名~の」という言葉に換えて表現しましょう。 例文内、「承る」という言葉はビジネスでも良く使われる敬語のうちの一つです。 」です。 これは、この例文の後に具体的な発注内容を明記する形のメール内にて使用できる例文です。 記載する発注内容には商品名、発注数や発注の日付、請求額や発送予定日などを箇条書きの形で分かりやすく記載しましょう。 相手が一目で見て理解しやすいレイアウトで書くと伝わりやすいでしょう。 」です。 これは、メール送付の目的を端的に示した例文です。 2つ目の例文と同じく、メール文中あるいは添付資料にて発注の詳細を知らせるようにします。 送付状の冒頭にはその送付状を書いた日付と相手の敬称を伴った名前を記載するようにしましょう。 書類作成では日付と相手先の名前を記載するという点を必ず押さえておきましょう。 日付と相手方の名前を記載したら、まずは「この度は~のご購入を頂き誠にありがとうございます。 」などの感謝の言葉から始めましょう。 その上で、必要であれば発送内容の詳細記載を行います。 発注依頼のビジネスメールの書き方をマスターしてビジネスにも活用しよう! 当記事では、発注依頼のビジネスメールの書き方について具体的な例文も交えながら詳しくお伝えしてきました。 発注依頼の書き方はそれがメールなのか文書なのか、あるいは個人なのか会社経由での発注なのかによって微妙に表現が変わってくるものです。 自分の状況に合わせて柔軟に内容を応用し活用していくようにしましょう。 また、この記事では発注を受けた側も活用できるお礼メールの例文もいつくかご紹介してきました。 ビジネスの基本は成果を上げることですが、もちろん、相手に感謝の気持ちを持って行うことも重要です。 ぜひお礼メールの内容も活かしてみてください。 下記関連記事内では、引き受けるの謙譲語についてご紹介しています。 依頼を受けるや受諾、承諾を表す敬語やメール表現もこちらでまとめて学べます。 興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

次の

見積もりをもらったらまずはお礼!【状況別】返信パターン4つをご紹介!

発注 お礼

発注する際のメールの書き方 まずは注文書を送付する際のメールの書き方を見ていきましょう。 件名は分かりやすく簡潔に 発注書・注文書をメールで送るときは分かりやすい件名を入力する必要があります。 発注先の担当者は日々たくさんのメール対応をしているため、見逃されないためには分かりやすさが重要です。 件名を見てメールを開くかどうか決める人も多いため、すぐに「注文」「発注」を依頼するメールだとわかるようにしましょう。 例えば、以下のような件名をつけると分かりやすいでしょう。 添付の注文書に内容は記載しているため、シンプルな内容で十分です。 また、サプライヤーと良好な関係を築くために丁寧な文面を心がけましょう。 重要な項目は箇条書きにするとわかりやすいでしょう。 また、不明点があったときのために、問い合わせ先を添えておくと丁寧な印象を与えます。 注文書・発注書はPDF形式にして添付 発注書・注文書を送るときは先方で編集されないようにWordやExcel形式ではなく、PDF形式で送ります。 相手企業との信用問題にもなりますが、先方の担当者が内容を変更して申請をする可能性もゼロではありません。 信用している取引先であったとしても、改ざんされる可能性を残さないように送ることが大切です。 また、最近では誤送信による情報漏えいも問題となっています。 そのため、注文書に重要な情報が記載されている場合は、パスワードをかけて送信することも必要です。 パスワードは注文書のメールと分けて送信しましょう。 注文書を送付するメールの文例 ここでは先程のポイントを踏まえ、注文書・発注書を添付し送付する際のメール文例を紹介します。 件名:【重要】〇〇の注文書送付の件 本文:拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。 この度は〇〇についてのお見積りをいただき、誠にありがとうございます。 弊社で検討いたしました結果、御社へ発注させていただく運びとなりましたので、注文書を添付させていただきます。 ご確認のほど、よろしくお願いいたします。 com)までご一報くださいませ。 敬具 発注メールの文例 発注書を別途作らず、メールで発注を行う際は以下の例のように、必要な情報を抜けもれなく記載しましょう。 件名:【発注依頼】〇〇の注文に関して 本文:平素よりお世話になっております。 先日は〇〇についてのお見積りをご送付いただきありがとうございました。 弊社で検討いたしました結果、ご提示いただいた価格にて以下の通り発注させていただきます。 com)までご一報くださいませ。 よろしくお願い申し上げます。 注文書送付メールや発注メールを送る際の注意点 発注書や注文書をメールで送る際は、事前に相手側へ注文書を送っても良いか、確認を取ることが大切です。 相手企業がメールに気づかない可能性があるからです。 発注書や注文書といった帳票類が電子化するようになったのも、比較的最近のことであるため、中にはFAXを中心に注文書を受け付けている企業もあります。 結果として注文書のメールに気づかずに納品が遅れることも考えられるため、注意が必要です。 既に取引している企業の場合でも、担当者が変わるような場合であれば、事前に電話やメールで承諾を得るのが無難でしょう。 メールを受け取った際の返信方法 最後に、自社が注文書をメールで受け取った際の返信方法についても見ていきましょう。 件名は変更する 注文書・発注書が添付されているメールを返信するときは、まず件名を変更してください。 一般的にそのまま返信すると件名に「Re:」がつき、送信した注文書に対する返信ということがわかりやすいです。 しかし、発注に対するお礼の気持ちが伝わる件名に変える方がベターでしょう。 」などという件名にします。 こうすると、件名を見ただけで注文メールを確認したことがわかるようになります。 当然、注文書のメールに返信しないのはタブーです。 返信がなければ注文側が発注内容が確定しているかどうか確認できないため、他企業に重複注文してしまい、トラブルに繋がる可能性もあります。 お礼や出荷状況などを記載する 返信するメールの本文には、お礼の一文と出荷状況などを記載します。 単なるお礼メールでも問題はありませんが、発注者が気にしている情報を記載すると親切でしょう。 記載した方が良い情報には、発送日・納品日・手配状況などがあります。 また、どのような注文を受け付けたか分かるように、発注内容も記載しておきましょう。 このような受発注情報の管理を効率化するツールとして 受発注システムがあります。 以下の記事で受発注システムの機能について紹介しています。 注文書・発注書メールの書き方を理解して円滑な発注を 受発注のやり取りが多い企業であれば、メールで注文書を送る機会も増えていきます。 相手企業との関係性を良好に保つためにも、正しいメールの書き方を押さえておくことが大切です。 また、メールを正しく作成することは、発注ミスをへらすことにも繋がります。 この機会に今一度、自社の発注メールについて確認しましょう。

次の

発注依頼のビジネスメールの書き方例文8選|見積もり依頼やお礼も

発注 お礼

発注に対しての返信は、相手へ注文のお礼を伝えることができる機会です。 ビジネスの場面で長文を送ることは避けるべきですが、一言でもお礼を添える習慣があると好印象につながります。 お礼メールを送る際にはどのような点を確認すべきでしょうか。 主な項目 発注メールにはお礼に加えて、発注内容に誤りがないかを併せて確認しましょう。 必要となる主な項目は以下です。 商品名• 納品先• 備考欄や特記事項 特に、個数・金額や納品日については、相違があると迷惑がかかってしまうため、しっかりと確認しておきましょう。 正しい敬語を使う 取引先に送るメールは、言葉遣いや敬語の扱いにも注意が必要です。 話すことが得意な人であっても、口語体と文語体とでは用いる言葉が異なります。 ビジネスメールでのやりとりの際に、使用頻度が高い敬語を紹介します。 もらいたいです:いただきたいです• 思います:存じます• もらいたいと思います:いただきたく存じます• します:いたします• 言ってください:お申し付けください• 中身をよく確認してください:ご査収ください また、敬語の他にも誤字や脱字がないよう、メールを送る前に文面の見直しを行いましょう。 納期についても記載する 依頼者にとって、重要なことは『希望日までに商品が納品されるか』という点です。 依頼者からのメール内容に納品日の指定や相談がある場合は、改めて納品スケジュールを確認しましょう。 また、納品スケジュールに変更がなくとも、返信時に納品日の記載を付け加えると、より丁寧な印象を与えることができます。 お礼メールの例文 相手に丁寧な印象を与えることができれば、継続的に依頼を受けることにもつながります。 好印象につながる書き方の基礎を学びましょう。 項目ごとに、具体的にどのような書き方があるかを紹介します。 宛名や結びの書き方 発注メールをもらった際に、依頼者の宛名がわかる場合とわからない場合があります。 それぞれのケースに応じて、宛名を書きましょう。 また、結びの挨拶は面識の有無によって大きな差はありません。 ここでは、一般的な内容を例として紹介します。 締めの書き方 例1: ご不明な点がございましたら、お気軽にお申し付けください。 今後とも、何卒よろしくお願いいたします。 例2: ご相談事項等がございましたら、何なりとお申し付けください。 引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。 初めての場合の挨拶文や本文の書き方 メールは文字のみのやりとりであることから、対面に比べて、内容の温度が伝わりにくい傾向があります。 メールでのやりとりであっても丁寧な印象を与えるために、初めての場合には簡単な自己紹介を挟んでおくとよいでしょう。 初めての場合のメールの参考例 お世話になっております。 この度はご注文いただき、誠にありがとうございます。 ご注文の件、頂いた条件にてお見積もりを作成いたしました。 添付ファイルにて送付いたしますので、ご確認いただけると幸いです。 なお、ご注文内容が確定しましたら、正式な注文書を手配いただきますようお願い申し上げます。 面識がある場合の挨拶文や本文の書き方 面識がある場合は、発注のお礼と要件を端的にまとめたメールがおすすめです。 面識がある場合のメールの参考例 平素より大変お世話になっております。 この度は、お引き合いをいただき誠にありがとうございます。 ご注文の件、確かに拝受いたしました。 納品スケジュール等に変更はございません。 つきましては、正式な注文書をご用意いただけますと幸甚です。 返信の際の件名について 件名のマナーは特に決まりはありません。 まずは代表的な2種類を紹介します。 また、件名の書き方は会社で統一されている場合もあるため、会社のルールを一度確認するようにしましょう。 Reを使う場合 ビジネスシーンにおいて『Re:』が失礼ではないかと迷う人がいます。 しかし、『Re:』を使用することはマナーに反することではありません。 また、件名に『Re:』があることで返信されたメールなのか、新規のメールであるかの判断がつくため、あえて消去せずに用いるケースも多く見かけます。 ただし、メールの文面と件名が大きく異なる場合には件名を見直すべきでしょう。 件名の内容を変更する場合には、ポイントとなる単語を抜いてしまったり、内容を大きく変えてしまうと、相手がメールを探すときに手間をかけてしまう恐れがあるため、相手目線で書き換えることが大切です。 件名を変更する場合 別のやりとりをしていた流れのまま、発注メールが送られてきた場合には件名を変更し、メールを分けるほうが親切です。 一つのメールの中にたくさんの内容が含まれている状況は、互いにとって内容の把握が難しくなってしまうため、意識的に分けるようにしましょう。 加えて、件名を変更する場合には、相手が一目見ただけでメールの目的がわかる件名がおすすめです。 また、件名には、商品名や依頼内容などのポイントになる単語を入れることで、過去に遡って検索をかけやすくすることができます。 些細で見落としがちな部分ではあるものの、意識することでより丁寧な印象を相手に与えることができます。 タイミング メールをもらった際には、基本的に当日、難しければ翌日のうちに返信することが理想的です。 返信は早いに越したことはありませんが、忙しいときは遅れてしまうこともあるでしょう。 しかし、相手からのメール内に確認・相談事項があった場合、連絡がないと心配をかけてしまうため、なるべく日を置かずに、返信することがおすすめです。 また、メールを送る時間帯についても配慮しましょう。 メールに限らず電話においても、あまりにも夜が遅い場合は眠りの妨げにもつながる可能性があります。 夜分になってしまう場合には、早朝もしくは始業開始時刻を目安に送付します。 引用 相手からの文面や日程調整時に、引用を用いるケースがあります。 引用使用の参考例 例1: 訪問日について、ご確認いただきありがとうございます。 下記日時にて伺わせていただきます。 指定住所にて納品させていただきます。 まとめ 発注メールは、相手へ注文のお礼を伝えられる機会です。 また、受領するだけではなく、注文内容に対して相違がないよう確認をすることで、ミスを防ぐことができます。 書き方には、ケースに応じてさまざまなポイントがあります。 口語体とは異なりますが、一度覚えてしまえば、相手を問わず使用できる表現ばかりです。 メールは文字でのやりとりのため冷たい印象になりやすいですが、細かな表現やマナーを意識して、相手に丁寧な印象を与えられるように仕上げましょう。

次の