迅速な対応 お礼。 上司に「早急なご対応」をお願いするコツ・メールでの例文

上司に「早急なご対応」をお願いするコツ・メールでの例文

迅速な対応 お礼

不測の事態が起こった、段取りが悪かったなどで相手に急なお願いをせざるを得ない場合があります。 そうすると、相手に無理をして対応してもらうことも・・。 急なお願い対応してもらった後に、 非常に大事なのがお礼。 本来は口頭でお礼をすべきですが、状況的に難しい場合もありますよね。 そんな場合には、どのようにお礼メールを送ればよいのでしょうか? そこで知りたいのが・・ 急なお願いに対するお礼のメール文章 相手の気持ちに配慮するフレーズをお伝えしていきますので、ぜひ文章に盛り込んでいきましょう。 もしも気持ちや状況が伝わらない文章を書いてしまうと、相手からの印象が悪くなる可能性も・・。 そうならないよう、 ビジネスメール で 急なお願い に対する お礼 の内容について、お伝えしていきますね!• 急なお願いにもかかわらず、迅速にご対応いただきありがとうございました。 急なお願いにもかかわらず、早々に対応していただき誠にありがとうございます。 まずは、急なお願いに対応してもらったことへの感謝の気持ちをしっかりと伝えることが大切。 そこで、「急なお願いにもかかわらず」というフレーズを入れることで、 申し訳なさを伝えることができます。 もしかすると、相手は他の仕事を後回しにして、あなたの急なお願い事に対応してくれたかもしれません。 そのため、ただ単に「ありがとうございます」のみだと、配慮が薄い印象を相手に与える可能性も・・。 そうならないよう、ぜひ 急なお願いにもかかわらずというフレーズを活用していきましょう! お礼メールを社内の人へ送る場合と、社外の人へ送る場合があります。 それぞれの状況に対する例文をご紹介していきますね。 まずは社内の人へ送る例文を見ていきましょう! 件名:ご対応いただきありがとうございました 〇〇課長 お疲れ様です。 伊藤です。 先ほどは急なお願いにもかかわらず、迅速にご対応いただきありがとうございました。 これも〇〇課長のご尽力のおかげです。 今後は事前に各部署との連携を密に取り、余裕を持ったスケジュールで対応をして参ります。 至らない点も多々あるかと思いますが、今後とも宜しくお願い致します。 この度は本当にありがとうございました。 営業部 山田 上司の方へ急なお願いをしてもらったことに対する、お礼メールを送る場合の例文です。 同僚や先輩の場合でも、同じような使い方で問題ありません。 「急なお願いにもかかわらず」という文言を入れて、相手に配慮の気持ちを伝えるようにしましょう。 私はメールを送った後に、口頭でもお礼を言うことを意識してますよ! 続いては、社外の方へ送る場合のお礼メール例文です。 株式会社ビジマナねっとの山田でございます。 〇〇様の速やかなご回答のお陰で、先方との問題をいち早く解決することができました。 本来ならば前もって順序立てすべきところを、特別にご配慮いただきまして本当に感謝をしております。 今後も何かとお世話になることと思いますが、何卒よろしくお願い申し上げます。 jp 社外に急なお願いに対応してもらった場合に送るお礼メールの例文です。 「急なお願いにもかかわらず」の基本的な使い方は社内の場合と変わりませんが、少し丁寧な文面にしています。 特に社外の方への場合だと、一度信頼を失うと取り戻すのが難しくなります。 段取りの悪い人・相手の都合を考えられない人などという印象を与えてしまうと、人間関係にヒビが入りかねません。 自分だけの評価のみならず、会社の評価まで下がってしまう可能性だってあるのです。 そのため、メールを送った後には、余程のことがない限り 口頭でもお礼を述べるという2段階を踏むようにしましょう。 そして、 今後何かお返しする・埋め合わせをするという意識を持つことが大切。 お願い事ばかりでは、面倒な人・厄介な人と思われる可能性が出てしまいます。 そうならないよう、社外の人へはお礼メールだけで済ますのは避けること。 直接会って口頭でもう一度お礼を伝えるのが、 相手の気持ちに配慮できる社会人です! もしも会うのが難しい場合には、電話でお礼を言うなど工夫しましょう。 <急なお願いに対応してもらった際のお礼フレーズがコレ!> 急なお願いにもかかわらず 急なお願いにもかかわらずというフレーズを入れることによって、 相手に配慮する気持ちを伝えることができます。 「急なお願いにもかかわらず、迅速にご対応いただきありがとうございました。 」といった文章で使うようにしましょう。 もしかすると、作業を後回しにしたり、スケジュールを変更してもらう可能性もあります。 そんな中、相手の方に迅速に対応してもらうのは、本当にありがたいことです。 「 次は自分がお返しできるように頑張る!」といった気持ちを持って、お礼メールを作成していきましょう。 急なお願いに対するお礼メールを送る場合には、ぜひ「急なお願いにもかかわらず」のフレーズを使ってみてくださいね!.

次の

お早いお返事ありがとうの使い方は?対応へのお礼の敬語・丁寧語表現は?

迅速な対応 お礼

「お早いお返事ありがとう」の使い方3つ目として、お客様に対してはあまりこの言葉は使いません。 相手の返事が早くて助かるのは、こちらが仕事を早く進められるためです。 しかし、お客さんへ「こちらの仕事が早く進んだ」という内容を伝える必要はありません。 また「早い」を使うと、相手の仕事の仕方をこちらが判断する形になってしまうため適切ではありません。 お客さんには「お早いお返事ありがとう」というお礼の言葉は適切ではなく、「早い」を除いた「ご返信ありがとうございます」とするのが適切です。 また、他の表現としては、「お心遣いをいただきましてありがとうございます」や「お気にかけていただきありがとうございます」、「格別のお取り計らいをいただきましてありがとうございます」などもおすすめです。 一般的に「早速」は話題を変える時に使われるでもあり、文頭につけて使用することができます。 また、つきあいが浅い人や目上の人に対しても使えます。 「早速」と「迅速」の違いは、「迅速」の方がよりスピード感があります。 ただし、目上の人に対して使う場合は、「早速のご連絡ありがとうございます」の様に「早速のご(お)~、(いただき)ありがとうございます」の形にした方がよりスマートです。 「お返事」そのものは丁寧語ですが、こちらの方がより丁寧な印象を与えます。 下の記事は、お褒めの言葉への返事の仕方をご紹介しています。 敬語や謙譲語の使い方や返信例など、日常生活でとても参考になります。 「お早いお返事ありがとう」の別の言い方1つ目は、早い返事を相手の「格別のお取り計らい」として、「格別のお取り計らいをいただきありがとうございます」と言います。 お客様や部署が違う人は一緒に仕事をしていない目上の人に「迅速な返信ありがとうございます」は使わない方が良いという考え方もあるようです。 「お早いお返事ありがとう」には、「早く返信をしこちらの業務を気使ってくれてありがとう」という気持ちを伝える場面でもあります。 そのような場面でよく使われる言葉に「格別のお取り計らい」があります。 「格別のお取り計らい」は「あれこれ便宜を図り物事を進めてくれる心遣い」という意味があります。 「お取り計らいくださいまして」や「ご親切にお取り計らい」などでも同じ意味になります。 ビジネスの敬語や丁寧語が学べるおすすめの書籍1冊目は、PHP文庫の「正しい敬語の使い方」です。 敬語は大人のマナーであり、人間関係を豊かにするものであります。 日常生活でいざというときに恥をかかないために、基本的な敬語の使い方から丁寧に解説されています。 著者は話力の研究や指導をしてきた方です。 例えば、尊敬語や謙譲語、「お」「ご」の使い分け、「れる」「られる」の使い方などが掲載されています。 日常生活で自信を持って敬語が使えるようになるための練習帳と言える本です。 レビューでは、「日常様々なケースに触れており、敬語の初級者でも難しくない」という声がありました。 敬語の自主トレ本というべき本であり、敬語が苦手な人もポイントが太字になっておりわかりやすいです。 この本では、よくある会話や実際の想定場面での敬語の使い方を紹介しています。 読みながら声に出して実践してみましょう。 練習するうちに敬語の使い方のコツが身に付く本です。 敬語の自主トレ本と」。 敬語が苦手な人でもポイントとなる部分が太字になっているのでわかりやすいです。 お早いお返事ありがとうの敬語・丁寧語表現を使いこなそう! 「お早いお返事ありがとう」の使い方やお礼の敬語・丁寧語表現についてご紹介しました。 この言葉を相手に失礼のないように伝えるためには、「早い」という単語は使用せず、「迅速」「ご返信」などを使った表現が好ましいようです。 「お早いお返事ありがとう」の敬語・丁寧語表現を使いこなしましょう!•

次の

社内対応お礼メール|メール例文.com

迅速な対応 お礼

「迅速な対応」の意味 「迅速な対応」の意味は、「 周囲の状況やありさまなどに合わせて、なるべく素早く事にあたること」になります。 同時に、自分以外の相手に対して、「 周囲の状況やありさまなどに合わせて、なるべく素早く事にあたってもらったこと」に対して感謝する場合に、日常的によく使われている言い回しでもあります。 迅速な対応の使い方・例文7選 お礼のメールによく使われる「迅速な対応」 「迅速な対応」というフレーズには、習慣的に感謝の意を表したり、感謝の気持ちを相手に伝えたいという場合に多く使われます。 つまり、メールを出す相手から受けた「迅速な対応」に感謝するメールや手紙文でよく使われます。 それ以外の使い方では、おもに口頭で「迅速な対応」というフレーズがよく使われます。 この言い回しは、よく口頭で感謝の気持ちを相手に伝える場合に使われます。 目上の方にも使って良いフレーズです。 同様にメールでの言葉遣いの関連記事がありますので、合わせてごらんください。 「迅速なご対応をしていただき誠にありがとうございます」の例文 「迅速なご対応をしていただき誠にありがとうございます」の例文は、相手の対応への感謝の文章をして使います。 たとえば「貴社との合同のプロジェクトにつきまして、迅速なご対応をしていただき誠にありがとうございます」といった使い方をします。 この言い回しは、口頭で感謝の意を伝えるよりは、主にメールや手紙文などで多く使われるフレーズです。 口頭で使うには、少々堅苦しい言い方ですが、その分敬語としてよく使われる言い回しであるといえます。 「平素より迅速なる対応をしていただきありがとうございます」の例文 「平素より迅速なる対応をしていただきありがとうございます」というフレーズは、主にメールや手紙文での冒頭の言葉として使われます。 例文としては「弊社とのお取引におかれましては、平素より迅速なる対応をしていただき、誠にありがとうございます」という使い方をします。 この言い回しはどちらかというと、口頭で感謝の気持ちを相手に伝える場合に多いです。 「感謝します」という言い方は、そのまま相手に伝えてもよく、目上の方に対して使っても失礼な表現ではありません。 「迅速な対応に感謝します」の例文 前述のように、「迅速な対応に感謝します」というフレーズは口頭で使われることが多い言い回しです。 たとえば「クレームの件につきましては、翌日には返金処理をいただきまして、迅速な対応に感謝します」とか、「折り返しのご連絡をいただき、迅速な対応に感謝します」という使い方をします。 この言い回しは、口頭でも、メールや手紙文にもよく使われる言い回しです。 文の中に「大変」や「誠に」をいれると、それだけで大変改まったニュアンスを盛り込むことができる表現です。 「迅速な対応をしていただき感謝いたします」の例文 「迅速な対応をしていただき感謝いたします」というフレーズは、そのへりくだった言い回しのために、主に取引先や目上の方に対して使い、メールや手紙文の冒頭としても使えます。 たとえば「貴社におかれましては、平素から迅速な対応をしていただき、誠に感謝いたしております」という使い方をします。 この言い回しは主に口頭で相手に伝えられ、これからの行動をできるだけ素早くすることを相手に願うフレーズです。 「迅速な対応をお願いいたします」の例文 「迅速な対応をお願いいたします」という言い回しは、対等な関係の相手や、部下などに対して使われます。 「こちらの顧客の方に対しては、普段から迅速な対応をお願いいたします」とか、「開演時間が迫っていますので、駆け込んでこられるお客様には、迅速な対応をお願いいたします」という使い方をします。 この言い回しも主に口頭で相手に伝えられ、2人以上の多人数で何かに取り組んでいる場合に使われます。 グループで何かを成し遂げるときの、「掛け声」として使われることが多いフレーズで、メールや手紙文ではあまり使われません。 「迅速な対応をしていきましょう」の例文 前述のように、「迅速な対応をしていきましょう」というフレーズは、多人数で何かに取り組んでいるときの雰囲気を盛り上げるときに使いますので、目上の方にはあまり用いません。 「このプロジェクトは、先輩の肝いりのものなので、そのことを忘れずに迅速な対応をしていきましょう」という使い方を、主に口頭で使います。 この言い回しは、顧客や取引先からクレームが入った時などに多く使われるフレーズなので、まず「申し訳ありません」という謝罪の言葉を入れて、「申し訳ありません。 迅速な対応のご連絡をさせていただきます」というように使います。 「迅速な対応のご連絡をさせていただきます」の例文 前述のように、「迅速な対応をさせていただきます」というフレーズは、多くはクレーム処理に使われます。 たとえば、「大変申し訳ありませんでした。 迅速な対応のご連絡をさせていただきます」とか、「ご迷惑をおかけいたし、申し訳ございませんでした。 迅速な対応のご連絡をさせていただきます」といった使い方をします。 たとえば「先日ご連絡させていただきました件につきまして、早速の対応にお礼を申し上げます」という使い方をします。 たとえば「先日クレームを申し上げましたが、素早いご対応にお礼を申し上げます」という使い方をします。 「痛み入ります」は「いたみいります」と読みます。 意味は「恐れ入ります」と同じニュアンスです。 「先日ご連絡させていただきました件につきまして、早速のご対応に痛み入ります」といった使い方をします。 たとえば「先日問い合わせさせていただきました内容につきまして、素早いご対応をいただきお礼を申し上げます」とか、「先ほど連絡させていただきました件につきまして、素早いご対応にお礼を申し上げます」という使い方をします。 たとえば「貴社の担当者の方から早速のご連絡を頂きまして、ありがとうございます」とか、「担当者の方から早速の対応を頂きまして、誠にありがとうございます」といった使い方をします。 「賜る」は「もらう」の謙譲語で「目上の人から物などをいただく」という意味です。 「先日お問い合わせいたしました件について、迅速な対応のご連絡を賜りお礼を申し上げます」という使い方をします。 (私たちはあなたの迅速な対応に感謝します)」です。 「appreciate」は良く知られている「thank you」の丁寧な表現です。 「I sincerely appreciate your swift action. (私はあなたの迅速な対応に心から感謝します。 )」というように使います。 「早速の」「素早い」などに置き換えられる「迅速な対応」の類語 「迅速な対応」という言葉は「早速の対応」や「素早い対応」という類語があります。 ただし、「迅速な対応」の多くは、相手の対応への感謝として使われますが、「早速の対応」や「素早い対応」はクレームをもらった時の処理などに使われるので、ニュアンスに注意しましょう。 「素早い対応をありがとうございます」とか、「素早い対応に感謝いたします」といったように、口頭で感謝の意を相手に伝えることが多いフレーズの類語です。 クレームが入った時に、口頭で「できるだけ素早い対応をさせていただきます」というようにも使えます。 「迅速」と「早急」は類語であり、どちらも「行動や活動の速度が早いありさま」を表しますが、使い方のニュアンスに若干の違いがあります。 「早急な対応」は「迅速な対応」と違って、クレームや問題発生など、対応しなければならない事態が起こった後にだけ使います。 「早速な対応をお願いいたします」という使い方のほかに、「迅速な対応」のように「早速な対応」も感謝の意を相手に伝えるときにも用いられます。 例えば、「先日お願いした件ですが、担当の方に早速な対応をしていただき、ありがとうございます」という使い方をします。 ビジネスになれれば使いこなせる「迅速な対応」という表現 「迅速な対応」という表現は、使われている言葉そのものには感謝の意味を含む文字は使われていませんが、ニュアンスとして感謝の気持ちを相手に伝える場合に多く使われることが多いです。 ですが、類語もいろいろあり、「早急な対応」というフレーズのように、類語とはいえ若干のニュアンスの違いがある言葉もあります。 こういった微妙な言葉の使い方には、年配の方の評価は厳しいものですので、できるだけ早く使い方に慣れたいものです。 若い世代の方は、文字離れとか読書離れしている方が多いとは思いますが、世界的な基準で見ても、日本は極端に文盲率の低い国ですので、「知りませんでした」という言い訳は通用しません。 なので普段からビジネスメールに使えるフレーズはなるべく慣れるようにしたいものです。 仕事の分野に関するネットや本はなるべく読み、「挨拶文」や「敬語」にかかわる言葉の一般的な使い方には、普段からなれるように心がけましょう。 自分一人でビジネスメールが書けるようになると、自ずから自信もあふれてくるものです。

次の