イオン web 明細。 [安全性情報]<イオンマークのカード会員さまへ重要なお知らせ>は本物のAeonです

イオンウォレットの使い方と評価。紙明細に110円払うつもり?

イオン web 明細

発信元は0570-064-750番です。 内容的に問題なし、リンクもAeonっぽいのでイオンからの連絡だろうとは思いましたが、イオンカードに問い合わせてみました。 <イオンマークのカード会員さまへ重要なお知らせ> 2019年11月5日 火 お引落とし分よりご請求明細書の郵送は停止し、Webでのご確認に変更させていただきます。 詳細は下記をご確認ください。 本当に送っていた AEON CARD AEON CARDのコールセンター 0570-071-090 に電話して聞きました。 先方から聞かれたのはSMSの受信日と、送信元の電話番号でした。 調べていただいたところ、間違いなくAeon Cardから送ったものだそうです。 リンクを開いてみた リンク先には、下記のページが用意されています。 SMSの内容どおり、11月5日分から郵送がなくなるそうです。 コールセンター電話手続きの手順 コールセンターはナビダイヤルなので有料です。 1秒でも短くしたい人は選択番号を先読みしましょう。 最初の設問は全員に共通して『*』を押す作業です。 次に問合せの種別選択1回目。 その他なので『2#』になります。 次の選択は色々とありまうがその他なので『8#』です。 次にクレジットカード番号が聞かれますので、カードを用意します。 入力したくないひとはオペレーターにつながるようですが、用件が伝わらないといけないと思い番号を入力しました。 最後に暗証番号です。 これが終わると、順番待ちになります。 今回は2〜3分でつながりました。 発信者電話番号 AEON CARD まずSMSの発信元番号、0570-064-750とはどこの番号かを調べました。 架けてみるとわかりますが、架けなくても調べればわかります。 イオンカードの問合せ用の電話番号です。 ただし、自動音声案内なので何がわかるということもございません。 また、ナビダイヤルなので通話料がかかります。 Aeonからメール配信 2019年7月9日 イオンクレジットサービス株式会社から『【重要】ご請求明細書の郵送は停止します。 Web明細への変更について』という標題のメールが届きました。 最近、何を信じて良いかわからず怪しい電話やメールを無視することがありますが、Aeonカードについては本物のようです。 メールが偽物であったとしても11月から明細が切り替わることは本当の事です。 いつもイオンマークのカードをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。 イオンクレジットサービスより、カード会員さまへの重要なお知らせです。 この度、紙の消費やCO2の排出を抑え、環境保全につながる取組みとして、2019年11月5日 火 お引落とし分より、ご請求明細書の郵送を停止し、Webでご確認いただくサービス「Web明細」へ変更いたします。 「Web明細」のご登録はお済みでしょうか。 ご登録いただくと、ご請求明細書がPDFファイルにて24ヶ月分ご確認可能、ご請求額案内メールも配信されます。 イオンカード公式アプリ「イオンウォレット」では、簡単に「Web明細」にご登録いただけます。 aeon. aeon. ご容赦ください。 ご質問・ご要望につきましては、下記よりお問い合わせください。 aeon. aeon. 2014年10月10日に最初の配信、2019年5月16日に更新され下記番号が使われると報じられています。 022-771-1583(イオンクレジットサービス仙台管理センター) 043-213-2071(イオンクレジットサービス東京管理センター) 043-215-7560(イオンクレジットマネジメントサービス) 043-274-9967(イオンクレジットサービス) 059-350-5160(イオンクレジットサービス中部管理センター) 06-6873-9020(イオンクレジットサービス大阪管理センター) 0120-117-316(イオンクレジットサービス) 0120-749-964(イオンクレジットの信用サービス).

次の

海外からご利用の会員さまへ|イオンカード 暮らしのマネーサイト

イオン web 明細

イオンカードの明細をネットで確認するための手順 以下の3つの手順で、 いつでもどこでも簡単に 明細を確認できるようになります。 簡単に書きましたが、 その「登録」が意外と面倒くさくて 思わず先送りしてしまうんですよね。 メールアドレスだったりパスワードだったり カード番号だったり・・・ たくさん入力するのは嫌です。 私もイオンカードを持っているのですが、 今まで毎月1回送られてくる 紙のご請求明細でのみの確認でしたので、 今回重い腰を上げて登録してみました! 紙の明細書の請求額の下の枠に 「イオンスクエアメンバー仮ID」が記載されています。 カードを手元に用意しておりましたが、 カードについての入力は裏面の数字3桁の セキュリティーコードのみでしたよ。 また、私の場合は、ネットで 明細が確認できるようになれば 紙の明細書は不要でしたので、 「Web明細(環境宣言)」を選び、 今後郵送されないようにしました。 そうすると、停止1回毎に ときめきポイント10ポイントプレゼントだそうで、 一石二鳥でした! 明細書に同封していたお知らせや クーポンはウェブでダウンロードできるようです。 ネットで確認できる内容 イオンスクエアメンバーの登録が終われば、 「Mypage」で様々な内容を 確認することができます。 カードのご請求額の確認はもちろん、 現在のご利用額の確認、 溜まったポイントの確認・交換などです。 実際に私が今回登録した Mypageを確認してみると、 過去3か月分の請求額と その明細を簡単に見ることができました。 「Web明細(環境宣言)」への登録で、 過去2年間の郵送される明細書と 同じ明細をPDFでダウンロードすることが可能でした。 その他にも、キャンペーンの確認・応募、 カード登録内容の照会・変更、 WAONの利用照会・交換などもできます。 Mypageをスマートフォンの ホーム画面に登録したり、 パソコンのWebお気に入りに ブックマークしたりすれば、 より素早く確認できるようになります。 まとめ 今回は、イオンカードの明細をネットで 確認するための手順と確認できる 内容についてお伝えしましたが、いかがでしたか。 イオンスクエアメンバーに登録するときは、 手元にご請求明細書とカードを準備して、 仮IDを使った登録で時間を短縮してくださいね。 登録が終われば、Mypageにログインして 利用明細、請求明細、ポイントなどが 確認できるようになります。 その際はぜひ皆さんも、 「Web明細(環境宣言)」で郵送停止をし、 毎月ときめきポイントを お得にゲットしてみてはいかがでしょうか。

次の

イオンカードのWEB明細(環境宣言)郵送の利用明細との違いやメリットはある?

イオン web 明細

WEB明細に切替える事でいくつかのメリットが有ります。 イオンカードのWEB明細(環境宣言)について イオンカードのWEB明細(環境宣言)は、従来の郵送での紙の利用明細書をやめて、全てインターネットのオンライン上で明細を確認する事が出来るサービスです。 WEB明細に切替える事で、いつでも好きな時にパソコンやスマホなどから明細をチェックする事が出来ます。 また、いくつかのメリットがあります。 イオンカードの紙の利用明細を止めるとどうなる? イオンカードの紙の利用明細を止めて、WEB明細(環境宣言)に切替えた場合、以下の郵送が無くなります。 毎月の紙での利用明細書の送付• 同封されているカードインフォメーションや催事情報などの案内 これらが全て止まり、代わりに全てインターネットでの明細及びお知らせやクーポンダウンロードへと変わります。 イオンカードのWEB明細(環境宣言)の特徴や特典、メリットなど イオンカードのWEB明細(環境宣言)の特徴や切替えた場合のメリットなどは以下のようなものが有ります。 請求が有った翌月にときめきポイントがプレゼントされる 郵送ではこの特典は無く、WEB明細(環境宣言)のみの特典となり、 請求が有った翌月は ときめきポイントが10Pプレゼントされます。 また、イオンJMBカードの場合は5マイルがプレゼントされます。 ポイントの付与は 翌月26日頃に付与されます。 もし、毎月イオンカードを利用していて請求があれば1年間でWEB明細だけで120Pもときめきポイントを貯める事が出来るのでとても大きいです。 (JQ SUGOCAやJMB JQ SUGOCAはポイントプログラムがときめきポイントでは無いので対象外となります) 郵送による紙の明細よりも早くに請求額が分かる イオンカードの場合、通常郵送にて紙の利用明細書が送られてくるのはだいたい月末の24~25日頃に郵送されて来ます。 しかし、WEB明細なら それよりも早い19~20日に先月分の利用確定のメールが配信されてきます。 いつでも確認ができ、過去24ヶ月分が残り、印刷も可能 ふとした時に、イオンカードの利用金額が以前はどれくらいだったかチェックしようとした場合、イオンカードのWEB明細(環境宣言)を利用していれば、パソコンやスマホから簡単に確認する事が出来ます。 しかも、過去24ヶ月分の明細が保存されていて閲覧する事が出来ます。 わざわざ紙の明細を残しておく必要は有りませんし、どこに行ったか探す必要も有りません。 また、紙の利用明細では処分の際に個人情報など気を使う部分もありますが、WEB明細ならそういった事は気にする必要が有りません。 もちろん、WEB明細(環境宣言)にしていて、紙での明細が必要となった場合、紙で残したい場合には印刷する事も可能ですのでこの辺はWEB明細にしていても自由に出来ます。 催事情報やクーポンはマイページで 郵送の際に同封されていた催事情報やクーポンなどは、全てWEBに代わります。 クーポンなどはのマイページにログインしてクーポンをダウンロードする事が出来ます。 マイページの左のナビゲーションのWEB明細(環境宣言)の項目にクーポンの確認のボタンが有ります。 イオンカードのWEB明細(環境宣言)の登録・解除方法 イオンカードのWEB明細(環境宣言)は、好きな時に登録又は解除する事が出来ます。 また、イオンカードを新規申込の方は申込時にWEB明細(環境宣言)にするかの選択がありますので、そちらでも選べます。 ・ 申込みの時にはWEB明細に申込まず、後からWEB明細に切替える事も可能です。 WEB明細(環境宣言)の登録方法 イオンスクエアメンバーのマイページにログインしてWEB明細(環境宣言)の登録手続きを行う事が出来ます。 マイページにログインする• マイページ左のナビゲーションにあるWEB明細(環境宣言)登録情報部分にある「お申し込み」を選択する• WEB明細(環境宣言)のページで、下部にある「WEB明細へ登録する」を選択• メールアドレス入力画面があるので、自分のメールアドレスを入力し、「確認画面へ進む」を選択• 内容の確認画面が表示されるので、内容を確認して「手続き申込み」を選択 これで、紙の明細からWEB明細へと切替わります。 WEB明細(環境宣言)の解除の方法 やはり従来通り紙の郵送での利用明細がいいと言う場合には、WEB明細(環境宣言)を解除して郵送に切替える事が出来ます。 但し、この場合は請求毎の10P付与は無くなります。 マイページにログインする• マイページ左のナビゲーションにあるWEB明細(環境宣言)登録情報部分にある「ご登録内容の変更」を選択する• WEB明細(環境宣言)のページで、下部にある「変更・解除」を選択• 変更・解除の画面で、メールアドレスの変更、解除するとありますので、解除するの方にチェックを入れ下部の「確認画面へ進む」を選択• 内容の確認画面が表示されるので、内容を確認して「手続き申込み」を選択 これでWEB明細から紙の利用明細の郵送に切替わります。 WEB明細(環境宣言)の切替わりのタイミング イオンカードのWEB明細(環境宣言)への切替わりのタイミングは手続きをした日によって変わります。 毎月10日(23:59)までに登録をすると、当月から先月分の請求金額確定メールが送られてくるようになります。 もし、10日を過ぎて登録すると翌月からの切替わりとなり、その月はまだ郵送にて利用明細が送られてきます。 (WEB明細(環境宣言)の利用に対する特典のポイント付与もさらに後になります) 登録出来るのは本会員のみで、家族カード、ETC専用カード、法人カードなどは対象外となっています。 また、JQ SUGOCA、JMB JQ SUGOCAはWEB明細(環境宣言)に切替えても特典のときめきポイントプレゼント対象外となっています。 イオンカードのWEB明細利用での注意点など イオンカードのWEB明細(環境宣言)を利用する場合の注意点としては、郵送の場合は明細が届きますのでチェックはすると思います。 WEB明細の場合、利用確定のメールが配信されてはきますが、しっかりチェックしない可能性も出てきます。 また、利用明細の詳細を確認するには、イオンスクエアメンバーのマイページにログインして自分からチェックしに行く必要が有ります。 送ってもらうのではなく自分から見に行く必要があるので、怠る可能性も出てきます。 利用明細は毎月必ずチェックする事は大切で、クレジットカードの不正利用を早期発見でき対応出来ます。 WEB明細に切替えても普段からのチェックは大切です。 ・ 引落しが確認出来なかった場合は郵送されてくる 万が一、イオンカードの支払いで毎月2日に設定口座からの引落しが出来なかった場合、従来の紙での郵送で送られてきます。 また、発行元のイオン銀行側が必要と判断した場合には郵送で送られてきます。 イオンカードでは電話でも利用明細の請求額を確認できる イオンカードの場合、WEB明細(環境宣言)や紙の利用明細の郵送の他にも、電話でも利用明細の請求額の確認を行う事が出来るようになっています。 音声サービスなので、24時間年中無休での対応となっています。 イオンカードのテレホンアンサー(自動音声応答サービス)に電話をする事で確認出来ます。 方法としては音声自動応答サービスなので、案内に従ってボタンを押して進んでいく形になります。 尚、この方法はあくまでも補助的なものです。 利用明細に関しては郵送又はWEBのいずれかとなり、ちょっとした時に請求額が確認出来ないときに、電話で簡単に照会するものです。

次の