デビ 夫人 本名。 呆れた美化し過ぎのデヴィ夫人ヒストリー。彼女は普通の神経の持ち主ではない <ファミリーヒストリー デヴィ夫人>(NHK総合): J

デヴィ夫人の子供は何人いるの?娘はカリナでその旦那は誰?孫がいる?

デビ 夫人 本名

中学卒業後は、東京都立三田高等学校定時制部に進学すると同時に、150倍の難関を突破して千代田生命保険(現・ジブラルタ生命保険)に入社したが、昼休みや休日にも 貧しい家計を維持するため、喫茶店などでのアルバイトを掛け持ちし続ける日々を送った。 1956年に父が亡くなった事に伴い高校を中退した後、 赤坂の有名高級クラブ「コパカバーナ」で働く。 デヴィ夫人の家庭はもともと裕福ではなかったため、生活のために喫茶店や高級クラブで働いていました。 スポンサーリンク ちょうどその時期に 帝国ホテルの入り口でスカルノ大統領に出会い、なんとお互いに一目惚れしたそうです。 その後、スカルノ大統領から直接手紙が届けられ、 インドネシアに旅行に行ったところプロポーズを受けてそのまま結婚することを決めたとのこと。 最近では イッテQなど体を張る仕事を引き受けていることも…!(笑) 特に出川さんとのロケは息ぴったりで筆者も毎回必ずチェックしていますw かつての日本人名は「根本七保子」だった!そういえばハーフじゃなくて日本人だったw インドネシアのスカルノ元大統領の第3夫人という肩書を持つデヴィ夫人。 その経歴だけでなく、 外国人のようなパッチリとした目や高い鼻、またメディアで見せるズバズバした物言い、そして英語を話せることから、ハーフや外国人だと思われがち。 しかし旧名の本名は、根本七保子。 ラトナ・サリ・デヴィ・スカルノというのはインドネシア名で 元々の本名は根本七保子さんみたいです。 まるで お人形にようにきれいですね…。 芸能界の大御所の中では吉永小百合さんが一番綺麗と思っていたのですが、吉永小百合さんとはまた違った美しさや妖艶さのようなものがあります^^ デヴィ夫人は スカルノ大統領との間に誕生した一人娘がいらっしゃいます。 名前はカリナ・サリ・デヴィ・スカルノで51歳とのこと。 デヴィさんは 25歳の時に彼女を産んだそうです。 相手は政界の大物などもいる超VIP。 なんと…デヴィ夫人は 若い頃から既に入れ歯をしていたのではないか?という噂。 ネット上では お客さんへの接待のために…という情報もありますが、以前デヴィ夫人の密着取材を見ていたところ、 彼女は虫歯ゼロで今も入れ歯をつけていないそうなんです。 そもそも入れ歯というのは歯が抜けていないと付けられないものなので 入れ歯に関する噂はデマかと思われます。 若い頃にコールガールをしていたとの噂も!?真相が気になる! コールガールと聞くと化粧品を電話で宣伝して売りまくる職業というイメージがあるかもしれません。 その コールガールをデヴィ夫人が若い頃にしていたという噂…。

次の

デヴィ・スカルノ

デビ 夫人 本名

デヴィ夫人はクォーターなんでしょうか? 歳をとっても美しく品のある顔のデヴィ夫人。 インドネシアのスカルノ大統領の第3夫人としてつとめ、大統領の亡くなったあとは日本で芸能人として仕事をしています。 もうそんな経歴を聞いただけでも外国人のようなイメージですよね。 そんなデヴィ夫人ですが、あのハーフ顔はどこからきたのでしょうか? もしハーフでないとすればあの日本人離れした顔はクォーターだからでしょうか? どこかに外国人の血が入っているとしか思えない日本人離れしたデヴィ夫人の美しさのなぞを祖先などの情報をもとに追っていきます。 デヴィ夫人のびっくりするような美しさが気になる人は読みすすめてみてくださいね! <わかる範囲でのデヴィ夫人の先祖> 父方の曽祖父:根元兵吉 (茨城・平磯でカツオ漁師) 父方の祖父 :根元兵三郎(海難事故以降、海産物店経営) 母方の祖父:笠原房治(千葉・睦沢で大農家) 母の旧姓名:笠原まさ ちなみにデヴィ夫人の父方の曾祖母や祖母、デヴィ夫人の母方の祖母などの情報はありませんでした。 江戸時代にまでさかのぼる昔の話ですし、父方の先祖は漁師をしていたとはいえ外国との関係はなかったようです。 それに 茨城沖だと外交があった横浜などの港に近いわけでもない。 なので 外国人との交流があったとは考えにくいですね。 母方は広大な土地を持つ農家だったといいます。 なのでここに出てこなかった女性たちにホリの深さに関係するような外国人の血が流れていた 可能性はほとんどないでしょう。 デヴィ夫人のハーフ(ひかえめにいってクォーター)顔は天然でまったくの幸運から生まれたといえます。 デヴィ夫人も若い頃とんでもなく美人だよね ハーフかと思うくらい…そりゃ一国の大統領が見染めて嫁にするわってレベル — ちず🐣 chizuoou 両親が日本人でもまるで外国風な顔になることがあるんですね! あなたの周りにもいませんか? ちょっと化粧しただけでハデ顔になるあの子。 小さいときからパッチリおめめで異様にかわいい子。 デヴィ夫人もそんな 日本人離れした日本人なんですね。 一部の情報では『外国からの客を相手にするために西洋人っぽく整形したのでは?』といわれています。 ) デヴィ夫人は後にインドネシアのスカルノ大統領に見初められてインドネシアにお嫁入りしました。 でもよく考えてみると外国のお客がそのナイトクラブにくるのは 日本人に接客してほしいからですよね。 なので 当時のデヴィ夫人が外国人ウケしたかったから あえて外国人風に整形したという考えはありえないかなと思っています。 だってそれではせっかく日本に来たのに『日本人の美しさ』を見られないってことですからね。 外国風の美しい女性に接客してほしかったら外国人が働いているところにいくでしょう。 それか自国に帰ってからのお楽しみにすると思います。 デヴィ夫人がなぜハーフ顔でクォーターみたいなのかまとめ.

次の

デヴィ夫人はハーフ?国籍は?母親や父親・実家の家族構成や出身地は?

デビ 夫人 本名

ハーフではありません。 貧しかった少女時代 デヴィ夫人のお父さんは、大工の棟梁だったのですが、 お人好しで、お金を取らずに家を建てられていたことから、 家庭は貧しかったそうで、 デヴィ夫人は、1955年、15歳の時、 貧乏から抜け出すために女優になろうと決意されると、 「東芸プロダクション」に研究生として入団。 演技や舞踊などを習い始めると、 エキストラとしてテレビや映画に出演され、 お金を稼ぐようになったそうです。 中学時代のデヴィ夫人 そして、中学卒業後は、定時制高校に進学されるのですが、 エキストラだけでは満足な収入が得られなかったため、 「千代田生命保険会社」(現・ジブラルタ生命保険)に就職され、 お昼休みの1時間は会社の近くの喫茶店でアルバイトを、 土日もコーヒーショップでアルバイトをして、 貧しい家計を支えられたのでした。 高校時代のデヴィ夫人 高級クラブ「コパカバーナ」で働き、世界進出を模索 しかし、1956年には、 お父さんが亡くなってしまい、高校は中退。 ただ、その後も引き続き、様々な仕事を掛け持ちして、 家計を支えられていたデヴィ夫人は、 翌年の1957年、17歳の時に、 アメリカ人宝石商のジェイムズ・ベイカーさんと知り合われ、 お金持ちだったベイカーさんに、 いろいろなところに連れて行ってもらうようになると、 その中のひとつ、赤坂にある有名高級クラブ、 「コパカバーナ」に出入りするようになります。 そして、 「コパカバーナ」のオーナーだった、 長尾久子さんに気に入られ、 「コパカバーナ」で働き始めると、 持ち前の美貌で 「プリンセス」と呼ばれるなど、 瞬く間に人気者となられたのでした。 18歳当時のデヴィ夫人 ちなみに、デヴィ夫人は当時を振り返り、 お客さんの90%が外国人。 世界の社交場のような名声を得ていて、 当時の大学新卒の給与が1万ぐらいだった時代に、 その時のテーブルチャージは、 フランク・シナトラが歌った夜は1人10万円。 どのぐらい豪華なクラブだったかお分かりかしら。 新聞の朝刊に米上院議員のテッド・ケネディ氏が来日したとあると、 その夜には彼の姿がそこにあるぐらいの世界の社交場。 ここで働く女性はファッション誌から抜け出したような人たちばかり。 そして、ここへ遊びにいらっしゃる紳士たちは女性の椅子を引き、 飲み物をオーダー、ダンスをする時は手を差しのべる、 すべてがレディーファースト。 わたくしは美しい花、 そう「レディ」に憧れを抱いておりました。 と、明かされているのですが、 実は、デヴィ夫人が 「コパカバーナ」で働く理由には、 自立や家計を支えること以外にも、英語を話せるようになる、 という目的もあったそうで、 働きながら、英会話の練習をする日々を送り、 一流の外国人と会話を交わしながら、 世界進出を模索するチャンスを伺っていたのでした。 スカルノ大統領との出会い すると、1959年、19歳の時、 旧帝国ホテルのプルニエ(フランス風の魚介類料理専門のレストラン) で友達と待ち合わせをしていたところ、 ちょうど、来日中で、同ホテルでパーティーをしていた、 インドネシアのスカルノ大統領に一目惚れをされ、 なんと、その場で、大統領の側近から、 大統領と一緒にお茶を飲みませんか? と、誘われると、案内されるままに、 大統領の隣に座らされたそうで、 スカルの大統領と当時20歳のデヴィ夫人。 (大統領官邸ムルデカ宮殿にて) デヴィ夫人は、その時のスカルノ大統領について、 大きな目はキラキラと輝き、チャーミングな八重歯が印象的。 第一印象で、慈悲深い大きな優しさを感じ、一瞬、 イナズマに打たれた気がしたのは今もハッキリと覚えています。 クラブで働いていたので、 外国の富豪とは対等にお付き合いしてきましたが、 それでもその時の雰囲気は特別! とても緊張しましたが、 しばらく談笑してその日はお別れいたしました。 と、明かされています。 Sponsored Link 文通後、インドネシアへ その後、デヴィ夫人は、スカルノ大統領から、 「写真を送ってほしい」と手紙をもらったそうで、 写真を添えて返信されると、 それ以来3ヶ月間、文通されていたのですが、 ある日のこと、いつものように、 スカルノ大統領からの手紙を受け取ると、 そこには、 2週間ぐらいインドネシアに遊びに来ませんか? と、書かれてあったのだとか。 実は、当時、デヴィ夫人は、 アメリカやフィリピンの大富豪たちから求婚されていたそうで、 それでも、自分の人生は他にあるのではないかと、 決めかねていた折の、スカルノ大統領からの誘いに、 多少、国の大統領であるという不安はあったのですが、 「インドネシアへ行ったら、何か閃めきがあるかもしれない」 と、思われたそうで、 インドネシア行きを決意されたのでした。 に続く.

次の