インター ナビ リンク プレミアム クラブ。 インターナビ・リンク プレミアムクラブ

インターナビ・リンク プレミアムクラブ

インター ナビ リンク プレミアム クラブ

QQコールのみ退会手続きを行なう場合は2通りの退会方法がございます。 お客様のご都合に合わせていずれか、ご選択ください。 なお、上記のインターナビ・プレミアムクラブ退会手続きを行ないますと、QQコールは自動的に退会になります。 また、サービス期間中に退会した場合でも年会費は返還されません• 販売店店頭で申請する ご登録いただいた販売店、または、最寄の販売店へご来店いただき退会を申請してください。 Honda Total Careコールセンターに依頼する Honda Total Careコールセンターでの退会手続きはお客様の承認が必要なため、郵送手続きのみ承っております。 の「ご契約者」、「E. 退会届出書 QQコール」欄のみ明記の上、下記のあて先までご郵送ください。 なお、郵送の形式は問いません。 (退会届出書のA~D欄は記入して頂かなくて結構です。

次の

インターナビ・リンク プレミアムクラブ

インター ナビ リンク プレミアム クラブ

には「新型コロナウィルスの感染拡大によって携帯電話への移行手続きが困難になっている事情などを受けて、全国の医療機関をはじめとするお客さまから延期のご要望を多くいただいている状況に鑑みて決定したものです。 」と記載されており、PHS端末のサービス終了延期にともない、インターナビ・3Gプランの終了日も延期になったものとみられる。 ワイモバイルから封書が届いた。 「ご利用のPHS向け料金プランは2020年7月末をもって終了します」と書かれているが、インターナビ用に契約している「インターナビ・3Gプラン」のことに違いない。 でも、あれはPHSじゃなくて、ソフトバンクの3G回線を利用したサービスだからPHSサービス終了の影響は受けないんだ。 旧ウィルコムのサービスでひとまとめに事務処理しやがって、これだからワイモバイルは…、とブツブツ言いながら封書を開けてみた。 結論から言えば、私も対象だった。 「提供を終了する主な料金プラン」のリストを確認すると、インターナビ・3Gプランが対象に含まれている。 このほか、新ウィルコム定額プラン、お知らせ窓センサー専用プランのほか、カーナビ使い放題プラン、カーナビ・ライトプランなど旧ウィルコム時代からのサービス名が軒並み列挙されていて、PHSも3Gも関係ないようだ。 一気に整理してきた。 ソフトバンクの3G回線を利用し、通信料金は完全定額で毎月定額1,080円(税込)である。 2011年10月に機器の発売に合わせてプランが提供され、私は同年12月に購入している。 途中に中断期間もあったが、都合5年半ほど使っている。 車載器専用でありデータ通信量も多くないことから、通信速度やエリアを論ずるような製品ではない。 このプランがなくなりインターナビ・データ通信USBが使えなくなると、リンクアップフリー非対応のインターナビは容易に調達できる通信手段を失うことになる。 代替手段としては、DUNプロファイルによるBluetoothテザリングが可能なスマートフォンやケータイか、インターナビのオプションであるUSBテザリング用の接続ケーブルが考えられるが、いずれも今から調達することは難しいだろう。 とは言え、私がこのプランを利用しているのは、まもなく車齢10年になろうという2009年型インサイトのインターナビであり、車のライフサイクルから見ても妥当なところ。 通信機能を失ったとしてもナビ単体での動作やFM波によるVICS受信など必要最低限の機能は引き続き利用できる。 また、2011年11月以降に発売されたリンクアップフリー対応のインターナビは通信機器こそ同じだが今回のプラン提供終了の対象外と思われる。 封書には本件の問い合わせ先としてワイモバイルカーナビサポートデスクが掲載されているのみだが、ワイモバイルのWebサイト「」ではスマートフォン・携帯電話への切替キャンペーンが案内されている。 インターナビ・3Gプランの代替手段とはならないが、一見の価値はあるかも知れない。 【参考】•

次の

internavi LINC Premium Club

インター ナビ リンク プレミアム クラブ

には「新型コロナウィルスの感染拡大によって携帯電話への移行手続きが困難になっている事情などを受けて、全国の医療機関をはじめとするお客さまから延期のご要望を多くいただいている状況に鑑みて決定したものです。 」と記載されており、PHS端末のサービス終了延期にともない、インターナビ・3Gプランの終了日も延期になったものとみられる。 ワイモバイルから封書が届いた。 「ご利用のPHS向け料金プランは2020年7月末をもって終了します」と書かれているが、インターナビ用に契約している「インターナビ・3Gプラン」のことに違いない。 でも、あれはPHSじゃなくて、ソフトバンクの3G回線を利用したサービスだからPHSサービス終了の影響は受けないんだ。 旧ウィルコムのサービスでひとまとめに事務処理しやがって、これだからワイモバイルは…、とブツブツ言いながら封書を開けてみた。 結論から言えば、私も対象だった。 「提供を終了する主な料金プラン」のリストを確認すると、インターナビ・3Gプランが対象に含まれている。 このほか、新ウィルコム定額プラン、お知らせ窓センサー専用プランのほか、カーナビ使い放題プラン、カーナビ・ライトプランなど旧ウィルコム時代からのサービス名が軒並み列挙されていて、PHSも3Gも関係ないようだ。 一気に整理してきた。 ソフトバンクの3G回線を利用し、通信料金は完全定額で毎月定額1,080円(税込)である。 2011年10月に機器の発売に合わせてプランが提供され、私は同年12月に購入している。 途中に中断期間もあったが、都合5年半ほど使っている。 車載器専用でありデータ通信量も多くないことから、通信速度やエリアを論ずるような製品ではない。 このプランがなくなりインターナビ・データ通信USBが使えなくなると、リンクアップフリー非対応のインターナビは容易に調達できる通信手段を失うことになる。 代替手段としては、DUNプロファイルによるBluetoothテザリングが可能なスマートフォンやケータイか、インターナビのオプションであるUSBテザリング用の接続ケーブルが考えられるが、いずれも今から調達することは難しいだろう。 とは言え、私がこのプランを利用しているのは、まもなく車齢10年になろうという2009年型インサイトのインターナビであり、車のライフサイクルから見ても妥当なところ。 通信機能を失ったとしてもナビ単体での動作やFM波によるVICS受信など必要最低限の機能は引き続き利用できる。 また、2011年11月以降に発売されたリンクアップフリー対応のインターナビは通信機器こそ同じだが今回のプラン提供終了の対象外と思われる。 封書には本件の問い合わせ先としてワイモバイルカーナビサポートデスクが掲載されているのみだが、ワイモバイルのWebサイト「」ではスマートフォン・携帯電話への切替キャンペーンが案内されている。 インターナビ・3Gプランの代替手段とはならないが、一見の価値はあるかも知れない。 【参考】•

次の