ご冥福 お悔やみ。 「ご愁傷さまです」「お悔やみ申し上げます」もう迷わない正しい使い方

冥福を祈るとはどんな意味の言葉?実は使わない方が良い場合も多い言葉です。

ご冥福 お悔やみ

番号 用途 文例 SN01 お悔やみ(一般) ご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げます。 SN02 お悔やみ(一般) ご逝去を悼み、ご冥福をお祈り申し上げます。 SN03 お悔やみ(一般) ご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます。 SN04 お悔やみ(一般) ご生前のご功績を偲び、心からご冥福をお祈り申し上げます。 SN05 お悔やみ(一般) ご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げますとともに、 心からご冥福をお祈りいたします。 SN06 お悔やみ(一般) ご逝去の報に接し、心から哀悼の意を捧げます。 SN07 お悔やみ(一般) ご逝去の報に接し、心からお悔やみ申し上げます。 SN08 お悔やみ(一般) ご生前のご厚情に深く感謝するとともに、 故人のご功績を偲び、心からご冥福をお祈り申し上げます。 SN09 お悔やみ(一般) ご逝去の報に接し、在りし日のお姿を偲びつつ、 ご冥福をお祈りいたします。 ご遺族皆様のお悲しみをお察し申しあげますとともに、 故人が安らかにご永眠されますようお祈りいたします。 ご生前のお姿をお偲びし、悲しみにたえません。 安らかにご永眠されますようお祈りいたします。 ご遺族皆様のお悲しみをお察し申しあげますとともに、 安らかなるご冥福を心からお祈りいたします。 お別れにも伺えず残念でなりません。 心から哀悼の意を表しますとともに、 安らかにご永眠されますようお祈りいたします。 SN14 お悔やみ(一般) 突然の悲報に接し、誠に痛恨の極みです。 ご家族皆様のご心痛いかばかりかと お察し申しあげますとともに、 在りし日のお姿を偲び、 心からご冥福をお祈りいたします。 優しい笑顔、共に過ごした思い出等、在りし日の 思い出は尽きません。 遠くから手を合わせ、安らかにご永眠されますよう、 お祈りしております。 ご生前の笑顔ばかりが思い出され、胸が痛みます。 教えていただきたい事が沢山ありましたのに、 残念でなりません。 心よりご冥福をお祈りいたします。 SN17 お悔やみ(一般) 突然の訃報、驚きと悲しみでいっぱいです。 幾多のご厚情を思えば、すぐにでも最後のお別れに 駆けつけなければならないのですが、 参列できず残念です。 衷心よりご冥福をお祈り申しあげます。 故人と共に過ごした日々を思い出すと、胸が詰まります。 ご生前のご厚情に深く感謝いたしますとともに、 安らかなご永眠をお祈りいたします。 SN19 お悔やみ(一般) ご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申しあげます。 ご遺族皆様のお気持ちを思いますと心が痛みます。 安らかにご永眠されますよう、心よりお祈りいたします。 お元気だった頃が走馬灯のように思い出され、 深い悲しみでいっぱいです。 どうぞ安らかにお眠りください。 ご家族皆様のお悲しみ、ご落胆を思いますと、 胸が張り裂けんばかりです。 心からご冥福をお祈りいたします。 ここに謹んでお悔やみ申しあげ、故人の安らかなる ご冥福を心よりお祈りいたします。 ご遺族の皆様のお悲しみは、 いかばかりかとお察し申しあげますとともに、 謹んでご冥福をお祈りいたします。 SN24 お悔やみ(一般) 突然の悲報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます。 ご遺族様のお悲しみいかばかりかと拝察いたします。 お別れもできず、残念です。 故人のご冥福をお祈りいたします。 SN25 お悔やみ(一般) いつまでもお元気で長生きしてくださるものと 思っておりましたので、大変残念でなりません。 在りし日のお姿を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。 SN26 お悔やみ(一般) 社長様のご訃報に、当社社員一同、 謹んで哀悼の意を表します。 ご遺族の皆様ならびに社員ご一同様に、 心からお悔やみ申しあげます。 SN27 お悔やみ(一般) ご逝去の知らせを受け、誠に驚いております。 ご生前のお姿を偲び、心よりご冥福をお祈りいたします。 遠方のため駆けつけることができず、残念です。 どうかご遺族の皆様もお力をお落としになりませんよう、 ご自愛下さい。 ご冥福をお祈り申し上げます。 どうかご遺族皆様もお気持ちを強く持って、ご自愛下さい。 故人が安らかにご永眠されますようお祈りいたします。 ご遺族皆様に謹んでお悔やみを申し上げますと共に、 心より故人のご冥福をお祈り申し上げます。 SN31 お悔やみ(一般) 突然の悲報に接し、誠に痛惜の念でいっぱいです。 ご家族皆様のご心痛をお察し申しあげますとともに、 在りし日を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。 SN32 お悔やみ(一般) ご逝去の報に接し、悲しみにたえません。 心よりご冥福をお祈りいたします。 衷心より哀悼の意を表します。 いたってご健康と伺っておりましただけに、 申し上げる言葉もございません。 皆様のご落胆もいかばかりかと存じますが、 どうぞご自愛くださいませ。 ご冥福をお祈りいたします。 SN35 お悔やみ(一般) このたびの訃報に接し、いまだ信じられません。 生前のご厚情に深く感謝申しあげますとともに、 謹んでご冥福をお祈り申し上げます。 SN36 お悔やみ(一般) 突然の訃報に接し、大変驚いております。 遠方のため駆け付けることができず申し訳ありません。 在りし日のお姿を偲び、謹んでご冥福をお祈り申し上げます。 SN38 お悔やみ(一般) 突然の悲報に接し、ご遺族様のお悲しみは いかばかりかと拝察いたします。 遠方により、お別れもできず残念です。 故人のご冥福をお祈りいたします。 SN39 お悔やみ(一般) 突然の悲報に接し、いまだ信じられずにおります。 遠方のためお別れすらできず、誠に申し訳ございません。 心よりご冥福をお祈りいたします。 SN40 お悔やみ(一般) 突然の悲報に接し、ご家族様のご心情 いかばかりかとお察しいたします。 ご生前のお姿をお偲びしますとともに、安らかに ご永眠されますようお祈りいたします。 SN41 お悔やみ(一般) 突然の悲報に接し、呆然自失のありさまです。 お元気だったころのお姿ばかりが目に浮かび、 いまだに信じられずにおります。 今はただ、故人の安らかなるご永眠を祈るのみです。 SN42 お悔やみ(一般) 突然の悲報に接し、驚いております。 残されたご家族皆様の落胆ぶりを考えると、 すぐにもお慰めに飛んでまいりたい気持ちですが、 遠方により、それも叶わず残念でなりません。 遥かな地よりご冥福をお祈りいたします。 SN43 お悔やみ(一般) 突然の悲報に接し、ただ驚いております。 ご家族様のご心情いかばかりかとお察しいたします。 遠方の地より謹んでお悔やみ申し上げますとともに、 故人のご冥福をお祈りいたします。 SN44 お悔やみ(一般) 悲しいお知らせに、ただ呆然としております。 ご生前の笑顔ばかりが思い出されます。 お別れにもうかがえず残念でなりませんが、 どうぞ安らかな旅立ちでありますよう 心からお祈りいたします。 SN45 お悔やみ(一般) ご逝去の報に愕然といたしました。 働き盛りのお元気だった故人の面影が目に浮かびます。 教えていただきたいことが、沢山ありましたのにと悔やまれます。 安らかなるご永眠を心よりお祈り申し上げます。 SN46 お悔やみ(一般) 突然の訃報に接し、呆然としております。 最後のお別れにも伺えず、残念です。 ご生前の笑顔ばかりが思い出されます。 どうぞ安らかな旅立ちでありますようにと 遥かな地よりご冥福をお祈りいたします。 SN47 お悔やみ(一般) 突然の悲しいお知らせに接し、謹んでお悔やみ申しあげます。 本来ならば拝眉の上、 お悔やみ申し上げるべきところでございますが、 遠方ゆえお伺いできないことをどうぞお許しください。 在りし日のお姿を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。 ご家族皆様へのお慰めの言葉もございません。 今はただ、心からご冥福をお祈りいたします。 ご生前をお偲びし、悲しみにたえません。 安らかなるご永眠を心よりお祈り申し上げます。 お別れにも伺えず、申し訳ございません。 心からご冥福をお祈りいたします。 心から哀悼の意を表し、 安らかにご永眠されますようお祈りいたします。 お別れにも伺うことができず、残念でなりません。 安らかにご永眠されますことを心からお祈りいたします。 どうぞお気を強くお持ちになってください。 心よりご冥福をお祈り申し上げます。 これからという時に突然他界され、ご両親様の悲しみ、 ご無念のお気持ちはいかがばかりかとお察し申し上げます。 心より故人のご冥福をお祈り申し上げます。 心よりご冥福をお祈りいたします。 安らかにご永眠されますことを心からお祈りいたします。 SN57 お悔やみ(一般) ご逝去の報に接し、謹んで哀悼の意を表します。 心より故人のご冥福をお祈りいたします。 ご生前のご指導に感謝いたします。 ご功績に敬意を表し心からご冥福をお祈りいたします。 安らかにご永眠されますよう心よりお祈りいたします。 心よりご冥福をお祈りしています。 そのうち会えると思っていた矢先の悲報に、 とても残念でしかたがありません。 安らかにご永眠されますようお祈りいたします。 元気だった頃の背筋をしゃんと張られた姿を思い出し、 とても残念でなりません。 安らかにご永眠されますようお祈りいたします。 いたってご健康と伺っておりましただけに、 ただ残念でなりません。 ご葬儀には残念ながら出席できませんが、 遥かな地より心からご冥福をお祈りいたしております。 SN64 お悔やみ(一般) ご逝去の報に接し、大変驚愕しております。 幾多のご厚情に対するご恩返しもできず、 誠に痛惜の念でいっぱいです。 安らかにご永眠されますようお祈りいたします。 SN65 お悔やみ(一般) 突然の悲しいお知らせに接し、言葉を失っております。 故人の在りし日を偲び、 心よりご冥福をお祈りいたします。 SN66 お悔やみ(一般) 悲報に接し、心からお悔やみ申しあげます。 ご家族皆様がお力を落としている中、 お慰めするすべもなく、無念でなりません。 ただ故人のご冥福を祈りあげるばかりです。 SN67 お悔やみ(一般) ご逝去の報に接し、謹んで哀悼の意を表します。 ご生前の笑顔ばかりが目に浮かびます。 どうぞ安らかな旅立ちでありますよう、 心からお祈りいたします。 SN68 お悔やみ(一般) 突然の悲報に接し、動揺のあまり声も出ませんでした。 ご遺族の方々のお悲しみはいかばかりかとお察しいたします。 心からご冥福をお祈りいたします。 父もすっかり肩を落とし、在りし日の思い出に 声を詰まらせています。 故人の安らかな旅立ちをお祈りいたします。 SN70 お悔やみ(一般) 最愛の友の訃報を聞き、言葉を失っております。 仕事を愛し、家族や友を愛し、何事にも一生懸命だった故人。 ご遺族皆様のご心中をお察し申しあげ、 心からご冥福をお祈りいたします。 SN71 お悔やみ(一般) 突然の悲報に接し、動揺のあまり声も出ませんでした。 ご遺族皆様のお悲しみはいかばかりかとお察しいたします。 心からご冥福をお祈りいたします。 遅ればせながら心ばかりのお線香をお贈りしますので、 仏前にお供えいただければ幸いです。 ご家族みなさまがおだやかな年末年始を過ごされますよう、 心からお祈り申し上げます。 天国にいってしまうのは寂しいけれど、 ゆっくりと休んでください。 そして私達みんなを見守っていてね。 在りし日のお姿を偲びつつ、 ご冥福をお祈りいたします。 ST03 お悔やみ(一般) ご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。 これからも御家族お力を合わせて、 励ましあいながらこの度のご不幸を乗り越えられる事を 心よりお祈りいたします。 ご生前をお偲びし、悲しみにたえません。 故人のご冥福をお祈りいたします。 お二人のご傷心を思うと、涙がこぼれます。 心から哀悼の意を表します。 ST06 お悔やみ(一般) 突然の悲報に接し、驚いております。 残されたご家族の皆様のご心情をお察しし、 すぐにもお慰めに飛んでまいりたい気持ちですが、 遥かな地よりご冥福をお祈りいたします。 OR01 お悔やみ(一般) (オリジナル文例 ご逝去の知らせを受け、弊社全員ただ、ただ驚いております。 先日まであんなにお元気でいらしたので、驚きを禁じ得ません。 ご生前のお姿を偲び、心よりご冥福をお祈りいたします。 OR02 お悔やみ(一般) (オリジナル文例 海の見える小高い丘の上にある写真館。 1枚1枚違う表情の家族の写真がありました。 楽しそうな家族に喧嘩している家族、笑顔の家族に、 違う方向を見ている家族。 でもこれはどれもあの人が作った理想の家族だったのです。 故人のご冥福を心よりお祈りいたします。 素晴らしい人生をあなたと分かち合えた喜びは 何物にも替えがたく感謝しております。 ご家族の皆様には大切な人を亡くした悲しさの現実を 今は受ける余裕は無いとお察し申し上げますが、 一刻も早く立ち直られる事が故人の願いでもあると思われます。 ご生前のお姿を偲び、心よりご冥福をお祈りいたします。 OR04 お悔やみ(一般) (オリジナル文例 在りし日のお姿を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。 故人には生前、本当に良くして頂き、 何のお返しも出来ないままのお別れとなってしまいました。 残された皆様におきましては、今後も御家族お力を合わせて 一日も早くお悲しみから立ち直られますように。 謹んでお悔やみを申しあげます。 OR05 お悔やみ(一般) (オリジナル文例 大きな川の向こうは仏様の世界で彼岸といいます。 その反対側の岸は此岸と言って苦しみの世界です。 心からご冥福をお祈りいたします。 OR06 お悔やみ(一般) (オリジナル文例 「天国はすごくいいところらしい。 だって、行った人が誰一人帰ってこないのだから」 と言う笑い話があります。 不謹慎だとは思わないで下さい。 残された御家族の皆様に少しでも、 故人と精一杯の人生を謳歌された喜びを感じていただき、 力一杯明日からの人生を歩んで頂きたいのです。 故人のご逝去に深く哀悼の意を表します。 OR07 お悔やみ(一般) (オリジナル文例 レオナルドダヴィンチの言葉に 「あたかも良く過ごした一日が、 安らかな眠りをもたらすように、 良く生きられた一生は、安らかな死をもたらす。 」 という諺があります。 故人こそ、この言葉通りの人生をまっとうされました。 謹んでお悔やみ申し上げます。 OR08 お悔やみ(一般) (オリジナル文例 「裏を見せて、表を見せて、散る紅葉」 有名な良寛和尚の理想的な最期の捉え方です。 あの方は見事にそれを実現されました。 在りし日のお姿を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。

次の

「ご冥福をお祈りいたします」の意味|ご遺族のことを考えた言葉選び

ご冥福 お悔やみ

八百万の神を祀る「神道」 神道は、日本に仏教が伝来するずっと昔から日本に根付いてきた日本独自の宗教です。 唯一無二の神を敬い、ただ一つの教えを守る仏教やキリスト教と違い、特定の神はいません。 自然の万物に神がいると考える「八百万(やおよろず)の神」、つまり多神教が神道の考え方です。 山の神、海の神、風の神など自然を司る神から、作物の神、商売の神、学問の神、縁結びの神など、生活に関わる神まで様々の神がいると考えられています。 神道は日本人が自然と共に生きて来た歴史を大きく反映しており、自然に対する畏敬の念を神化させたものと言えるでしょう。 そのため「教え」と言うものは存在せず、仏教の「経典」やキリスト教の「聖書」などにあたるものはありません。 全国各地で語り継がれてきた「神話」が神の存在を示すものであると言えます。 日本人は太古の昔から、豊作なら畑の神に感謝し、大漁なら海の神に感謝し、商売が繁盛すれば商売の神に感謝し、来年の恵みを祈って様々な祭りを行ってきたのです。 死後の世界に対する考え方 しかし西暦500年頃に中国から伝来した仏教が広まり、江戸時代に檀家制度が作られて一般的な宗教として信仰されるようになってからは、今では神式のお葬式はすっかり少数派となってしまいました。 宗派によって違いがあるものの、仏教では死者は三途の川を渡って冥途に向かうとされています。 そこで十王による四十九日間に渡る裁きを受け、四十九日が明けるとようやく来世の行き先が決まると考えられており、全ての法要はこの教えによって営まれています。 これに対して、神式では死者は全てが神になると考えられています。 死者の魂は肉体を出て家の守護神となり、遺族が死者を守護神として家に迎え入れる儀式が神式のお葬式という事になります。 神道には日本人の先祖崇拝の考え方も色濃く反映されているため、「先祖代々の霊」が守護神となってその家を守ってくれると考え、先祖の霊を大切にするのです。 神式のお葬式では「遷霊祭」と言って故人の霊を遺体から霊璽(れいじ・仏教でいう位牌のようなもの)に移し、家の守り神として祀る儀式を行います。 挨拶で「冥福」「成仏」「供養」という言葉は使ってはいけない このように死に対する考え方が仏教と神道では異なるので、神式のお葬式では仏教用語は使いません。 日本のお葬式は9割が仏式で行われるため、私たちは知らず知らずのうちに仏教用語を一般的なお悔やみの言葉と勘違いしていることがあり、注意が必要です。 「冥福」「成仏」「供養」「往生」などは仏教用語のため、使わないように気を付けましょう。 かわりに御霊の「平安」「拝礼」などと言った言葉が神式のお葬式ではお悔やみの言葉になります。 神道では死者の霊魂を「御霊」と呼びますので、その安らぎを祈ると言った言葉が相応しいと言えます。 「御霊のご平安をお祈りいたします」 「御霊の安らかならんことをお祈り申し上げております。 」 「拝礼させていただきます」 「心より拝礼させていただきます」 などと言ったり、 「この度は突然のことでお悔やみ申し上げます」 「謹んでお悔やみ申し上げます」 「この度は誠にご愁傷様です」 などは、宗教に関係なく使えるお悔やみの言葉です。 「色々」「度々」「くれぐれ」「またまた」「重ね重ね」「引き続き」などの忌言葉を使わないように配慮する点も、宗教に関わらず共通のマナーとなります。 大切なのは、最愛の家族を亡くしたばかりの遺族の気持ちに寄り添うことです。 宗教用語を使わないようにするという事以外は、どの宗教で行われるお葬式でもお悔やみの基本は同じだと言えます。 「」でも、場面に応じたお悔やみの言葉をご紹介していますので、参考にしてみて下さい。 お葬式のマナー• その他のマナー• 参列者のマナー• 喪主・施主のマナー•

次の

「ご冥福をお祈りします」の意味と使い方

ご冥福 お悔やみ

辛かったね。 きっと今は、天国で他の犬達と一緒に楽しんでるよ。 ペットのお悔やみで気が利く言葉遣いは? ペットとはいえ、相手にとってが大事な家族ですから、亡くなった直後は気持ちが沈んでいます。 また、人間と同様に、弔事における避けるべき言葉というのもあります。 不幸が重なる「重ね重ね」のような忌み言葉もありますが、それ以外にも、次のような言葉を使うと悲しみに沈んだ相手の心をえぐることにもなりかねないので、避けた方が良いでしょう。 「可哀相に」 「残念でしたね」 「たかがペットなんだから」 「また別のペットを飼えば癒えるのでは」 ペットを飼ったことがない人にとっては、たかがペットと思うかもしれませんが、ペットを大事に飼っていた人にとっては家族の一員ですから、自分の子供が亡くなったのと同じくらい悲しいのですよね。 そんなところに、他人事のような言葉を言われると、ものすごい辛くなるものです。 ペットのお悔やみで言葉以外の方法は? 今までメールのお話しをしてきましたが、メール以外にも、親しい友人で、よく会って話すような関係であれば、悲しみの真っ只中にいる友人の家へ伺い線香をあげさせてもらったり、後日会って話を聞いてあげるなど、じっくり寄り添う方法もあります。 後日会うつもりであれば、最初にメールを返信する際に「何も出来ないけど、話くらいなら聞けるからいつでも声かけてね。 」と最後に一文入れておいたり、暫く経ってから、再度「まだ傷心かもしれませんが、会って食事しませんか」等のようなメールを送ると良いでしょう。 ただ、相手とあまり親しくない場合は寄り添うのが難しいでしょうし、相手の気持ちが浮上するまではそっと見守っている方が良いかもしれません。 大事な家族の一員が亡くなったら、悲しくて悲しくてどうすることもできない、ということも考えられます。 どちらにせよ、花束よりもアレンジメントの方が花瓶の心配をしなくて済むし、そのまま飾れるので便利です。 ちなみに、贈る時期については人間と違って法事なども決まりが無いので、相手の様子を見ながら、落ち着いた頃に贈っても大丈夫でしょう。 また、花を贈るのであれば、以下のようなメッセージ付きの供花もおすすめです。

次の