ペイシェント セブン。 セブン・ペイ

映画「ペイシェントセブン7人の患者 」ネタバレあらすじと結末・みんなの感想

ペイシェント セブン

こんにちは。 阿南です。 近年、マーケティングの領域では 「カスタマージャーニー」というマーケティング手法が注目を浴びています。 この カスタマージャーニーとは、顧客の心理や行動を理解する上で使われる手法です。 顧客志向や広告メディアが多様化・複雑化する現在のビジネス環境では、顧客の心理や行動をきっちりと理解してマーケティング戦略を立案することは成功の前提条件です。 この顧客志向や広告メディアが多様化・複雑化していることは医療においても同様であり、すなわち医療のマーケティングにおいてカスタマージャーニーを水平展開することが可能です。 そこで今回は 医療におけるカスタマージャーニーを「ペイシェントジャーニー」と名付け、その内容やメリットなどを特集します。 ペイシェントジャーニーとは何か ペイシェントジャーニーとは、患者がクリニックを受診して、受けた治療内容を評価するまでの動きを時系列で表現したものを意味します。 患者の動きを行動と心理、広告の接触ポイントの3つの視点で見える化することで、患者に対して適切な広告媒体を選び、適切な広告メッセージを伝えることができます。 近年は、医療においても患者の広告メディアとの接触が多様化しています。 以前はTVやラジオ、新聞、雑誌など4大メディアが主流でしたが、現在はWebを中心に情報チャネルが増え、患者が主体的に情報を取得できるようになりました。 言い換えるなら治療を選択する上で、「医療機関>患者」の立場であった構図が、「医療機関<患者」の構図に変化しているのではないでしょうか。 そのため、医療機関は広告活動においてもより患者の視点で行っていく必要があります。 具体的には、 患者の消費者行動をふまえた上で広告の接触ポイントを設計し、患者の心理状態にあわせて広告メッセージを発信する必要があります。 そのような背景の現在においては、患者の立場を理解するためのマーケティング手法「ペイシェントジャーニー」は非常に有用なツールといえます。 ペイシェントジャーニーのメリット メリット1:患者視点で広告を作ることができる 患者が受診し、治療を評価するまでの動きを見える化することで、患者視点で広告を考えることができ、その結果、患者の感情に響く広告を作ることができます。 広告では、よくよく広告主が伝えたいメッセージを発信しがちです。 特に治療を提供する側(医療機関)と治療を受ける側(クリニック)のリテラシー(治療に対する知識)に大きな差がある医療においては、その傾向が他業界に比べてより顕著です。 リテラシーが高い治療を提供する側が一度治療を受ける患者側の立場まで知識レベルを落とし、理解することでより患者に響く広告戦略を立案することができます。 いくら医学的に優れた内容を発信したとしても患者に響く広告を打てないのであれば、その広告は広告主の自己満足にしかすぎません。 メリット2:広告の実施判断の基準ができる ペイシェントジャーニーによって患者のことを深く理解できれば、広告会社からの広告提案に対して明確な基準を持って速やかに実施の判断を行うことができます。 メリット3:広告戦略の強みと弱みを把握できる ペイシェントジャーニーは患者の動きを時系列で捉え、カテゴリーで分類して考える側面を持っています。 すなわち患者の動きをカテゴリーで分け、そのカテゴリーに対する現状の広告の打ち手を並べれば、 広告戦略における強みと弱みが分かります。 例えば、患者の動きのカテゴリー分けをマーケティングのフレームワーク「5A」で捉えた場合を過程します。 その場合で広告戦略の分析を行った場合は、広告の資源配分が認知に偏っている、資源配分は均等に行えている、患者の治療評価の推奨行動に対する喚起広告ができてない、などが分かるわけです。 この特徴とは診療科目などの基本情報はもちろんのこと、競合クリニックとの差別化ポイントや診療圏内における市場のポジションなど経営的視点の特徴をまとめることも重要となります。 このペルソナ設定は非常に重要で、このペルソナ設定を誤るとその後に作成するペイシェントジャーニーにも大きなブレが生じます。 このカテゴリー分けの仕方については、マーケティングのフレームワークの「5A」や「AISAS」を用いても構いませんし、独自の切り口でカテゴリーを分類しても問題ありません。 この分析作業を行うことで患者のことをより深く理解することができます。 最後に行う作業は 分析内容をふまえて対応策を考え、実行することです。 一連の分析作業を通じて患者のことを深く理解することができているわけですから、効果的な対応策もスムーズに出てきます。 後は その対応策を実施して、検証し、改善する「PDCAサイクル」を回すのみです。 ペイシェント・ジャーニーの事例 それでは最後に ペイシェント・ジャーニーの事例について取り上げます。 事例として、取り上げるのは私が経営企画職として所属している岡山市の鼠径ヘルニア日帰り手術専門クリニック「Gi外科クリニック」の事例です。 このGi外科クリニックでは、患者の受診し、治療を評価するまでの一連の動きをマーケティングのフレームワーク「5A」でカテゴリー分けをした上で、各カテゴリーを患者行動、広告との接触ポイント、患者の感情変化(心理)で分析しています。 ペイシェント・ジャーニーを作って分かったことは「診療圏内で鼠径ヘルニアの治療においてマーケットリーダーであるGi外科クリニックの広告戦略では、さらに認知と訴求の分野での広告活動を強化すること。 広告活動の強化においては接触ポイントを多様化することです」。 分かったことをふまえての具体的な広告施策については情報管理上、開示ができませんが、認知と訴求の分野における広告との接触ポイントの見直しを行っています。 また従来は認知と訴求の分野における広告メッセージが同一の内容となっていましたが、患者の心理を考え、認知と訴求の広告メッセージを分けて発信するよう変更しました。 その結果、新患の増加に繋がり、集患において大きな成果に結びついています。 この記事では、 医療版カスタマージャーニーである「ペイシェントジャーニー」の有用性をご紹介しました。 ペイシェントジャーニーは患者視点に立った広告を考える上で必須のツールであり、活用すればより成果に繋がる広告を行うことができます。 特に 「患者の動きのどの分野に広告を打つかの選定」、「患者の行動に沿った広告接触ポイントの選定」、「患者の感情変化を起こす広告メッセージの選定」を適切に行うことができます。 ぜひ「ペイシェントジャーニー」を活用して、成果に繋がる集患活動を行っていただければと思います。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の

映画【ペイシェント・セブン】の字幕版を初月無料で配信/レンタルしてるのはTSUTAYAだけ!?

ペイシェント セブン

視聴者も少なく、評価も今一つな様ですが、個人的には、クオリティはかなり高いものを感じました。 物語は、重度の精神疾患と診断された凶悪犯罪者が収監される精神科病院に著名な作家が訪れ、複数名の患者と個別に面談するって体のオムニバスです。 個々の患者から聞き出す事件時の状況が再現シーンとなっていて、オムニバスストーリーを構成しているのですが、それらのお話が、魔物だったり連続殺人鬼だったりゾンビだったり悪魔憑きだったりと、荒唐無稽なものばかりな割に、個々に結構しっかりと描かれていて、観ていて飽きませんでした。 ホラー映画のジャンルを網羅ってあたりに、ホラーに対するリスペクトも感じます。 あと、とにかく個々のストーリーに出てくる女優さんが子役も含めて一様に美人ばかり。 よくこんな綺麗どころを集めたなと感心しました。 なお、ペイシェント・セブンなのに6人目 6話目 までで結構な時間をかけていて、かつ、作家と患者の面談はそれで終わりだったので、さては…と思ったら、その通りのオチだったのはちょっと安易に過ぎる感がありました。 あと、オムニバスストーリーの個々の関連性が何も無いってのも、もう少し捻っても良かったのでは?という気がしました。 あと最後まで観れば判りますが、え?これって作家が患者との面談を通じて個々の患者に起こった出来事 患者の起こした事件 の真相を明らかにしていく話じゃないの?それどころか、オチがそれかよ!ってガッカリする人も多いかもしれませんね。 確かに、この手のオチは反則みたいなもので、今まで見せられたの何なんだよ!って事になるので、残念感を増す作品も多いのですが、本作に関しては、個々のシーンの画的な完成度が高く、個人的にはあまり減点対象にはなりませんでした。 まぁオムニバスはショートストーリーの寄せ集めなので、一つの話をじっくり描いた作品に比べて、観賞後の印象や評価が薄くなってしまうのは仕方ないですね。 残念なのはその程度で、個人的にはとても面白く楽しめました。 マイケル・アイアンサイド、お歳を召しても味のある良い役者さんです。

次の

宮本浩次、新曲「P.S. I love you」がドラマ『ディア・ペイシェント』主題歌に

ペイシェント セブン

宮本浩次の新曲「P. I love you」が、7月17日(金)にスタートするNHKドラマ10『ディア・ペイシェント〜絆のカルテ〜』の主題歌に決定した。 貫地谷しほりが主演を務める『ディア・ペイシェント〜絆のカルテ〜』は、医師で小説家の南杏子の『ディア・ペイシェント』をドラマ化した作品。 クレーマー患者たちに悩む主人公の医師・真野千晶が、先輩や同僚と共に患者たちと向き合い寄り添う姿を描くヒューマンサスペンスドラマだ。 主題歌となる「P. I love you」について、宮本浩次は次のようにコメントしている。 貫地谷さんが演ずる主人公真野千晶は、医療現場という常に緊張を要求されるであろう職場で、真正面から自分の仕事と向き合うことで成長してゆきます。 そんな千晶のように日々の暮らしを一生懸命に生きてゆく、人生の応援歌になればと思い、この歌を歌いました。 ドラマの主人公たち共々この歌がみんなに愛してもらえたら、こんなにうれしいことはありません。 」ひきがたり』 2020年7? )夜7:15 [WOWOWライブ] 収録? :2020年6? wowow.

次の