猫 トイレ 対策。 猫が粗相をしてしまう原因は?トイレでしない時の9つの対策法!

猫トイレの悪臭対策に効果を感じたおすすめ脱臭機

猫 トイレ 対策

猫と長い間暮らしていると、猫も年を取ってきます。 そんな時に問題となってくるひとつは、老猫のトイレの介護のこと。 やり方がわかっていると、老猫も飼い主さんも安心できます。 老猫のトイレの介護についてお話しします。 猫にもトイレ介護が必要になる理由 かわいい猫も年をとると、体力や筋力の衰えが目立ってきます。 内臓の機能も弱って来ますので、トイレの回数も増えます。 そのことも、トイレに間に合わないということにつながり、粗相が増える原因になります。 さらに、運動をしなくなると、腸の働きも弱くなり、排便がうまくいかない、ということも起こります。 また、体力がなくなり病気になったり、老衰によって立てなくなったりすると、老猫の寝たきりということが起こります。 そうなると、飼い主さんのトイレ介護は必須になります。 老猫がよくトイレに入るようになったなと感じたら、気をつけるようにしましょう。 トイレが綺麗でない場合も別のところで用を足すほど、猫は綺麗好きな面もあるので、まずトイレの環境が良いかどうか確認しましょう。 十分に綺麗なトイレなのに老猫が粗相しているとしたら、トイレに行くまでに間に合わないのかもしれません。 病気である可能性も考えて、よく観察しましょう。 気になれば、獣医さんで診てもらうことも必要です。 トイレの場所がわからず、うろうろして鳴いていれば、トイレはどこだっけ?と、探しているのかもしれません。 老猫のトイレ介護をすることになったら それでは老猫のトイレの介護とは、どのようにしたら良いでしょうか。 猫の状態に合わせて、飼い主さんもやり方を変えましょう。 部屋が自由に行き来出来る老猫の場合は、各部屋にトイレを置いてみてください。 — 場所を変える — トイレが少し高い場所にある、タンスやドアなどの障害物があって行きにくい、という場所にありませんか?平らなところで、部屋の隅など目立たない落ち着ける場所に置いてあげましょう。 縁が低いものに変える、段を作って乗り越えやすくするなどの工夫をしてみましょう。 — ペットシーツを敷く — トイレの周りにペットシーツを敷き、汚れても取り替えるだけにしましょう。 また、トイレが小さいと排泄しにくいので、広いものに変えてみるのも良いでしょう。 回転式フレームでシーツの交換も楽々。 汚れたままにならないように、こまめに取り替えて、お尻も清潔に拭いてあげる必要があります。 おしっこを出す手助けや排便の手助けを、人の手でする必要が出てくるかも知れません。 猫のお腹の様子を観察し、溜まって来たら圧迫しておしっこを出したり、便を出すのを手助けしたりします。 こちらを行う場合は自己流ではなく、必ず獣医さんに診てもらい、獣医さんの指導を受けて行いましょう。

次の

猫が粗相をしてしまう原因は?トイレでしない時の9つの対策法!

猫 トイレ 対策

猫とトイレの臭いは切っても切り離せない問題です。 トイレからの臭い漏れを限りなくゼロに出来れば、猫との暮らしがもっと快適になると思いませんか? その為には何をすれば良いのか?まずは事です。 消臭力に優れた猫砂を使用する事によって尿臭は少し抑えられます。 それでもまだニオイが気になる時に、我が家で1番効果を感じた方法が脱臭機の導入でした。 昔ながらのベントナイトの固まる猫砂を使用しているにも関わらず、あの独特なトイレ臭が全くしなくなりました。 圧倒的な消臭力!富士通ゼネラル脱臭機 プラズィオンが凄かった 写真が購入したペット臭の脱臭に特化した専用モデルのプラズィオンです。 購入してから約5年間使い続けていますが、フィルター交換が不要にも関わらず脱臭力の低下が一切ありません。 ちなみに、シャープのプラズマクラスター空気清浄機も所有していますが、正直言ってレベルが違います。 シャープのプラズマクラスターは所詮気休め程度でニオイに対しての効果は全く感じませんが、富士通の脱臭機は別格です。 その理由は空気清浄機と脱臭機では脱臭方式が全く違っているからなんです。 脱臭機と空気清浄機の違い 空気清浄機 一般的な空気清浄機で使われている活性炭脱臭フィルターでは糞便臭の原因となる成分「硫化水素」「メチルメルカプタン」、尿臭の原因である「アンモニア」の脱臭は出来ません。 つまり、猫トイレからのニオイ漏れの脱臭を目的に、プラズマクラスターやナノイーなどの空気清浄機を使っても無意味です。 それどころか逆に、活性炭フィルターに消臭出来ないアンモニア臭がしみついてしまい部屋中に悪臭をばら撒いている可能性もあります。 シャープの公式サイトにもニオイの強い場所で使っているとフィルターの寿命が数週間〜数ヶ月になってしまうと書かれています。 脱臭機(プラズィオン) 富士通の脱臭機は脱臭に特化している金属酸化触媒ハニカムフィルターになっています。 難しい名前ですが要するに、金属に酸化触媒をコーティングしたハニカム形状(蜂の巣のような正六角形)のフィルターです。 金属製フィルターですから交換は不要です。 本体が壊れるまで一生使用出来ます。 プラズィオンは24時間おきに脱臭機がストップしてオートクリーンモードになり、1時間ほど金属酸化触媒フィルターを熱します。 熱する事でフィルターに付着した油やニオイが分解除去され、脱臭性能が毎日元通りに復活します。 脱臭は下記の3ステップで進みます。 まず第一段階で、フィルターの金属触媒がニオイ成分の分子を吸着し空気中の酸素で酸化させる事で無臭分子に変化させます。 これだけでほとんどニオイは消えているそうです。 第二段階ではUVデオドラントユニットで発生させた酸化ラジカルをニオイ分子と結合させる事で第一段階で取り逃がしたニオイ成分を無臭分子化します。 第三段階は家具や絨毯、壁紙に染み込んでいるニオイがターゲットです。 人体やペットに影響がない低濃度のオゾンを部屋に放出する事により部屋に染み付いているニオイを分解して完全にニオイを消し去ります。 これにより猫のトイレ臭の原因となる「硫化水素」「メチルメルカプタン」「アンモニア」「トリメチルアミン」等のニオイ成分を強力に脱臭してくれます。 最後に プラズィオンが毎日1時間のフィルター自動クリーンモードになっている時間だけは部屋がニオイます。 あるか、ないかで明らかに部屋のニオイが違う。 そんな不思議な体験が出来るのがプラズィオンのペット専用モデルの脱臭機です。 両親や友達が自宅にきた時は、猫が3匹もいるのに全くペットのニオイがしない事に驚いていました。 を使っています。 本当はニオイ測定器を購入して、脱臭機を使った時と使ってない時のニオイレベルを測定して紹介したかったのですが、ニオイ測定器が20万円もしたので実現しませんでした。 でも、とにかく、プラズィオンの電源を入れれば猫のニオイ問題は完全に解決します!! ニオイで悩んでいる方は騙されたと思って一度使ってみてください。 絶対に騙されてませんので。

次の

猫がトイレ以外でうんちする理由と対策、役立つグッズを紹介

猫 トイレ 対策

スプレー(マーキング)行動では、多くの場合、 立位(立ったまま)で少量の尿を垂直面や決まった場所(目立つ場所や外との境界線)にかけ、通常の排泄時にはトイレを使用します。 縄張りの主張やメス猫へのアピールの意味もあるので、未去勢のオス猫に多く見られ、去勢手術によって治まることが多いようです。 多頭飼育の場合や強い欲求不満の起こっている環境条件では、メス猫や去勢済みのオス猫でも行うことがあります。 対策としては、オスの場合は去勢手術をすること。 それでも治まらないときは、スプレーされてしまう場所に、安心を促すフェロモン剤を散布したり、そこにスプレーしたときに天罰が下るような工夫(水鉄砲でびっくりさせるなど)をして、そこで排泄するのが嫌になるようにするのが効果的です。 不適切な排泄行動の場合、 座位(座った姿勢)で、排泄量は多量です。 対象の場所は、猫によってまちまちですが、好みの場所で行います。 通常、トイレは使用しなくなります。 排尿だけでなく、排便もトイレ以外の場所でしてしまうことが多く見受けられます。 対策としては、トイレの素材や数、置き場所、掃除回数などを見直すことが必要です。 トイレが汚れていたり、トイレ砂の素材や場所が気に入らなかったり、寝床とトイレが近すぎたり、トイレの付近に人通りが多かったりすると、トイレを使うのを嫌って別な場所でしてしまうことがあります。 トイレは、人通りが少なく、静かに落ち着いて排泄できるところに置き、こまめに掃除しましょう。 また、多頭飼育の場合は、猫の頭数分、トイレを用意してください。 もしお留守の間に布団に排泄しているのであれば、その間は寝室に入れないようにするか、ベッドにビニール製のカバーをかけるようにするとよいでしょう。 猫は軟らかいものを掘って排泄をする習性がありますので、ベッドをカバーで覆うことで、踏み心地が悪くなるので、予防になるかと思います。 排泄物の臭いが残っていると、わずかであっても、そこが猫を引きつける場所になってしまいますので、おしっこをされてしまったところは臭いが残らないようにしっかり洗浄するか、布団カバーを丸ごと替えてしまう方がよいでしょう。 また、欲求不満や恐怖、ストレス、緊張などの心理的な影響で、失禁や嘔吐、下痢などの症状が起こることもありますので、思い当たる原因がある場合は、それを取り除いてあげることも大切です。

次の