折り紙 万華鏡 24枚。 「折り紙 箱」 作り方・折り方(簡単)15選|ぬくもり

折り紙で動く花火の折り方!意外と簡単な作り方を紹介♪

折り紙 万華鏡 24枚

ツイッターで話題に 今月6日、「学校が休みで退屈している息子にじぃじが折り紙で延べ20時間かけて万華鏡を作ってくれました」という文章とともにツイッター投稿された16秒の動画。 映っているのは何枚ものカラフルな折り紙を使った作品で、上の方をつまんで内から外に開いていくと次々と色が変化し、その様子は万華鏡のようです。 この投稿に対して、「芸術レベル」「じいちゃんめっちゃいい人なんだろうな」といったコメントが寄せられ、リツイートは10万、いいねは46万を超えています。 学校が休みで退屈している息子にじぃじが折り紙で延べ20時間かけて万華鏡を作ってくれました。 — mizukyouka mizukyouka 投稿主に聞きました 動画を投稿したのはmizukyoukaさん。 折り紙万華鏡を制作したのは父親で、孫であるmizukyoukaさんの息子のために制作したそうです。 「私の息子が小学校休校で退屈するだろうと、4日間で20時間かけて作ってくれました」とmizukyoukaさん。 折り紙自体ほとんど作ることがなかったというじいじ。 YouTubeを見て作り方を覚えたそうです。 mizukyoukaさんの息子も「すごい!」と驚いたという今回の作品。 じいじはあまり思っていることを口にするタイプではないそうで、家族たちは「話題になったことで少し気恥ずかしく背中がムズムズしてるのでは」と推測しているそうです。

次の

折り紙の風車の簡単な折り方|よく回る8枚羽のかざぐるまの作り方は?

折り紙 万華鏡 24枚

ツイッターで話題に 今月6日、「学校が休みで退屈している息子にじぃじが折り紙で延べ20時間かけて万華鏡を作ってくれました」という文章とともにツイッター投稿された16秒の動画。 映っているのは何枚ものカラフルな折り紙を使った作品で、上の方をつまんで内から外に開いていくと次々と色が変化し、その様子は万華鏡のようです。 この投稿に対して、「芸術レベル」「じいちゃんめっちゃいい人なんだろうな」といったコメントが寄せられ、リツイートは10万、いいねは46万を超えています。 学校が休みで退屈している息子にじぃじが折り紙で延べ20時間かけて万華鏡を作ってくれました。 — mizukyouka mizukyouka 投稿主に聞きました 動画を投稿したのはmizukyoukaさん。 折り紙万華鏡を制作したのは父親で、孫であるmizukyoukaさんの息子のために制作したそうです。 「私の息子が小学校休校で退屈するだろうと、4日間で20時間かけて作ってくれました」とmizukyoukaさん。 折り紙自体ほとんど作ることがなかったというじいじ。 YouTubeを見て作り方を覚えたそうです。 mizukyoukaさんの息子も「すごい!」と驚いたという今回の作品。 じいじはあまり思っていることを口にするタイプではないそうで、家族たちは「話題になったことで少し気恥ずかしく背中がムズムズしてるのでは」と推測しているそうです。

次の

折り紙の風車の簡単な折り方|よく回る8枚羽のかざぐるまの作り方は?

折り紙 万華鏡 24枚

くす玉作りに必要な材料 では、折り紙で作られてはいるけれど、難しそうな36枚のくす玉の作り方は、どのようなものがあるのでしょうか? 材料を見ていきましょう。 折り紙• のり(作品によっては不要)• (吊るすのであれば)紐 まず材料の基本的なところとしては、折り紙は絶対に必要なものですので用意しましょう。 折り紙で作るものですので必ず折り紙を準備しましょう。 100円ショップなどでも手に入りやすいので、100円でたくさんのくす玉を作ることができるでしょう。 そして貼り付ける必要があるものに関しては、のりが必要ですが、薗部式はのりが不要なことでも有名な、簡単で、真似をするのも比較的容易な36枚の折り紙で作られているくす玉です。 単純な作り方の折り紙を使った36枚組のくす玉というわけではなく、花形の作品を作る時はのりが必要であるなど、作品によってはのりがないと成立しないものがあり、作るものによっては必要です。 そして36枚の折り紙のくす玉を吊るしたい、36枚の折り紙くす玉をどこかに飾りたいとしたら、36枚の折り紙を使っているくす玉につける紐などの部品を用意しておくとスムーズに完成させることが出来ます。 このように必要なものは、本当に最低限のものです。 くす玉作成は、大人が趣味として作るのももちろん楽しいのですが、子供と一緒にチャレンジしてみても楽しいものでしょう。 折り紙36枚を使ったくす玉作り方 どのくす玉でも作り方は基本的に大体このような順番になっています。 では、くす玉の作り方について詳しく解説していきますので、ぜひ見て下さい。 折り紙を36枚準備する• 折り紙を半分に折り、それをさらに半分折る• 半分に折っている状態からオープンして、一番端にある折り目に沿って三角に折り、次に中央に向かって折る• 白い部分が見えるところを三角形におり、袋ができている状態の所に入れ込む• そして、どのようなくす玉を作りたいかによって、どんな色にするのかという組み合わせを事前に考えておくと、折り紙を36枚使って作ったくす玉を折る作業をしながら、比較的簡単に作ることができるのではないかと推測されます。 36枚の折り紙をカラフルにして色合いを楽しむのもいいですし、36枚の折り紙の色合いを統一させてシックな感じにするのもOKなのではないでしょうか。 折り紙の36枚で作るくす玉も同じことが言えるのでしょうけれど、他のくす玉であってもこれは重要ですので、なるべくはみ出さないように注視しながら折ることが大切なのです。 折り紙を使って作成する36枚のくす玉を作るうえでのパーツで、重要になってきます。 この36枚のパーツがいびつになることで、組み立て自体がうまくいかなくなったり、36枚で作る折り紙くす玉の仕上がりに問題が出てくる可能性が出てくるので、この工程こそ力を入れましょう。 一番端にある折り目に沿って、三角に折っていきましょう。 こうすることによって小さな三角の色紙の部分が現れるはずです。 ここもなるべくはみ出さないように気をつけて作成をしていきましょう。 もしも、36枚の折り紙で作成している折り紙のくす玉を作っていく場合、文章で見るのが難しいということであれば、サイトや動画などもありますので、視覚的に見ることもお勧めです。 こうすることによって今度は大きな三角ができるはずです。 この段階では、色紙の色部分の方の割合がまだ少ない状態となっています。 ただ、ここまで来ると、大体作業の大きな半分が経過しています。 折り紙36枚のくす玉のパーツ部分の作り方において、そこまで難しい過程はないので、この調子で安心して進めると良いです。 そこで次にやるべきことは、2の工程で三角に追った部分とは対角部分を手前の折れ目に向かって折る事です。 そうすることでまた小さな三角形ができるような状態になります。 この状態で半分に向かって折っていく事で、ちょうど大きな三角形の部分に重なって、先が尖っている状態になります。 この状態で白い部分は折っていない方の上部分にのみなっていて、あとは折り紙の色部分が現れている状態になっているはずです。 さらには半分に折っていることから、中に折り紙を差し込むことができる袋がある状態になっているでしょう。 これが36枚の折り紙くす玉の仕上がりに関わって来るところがありますので、もしうまくいっているかが不安であれば動画や画像で確認してみてはいかがでしょうか。 こうすることによって、先が尖っている状態になります。 折り紙でくす玉のパーツを作る時に知っておいた方が組み立てがスムーズに行く事として、上下で左右が違う状態になっていることを確認します。 折り紙を36枚使っているくす玉でも、同じことが言えるのですが、もし上下で方向が同じになっていると、組み立てる時に組み立てられない状態になりますので、パーツの先端が上下が左右反対になっているかどうかということはきちんと確認しましょう。 そして真ん中に、先端部分を入れることができるような袋が出来ています。 そこに差し込むことによって完成です。 園部にユニットに関しては本が出版されていますので、薗部ユニットに関する本で36枚の折り紙を使って組み立てる。 折り紙を使ったくす玉の作成の方法をチェックしていきましょう。 もしこのような図形が得意ならば、折り紙36枚で作成するくす玉の形をただ見ただけで、作り方を参考にすることなく作っていく事に喜びを見出している人もいます。 具体例を挙げると、折り紙くす玉を組み立てる工程がありますが、真ん中に袋部分があります。 この部分が重なっていると、連結をする時に組み立てにくい一面があります。 逆に袋部分が隙間が空き過ぎていることも考え物です。 なぜなら、それくらいのズレがある事でパーツの大きさに違いが出るからです。 このズレが仕上がりを左右する一面があります。 その代わり、少々先端部分が丸くなってしまっても、支障はそこまでないケースが多いので、気負わなくて良いです。 この組み立て部分がパズルのようで楽しいのです。 シンプルなものだとすんなりとできるのですが、数が多くなるほどに複雑になってきます。 この複雑さ加減を楽しむのがこのくす玉の作り方のポイントです。 120枚のくす玉などに楽しみどころか苦痛を感じるということであれば、もう少し少ない枚数のくす玉作りから楽しみましょう。 好きなものこそ、上達する近道です。 そのような折り紙でもできなくはありませんが、どちらかと言うとペラペラではなく、そこそこの厚みがあった方が組み立てる際に組み立てやすい一面があります。 だからこそ、36枚より多い折り紙でくす玉作成をするなら、出来るだけ安く大量にある折り紙ではなくしっかりとした折り紙を選ぶようにしましょう。 折りやすい折り紙を選ぶことも、折り紙でくす玉の作り方のコツではないのかと推測されます。 そしてその上で2つのパーツを連結させまず。 それを 30組作るようにしましょう。 この30組を基礎として作成するようにするのです。 この時もパーツを綺麗に折っておくことで組立が容易になるので頑張りましょう。 もし色々なカラーを使ってパーツを組み立てるとしたら、この時に配色などに気をつけるとさらに色彩のバリエーション豊かなくす玉を作る事が可能になります。 作り方のコツとしては、引っ張ることはせず折れ曲がった状態のままで組み立てるとうまくいきます。 そこで 次に他のパーツを差し込んでいくという形になります。 30枚のパーツがあることから、無理をして袋部分に入れることがなくても、きちんと通常のものになりますので心配は要りません。 この時も 無理に引っ張ったりせずに組み立てていくということがコツです。 仮に初心者で、どうしても不安があるということでしたら、くす玉(60枚)の作り方について取り上げられている動画も多数ありますので、ぜひ確認してみてください。 動画では付いて行けない方も、ネット上に作り方が載っていることもありますので確認してみましょう。 この部分でパーツの先端が出ているということがあれば、袋部分にさすことを忘れている可能性があります。 ですのでもし、はみ出している部分があったらそこを入れましょう。 そうしたら、めでたく完成です。 折り紙90枚を使ったくす玉作り方 このくす玉は、多くのパーツを使うだけあって非常に存在感のあるくす玉です。 くす玉の作り方をチェックしましょう。 90枚のパーツを準備• 3枚のパーツでピラミッド型を1つ作成、5枚のパーツでピラミッドを2つ作成したものを連結して正五角形のパーツにする• この90枚のパーツを準備するのも大変なところがありますが、頑張りましょう。 初心者の方なら、くす玉(折り紙90枚でできている)の作り方の解説のサイトがありますので、そのサイトに合わせて色を選ぶようにしましょう。 パーツごとに折り紙の色を変えて作り方を解説している所がありますので、その時に色を合わせていた方が分かりやすい所があります。 そして 5枚の部品を作る事で、ピラミッドを2つ作ることができるのです。 そこでこの二つを連結させて正五角形を作っていきます。 この単体のパーツ部分が、90枚のくす玉の作り方としてジョイント部分になります。 もしそこで数が違ったら、パーツを折った数が違う可能性があります。 ですので、もし足りないということであればまた新たに折りましょう。 そして、このように差し込んだ時、上の部分にジョイント部分を差し込みます。 このジョイント部分が二つのパーツの橋渡しになるというところがあります。 もしイメージができないということであれば、写真を用いて説明しているところを確認して、本当に合っているかどうかをしっかりと確認しましょう。 そして最後に、先端が飛び出しているところがないかをしっかりと確認したら、めでたく完成です。 折り紙90枚を使って作られているくす玉は、非常に存在感が大きなものになるところがあり、難しく感じられることもあるでしょう。 もし作っている最中に分からなくなって作業に詰まったら、作り方の解説や動画を見るなどをして、どこが分からないのかをチェックしてみるということも重要なところなのではないでしょうか。 折り紙120枚を使ったくす玉作り方 このくす玉は、さらに複雑で初心者の方には難しい一面があります。 初心者にはハードルが高いことは確かですが、くす玉の作り方をチェックしていきましょう。 10枚の折り紙でパーツを作り、うち5枚を組んで風車のような形にする• 連結下部分をそのままに端を組み立てていく事でだんだんと丸み帯びた形にする• そしてそのうちの一つの5枚を連結させていきます。 そうすることによって風車のような形になるのではないのでしょうか。 もしそれがイメージすることが難しいのであれば、動画を見たり解説の画像を見ることによって理解できることがあります。 そうすることによって、五角形のパーツができます。 画像を見ていただけるとお分かりいただけるかと思いますが、折り紙のパックンのような感じに見えてくるところがあります。 これを複数枚準備していくことで、くす玉の部品が完成するところがあります。 そしてその上で、先端部分を連結させ、ピラミッド状のものが何個も出ている状態の物が出来上がります。 さらにもう6つパーツがあるはずですので、その6つのパーツも同じような要領で重ねていきます。 このときはまだその2つのパーツを重ねないでください。 机に置いている状態になっていると思いますので、 フラットな状態で連結できるところを連結するようにします。 そしてこの時に気をつける所は、無理に連結をさせるとうまくいきませんので、必ずフラットな状態で連結させましょう。 イメージがどうしても湧かないようでしたら、動画や画像をチェックしてみてください。 そうすることによって、だんだんと丸みを帯びた形になってきます。 こちらもパーツが多いということもあって、いろいろと複雑なところがあります。 こちらの作り方は難しいので、どちらかと言うと 動画よりかは、静止画のサイトなどを見て組み立て方をチェックした方がいいでしょう。 もし詳しく知りたい方は書籍を購入しましょう。 その時にはみ出しているパーツを入れて、どんどんと綺麗な円状にしていきましょう。 どんどんときれいな円状にしていったところで、終わりです。 パーツが多いだけに非常に複雑であることから、なかなかすぐにはできないかもしれません。 何日間かかけて、気楽に楽しむぐらいな感じで楽しみましょう。 作者さんの写真でくす玉が3つある事から、一つに付き200枚の計算ではあるものの、合計で600枚の折り紙を折ったという、大作のくす玉です。 この方は結局、作り直しを余儀なくされて870枚折ったというから驚きです。 このレベルともなると大作ですので、初心者の方には向かないところがあるでしょう。 しかし、ゆくゆくはこのレベルにまで到達したいものです。 カラフルなくす玉である作品ですが、両面に色がある折り紙を使用しているので、白い部分がないことが特徴です。 このようにおしゃれな折り紙を使うことによって、くす玉も豪華な感じがします。 もしキャラクターが好きなお子さんに作ってあげるとしたら、そのようなキャラクターが入っているもので作ってあげると喜ばれる可能性が高いです。 このように、くす玉をバリエーションが豊かにできるところは魅力的なところです。 オレンジで統一してあるので、明るい感じがします。 こちらも色を変えるだけで、くす玉の印象は大きく変わりところがあります。 もしパッと見た感じの明るさを重視したいのであれば、オレンジの他には赤や黄色もいいです。 そして落ち着いた色合いにするのであれば、緑や青などの寒色系もお勧めです。 模様が入っている折り紙にしてもいいですし、色とりどりにしても良いことから、大きなくす玉もバリエーションが豊かな点が魅力的なのです。 非常に豪華な感じがするので、是非作ってみたいと思う方も多いでしょう。 こちらはパーツ自体はそこまで作業は複雑ではありません。 60枚準備するというのは少々骨の折れる作業ですが、そこは基本的に単純作業といったところです。 しかし組み立てるのが非常に難しく糊やクリップなどは必要です。 そして止めが甘いと崩れてしまうことがありますので、そのような意味では少々ハードルの高いくす玉です。 そして多くのパーツを使うということから、組み立て方も色々と複雑なところがあり、いきなり初心者の方が試すにはハードルが高いところがあります。 初めてということであれば、3枚のパーツや6枚のパーツで三角形や四角形を作ることから始めてみましょう。 折り紙36枚と90枚120枚くす玉の作り方の違い 折り紙の枚数を使った、折り紙を使用しているくす玉の折り方ですが、くす玉の差は、どのような所にあるのかが、気になるところです。 その作り方や見た目について見ていきましょう。 36枚は尖っている部分が深い• 90枚は形はピラミッドが多く、組み立てはピラミッドパーツとジョイントパーツに分かれる• 120枚はピラミッドの形をした三角形が多く、折り紙枚数90枚のくす玉と比較すると組み立てるのが困難 36枚は尖っている部分が深い 枚数が多くない36枚のくす玉は、30枚のくす玉と酷似している所があります。 しかし、 形を比べると少々尖っている部分が深く、36枚のくす玉のほうがよりトゲトゲして見える一面はあります。 SNS でよく見るタイプは、どちらかと言うと30枚であることが多く、36枚の折り紙くす玉をなかなか見る機会はないでしょう。 36枚だと他の90枚や120枚のように複雑に連結させたり、ジョイント部分が必要であるということはなく非常に組み立てやすいです。 90枚は形はピラミッドが多く、組み立てはピラミッドパーツとジョイントパーツに分かれる 90枚の折り紙を使ったくす玉は特に困難を極めます。 ピラミッドを作ってそれを各パーツごとにしてから組み立てるという作業です。 ジョイント部分もあるのが、90枚くす玉の特徴です。 見た目はトゲトゲとしていますが、 36枚と比べても、トゲトゲ部分が深くない一面があります。 12枚などの 組み立てを見ていると、90枚ともなると、非常に大きいくす玉です。 120枚はピラミッドの形をした三角形が多く、折り紙枚数90枚のくす玉と比較すると組み立てるのが困難 120枚は大型作品といっても良いでしょう。 90枚と変わらないように、トゲトゲとした形をしています。 しかし大きさ的には90枚の時と比べて、圧倒的に大きいです。 そして組み立ての時においても作業が非常に複雑です。 動画などでいろいろと取り上げられている所がありますが、動画を見ただけではなかなか理解し難い一面もあるでしょう。 だからこそ、 かなり難しいところがありますが、パズル感覚で楽しめる人にとっては非常にやりがいのあるくす玉なのではないでしょうか。

次の