ミナ ペルホネン つづく。 展覧会「ミナ ペルホネン/皆川明 つづく」兵庫県立美術館で、デザイン・ものづくりの思想や軌跡に迫る

東京都現代美術館で〈ミナ ペルホネン〉の展覧会『つづく』が開催中! | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

ミナ ペルホネン つづく

こんにちは、haconiwa編集部の森です。 本日ご紹介するのは、清澄白河の東京都現代美術館にて2019年11月16日 土 から2020年2月16日 日 まで開催中の「ミナ ペルホネン/皆川明 つづく」展です。 デザイナーの皆川明氏が立ち上げたブランド「ミナ ペルホネン」。 読者のみなさんの中にも好きな方が多いですよね!1995年にミナ ペルホネンの前身となる「ミナ」が誕生してから、来年2020年には25周年という記念すべき年を迎えます。 本展覧会は、ミナ ペルホネンと皆川明氏のものづくりとその思考をこれまでにない規模で紹介する展覧会です。 タイトル「つづく」には、ブランドの時間的な継続性を示すものはもちろんのこと、つながる・連なる・手を組む・循環するなど、モノや人が連鎖し何かを生み出していく生成のエネルギーなど、多義的な意味が込められているそうです。 生地や衣服、インテリア、食器等のプロダクトに加えて、デザインの原画、映像、印刷物、皆川明氏の挿絵など創作の背景を浮き彫りにする作品群や資料も併せて展示され、皆川氏とミナ ペルホネンのものづくりへの想いを感じる展示となっています。 今回は展覧会の様子を一部レポートします。 ミナ ペルホネンの活動の要素を8つの章で構成。 本展覧会は8つの章で構成されており、各章にはミナ ペルホネンのものづくりの営みを自然界に例えて、「実」「森」「風」「芽」「種」「根」「土」「空」といった名称が付けられています。 ミナ ペルホネンらしい展示構成に、ワクワクしますね。 最初の章は「実」。 かわいいお部屋のような展示です。 ここでは、ミナ ペルホネンの代表的な刺繍柄tambourine(タンバリン)のデザインの原点や、生地になるまでの工程、その生地から生まれた様々なプロダクトが紹介されています。 ミナ ペルホネンは、流行に左右されず、長年着用できる普遍的な価値を持つ「特別な日常服」をコンセプトとし、日本各地の生地産地と深い関係性を紡ぎながら、オリジナルの生地からプロダクトを生み出す独自のものづくりを続けてきました。 「せめて100年つづくブランドに」という思いでファッションからスタートした活動は、その後、インテリアや食器など次第に生活全般へと広がり、現在ではデザインの領域を超えてホスピタリティを基盤にした分野へと拡張しています。 tambourineを通して、ミナ ペルホネンのものづくりの精神を垣間見ることができる章となっています。 各章をつなぐ入り口。 入り口から見える隣の展示もかわいいです。 これまでのものづくりの過程をじっくりと見ることができる展示。 ミナ ペルホネンの服がずらりと並ぶこちらの章は「森」。 設立当初から2020年春夏コレクションまでの約25年分の服、400着以上を一堂に集め、年代をミックスして展示されています。 正直、どの服が25年経っているのか分からないくらい、時が経っても変わらず素敵な服ばかり。 流行にとらわれない、長年愛用してもらえ服を目指すミナ ペルホネンの凄さだと思います。 「芽」という章では、皆川氏とインハウスデザイナー田中景子氏による、生地のためのデザイン画と、そのあとの工程を予感させる作品が展示されています。 こちらはjardinという織物のための図案です。 図案の線画も美しいですね〜。 そのほかにも、手書きの線や色の重なりが印象的なプリント用原画や、糸から織り組みまで考えられている織物用デザインなど、制作の過程が見ることができるとあって、大変貴重な展示となっています。 皆川明氏の頭の中を覗いているような、創作アイデアの展示も。 「種」の章では、皆川氏とミナ ペルホネンのものづくりの哲学や創作のアイデアを、過去・現在・未来の試みを通して紹介しています。 皆川氏のスケッチブックや、 皆川氏が19歳の頃、初めてのフィンランド・ラップランドへの旅で出会ったコートが展示されていました。 19歳の頃のコートに、ミナ ペルホネンの服に通ずるものを感じます。 そして、状態がとても良くてビックリ! 手製のゴムスタンプなど制作に使用された道具を見ることができたり、 インビテーションやノベルティバックなど、過去の作品を見ることもできます。 皆川氏が将来の夢として構想している「簡素で心地よい宿」のプロトタイプ「shell house(シェルハウス)」も。 皆川氏のアイディアを設計し、かたちにしたのは皆川氏と公私ともにつきあいの深い建築士の中村好文氏です。 フィボナッチ数列から着想を得たユニークな渦巻き型の構造になっていて、リビング部分には実際に足を踏み入れることもできるので、shell houseのあたたかな空間を感じてもらいたいです。 ものづくりが継続していく大切さを感じる、ミナ ペルホネン25年の活動の軌跡。 最後の章は、ミナ ペルホネンの活動の軌跡を綴った展示です。 ブランド初期から現在まで大切に作り続けられているアイコン的存在の「mini bag(ミニバッグ)」からはじまり、2095年の想いにつながっています。 皆川氏がこの展覧会に込めた思いをお話ししているインタビュー映像もありますよ。 まさに、「つづく」という今回のテーマを最後まで感じられる展示でした。 今回の展示では、グッズも見逃せません!靴下やハンカチ、バッチやバッグなどの身に付けるものから、ポストカードやマスキングテープといった文具など。 充実のラインナップなので、来場記念にグッズもたくさん購入してみてくださいね。

次の

東京都現代美術館で〈ミナ ペルホネン〉の展覧会『つづく』が開催中! | カーサ ブルータス Casa BRUTUS

ミナ ペルホネン つづく

服をはじめ、家具や器といったプロダクトデザインまで幅広く手掛てきたことが評価され、「毎日ファッション大賞」大賞(2006)や「」(2016年)、「平成27年度 芸術選奨文部科学大臣新人賞」(2016)を受賞。 近年ファッション業界でも取り組みが盛んになっているサステナビリティーを設立当初から意識し、服を製作した後の残布を用いた「ミニバッグ(mini bag)」や「エッグ バッグ(egg bag)」といったアイテムを継続して販売している。 会場は皆川自身が命名した「実」「森」「風」「芽」「種」「根」「土」「空」の8つの部屋からなり、建築家の田根剛が会場構成を担当した。 入口では、皆川がこれまで手掛けてきたアーカイブのテキスタイルを使ったクッションを壁一面に敷き詰め、色とりどりの温もりある空間演出で鑑賞者を出迎える。 「実」では、25個の小さなドットを輪っか状に並べた刺繍柄「タンバリン」にフォーカスし、タンバリンを使った初めての服や1つの輪に使われる糸の長さ、これまでに生産した同柄の生地の長さ、生地一反に並ぶ輪の数といったユニークな視点からデザインを解説。 「森」には2020年春夏コレクションの新作とアーカイブから約400着のトルソーを部屋を囲むように並べ、木々が生い茂る森をイメージしたという。 「風」では映像作家の藤井光が山形県、沖縄県、東京都、パリの4つの都市を舞台に、それぞれの都市で暮らす愛用者たちを捉えた映像作品「着る喜びの風景」を放映し、放映ブースに並べられた椅子にもミナ ペルホネンのテキスタイルをあしらった。 現在3,000種類を超えるテキスタイルについて深掘りする「芽」には、プリント用原画や織物用のデザイン、刺繍用図案など87点を展示している。 会場内で最も展示面積が広い「種」は皆川とブランドのアイデアの宝庫の様な空間で、コレクションテーマのメモや製品の仕様指示書、様々な企業やブランドと協業した作品が集結。 監修を担当している良品計画のプロジェクト「」のアイデア画をはじめ、「」とコラボレーションしたテーブルウェアや、青山スパイラル5階の直営セレクトショップ「」がオープンした際に皆川が直筆で書いた求人広告といった幅広い活動の軌跡をたどることができる。 また、皆川が2015年から構想していたという宿「シェル ハウス(shell house)」を設置。 建築家の中村好文の協力を得て実現し、デザイン案や設計図、模型なども公開している。 「根」では、2016年から「朝日新聞」で連載している「日曜に想う」のための挿画99点と、2016年1月から2017年2月まで日本経済新聞で川上弘美が連載した小説「森へ行きましょう」の挿画170点を公開。 皆川のものづくりの根幹のひとつである「人の記憶を繋げる服」を体現する「土」では、個人が所有するミナ ペルホネンの服を所有年数と服にまつわるストーリーと共に紹介し、「時が経過しても色褪せない服」を鑑賞者に考えさせる空間を演出している。 最後の部屋「空」は皆川のインタビュー動画のほか、100周年を迎える予定の2095年を付け足したブランド年表を展示。 2095年の項目には「過ぎた100年を根としてこれからの100年を続けたい」という皆川のメッセージを添え、展覧会を締めくくっている。

次の

ミナ ペルホネンの展示会に行って、圧倒的に良いブランドだったという話

ミナ ペルホネン つづく

東京都現代美術館で行われている「ミナペルホネン展覧会(つづく展)」のグッズ情報です。 公式ではあまりグッズの情報が出されておらず、気になっている方も多いはず。 グッズ売り場の場所と入場制限は? グッズ売り場の場所は、展覧会の会場の前の廊下(?)のようなところにあります。 すぐ見つけられると思います。 チケットがなくても入れるオープンな場所で、入場制限はありませんでした。 混雑具合は? 混雑具合ですが、 私が行った平日の雨の日の午後は、やや混んでいるときもありましたが、ほとんど空いていて、ストレスなく見られました。 グッズの「お一人様3つまで」とは? ポストカードやマスキングテープの棚には、 「お一人様3つまで」などという注意書きがありました。 注意書きがあるものについては、 「マスキングテープは全部で3つまで」という意味とのこと。 その他のものについて、 売り場の方に確認したところ、注意書きがないものについては、 「たとえば、バッグで同じ柄3つまでなら、OK」とのことでした。 どんなグッズがある? 売られていたグッズについて紹介します。 内容や金額については、私の記憶によりますので、間違っているところがありましたら、ごめんなさい。 ・ ポストカード(220円くらい) ミナ ペルホネンのテキスタイルのかわいい柄と、 皆川明の新聞のコラムに掲載されていた、上の写真のような、ややシュールな絵のものがありました。 また、つづくのロゴのものがありました。 一人3枚までの制限がありました。 種類が豊富で手ごろな値段ということもあり、人気が高いようでした。 ・ てぬぐい(1,320円くらい) 種類が豊富で、10種類以上はありました。 ・ ほぼ日手帳(7,000円~10,000円くらい?) ミナ ペルホネンのほぼ日手帳が何種類か売られていました。 ほかでも手に入りやすいからか、見ている人はほとんどいませんでした。 ・ 靴下(2,800円くらい) 靴下は、男女各数種類ありました。 柄は、写真のものやタンバリンの柄などがありました。 ・ マスキングテープ(275円くらい) マスキングテープは、 つづく展のロゴのものが3種類くらいと、 テキスタイルのものが5種類以上ありました。 テキスタイルのマスキングテープは人気で、お一人様3個までの制限がありました。 ・ ブローチ タンバリンのブローチと、ちょっとシュールなカラフルな鳥のものがあるようです。 タンバリンのものは売り切れていて、鳥のものはあまり人気がないで、在庫が多くありました。 ・ ブックカバー birdのものなど4種類くらいありました。 刺繍がされた、とてもミナ ペルホネンらしいテキスタイルで、かわいかったです。 金額は、確か、7,000円~9,000円くらいだったと思います。 ・ サーモマグ 白のタンバリンと黒のchoucho、2種類あったと思います。 ・ 色鉛筆 6本組セットだったような。 箱がミナ ペルホネンのオリジナルでした。 ・ panini bag 15,000円くらい パニーニバッグは、大きな手提げの布のバッグです。 foglandの黒と黄色がありました。 黒が人気で、帰るときには売り切れていました。 他の方のTwitterを観てみると、バッグ類はどうやら商品が変わるようですね。 ・ toast bag トーストバッグは、小さな布の手提げバッグです。 タンバリンなどのテキスタイルがパッチワークされたものが、一種類ありました。 茶系でした。 かわいらしい雰囲気でした。 金額は9,000円くらいだったような…。 ・ つづくのオリジナルバッグ 「つづく」のロゴが入った、布のエコバッグのような雰囲気のバッグでした。 ロゴのバッグの他に、紐のようなデザインがプリントされたバッグもありました。 ミナ ペルホネンの甘い感じに対して、これらのバッグはややモードな感じでした。 ・ サンキューベリーバッチ ミナペルホネンのテキスタイルが貼られたバッチです。 大量に、ざかざかと置かれていました。 様々な柄があり、人気なものはすぐ売れて、地味なものが残っている雰囲気でした。 随時、在庫の補充があり、蝶々や花のものがすぐに売れていきました。 金額は一律で、1,200円くらいだったような… ・ chocho コットンガーゼハンカチ(1,400円くらい) 白とグレーがありました。 おそらく、黒もあったのではという感じです。 人気でグレーもすぐに売り切れていました。 他にも、麻の大きなハンカチも売られていました。 それは、3,000円くらいでした。 ・ Tシャツ(大人サイズ9,000円くらい) 半袖と長袖のものがありました。 サイズは、キッズ、レディース、メンズとありました。 柄は、chochoのものと、皆川明の新聞連載の絵のものがありました。 chochoのものは、地の色が白とグレーの2色がありました。 皆川明のシュールな絵のものは、卵の絵や、「高揚」の絵(上に掲載したポストカードの写真の絵)などありました。 地の色は白で、線が黒にゴールド、シルバーが塗られている感じでした。 石田ゆり子さんがInstagramで着ていらしているものが長袖ですね。 この投稿をInstagramで見る yuriyuri1003 がシェアした投稿 - 2020年 4月月13日午前2時46分PDT その他、 ・ ナマケモノのぬいぐるみ ・ クジラのぬいぐるみ がありました。 展覧会限定グッズ ミナペルホネンの展覧会を見た人だけの限定グッズが2種類あります。 限定の展覧会公式カタログ まず、一つ目は、 特別なカバーの展覧会公式カタログ(図録)です。 詳細は、公式サイトへ。 展覧会公式カタログは、通常カバーの他に、8種類の限定カバーのものがあります。 通常版のカバーはタンバリンの柄で、2月から一般の書店でも販売予定です。 限定版は、展覧会の会場限定のカバーで、8種類あります。 8種類の柄は以下のとおりです。 カバーは、布ではなく写真です。 申し込みの場所の方のお話では、foglandとsymphonyが人気だそうです。 会場内で、申し込み書で予約しましょう、1月中旬以降郵送されます。 限定版カタログは、会場内でしか申し込めないので、欲しい方は忘れずに申し込んでください。 実は、カタログの中身がまだ出来上がっておらず、会場にも見本はありませんでした。 普通、展覧会と図録はセットだと思うので、そんなことってある?と驚きました。 会場内の様子も掲載されるみたいですし、仕方ないのかな、でも、早くみたいな… <後日、ネットや書店で販売されるようになりました。 > 限定のトーストバック 二つ目の限定グッズは、 展覧会公式カタログが入るトーストバッグです。 こちらは、通常のトーストバッグよりやや大きいサイズらしいです。 パッチワークのもので、柄は未定。 カタログと一緒に届いてからのお楽しみとのことです。 こちらは、限定版のカタログを頼んだ方だけの限定です。 限定版のカタログを申し込む際に、一緒に申し込みます。 値段は、9,900円です。 うーん、どちらも限定と聞くと、欲しくなってしまいますね! おすすめのグッズ 以上、ミナペルホネンの展覧会グッズについて紹介してみました。 値段を書くと夢を奪うんじゃないか…と思いながらも、情報を得たいと探している方もいるはずと思い、記憶を頼りに書いてみました。 おすすめのグッズは、 展覧会のカタログと、 ミナ ペルホネンのテキスタイルのよさがわかる布ものです。 展覧会のカタログの中身はまだわかりませんが、展示がよかったので、きっと見応えある内容でしょう! 限定カバーにこだわらない場合は、2月に書店で販売されてから購入してもよいかもしれません。 もう一つおすすめなのは、テキスタイルのよさがわかるものです。 たとえば、バッグやブックカバーは刺繍があったりなど、デザインだけでなく、布のつくりも特別なので、是非、手に取って見てもらいたいです。 もし、バッグはちょっと高いな…と思うのであれば、サンキューベリーバッチやchochoのハンカチがおすすめです。 展覧会でステキなものを観るのも楽しいですが、グッズを買って、ステキなものを身につけるのも楽しいものですね。 「Casa BRUTUS特別編集 ミナ ペルホネンと皆川 明」こちらも図録と違ってなかなかよかったです。

次の