法事 香典 薄墨。 【楽天市場】【薄墨】慶弔印 名前スタンプ のし袋用スタンプ名前又は住所(タテ組)印面サイズ/18×58mm弔事用香典袋用(油性顔料薄墨インク)慶弔用/香典袋/熨斗/香典/法事/お盆/お供え/慶弔印/慶弔スタンプ/御霊前/ハンコゴム印/オーダー慶弔用ゴム印:こだわりスタンプショップBamboo

香典の書き方!中袋は薄墨で?ペンやボールペンでも大丈夫?

法事 香典 薄墨

2品贈る場合の掛け紙や、表書きと名前の色について。 香典返しの掛け紙の基本。 2品贈る場合の掛け紙や、表書きと名前の色について。 香典返しの掛け紙には、以下のようなお悩みが多いのです。 「宗教や地域によって掛け紙は違うらしいけど、一体どんなものがあるの?」 「名前や表書きは薄墨ではなくても大丈夫?」 香典返しは、故人と親しくされていた方々に贈る、お礼の品物となりますので、しっかりとしたものを贈りたいですよね。 香典返しの場合は、信仰している宗教や、住んでいる地域で決まりごとが様々ですので、理解しきれていない部分も多いかと思います。 今回の記事では、香典返しの掛け紙に関することについてのご紹介をしていきます。 品物だけでなく、掛け紙もきちんとマナーに沿ったものを用意して、気持ちの良いお返しをする参考にしてください! 即日返しのメインの香典返しの品物に、掛け紙がついているのならば、高額香典返しの品物には掛け紙はつけなくても良いです。 また、掛け紙をつけていない品物は仏包装にて、贈りましょう。 香典返しの表書きと、名前は薄墨・黒色のどちらでも大丈夫です。 ですが、表書きと名前の色は揃えておいた方が良いでしょう。 香典返しの掛け紙は、その家の信仰する宗教や地域などによって表書きや水引などの仕様が変わってきます。 故人きちんと合わせた掛け紙を選ぶようにしましょう。 冠婚葬祭にまつわる贈り物のマナーは、唯一の正解はありません。 参考までに、すでに経験をされた方のご意見を掲載させていただきました。 四十九日明けに香典返しの品物を2品贈る場合。 掛け紙はメインの品物のみにつければ良いでしょう。 品物は双方とも仏包装がよいでしょう。 基本的に香典返しの品物が2品の場合、高額の方であるメインの品物に掛け紙がついているのであれば大丈夫です。 添え物には掛け紙はつけなくても良いとされています。 掛け紙を双方につけてしまうと、重なるの意味合いから、『悲しみが重なる・不幸が重なる』と言う意味合いになってしまうからと言われています。 基本的に香典返しの品物には、掛け紙がついていても、ついていなくても包装は仏包装にして贈るのが良いかと思われます。 即日返しの香典返しの品物が間に合わなった方に、即日返しのタオルと、高額香典返しの菓子折りを合わせて贈る際、菓子折りには掛け紙は必要でしょうか? 先日母が亡くなり、火葬場の関係で、葬儀までに5日間の間が空いてしまいました。 香典返しは即日返しにしようと、葬儀の前日に届くよう、2,000円程度のタオルギフトを手配していました。 ですが、葬儀までの日にちが空いていたため、葬儀までの5日間の間に、母の友人が数名自宅まで、弔問に来てくださりました。 その際に香典を頂いたのですが、タオルギフトがまだ届いていなかったため、その際には香典返しを贈ることができませんでした。 ですので四十九日明けに改めて、香典返しの品物を贈ることにしました。 そこでまず悩むがあります。 弔問にきて頂いた方々から頂いたお香典の額が、想定していた額よりも多く、タオルギフトのみではお礼に見合わないと思い、生前母の大好きだった菓子折りをプラスして、母の友人たちに贈ろうと思ってします。 その際に、タオルギフトにはすでに掛け紙がつけてありますが、菓子折りにも掛け紙はつけるものなのでしょうか? 即日返しの香典返しの品物に、掛け紙がついているのならば、高額香典返しの品物には掛け紙はつけなくても良いです。 まず、お母様がお亡くなりになられた事、心からご冥福をお祈り申し上げます。 基本的に香典返しの品物が2品の場合、高額の方であるメインの品物に掛け紙がついているのであれば、もう片方の品物は添え物となります。 今回であれば菓子折りですね。 そういった添え物には掛け紙はつけなくても良いとされています。 これには理由があり、掛け紙を双方につけてしまうと、重なるの意味合いから、『悲しみが重なる・不幸が重なる』と言う意味合いになってしまうからと言われています。 またその他にも、複数の掛け紙があることによって、贈り先様からくどいというような印象を持たれてしまう、恐れもあるからです。 掛け紙をつけていない品物は仏包装にて、贈りましょう。 基本的に香典返しの品物には、掛け紙がついていても、ついていなくても包装は仏包装にして贈るのが良いかと思われます。 この仏包装というのは慶事の際に使用される包装とは違い、弔事の際に利用される包装方法となります。 こういった弔事の際の包み方は、包装紙の折り返し部分の位置から、『悲しみはいつまでも心に留めず、流していくかのように早く取り除く』と言う意味合いが込められています。 慶事用と弔事様では、包み方の順番や向きが違っていたりするので、間違って慶事用の包装にして贈らないように気をつけましょう。 結論として、この質問者様のお話ならば、• 基本的に香典返しの品物が2品の場合、高額の方であるメインの品物に掛け紙がついているのであれば大丈夫です。 添え物には掛け紙はつけなくても良いとされています。 掛け紙を双方につけてしまうと、重なるの意味合いから、『悲しみが重なる・不幸が重なる』と言う意味合いになってしまうからと言われています。 基本的に香典返しの品物には、掛け紙がついていても、ついていなくても包装は仏包装にして贈るのが良いかと思われます。 ですね!! 香典返しの掛け紙を印刷にした場合。 表書きと名前の濃さは、揃えておいた方が良いでしょう。 基本的に香典祝いの際に表書きや名前の、薄墨か普通の墨かに関しては、どちらでも良いとはされています。 一つだけ気をつけていただきたいのは、文字の色を薄墨か普通の黒 墨 にする場合でも、表書きと名前の色の濃さは統一するという事です。 有薄墨が使われる理由としては、不幸は突然の事で、慌てて用意をするため、墨をしっかりと擦らずに名前や表書きを書いて、薄墨になってしまう。 との意味合いがあって、薄墨が使われていました。 香典返しでは四十九日明けという事もあり、準備をする期間がしっかりとあるとされ、基本的には先に書いたような薄墨にする必要がないともされています。 表書きと名前の色は揃えておいた方が良いでしょう。 まず、お父様がお亡くなりになられた事、心からご冥福をお祈り申し上げます。 基本的に香典祝いの際に表書きや名前の、薄墨か普通の墨 黒 かに関しては、どちらでも良いとはされています。 また、手書き印刷、どちらでも良いともされています。 薄墨が使われる理由としては、不幸は突然の事で、慌てて用意をするため、墨をしっかりと擦らずに名前や表書きを書いて、薄墨になってしまう。 との意味合いがあって、薄墨が使われていました。 ですが香典返しでは四十九日明けという事もあり、準備をする期間がしっかりとあるとされ、基本的には先に書いたような薄墨にする必要がないともされています。 これは当日返しであっても同様です。 ですが考え方の名残として、デパートで用意されている掛け紙でも、手書きの掛け紙でも、文字が薄墨のものは扱われているため、どちらも間違いではないですし、使用する際の問題はないともされています。 ですが、一つだけ気をつけていただきたいのは、文字の色を薄墨か普通の黒 墨 にする場合でも、表書きと名前の色の濃さは統一するという事です。 でなければ、先にも書いたような色の濃さに対する意味合いがなくなってしまうとされているからです。 ですので今回の質問者様の場合ですと、文字の色を薄墨にしても黒にしても良いのですが、表書きと名前の色の濃さは統一するのが良いかと思われます。 結論として、この質問者様のお話ならば、• 基本的に香典祝いの際に表書きや名前の、薄墨か普通の墨かに関しては、どちらでも良いとはされています。 一つだけ気をつけていただきたいのは、文字の色を薄墨か普通の黒 墨 にする場合でも、表書きと名前の色の濃さは統一するという事です。 薄墨が使われる理由としては、不幸は突然の事で、慌てて用意をするため、墨をしっかりと擦らずに名前や表書きを書いて、薄墨になってしまう。 との意味合いがあって、薄墨が使われていました。 香典返しでは四十九日明けという事もあり、準備をする期間がしっかりとあるとされ、基本的には先に書いたような薄墨にする必要がないともされています。 ですね!! 香典返しの掛け紙について そもそも熨斗とは。 そもそもお祝いや内祝いを贈る際に、よく見られるのが熨斗ですね。 ここでは熨斗にはどんな意味があるのかご紹介いたします。 熨斗 のし の起源は、もともとは昔、縁起物のアワビを薄く引き伸ばし、それを贈り物として贈っていたのが始まりでした。 時代が移り変わり、アワビではなく、昆布や紙をアワビの代わりとして贈るようになり、今ではもっと簡単な、紙に印刷した熨斗や、六角形に紙を折りたたんでできた、折り熨斗となったわけです。 なので掛けてある紙全体を熨斗とは言うのではなく、右上についている紙を折りたたんでいるう部分のみを、厳密には熨斗というのです。 こういったものを印刷されている掛け紙は、熨斗紙などと呼ばれています。 そして香典返しのような弔事は、お祝い事などのめでたい事ではないため、熨斗の付いていない水引のみの『掛け紙』というものを使うのが一般的です。 大きくまとめて熨斗紙や熨斗などとも呼ばれる事が多いので、紛らわしくはあるのですが、弔事の際に使われるのは掛け紙となりますよ。 香典返しの掛け紙の一般的な書き方。 信仰する宗教や、住んでいる地域などで香典返しの掛け紙の種類は変わってきますが、ここでは一般的に使われている、宗教や地域を問わずに使える、掛け紙のご紹介をいたします。 まず一般的な掛け紙の場合は熨斗の付いていない、掛け紙となります。 水引は『黒白の結び切り』とされています。 これには端を引っ張っても、二度と解けない。 固く結ばれているという意味から、『2度と悲しみや不幸を繰り返さないように』、『弔事は一度きりにしたい』という願いが、込められているからとされています。 水引の上に書く表書きには『志』と書くのが、香典返しでは最も一般的とされています。 もし故人の苗字と、喪主の苗字が異なり、喪主の苗字を名前に書く際は、誰からの香典返しかわかるように、故人との続柄を書き添するのが良いとされています。 また表書きと名前の色は、薄墨か黒色とされています。 不幸は突然の事で、慌てて用意をするため、墨をしっかりと擦らずに名前や表書きを書いて、薄墨になってしまう。 との意味合いから薄墨で書かれることもありますが、基本的に香典返しの際は、準備期間もしっかりとあることから、薄墨でも普通の黒色でも、どちらでも良いとされています。 様々な宗教や地域の香典返しの掛け紙。 先にも書いたように、香典返しの掛け紙は、信仰する宗教などによって、書き方等が変わってくる場合があります。 ここではそれぞれの掛け紙についての説明をしていきます。 基本的に共通していることは、熨斗なしの、水引は結び切りの掛け紙ということです。 香典返しの掛け紙の際の内掛けと外掛けについて。 香典返しの掛け紙の包装の仕方にも、内祝いの際のように、『内掛け』、『外掛け』といったものがあります。 内掛けは品物の上に直接掛け紙をかけ、その上から包装する方法であり、外掛けは包装紙の上から掛け紙をかける方法です。 一般的には、お祝い事ではない弔事の際には、控えめとされる内掛けが一般的とされています。 です直接贈り先様にお会いして渡す場合には、外掛けを用いるのが多く、郵送などでお会いせずに贈る場合は、内掛けにして贈るのが主流となっています。 すでに「香典返し」を経験をされた先輩の方々のアドバイス 冠婚葬祭にまつわる贈り物のマナーは、唯一の正解はありません。 【大多数の方の、常識だとされているところに落ち着きます】ので、地域や贈り先との関係、経済的な状況や、社会の環境などに左右されています。 また、中には、お客様の独特な思い入れのため、多少マナーに反しているようなご注文も、実際に、あります。 以下は、 【すでに「香典返し」を経験された先輩の方々のアドバイス】を掲載させていただきました。 私どもとお客様との会話や、アンケートの中より、了承いただいたものを抜粋して記事とさせていただきました。 賛否両論あるかもしれませんが、参考にしていただけると幸いです。 法事の引き出物に付けるのし 最近、法事の引き出物にカタログギフトが人気なのだそうです。 法事は亡くなった人にゆかりがあった方に法要に来ていただき、故人を偲ぶ儀式です。 法事は終わったら、会食をしていただき、その後引き出物をお渡しします。 引き出物は、法事に来て頂いた感謝の気持ちを示すものですが、お帰りの際に荷物になってしまいます。 カタログギフトなら重い荷物を持ち帰ってもらう必要がなく、ゆっくりとお好みの商品を選んでいただけるところが人気の理由のようです。 法事の引き出物としておすすめのカタログは、日本最大級のカタログギフトメーカー、たき新のカタログギフトです。 たき新のカタログは法事の引き出物をはじめ、出産内祝いなど、豊富な種類のカタログがあることで有名なメーカーなんです。 法事の引き出物のカタログの商品は、幅広い方から人気のグルメやインテリアグッズ、ファッションからアクセサリーまでさまざまなアイテムから選べます。 引き出物を贈る時に気になるのがのしです。 贈る方に失礼のないように、 きちんとしたのしを準備しておきたいですね。 たき新のカタログは、一般的なのしから関西地方で使われるのしをはじめ、挨拶状、包装紙など、さまざまな細かな配慮が行き届いたサービスが充実しています。 法事のお返しの「のし」の書き方 法事に出席する場合、昔は供え物(線香・ろうそく・菓子・果物など)と供え花を持って行くのが一般的でしたが、最近ではこの供え物や供え花に代わってお金(御仏前)を包んで持って行くようになってきました。 勿論、この御仏前と一緒に供え物や供え花を持って行くのも大変結構な事でしょう。 この御仏前、供え物、供え花に対するお返しとして、法事を主催する側は引き出物を用意する必要があります。 この引き出物ですが、御仏前の金額に関わらず、一律2、3千円ぐらいの品物をお返しするのが一般的とされています。 この法事お返しでよく選ばれる品物としては日用品などが多いのですが、最近では、法事お返しした方それぞれに必要な物を選んで貰えるようにとカタログギフトを引き出物に選ぶ方も増えています。 不祝儀用のカタログギフトも用意されているので、それを選ぶと良いでしょう。 カタログギフトでも品物でも、この引き出物にはのしを付け、お礼状を添えてお返しするのがマナーです。 法事お返しの引き出物に付けるのしは、一周忌までは黒白か双銀、三回忌以降は青白か黄白の結び切りの水引を使用します。 そしてこの水引の上に「志」か「粗供養」という文字を入れ、水引の下に施主の苗字か「~家」を入れます。 香典返しの「のし」の種類 冠婚葬祭についてはいろいろと決まりごとがあり、その決まりごとにはそれなりの意味合いが含まれていたりしますので、いいかげんなことをしてはいけません。 間違えることが無いように気をつけましょう。 お祝いごとはおめでたい色なら良いだろうと、「のし」の水引を紅白にしていれば良いと思ったら大きな間違いです。 おめでたい事柄でも、一度きりで二度とはないようにという意味合いから、結婚式に関係することに使う「のし」や、病気の際の快気祝いなどに使う「のし」は、ただ紅白の水引を使用している物では間違っている場合があります。 水引には結びきりにしてあるものと、蝶結びになっているものがあります。 結びきりは二度とほどけることがないということで、結婚式の関係や快気祝いのときに用いる「のし」の水引です。 赤ちゃんが生まれた時や新築の祝い、進学や進級のお祝いに関するものは紅白の蝶結びの水引の「のし」を使います。 何度あっても良いからです。 「香典返しの「のし」の種類」については、水引を結びきり、またはあわび結びにしたものを使います。 もちろん地味な色のものです。 香典返しにはカタログギフトなどを利用してお返しすると便利です。 香典返しをカタログギフトにした場合にも水引に気をつけてお返しします。 香典返しの品に添える「のし」の書き方 香典返しとは、亡くなった人に供えられる香典(お金)に対するお返しの事です。 つまり、お通夜やお葬式に香典を持って出席して下さった方々、それらには出席できなかったが、香典だけ供えて下さった方々に、遺族がお返しする品の事です。 この香典返しですが、一般的には受け取った香典の半分から3分の1程度の品を返すとされていますが、最近は、お葬式の後にその場で香典返しをお返ししてしまう即返しの形を取る人が多いので、一律2、3千円ぐらいの品をみんなにお返しするのが一般的になってきています。 そして忌明け、四十九日明けに、香典だけを供えて下さった方、かなり高額の香典を供えて下さった方に、香典返しを郵送するという場合もあります。 次にこの香典返しの品によく選ばれる品として、最近ではカタログギフトが挙げられます。 以前はタオルやお茶、洗剤、石鹸などが主流の香典返しの品でしたが、それだと好みなどが出てしまうので、それよりはカタログギフトの方が喜ばれるという理由から選ばれる品が変わってきたのでしょう。 そしてこの香典返しの品に付けるのしですが、黒白結び切りの水引が付いたのしを選ばないといけません。 この結び切りには、簡単に解けないという意味から、このような不幸が繰り返さないようにという意味が込められているのです。 法事の香典返しの「のし」 「法事の香典返しの「のし」についてご紹介いたします。 法事香典返しにつける「のし」についてですが、お香典のお返しをお送りするときにはのし「かけ紙」はつけるのがマナーだとされています。 もちろん地域性や慣習によってさまざまな方法がありますが、一般的にはつぎのような表書きと水引を用意します。 そして水引きの下部には葬家の苗字か喪主のフルネームをいれることになります。 表書きは、仏式(関東)の場合は、「志」とし水引きは黒白結びきりとなります。 仏式(関西)の場合は、「満中陰志」とし水引きは黄白結びきりとなります。 神式の場合は、「偲び草」とし水引きは黒白結びきりとなります。 キリスト式の場合は、「志・偲び草」として水引きは黒白結びきりとなります。 「のし」にいれる名前についてですが、喪主の立場や葬家の事情によってフルネームをいれる場合や喪家をいれることになります。 また、喪主が複数いる場合などもそれぞれの氏名を書くこともあるようです。 法事香典返しのお返しの品物としてはカタログギフトやタオルギフト、お菓子のギフトや洗剤のギフトなどを選びますが、法事香典返しの品物は贈る相手によってカタログギフトを選んでもよいですし、食べ物や調味料のセットなどを選んでも良いです。 最後に。 今回は香典返しの掛け紙についてのご紹介でした。 弔事で悲しみの中ではありますが、きちんとマナーに沿った贈り物をして、故人を親しんでくれた方々にお礼をするのが、故人への感謝の気持ちの表れとなるのではないでしょうか。 また、香典返しでは、カタログギフトを利用される方も多いです。 最近では様々なジャンルに特化したもので、旅物やグルメ専門、女性向け男性向け、各お祝い用のものや、見た目が可愛らしいものが幅広く販売されています。 たき新ではそんなカタログギフトを幅広く、しかも定価よりもかなりいお安く販売しているものが、たくさんあるのです!! ですが、『通販で買うと掛け紙とか用意できないんじゃないの?』と心配なさる方もいらっしゃるかと思います。 でもたき新なら大丈夫!! それぞれの場面に適した掛け紙を、表書き・名前を書いた状態でつけてくれるので、自分で掛け紙を用意する必要がないんです! ぜひ1度、たき新のサイトを見て、検討してみてはいかがでしょうか? 香典返しのマナー 記事一覧•

次の

香典は薄墨でないとだめ?薄墨の意味と香典の書き方。49日も薄墨?

法事 香典 薄墨

故人との関係性 金額相場 両親 3~10万円 兄弟・姉妹 3~10万円 祖父母 1~5万円 叔父・叔母 1~3万円 甥・姪 1~5万円 いとこなどのその他の親戚 3千円~3万円 友人・恩師・仕事関係者など 3千円~1万円 主に親等が近く、日常生活でも 近しい親族ほど金額が高くなります。 配偶者は同格とみなされますので、故人が配偶者側の親族であっても、個人で渡すなら同様の金額が目安になります(配偶者の両親なら3~10万円) 配偶者と連名で渡すなら、 5割増しの金額にして渡すことが一般的です。 相場に多少の差はあるものの、「兄弟・姉妹・祖父母」と「叔父・叔母・甥・姪」はそれぞれ親等が同じグループなので、額も同じにしている方が多いです。 それより遠い親戚は一段下げ、血縁関係が全くない場合は1万円以下となるように出すことがほとんどです。 関係性が近い方より多くの金額を出すことは失礼だと捉えている方もいらっしゃるので、この序列は守って金額を決めておくのが無難です。 葬儀・告別式 ご香典の金額が特に重要になるのは葬儀・告別式のときであり、基本の指標は前述の表と同じになります。 それ以外にも、 年齢と社会的立場により金額の目安は変わってきます。 故人との関係性 20代以下 30代 40代以降 両親 3~10万円 5~10万円 10万円~ 兄弟・姉妹 3~5万円 5~10万円 5~10万円 祖父母 1万円 3万円 5万円 叔父・叔母 1万円 1~3万円 3万円 甥・姪 1~3万円 1~5万円 1~5万円 いとこなどのその他の親戚 3千円~1万円 5千円~2万円 5千円~3万円 友人・恩師・仕事関係者など 3~5千円 3千円~1万円 3千円~1万円 20代以下の場合、ほとんどの人の社会的立場は高くなく、経済的にも余裕はありません。 両親や兄弟といった間柄の葬儀ではできる限り出すことになりますが、実生活も慮られるので相場は低めに考えても大丈夫です。 親の保護下にある方は、 保護者との連名で出すのが無難です。 30代の方はある程度の社会的立場や家庭をもっている方も多いので、20代以下の方よりは多くなるように金額を設定するのが一般的です。 懐事情も大切ですが、20代以下の方より 故人との付き合いが長かったことを考慮して包みましょう。 40代以降の方は若い方々に規範を示しておきたい立場であり、大抵の場合経済的にも余裕があるとみなされています。 よほど切羽詰まった状況でない限り、相場の中でも多く出すように考える必要があります。 ご香典の金額は故人との関係性が一番重要で、両親・兄弟・姉妹といったほぼ 実生活を長く共にする間柄の場合は金額を落とせない傾向にあります。 逆に、親族であってもほとんど付き合いがなかった叔父・叔母・いとこなどになると、施主側の気遣いを考えて少なめに包むこともあります。 表はあくまで目安として、各々の実態に見合う金額を考えておきましょう。 なお、告別式までは急な悲報ですので、予期していたように捉えられる 新札は使わないというマナーがあります。 旧札があればそちらを使い、なければ一旦折り目をつけてから包みましょう。 初七日から四十九日までの忌日法要 宗派によって解釈が異なりますが、ほとんどの仏教では死後7日目から故人の生前の行いに対する裁判が始まります。 これが初七日で7日ごとに裁判が行われていき、その間は関係者ができる限り徳を積んだりして、最後の四十九日で極楽浄土に行けるかの最終判断が下されます。 よって、忌日法要は本来は7日ごとに営まれるものですが、昨今の社会においては現実的でなく葬儀と初七日を合わせて行ったりしています。 実際に執り行うのは、初七日と四十九日の2つまでであることが大半でしょう。 初七日から四十九日までの忌日法要のご香典の目安としては、葬儀と初七日を合わせる場合、初七日の相場は葬儀の半額程度で考えるのが一般的です。 初七日を別で行う場合、また四十九日についての相場は以下の表となります。 故人との関係性 金額相場 両親 3~10万円 兄弟・姉妹 1~5万円 祖父母 5千円~3万円 叔父・叔母 5千円~3万円 甥・姪 5千円~3万円 いとこなどのその他の親戚 3千円~1万円 友人・恩師・仕事関係者など 3千円~1万円 年齢によっても変動しますが、初七日と四十九日をそれぞれ別できちんと行う場合は、参列者の多さから四十九日のほうを高めに、初七日を低めに設定して考えることが多いです。 昨今では滅多に見られなくなりましたが、他の忌日法要まで正式に営む場合、ご香典の相場は負担も鑑みて低めになります。 四十九日が葬儀と一緒になることはまずないので、ほとんどの場合 「葬儀と初七日」と「四十九日」で香典を考えることになります。 下記の記事では四十九日法要についての基礎知識を全て解説しておりますので、ぜひ参考にしてください。 故人との関係性 金額相場 両親 1~5万円 兄弟・姉妹 1~5万円 祖父母 5千円~3万円 叔父・叔母 5千円~1万円 甥・姪 5千円~1万円 いとこなどのその他の親戚 3千円~1万円 友人・恩師・仕事関係者など 3千円~1万円 一周忌は行うが三回忌は行わない、または遠慮して欠席するという場合は、相場の中から 高めに包んでいくことが多いです。 また、四十九日などに参列できなかった方が相場の 5割増し程度で包むことも多いです。 相互扶助の観点と、これまでとこれからの法要参加事情を考えて検討しましょう。 3回忌法要に持参する香典袋の書き方についてはご存知でしょうか?こちらの記事では3回忌法要における香典袋の書き方や水引の選び方などについて詳しくご紹介しています。 是非ご覧ください。 故人との関係性 金額相場 両親 1~3万円 兄弟・姉妹 1~3万円 祖父母 5千円~1万円 叔父・叔母 5千円~1万円 甥・姪 5千円~1万円 いとこなどのその他の親戚 5千円~1万円 友人・恩師・仕事関係者など 3千円~1万円 出席の都合もつけられないことが多いので、連名で相場の額を出すこともあります。 一周忌や三回忌をやむを得ず催せなかった場合はしっかりとしたものになりやすいので、規模に応じて出せるように相談しておきましょう。 法事の後に会食がある場合 法事の際には、 お斎という食事が用意されることがあります。 斎場に赴いて順を追って法要を行うと結構な時間がかかるものなので、大抵宗派にしたがった精進料理を食べることとなります。 ご香典は元をたどるとこれらの負担を軽くする目的があったものなので、会食分の費用もご香典に包むのが適しているといえます。 5千円~1万円を上乗せするのが一般的で、大人分や子供分、年齢と関係性に応じて決めるといいでしょう。 数字に気をつける 弔事となる法要では、ご香典の金額の数にもマナーが存在します。 「死」と「苦」の連想を避けるために、 4や9の数字が出ないように香典を包む慣習があります。 この考え方は 全ての弔事に対して適応されますので、確実に覚えておきましょう。 適切に縁起を担ぐことも弔意を示す方法のひとつといえます。 偶数はタブー? 香典の金額を決める際、偶数の金額を包むことはタブーとされています。 これは2や4などの偶数の数字は割り切れてしまうためです。 数字が割り切れてしまうことは、「切れる」という言葉が、故人やご遺族との縁が切れてしまうことを連想させてしまい、それが転じて香典の金額に偶数の金額を包むことはタブーとされています。 法事の香典の書き方 ご香典を包む際の書き方についても解説しておきます。 要点を抑えれば、それほど難しいことではありません。 表書き 表書きでは直接「御香典」と書くケースもありますが、基本的にはご遺族の宗教宗派に合わせて変えることとなります。 神式では 御霊前・御玉串料・御榊科・御神前などの中から書きます。 神道では故人の霊魂を家に留め、守護神になってもらうという考え方がありますので、仏という語は使わず神事の言葉を扱います。 キリスト式では 御霊前・御花料・献花料のどれかから書きます。 キリスト教にも霊の概念は存在するので御霊前でも大丈夫ですが、神に関わるもので金品を集めない、偶像崇拝を避けるといった観点から、 日本ではお花代として渡すということになっています。 法要そのものが仏教由来のものですので、ほとんどの場合は仏式で書いて渡すことになります。 その際には以下の注意点があります。 四十九日まで 浄土の存在を認めている仏教の宗派では、四十九日まで故人は霊体であり、裁きを受けている最中と考えられています。 その場合は表書きには 御霊前と書くのが一般的です。 裁判を受けることなく誰でもすぐに往生できると説く浄土真宗や、浄土が教義にない臨済宗・曹洞宗の場合は 御仏前となります。 浄土真宗では御霊前を使うと失礼にあたりますが、臨済宗や曹洞宗では教えにないだけなので、そこまでマナー違反でもありません。 どちらも故人に対してするものではなく、故人を救う仏の力に寄り添って捧げるものとなる点がポイントです。 四十九日以降 四十九日が明けると、どの仏教でも故人はおおよそ仏になっていると解釈されてますので、 御仏前を使っておけば問題ありません。 仏教ではどの宗派においてもお香が大切にされていますので、わからない場合は 御香典でも大丈夫です。 四十九日までに差が出るものなので、そこだけ抑えておけば大きな心配はないでしょう。 名前 御香典の名称の下に名前を書けば、表書きは完了となります。 親族の場合は苗字がよく被りますので、誰が出したかわかるように 基本的にフルネームで書きます。 血縁がない場合でもフルネームで書くほうが、浮くこともなく親切でしょう。 法要の種類は多く、ご香典を複数人で出すことも少なくないので、そちらの書き方も解説しておきます。 夫婦など連名の場合 夫婦や兄弟といった血縁者の連名で出す場合は、苗字が同じですので 代表者を一番右にくるようにしてフルネームで書きます。 その後、故人との関係性が高い順に等間隔に、名前だけを並べて書いていきます。 血縁者であっても核家族に留まらない、親等が遠いような場合は、別々でご香典を包むのが無難です。 友人や知人の連名で出す場合は全員フルネームで、表記の都合上 3名までが限度と考えておきましょう。 それ以上の人数になる場合は、下記の一つの団体として包むのがスマートでしょう。 複数人で一つの団体とする場合 サークルの友人達や、会社の部署などの複数人が団体としてご香典を包む場合もあります。 そのときは、上位となる 団体名や企業名をまず右に書きます。 その後、真ん中に役職名を書いて代表者のフルネームを書く(代表取締役 日本太郎など)か、「〇〇部一同」などと書きます。 施主にとってのわかりやすさが大事ですので、参列者を代表としておくとトラブルもないでしょう。 数字の表記 香典袋の裏側には包んだ金額を記載しますが、慣例として 難しい漢数字を使います。 簡単な漢字による誤記入や改ざんを防ぐために使っていたものの名残です。 以下の表を参考になさってください。 数字 記載する漢字 1 壱 2 弐 3 参 5 伍 6 陸 7 漆 8 捌 10 拾 100 佰または陌 1000 仟または阡 10000 萬 円 圓 金額の前に「金」と書いたり、数字の後に「也」を書くこともありますが、これらも中身が金銭であることや記入終わりを示すために使っていたものなので、書くかどうかは任意となります。 例を挙げると、「金参萬圓」でも「伍萬圓也」でも大丈夫ということになります。 使い分けの理由は昔の事情と情緒的なものが発端となっています。 薄墨を使う時期 不祝儀袋で使う薄墨には「急な訃報で用意が間に合わなかった」、「悲しんだ涙で墨が薄れてしまった」という意味がこめられています。 紙自体が貴重だった頃は書類の作成にもひと手間を要していたので、礼儀作法としての説得力も高いものだったと考えられます。 現代ではご香典の熨斗袋もすぐに調達でき、その印刷が 薄墨でなくても特に問題はありません。 ただ、弔意の示し方は「お通夜と葬儀の場では薄墨で記載する」というマナーとして今も残っています。 葬儀までのご香典を準備するための道具として、薄墨で書けるものを用意しておくといいでしょう。 薄墨でなくて良い時期 前述の通り、 葬儀を終えた後は普通の濃い墨で書いていきましょう。 しかし、地域の風習や宗派の指針によっては薄い墨を使い続ける場合もあるようです。 親族でない場合は葬儀を境に使い分けておくだけでも大丈夫ですが、身内に熱心に信奉されている方がいる場合は確認を取っておきましょう。 孫も祖父・祖母の法事で香典を包む? 法事で香典を包む場合、渡す側と渡される側の組み合わせもいろんなケースが考えられます。 その中でも特に気になるのは、 孫が祖父・祖母の法事に参列する場合です。 所得があれば包む方が良い 孫が成人するまでに、祖父母はほぼ60代以上になっています。 祖父母の法事に臨むときに、孫の所得に余裕のあることは珍しいです。 学生として生活していることもあり、そういった場合は 親と共に家族一同として出してもかまいません。 社会人として働いているのであれば違和感の元になりますので、冠婚葬祭での振る舞いの第一歩として 香典を包んでおくのが望ましいでしょう。 大切なのは金額の多さではなく、一人の人間として弔う姿勢です。 孫が祖父母に包む場合の金額相場 経済的に余裕の作りにくい立場になりやすいことは周囲も承知していますので、葬儀・告別式の表のように年齢の指標と、 自己の状況を顧みて考えるといいでしょう。 少なくとも個人として包めたら丁寧な参列となりますし、怒られることもありません。 孫であっても30代以降の方は立派な大人とみなされるので、相場の中程度を考える必要がありますが、20代以下の方は心配をかけない程度に控えてもいいでしょう。 法事の香典の金額についてまとめ• 法事の香典の金額相場は、故人との関係性によって決まる。 親等が近いほど高額になりやすく、相互扶助の観点が影響している。 年齢によっても出す相場が異なる。 経済的事情と故人との付き合いの長さを考えると、序列や配慮も妥当なものといえる。 葬儀・告別式での相場がもっとも高く、四十九日や年忌法要と時間が経つにつれて規模が縮小されていく。 関係者の事情により催せなかったり参列できなかった場合や、会食代のことも考慮して金額を決める。 表書きは宗教による記載の違いと、四十九日で分けられる「御霊前」と「御仏前」に注意すること。 名前は基本的にフルネームで、連名や団体の場合は順番を正確に記載すること。 金額は旧漢字で書くのが慣例。 4と9はなく、葬儀までは薄墨、以降は普通の濃い墨で書くのが一般的である。 孫が祖父母の法事に参列する場合、所得に余裕があるなら個人でご香典を包むのが望ましい。 ご香典で包む金額は見栄ではなく、ご遺族と故人を丁重に弔うために包むものです。 準備の負担を分け合い円滑な関係を築けるよう、各々の事情に合った額を検討してみてください。 最後まで読んでくださり、ありがとうございました。 「終活ねっと」では、法事や葬式のマナーなど役立つ情報が多数掲載されています。 他の記事もあわせてご覧いただき、参考にしてくださるとうれしく思います。

次の

香典は薄墨で書く?|意味・理由・注意点・書き方・包み方|終活ねっと

法事 香典 薄墨

四十九日法要の香典も、濃墨・濃い墨でOK。 通夜や葬式葬儀で薄墨を使うのは、悲しみの涙で墨がにじんでいますという意味だとされます。 そのため突然の訃報に涙で文字がにじんだという意を表して四十九日よりも前までは薄墨を使います。 四十九日には忌明けを迎えるだけでなくこの日が法要であるとすでにわかっていることなので、濃墨(=こずみ、と読みます。 濃い墨)で書いても構わないとされます。 四十九日以降の主な法要には以下のようなものがあります。 百か日、初盆、一周忌、三回忌、七回忌…など。 御仏前は、仏教の場合のみに使える表書きです。 むしろ汚れたお札やシワシワのお札、破れたお札を包むほうがNG。 通夜や葬式葬儀に新札を使うのは、まるで死ぬのを待って用意していたようだとされ、失礼にあたります。 しかし法事法要はあらかじめ日程が決まっているため、新札を包んでも構わないとされます。 四十九日、初盆、一周忌、三回忌などの法要の香典は、新札でも構いません。 その一方で地域によっては不祝儀には新札は用いない方が良いという考え方も根強くあります(地域によってマナーが異なりますが心配な場合には新札は用いない方が無難です。 どうしても新札しか手持ちがない場合には、一旦二つに折ってから袋に入れてください)。 逆に汚れたお札、破れたお札、シワだらけのお札も失礼にあたりますので注意して下さい。 お寺や僧侶への謝礼として用意するお布施については、日程を打ち合わせる時点で、すでにその日に法要が行われることがわかっているため、むしろ新札をおすすめします。 難しい場合にもなるべくきれいなお札を用意しましょう。 自宅で法要を行う時に僧侶にお渡しするお車代、御膳料なども、同様にきれいなお札のほうが良いでしょう。 (気にしなくても良いという考え方もあります。 ) 二枚以上のお札を入れる時には、お金の向きだけは揃えて入れるようにしてください。

次の