かくしごと 意味。 【かくしごと】の解説!弟の正体についても

『海外の反応』かくしごと 第11話「十丸院有能…?」「エンディングはどうなるんだろう」

かくしごと 意味

まだアニメでは母の詳しいことは明かされていませんが、漫画では「 海難事故で10年以上行方不明」となっています。 死んでいると解釈できるコマもあり、「死んでいる。 」と言われていますが、それでも可久氏は必死に探していました。 貯金は奥さんの捜索にほとんど使っちゃったみたいというところもあります。 【かくしごと】姫には弟がいる? 姫が可久士の「かくしごと」を探していると、目の前に男性が現れ、「初めまして、姉さん。 」と、姫に言います。 そこで姫はその男性に向かって「姫はお父さん 可久士 の隠し子?」と、聞きますが、「ちげーよ!」と返されます。 彼は可久士のことをよく知っており、姫ちゃんに実情を教えてくれます。 この男性は姫の弟なのでしょうか? 【かくしごと】姫の弟の正体はいとこだった! 姫に声をかけた男性は石川斎三 姫ちゃんにとっての祖父 の孫でした。 姫の父:後藤可久士は石川斎三の妾との隠し子で、この男性は石川斎三の梨園の妻 本妻 の子供なので腹違いの、いとこというわけですね! でも、なんで「姉さん」と言ったのでしょうか? 微妙に血のつながりがあって、姫ちゃんの方が年上だからでしょうか…? いずれにしても、姫は「私とお父さんが本当の親子で安心した。 」と言います。 【かくしごと】可久士は隠し子だった! 姫は隠し子ではなかったのですが、 実は可久士の父 姫ちゃんの祖父 は有名な歌舞伎役者 :石川斎三の妾の子供であるため、隠し子だったのです。 という事実も、姫ちゃんを「姉さん」と呼ぶいとこに明かされます。 ちなみに姫ちゃんの母方祖母は「戒潟魁吏 いましがたかいり 」という名の日本画家です。 おそらく雅号ですが、すごい名前ですね…こんな変な名前、後に何か伏線でもあるのでしょうか? 【かくしごと】可久士は事故で記憶喪失になる おさらいになりますが、可久士は後藤可久士として「きんたましまし」というちょっと下品な漫画がヒットしたことがある漫画家です。 妻 つまり姫ちゃんの母親 は前述した通り亡くなっています。 その際にそのことが週刊誌に暴露されてしまい漫画家である後藤可久士はネットで大バッシングを受けてしまうのです。 姫ちゃんが中学生の時に漫画業界を去り、可久士は少年週刊誌の倉庫で運搬の仕事をしていたが、作業中に大量の少年週刊誌が崩れ落ち、可久士はそれに巻き込まれ1年近く意識不明の重体になってしまいます。 姫ちゃんの18歳の誕生日に意識を取り戻し、姫は病院に可久士に会いに行くも、可久氏には10歳の時の姫しか自身で認識しておらず、目の前の姫ちゃんが誰であるかわからなかったため「誰?」という冷たい言葉を口にしてしまったのでした。 事故の影響で可久士は約7年間の記憶を失っていたのです。 まとめ!「かくしごと」のタイトルの意味 漫画のタイトルの意味ですが、• 漫画のショートサブタイトルもあらゆる実際に存在する漫画の名前をもじっており、久米田先生は言葉遊びが上手いなぁ!と思わされます。 最後に、本編を知りながらアニメを観てると久米田康治先生の「さよなら絶望先生」を思い出しますね… さよなら絶望先生の主人公 :糸色先生と可久士の声優さんがどちらも神谷浩史さんなんですよ…! かくしごとはいまのところ完結していないので、絶望する内容じゃないといいなとファンながらに思います。

次の

アニメ『かくしごと』3話 海外の反応「エンディングは最高」|アニはん

かくしごと 意味

かくしごと未来編でお父さんは死亡している? アニメ「かくしごと 」Cパートで放送される姫が大きくなったあとがわかる「未来編」。 なぜかこの「未来編」にはお父さんである可久士が登場していません。 時間軸としては 姫は18歳になっており、本編からは8年もの時が流れています。 そして 雰囲気が異様なんですよね・・・。 さらに可久士が出てこないことで不穏な雰囲気を感じる人が多い模様・・・。 姫あてに可久士が用意した箱を抱きしめて泣いているシーンなど、確かにそうとれる展開となっています。 But that mundane life... was everything that I'd ever dreamed of. おそらくアニメでも原作漫画と同じ展開になると予想されますが・・・。 気になるお父さんである可久士の生死ですが 原作では「生きている」、しかも普通に登場しますw お父さんの未来編ネタバレと考察!原作結末は? 原作コミックス「かくしごと 」でのお父さんである可久士の状態について解説いたします。 原作コミックスは11巻まで発売、12巻で完結予定とのことなので、クライマックス間際の展開です。 事故にあい昏睡状態に アニメでは姫が鎌倉の家を尋ねますが、この時点での可久士は「意識不明で入院中」でした。 とあることがきっかけで 漫画を書くことをやめてしまった可久士は、工場で働き始めますが 不幸な 事故にあい意識不明の重体に(漫画雑誌ジャンポに押しつぶされるw)。 そして そのまま1年以上目を覚ますことがなかったのです。 姫が鎌倉の家を尋ねたときに、鍵はアシスタントの墨田が姫に渡したことが明らかにされてましたが、可久士は意識がないからだったんですね。 しかしなぜ可久士が墨田に鍵を託したのかは現段階では謎のままです。 つまり、姫の涙は可久士の想いを感じ取ったこと、意識が未だ戻らない父のことを想ったものだと考えられます。 Kakushigoto[ 05] C'mon guys, leave me be. Why can't I just watch a single episode without been sharply hit? All those hints around, implying that something went wrong... Stop that already. いい知らせとは、 父である可久士の意識が戻ったこと。 悪い知らせとは、可久士の記憶が「 姫が10歳当時のままで止まっていたこと」でした。 お父さんが目を覚ましたと聞いて急いげ駆けつけてきた18歳の姫に対し、可久士は冷たく「だれ」と言い放ちます・・・。 事件が起こったのは1年前なので10歳〜17歳までの記憶がすっぽり抜けてしまったことに。 事件当時を同僚が振り返ったときに「可久士は漫画が嫌いだった」こと。 漫画を書くのをやめてしまったこと。 そのせいで生活が困窮し、慣れない肉体労働をこなしていたこと(中目黒の家がボロボロになっていたのも、この過程で手放したのかもしれないですね)。 またそれ以外にも判明した 可久士の辛い過去のことから、この姫が17歳になるまでの記憶が失われた期間は 可久士とって辛い期間だったことが伺い知れます。 漫画の連載を始める 昏睡状態から目覚めた可久士は「10歳の姫」にあいに病院から脱走をはかります。 周囲はすでに姫は18歳で、漫画を書くのもやめていたことは話していない様子。 どうやら記憶喪失に悪影響を及ぼすから、とのことでした。 さらに可久士の記憶は「10歳の姫」のお父さん頃の仕事、漫画「タイツ」の連載が続いていると思い込んでしまいます。 その結果当時のアシスタントが病院に集結し、すでに完結してしまった漫画を描き始めるのでした。 さらには記憶のないはずなのにが「タイツ」の続きは、過去に可久士が書いたものがそっくりなぞらえて書かれていました。 しかし姫は過去をひたすらなぞる可久士に新しい物語を書いてもらうため、 記憶を呼び戻すためとあることを思いつきます。 というのが原作「かくしごと未来編」の明らかになっているところまでのネタバレです。 お父さんの過去と母は死んでる? 原作「かくしごと未来編」では物語の核心や伏線がいくつも回収されています。 例えば「姫のお母さんはどうなったのか」「姫と可久士は本当の親子なのか」などです。 隠し子はお父さん(可久士)だった タイトルの「かくしごと 」が「隠し事」「書く仕事」など色々な意味を含んでいることは有名ですがその中の説に「隠し子と」があります。 姫は可久士の本当の娘ではなく「(誰かの)隠し子と」ではないか?という考察です。 かくしごと、姫の母方の祖父が日本画の巨匠なのか。 それもあって下ネタのマンガを描いてる可久士とは仲悪いんだろうな。 死別だとばかり思っていたけれど、これそもそも結婚してない可能性もあるんじゃないか?未婚で死別。 隠し事、描く仕事に加えて、隠し子との可能性もありそう。 可久士は歌舞伎役者「石川斉蔵」の隠し子だったのです。 可久士が姫へ異様なくらい愛情を注いでいたこと。 妻と姫の3人での日々を待ち望んでいたことは、この可久士の出生の秘密が影響しているかもしれませんね。 姫のお母さんは死んでる? アニメ「かくしごと」本編には姫のお母さんの姿はありません。 OPに数カットイラストが入っていますね。 引用: 本編にも未来編にも登場しないこと、未来編ではお父さんの可久士が意識不明になってから親戚の家に姫が身を寄せていたことから、母は死んだかと推測されていました。 しかし「未来編」では 姫のお母さんは亡くなっていない?ことが明らかになっています。 正しくは「行方不明状態」。 姫がまだ幼い頃に 海難事故に会い、生死不明の行方知らずとなっていたのでした。 可久士は 漫画で稼いだ財産を妻の捜索に当てていたことも明らかに。 本編〜未来編に至るまでに可久士は漫画を描くのをやめてしまっていますが、実はこれもこの妻の捜索が原因でした。 財産をつぎ込んで妻の捜索を続ける漫画家が週刊誌に取り上げられてしまい、「作者の背景がちらついて漫画で笑ってもらえない」と考え込んでしまったのです。 面白い漫画が描けなくなってしまったことで可久士は筆を折ってしまったのでした。 気になる母の行方ですが、いまだにわかってません。 アニメでは6話「スクールランドセル」で原作コミックス3巻収録の「未来編」が放送されました。 コミックスの完結は12巻と言われているので、約4/1の段階ですね。 原作は2020年3月に11巻が発売したばかりなので、 アニメの方はコミックスの最終回よりも早く終わってしまいそうですね。 アニメは1クールになりそうなので、展開的にも 可久士が隠し子であることがわかったシーン(7巻)あたりくらいまでが今回のアニメの放送範囲となりそうです。 今期ではかなり人気が出たアニメなので、2期できちんと最終回までアニメ化して欲しいですね。

次の

かくしごと2期アニメの放送日予定はいつから?続編放送時期を漫画からネタバレ調査!

かくしごと 意味

2020年04月25日 アニメ マンガ 話題のアニメの魅力をクリエーターに聞く「アニメ質問状」。 今回は「さよなら絶望先生」「かってに改蔵」などで知られる久米田康治さんのマンガが原作のテレビアニメ「かくしごと」です。 村野佑太監督に作品の魅力などを語ってもらいました。 --作品の概要と魅力は? 愛娘に自分の職業を隠そうと奮闘する下ネタマンガ家・後藤可久士と、その娘である10才の天然少女・後藤姫の日常を、マンガ家のあるあるネタを交えつつ描くハートフルコメディ-です。 親子の楽しい日々を映した「姫10才編」と共に、父親を喪失した未来を描いた「姫18才編」も同時に進行し、ドラマものとしてのミステリー要素もはらんでいます。 二つの時間軸が交わる最終回に向けて進行していくエピソードは、おかしくもどこか目の離せない緊張感を帯びていると思います。 --アニメにするときに心がけたことは? 原作の風味を最大限活かすために、雑味を加えない作業を心がけました。 誰が見ても久米田康治先生の描かれた作品だなと感じてもらえるよう、キャラクターの表情や背景の色彩に至るまで原作に忠実に再現しています。 「悩んだ時、答えは全部原作マンガの中にある」とスタッフには常々話をしていました。 映像のテンポ感も、切れ味は保ちつつちゃんと腰を落ち着けて見れるように、とがった演出をし過ぎないようコントロールされています。 「楽しく・見やすく」を目指した作品です。

次の