ラティアス おすすめ技。 【ポケモンGO】技マシンスペシャルのおすすめ使い道!君に決めた!

ラティアスの育成論・調整|ポケモン育成論ORAS・XY|ポケモン徹底攻略

ラティアス おすすめ技

ページ:• 投稿者:近日後悔• コメント 34 みんなの評価 :• 投稿者:344• コメント 4 みんなの評価 :• 投稿者:雨に舞う幼女さば• コメント 19 みんなの評価 :• 投稿者:ゆかり 美少女• コメント 14 みんなの評価 :• 投稿者:あつぼ〜• コメント 14 みんなの評価 :• 投稿者:さかな• コメント 13 みんなの評価 :.

次の

【ポケモンGO】ラティアスのおすすめ技と強さ!活躍できるバトルは?PvPで活躍できる?|ポケらく

ラティアス おすすめ技

ラティオスは、いつからいつまで出現するのか? 伝説のポケモン「ラティオス」は、 2018年5月9日(水)から6月5日(火)までの約1ヶ月間となっています。 ラティオスのタイプ・弱点 ラティオスのタイプは「 ドラゴン」と「 エスパー」です。 ラティアスの弱点は以下の6つになります。 ラティアスの弱点 タイプ相性 こおり 1. 6 むし 1. 6 ドラゴン 1. 6 ゴースト 1. 6 あく 1. 6 フェアリー 1. 6 ラティオスの覚える技 ラティオスの覚える技は以下の通り。 技1 技2 ラティオス りゅうのいぶき(ドラゴン) ドラゴンクロー(ドラゴン) しねんのずつき(エスパー) サイコキネシス(エスパー) ソーラービーム(くさ) また「ラティオス」は、「ラティアス」と覚える技が異なります。 「ラティオス」は、カイリューのレガシー技(現在覚えることができない技)となっている「 ドラゴンクロー」を覚えることができます。 技1 技2 ラティオス りゅうのいぶき ドラゴンクロー ラティアス りゅうのいぶき げきりん ラティオス対策のおすすめポケモンは「ドラゴン」タイプ 「ラティオス」は攻撃力が高いポケモンです。 ラティオスの弱点を突きつつ、火力の高いポケモンを準備します。 「ラティオス」対策のおすすめポケモンとして、「 バンギラス」「 カイリュー」「 ミュウツー」「 ボーマンダ」「 レックウザ」「 ラティアス」などの「 ドラゴン」タイプを中心としたポケモンをおすすめします。 また、高個体値の「 ラティオス」をゲットチャレンジで捕獲した場合は、、同じ「ラティオス」レイドで使うのも有効です。 以上にご紹介した対策ポケモンで「ラティオス」と戦う時のおすすめ技は以下の通りです。 ラティオス対策ポケモン 技1 技2 レックウザ ドラゴンテール げきりん ボーマンダ ドラゴンテール りゅうせいぐん カイリュー ドラゴンテール (りゅうのいぶき) げきりん りゅうせいぐん (ドラゴンクロー) ラティアス りゅうのいぶき げきりん ミュウツー サイコカッター シャドーボール バンギラス かみつく かみくだく ラティオス りゅうのいぶき ドラゴンクロー ラティオスの個体値100%のCPは2082、天候ブースト時のCPは2603 ラティオスの通常時の個体値100%のCPは 1929(PL20)、天候ブースト(強風)時の個体値100%のCPは 2603(PL25)となっています。 通常最大CP 天候ブースト最大CP 2082 2603(強風) ラティオスに勝利するために必要な最低人数は? ラティオスが実装された初日、強風ブーストの「ラティオス」とソロで戦ってみました。 ラティオス対策のポケモンはレックウザ3体(ドラゴンテール・げきりん)、カイリュー1体(りゅうのいぶき・ドラゴンクロー)、ラティアス1体(りゅうのいぶき・げきりん)、ボーマンダ1体(ドラゴンテール・りゅうせいぐん)を選抜しています。 ちなみに、上記のポケモン全ての技の威力が、天候ブーストによって底上げされています。 また、バトル途中にパーティーが全滅した場合、「げんきのかたまり」を使って同じパーティーで再突入を繰り返しています。 結果的に、ソロレイドで「ラティオス」に4割から5割弱のダメージを与えることができました。 天候ブースト・その他の条件の有無によって結果の誤差はあると思いますが、 最低3人いれば充分に「ラティオス」を倒すことが可能です。 ラティオスをゲットチャレンジで捕獲する方法 「ラティオス」のゲットチャレンジは、「ラティアス」のゲットチャレンジで培った感覚を使い、「 きんのずりのみ」+ 全球カーブグレート狙いでプレミアボールを投げると高確率で捕獲できます。 僕はラティオス実装初日で、18体のラティオスとレイドバトルを実施し、16体の『ラティオス」の捕獲に成功しました。 「ラティアス」よりもサークルが大きいため、プレミアボールを当てやすく捕獲しやすいです。 全球カーブグレート狙いで高個体値ラティオスを捕獲しよう 「りゅうのいぶき」と「ドラゴンクロー」持ちの「ラティオス」は、今後のレイドバトルやジムバトルでも活躍が期待できるポケモンなので、高個体値の「ラティオス」を1匹でも多く捕獲しておきましょう。 以上、「ラティオス」の弱点とおすすめポケモンをご紹介しました。

次の

【ポケモンGO】ラティアスの色違いとおすすめ技&弱点

ラティアス おすすめ技

ミュウツー 技マシンスペシャルで暴れまくる最強ポケモンは、やはりミュウツーですね。 ミュウツーは、他のポケモンと比較にならないほど多彩な技を覚えますので、まとめて下記しておきます。 伝説レイドバトルで多いドラゴンタイプに強いれいとうビームにするのもよし、カイオーガ用に 10 まんボルトにするのもよし、ジム戦でノーマル狩りのためにきあいだまにするのもよし。 技マシンスペシャルを使うなら、まずはミュウツーを検討しましょう。 カイオーガ カイオーガは、王道のハイドロポンプ以外に、でんきタイプのかみなりを覚えることができます。 かみなりを覚えさせることで、ファイヤー、サンダー、フリーザー、スイクン、ルギア、ホウオウ、そして同じくカイオーガとの戦いで大活躍します。 でんきタイプは、効果バツグンを与えられる伝説ポケモンが多いので、便利で使いやすいです。 ハイドロポンプとかみなりを状況に応じて使い分けることで、カイオーガは大活躍できるでしょう。 グラードン グラードンは、じめんタイプのじしん以外に、くさタイプのソーラービームを覚えることができます。 ソーラービームによって、カイオーガとグラードンに大ダメージを与えることができます。 ラティオス ラティオスも、ドラゴンタイプのドラゴンクロー以外に、くさタイプのソーラービームを覚えることができます。 よって、グラードンと同じく、ソーラービームによってカイオーガとグラードンに大ダメージを与えることができます。 ホウオウ ホウオウは、下記の通り 3 タイプのスペシャルアタックを覚えることができます。 ・ブレイブバード ひこう ・だいもんじ ほのお ・ソーラービーム くさ おすすめは、カイオーガとグラードンに大ダメージを与えることができるソーラービームです。 ブレイブバードとだいもんじは、ほぼ伝説レイドバトルで活躍できませんが、通常のレイドバトルやジム戦で活躍する機会も多いです。 ギラティナ オリジンフォルム ギラティナ アナザーフォルム は攻撃力が低めでおすすめできませんが、ギラティナ オリジンフォルム は非常に攻撃力が高く、技マシンスペシャルの使い道としておすすめです。 ギラティナ オリジンフォルム は、ドラゴンタイプとゴーストタイプで技を統一することができます。 伝説レイドバトルがドラゴンタイプの場合は、ドラゴンタイプのりゅうのはどうを覚えさせると良いでしょう。 また、ミュウツーやクレセリア、ユクシーなどが伝説レイドバトルで登場中なら、シャドーボールを覚えさせましょう。 なお、ギラティナ オリジンフォルム は、 2 種類のゴーストタイプの技を覚えますが、シャドーボールの方が効率良くダメージを与えられますので、おすすめです。 レックウザ 全ポケモンの中でも屈指の破壊力を持つレックウザは、スペシャル技も下記の通り多彩です。 ・げきりん ドラゴンタイプ ・つばめがえし ひこうタイプ ・げんしのちから いわタイプ 特に、ドラゴンタイプとひこうタイプは、ノーマル技も同じタイプを覚えられるので、タイプを一致させられておすすめです。 げきりんはドラゴンタイプの技の中でもトップクラスに優秀なので、対ドラゴン戦で大活躍します。 また、ひこうタイプに統一することで、カイリキーなどのかくとうタイプを一掃することもできます。 その他伝説のポケモンはそこまでおすすめではない 他にも攻撃力が高くて強い伝説ポケモンといえば、ファイヤーやエンテイ、ライコウなどが挙げられます。 しかし、このポケモンたちはスペシャル技が同じタイプが多く、技マシンスペシャルを使っても劇的に使い道が変わるわけではありませんので、わざわざ使わなくても良いでしょう。 余っている時に使うぐらいで良いです。 シャンデラ 第五世代まで全体でトップ 10 に入る攻撃力を誇るシャンデラも、技マシンスペシャルの使い道としておすすめです。 ほのおタイプとゴーストタイプの両タイプで、ノーマル技とスペシャル技を統一することができるので、その時その時の用途に合わせて使い分けましょう。 ゴーストタイプに技を統一することで、ミュウツーやギラティナ、ラティアスやラティオス、クレセリアなど、エスパータイプとゴーストタイプに強くなります。 ほのおタイプのポケモンは多いですが、強いほのおタイプのポケモンを持っていない場合は、ほのおタイプとして運用しても良いでしょう。 サザンドラ ドラゴンタイプとあくタイプという唯一無二の存在が、サザンドラです。 まだまだ実装が先になるアクジキングは除きます。 ノーマル技とスペシャル技の両方を、ドラゴンタイプとあくタイプで統一できますので、どちらでも運用可能です。 伝説レイドバトルでは、ドラゴンタイプだとレックウザ、ギラティナ、ラティオス、ラティアス、パルキアに強いです。 またあくタイプだと、ミュウツーやギラティナ、ラティアスやラティオス、クレセリアなど、エスパータイプとゴーストタイプに強くなります。 サザンドラは、どちらのタイプでも伝説レイドバトルで活躍する場面が多く、特に育てておきたいポケモンです。 もちろん、技マシンスペシャルの使い道としておすすめです。 メタグロス 伝説ポケモンを含めても、間違いなく最強クラスに入るのが、メタグロスです。 メタグロスは、下記の通り 3 タイプのスペシャル技を覚えます。 伝説レイドバトルでは活躍しにくいですが、ジムの攻めと防衛どちらにも優秀なポケモンです。 伝説以外で技マシンスペシャルを使うなら、まずメタグロスでしょう。 バンギラス メタグロスと肩を並べる実力を持つのが、バンギラスです。 バンギラスも、 3 種類のスペシャル技を覚えます。 ・かみくだく あくタイプ ・ストーンエッジ いわタイプ ・だいもんじ ほのおタイプ しかしバンギラスは、ノーマル技とタイプを合わせられるのはあくタイプのみです。 なので、今からバンギラスを育てる人は、タイプ一致にするならかみくだくにするべきでしょう。 あくタイプに技を統一することで、ミュウツーやギラティナ、ラティアスやラティオス、クレセリアなど、エスパータイプとゴーストタイプに強くなります。 伝説レイドバトルで活躍の舞台が多く、バンギラスは重宝するでしょう。 ほのおタイプやひこうタイプの伝説のポケモンと戦う場合は、いわタイプのストーンエッジにスペシャル技を変えるのも良いでしょう。 カイリュー カイリューは、ひこうタイプのぼうふうと、ドラゴンタイプのげきりんを覚えます。 どちらも強力な技なので、レイドバトルに合わせて技を変えましょう。 ドラゴンタイプの伝説レイドバトルに挑むならドラゴンタイプを、カイリキーなどのかくとうタイプに挑むならひこうタイプに技を変えましょう。 カイリキー かくとうタイプ最強であるカイリキーに、技マシンスペシャルを使うことをおすすめします。 ・ばくれつパンチ かくとうタイプ ・インファイト かくとうタイプ ・ベビーボンバー はがねタイプ ・いわなだれ いわタイプ カイリキーは様々なスペシャル技を覚えますが、ばくれつパンチ一択です。 ばくれつパンチ以外の技を覚えている場合は、技マシンスペシャルで技を変えておきましょう。 サーナイト かくとう二重耐性があり、まさにかくとうキラーとして活躍するのが、サーナイトです。 基本的には、タイプ通りのエスパーとフェアリーのどちらかの技で統一して運用するのが良いです。 個人的には、数少ないフェアリータイプの中で最強クラスなので、技はフェアリータイプにしておくことをおすすめします。 フェアリーは、強いポケモンが多いドラゴンやかくとう、あくタイプに効果バツグンを取れるので、活躍できる場面が多いです。 ギャラドス カイオーガの次に強いみずタイプのポケモンが、ギャラドスです。 カイオーガを持っていない人は、ギャラドスを育てたいところです。 進化するにはコイキングのあめが 400 個必要であり、なかなか大変ですが。 ギャラドスは、あくタイプとドラゴンタイプの技を覚えますが、みずタイプで技を統一した方が使い勝手が良いです。 ハイドロポンプを覚えさせることをおすすめします。 ナッシー 割と手に入りやすいのに活躍させやすいのが、ナッシーです。 くさタイプとエスパータイプで運用するのがおすすめです。 スペシャル技は、ソーラービームでカイオーガやグラードン、サイコキネシスでカイリキーなどかくとうに効果バツグンを取れます。 攻撃種族値も高いので、技マシンスペシャルの使い道としておすすめです。

次の