あいみょん 僕の強さ。 なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る

あいみょん「マリーゴールド」歌詞深読みしてみた

あいみょん 僕の強さ

この現象はここ数年で見られるようになりました。 プレスリリースのたびにアンチが騒ぎます。 Google検索も前は「miwa」って入れると「嫌い」が慣用句みたいに出てきてたんですが、最近は 「嫌われすぎ」が出てきますからね。 みんな心配になってきてますよね。 女性に支持されているアーティストたちとの違いは? 女性の支持を集める女性アーティスト miwaが美人だから嫉妬を集めているという仮説を立ててみましょう。 その観点から見て、逆に美人過ぎないから支持を集めているアーティストもいると思うんですよね 怒られそう。 aiko 女性に支持されている女性アーティストといえば aikoですよね。 恋愛全フリの歌ばっかり出してなぜ女性に嫌われないのか。 この応援したくなる絶妙なヴィジュアルだと思うんですよね。 1000年に1人の爆発的な可愛さはないんだけども、なんかめっちゃ可愛いという。 ほんとに不思議です。 SHISHAMO 良い曲なんですが…。 客観的に見て女性に支持される要素が、上の2組より乏しくないですか?たぶんmiwaの 歌詞や歌い方って、ターゲットは男性ですよね。 美人が男性にむかってあざとく振る舞ってしまう所が、アンチを生んでいるのでしょう。 批判が激化したのも、 Mステで坂口健太郎と親しげな様子を見せてからですから。 2人が主演の映画ではキスシーンもありましたしね。 一辺倒になりつつある曲 あまり新しい挑戦をしなくなってきた気がします。 突然 ゲスの極み乙女。 の川谷絵音に批判されたりもしていましたね。 「miwaってシンガーソングライター?が音楽舐めてるとしか思えない。 もしかしたらみなさんmiwaに飽きてきたのかもしれませんね…。 Twitterにも 「今日でmiwaを卒業します」みたいな謎の宣言をしてる人たちもいたので。 それでもアンチが多いのは人気の裏返しだと思います。 というか アンチが少ないaikoやSHISHAMOがすごいのかな…。 情熱大陸で見た印象だとものすごく素直な人だと思うので、あまり考えすぎないでいて欲しいですね。 それでは、またお会いしましょう。

次の

あいみょん「マリーゴールド」歌詞深読みしてみた

あいみょん 僕の強さ

『 ハルノヒ』は、2019年4月17日にリリースされた 7枚目のシングル曲で、映画『 クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~』の主題歌として書き下ろされた楽曲です。 なんでも、ひろし の みさえ への「プロポーズ」をテーマに「ひろし目線」で書かれた歌詞のようですよ。 「ハルノヒ」について、 あいみょん本人がコメントしています。 この度、「映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~」の主題歌を担当させて頂くことになりました。 小さい頃から大好きだった。 と、言いますととてもありきたりだとは思うのですが、その大好きな想いを私なりに楽曲でどうにか伝えられたらな。 と心から思い、今回のテーマが「家族の愛」と聞いて、野原一家の誕生の物語を楽曲で描けたら!と考えました。 shinchan-movie. — あいみょん aimyonGtter という訳でここからは「ハルノヒ」の歌詞を深く考察&解釈していきたいと思います。 「ひろし目線」で書かれた「ハルノヒ」の歌詞には、どんな意味がこめられているのでしょうか? そして、あいみょんが描いた家族の絆の強さや幸せとは…? ストーリーは、まだ恋人同士である2人の、何気ない日常を切り取ったシーンから始まります。 仕事から帰る ひろしを、みさえは駅で待っていたのでしょうか? 「北千住駅のプラットホーム」は、しんちゃんの両親 ひろし と みさえ の思い出の場所。 というのもこの場所、 ひろし が みさえ にプロポーズした場所らしいですよ!! 現在は春日部に住んでいる、しんちゃん一家ですが、 2人にとっては、北千住駅は、思い出の場所なのでしょうね。 若い頃の ひろし と みさえ。 家族になるということは、恋人同士の時とまったく違いますからね・・。 だから「焦らなくていい」。 ゆっくりと、たくさんの花を咲かせていこうと心に誓ったのかもしれません。 すごく心に響く歌詞ですね。 こちらをのぞいている未来は、「この2人ならこの試練をどうやって乗り越えるのかな?」 というように、2人の成長度に合わせて 困難の大きさを用意しているように感じます。 人生において『超えられない試練は訪れない。 』と言います。 2人なら必ず乗り越えられるからこそ 「未来」は試練を与えるのでしょうね。 そして、「君の強さと僕の弱さ」。 まさに みさえ と ひろし の夫婦関係を表していますよね! 強さと弱さを分け合って足し合って、一つの家族になる。 ほのぼのとした愛が描かれていますね。 そして、 「いつかはひとり いつかはふたり 大切を増やしていこう」という歌詞。 これはまさに、後に2人の間に生まれる しんちゃん と ひまわり のことを表している部分です。 このときの2人ままだ知らない幸せ、「大切なもの」を少しずつ増やしていこう。 些細なことですが、これこそ幸せですよね! しかし・・未来を誓い合った2人でも、すれ違うことだってあります。 2番の歌詞では、 何やら不穏な空気が訪れるようです・・。 ですが、2番の歌詞では何やら不穏な雰囲気・・。 もしくは、仕事から帰る ひろし を待っていた みさえ その帰り道、何だか 二人の距離が遠いように感じます。 きっと、 ひろし が みさえ の 機嫌を損ねるようなことをしたのでしょう。 もしくは、ちょっとした意見のすれ違いでケンカになってしまったのかもしれません。 おそらく、ふわっと歩く『藍色のスカート』は、道の先を行く みさえのスカートのことで、『加速する足音』は、いかに みさえ が怒っているか、表している部分だと思います。 でも、これってお互いに言えることで、「素直」って本当に大事なことですよね。 簡単なようで難しいことです。 しかし、時にはその優しさに甘えすぎて、それが 男をダメにしてしまうことも・・。 でも、どちらにしてもその優しさはとても大事なもの。 絶対に欠かせないものでもあります。 外では見栄をはって強そうにしていても、本当は 怯えながら、怖がりながら戦っているんです・・・。 昨夜考えたんだ・・・その、お前にもしものことがあったらって・・・オレ、お前のいない生活なんて、考えられないや。 ずっと元気でいてくれよな、みさえ。 つまり「どんな未来が待っているのであろう?」という、 希望と不安が混ざった好奇心にも似た感情だったはずです。 しかし2番では「こちらに手を振って欲しい」という、 どうか明るい未来であってほしいという願いに変わっています。 この言葉に変わっている理由は、 きっと困難に直面している状態だからなのでしょう。 仕事に追われ、自分を見失い、責任に押しつぶされそうな ギリギリのところで戦っている、ひろし の背中が想像できます。 もしくは、先ほどの喧嘩が理由で、ひろしの帰りを待つ姿が、今はないのかもしれません。 だから、今は 心が帰る場所を求めているのかもしれないですね。 困難に直面し、独りになって始めて気づく、大切さ・・。 いつか見た何気ない 帰り道を照らす明かりが、それを思い出させてくれます。 何も焦る必要はありません。 なぜなら、これらも含めて「見えない未来」を誓い合った二人なのですから。 それを繰り返しながら「家族という大切」を増やしていくのでしょう。 これまでの歌詞はまだ、家族になっていない2人の話でした。 しかし、ここの歌詞では2人は家族になっているようですね。 住みなれた駅は「春日部」の駅だと思います。 「水色に挨拶」というのは、みさえの服装のことなのか、駅員さんの制服のことなのか分かりません 「おかえりなさい」 この言葉が待つ場所へ無事に帰ることができる幸せ・・。 何気ない日常が一番の幸せですよね。 そして、「小さく揺れる影」というのは、並んで歩く ひろし と みさえ の 少し先を歩く、 しんちゃん の 影なのかもしれないですね。 あいみょん「ハルノヒ」歌詞の意味を解釈! まとめ いかがでしたか? 「ハルノヒ」には、 ひろしからの みさえへの愛がたくさん詰まった歌詞でした。 恋人同士が、家族へと成長していく姿と、 男としての誓い。 私は考察している間に涙が何度も出ました(笑) こんな視点で歌詞を書けるあいみょん・・・本当に恐るべしです! これは絶対に家族をもった お父さんにこそ聞いてほしい曲ですね。 以上、あいみょん「ハルノヒ」の歌詞考察でした。

次の

あいみょんの“共感できる”楽曲5選 「辛い時に寄り添ってくれる」【#ファンに聞いてみた】(オリコン)

あいみょん 僕の強さ

契約手続き後、すぐに契約番組が視聴できるようになりますよ! 逆にCS放送が映らない!という方の場合、これはアンテナの準備をする必要があります。 をやっているので、これを申し込むと良いでしょう。 あいみょんのライブは録画できるの? はい、安心してください! 今回の あいみょんのライブ放送はちゃんと録画が可能となっています。 というか、スカパーでやるほぼ全ての番組はレコーダーで録画が可能です。 録画方法はレコーダーで番組を選択して予約するだけ、、、つまり普通に地上波番組を録画するのと同じ方法です。 その時は「死ね」というサビのインパクトが大きすぎて、他の歌詞は耳に残りませんでした。 何度か聞いている内にメロディーが頭から離れなくなるとともに、ストレートで情熱的な女性の深なる思いを大胆に歌った歌詞に魅了されていきました。 それ以来、あいみょんのファンです。 あいみょんの曲はギターコードの雰囲気がとても好きです。 様々な曲調やリズムも聞いている人を飽きさせないなと感じています。 私の母 55歳 にもあいみょんを聞いてみるようにすすめたところハマりました。 私はギター教室に通っており、60代の男性にギターを教えてもらっているのですが、その先生も「あいみょんは好き」という程です。 あいみょんは様々な年代に受け入れられる歌手だと思います。 私があいみょんの曲で好きなのは「ハルノヒ」です。 この曲は「映画クレヨンしんちゃん新婚旅行ハリケーン~失われたひろし~」の主題歌です。 あいみょんの曲を目当てに、映画クレヨンしんちゃんは旦那と一緒に映画館まで観に行きました。 歌詞とクレヨンしんちゃんの内容が見事にマッチしていて、本当に泣けました。 クレヨンしんちゃんは家族愛で泣かされることが多いですが、今回は主にひろしとみさえのことがフォーカスされており「ハルノヒ」の歌詞がぐっと心に響きました。 しばらく映画館の席から動けませんでした。 「ハルノヒ」の中でも特に好きな歌詞が2つあります。 1つめは「君の強さと僕の弱さを分け合えばどんなすごいことがおきるかな」という歌詞。 「自分と旦那の弱い部分を互いに補てんし合うことで、幸せを築いていく」という風に捉えられるので結婚当初を思いだしました。 2つめは「日々のつらさと僕の体がだらしなく帰る場所を探し続けている」という歌詞。 旦那の日ごろのストレスを優しく受け止められる人になろうと思える歌詞です。 「ハルノヒ」は、恋愛を通して、結婚して子どもが生まれて…という人生の中での一大イベントをほんわかした歌詞で伝えてくれるのでとても好きな曲です。 結婚式の定番ソングになれば嬉しいなと思います。

次の