アルバハhl 光。 【グラブル】アルバハHLに初挑戦する際の準備と心構えについて

【グラブル】光マグナでアルバハHLをソロしてみた

アルバハhl 光

新武器シリーズ「終末の神器」の1つ『永遠拒絶の剣』をメイン装備した"光グローリー"でアルバハHLを攻略してきました。 普段のスパルタ装備との違いや、感じたことなどを紹介します。 剣神共鳴がファランクス そもそもなぜザ・グローリーでアルバハHLに行ける 行った のかと言うと、『永遠拒絶の剣』を装備したグローリーの剣神共鳴がファランクスと同性能だからです。 参戦者全体なので自分は勿論他の参戦者も全員70%カット。 これによりスパルタで参戦する場合の大きな役割である『ファランクスを要所で使用する』をグローリーでもこなすことができます。 と各所で話題に上りましたが、剣神共鳴は使用時に剣気が残っていなければ発動できないため、個人的には本当にそう上手くいくのかと疑問でした。 この疑問を自分で確かめてみようというのが今回の主旨です。 『永遠拒絶の剣』の性能 光属性の剣。 攻撃力とHPが両方大UPし、方陣スキルなのでシュヴァリエ・マグナの加護が乗ります。 永遠拒絶の剣の方が4凸シュヴァ剣よりも大幅にHP増加量が大きいことがわかります。 火力はほぼ一緒です。 第二スキルはオメガ武器と同じように、選択肢から任意のものを選んで付けられます。 今回は通常攻撃上限上昇を付けました。 また、奥義の追加効果がこの選んだ第二スキルによって変わります。 今回は「被ダメージカウンター 3回 」が奥義追加効果として発動します。 使用装備・キャラ 主人公ザ・グローリーに最終ソーン、最終フュンフ、ゾーイ。 サブはなし。 メイン武器は『永遠拒絶の剣』。 普段はメインはゼノコロゥ剣で、シュヴァ剣は5本。 4凸シュヴァ剣を1本抜いて代わりに『永遠拒絶の剣』を編成した形です。 70トールを担当。 クエストの様子・所感 全体的に高火力 永遠拒絶の剣グローリーは、通常攻撃に約35%の追撃が発生します。 剣気付与時 また、サポアビによって攻撃力とDA率が高いので主人公の火力はスパルタよりも高いです。 消去不可ではないので消されますが、与ダメージUPに貢献します。 剣神共鳴 ファランクス をうてない場面が発生 懸念していた事態が起きました。 剣気を全て消費してしまっているため、剣神共鳴が使用できません。 剣気は通常攻撃時の他に、被ダメージ時にも消費します。 『永遠拒絶の剣』は3消費して主人公にバリア効果。 ちょうど画像でも効果が発生しています 被ダメージの機会が何度かあると、今回のように剣神共鳴が使用できないというケースが出てきます。 これはアルバハHLを安定してクリアするのが目的の場合には無視できないデメリットであり、スパルタと比較した時に明確に劣る点です。 被ダメージ時効果を封印する「コルミロス」を使用すればこのファランクスうてない問題は解決する一方、クリアオールとリヴァイヴという安定クリアには必須のアビリティをどちらか外さなければなりません。 いずれにしても安定性を欠きます。 普段使用頻度は多い訳ではないものの、なかなかファランクスが飛んでこない場合や部屋自体の雲行きが怪しい時などには、センチュリオンだけ使用して半ば強引にトリガーを踏みに行くといったこともあります。 グローリーではこの動きができなくなるので、少し不便に感じました。 無属性シリウスでジータが他界 HPが満タンだったにも関わらず、無属性シリウスで主人公が落ちました。 4発全部吸ったようです。 主人公に4発全部いく可能性はとてつもなく低いですが、 グローリーはサポアビで敵対心が高いため、主人公は他キャラより攻撃を受けやすいです。 最終フュンフがいれば問題ないとはいえ、50と40を両方ケアする場合には主人公にフュンフ3アビを付ける立ち回りなどが必要になってきます。 最終フュンフがいない場合は大分危険です。 結果:総ダメージはスパルタよりかなり高い 討伐時間4分14秒で与ダメージが約1億1700万。 シヴァ等の拾い一切なし 普段のスパルタの場合は同じ討伐時間なら早くてもギリギリ1億超えるくらいで、これほどの分速は記憶が間違っていなければ1度も出したことがありません。 よって、永遠拒絶の剣グローリーの火力はスパルタと比べてかなり高く、より多くの貢献度を稼ぎやすいと言えると思います。 安定面はスパルタより低い• 剣神共鳴 ファランクス が使用できない場面が発生することもある• コルミロスを使用する場合は重要なアビリティを持ち込めない• 主人公の敵対心が高いため無属性シリウスを多数被弾しやすい 主に以上の4点から、安全性においてはスパルタより劣っていると感じました。 よって、• クエストクリアを最重要視したい場合• 最終フュンフがいない場合• アルバハHLに慣れていない場合 には、永遠拒絶の剣グローリーは正直おすすめできません。 guraburukouryakusinannjo.

次の

【追記アリ】念願のアルバハHLソロがでけた!純粋光マグナでの立ち回りや必要だと思ったことを書いていくぞ!

アルバハhl 光

はじめに 早速ですが、遂に念願の 「アルバハHLソロ討伐」達成しました👏 12月初旬からソロチャレンジを開始。 負けては考え…負けては考え…試行錯誤を繰り返し、ようやく今回クリアする事が出来ました。 「道中試行錯誤の楽しさ」と「クリア時の達成感」が半端ではないので、最初にこの溢れんばかりの気持ちを書かせていただきます。 もう本当に最っっっ高に嬉しいです!! 活躍してくれた団長含め6キャラには頭が上がりませんし、残り3%からフルチェインで倒し切った時は胸が高鳴りました。 この達成感が味わえただけでグラブルを始めて心底良かったと思えますね。 年末から始めた方もこれから6周年記念に始める方も「アルバハHL」という神コンテンツまでは楽しんで欲しいと言いたいです。 前置きが長くなってもあれなので、 今回はアルバハHLソロ討伐の編成と流れを書いていきます。 良ければ最後までお付き合いください。 主人公ジョブはドクターでアビリティはいつも通り。 「超越・OD破局ゾーン」を抜けきれない 火力不足 デバフ不足 による敗北が度々あって、累積防御ダウンを入れれるソルジャーで何回かチャレンジしていました。 ソルジャーでは最高6%までいけましたが、10%からの絶望感が凄まじかったので結局ドクターに帰ってきましたね。 オルポは雑に使ってキュアポはなるべく温存。 10%からがぶ飲みする感じで立ち回りました。 「フュンフ 最終 」 回復・ディスペル・クリア・復活要員 十天衆最強キャラ。 1アビ回復・活性・ストレングス。 2アビのクリアオール。 3アビ 自動復活 は100%~30%まで主人公に付けて事故防止。 以降は自身に付与して4アビと合わせ破局対策。 絶対に外せない役割を担います。 「ルシオ」 回復・火力アタッカー要員 1アビの活性・バリア・ストレングスで支援しつつ、300万ダメぐらい出る2アビや確定TAといった貴重な高火力アタッカー。 リミアビの奥義後全体回復もあり、 フュンフではカバーし切れない部分も担います。 戦闘ボイスが格好良くて強敵との熱いバトルを盛り上げてくれます。 「ノア」 支援・ディスペル・破局対策要員 1アビディスペルと永続の防御ダウン・弱体耐性ダウン。 2アビ破局対策。 これのおかげでフュンフ4アビを破局以外でも切れるようになったので、かなり余裕が生まれました。 超強い。 3アビの奥義バーストと奥義2回発動。 更に自身の奥義効果 「DA率UPと奥義上昇量UP」もめちゃくちゃ強く、回転率がとんでもない事になります。 まじで強いです、このキャラ。 「ソーン 最終 」 麻痺・支援要員 主に70%神撃後~50%の麻痺入れと奥義後のクリバフ役。 ノアの永続弱体耐性ダウンのおかげで麻痺のミス率が減ったのがありがたいです。 トールを入れても2戦に1回は外していたので、もうリストラしようかと考えていました。 「ゾーイ」 支援・シリウス受け要員 1アビ敵対心UPで50%・40%の無属性シリウス受け。 3アビの攻防100%UPでキルフレア受け等。 吸収付与も非常に強力で、 高難易度用と言われるだけあってかなり活躍してくれます。 3アビ後の安心感は異常です。 「召喚石」 召喚石構成はこちら。 メイン石はシュヴァマグ4凸でサブ石にルシフェル5凸を借ります。 で交換したテュポーンを早速2枚刺しで編成。 それぞれの役割としては… テュポーン…50%~30%までの超越ゾーンと22%~15%までのODCT技の破局対策。 ティアマグ4凸…75%のバスコン回避と何も無い時に雑に切る役割。 トール…70%神撃後のソーン麻痺入れ。 先程書いたように、光マグナの火力不足と累積防御ダウンを入れれるキャラが編成に居ない事で、 「超越ゾーン・OD破局ゾーンを抜けれない」という敗因が何度かあったんですよね。 その対策としてテュポーンを2枚刺ししました。 如何せん筆者は召喚石難民なので、ルシフェルやグリム、ゴブロ等を持っていればもっと磐石になると感じます。 リミノアの各種アビが非常に強力なので、黒麒麟もかなり良さそうですね。 スポンサーリンク ・流れ 何も付いてないのに何故かクリアを使ってしまい、 ターゲッティングを解除出来ずに開幕からレギンレイヴを食らうという失態(笑) フュンフとルシオが落ちて「あ、終わった…」と思いました。 これは目がバグってましたね。 おそらくワクチン効果を忘れていて、ターゲッティングを見て脳死クリアを使った 100%~30%辺りまでは主人公に自動復活を付けているので、最悪の状況だけは免れています。 85%キルフレアはゾーイ3アビで素受け。 オルポ、ゾーイ3アビ、ノア2アビ、ルシフェル等で何とか粘ります。 75%バースコントロールは予定通りティアマグの幻影で回避。 開幕レギンで半壊して戦意喪失しかけましたが、意外と安定した感じでここまで来れました。 ノアが新たに加わった事で回転率が飛躍的に上がり、 回復に厚くした編成に火力もプラスされ安定に繋がったと感じます。 ソーン4アビで延長しつつリロ殴りをして 50%付近まで削ります。 今回は54%まで殴れました。 この間で完全に立て直しが完了。 50%・40%無属性シリウスをゾーイで受けて事故防止。 仮にゾーイが裏に居たとしてもフュンフ3アビ 自動復活 を主人公に付けて事故防止。 39%で1枚目のテュポーン。 余裕でいけましたね。 ノアの奥義効果と3アビ奥義バーストが最強すぎてビビりました。 防御デバフ無しでも火力が高いとすら感じてしまう回転率でした。 仮にノアが裏に居てももう1枚テュポーンを用意してる隙を生じぬ二段構え。 22%~15%OD破局ゾーンも無事乗り切り。 2枚目のテュポーンはここで使いました。 15%破局までの削りが微妙な感じだったので使いましたが、使わなくても削り切れていたと思います。 これはノアが裏に行ってて、ソーン・フュンフ・ゾーイとかなら抜け切れなかった気がしましたね。 15%完全なる破局はノア2アビ受け。 まじで強ぇ… まだフュンフ4アビを切っていないという安心感は凄まじいです。 10%からの猛攻は貯めていたキュアポをがぶ飲み。 7、8個貯まってました ソーンはここで落ちてもらいフュンフと交代。 結局切らなかったですが 4アビをまだ温存出来ているのでほぼ勝ち確…? そしてラスト残り3%フルチェイン。 一気に駆け抜けたいゾーン。 ノアの3アビ奥義2回も駆使してフルチェインでトドメを刺します。 無事討伐完了👏🎉 道中リヴァイヴで裏2人も復活させていたので、 全員生存で完走出来ました。 ソロ討伐称号GET! 報酬で至極の指輪が貰えるので美味しいですね。 とにかく主人公さえ落ちなければ何とかなります(笑) で交換したテュポーン2段構えの万全な体制。 そして何よりリミテッドノアがめちゃくちゃ強かったです。 火力サポートのおかげでドクターで足りなかった部分全てを補ってくれました。 アルバハHL戦、フュンフに続く最強キャラかと思いました。 ルシオは今回レギンのせいでほぼ出番がなかったですが、前回失敗した時はかなり強いと感じました。 ソーンは居ると麻痺区間で立て直しが出来るので安心感はありますね。 ゾーイは安定して強ぇ…。 おわりに 以上、アルバハHLソロ初クリアの編成&流れでした。 冒頭で書いた通り、めちゃくちゃ嬉しかったです(笑) 次はガイゼンボーガを仲間にしたらまたソロ討伐したいですね。 そして光属性だけでなく、 現在興味が湧いてきつつある土属性でも今後チャレンジしてみたい。 とりあえずアルバハHLソロ初クリアが出来て歓喜…光がより一層好きになりました。 アルバハHLは神コンテンツ。 では今回はこの辺で終わります。 最後までお付き合いいただきありがとうございました。 それではまたお会いしましょう。 GOOD LUCK👍 スポンサーリンク.

次の

【グラブル】アルバハHL・初心者光マグナでの攻略編成立ち回り

アルバハhl 光

新武器シリーズ「終末の神器」の1つ『永遠拒絶の剣』をメイン装備した"光グローリー"でアルバハHLを攻略してきました。 普段のスパルタ装備との違いや、感じたことなどを紹介します。 剣神共鳴がファランクス そもそもなぜザ・グローリーでアルバハHLに行ける 行った のかと言うと、『永遠拒絶の剣』を装備したグローリーの剣神共鳴がファランクスと同性能だからです。 参戦者全体なので自分は勿論他の参戦者も全員70%カット。 これによりスパルタで参戦する場合の大きな役割である『ファランクスを要所で使用する』をグローリーでもこなすことができます。 と各所で話題に上りましたが、剣神共鳴は使用時に剣気が残っていなければ発動できないため、個人的には本当にそう上手くいくのかと疑問でした。 この疑問を自分で確かめてみようというのが今回の主旨です。 『永遠拒絶の剣』の性能 光属性の剣。 攻撃力とHPが両方大UPし、方陣スキルなのでシュヴァリエ・マグナの加護が乗ります。 永遠拒絶の剣の方が4凸シュヴァ剣よりも大幅にHP増加量が大きいことがわかります。 火力はほぼ一緒です。 第二スキルはオメガ武器と同じように、選択肢から任意のものを選んで付けられます。 今回は通常攻撃上限上昇を付けました。 また、奥義の追加効果がこの選んだ第二スキルによって変わります。 今回は「被ダメージカウンター 3回 」が奥義追加効果として発動します。 使用装備・キャラ 主人公ザ・グローリーに最終ソーン、最終フュンフ、ゾーイ。 サブはなし。 メイン武器は『永遠拒絶の剣』。 普段はメインはゼノコロゥ剣で、シュヴァ剣は5本。 4凸シュヴァ剣を1本抜いて代わりに『永遠拒絶の剣』を編成した形です。 70トールを担当。 クエストの様子・所感 全体的に高火力 永遠拒絶の剣グローリーは、通常攻撃に約35%の追撃が発生します。 剣気付与時 また、サポアビによって攻撃力とDA率が高いので主人公の火力はスパルタよりも高いです。 消去不可ではないので消されますが、与ダメージUPに貢献します。 剣神共鳴 ファランクス をうてない場面が発生 懸念していた事態が起きました。 剣気を全て消費してしまっているため、剣神共鳴が使用できません。 剣気は通常攻撃時の他に、被ダメージ時にも消費します。 『永遠拒絶の剣』は3消費して主人公にバリア効果。 ちょうど画像でも効果が発生しています 被ダメージの機会が何度かあると、今回のように剣神共鳴が使用できないというケースが出てきます。 これはアルバハHLを安定してクリアするのが目的の場合には無視できないデメリットであり、スパルタと比較した時に明確に劣る点です。 被ダメージ時効果を封印する「コルミロス」を使用すればこのファランクスうてない問題は解決する一方、クリアオールとリヴァイヴという安定クリアには必須のアビリティをどちらか外さなければなりません。 いずれにしても安定性を欠きます。 普段使用頻度は多い訳ではないものの、なかなかファランクスが飛んでこない場合や部屋自体の雲行きが怪しい時などには、センチュリオンだけ使用して半ば強引にトリガーを踏みに行くといったこともあります。 グローリーではこの動きができなくなるので、少し不便に感じました。 無属性シリウスでジータが他界 HPが満タンだったにも関わらず、無属性シリウスで主人公が落ちました。 4発全部吸ったようです。 主人公に4発全部いく可能性はとてつもなく低いですが、 グローリーはサポアビで敵対心が高いため、主人公は他キャラより攻撃を受けやすいです。 最終フュンフがいれば問題ないとはいえ、50と40を両方ケアする場合には主人公にフュンフ3アビを付ける立ち回りなどが必要になってきます。 最終フュンフがいない場合は大分危険です。 結果:総ダメージはスパルタよりかなり高い 討伐時間4分14秒で与ダメージが約1億1700万。 シヴァ等の拾い一切なし 普段のスパルタの場合は同じ討伐時間なら早くてもギリギリ1億超えるくらいで、これほどの分速は記憶が間違っていなければ1度も出したことがありません。 よって、永遠拒絶の剣グローリーの火力はスパルタと比べてかなり高く、より多くの貢献度を稼ぎやすいと言えると思います。 安定面はスパルタより低い• 剣神共鳴 ファランクス が使用できない場面が発生することもある• コルミロスを使用する場合は重要なアビリティを持ち込めない• 主人公の敵対心が高いため無属性シリウスを多数被弾しやすい 主に以上の4点から、安全性においてはスパルタより劣っていると感じました。 よって、• クエストクリアを最重要視したい場合• 最終フュンフがいない場合• アルバハHLに慣れていない場合 には、永遠拒絶の剣グローリーは正直おすすめできません。 guraburukouryakusinannjo.

次の