大和 ハウス 外壁 塗装 色。 外壁塗装の色選び

外壁 色選び|カラーシミュレーション│リフォームの株式会社みすず

大和 ハウス 外壁 塗装 色

大和ハウスでマイホームを建てた方は、新築後15年あたりを目安に大和ハウスから「外壁塗装が必要です」といった提案を受けることになります。 マイホームに必要なメンテナンスだからと覚悟して点検・見積もりをしてもらっても、あまりの高額な工事価格に驚き「ちょっとよく考えてから…」と話を保留していませんか? 大和ハウスのリフォーム部門である『大和ハウスリフォーム』に外壁塗装を任せると、通常の相場価格よりもはるかに高い金額が必要になります。 「はい、わかりました」と気にせずに工事をお願いできる方はなかなかいないでしょう。 でも「大和ハウスの住宅は、外壁塗装も大和ハウスに任せないと保証が切れる」なんて情報もあって、不安ですよね。 ここでは、大和ハウスの住宅を建てた方が安心してマイホームの外壁メンテナンスができるように、大和ハウスリフォームの外壁塗装について詳しく解説いたします。 大和ハウスリフォームの外壁塗装が高い理由 大和ハウスリフォームの外壁塗装は、相場よりもずっと高い工事価格になっています。 たしかに大和ハウスがつくる住宅は高級住宅らしい機能性やデザイン性を有しているため、住宅の販売価格が高いのは理解できるでしょう。 しかし、外壁のメンテナンスに関していえば「高級だから高い」というわけではありません。 大和ハウスリフォームの外壁塗装が高いのは、工事価格に『中間マージン』と『会社のランニングコスト』が上乗せされているからです。 自社で施工する街の外壁塗装業者なら、中間マージンは発生せず、会社のランニングコスト分もわずかですから、大和ハウスリフォームよりも安い価格で同じ程度の工事が可能になります。 または、大和ハウスリフォームと同じだけのお金を払うのであれば、数ランク上の工事が実現するでしょう。 他社でメンテナンスしても保証がなくなるのは外壁・屋根だけ! 「大和ハウスで建てた住宅は、大和ハウスリフォームで外壁塗装をしないと保証がなくなる」というのは事実です。 大和ハウスの住宅は「雨水の侵入を防止する部分」の初期保証として15年の期間を用意していますが、それ以降は「有料メンテナンス工事の実施により保証を延長」としています。 他社に外壁塗装を任せることによって「雨水の侵入を防止する部分」の保証は切れてしまいますが、安心して暮らせる住宅であるために大切な基礎や躯体などの「構造耐力上主要な部分」の保証には影響しません。 大和ハウスは洗練された鉄骨住宅の技術を持っているので、躯体に関しては万全です。 基礎や躯体などの部分は大和ハウスの点検にお任せして、外壁・屋根は社外の専門業者にお任せして、定期的なメンテナンスを心がけるのが賢い方法だといえるでしょう。 大和ハウスの外壁・屋根の特徴 大和ハウスといえば、言わずとしれた最大手のハウスメーカーのひとつです。 一戸建て住宅だけでなく、アパートやマンションなどの集合住宅も豊富に手がけており、大和ハウスの住宅を見かけない街は日本全国どこにもないほどでしょう。 ここでは、特に外壁塗装を意識して、大和ハウスの住宅の特徴を紹介します。 あわせて、大和ハウスリフォームでメンテナンス工事をお願いした場合の価格と、街の外壁塗装業者に依頼した場合の価格も比べてみましょう。 外壁は特厚のサイディングボード仕上げ プレハブ住宅の開発から大きく発展したといわれる大和ハウスは、住宅シリーズのほぼすべての商品で外壁にサイディングボード仕上げが採用されています。 大和ハウスの住宅で特に注目すべきは、 サイディングボードの厚さです。 通常、住宅の外壁に使用されるサイディングボードの厚さは14㎜程度ですが、大和ハウスが使用しているサイディングボードは 16~26㎜です。 特厚のサイディングボードを採用することで、断熱性・防音性・耐火性が向上し、重厚で高級な外観を実現しています。 また、厚みがありサイディングボード1枚あたりが重たいため、サイディングボードの面積は小さく張り付け枚数が多いという特徴があります。 「厚み」が弊害に?目地コーキングは割高になる 大和ハウスの外壁はサイディングボード仕上げなので、ボードとボードの間には『目地』と呼ばれる隙間があります。 大和ハウスでは、サイディングボードが他社と比較すると2~12㎜ほど厚いため、その分だけ目地が深くなるのは当然です。 すると、目地に充填すべきコーキングも当然に量が多くなるため、ほかのハウスメーカーが建てた住宅と比べると目地コーキングの工事価格は高くなります。 また、コーキングは横幅と奥行きの比率が適切でないと十分に効果を発揮しません。 26㎜などの特厚のサイディングボードを採用している場合は、目地の奥に『バックアップ材』と呼ばれる細いスポンジ材を埋め込んだ上でコーキングを充填していきます。 工事価格は割高になりますが、目地コーキングのメンテナンスは雨漏り・水漏れ・結露の防止に重大な効果をもたらすためバックアップ材の施工は必須です。 2回目以降は要注意?大和ハウスリフォームの塗り替えで不具合も? すでに一度は外壁塗装を大和ハウスリフォームにお任せをしたことがあるという方は注目です。 もし、以前のメンテンス時に「ラバーウォールを塗装します」と言われていれば、塗装に水膨れのような症状があらわれていることがあります。 大和ハウスリフォームでは、目地コーキングの手間を省略したうえで工事費用も節約できる方法として『ラバーウォール』という塗料を勧めていた時期がありました。 ラバーウォールはアクリルゴム系の塗料で、高い防水性と伸縮性があるため、目地コーキングの上から塗装すればコーキングのメンテナンスが不要になるという理屈だったのです。 ところがこれが大きな誤算で、ラバーウォールで覆った空気や水分が膨張して水膨れが発生し、上塗りの塗料ごと剥がれてしまうトラブルが続出しました。 しかも、ラバーウォールを塗装した外壁はアクリル質によってコーティングされているため、不具合が生じても上塗りができません。 アクリル系塗料はほかの塗料を弾くため、重ね塗りの相性が非常に悪いのです。 以前は「大和ハウスのサイディングは塗り替え不可」といわれており、ラバーウォールを塗装した外壁のメンテナンスは新たなサイディングボードを重ね張りする『カバー工法』が主流でした。 最近ではカチオンシーラーを下地材として塗装することで塗り替えが可能になっており、メンテナンス費用の負担が大幅に軽くなっています。 塗装前の拭き取りテストは必須ですが、たとえ「メーカーでないと対応できない」といわれている塗装でも、外壁塗装に対するしっかりとした知識と経験があれば対応可能だということですね。 大和ハウスリフォームに外壁塗装を任せた場合は? 大和ハウスリフォームのホームページで紹介されている標準的な外壁塗装では、 ・延べ床面積約30坪 ・外壁面積約44坪 を基準にしています。 気になる工事価格は、水性シリコン塗料を使用して、足場・高圧洗浄・下地調整・コーキングのメンテナンスをパックにして130万円~です。 外壁面積は約44坪=約175㎡ですから、もし街の外壁塗装業者に依頼した場合、シリコン塗料を使った場合の相場2,500~3,000円で乗じると43万7,500~52万5,000円になります。 これに足場代・高圧洗浄・下地調整・コーキングのメンテナンスを加えても、100万円以下で収まるでしょう。 外壁部分だけでも130万円~となると、かなり割高なイメージがあります。 屋根はコロニアル瓦葺き、メンテナンスは必須! 大和ハウスの屋根の標準施工は、コロニアル瓦葺きです。 コロニアル瓦は薄いセメント質の板でできているため、水分や風化に弱く、耐久性はあまり高くありません。 この欠点を補うために、コロニアル瓦は工場でしっかりと塗装によるコーティングを施されて出荷されているわけですが、新築後10年程度を目安にメンテナンスを施す必要があります。 大和ハウスリフォームの外壁塗装にお任せした場合、屋根塗装にも水性シリコン塗料を使用します。 屋根塗装で使用する塗料としては標準的なグレードなので特に申し分はありませんが、大和ハウスリフォームのホームページで紹介されている価格が ・建坪約18坪 ・屋根面積約25坪 で52万円~となっているので、かなり割高です。 屋根面積25坪=約82㎡ですから、こちらも相場で乗じると20万5,000~24万6,000円になります。 高圧洗浄や下地調整もパックで含まれていますが、まったく同じ材料を使って同じ工事をしても相場より20万円以上は高くなる計算です。 大和ハウスリフォームだと外壁+コーキング+屋根の塗り替えだけで182万円~となりますが、街の外壁塗装業者なら120~140万円程度で済みます。 追加工事は確実に発生する! 大和ハウスリフォームの標準的な塗り替え工事では、外壁+コーキング+屋根のメンテナンスがパックになっています。 ところが、軒天・サッシ・雨樋などの工事はパックに含まれていません。 軒天は比較的に汚れにくい場所ですが、塗り替えると軒下の日光の反射が際立つので、絶対に外せない塗装ポイントです。 また、雨樋をあまり重視しない方もいますが、雨樋は塩化ビニールでできているため、年数が経つと白化してみすぼらしくなります。 しっかりと塗装でコーティングしておかないと、白化が進んで破損してしまうし、見た目の印象がグッと締まってくるので、雨樋の塗装も外せません。 これらの塗装も含めると、工事価格はさらに高くなって合計200万円は下らないでしょう。 大和ハウスリフォームの外壁塗装が高い理由 大和ハウスのリフォーム部門である『大和ハウスリフォーム』に外壁・屋根のメンテナンスをお任せすると、街の外壁塗装業者にお願いした場合よりも50万円以上高くなります。 実際の施工が下請け・孫請け業者の場合、大和ハウスリフォームは営業経費や施工管理費なども名目でマージンを取り、施工の原価+下請け・孫請け業者の取り分で工事を丸投げします。 大和ハウスリフォーム側の仕事といえば、完成後の検査くらいです。 大手のリフォーム会社に施工を依頼すると、こういった中間マージンがかかるため、確実に工事価格が高くなってしまいます。 全国各地をカバーできるように支店を配置して、営業マンや事務員が多数働いており、宣伝・広告にもしっかりとお金をかけています。 これらの運営費・人件費・広告費用などが、すべてリフォーム工事に上乗せされているのですから、工事価格は当然高くなります。 大和ハウスの住宅の外壁塗装は街の塗装業者に任せるのがベスト! 「一流のハウスメーカーである大和ハウスにお任せしてマイホームを建てたのだから、メンテナンスも一流の大手に任せるべきでは?」 このように考えて、大和ハウスリフォームに外壁塗装をお任せしている方も多いようですが、実は中間マージンやリフォーム会社のランニングコストなど、相当な金額を無駄に高く支払っていることになります。 大和ハウスの住宅でも、正しい塗装や塗料の知識と豊富な経験を持つ街の外壁塗装業者にお任せすれば、大和ハウスリフォームと同等か、それ以上に仕上げてくれます。 しかも、大和ハウスリフォームにお任せした場合と比べると数十万円は安く仕上がるのですから、住宅ローンを返済しながらメンテナンス費用も捻出しないといけない方の負担はグッと軽くなります。 外壁塗装パートナーズでは、大和ハウスでマイホームを建てた方にきっと満足いただける街の塗装業者を簡単3ステップで最大3社までご紹介いたします。 専任の外壁塗装アドバイザーが、あなたに寄り添ったアドバイスをいたしますので、はじめての外壁塗装でも安心してご相談いただけます。 大和ハウスの住宅で外壁塗装を検討中の方は、ぜひ外壁塗装パートナーズまでご相談ください。 お勧めしない理由その1 ハウスメーカーの オリジナル塗料 ハウスメーカーのオリジナル塗料は外部より高い値段設定が多い ハウスメーカーに外壁塗装を頼んだら、明らかに高いのはわかっているものの、ハウスメーカーのオリジナル塗料なので、外部に頼むのをやめるという方が多数いらっしゃいます。 オリジナル塗料と言われてしまうと、相見積もりがとれません 健全な競争が成り立ちませんので、必然的に金額は高止まりしてしまいます。 では渋々、ハウスメーカーに頼まなければならないのでしょうか? 実はそんな事はありません。 ハウスメーカーのオリジナル塗料と言っても、 製造しているのは一般的な塗料メーカー、何かしらの市販されている塗料に、少しだけ手を加えたものがほとんどです。 ほぼ類似している塗料や、現塗料の風合いを活かした状態にできる塗料もあります。 つまり、ハウスメーカーオリジナル塗料は塗料メーカーが出している塗料と機能的にはほとんど変わりません。 お勧めしない理由その2 10年以上の延長保証 外壁塗装を含んだメンテナンスを頼まないと延長保証を受けることができない 新築時の外壁の風合いを保ちたいという欲はそれほどでもないので、「オリジナル塗料はどうでもいいが、ハウスメーカーに外壁を含んだメンテナンスを頼まないと延長保証を置けることができない」と悩まれる方もたくさんいらっしゃいます。 延長保証の条件と言われてしまうと、 当然相見積もりにはなりません。 そして金額は高止まりしてしまいます。 では保証のためには、高額のハウスメーカーのメンテナンスを受けなければならないでしょうか。 これについても、そうは思いません。 大手のハウスメーカーも地場の工務店も、現在は10年間の保証をしなければなりません。 お勧めしない理由その3 外壁塗装以外の 特別補修 ハウスメーカーのメンテナンスは塗り替えをメインとして、ベランダの防水工事、白アリ対策の防蟻工事などが付いてきます ベランダの防水工事も、防蟻工事も初めてなので、そもそも相場がわからないところに、セットで見積金額を出されてしまい、それが如何に高額でも 比較のしようがなくなってしまい、仕方ないと頼んでしまうようです。 これもやはりハウスメーカーに頼んだ方がいいのでしょうか? これこそより高額になってしまう理由ですので、別に頼んだ方が良いと考えます。 防水工事は防水屋さん、防蟻工事は防蟻工事屋さんがそれぞれ担当します。 もちろん塗装は塗装屋さんです。 それぞれの工事に、ハウスメーカーの利益分が上乗せされるのです。 お勧めしない理由その4 ハウスメーカーと 塗装店は違う 私達が、ハウスメーカーに外壁塗装を頼まない方が良いと思っている一番の理由は、実は金額が高すぎる事ではありません 一番の理由は、塗装工事の質が悪くなるリスクが非常に高いからです。 通常、塗装店は塗料を自分たちで仕入れますが、ハウスメーカーの仕事の場合ほとんどが、塗料は ハウスメーカーから支給され、工賃だけ支払われます。 ハウスメーカーから支払われる工賃があまりに安いため「まともに仕事をしていると生活がままならない」というレベルだという話をよく耳にします。 そしてそれほどに追い詰められた仕事は請けなければ良いのではとも思いますが、自分でお客様を見付けることができない塗装職人は、それでも仕事を請けないと生活できないという状態に追い込まれてしまいます。 代表取締役 中嶋 明洋 神戸大学卒業後、大手メーカー、ITベンチャーを経て、2010年に株式会社ソーラーパートナーズを設立。 二級建築士、2級建築施工管理技士、既存住宅状況調査技術者など、建築関連の国家資格およびMBA 経営学修士 を取得。 これまでに培った知識と経験をもとに、専門工事店と消費者が直接出会えるプラットフォーム構築に日夜力を注いでいる。 solar-partners. solar-partners.

次の

ダイワハウスで外壁塗装をしたらシーリングの上の塗料が膨れてきた|千葉県我孫子市|柏・松戸市|外壁塗装|株式会社シャイン

大和 ハウス 外壁 塗装 色

> > 大和ハウスリフォーム 大和ハウスリフォームの口コミ体験談 ここでは大和ハウスリフォームでリフォームを行った人からの口コミをご紹介します。 失敗や後悔をしたくないという人は大和ハウスリフォームの評判をチェックしておきましょう。 元々大和ハウスで建てた家だったので、大和ハウスリフォームにお願いする事にしました。 見積をしっかりと行ってくださり、金額も納得できるものでした。 工事も丁寧に行ってくれて、傷んでいた外壁もすっかりきれいになりました。 初めての事だったので比較は難しいですが、しっかりと対応してくれたと思います。 機会があれば、また大和ハウスリフォームにお願いしたいと思います。 リフォームは初めてだったのですが、WEBサイトでは、部位から・価格から・テーマから・建物からなど、色々な事例が検索でき、施工前に色々勉強する事が出来ました。 専門スタッフさんが答えてくれる無料のリフォーム相談室では、丁寧に相談にのっていただき、見積もり施工と安心してお願いすることができました。 そのため、10年目に大和ハウスリフォームで屋根と外壁塗装のリフォームをしてもらっていましたが、20年目に近くなったある日、地区担当の営業マンが外壁塗装の瑕疵を見つけました。 近々大和ハウスリフォームで、以前と同じ屋根と外壁の塗装を依頼しようとしていましたが、その瑕疵は塗装屋が負担するということで、その他の場所を頼み、満足したリフォームとなりました。 家はダイワハウスのものではなかったので、気にしていたのですが、そのことは全く杞憂でした。 こちらの希望をよく聞いてもらい、具合の悪くなった母も、少しでもキッチンに立ちたいとの思いをよく汲んでもらい、専門家らしいアドバイスもあり、良かったです。 大和ハウスリフォームの良い評判 大和ハウスリフォームは、健全でしっかりとしたコンセプトを持っているようです。 そのためか大和ハウスで家を建てた人からの評価にも高いものがあります。 一般的な評判に関しても、中小の建築会社やリフォーム業者の追随を許さない状況にあるといえるかもしれません。 たとえば、屋根や外壁の塗装を依頼すると、塗り替え場所の全ての写真を撮るなどして、しっかりとした下準備や調査の後に、見積もりを出して、その説明も丁寧に時間を掛けて納得できるまで行われるようです。 また、塗装方法も何層にも塗るため時間や日にちを必要としますが、満足できるリフォームをしてくれます。 室内のリフォームに関しても、本当に今やったほうがいいのか、もう少し経ってからやったほうがいいのかなど、専門家の目で営業がきちんと判断してくれるとの評判もあります。 大和ハウスリフォームの後に、別のリフォーム会社のやり方を続けて見た人は、大和ハウスリフォームは取り掛かり方も終わり方も、他とはまったく違って立派だったと感心します。 大和ハウスリフォームの悪い評判 実は、大和ハウスリフォームには、悪い評判も少なくありません。 たとえば、「担当者が最悪。 こちらの意見をしっかりと聞かず、話が食い違う。 」という悪い評判も聞きました。 また、教えて!gooでは、以下のような怒りの書込もあります。 出典:教えてgoo 大和ハウスリフォームってどんな会社? 大和ハウスリフォームはダイワハウスのグループ会社なので、建築工事のノウハウを多数蓄積した会社だと考えられます。 仕事の範囲を見ると、キッチン台やお風呂、便器等設備の入れ替え工事から、内装外装リフォーム、増築まで幅広く手掛けています。 一般的には、リフォーム工事をする際に不安に思われる点として、見積り金額のわかりにくさが挙げられます。 ところが大和ハウスリフォームでは、スタッフが工事内容、見積り内容を分かりやすく丁寧に説明してくれるので、トラブル防止になり安心して任せることができると言います。 ホームページでも施工事例や工事費用の目安なども公開されており大変参考になります。 工事中の近隣への配慮もしっかりしており、挨拶回りから実施してもらうことができるようです。 また、大和ハウスリフォームは、保証制度も整っており、工事完了後も安心できそうです。 なのに悪い口コミがいくつも出てくるというのは不思議でもあります。 大和ハウスリフォームの費用は、安い?高い? 費用に関しては、顧客が判断しやすいように、部位からの確認、価格からの確認、テーマからの確認、建物からの確認ができるようになっており、それぞれ、自分が置かれた条件に当てはめることで簡単に費用を掴むことができるようになっています。 例えば価格の場合、100万円以下などでは部屋の改装や窓の設置、システム洗面を用いた洗面室の改装、トイレの大規模改装などがあり、それぞれに価格に含む工事、価格に含まれない工事が明記されています。 そのために、依頼をする場合においても分かりやすく、工事に見合った確かなリフォームを行うことができ追加等が出る可能性が低くなるために、結果的には安いものとなるかもしれません。 ただ、人により高いと感じることもあるようなので、複数の業者から相見積もりを取る、そして比べて見るということが大切です。 リフォーム費用を匿名で比較する方法 ホームプロのサービスを利用すると、他のリフォーム業者と「匿名」で比較することが可能です! おすすめリフォーム業者 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・.

次の

【外壁塗装・屋根のカラーシミュレーション(色選び)】サッシ・雨樋等の色指定も可能

大和 ハウス 外壁 塗装 色

標準の外壁材は、やはり「サイディング」 大和ハウスの注文住宅、ジーヴォ・シリーズで最もポピュラーかつメーカーも主力と位置づけるのが「ジーヴォ・E」。 屋根の形状など外観のバリエーションも豊富ですから、大抵の要望には対応できますし、それにマッチする外壁材も豊富。 大きく分けてサイディング、タイル、塗壁の3種類が用意されているのです。 特に何もこだわりがない場合、ジーヴォ・Eを選ぶと外壁材は標準の「DCウォール」が選択されます。 かっこいい名前が付いていますがこれは窯業系のサイディング、厚さは16mmと一般的。 耐火性能が高いとか、表面の塗装のグレードが高めとか特徴はありますが、何の事はないサイディング。 よくも悪くもオーソドックスです。 これより少しアップグレードさせると「DSウォール」、こちらの厚さは25mm。 通常よりは厚めにはなりますが、サイディングはサイディング、彫りが深くなる、高級感が出る。 その一方で、厚みの分重量があるので躯体にかかる負担が大きい、いずれメンテナンスが必要となる。 DCウォールでは表情に乏しいとか、感じた場合に選択されるものですが、それ以外のメリットは少なそうな外壁材です。 メンテナンスの手間が軽い「タイル」 「サイディングは10年とかで再塗装しなきゃならないのでしょ」。 こんな風にお客様が不満気ならば、すかさずすすめられるのが「タイル」の外壁材。 漆喰にタイルを貼っていくというそんな手間、大和ハウスはかけたりはしません。 サイディングの表面に、焼いたタイルを貼ったもの。 塗装で表情を演出するDCウォールなどと異なり、タイルですから再塗装のメンテナンスが不要。 表面は親水層で覆われているので、雨水で汚れが落ちるということになっている。 よくある汚れにくい便器などと同じ仕組ですね。 しかし、タイルはシャープな印象を残す外壁材ではあるのですが、いかんせんイメージが重い。 平屋の外壁にタイルを選ぶと、これは重すぎるかと。

次の