前田 敦子 松田 翔太 映画。 映画・イニシエーション ラブ / 前田敦子、松田翔太

大どんでん返しラブミステリー!松田翔太と前田敦子主演の『イニシエーションラブ』の結末に驚きを隠せない

前田 敦子 松田 翔太 映画

解説 松田翔太と前田敦子の共演で、乾くるみの人気小説を映画化。 原作は、最後の2行に仕掛けられたどんでん返しが評判を呼び、発表から10年以上を経て130万部を超えるベストセラーになった話題作。 映画は、1980年代後半の静岡を舞台に、奥手で恋愛経験のない大学生・鈴木が、合コンで知り合った女性マユとの日々を通して変化していく姿を描く「Side-A」、就職先の会社で東京本社に転勤することになった鈴木がマユを置いて上京し、本社の同僚・美弥子との出会いで心が揺れる「Side-B」という2つの物語が並行しながら、原作とは異なるエンディングを迎える。 監督は「SPEC」「TRICK」シリーズの堤幸彦。 2015年製作/110分/G/日本 配給:東宝 スタッフ・キャスト 原作を読んで随分経ってから、映画を鑑賞しましたが、 やっっっっぱり、映画より原作が好きー! あの最後の2行で、えええ?と思わせてくれたあの感動、あのやられた感は、映画の世界でどのように表現してくれるのか、それだけを楽しみに観たのがいけませんでしたね、、、 映画しか見てない方には間違いなき面白い映画だと思います。 なんだってー?って思わせてはくれるので。 5ひき、前田敦子さんの演技が好みでないので、さらに0. 5ひきました。 ごめんよ、あっちゃん。 ただでさへあざとい空気まとってるあっちゃんが、この役をもっとあざとくしちゃってて、観るに耐えなかったの。 しかし男性ってやつは。 でも、だからこそ可愛くて仕方がないんですよねー。 ただし、世の女性はみんながみんな繭子や美弥子のようではありません。 もちろんご存知だとは思いますけどね。 ネタバレ! クリックして本文を読む 「この映画は2度見たくなる」 と冒頭のメッセージであるように2度見たくなるような映画でした。 私も騙された一人。 あんな痩せてそうなるのか、でも役が変わっただけか。 と違和感は感じていたものの、物語にはそのまま入り込めたものの、 確かに言われてみたら違和感はそのまま当てはまっていた。 物語には上記の大きな映画の面白さの本質があるものの私は別の角度でレビューしようと思う。 私が物語を見てて感じたのは、主人公が初め大切な彼女と感じた存在。 それが地方に行って遠距離になり、愛が離れてしまったこと。 それが他の誰かで埋めたものの、元カノの良さの本質に気づきそこに戻りたいと思っていること。 相手が自分と好きなほど、安心できるほど、相手をほっとく心情になってしまうのってなんでなんでしょうね。 そして女の子は逆なんでしょうね。 その分では自分に重ねあってこの映画を鑑賞しました。 もちろん、ネタバレの要素においてはびっくりしてみる事ができました。 そしてやっぱり遊びは遊び慣れている人になり、結婚する人は誠実な人を選ぶんだなーと。 これは可愛い女の子であればあるほど、イニシーションラブなんだろうな。 それは、佐々木望であったり、蒼井優であったり、昔はイケメンでの恋愛をしていたと思いますが、結局結婚は誠実さなんだな。 色々思うことができました。 面白かったです。 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の

DVDでイニシエーションラブ観ました。まだ一度しか観ていないの...

前田 敦子 松田 翔太 映画

あらすじ イニシエーション・ラブの本編は「Side-A」と「Side-B」という2部構成でまとめられています。 Side-Aは静岡を舞台にした物語で、モテない男が繭子(演:前田敦子)に恋をして、男をみがいでドンドン繭子にのめり込んでいく話。 一方でSide-Bでは東京が舞台となっており、遠距離恋愛となってしまった男が繭子の他に美弥子という女性を好きになり、二股をかけていく話となっています。 一見、1つの恋愛がねじれていく話にみえますが、隠れたトリックがあり、最後のどんでん返しでビックリしてしまう内容に纏められています。 もしかしたら一度結末を見た上で、もう一度映画を見ないと、全体の流れが理解できない人も多いかも・・・。 前田敦子の怪演 この物語のキーマンは繭子です。 繭子が何を考え、何をしていたかが大事で、物語の最後が驚きの結末に向かうわけですが、その繭子を演じているのが前田敦子です。 前田敦子というと、AKB48時代のイメージが強いですが、本作を見終わったあとには彼女のイメージがガラッと変わるかも(笑) 本作をもう一回見た時は、恐ろしい女性に感じるかもしれません。 一方で主人公を演じる松田翔太の存在感もバッチリ。 本作では原作の小説にない結末が用意されていますが、彼なしには語れないアナザーストーリーを楽しめます。 まとめ ということで『イニシエーションラブ』をまとめると・・・• 主演は松田翔太と前田敦子• 原作が小説の恋愛映画• ミステリー要素も深く、どんでん返しアリ 本作はミステリー要素が大きいので、できればネタバレ情報を見ないで視聴したほうが良いかと思います。 大事なからくりを知ってみるのと知らないでみるのとでは、面白さが全然ちがいますからね!! 原作の小説を先に読むのもアリですが、原作を知らないなら、そのまま映画を見てしまうほうが良いかと思います。 非常に巧妙なトリックが仕込まれた作品ですが、NETFLIXなら何度でも視聴できるので、2周目、3週目と楽しんでみてはいかがでしょうか? ちなみにちょっとハードな展開もあるので、大人だけで視聴することをおすすめします。

次の

イニシエーション・ラブ : 作品情報

前田 敦子 松田 翔太 映画

あらすじ イニシエーション・ラブの本編は「Side-A」と「Side-B」という2部構成でまとめられています。 Side-Aは静岡を舞台にした物語で、モテない男が繭子(演:前田敦子)に恋をして、男をみがいでドンドン繭子にのめり込んでいく話。 一方でSide-Bでは東京が舞台となっており、遠距離恋愛となってしまった男が繭子の他に美弥子という女性を好きになり、二股をかけていく話となっています。 一見、1つの恋愛がねじれていく話にみえますが、隠れたトリックがあり、最後のどんでん返しでビックリしてしまう内容に纏められています。 もしかしたら一度結末を見た上で、もう一度映画を見ないと、全体の流れが理解できない人も多いかも・・・。 前田敦子の怪演 この物語のキーマンは繭子です。 繭子が何を考え、何をしていたかが大事で、物語の最後が驚きの結末に向かうわけですが、その繭子を演じているのが前田敦子です。 前田敦子というと、AKB48時代のイメージが強いですが、本作を見終わったあとには彼女のイメージがガラッと変わるかも(笑) 本作をもう一回見た時は、恐ろしい女性に感じるかもしれません。 一方で主人公を演じる松田翔太の存在感もバッチリ。 本作では原作の小説にない結末が用意されていますが、彼なしには語れないアナザーストーリーを楽しめます。 まとめ ということで『イニシエーションラブ』をまとめると・・・• 主演は松田翔太と前田敦子• 原作が小説の恋愛映画• ミステリー要素も深く、どんでん返しアリ 本作はミステリー要素が大きいので、できればネタバレ情報を見ないで視聴したほうが良いかと思います。 大事なからくりを知ってみるのと知らないでみるのとでは、面白さが全然ちがいますからね!! 原作の小説を先に読むのもアリですが、原作を知らないなら、そのまま映画を見てしまうほうが良いかと思います。 非常に巧妙なトリックが仕込まれた作品ですが、NETFLIXなら何度でも視聴できるので、2周目、3週目と楽しんでみてはいかがでしょうか? ちなみにちょっとハードな展開もあるので、大人だけで視聴することをおすすめします。

次の