幼児 鼻血 就寝 中。 幼児 鼻血 朝(朝起きると頻繁に鼻血が出ていま…)|子どもの病気・トラブル|ベネッセ教育情報サイト

寝ている間に鼻血が出る原因と対処法

幼児 鼻血 就寝 中

「大きな病気は患っておらず、健康体であるにもかかわらず、鼻血がよく出る」という方は、子どもから大人に至るまで少なくはありません。 また、お子さんが頻繁に鼻血を出すため、背後に何か病気が潜んでいるのではないかと不安を抱いている保護者の方も多いものです。 高齢者にも鼻血が出やすいという声がよく聞かれます。 鼻血の原因には、一体どのようなものがあるのでしょうか。 鼻血の引き金になるといわれることの多い「チョコレート」や「ストレス」、「アルコール」などは、実際に鼻血と関係しているのでしょうか。 鼻血症状の原因について、三田病院救急部長の志賀隆先生にお話しいただきました。 鼻血が頻繁に出る原因 最も多い鼻血の原因は外傷と乾燥 鼻血が頻繁に出る主な原因は、「」です。 ほとんどの鼻血は自分の指で鼻腔をいじる(鼻をほじる)といった行為によるものであり、これは海外の論文などでも明示されています。 外傷以外の鼻血の原因には、「粘膜の障害」や「乾燥」があります。 冬期など、肌が乾燥する時期は鼻粘膜も乾燥しやすく、出血しやすい状態になります。 高齢者の鼻血の場合、血液をサラサラにする薬が関係していることもある 上記は比較的若い方の鼻血の原因ですが、高齢の方に目を移すと、NSAIDsなどの「鎮痛剤」を服用していることも原因となるといわれています。 具体的には、アスピリンなどの抗血小板薬やワーファリンなどの抗凝固薬などが血液や血管に作用するものとして挙げられます。 「血液をサラサラにする薬」としてご存知の方も多いでしょう。 ただし、これら解熱鎮痛剤の服用が鼻血の原因となっている割合は全体でみると極めて少なく、基本的には先に述べた鼻をいじる癖などによる外傷が原因の大半を占めています。 子どもの鼻血 子どもの鼻血はアレルギー性鼻炎と鼻いじりによるものも多い 小児の鼻血の原因として多くみられるのは、「」があり「鼻いじり」をしてしまうというものです。 アレルギー性鼻炎の場合は鼻の内側に炎症があり、鼻粘膜も荒れているため、血管が破れやすい状態になっているのです。 そのため、鼻を触るなどの刺激で出血してしまうものと考えられます。 子どもの鼻血は「上気道炎」のあとにも起こりやすい 小児の鼻血は(粘膜への刺激)やアレルギー性鼻炎のほか、上気道炎の後に好発するといわれています。 上気道炎とは、いわゆる「かぜ症候群」のことであり、成長に従い種々のウイルスに対して免疫がつくため、罹患する頻度は減っていきます。 推測ではありますが、上気道炎の後の鼻血が小児のみに限定されて語られる理由は、成長とともに種々のウイルスに対し免疫がつくことに関係しているのかもしれません。 血圧が高い人は鼻血が出やすいって本当? 一般的に、の方は鼻血が出やすくなるといわれていますが、「血圧が高いから鼻血が出る」というわけではありません。 心臓から出る太い動脈は、全身の末端で非常に細い毛細血管となり、再び集まり静脈になります。 この動脈と静脈の間にある細い毛細血管が脆くなることが、出血しやすくなる原因であると考えられています。 鼻血が出ると訴えて来られる高齢の患者さんのほとんどは、血圧が高くなっています。 ここで注視したいことは、一般的な鼻血は静脈から出るものであり、「血圧」は静脈ではなく動脈の圧を計測したものであるため、直接的な関係はないということです。 これらのことを考え合わせると、血圧が高いから鼻血が出るのではなく、既に脆くなった毛細血管ならびに静脈から血が出る不快感により、その患者さんの血圧が上がっている可能性のほうが高いといえます。 ただし、血管が脆くなる理由には、加齢のほか常に血圧が高いことも挙げられるため、間接的にはも鼻血の誘因になると考えることもできます。 鼻血が頻繁に出る病気「オスラー病」とは? ここまでに述べたや乾燥による鼻血とは、健康な人でも出るものであり、何らかの疾患とは関与していない鼻血です。 これとは別に、非常に高頻度で鼻血が出る遺伝的疾患、「」(別名「遺伝性末梢血管拡張症」)を持つ人がおり、この場合は鼻血の原因も多岐にわたるものとなります。 オスラー病は、その名の通り特殊な遺伝子を持つことによる病気であり、主症状は「繰り返す鼻血など」をはじめとする出血症状です。 日本では5000人~8000人に1人が遺伝子を持っていると報告されていますが、全ての方が発病するわけではなく、現時点での推定患者数は10,000人ほどではないかといわれています。 ストレスと鼻血の関係-オスラー病の人に限り、ストレスも鼻血の原因となる 海外では、の遺伝子を持っている人を対象に、反復する鼻血やといった症状の誘因を調べた論文が発表されています。 それによると、鼻血と片頭痛を引き起こす誘因として、以下のものが報告されています。 一方、健康な人(オスラー病ではない人)においては、鼻血とストレスの因果関係を示す根拠となるデータは現在のところ限られるため、無関係である可能性もあります。 しかしながら、非常に頻繁に鼻血が出るようであれば、元々毛細血管が弱い体質であることも考えられます。 オスラー病という病気の本体もまた、「毛細血管が弱いこと」であり、出血症状などはこれが原因で起こるものです。 このような理由から、たとえオスラー病でない方であっても、毛細血管が弱い可能性がある方(鼻血がよく出る方)は、オスラー病の方と同様、ストレスをため込むような生活は避けたほうがよいでしょう。 (外部サイトPubMed:Relationships between epistaxis, migraines, and triggers in hereditary hemorrhagic telangiectasia. ) 食べ物と鼻血の関係-チョコレートや香辛料が鼻血の原因となるケースとは? また、上記論文とは別に、の方を対象とし、「何を食べたときに鼻血が出やすいか」などを調査してまとめた研究も存在します。 こちらの報告によると、最も回答が多かったものはアルコール、続いてスパイス、そのほかにはサリチル酸を含む食品(具体的には、赤ワイン、スパイス、チョコレート、コーヒー、一部の果物)や血小板の機能を低下させる食品(ニンニク、ショウガ、朝鮮人参、銀杏、ビタミンE15)、そしてオメガ3(脂身の多い魚、鮭)などが挙げられています。 (外部サイト:Lifestyle and dietary influences on nosebleed severity in hereditary hemorrhagic telangiectasia. ) 現在、インターネット上では「チョコレートと鼻血は無関係である」と結論付ける情報が多々見受けられますが、オスラー病の人に限定した場合にかぎり、因果関係はあるというわけです。 もちろん、健康な人であれば食べ物と鼻血の関係を気にする必要はありませんし、食べてはいけないものもありません。 ただし、前項で述べた「ストレス」と同様に、鼻血がよく出る場合は末梢の毛細血管が弱い可能性も考えられるため、あえて上述した食べ物を過剰摂取することは控えたほうがよいでしょう。 子どもの頭痛と鼻血は関係している? と鼻血の関係についても、海外で行われた調査研究がありますので、概要と結論を紹介します。 この研究では、の方に限定せず、対象者を「で病院に来院した平均11. 5歳の子ども」としています。 報告によると、片頭痛を訴え病院に来た728人の子どもうち、鼻血症状がみられたのはわずか1. 1%であったと示されています。 また、結論として、片頭痛に鼻血を伴う頻度は非常に稀であり、なぜ1. 1%に鼻血症状が現れたのかは未解明であるとされています。 (外部サイト:Migraine and nosebleed in children case series and literature review. ) 救急外来での処置が必要になる鼻血とは? 鼻血の分類 一般的な鼻血とは、「キーゼルバッハ部位」からの出血のことを指す ここまでにお話ししてきた鼻血とは、「キーゼルバッハ部位」という、鼻の入り口付近の静脈が集中する部分からの出血のことを指します。 キーゼルバッハ部位の位置 キーゼルバッハ部位は鼻中隔の1㎝ほど奥の部分であり粘膜が非常に薄くなっているため、自らの指などで触れることにより傷つきやすくなっているのです。 鼻中隔に異常がある場合も、鼻血が出やすくなるといわれています。 キーゼルバッハ部位からの出血であれば、ほとんどの鼻血はご自身で適切に処置することで止まります。 (詳しくはをご覧ください) 危険な鼻血とは? 大きな怪我や病気が潜んでいる可能性のある鼻血 ただし、鼻血の中には頻度は少ないものの、キーゼルバッハ部位以外からの危険な出血もあります。 1.副鼻腔の上顎洞(じょうがくどう)からの出血 副鼻腔の構造(上顎洞の位置) 2.頭蓋底に伴う出血 3.蝶口蓋動脈(ちょうこうがいどうみゃく)からの出血(動脈性の出血) 蝶口蓋動脈(ちょうこうがいどうみゃく)の位置 耳鼻科など、病院でしか止血できない鼻血もある 上記3つのいずれかに該当する場合は、病院で医師による処置と治療を受けることが必須となります。 特に(3)蝶口蓋動脈から出血している場合は、私たち救急医の処置でも止血することが難しく、専門家である耳鼻科での止血処置が必要になります。 キーゼルバッハ部位は鼻の前方ですが、これら鼻の後部から出血する主な原因は、腫瘍、、頭蓋底の三つです。 鼻血を伴う腫瘍には、たとえば思春期の男性に多い「上咽頭繊維腫」があります。 上咽頭繊維腫による鼻血症状の特徴は、大出血であったり、頻繁に出血を繰り返すことです。 また、頭蓋底骨折の場合は、鼻だけでなく耳や口からも水のようにサラサラとした出血がみられることがあります。 これは、脳脊髄液が血液と一緒に漏れ出ているからです。 症状は同じ「鼻血」であっても、頭蓋底骨折は脳神経外科で治療を行う疾患(怪我)です。 私たち救急医の役割は、鼻血で来られた患者さんの処置を行うことだけでなく、原因を見極め、適切な診療科へ患者さんを送ることも含まれます。 では、鼻血が止まらない場合の止血法や、鼻からの出血で救急車を呼ぶべき緊急時の見極め方についてお話しします。 また体を冷やすことも血液が固まりにくくなるためおすすめできません。 危険な鼻血の見極め方は? 鼻血症状を伴う疾患には、腫瘍や頭蓋底など重篤なものもあります。 以下に該当する場合は、危険な病気である可能性もあるため、すぐに病院を受診しましょう。 体のどこかにあざが現れている。 正しく止血しているにも関わらず出血が続く。 (目安としては、20分間の止血を2セット行っても止まらない)• 歯肉など、鼻以外の部分からも出血がみられる。

次の

【医師監修】何もしていないのに鼻血?考えられる原因と対処法 Doctors Me(ドクターズミー)

幼児 鼻血 就寝 中

誰でもは出たことがあると思います。 その中でも、何もしていないのに鼻血が出るといった経験はありませんか? 今回は 特に何もしていないのに出る場合についてご紹介したいと思います。 鼻血が出る仕組み 鼻血は、小鼻の内側にある 鼻中隔(びちゅうかく)にあるキーゼルバッハ部位からの出血が最も多いとされています。 キーゼルバッハ部位は細い血管が網目上に貼り巡らされており、少しの衝撃でも傷ついて出血してしまいます。 傷つきやすいため、 鼻をいじりすぎたり、鼻を強くかんだりしても出ます。 キーゼルバッハ部位からの鼻血がほとんどですが、特に何もしていないのに出る場合は病気が原因である可能性があります。 その際は、キーゼルバッハ部位でなく 鼻腔の奥にある粘膜から出血することがあるようです。 対処法 普段何気なくやってる対処法が実は間違っているという事もあります。 まずは間違った対処法を見てみましょう。 間違った対処法 NG:上を向いて鼻血が出ないようにする NG:首をトントンし、刺激を与える NG:安静にするため横になる 上を向いたり、横になるのは 鼻血を喉へと逆流させてしまう可能性があります。 逆流した血が喉で固まると喉を塞いでしまい、最悪窒息の可能性があります。 上記の行動を行わず、下記の正しい対処をしましょう。 正しい対処法 ・脱脂綿をつめる ・座った状態であごをやや引いた姿勢を保つ ・小鼻をぎゅっとつまむ 脱脂綿を詰めるのが好ましいですが、なければティッシュでも構いません。 特に効果が高いのが小鼻をギュッとつまむ方法です。 上記の方法で、 10分〜15分程度安静にすることで、通常は止まるでしょう。 原因 考えられる原因をそれぞれ見ていきましょう。 アレルギー性鼻炎 ハウスダストによるものや、ダニによるもの、花粉症によるもの等、アレルギー性鼻炎の原因は様々です。 原因は異なりますが、アレルギー性鼻炎にかかると鼻の粘膜が通常よりも弱い状態になります。 鼻の粘膜が弱くなる影響で、鼻を少しかんだだけでも出血をする場合があります。 高血圧 高血圧になることで何もしていないのに鼻血が出ることがあります。 中年期の男性に多い症状です。 食事からの影響も大きく、塩分を摂りすぎると高血圧になりやすいです。 普段の食生活にも注意しましょう。 病気の症状 病気の症状の1つとして、何もしていないのに鼻血が出ることがあります。 病気からくる症状の場合は、 頻繁に鼻血が出る、中々止まらないといった傾向にあります。 鼻血が出る病気 何もしていないのに鼻血が出やすい病気を紹介します。 白血病 白血病は 血液のがんとも呼ばれています。 白血病にかかると血球を作る細胞に異常が発生し、正常な血液を作れなくなり、出血をしやすくなる症状が現れます。 特に白血病は頻度に特徴があり、 1週間のうちに複数回出ることが多いです。 また、鼻血以外にも歯茎等、体の様々な部分から出血が起こります。 肝硬変 肝硬変は肝臓が傷つくことで硬くなってしまう病気です。 肝硬変で鼻血が出やすくなる原因は 血小板の数が減少するためです。 ですので、血液が固まりにくく、止血に時間がかかります。 また、これ以外にも顔が黄色くなる黄疸(おうだん)という症状が出るのも特徴です。 血友病(けつゆうびょう) 血友病は出血を止める際に必要である血液凝固因子が少なく、 一度出血すると止まりづらいという病気です。 かさぶたも中々作られにくく、かさぶたが剥がれてしまった場合再び長時間の出血が起こります。 血友病にかかるとあざができやすくなるようです。 外的刺激に特に弱く、鼻をやさしくかんだり、少し鼻をかくだけでも出血をする可能性があります。 血友病はほとんどの場合が 遺伝によるもののようです。 予防法 病気が疑われる場合は、早く病院を受診するのが重要ですが、 鼻の粘膜等が弱っていて鼻血が出る場合の予防法についてみていきましょう。 軟膏、オイルなどを塗る 鼻の粘膜が弱っている可能性が高いです。 そこで、 粘膜を保護するために軟膏やオイル等を塗ります。 特にワセリンが出血を抑止する効果が高くおすすめです。 ワセリンは近所のドラッグストアや薬局でも取り扱いがあるため、簡単に入手できます。 塗る際は爪で粘膜を傷つけないように、 爪の手入れも行いましょう。 マスクをする マスクをすることで外気による鼻の乾燥を予防できます。 乾燥の粘膜を弱らす原因になります。 室内では加湿器を使用し、部屋の湿度を十分に保ちましょう。 ルチンを摂る ポリフェノールの1種である ルチンは毛細血管を強くする働きがあります。 ルチンは蕎麦、ほうれん草、レバー、なす、トマトなどに豊富に含まれています。 意識的に摂取してみるとよいでしょう。 最後に いかがでしたでしょうか。 何もしていないのに鼻血が出る原因は病気の可能性もあります。 何もしていないのに突然鼻血が出てきた場合は、病院に相談してみましょう。 もし病気を早期に発見できれば完治できる可能性が高まります。 監修:Doctors Me 医師• 今井 さいこ 私は「心の健康を保つためには、『I love you』より『I love me』を大切にしましょう」とクライエント様に発信し続けています。 自分を大切にできない人は周りも大切にすることはできない、と考えているからです。 悩みを抱える方がこのことに気づけば、自分自身で問題を解決していく力を持っています。 変えられない環境に振り回されるのではなく、どんな環境にいても「あなた」でいられる軸を一緒に見つけるお手伝いをいたします。 また、悩みを抱える多くの方が「眠れない」悩みも抱えていることに気づき、睡眠指導者の資格を取得しました。 睡眠習慣についてのお悩みもお伺いいたします。 「こんな悩み、相談してもいいのかな」と思わず、どんな悩みでもご相談ください。 妊活、不妊治療、産前産後うつ、夫婦間コミュニケーション、親子間コミュニケーション、対人コミュニケーション、依存症、... 斉藤 恵一 企業や商品・製品には様々なブランドがありように、これからの時代は個人にもブランドが求められる時代です。 あなたにとって、自分ならではの強みや価値は何ですか?「パーソナルブランド」を築くことを通じて、より活き活きと自分らしく、輝くことができると考えています。 誰もが持つ「可能性」を最大限に引き出すための 「知識」、「技術」、「マインド」を磨き、セルフマネジメントすることで誰もが「なりたい自分」を手に入れ、夢の実現を引き寄せることができるのです。 世間のモノサシに依存するのではなく、自分のモノサシを持ち、セルフイメージを上げて自分の可能性を信じ行動することこそが夢を叶えるために大切なことです。 メンタルトレーニング、コミュニケーションスキル、パーソナルマネジメント、人材育成、対人関係.

次の

寝ている間に鼻血が出る原因と対処法

幼児 鼻血 就寝 中

日本小児科学会専門医。 2002年、慶応義塾大学医学部卒。 神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。 内科・小児科・アレルギー科を担... 転んでしまったときなどに、子供が鼻血を出すことはよくありますが、なかなか止まらないと心配になりますよね。 ときには、「何かの病気では?」と不安になることもあるかと思います。 そこで今回は1・2・3歳の子供の鼻血がよく出る、止まらない原因や対処法、病院に行く目安、予防法などをご紹介します。 1・2・3歳の子供は鼻血がよく出るの? 子供の鼻血は、主に鼻の入り口付近にあり、血管が発達する場所である「キーゼルバッハ部位」という粘膜が傷つくことで起こります。 このキーゼルバッハ部位には、たくさんの血管が集まっています。 そのため、鼻がかゆくて指で鼻の中をいじるなどして、キーゼルバッハ部位を傷つけると出血が起こります。 子供の鼻の粘膜は大人と比べて薄く、血流量が多くて血管が発達しているため、鼻血が出やすい状態です。 特に1・2・3歳の子供は、無意識に鼻の穴を触ったり、少しかゆみがあると鼻をかいたりすることが多いため、鼻血がよく出るのです。 また鼻の穴に指を入れる癖がある子供は、傷ついた粘膜を何度も傷つけてしまうので、鼻血が出やすくなります。 関連記事 子供の鼻血が止まらない、よく出る原因は? 先述のように、子供の鼻血は鼻の中の粘膜を傷つけることが原因で起こります。 子供の鼻の粘膜は大人のものより弱いので、転んだり、ぶつかったりして鼻に衝撃を受けたときだけでなく、鼻を少し強くいじったり、かいたりするだけでも傷ついて鼻血が出てしまいます。 特に1・2・3歳頃の子供は鼻の穴に指を入れていじることが多くなるので、粘膜を何度も傷つけてしまい、鼻血がよく出るのです。 また、子供の体温が高かったり、興奮していたりすると、鼻に流れる血液量が増えます。 すると、鼻血がよく出るようになるだけでなく、鼻血が止まらないということも多くなります。 子供の鼻血がよく出るのはある程度自然なことですが、鼻血が何度も繰り返し出る場合は、次のような原因が考えられます。 アレルギー性鼻炎• 慢性鼻炎• 鼻の入り口の湿疹• 副鼻腔炎による粘膜の炎症• 風邪 これらが原因の場合、鼻の粘膜が通常よりもさらに弱くなっているため、鼻をかんだり少しかいたりするだけでも鼻血が出やすくなりますよ。 関連記事 子供の鼻血が止まらないときの対処法は? 子供の鼻血が止まらないときは、次のような対処をしてあげましょう。 鼻の穴に、小指の太さくらいに固めた脱脂綿やティッシュをゆっくり入れる。 10分ほど、鼻血が出ている方の鼻の根元を外から指で少し強めに押さえる。 血が喉の方へ流れていかないように、顔を少し下向きにして座らせる。 鼻血が止まらない場合は、目と目の間の部分を氷や冷たいタオルなどで冷やすと、鼻の血管が収縮して鼻血が止まりやすくなります。 1・2・3歳の子供の鼻血は、ほとんどの場合これで止まりますが、15分以上経っても鼻血が止まらない場合は、耳鼻科を受診しましょう。 子供の鼻血を対処するときの注意点 出血している部分を心臓よりも高くすると鼻血は止まりやすいので、仰向けで横にならないようにしましょう。 また、顔を上向きにして血が喉に流れてしまうと、子供が咳き込んだり吐いたりしてしまうので、顔は下向きにしてくださいね。 体温が上がると、鼻の粘膜の血管が拡張して鼻血が止まりにくくなってしまいます。 鼻血が出た直後はお風呂には入らず、鼻血がしっかり止まったのを確認してから、入浴するようにしましょう。 子供の鼻血が止まらない、よく出るときは病院に行くべき? 子供の鼻血が止まらなかったり、鼻血がよく出たりすると、ついつい心配になってしまいますよね。 鼻血がキーゼルバッハ部位が傷つくことで起こっている場合は、それほど心配はいりません。 しかし、以下のようなことが起こったときは、体に異変が起きている可能性があるので、早めに耳鼻科を受診してください。 止血処置を行っても、30分以上鼻血が止まらない• 頭を強く打ってから鼻血が出た• 鼻血の量が多い• 1週間に3回以上鼻血が出る• 手足にあざが頻繁にできる• 出血量は少ないが、いつまでもだらだら鼻血が出る• 歯ぐきから出血する 上記のようなことがある場合、鼻の奥から出血していたり、確率は低いですが、血液の病気になっていたりする可能性があります。 白血病や血小板減少性紫斑病、血友病など血液の病気の場合、鼻血が止まりにくかったり、頻繁に鼻血が出たりすることがあります。 鼻血の他にも、貧血などの症状も現れることもあるので、何か異変を感じたときは、他の症状も現れていないか確認してみてくださいね。 関連記事 子供の鼻血を予防する方法は? 先述のように、子供の鼻血は多くの場合、鼻の中をいじることで起こります。 また、鼻の中に指を入れたときに粘膜を傷つけないように、定期的に子供の爪を短く切っておきましょう。 はしゃぎ回って興奮したり、暑い天気のもと外にずっといたりすると体温が上がり鼻の血流量が増えるため、鼻血が出やすくなったり、鼻血が止まらなくなったりします。 子供の顔が赤くなっているときは、鼻の血流量が増加している可能性があるので、涼しいところに連れて行き、休ませてあげてください。

次の