トイレ 壁紙 画像。 トイレの壁紙DIY|おすすめクロスで簡単セルフリフォームする方法

サンゲツ等トイレ等の壁紙画像が多数!シュミレーションも!お洒落に

トイレ 壁紙 画像

クロス(壁紙)でがらりと変わる、お手洗い お手洗いは、大抵のおうちの中で一番狭い空間です。 普段意識することはありませんが、中にいる時、どの部屋よりも壁紙を近くで見ることになります。 だからこそ、クロス(壁紙)を張り替えると一気にイメージを一新することができます。 長年使い続けてきた壁紙を替えると、たとえ同じような色味のものでも大きくリフレッシュできますし、汚れなどないように思っていても実は汚れが蓄積していることもあります。 生活堂では、トイレ工事とクロス(壁紙)の張替えを同時にお任せいただけ、楽ちんで安心。 主要都市に自社拠点を持ちサポート体制も万全に整えております! お好みのトイレと壁紙を組み合わせて、お手洗いをもっと機能的で居心地のよい空間にしませんか? 新型のトイレ本体にリフォームした後の 「床と壁もやっておけばよかった!」にならないために。 「トイレ本体以外は別に気にならないので」「価格を抑えたいのでトイレ本体だけで」というお客様から、やはり床と壁の貼替えも…とご依頼いただくことがよくあります。 古いトイレの跡が残って目立つことがあります。 まず、新型のトイレは床と接する部分がコンパクトな設計になっている場合があります。 トイレ本体がコンパクトなら室内が広く使えるのでとてもご好評なのですが、 古いトイレを交換すると前の便器の型が残ることがあるのです。 すると床に古い便器の跡が残るので、見栄えが悪くなってしまいます。 ニオイや汚れは床・壁にも染み付いています。 次に、 毎日使っていると気づきにくいものですが、床材や壁紙にも、実は汚れやニオイがたまっています。 トイレを新品に変えることで壁紙の黄ばみが気になったり、便器からだと思っていたニオイが実は尿の飛び跳ねを吸い込んだ壁紙だったりということも。 せっかくトイレを新しくするなら、 お手洗い全体も生活堂のお得な工事価格でリフォームを!ぜひご検討ください。 古いクロスを剥がした後は下地の状況を確認します。 後で両端をキレイに始末できるように、数センチほど余裕を持たせて切ります。 壁紙と壁面の間に空気が入ると後々剥がれや浮きの原因になりますので、しっかりと密着するように細心の注意を払います。 イメージと違った• 機能面に納得できなかった• 商品を間違えた• 注文後不要になった• 取付ができなかった• 商品化粧箱の劣化、および発送伝票等が直張りされている•

次の

トイレの壁紙張替えDIYに挑戦した結果*失敗した部分も大公開!

トイレ 壁紙 画像

消臭、抗菌、汚れ防止など、トイレの壁紙は機能面をチェックして選ぶ 日本で一般的に使われている壁紙はビニールクロスです。 ビニールクロスは、丈夫で拭き掃除がしやすく、豊富なデザインが揃っています。 加えて、消臭、調湿、防カビ、抗菌、汚れ防止など、様々な機能を付加した「機能性壁紙」と呼ばれるタイプがあり、部屋の用途に合わせて選ぶことで、更に快適な空間が作れます。 特にトイレは、狭い場所であるにもかかわらず、壁の面積が大きいので、壁紙の選び方によって、快適性はもとより、掃除のしやすさ、居心地も変わります。 トイレリフォームの際には、色柄だけでなく、壁紙の機能によく注目して選ぶようにしましょう。 下の写真は、ビニールクロスの上にフィルムコーティングしたタイプで、汚れや傷に強いのはもちろん、中性洗剤を使って汚れ落としができ、また臭いを寄せ付けないので、壁紙への臭いの吸着を防ぐ機能を持っています。 消臭に特化した壁紙。 悪臭の原因物質を吸着分解する効果を持つ(サンゲツ) トイレは派手過ぎるくらいの壁紙がちょうどいい 壁紙の機能を確認したら、次はデザインを選びましょう。 ここで問題になるのが、機能性壁紙はデザインのバリエーションが少ないこと。 確かに快適にはなるのですが、物足りなさを感じることも。 そこでぜひチャレンジして欲しいのが、機能性壁紙+デザイン壁紙のダブル使いです。 住宅建築では、リビングや寝室のように継続的に時間を過ごす部屋を「居室」と呼んでいます。 居室は長く時間を過ごす場所であり、開いた空間ですので、壁紙も落ち着きがあって目にやさしくて、長く飽きのこないものを選ぶ必要があります。 しかしトイレは居室ではありません。 また閉じられた空間であり、中にいる時間も短時間なので、思い切ったインテリアでも大丈夫。 壁紙のサンプルブックを見ると、こんな派手な壁紙はどこで使うの?というようなものがありますが、そういう壁紙こそトイレで映えます。 ウェッジウッドの壁紙。 上品で高品質なトイレを目指すならブランド壁紙を使うという手も。 壁紙のリフレッシュには、今ある壁紙を剥がさないでリフォームする方法もあります。 例えば、上から消臭、調湿機能を持った機能性タイルを張る方法、水性ペイントで塗装する方法、大理石を張って豪華なおもてなしトイレに変身させる方法もあります。 下記にそれぞれ詳しいリフォーム方法をご紹介していますので、あわせてご覧下さい。 ちなみに便器の交換は、半日程度で完成しますので、思い切って便器ごとリフォームするのもいいでしょう。 トイレ全体がリフレッシュします。 【関連記事】• Copyright c 2017 ,All rights reserved.

次の

トイレにおすすめの壁紙・クロス 色編|RESTA

トイレ 壁紙 画像

【色・柄別】トイレの壁紙クロスの選び方 壁紙には、色と柄の要素があります。 トイレの壁紙クロスに適した色や柄とはどのようなものかご紹介します。 ・基本カラーは落ち着いたシンプルな色 一般的に、家庭のトイレはさほど広い空間ではありません。 扉と天井、三方の壁によって取り囲まれているため、これらの場所には圧迫感を与えない色を選びましょう。 原色よりも、淡い色やパステルカラーを選ぶと失敗が少ないでしょう。 また、濃い色を使いたい場合は、腰壁に取り入れるのがおすすめです。 ・柄物は小さいデザインがベスト 柄物の壁紙クロスを使いたい人は、柄が大きいデザインよりも小さいデザインを選ぶとよいでしょう。 大きな柄に比べ、小さな柄の壁紙クロスはトイレに奥行きを与える効果があります。 ・アクセントクロスは一部分に ビビッドな色や柄を使いたいなら、トイレの壁や扉、天井のどこか1面だけに「アクセントクロス」として取り入れてはいかがでしょうか。 残りの壁をシンプルな壁紙クロスにすれば、遊び心と清潔感のバランスが取れた空間にすることができます。 ・風水を参考に壁紙を変える 間取りやインテリアに風水を取り入れる人もいるかもしれません。 トイレも風水に照らし合わせて空間づくりをしてみるのも方法の一つです。 家の中心から見て、トイレがどの方角にあるかによって、壁紙クロスの色を決めます。 例えば、北にあるなら白やアイボリー、南なら明るい黄色、東は薄い青や緑、西はオフホワイトや柔らかなピンクなどがおすすめです。 【機能別】トイレの壁紙クロスの選び方 トイレは、いつも清潔にしておきたい場所です。 消臭や防カビなどの機能を備えた壁紙クロスを選べば、掃除もグンと楽になります。 ・臭いが気になるなら…「消臭・抗菌機能」 トイレの壁や便器に尿などが付着して残っていると、臭いの元になります。 消臭剤などが壁紙クロスに配合された消臭・抗菌機能のある壁紙は、臭いの原因であるアンモニアや硫化水素を吸収・分解し、臭いを抑えてくれます。 ・お掃除が簡単!「汚れ防止機能」 汚れが浮き出やすい加工や、ラミネートコーティングを表面に施した壁紙は、汚れがついても水拭きで簡単に拭き取れ、掃除が楽になります。 ・湿気がこもりやすいトイレには「防カビ・吸放湿機能」 カビの発生を抑えたり、湿気を吸収・放出したりする機能を持った壁紙クロスもあります。 結露やカビが出やすいトイレにおすすめです。 トイレの壁紙クロスのリフォーム費用相場 トイレの壁紙クロスを張り替えるには、どれくらい費用がかかるのでしょうか。 相場を見てみましょう。 リフォーム会社に依頼する場合 一般的な家庭のトイレである約1帖の広さの場合、壁と天井の壁紙クロスのリフォーム費用は約2万5000円~4万円が相場です。 すべて張り替えるのではなく、1面だけアクセントクロスのように張り替えるなら、約1万円程度が相場と見ておきましょう。 これらの費用には、壁紙クロス代と施工費が含まれています。 なお、機能性壁紙や輸入壁紙は、スタンダードなものよりも壁紙クロス代が5000円ほど割高です。 また、施工日数は半日から1日ですが、古い壁紙をはがすのに苦労しなければ、半日で終わる場合もあります。 DIYする場合 トイレの壁紙クロスの材料費は、機能性の有無によって異なりますが約1000~2000円程度かかります。 1帖のトイレの場合、機能性のない壁紙クロスなら材料費は1万円前後です。 【画像あり】オシャレなトイレの壁紙リフォーム事例20選 ・1:アクセントクロスでシックな雰囲気に 3つの壁のうち、奥に優しい紺色のアクセントクロスを配し、両サイドには白いクロス壁紙を採用しました。 アクセントクロスの効果で空間に奥行きができるとともに、紺色がシックな雰囲気を演出。 壁紙はいずれも「防カビ」「抗菌」「汚れ防止」の機能性壁紙を採用しました。 ・2:アンティークフレンチ系のおしゃれな空間 お客さまに選んでいただいた輸入クロスに張り替え、タオルハンガーやペーパーホルダーもアンティークフレンチのテイストで統一。 時間をかけて何度も打ち合わせを重ね、こだわりの空間に生まれ変わりました。 ・3:木目調の西海岸風なデザイン 3方向の壁には、西海岸風の木目調壁紙クロスを採用。 便座と向かい合う位置の壁だけは、動物柄の楽しい壁紙にして変化を付け、遊び心のあるトイレになりました。 ・4:シックな花柄クロスでエレガントに 絵画やお花が好きな施主さまが選ばれた花柄の壁紙クロスを、1つの壁面に採用。 天井には、紫色のクロス壁紙を配しました。 かわいくてシックな空間に仕上がっています。 ・5:細かい花柄クロスで奥行きと清潔感アップ 奥の壁に、淡い色合いの細かな花柄のアクセントクロスを貼りました。 もとは無機質で冷たい感じだったトイレが明るくなり、清潔感もアップしました。 ・6:ホワイトと水色系の壁紙でエレガントに 入って左手の壁だけ、植物や鳥の柄を絵画風に配したブルー系の壁紙を配し、残りの壁はシンプルな白い壁紙を採用。 ホテルのような、エレガントでインパクトのある内装になりました。 ・7:大胆な花柄のクロスとグリーンの壁紙でシックに 奥さまがセレクトされたフィンランドのファブリックブランド「マリメッコ」の壁紙を奥の壁に張り替え、アクセントに。 残りの壁には、マリメッコの壁紙と合わせて、シックなグリーンの壁紙を採用しました。 ・8:木目調で落ち着いた洗練された空間に 壁紙、床、便座のフタを木目調で統一し、ホテルのトイレのような洗練された雰囲気に仕上がっています。 ・9:明るい雰囲気にしたいならミモザカラー カラフルな色合いが好きな施主さまが選んだ、ミモザカラーのグラフィカルな壁紙に張り替えました。 照明の加減で光に包まれるような、明るい雰囲気に。 ・10:モノトーンで高級感あふれる空間に トイレと壁の一部を白、床と残りの壁、天井を黒という斬新なカラーリングで、高級感のあるトイレに仕上がりました。 ・11:木目調のカントリーテイスト カントリーテイストがお好みの施主さまに、アッシュ系の木目プリントのクロス壁紙をご提案。 施主さまにご用意いただいた洗面ボウルや水栓も取り付け、統一感のある空間が完成しました。 ・12:白いタイル調で広々した空間に 壁には、消臭効果があり、デザイン性にも優れたタイル調壁材「エコカラット」を採用。 すっきり広々とした印象の空間になっています。 ・13:清潔感のあふれるブルーグリーン 白い壁とタイル床だったトイレを、フローリング調のクッションフロアとブルーグリーンの壁紙クロスで一新。 清潔感がアップしました。 ・14:明るいポップな北欧風のアクセントクロスで華やかに 白一色の壁紙から、壁の1つにポップな北欧風のアクセントクロスを採用。 遊び心のある華やかな空間になりました。 ・16:レンガ調のアクセントクロスで洗練された空間に 腰壁までにキッチンパネル、腰壁より上にはクロスを張り替えています。 正面奥のクロスだけ、レンガ調のアクセントクロスを採用し、スタイリッシュな空間に仕上がりました。 ・17:シックな腰壁パネルが高級感たっぷり 防汚効果が高い腰壁パネルは、高級感たっぷりな石調をチョイス。 上部の壁は、抗菌消臭機能のあるクロスを組み合わせました。 ・18:スモーキーピンクでシックな大人かわいい空間に 壁紙はスモーキーピンクを使い、かわいらしくも落ち着いた空間に。 床面を白にすることで、圧迫感がなく明るい雰囲気になりました。 ・19:木目調の腰壁で暖かな落ち着いたモダンな雰囲気に タイル貼りで冷たい雰囲気だったトイレをリフォーム。 木目調の腰壁とクッションフロア床で、温かみのある落ち着いた内装に仕上がりました。 ・20:インパクトのあるデザインクロスで個性的な空間に フランス人アーティスト「ナタリーレテ」の個性的なデザインクロスを壁の1面に張り替え、天井にはビビッドな黄色の壁紙を合わせました。 カウンターやボウル、水栓金具など、奥さまのお気に入りのアイテムも設置し、個性的な空間になっています。 トイレの壁紙のお手入れ方法 せっかくリフォームしたトイレの壁紙、お手入れ方法を正しく知って、長くきれいに保ちたいものです。 掃除方法や注意点をご紹介します。 壁の黄ばみの掃除方法 壁の黄ばみの原因は、主に尿の飛び散りです。 掃除するときには、水200mlにクエン酸小さじ1杯を溶かした「クエン酸水」を作ります。 ぞうきんに染み込ませて絞るか、ボトルスプレーに入れたクエン酸水をぞうきんにスプレーし、ぞうきんでなでるように壁を拭きましょう。 尿以外に、手あかも壁の黄ばみの原因になります。 手あかには、クエン酸水は効果がないため水200mlにセスキ炭酸ソーダを小さじ2分の1溶かした「セスキ炭酸ソーダ水」を作り、同様に壁を拭きましょう。 壁紙掃除の注意点 壁紙を掃除するときには、いくつか注意点があります。 まずは、洗剤を混ぜて使用しないことです。 特に、酸性洗剤と塩素性漂白剤が混ざると、有毒ガスが発生します。 これらの水溶液を使った掃除は、日を分けて行いましょう。 (クエン酸水とセスキ炭酸ソーダ水は混ざっても安全です)。 また、壁紙についた黒カビ掃除には塩素系のカビ取り剤を使わないこと。 クロスや木材を変色させてしまいます。 乳酸系のカビ取り剤を使うか、除菌スプレーなどの消毒用アルコールを吹きかけ、ぞうきんで拭き取ります。 ぞうきんで拭き掃除をするときは、クロスをぞうきんでこすりすぎないこと。 クロスの種類によっては、傷をつけてしまう可能性があります。 トイレの壁紙選びはデザインと機能性もチェック 壁紙の選び方次第で、トイレを個性的な空間にできることがお分かりいただけたのではないでしょうか。 さらに、色やデザインだけでなく、壁紙の機能性もチェックすることで、使い勝手もよい空間にすることができます。 リフォーム会社は、「こんなトイレにしたい」というお客さまのご要望に対して、さまざまなご提案をすることが可能です。 また、壁紙やトイレ全般に関する知識もたくさん持ち合わせています。 いろいろなリフォーム会社の声を聞きながら、お客さまの理想をかたちにしてくれそうな会社をお選びください。 ホームプロには、全国で1,200社のリフォーム会社が加盟しています。 無料で登録していただくと、最初は匿名でのやりとりが可能です。 ぜひご利用いただき、複数の会社の中からお客さまにぴったりのリフォーム会社をお選びください。

次の