グローセンス vape。 グローセンス(glo sens)に害はある?紙巻タバコと徹底比較!

glo sens(グロー・センス)は販売終了しません!オンラインとgloストアのみで販売継続!

グローセンス vape

この記事の目次• デザインは悪くない、だがしかし そうね、デザインは悪くないと思いますよ、むしろ良いと思います。 シンプルでグローっぽさも残っており今流行り?の ポッド型を模した形状ですし、FLモデルも個人的には気に入ってます。 質感や素材から安っぽさは否めませんが、その分軽量コンパクトで握りやすいので最初は良かったんですよ。 でも、今はまったく出番がないんですよねー。 味も悪くない、だがしかし プルーム・シリーズと違って、 リキッドそのものに味が付いているので、味は別に悪くないというのが私の感想。 この辺は人それぞれなので、なんとも言えませんけどね・・・VAPEだと思って吸えばそれなりなわけです。 フレーバーも種類が豊富だし、このあたりは評価すべきポイントです。 ですがダメなんですよー、やっぱり使う気になれないんです。 キックが全然足りない 私の中で使わない理由の第2位がコレ、 キックが足りないってこと。 ニコチンを添加する仕組みはプルーム・シリーズと同じですが、時間をかけて開発に開発を重ねたJTプルームと、サクッと作って?リリースされたBATセンスのポッドではレベルが違うということ? 見た感じはグローのポッドの方がタバコ葉の粒も多いんですけど、ニコチンがちゃんと付着してないんでしょうね。 JTの人に「たばこカプセル」の話を聞いたことがありますが、あの中身ってただ粉砕して細かくしただけでなく、ニコチンや香料などを乗せやすいように加工されてるんですって。 交換のタイミングがわからなすぎる これが一番致命的な欠点ですが、やはり吸っていると いつ「 ネオポッド」を交換すればいいのかわからないんですよね。 以前センスが全国発売される前に、記事の中で「あの欠点は改善されるはずだからまだ買わないほうが良い」と書いたことがありますが、そのまま全国販売に踏み切ったんです。 せめてコレだけでも改善してから販売すれば少しは違ったと思うんですけどね・・・たばこ部分が手元に残るので気になってしょうがないんですよ。 正直これが嫌で全然吸わなくなってしまいました。 グローは低温加熱式を諦めるのか?それとも ハイパーもプロも悪くないですし、何より安売りしてバラまいた旧型グローがシェアを広げてくれているので、高温加熱式カテゴリでは不動の2位と言っても過言ではないと思います。 低温加熱式については、技術面では参入しやすそうに映ったと思いますが、肝心の ネオポッドを改善しないと「吸いごたえ」でプルームに負けるでしょうね。 そこまでして低温加熱式も獲りに行くのか、はたまた高温加熱式に絞って資本を集中させるのか。 いずれにしても、980円まで値下げしてしまったセンスに、本来の3,000円の価値を与えるのは難しいでしょうから、新製品の投入か撤退しかりません。 グローは2020年をどう攻めていくのか、その動向に注目したいと思います。 あとがき 最近我が家で流行っている遊びがトランプの「大富豪」。 嫁と私の大人2人に、中学生の娘と小学生の息子、一番したのチビの5人でやってます。 これが子供たちもなかなか強くて、特にまだ小学校に上がってないチビが強いコト強いコト。 皆さんは自粛中、何して遊んでますか?.

次の

グローセンス(glo sens)に害はある?紙巻タバコと徹底比較!

グローセンス vape

販売店各位 弊社製品 流通終了のお知らせ 拝啓 時下ますますご清祥ののことお慶び申し上げます。 平素は弊社製品に格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。 この度、皆様にご愛顧いただいております弊社製品「glo sens(グロー・センス)専用neo pods」5製品は、全国のたばこ取扱店の各店舗での流通を終了させていただくことになりました。 一部抜粋にはなりますが、この通りの内容です。 これを見ると、『glo sensが無くなる』ように思えてしまいますよね。 SNSでも、グローセンスが無くなるようなニュアンスの書き込みがありました。 gloに問い合わせました。 glo sens(グロー・センス)はまだ無くなりません! 本当になくなってしまうのか?gloに問い合わせてみました。 gloオペレーター返答内容: glo sensは引き続きオンラインストア・gloストアにて販売しております。 しかし、流通は終了しており、全国のたばこ取扱店(コンビニを含む)にはあたらに入荷しません。 在庫が残っていれば購入可能です。 安心しました!販売終了ではなくて、販売チャンネルの規模縮小ということですね。 今までは全国のコンビニを含むたばこ取扱店で購入できましたが、今後は特定のショップ(gloストアとオンラインのみ)でしか購入できなくなります。 無くならないけど… 入手性はかなり悪化します しかし、販売規模はかなり縮小されます。 今までは全国のコンビニ店頭で手に入ったわけですから、リフィルの入手には困らなくなったわけです。 引き続き全国のgloストアでは手に入りますが、気軽に行ける距離にない場合はオンラインを利用するしかありません。 これはディスコン(終売)の前兆なのか?それともリニューアルのためなのか? 値段もほぼタダみたいな設定なので、どれだけ売れていないのか心配になりますね。 ちなみにこの発表は、たばこ販売店向けのもので一般ユーザーにわかるような発表はありません。 もし今後販売終了やその他再度全国展開するようなことがあれば記事にしたいと思います。

次の

【速報】gloブランドの低温加熱式の新商品glo sens(グロー・センス)が新登場!

グローセンス vape

1-2. ニコチンフリー・タールフリー 日本国内で販売されているVAPEのリキッドは、全てニコチンフリー・タールフリーとなっています。 海外製品であればニコチン入りのリキッドも販売されていますが、日本国内ではニコチン入りリキッドの売買・譲渡が禁止されているため、実店舗では購入することができません。 ただし、個人で楽しむ場合に限り、1カ月に120mlまでの個人輸入が認められています。 そのため、ニコチン入りリキッドを試してみたい場合は、ニコチンの濃度に関係なく120mlまでであれば、通販サイトなどでも購入することが可能です。 VAPEで使用するフレーバーリキッドは、基本的に紙巻きタバコと違いニコチンもタールも含まれていないため、通常のタバコから移行することで禁煙・減煙に繋げることができます。 禁煙中は口寂しさや禁断症状が強く表れやすく、飴やガムでは対処しきれないことが多くあるものです。 そんな時にVAPEを使用すれば、フレーバー付きの水蒸気を吸うという疑似的な喫煙ができます。 ただ単純に我慢するだけの禁煙よりも成功度が上がり、満足感も得られるため、ストレスも少なく済むでしょう。 1-3. ベイプと加熱式タバコとの違い VAPEとは「電子タバコ」のことですが、似た名称のものに「加熱式タバコ」と呼ばれるものがあります。 IQOSやglo、PloomTECHなどが有名な加熱式タバコですが、こちらはタバコの葉やタバコカプセルを加熱し、発生した水蒸気を吸引するものです。 そのため、加熱式タバコにはニコチンが含まれており、喫煙に慣れた人に向いています。 対するVAPEのフレーバーリキッドには、基本的にニコチンやタールは含まれていません。 この「ニコチンの有無」が、VAPEと加熱式タバコの大きな違いです。 世間の健康趣向や受動喫煙の問題提起により、ニコチンやタールがもつ健康への影響を考え、従来の紙巻きタバコから加熱式タバコやVAPEへ移行する人も増えているのです。 2-1. ベイプの仕組み VAPEの本体は、大きく分けて「MOD」と呼ばれるバッテリー部分と、「アトマイザー」の2つで構成されています。 更にアトマイザーの内部には、「コイル」と「リキッドタンク」、吸い口である「ドリップチップ」があります。 VAPE本体の電源を入れると、熱せられたコイルによりリキッドが蒸気化し、その蒸気を吸い口から吸って味わう、という仕組みになっているのです。 熱を使うものなので、使い方や頻度によってはコイルや内部のコットンが焦げ付き、フレーバーが変化してしまうことがあります。 内部の清掃やコイルの交換をすることで、焦げ付きによるフレーバーの変化を防ぎ、常にフレッシュな味わいを保たねばなりません。 しかし、パーツの交換や手入れはコツがいるため、慣れていない初心者の方は億劫に感じてしまうことがあります。 そこでオススメとなるのがPOD型のVAPEです。 2-3. ペン型やBOX型との違い ここからは、POD型以外のデバイスであるペン型・BOX型VAPEの特徴についても説明します。 それぞれメリットが異なるため、気になったものをいくつか併用してみても良いでしょう。 2-3-1. ペン型ベイプの特徴 ペン型の特徴は、何といっても小型で軽量なのがポイントです。 その名の通りペンのようなスリムな筒状となっており、カバンや荷物を多く持たない人でも、胸ポケットなどに入れて気軽に持ち運ぶことができます。 バッテリーが内蔵されているため、他の2種に比べてバッテリーの容量が小さく吸い心地もやや軽め。 しかし比較的低価格なデバイスが多く、操作も簡単なタイプなので、まずは手軽に試してみたいという初心者の方にオススメです。 小柄なものが多いので、使うシーンやシチュエーションに限らず、男女ともに使いやすいタイプとなります。 目立たずスマートに楽しみたい、という人にぴったりでしょう。 2-3-2. BOX型ベイプの特徴 BOX型はその名の通り、大きな本体でリキッドを多量に注入できるのが特徴です。 出力数や温度の高さなど細かな調整が可能なため、水蒸気の量を多くすることもでき、VAPEに慣れた人やいわゆる「爆煙」を楽しみたい人にオススメです。 バッテリーの容量も大きいので、出先でも充電を気にすることなく楽しむことができます。 反面、本体が大きい分、重さもあり主張もやや強いので、使用するシーンもやや限られてしまいがちです。 しかしパーツの交換やカスタマイズが可能なため、コイルやパーツにもこだわりたい、自分好みのデバイスを使いたいといった人にはぴったりのタイプです。 2-3-3. いいとこどりのPOD型ベイプ ペン型とBOX型のメリットを上手に組み込んだのが、世界でも人気が高いPOD型のタイプ。 ペン型に比べるとバッテリー容量も大きく、水蒸気も多いので吸いごたえがあります。 大きさもペン型とBOX型の中間ほどなので、取り扱いや操作も簡単に使えて邪魔になりません。 POD型は他のタイプに比べ、面倒で難しい手入れやメンテナンスが不要で、PODと呼ばれる部分を付け替えるだけの1ステップで完了。 VAPE初心者の方はもちろん、VAPEに慣れている方のサブデバイスとしても、幅広い層にオススメです。 3-1. POD型ベイプのメリット POD型はペン型とBOX型の良い所が取り入れられており、使用する際のメリットも多くあります。 そこで、まずはPOD型VAPEがもつメリットを3つ紹介します。 3-1-1. メリットその1・コンパクトで持ち運びやすい POD型VAPEは、本体がコンパクトで軽量タイプとなっているため、気軽に持ち運びしやすいのがメリットです。 例えば、POD型VAPEの代表的な商品であるSTLTH(ステルス)は、サイズが19. 5mmとなっており、POD装着時の重さは23gしかありません。 一般的なタバコの箱の高さは約88mm、重さは20g強ほど。 STLTHはタバコの箱と同程度のサイズであるスマートさ、そして軽さもタバコ1箱分ほどというコンパクトさを実現しているのです。 デバイスの形もシンプルなスティック型となっているので、持ち運びにも邪魔になりません。 vape studioでは、海外でも爆発的な人気を得ているの販売を開始しています。 JUULのPODはリキッド充填式のものを採用し、既にお持ちの好きなリキッドでJUULを楽しむことが可能になりました。 3-1-2. メリットその2・メンテナンス不要 ペン型やBOX型のVAPEでは、リキッドの補充や内部の清掃、コイルの交換など、どうしても定期的なメンテナンスをするという手間がかかります。 一方POD型のVAPEは、使い捨てのPODにコイルやリキッドが一体化しているので、リキッドが無くなればそのまま交換して捨てるだけで良いのです。 デバイスによってはリキッドを補充するタイプのものもあり、その場合は自分の好きなフレーバーリキッドを使用できます。 コイル交換やコットンの焦げ付きなどを心配しなくても良いというのは、VAPEを使ううえでは大きなメリットです。 3-1-3. メリットその3・充実した吸いごたえ POD型のVAPEには、大量の水蒸気を発生させることができる「爆煙型」と呼ばれるタイプの商品もあります。 水蒸気の量が多く濃い味わいが楽しめるため、充実した吸いごたえを感じられるのも、POD型VAPEを利用する重要なメリットです。 また、通常のフレーバーリキッドにはニコチンが入っていないので、喉への刺激である「キック」を感じることができません。 そのため、従来の紙巻きタバコを吸ってきた方には少し物足りないと感じることも多くあります。 そんなときは強めのを使用することで、メンソールの爽快さが喉への刺激となり、紙巻きタバコのようなしっかりとしたストローキックを味わうことが可能です。 3-2. POD型ベイプのデメリット 豊富な魅力をもつPOD型VAPEにも、人によってはデメリットと感じられる点があります。 ここからは、POD型VAPEのデメリットともなりうるポイント2点を、その対策とともに詳しく解説します。 3-2-1. デメリットその1・バッテリー容量が小さい POD型のVAPEは本体がコンパクトで軽量となっているため、バッテリー自体のサイズも小さくなってしまって、バッテリー容量も少なくなるのがデメリット。 とはいえ、1回の満充電で1日使用できるものがほとんどですし、スマートフォンなどにも使える持ち歩き式のUSB充電器などを用意しておけば、もしも外出先で充電が切れてしまってもさほど困ることはありません。 また、こうしたデメリットを解消するべく、バッテリー容量を大きく改善したBOXタイプのPOD型デバイスもあります。 人気のある代表的な商品が以下の2商品です。 お好みのリキッドを充填して使えるのも魅力です。 3-2-2. デメリットその2・リキッドのカスタマイズができない VAPEの楽しみ方の1つに、リキッドのカスタマイズができるという点があります。 フレーバーリキッドを数種類混ぜることで、自分好みのフレーバーを編み出し、オリジナルの味わいを楽しむ方法です。 しかし、mybluやSTLTHなど、ほとんどのPOD型VAPEはリキッドとコイルなどが一体化となった使い捨てタイプです。 リキッドの補充・注入ができなければ、リキッドを混ぜることができないのでオリジナルのフレーバーを試すこともできません。 そのかわり、掃除やメンテナンスがいらない使い捨てという手軽さは大きな魅力ですし、専用のフレーバーも幅広い種類が展開されています。 その中から自分の好きなフレーバーを探し、お気に入りの1つを見つけ出すことも、POD型VAPEを楽しむポイントとなります。 また、上記でも紹介した「ZELTU」や「Orchid」は、POD型VAPEの中でもさらに進化した、フレーバーリキッドを補充できるPODタイプのVAPEです。 使い捨てのメリットはそのままに、自分好みのフレーバーリキッドを使用したい、という方はこちらを試してみるのもオススメです。 STLTHはシンプルな楕円形の筒形で、本体は手に馴染みやすいマット素材となっています。 スタイリッシュなロゴのみで派手な柄もなく、使用する人を選ばないシックな印象がポイントです。 本体の色はブラック・グレー・ネイビー・ピンクと、落ち着いた4色で展開されています。 派手なものはちょっと恥ずかしい、という人にもオススメのデザインです。 5-1-2. 厳選された4種類のフレーバー STLTHで使用されているリキッドは、アメリカの人気ブランドである「Naked100」というメーカーが手掛けています。 タバコ系であるBLACK DIAMOND、クリアなメンソールが魅力のARCTIC BLIZZARD、トロピカルフルーツMIXのHAWAIIAN POG、フルーツMIXにメンソールで爽やかな後味を重ねたBRAIN FREEZEなど、個性豊かな4種類のフレーバーが展開されています。 デザートのような甘いフレーバーが苦手な方も、爽快感のあるメンソールや渋みをもつタバコ系のフレーバーであれば、シチュエーションを選ばずに楽しむことが可能です。 STLTH(ステルス)専用フレーバーポッドは全4種 mybluの満充電に必要な時間は、何とたったの20分。 1つのPODにつき300回ほど吸引でき、1度の充電で1日中楽しめるので、忙しい毎日でもスムーズに使用することができます。 本体は滑らかな流線型になっており、手の中に納まりやすく気持ちの良いデザインです。 吸うたびにスイッチを押さなくても、吸うだけで蒸気が発生する「オートパフ機能」が採用されています。 5-2-2. バリエーション豊かな10種類のフレーバー mybluのフレーバーポッドは、使いやすく人気も高いメンソール系から、チェリークラッシュやマンゴーアプリコットなどのフレッシュなフルーツ系、タバコ風味にバニラを重ねたタバコ系など、バリエーション豊かなフレーバーが10種類展開されています。 スターターキットに付属してくるフレーバーはほぼメンソールなので、好みに合わないフレーバーがついてくる心配もありません。 さらにvape studioの実店舗は全てmybluの正規販売店舗なので、店頭で実物を無料で試し吸いしたうえで、しっかりと好みを比較・検討してから購入することができます。 5-2-3. 爆煙が楽しめる mybluは、「爆煙」という大量の水蒸気を吸引する楽しみ方が可能なVAPEです。 少ない水蒸気では物足りなく感じる場合が多くありますが、爆煙タイプなら大量の水蒸気を吐き出すことができ、視覚的にもフレーバーの味わいにも、高い満足度を得ることができます。 6-3. ベイプ専門店『VAPE STUDIO』 VAPEをいざ始めようと思っても、情報や経験が足りず、まず何を選べば良いのか迷ってしまいがちです。 初めてのVAPEであれば、プロのスタッフに相談できるVAPE専門店、特に電子タバコ専門店「VAPE STUDIO」での購入がオススメです。 VAPEに詳しいスタッフに相談をすることで、本当に自分に合ったVAPEを納得いくまで、じっくりと比較しながら選ぶことができます。 VAPE STUDIOでは、電子タバコの中でも高品質な商品のみを取り扱っており、約250種類以上のリキッド、約50種類以上のデバイスといった豊富なラインナップが揃えられています。 何といっても嬉しいポイントとして、実際にVAPE STUDIOの店舗に来店すれば、店内の全ての商品を無料で試すことが可能。 実際に使ってみたらイメージと違っていた、というリスクを避けることができるのは大きな魅力です。 電話での無料問い合わせ、メンテナンス・修理対応といったアフターフォローも万全なので、VAPEに慣れていない初心者でも安心して挑戦することができます。 実店舗は都内に12店舗、神奈川と埼玉に各1店舗ずつ展開され、そのほとんどが便利な駅近にあります。 また、営業時間も遅めの時間まで営業しているので、お仕事帰りやお出かけのついでに覗いてみてはいかがでしょうか。 POD型ベイプをはじめよう! POD型VAPEは、使い終わったPODを交換するだけの手軽さが魅力です。 難しい部品の交換や定期的な手入れも必要なく、慣れていない人でも手軽に楽しむことができるので、VAPEが初めてという人にぴったりなデバイスです。 まずは、無料で全商品のサンプルが試せるVAPE STUDIOの店舗へ足を運び、スタッフと話をするところから始めてみましょう。

次の