ダメージケア。 ボタニスト ダメージケアシャンプーの成分解析&口コミ!元美容師が解説|美髪メイキング

【ボタニストダメージケアシャンプーを成分解析】美容師評価と口コミ紹介

ダメージケア

きめ細かくもっちりとした泡立ちのノンシリコンシャンプーはきしみ感がなく、シルクを思わせる、しなやかな洗い上がりで優雅なシャンプータイムを演出します。 コンディショナーは、乳液にとろけるようなテクスチャーで、毛先までつるんとまとまります。 しなやかで柔らかい仕上がりの髪は、思わず触れたくなってしまうほど。 天使の輪をイメージさせる使い心地です。 上手なやり方・選び方をご紹介します。 頭皮からしっかりブラッシングすることで、汚れが浮きやすくなり、洗い落としやすくなります。 指の腹で頭皮を揉みほぐしてマッサージするように洗いましょう。 また、頭皮をしっかり濡らすことで、シャンプーがより泡立ちやすくなります。 ゴシゴシと強くこすらないように気をつけましょう。 また髪の生え際や耳の後ろなどの流し忘れにも注意してください。 1-2.シャンプーの選び方 シャンプーは様々な種類がありますが、毎日使うものなので、使い心地が良いかを重視することをおすすめします。 その一つの指標として、泡立ちの良さは大切なポイントです。 シャンプーの泡立ちは、汚れの落ち方にあまり関係がないと言われていますが、泡立ちが良いと頭皮のすみずみまで洗いやすくなりますし、気持ちよく洗うことができます。 また、自分の好きな香りで選ぶのも良いでしょう。 シャンプーの香りは髪に残りやすいので、好きな香りが髪からふんわりと感じられると嬉しいですね。 【肌らぶ編集部おすすめシャンプー】 髪や頭皮をすっきりと洗い上げて清浄にする、香り付きのシャンプーをご紹介します。 ふっくらリッチな泡で包みこむように頭皮と髪をマイルドに洗い上げます。 洗い上がりのスッキリ感も魅力。 ボタニカル原料にもこだわっていて、合成香料は使わず、オレンジ果皮やハッカ葉の天然精油をブレンド。 柑橘系のナチュラルな香りが爽やかなバスタイムを演出してくれます。 ハリ・ツヤのある髪の毛を育む土台となる頭皮を、植物の恵みを取り入れながらすこやかに洗い上げたい方に。 軽くタオルドライをするのもおすすめです。 トリートメントの油分をはじかないようにするためです。 各商品の用量を守りましょう。 集中ケアをしたい方は、トリートメントを髪につけた後、蒸しタオルやシャワーキャップをかぶり、5~10分ほどおくのがおすすめです。 そのまま湯船につかっても良いです。 シャンプー同様、髪の生え際や耳の後ろなどのすすぎ残しがないようにしっかり洗い流しましょう。 2-2.トリートメントの選び方 トリートメントは、基本的にはシャンプーと同じシリーズを選ぶことをおすすめします。 商品を開発する際に、シャンプーとトリートメントをセットで使うことを前提に考えられているためです。 シリーズにトリートメントがない場合や、同じシリーズ内に複数の商品がある場合は、頭皮や毛髪の状態によって、好みのタイプを選びましょう。 髪のパサつきが気になる方は、トリートメントにプラスしてスペシャルケアとしてヘアマスク(またはヘアパック)を使用するのもおすすめです。 【肌らぶ編集部おすすめのヘアマスク】 髪にうるおいを与え、しなやかにするヘアマスクをご紹介します。 シリコン・パラベン・鉱物油・合成香料・合成着色料不使用。 濃厚でコクのあるクリームが、髪の1本1本にぴったりと密着してうるおいを与えます。 週2~3回のスペシャルケアアイテムとしての使用が、おすすめです。 自然由来のラベンダー&オレンジの香りがバスルームにふんわりと広がり、心地よいバスタイムを演出。 パサつきやダメージが気になる髪を補修し、ハリ・コシのあるなめらかな髪へ導きます。 ただ、ドライヤーの熱も当てすぎると髪の乾燥の原因になることがあるので、上手にドライヤーを使用しましょう。 ゴシゴシこするとキューティクルが剥がれることがあるので、タオルで包み込むように拭き取るのがポイントです。 ドライヤーは20センチ以上離して、1か所に集中しすぎないように小刻みに動かしながらあてましょう。 ドライヤーは頭の上からかけて、髪にドライヤーの風が斜め上からあたるようにすると、髪が広がりにくくなります。 冷風を当てると髪のキューティクルがキュッと引き締まるため、ツヤが出るといわれています。 また、キューティクルを引き締めると髪の水分や栄養が逃げにくくなるので、すこやかでうるおった髪の維持も期待できます。 それぞれ特性は異なりますが、共通して下記3つの役割があると言われています。 ・うるおいを行き渡らせる 根元から毛先に向けてブラッシングすることで、髪全体に皮脂を行きわたらせます。 ブラッシングすることでつややかでうるおいのある髪にすることが期待できます。 ・マッサージ 頭皮を刺激することで血行がよくなり、頭皮や髪に栄養が届きやすくなると言われています。 ・頭皮クレンジング シャンプー前のブラッシングは、ホコリやフケなどの汚れが浮きやすくなるため、より洗い落としやすくします。 4-2.おすすめブラシ 肌らぶ編集部おすすめの、女性の手にもフィットしやすいサイズで、毎日のヘアケアに使いやすいブラシをご紹介します。 硬さがあり、適度な油分と水分を含む猪毛とナイロン毛を混ぜているため、髪のクシ通りが良いのが特長。 髪をしっとりと整えたい方におすすめです。 ブラシの植毛部にはクッションパッドを採用。 適度なタッチで心地よく頭皮をマッサージできます。 一生モノのブラシが欲しいという方におすすめの一品です。 (使用目安量は商品によって異なります。 使用前に確認しましょう。 ) 毛先を中心に、手ぐしでとかすように軽くつけます。 つけすぎに注意し、まずは少量から試してみてください。 5-2.オイルを使った頭皮ケアの方法 頭皮の乾燥が気になる方におすすめです。 週1回を目安に行うと良いでしょう。 そのまま入浴しても良いですね。 コンディショナー、トリートメントを使用する場合は十分にすすいでください。 5-3.おすすめオイル 髪だけでなく、顔やボディの保湿としても使うことのできるオイルをご紹介します。 アルガンオイルをベースに、オリーブ油・イランイラン花油を保湿成分として配合。 スポイトタイプで使い勝手が良く、べたつきの気になりにくいさらりとしたテクスチャーです。 パサついた髪や、乾燥が気になる頭皮や肌にうるおいを与えます。 髪や頭皮、肌など本来の美しさをサポートしてくれるような自然由来のオイルです。 6.最後に いかがでしたでしょうか? 当たり前のようなことも多かったかと思いますが、すこやかな髪を保つためには日々の積み重ねがとても大切です。 上手なやり方と自分に合ったアイテムを見つけて、ぜひ楽しみながらヘアケアをしてみてくださいね。

次の

バオバリッチ ダメージケア シャンプー

ダメージケア

っというのもいくら、他の人が「このシャンプー良いっ!」っと言っていようが成分的にあなたの髪質にあっているとは限らないからです。 っというのもシャンプーの成分の殆どは水と洗浄成分。 つまり!いくら植物性保湿成分やら何やら配合されようと、洗浄成分が強すぎたら一撃で髪がパサツキまくり可能性があるってわけですね。 で、洗浄成分で最も配合量が多い成分がこの『ココイルメチルタウリンNa』という成分。 ヘアケア系サロンシャンプーのメインにも配合されるくらい、刺激性&洗浄力がマイルドな成分でまさにダメージ毛や乾燥毛向けの成分なんです。 まさかドラッグストアに販売されるような、市販シャンプーでこの成分がメインに配合されるとは・・・ 2、ラウロイルメチルアラニンNa 2番目に配合される成分がこのラウロイルメチルアラニンNaというアミノ酸系成分。 こちらもダメージ毛や乾燥毛向きで、洗浄力は刺激性は低く上質な成分です。 アミノ酸系の中ではやや洗浄力がある方なので、サラサラ系の質感に仕上げたい人向きの洗浄成分ですね。 3、コカミドプロピルベタイン 99%のシャンプーに配合されているのがコレ。 ベビーシャンプーの基材にもなるほど刺激性や洗浄力がマイルド。 特に珍しい成分ってわけでもないんですが、無難に良成分。 総合的に見ると、全部の成分がホントーにマイルドっ! その辺のドラッグストアで売られているシャンプーなんかより、この時点で1次元、2次元くらいクオリティ高いです。 笑 その他の成分解析 洗浄成分のクオリティからして上質!なんですが、その他の成分も豪華なんです。 笑 ボタニストってかなり種類があるんですが、他のボタニストよりもぶっちぎりでダメージケアが優れているっ!っと思います。 本気で。 特に私がコレはッ!っと思った成分をピックアップして紹介していきますね。 ダメージを補修する能力が高いだけでなく、カラーの色持ちをアップする効果も期待出来る成分なんです。 ゼイン液はカラーリングした毛髪に処理することにより、【 色持ちをよくさせ 】、染毛直後の状態を長時間保存することが期待されます。 『セテアラミドエチルジエトニウム加水分解コメタンパク』という毛髪の表面を補修する成分。 更に更に!『ホホバ種子油』やら『アルガニアスピノサ核油』なんかの保湿力が高い、アウトバストリートメントに配合されるような成分も+されています。 むしろ、このクオリティのシャンプーをこの価格で売ってしまって大丈夫なの?っと心配になるレベル。 【使用後レビュー】使って分かった!5つの本音 開封レビュー ぶっちゃけ、メチャクチャ良シャンプーなので何度も使った事あるのですが、久々に再使用レビュー。 パッケージはいつものボタニスト。 シンプルだけど、最近はこの手のパッケージ増えたので、シャレオツ感はないかなぁ。 シャンプー液の粘度はやや柔からめだけど、垂れるほどではない。 本音1、泡立ちはどうなの? まずは泡立ち感。 洗浄成分が優しいので泡立ちは悪いか?っと思われそうですが、これがかなり良い。 結構、モクモクと泡立ってくれるので、気持ちよく洗えます。 たまーに優しいシャンプーでもぜんっっぜん泡立たねぇ!っというものもありますが、問題なく泡立ちます。 ただ、泡質に関してはそこまでキメ細かいわけじゃなく、もっちり泡とまではいきませんね。 本音2、シャンプー後の使用感は? 肝心なのがシャンプー後の使用感。 なのですが、、、成分がマイルドなので当然といえば当然ですが、引っ掛かりやキシミ、ゴワつきはまっっったく無しっ! カラーやパーマを繰り返してるのでミドルダメージくらいはあるんですが、シャンプー直後でもふっつーに手ぐしは通ります。 同じ市販シャンプーでも『ラウレス硫酸』や『オレフィンスルホン酸』がメインに配合されているようなシャンプーだっと指が通らねぇ!ってほどゴワつくんですが、コレは何も問題無し。 ただ、シリコンが配合されていないので、もしあなたがシリコンのツルっとした感触に慣れていると、「こんなもん?」っと思うかもしれません 汗 シャンプーだけでツルッツルになるのってシリコンで誤魔化しているだけな場合が殆どなんですけどね・・・ 本音3、香りはどうなの? 香りはフルーティな香りで個人的にはかなり好み。 アロマ系の本格的な香りのシャンプーよりは劣りますが、安っぽい香りでもなく無難に良い香りかなぁ。 ほんのちょっとですが香りは強めのですが、整髪料と香りが混ざらないのもGOOD! 本音4、お試し用が100円くらいで購入できる ドラッグストアなんかで100のお試し1回パウチを購入することができます。 「いきなりボトルを買うのはなぁ・・・」っという人は付近のドラッグストアを徘徊してみるのもアリ。 結構、置いているお店が多い印象なので、すぐに見つかると思いますよ~。 本音5、トリートメントの使用感は? ついでにトリートメントも使用レビュー! かなり柔らかめな質感のトリートメント液ですね。 香りは何かベリー系が強めで良い香りです。 ただ、ベリーが強めなので昔噛んだガムの香りに似ているように感じます。 笑 まあ悪い香りじゃないですけど。 もちろん、成分もチェック! ベース成分はジメチコンというシリコン系の成分で、ベヘントリモニウムクロリドという毛髪柔軟成分を配合。 ここまではその辺の市販トリートメント変わりないです。 っというかこの部分は差別化できないんですけどね・・・ ただ、その他の補修成分はシャンプーと同じ成分がほぼ配合され、市販トリートメントとしてはやはり優秀。 コレでもかっ!ってくらい優秀。 で、実際に使った感想としては、結構軽めな質感に仕上がる印象。 しっとり系というよりもサラッと感重視な感じですね。 とにかくしっとり感重視!っという人にはやや物足りないかもですが、パサツキが気になるぅ~っという人であれば満足度は高いんじゃないかと。 【結論】市販シャンプーで迷ったらとりあえずコレ! もし、あなたができれば市販のシャンプーの中で良いシャンプーないかなぁ?っと探し彷徨っているならコレ使っておけぇぇ!っとお伝えさせていただきたいです。 笑 私自身、300種以上のシャンプーは使ってきてますが、正直言って変なサロンシャンプーよりコッチの方がクオリティ高いです。 ホントに。 サロンシャンプーってブランド料が上乗せされているので、成分と価格が見合っていない物も多いんですが、コレは1000円台とは思えないほど成分が豪華。 更に大体どこのドラッグストアでも入手できるという、手軽さに置いてもかなり優秀です。 あなたがパサツキや乾燥毛が気になる!っというなら、ボタニストダメージケアはぜっったい検討するべきシャンプーの1つだと思います。 あと市販シャンプーってネットで買うと、送料がかかったり値段が異様に高い事が多いんですがボタニストは結構割引クーポン配っているし、なにより送料無料なんですよね。

次の

髪のダメージケアにはPPT系シャンプーが最もおすすめな理由

ダメージケア

ブリーチで髪の毛が痛む理由 髪の色を脱色させて、希望のカラーを実現してくれるブリーチは人気のある手法です。 しかし、ブリーチをすることで髪が傷むという話を聞いたことがある人も多いはず。 実際にブリーチをして、髪にダメージ感じたことがある人も多いのではないでしょうか。 どうしてブリーチをすると髪が傷むのでしょう。 ブリーチは、簡単に言えば髪を薬剤によって脱色する手法です。 もともとある髪の色は、メラニン色素によってつくられています。 たんぱく質や栄養を確保するために、髪の毛を保護するキューティクルをこじ開け、中まで薬剤を浸透させて無理やり脱色をすることになります。 そのため、キューティクルが傷みはがれてしまったり、髪の内部にまで薬剤が染みこんで大切な栄養素を分解してしまいます。 ブリーチをすると、髪の毛を守るキューティクルにも、内部にも大きな影響を与えることになるので傷んでしまいます。 トリートメントでブリーチのダメージをケア ブリーチをして傷んだ髪はどうすればケアできるのでしょうか。 実は、傷んだ髪を元通りに戻す修復はできません。 一度ダメージを受けた髪は直すことができず、新しく伸びてきてからカットするしかないと言われています。 しかし、ダメージによる影響を和らげ、カバーする補修は可能です。 そこで、 傷んだ髪を補修するときに使われるのがトリートメント。 具体的な役割を見てみましょう。 トリートメントの役割はダメージの補修 脱色をした後は栄養がなくなり、髪を保護するバリア機能も落ちている状態と言えます。 そこで、 内部まで栄養を与え、表面を守ることができればダメージを補修できます。 つまり、トリートメントの役割は内側と外側の両方から必要な補修をすることです。 サロンケア サロンで期待できるお手入れにはどのようなものがあるでしょうか。 基本的に悪い影響を与えないブリーチはありません。 しかし、少しでもダメージを抑えるブリーチの手法はあるので、サロンでよく相談しましょう。 ケアブリーチやアールブリーチと呼ばれるブリーチは、薬剤にダメージを抑える成分を配合して行います。 まずは ブリーチによって起きるダメージを最小限に食い止めるケアをお願いしましょう。 また、ブリーチ後の髪の状態を整えるトリートメントメニューも欠かさず行うことが大切です。 ホームケア 次に 自宅でできるホームケアを紹介します。 ブリーチした後の髪は、一般的なシャンプーを使わないようにします。 バリア機能が低下した髪には、シャンプーの刺激が禁物。 ブリーチ用のシャンプーや、アミノ酸系の低刺激のシャンプーを使うようにしましょう。 さらに栄養を与え、しっかり保護してダメージの補修に努めます。 自宅でこまめなお手入れをすることで、きれいな状態を保つことができるでしょう。 トリートメントで色落ちする? ブリーチをしてヘアカラーをすると、きれいなカラーリングが楽しめます。 しかし、せっかく入れた色がすぐに色落ちしてしまったという話も少なくありません。 髪のダメージを抑えるためにしていたトリートメントが色落ちの原因になっていしまうことも。 髪の色落ちの原因の一つは長時間濡れたまま放置することです。 髪が濡れた状態になると、薬剤が漏れやすく色が流れてしまいます。 中には内部まで栄養を浸透させるため濡れた状態で放置するタイプのものが少なくありません。 髪にしっかり色が定着していない時期に、このような処置を行うと髪が濡れている時間に色がすっかり流れ落ちてしまいます。 トリートメントによる色落ちが心配な人はアウトバストリートメントを使うようにしましょう。 ブリーチのダメージをケアするトリートメントの選び方 自宅でケアをしたい人におすすめの製品の選び方を紹介します。 これらのポイントを押さえて製品を選べば、効率良く影響をカバーできる製品が選べるでしょう。 ノンシリコンタイプを選ぶ• 植物由来の成分が入っている• キューティクル補修成分が入っている• アルカリ除去成分は入っている• シリコンが入っている製品は髪を保護する力がありますが、洗い流しにくく、かえって髪のダメージを大きくしてしまう可能性が高まります。 また、薬剤が髪の内部にとどまりやすくなり、栄養が中まで浸透しにくくなります。 髪の内部は傷ついているのに表面だけはサラサラの状態が続き、悪い影響に気づかないこともしばしば。 ノンシリコンタイプのトリートメントは、良いお手入れには向きません。 植物由来成分は、髪にも頭皮にもやさしく刺激が少なくなります。 そのうえ、保湿力が高く自然に栄養や油分を補うことができるため、取りいれたい成分です。 内部に栄養を届け、しっかり保湿して乾燥を防いでくれる植物由来成分が配合されている製品を選びましょう。 しかし、そのダメージを補修してくれる成分が入っているとダメージの広がりを抑えることができるでしょう。 キューティクルを閉じて、乾燥や栄養分の流出を防いでくれるトリートメントはブリーチ後の髪にぴったり。 代表的な成分はガンマドコサラクトン・ペリセアです。 髪の状態を弱酸性に引き戻し、良い状態に導いてくれるでしょう。 クエン酸やヘマチンなどが配合されているトリートメントがおすすめです。 乾燥を防ぐためのバリア機能も低下し、乾燥によるダメージが、さらに髪の毛を傷つけてしまうでしょう。 ブリーチした後の髪がカラカラになってしまったと感じる人も少なくありません。 そこで、 しっかり髪を保湿してくれる製品を選ぶようにします。 保湿成分が配合され保湿に力を入れた製品を選びます。 ブリーチのダメージをケアするトリートメントの使い方 より効率よくお手入れができる使い方を紹介します。 ちょっとしたことに注意するだけで、ダメージ補修の力もアップします。 毛先にしっかりつける• 洗い残しがないように気を付ける• 毛先が傷んでぱさぱさしてしまった経験を持っている人も多いはず。 そこで、トリートメントをつけるときは、 まず毛先からつけていきましょう。 しっかり毛先につけてよりよいケアをします。 洗い残しはかえって髪のダメージになってしまいます。 また、色落ちの心配がない人はラップや蒸しタオルで5~10分ほど髪を包み、トリートメント成分が内部まで浸透するようなパックを実践するのもおすすめ。 放置している間に髪の内部まで成分がいきわたり、内部のダメージ補修をしてくれるでしょう。 使っている製品の頻度をよく確認します。 おすすめはデイリーケアができるトリートメントを使うこと。 アウトバスタイプも利用し、朝晩のケアを心掛けるとよいでしょう。 こまめなトリートメントケアで髪を保護し、バリア機能が低下した髪がこれ以上傷つかないようにすることも大切です。

次の