モー 娘 逮捕 者。 スモーキー永田

元モー娘の吉沢ひとみ飲酒運転ひき逃げで逮捕

モー 娘 逮捕 者

酒気帯び運転とひき逃げにより逮捕され、9月26日に東京地検から起訴されていた元モーニング娘。 の吉澤ひとみ被告が27日、勾留先の東京・原宿警察署から保釈された。 この保釈に伴って警視庁では、運転免許の効力を停止する「免停」の仮処分を執行するという。 しかし酒気帯び運転は一発で免許取り消しというのが常識。 吉澤被告は呼気から0. 58ミリグラムのアルコールが検出されており、最低でも25点の減点、欠格期間2年となるはずだ。 それなのになぜ、わざわざ免停処分を行うのか。 交通事情に詳しい自動車ライターが指摘する。 「意外かもしれませんが、交通事故で逮捕された場合であっても、正式な行政処分が下るまで手元の運転免許証は有効です。 具体的には『停止処分書』または『取消処分書』が交付されるまでは有効ということになります。 ただ、死傷事故の場合は危険な運転者を道路交通の場から排除するために、警察署長の判断で『仮停止処分通知書』を交付し、即座に免許停止にすることができます」 吉澤被告の場合は逮捕後、すぐに勾留されたために、そもそも車を運転することは不可能だったが、理屈のうえでは保釈当日までの間は、運転することは認められていたことになる。 それでは今後、免許取消に際してどのような手続きを踏むのだろうか。 「免許取消に該当する運転者には『聴取通知書』が届くので、必要事項を記載して返送。 その後に警察署か運転免許センターにて意見聴取が行われ、この場には弁護士を同席させることも可能です。 そこで処分内容が決定し、正式に免許が取消に。 欠格処分の日数カウントはこの日に始まります。 なお、吉澤は保釈されたので、自分で聴取会に出向くことになりますが、もし悪質な死亡事故などで保釈されない場合には、勾留中の警察署や拘置所から直接、運転免許センターに護送されることもあるようです」(前出・自動車ライター) この聴取会はやむを得ない理由がない限り、自分の都合で日時を変えることはできない。 そのため吉澤被告は今後、その姿を待ち受けているマスコミの前に再度、姿を現す必要に迫られるようだ。 (白根麻子).

次の

モーニング娘。’20:プロフィール|ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト

モー 娘 逮捕 者

まさに言葉もない。 元モーニング娘。 のタレント、吉澤ひとみ容疑者(33)が6日、飲酒運転の上、ひき逃げ事件を起こして逮捕された。 かつての国民的アイドルが手錠をかけられた姿は衝撃的。 いったい何があったのか。 飲酒運転、信号無視、ひき逃げでは芸能界追放は避けられないとの見方が広がっている。 自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ、酒気帯び運転)の疑いで警視庁中野署に逮捕された。 6日夜、移送のため中野署からノースリーブ姿で現れた吉澤容疑者は憔悴しきった表情で、終始うつむいたままだった。 6日は午前9時半から都内で行われるイベント会場に向かう途中とみられ、東京・東中野の山手通りで酒気帯び状態で赤信号を無視して横断歩道に進入。 自転車で横断中の20代女性をはねながら、そのまま逃走。 2人がけがを負った。 はねた後もブレーキをかけなかったという目撃情報もある。 15分後、現場に戻ってきたところを逮捕されたが、呼気からは基準値0・15ミリグラムの約4倍のアルコールが検出されたというから驚きだ。 2000年にモー娘。 に加入し、07年に卒業後はタレントとして活動。 15年に9歳年上のIT会社経営者と結婚し、16年3月には第1子を出産した。 07年には自転車に乗っていた16歳の弟が乗用車にはねられて死亡。 交通安全大使などを務めて安全運転をアピールしていたが、昨年9月には板橋区で乗用車を運転中、ワゴン車と衝突する事故を起こした。

次の

薬物逮捕は元モー娘。メンバーの誰?元国民的人気アイドルX特定か?

モー 娘 逮捕 者

酒気帯び運転とひき逃げにより逮捕され、9月26日に東京地検から起訴されていた元モーニング娘。 の吉澤ひとみ被告が27日、勾留先の東京・原宿警察署から保釈された。 この保釈に伴って警視庁では、運転免許の効力を停止する「免停」の仮処分を執行するという。 しかし酒気帯び運転は一発で免許取り消しというのが常識。 吉澤被告は呼気から0. 58ミリグラムのアルコールが検出されており、最低でも25点の減点、欠格期間2年となるはずだ。 それなのになぜ、わざわざ免停処分を行うのか。 交通事情に詳しい自動車ライターが指摘する。 「意外かもしれませんが、交通事故で逮捕された場合であっても、正式な行政処分が下るまで手元の運転免許証は有効です。 具体的には『停止処分書』または『取消処分書』が交付されるまでは有効ということになります。 ただ、死傷事故の場合は危険な運転者を道路交通の場から排除するために、警察署長の判断で『仮停止処分通知書』を交付し、即座に免許停止にすることができます」 吉澤被告の場合は逮捕後、すぐに勾留されたために、そもそも車を運転することは不可能だったが、理屈のうえでは保釈当日までの間は、運転することは認められていたことになる。 それでは今後、免許取消に際してどのような手続きを踏むのだろうか。 「免許取消に該当する運転者には『聴取通知書』が届くので、必要事項を記載して返送。 その後に警察署か運転免許センターにて意見聴取が行われ、この場には弁護士を同席させることも可能です。 そこで処分内容が決定し、正式に免許が取消に。 欠格処分の日数カウントはこの日に始まります。 なお、吉澤は保釈されたので、自分で聴取会に出向くことになりますが、もし悪質な死亡事故などで保釈されない場合には、勾留中の警察署や拘置所から直接、運転免許センターに護送されることもあるようです」(前出・自動車ライター) この聴取会はやむを得ない理由がない限り、自分の都合で日時を変えることはできない。 そのため吉澤被告は今後、その姿を待ち受けているマスコミの前に再度、姿を現す必要に迫られるようだ。 (白根麻子).

次の