コロナ ウイルス 収束 する のか。 【新型コロナウイルス】ニュースで使われる終息と収束正しいのは?意味や使い分けについても

感染拡大つづく新型コロナウイルス。収束はいつになるのか、旅行業への影響は?—専門家の意見まとめ

コロナ ウイルス 収束 する のか

山中伸弥教授(写真:石田高志) 安倍晋三首相は2020年4月7日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため緊急事態宣言を発令しました。 対象地域は東京を含む7都府県(神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡)で、期間は4月8日から5月6日までの約1カ月です。 1カ月という期間を長いと感じるか短いと思うか、捉え方は人それぞれでしょう。 確実に言えるのは、このウイルスは人間の都合など全くお構いなしだということ。 暖かくなれば感染拡大のペースが落ちるのではないかという、当初の楽観論も最近は聞かれなくなりました。 では、新型コロナの影響は一体いつまで続くのでしょうか。 「新型コロナウイルスとの闘いは短距離走ではありません。 ランナーでもある山中教授が「マラソン」という言葉を使った真意を、私なりにデータを基に考えてみました。 世界の感染データを検証すれば、今後の趨勢がある程度予測できるからです。 米Johns Hopkins大学のデータより。 「現感染者数(Active cases)」=「累計の感染者数」-「リカバーした人数」-「死亡した人数」 現感染者数が世界で最も多いのは米国の28万9798人でした。 死亡率は2. 4%と世界平均(5. 8%にとどまっているのはまさに今、感染が爆発的に増えている証拠でしょう。 Trump大統領は3月31日、厳しい行動制限などの対策を打ったとしても米国内の死亡者数が最終的に10万から24万人になるとの見通しを発表しました。 米国に次いで現感染者数が多いのはヨーロッパ諸国です。 2週間ほど前から感染が爆発的に広まったイタリアとスペインが8万人台、その下にドイツとフランスが6万人台で並びます。 これらの国はまだまだ予断を許しませんが、治癒率が10%から20%台の後半になっている点が米国と大きく異なります。 医療体制が整ってくれば、現感染者数も少しずつ減っていくはずです。 「現感染者数」では既に日本と中国が逆転 私が注目したのは中国のデータです。 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の発生国であり、累計の感染者数は8万人を大きく超えているにもかかわらず、現感染者数は2116人にとどまります。 この数は日本の現感染者数(2548人)よりも少なくなっているほどです。 「中国の統計データは信用できない」と考える人は少なくありません。 気持ちは分かりますが、国際的に見れば日本の検査数が少ないことも否めない事実です。 そもそも国民全員を対象にPCR検査をすることは物理的にも経済的にも不可能であり、検査品質を世界で統一することもできません。 結局、各国政府が公表しているデータを「正しい」と信じるしかないのです。 関連記事: 中国に関して間違いなく言えるのは、感染防御に向けて世界のどの国よりも厳しい措置を取っているということ。 感染の発生源である武漢市(湖北省)は1月23日から封鎖(4月8日に76日ぶりに封鎖が解除される予定)。 北京や上海など国際都市も含め、海外から来た人は外国人であっても強制的に2週間隔離しています。 スマートフォンの位置情報を使って、感染の疑いのある人が今どこにいるかを示すアプリまで登場しました。 先進国であればプライバシーの侵害だと大問題になるのは必至です。 そうした批判も顧みず強権を発動できるのが中国という国であり、感染防御という側面ではそれが効果的に働いたことは事実です。 中国でも感染拡大の「第1波」を乗り越えられただけ では、中国は新型コロナウイルスを克服できたのでしょうか。 図1に中国における感染者数と死亡者数の推移をグラフで示しました。 これを見れば、中国では感染のピークが過ぎたことが分かります。 欧州疾病予防管理センター (ECDC)が公開している国別感染者データ(the geographic distribution of COVID-19 cases worldwide) ただし、感染者をゼロに封じ込めた状況とはなっていません。 ピーク時は1日に1000人以上の新規感染者が発生していましたが、3月中旬から100人未満となり、下旬には1日の新規感染者数が10人から20人台の日が続いていました。 ところが、3月末から再び100人を超える日が増えてきたのです。 中国政府は人民に対して厳しい外出規制を課してきましたが、3月に入ってから状況に応じて都市ごとに規制を緩めました。 その結果、週末になると商業施設や観光施設が混雑するようになりました。 感染の第2波がやってくるリスクが、ひたひたと高まっているのです。 WHOの基準ではウイルスの潜伏期間の2倍の期間、感染者が新たに発生しなければ終息宣言となります。 新型コロナウイルスの潜伏期間は2週間とみられていることから、少なくとも4週間、感染者数がゼロにならない限り、ウイルスとの闘いは終わりません。 独裁的な中国共産党をもってしても、感染者数をゼロにするのは至難の業です。 21世紀の世界では、人の往来を完全にシャットアウトすることは誰にもできません。 つまり非常事態宣言を出して感染拡大の第1波を乗り越えられたとしても、新型コロナウイルスを完全に封じ込めるには相当長い期間がかかるのは(残念ながら)間違いありません。 山中教授が「1年は続く」と指摘したのは、感染力の極めて高いSARS-CoV-2ウイルスの本質を見抜いているからです。 もちろん、バイオテクノロジーを駆使すれば、効果的なワクチンや治療薬も開発できるでしょう。 ただ、その未来がやってくるには年単位の時間がかかります。 それまでの間、私たちは医療崩壊を防ぎながら、何とかしのいでいくしかありません。 山中教授は、ウイルスとの闘いをマラソンに例えました。 もはや、長期戦で臨むことを覚悟するしかありません。

次の

新型コロナの収束シナリオとその後の世界(3)収束まで「3年から5年」が現実か:日経バイオテクONLINE

コロナ ウイルス 収束 する のか

軽症者が圧倒的に多いCOVID-19のように毒性の弱いウイルスの場合 既存のコロナウイルスと同様に封じ込みは不可能だと思われます。 既存の風邪も夏にも引きますから、終息することはありませんが、 下記の根拠で5月or6月頃には一旦収束・落ち着くと思います。 新型コロナウイルスCOVID-19以外に、人に感染するコロナウイルス は6種類あります。 MERS(致死率30%),SARS(致死率10%)のように毒性の強いもの もありますが、残りの4種類は一般の風邪のウイルスです。 1960年代に発見された229E,OC43と2004年発祥のNL63,2005年発祥 のHKU1です。 全てのコロナウイルスが重篤な気道感染症・肺炎に関与していますが、 どのウイルスにもワクチン,抗ウイルス薬はありません。 MERS,SARSは肺が硬くなり肺炎になりますが、 COVID-19,229E,OC43,NL63,HKU1は肺に粘膜が溜り肺炎になります。 MERS,SARSは真夏に流行しましたが、 COVID-19は229E,OC43,NL63,HKU1と同様に5月or6月には収束する と思われます。 COVID-19の場合、今年発祥した新型ウイルスなので誰も基礎免疫が ない分、感染力・重症化率が高くなり、夏場の収束も既存のウイルス ほどドラスティックではありませんが、同じ傾向を示すと思います。 また、ウイルス自体も長い年月をかけて感染増殖を繰り返すことで 人体環境に適合するように少しずつ変化し、徐々に毒性を弱めて行く 傾向がありますので、既存のコロナと同様な存在になると思われます。 追記)【質問の趣旨に対する回答の要約】 毒性の弱いウイルスCOVID-19の封じ込め 終息 は現状不可能ですが、 毎年流行と収束を繰り返す度に少しずつウイルスの毒性は弱まり、 人の免疫力(集団免疫力)は上がるので、やがては終息に近い (誰も気に留めない終息と言っても良い)状況に向かうと思います。 従業員の母の感染が先にわかり、それがなければ病院に行かなかったと思う」 重症になる人は感染初期の発熱(体の防衛機構)が遅れているのかもしれません。 コロナの検査報告を見ると、感染してからすぐ重症になる事例が多いように思います。 ウイルスに感染してから時間が経つと、体がウイルスを殺す抗体を作ってウイルスを殺すのですが、その抗体ができる前に体中に感染拡大する増殖速度が速い危険なウイルスだろうと考えます。 ネットのNHKニュース等で感染後に退院した人数が報道されています。 「3月13日までに症状が改善して退院した人などは、クルーズ船の乗客・乗員を含めて合わせて525人となっています。 」だそうです。 中国では、感染が終息したようです。 「中国の保健当局は、13日、国内で新たに確認された新型コロナウイルスの感染者が、11人にとどまったと発表しました。 (1日当たりの感染者は7日連続で50人を下回る)」 ただし、中国が日本の真似をし始めていて、単に検査数を少なくしているだけという可能性も無いとは言えないので、簡単に信じて良いのか注意が必要です。 中国では、現時点では、日本からの感染、あるいは、中国への入国、を恐れているようです。 日本で、コロナ対策を万全にすれば外出はできると思いますが、 超音波加湿器を使っている施設には入らないようにする事。 また、家に帰ったら、先ず手を洗うことが必要と思います。 「コロナウイルスの感染者の増加の統計グラフ」 が出ました。 グラフで表されている「感染者数の増加」が、 本当の感染者数を表しているのか、 単に、患者のコロナウィルス検査数の増加数を表しているのか、 グラフには2つの意味があります。 検査数の累計のグラフで、2月13日から急に「感染者数」が増えている理由は、 コロナウイルスの感染はもっと以前から起きているので、コロナウィルスの感染の増加によるものとは考えにくく、 患者のコロナウィルス検査数の増加数を表している(感染者は増えていない)と考えられます。 コロナウイルス検査数の概ね30分の1から70分の1の割合で感染者を発見していると認識できると思います。 東京都のコロナウイルス情報サイトができました。 日本全国では、検査の30分の1程度で感染者を発見していると思います。 風邪の発熱が続いているだけの人を検査しても、この程度の率で、概ね30分の1の率で新型コロナウイルス感染を発見するのではないかと考えます。 コロナを心配する風邪の30分の1程度が新型コロナウイルス感染だろうと思います。 コロナウィルスの毒性については、 中国での、新型コロナウィルス致死率は、患者数と死者数による単純計算での3. 韓国では、3月5日までの、韓国のコロナウィルス感染者累計は5766人、死者は35人が検出されました。 死亡率が中国よりも正確に計測でき、 インフルエンザの死亡率0. 1%に近い死亡率の情報が得られました。 そうは言っても、普通のインフルエンザの致死率の0. 1%より高い死亡率であって問題が大きいので、 感染への危機対応は的確で必要であったと思います。 また、コロナウィルスの毒性は、子供に死者が出ていない事から、通常のインフルエンザの死亡率0. 1%程度ではないかとも考えられます。 (私がそう思っているだけですが) 死亡率が0. 2万4千人のうち、3月15日で、まだ803人しか検出できていないと思います。 通常のインフルエンザに感染しても、1週間は静養しないといけない等の大ごとになります。 それと同じくらい危ないと考えたら良いと思います。 新型コロナウィルスは、今までの風邪の流行と同様に流行していると思います。 風邪はうつされますので新型コロナウィルスも同じくうつされます。 しかし、コロナウィルスが軽症だといって安心するのでは無く、 風邪?にかかったら、30分の1の確率で新型コロナウィルスの感染者になった可能性があるので、 人に風邪?コロナウィルスをうつさないよう外出を控えて欲しいと思います。 軽症のコロナウィルス感染があったときに、それを人にうつさないように注意して欲しいと思います。 コロナ感染者の回復・退院のグラフを見ると、退院している人数が3週間前の感染者数程度なので、 (国内で感染が確認された人のうち、13日までに症状が改善して退院した人などはクルーズ船の乗客・乗員を含めて合わせて525人) コロナウィルスに感染して軽症な人が、それを他人にうつさなければ、 その人自身は3週間で回復して、感染者(風邪に似た軽症者)がいなくなると思います。 そうなると、この非常事態は終わると思います。 風邪?程度の軽症の感染者がどれだけ人にコロナウイルスをうつすかによって状況が変わると思います。 感染が拡大するメカニズム: 感染拡大は空気がよどみがちな閉じた環境 感染者の75. 4%にあたる83人は調査時点で誰にもうつしておらず、 一方で、1人から別の2人以上に感染が広がった11の事例: ほとんどが屋内に多くの人が集まる閉ざされた環境で起きていて、 中には1人から9人、12人に感染が広がったケースもありました。 ここで大事な情報は、 感染者の75. 4%にあたる83人は誰にもうつしていないことです。 新型コロナウイルスの感染者の75%は人にうつしていません。 コロナウイルスの感染は、感染者のせきやくしゃみによる飛沫(2m先まで飛ぶこともある)から感染します。 「咳やくしゃみで体外に出たウイルスは、一定の時間が過ぎると不活化します。 つまり寿命があるのです。 衣類など凹凸の多い表面では8~12時間。 マスクやティッシュは約半日、 つるつるした金属、平らなテーブル等の表面ではなんと4日間ほど感染力を保っているのだそうです。 ですから室内でよく触るドアノブ、テーブル、椅子背もたれ部は感染者がでたら消毒するのがいいですね。 空気中では湿度50%以上の場合は8時間ほどですが、乾燥状態では一日以上生存します。 」 感染者の飛沫が口の中や顔に付着しないようにするために、マスクは有効です。 また、満員電車などで、感染者の飛沫が付着した物から飛沫が手に付着する恐れもありますので、 なるべく手洗いを必ず実施しましょう。 くしゃみの飛沫をふりかけられた顔も洗った方が良いと思います。 また、洗わない手を口に入れたり、目などに触らないようにしましょう。 ダイヤモンド・プリンセス号ではコロナウイルスが「空気感染」した疑いが高いのではないか、コロナウイルスは空気感染するのではないか、と言う人もいるかもしれません。 「ウイルスは小さいので、空中のほこりと同様に空中にただよい空気感染する事が可能ではないか」 という意見が考えられます。 しかし、ウイルスが空中にただようためには、先ず、感染者のせきやクシャミ等の液状の飛沫から外に出なければなりませんが、液体の表面張力に引っ張られて、飛沫から外に出るのは困難ではないかと考えます。 飛沫が乾燥したらしたで、その飛沫が付着していた物体に静電気で引き付けられていて、浮遊するのは大分困難と思います。 ウイルスが浮遊するためには、乾燥した環境中で、大きさが5ミクロン程度の小さな飛沫が、その状態から水滴が蒸発して大きさが更に微細になると浮遊が可能だ思います。 ウイルスを空中にただよわせるためには、感染者のせきやクシャミの飛沫を人工的な方法で更に細かく分けて、飛沫単独でも空中を漂うことができるだけ小さな粒に加工する必要があります。 その方法として、超音波加湿器で、水中の細菌を、超音波で細かくした水の粒に入れて空中を漂わせているように、 同じ様にして超音波加湿器でコロナウイルスを空中にまき上げて空中にただよわせる事は可能と思います。 感染に無知な人が、超音波加湿器でウイルスを入れた水を空中にまき散らす事も考えられるので、 そのような事はさせないよう、安易に超音波加湿器は使わせないよう、注意する事も必要だとは思います。

次の

新型コロナウイルスは夏に収束する?暑いのにマスク対策は必要?

コロナ ウイルス 収束 する のか

【関連記事】• 新型コロナウイルス感染症は、封じ込めなどによって一部の地域で部分的に収束したとしても、人の移動を前提とした現在のグローバル資本主義社会においては、他の地域からの持ち込みによって再燃するリスクを常に抱えることになる。 そのため、封じ込めによる全世界的な収束は実現困難で、集団免疫を獲得する以外に収束させる方法はない。 集団免疫とは、全人口の一定数が感染症に対して免疫を有することで、1人の感染者が新たに何人に感染させるかという「基本再生産数」を1未満にし、感染拡大を抑える戦略である。 新型コロナウイルス感染症に当てはめると、基本再生産数が2. 集団免疫を獲得するには2つの方法が存在する。 ワクチンと自然感染である。 ワクチンは比較的安全かつ迅速に免疫を付与することが可能で、方法としては最適だろう。 ただし、順調に進捗したとしても開発には12カ月以上必要とされ、広く投与可能となるにはさらに時間がかかる。 また、ワクチン開発には安全性の問題やウイルスの変異による効果減弱化の懸念がある。 ウイルスの感染や増殖を防ぐ「中和抗体」を投与してもウイルス量がすぐに低下しない患者も報告されており、ワクチンではより強い中和抗体を作り出すことが必要となる。 このためワクチン開発は難航することも予想される。 もしワクチン開発に失敗した場合はどうなるか。 その場合にとり得る方策が自然感染である。 自然感染は意図的に人々を感染させて集団免疫を獲得する方法であり、感染爆発や重症患者増加による医療崩壊リスクを常に抱えることになる。 そのため、この戦略では重症化や感染爆発をいかに抑えるかが肝要だろう。 自然感染の戦略をとった場合、先進国において収束まで早くても2年から3年、長期化すると5年以上は掛かるという試算もあり、長期化を覚悟する必要がある。 以上をまとめると、新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的な大流行)は、1年から5年程度の部分的な収束を経た上で、ワクチンもしくは自然感染による集団免疫が成立した時点で収束する、というのが合理的な道筋となる。 それは、免疫の成立や持続性に関する問題に起因する。 ウイルスに感染しても、免疫ができない、または短期間で免疫が弱ってしまう場合、集団免疫は獲得できない。 最近、軽症で回復した患者のうち3割程度で免疫が十分でなかったとの報告や、再感染の可能性があるとの報告が出てきている。 集団免疫の獲得に失敗するシナリオも念頭に置く必要がある。 その上で3つのシナリオを提示したい。 新型コロナウイルス感染症の「疫学的収束」シナリオ(アーサー・ディ・リトル・ジャパン作成) 疫学的な部分的収束から収束に移行する期間については、シナリオの分岐が考えられる。 ワクチン開発の成否でシナリオが分かれ、次に自然感染による集団免疫獲得の成否でシナリオが分かれるだろう。 もしワクチン開発が成功し早期に実用化されれば、早期かつ安全に集団免疫を獲得可能となり、感染は1年から2年で収束する。 この場合、経済活動の停滞によるダメージは最も少なくすることができる(より良いシナリオ、アップサイド)。 一方で、前述の通りワクチン開発については副作用リスクなどの障害もあり、早期の開発が成功しない可能性もある。 その場合、自然感染によって集団免疫を獲得するシナリオにシフトすることになる。 その場合、集団免疫の獲得までは先進国でも3年から5年程度を要することになり、長期的な経済の低迷が懸念される(標準シナリオ、ベース)。 そして、さらに悪いシナリオとして考えられるのは、免疫の減弱化や不成立などによって集団免疫が獲得困難なケースだ。 この場合は全世界的な収束が5年以上期待できず、感染爆発のリスクを抱える部分的収束状態が常に続くことになる。 そうなればさらに長期的に経済活動が制限されるため、経済的なダメージは計り知れず、現在の資本主義的な社会システムを根本から見直す必要に駆られるだろう(より悪いシナリオ、ダウンサイド)。 結論としては、いずれのシナリオにしても少なくとも1年から2年、長期化すると5年程度もしくはそれ以上の期間にわたり、移動制限などの措置を取らざるを得ない。 もはや新型コロナウイルス感染症が拡大する前の生活はそう簡単には取り戻せず、今後の企業活動についても大きな戦略の転換が求められることになるだろう。 では実際にこれらをどのように達成すべきなのだろうか。 経済活動の制限は、主に移動制限・都市封鎖に起因するため、移動制限や都市封鎖の程度や期間を最小限にする必要がある。 これを達成するには、感染者の増加をある程度許容できる体制を構築せねばならない。 そのためには「医療資源をいかに拡大させるか」と「感染者増加に伴う重症患者の増加をいかに抑制するか」が肝要となる。 医療資源の拡大については、人工呼吸器・マスクの増産などで政府が対応を開始しているが、医師・看護師の絶対数に限りがある上、院内感染による病院閉鎖による医療資源の減少も懸念されるため、拡大余地には限度がある。 双方ともに軽症患者の重症化予防に寄与し、重症患者の割合を相対的に減らすことが可能となるため、感染が拡大しても医療資源に余裕ができることになる。 もしこれらが達成され、感染者の増加をある程度許容できる体制となれば、移動規制などの程度・期間を最小限にでき、経済活動に対する影響度を軽減できる。 (アーサー・ディ・リトル・ジャパン プリンシパル 花村遼、同コンサルタント 田原健太朗) [日経バイオテクオンライン 2020年4月30日掲載].

次の