年金 問題。 年金未納問題

日本の年金制度の良い点、問題点とは!?将来崩壊しないか不安の若者の未納問題は解決できる!? | ネットビジネスで自由に稼ぐ東大生山下雅宏のサブブログ

年金 問題

未納問題の経緯 [ ] 平成9年()以降、を活用して20歳到達者の把握を行い、を送付し、強制的に適用していくという仕組み( 職権適用)はできていた。 しかし、その後に種別(第1号・第2号・第3号被保険者)の変更が生じたときに十分に記録を追い切れず、場合によっては、強制徴収までつながるような仕組みはできていなかった。 また、未納等の要因に応じた効率的・効果的な徴収対策も不十分であった。 2004年まで [ ]• が改正され、が国民年金に任意加入できるようになった。 年金諸法の大幅な改正により、学生を除く20歳以上60歳未満の日本に住むすべての人が国民年金に 強制加入になった。 学生が国民年金に強制加入になった。 督促状の送付を停止。 20歳到達者で自ら資格取得の届出を行わない者に対して 職権適用を実施。 全制度共通の一人一番号制として 基礎年金番号が導入され、被保険者に関する情報が把握できるようになった。 20歳到達者に対する職権適用がほぼ完全実施され、以降、未加入者(国民年金の第1号被保険者に該当するが、加入手続を行っていないため、第1号被保険者として把握されていない者)数は大幅に減少した。 保険料の半額免除を開始。 納付率の大幅な低下を受けて、及びに国民年金特別対策本部が設置された。 収納対策として女優のを起用し、テレビCMやポスターで「年金もらえないって言ったの誰?」と挑発的な宣伝文句で納付を呼びかけるが話題になった。 しかし翌年に当の江角本人自身が国民年金に未加入・未納だったことが発覚した。 6月11日 国民年金法等の一部を改正する法律が成立し、年金法が改正しそして公布された。 保険料滞納者への督促状の送付を再開。 3閣僚に年金未納期間のあったことが発覚したのを皮切りに、がされた。 職員約300人が興味本位で年金の個人情報を閲覧し、更にへ年金未納情報をリークしていた職員もいたことが判明し、社会保険庁の杜撰な管理が明るみに出た。 未納の要因 [ ]• 被保険者の変化 制度発足時には所得のある者・農漁業者を主な被保険者としていたが、強制加入により近年は無職・学生・等の所得が無いあるいは著しく低い被保険者が増加している。 近年の要因 度から、20歳到達者で自ら資格取得の届出を行わない者に対して、職権適用を実施したが、職権適用者には、年金制度への関心や保険料納付の意識が薄い者が多い。 経済の低迷、就業形態の多様化により、離職等による第1号被保険者の増加や保険料負担能力の低下。 2002年度の要因 免除基準を改正したことで、免除の対象から外れた者が多く発生し、しかもこれらの者の納付率が極めて低かった。 保険料収納事務が市町村から国へ移管したが、収納体制の整備が遅れ、納付組織を活用できなかった。 不祥事による年金に対する不信 特に20代には、実際に保険料を支払いした総金額が、将来支払われるのかという不安がある。 この不信・不安の要因として、不祥事発生時のその場しのぎとも見られる法改正や、度重なる保険料の引き上げがある。 特に保険料納付記録が失われ、納めたにも関わらず納めていないことになっているいわゆる「消えた年金」問題、職員による横領が相次いで発覚してからは特に年金への不信感が増大している。 2011年度の58. 6%を底に改善しているものの、依然として低水準であるのに変わりはない。 未納者 第1号被保険者(任意加入被保険者を含む)のうち、過去2年間に1月も保険料を納付しなかった者 納付率 [ ]• 納付対象月数(分母)とは、当該年度分の保険料として納付すべき月数であり、全額免除月数・月数・若年者猶予月数は含まないが、半額免除等月数は含む。 納付月数(分子)とは、納付対象月数のうち当該年度中(翌年度4月末まで)に実際に納付された月数である。 保険料は2年前まで遡って納付できるため、最終的な納付月数はこれより多くなり、実際の納付率も高くなる。 納付率の推移 [ ] 近年の納付率は、平成4年()度の85. 平成15年()度からは若干上昇している。 度は前年度に比べ、納付対象月数(分母)が7. 5ポイント増加した。 このように納付月数(分子)が増えなくても、免除等が増えて納付対象月数(分母)が減れば納付率は増加する。 これを保険料収納対策においては、 分母対策と呼んでいる。 また、度分の最終的な納付率は、保険料を遡って納付したことにより、4. 6ポイント増加し68. 最近の納付率(現年度分) 2002年度 62. 納付率上昇要因 [ ] 2004年度から2005年度にかけて納付率が3. 5ポイントアップした要因は、主として法律改正と免除勧奨による分母対策である。 若年者納付猶予制度導入(法律改正)・・約1. 申請免除・学生納付特例の承認期間の遡及(法律改正)・・約0. 保険料の納付が困難な者に対する免除勧奨・・約1. 第1号被保険者の人口構成の変化(納付率が低い若年層が減少し、納付率が高い50歳代後半層が増加)・・約0. また、市町村から提供された情報により、未納月数と所得からなる未納者属性の区分けを行い、未納者の属性に応じた効果的・効率的な収納対策を行うとしている。 国民年金特別対策本部 2002年度の納付率が大幅に低下したことを受け、収納対策を強化するために、にを本部長とする国民年金特別対策本部が設置され、各に地方社会保険事務局長を本部長とする地方社会保険事務局国民年金特別対策本部が設置された。 特別対策本部では、保険料の未納要因分析を踏まえて新たな個別収納対策を実施するとともに、保険料納付は国民の義務であるという意識の徹底を図ることとした。 各年度の目標納付率 2004年度・・65. 度重なる納付催告に応じない未納者に対しては、 最終催告状(滞納処分の手続きの前に未納者に自主納付を促す最後の通知)を送る。 最終催告状の指定期限までに納付がない者には 督促状(未納者に未納保険料を督促するの通知)を送る。 督促状は法律上で定められた行為であり、督促状を発行することによって滞納処分の第一着手となり、これによって が中断し、保険料の徴収時効がもう2年延びるという法律的な効果がある。 督促状の指定期限までに納付がない者には調査(等に対し、等の差押え可能な財産の有無を調査)を行い、差押予告(期限までに納付がない場合、差押えをすることを予告する通知)を送る。 指定した期限までに納付がない者には 財産差押(預貯金等が主な対象)を執行する。 法改正 [ ] 幾度かの法改正を経た結果、以下のように改善および徴収が強化された。 保険料を納めやすい環境の整備・手続の簡素化等 による納付(3月分保険料から実施) 国内在住の任意加入被保険者は、による納付を原則義務化 受給者や学生等の免除手続の簡素化• 収納対策の基本は、未納者から確実に保険料を徴収することであるが、一方で年金受給権確保のために、免除基準に該当する未納者を免除に結びつけることも重要である。 納付率が収納実績(分子)と免除実績(分母)とで成り立っていることを踏まえ、それぞれの実績を評価できるような新たな仕組みを導入し、達成された納付率がどのような対策の結果によるものかを分析・検証するとしている。 関連項目 [ ]• 個人情報の漏洩 [ ] 2004年3月から社会保険庁が保有する年金未納情報がで報道され、職員によるが疑われたため、内部調査が実施され、同年7月に321名の職員の業務目的外の閲覧行為が明らかになった。 その後、2004年1月から12月までの期間における職員の業務目的外の閲覧行為について、2005年3月に全職員を対象に自己申告調査を行った結果、1,535名(2004年7月の処分者321名を含む)の閲覧行為、通信履歴の記録をもとに調査を行った結果、1,574名の閲覧行為が明らかになった。 国会議員の未納 [ ] 詳細は「」を参照 国民年金が創設された当時は、国会議員は適用除外とされ加入できなかった。 その後、にの改正により任意加入となり、に基礎年金制度が導入されて強制加入となった。 したがって、国会議員は1961年から1986年までの期間は、強制加入者ではないため年金未納期間にはならない。 2004年の期間中に、3人のの年金未納が発覚したことに始まったでは、110人を超える議員に未納期間があったことが明らかになった。 これは、主として法改正や種別変更により国民年金への加入義務が生じていながら、本人届出による切替手続きを行っていなかった(未加入)ため、納付書が届かずに納付できなかったことが原因である。 この問題は、政治不信とともに年金不信を加速しただけでなく、年金運営事業であるの収納体制やの管理が徹底していなかったことをも浮き彫りにした。 自己申告による調査 [ ] 2005年3月に社会保険庁の全職員(職員17,692人、非常勤職員10,585人の合計28,277人)を対象に2004年1月から12月までの業務目的外閲覧の有無について、自己申告による調査結果は以下のとおりであった。 業務目的外閲覧を行った人数 職員 1,198人 非常勤職員 337人• 閲覧対象者(複数回答) 国会議員 554人 著名人(、芸能人等) 343人 友人、知人 472人 その他(家族等) 596人• 閲覧理由 興味本位 633回 報道の確認 87回 機器操作訓練等 26回 通信履歴による調査 [ ] 社会保険庁の職員が、2004年1月から12月までの間に業務目的外閲覧した状況について、オンライン通信履歴の記録をもとに行った調査結果は以下のとおりであった。 業務目的外閲覧を行った人数 職員 1,244人 非常勤職員 330人• 閲覧の時期 5月まで 1,328人 6・7月 114人 8月以降 132人• 閲覧対象者(複数回答) 国会議員 732人 著名人(タレント、芸能人等) 987人 友人、知人 202人• 閲覧理由 興味本位 1,524人 報道の確認 50人 職員の処分 [ ] 年金個人情報の業務目的外閲覧については、個人情報を管理するとしてあってはならないことであり、業務目的外閲覧を行った者及び管理監督者が処分された。 2004年7月の処分 閲覧行為者 321人 監督者等 192人• 2005年12月の処分 閲覧行為者 2,694人 監督者等 579人 関連項目 [ ]• 個人情報保護対策 [ ] 年金個人情報の管理責任の明確化や内容の監視体制の強化を図るため、以下の個人情報保護対策が行われた。 2004年• 5月 当時の社会保険庁処理保護管理規程を改正し、データの業務目的外の閲覧行為の禁止を明記。 7月 端末操作に必要なカード番号の固定化(一人一枚化)を図るとともに、同年10月に本人識別のを導入し、管理責任を明確化。 9月 全職員に対し、個人情報保護に関する周知徹底と意識の啓発のための研修を実施。 2005年• 1月 社会保険事務所等における被保険者記録へのアクセス内容を監視できる仕組みを導入し、監視体制を強化。 4月 「」の施行を踏まえ、新たに「社会保険庁保有個人情報保護管理規程」を策定し、個人情報保護を徹底。 2006年1月 全職員に対し、改めて業務目的外閲覧の禁止の徹底を図るための特別集中研修を実施。 脚注 [ ]• 『平成26年度の国民年金保険料の納付状況と今後の取組等について』 厚生労働省、2015年6月 関連項目 [ ]• 構想 外部リンク [ ]• 「」 第8回社会保障審議会年金部会 平成20年5月20日•

次の

年金財政「税」「社会保険」それぞれの問題点とは? [年金] All About

年金 問題

未納問題の経緯 [ ] 平成9年()以降、を活用して20歳到達者の把握を行い、を送付し、強制的に適用していくという仕組み( 職権適用)はできていた。 しかし、その後に種別(第1号・第2号・第3号被保険者)の変更が生じたときに十分に記録を追い切れず、場合によっては、強制徴収までつながるような仕組みはできていなかった。 また、未納等の要因に応じた効率的・効果的な徴収対策も不十分であった。 2004年まで [ ]• が改正され、が国民年金に任意加入できるようになった。 年金諸法の大幅な改正により、学生を除く20歳以上60歳未満の日本に住むすべての人が国民年金に 強制加入になった。 学生が国民年金に強制加入になった。 督促状の送付を停止。 20歳到達者で自ら資格取得の届出を行わない者に対して 職権適用を実施。 全制度共通の一人一番号制として 基礎年金番号が導入され、被保険者に関する情報が把握できるようになった。 20歳到達者に対する職権適用がほぼ完全実施され、以降、未加入者(国民年金の第1号被保険者に該当するが、加入手続を行っていないため、第1号被保険者として把握されていない者)数は大幅に減少した。 保険料の半額免除を開始。 納付率の大幅な低下を受けて、及びに国民年金特別対策本部が設置された。 収納対策として女優のを起用し、テレビCMやポスターで「年金もらえないって言ったの誰?」と挑発的な宣伝文句で納付を呼びかけるが話題になった。 しかし翌年に当の江角本人自身が国民年金に未加入・未納だったことが発覚した。 6月11日 国民年金法等の一部を改正する法律が成立し、年金法が改正しそして公布された。 保険料滞納者への督促状の送付を再開。 3閣僚に年金未納期間のあったことが発覚したのを皮切りに、がされた。 職員約300人が興味本位で年金の個人情報を閲覧し、更にへ年金未納情報をリークしていた職員もいたことが判明し、社会保険庁の杜撰な管理が明るみに出た。 未納の要因 [ ]• 被保険者の変化 制度発足時には所得のある者・農漁業者を主な被保険者としていたが、強制加入により近年は無職・学生・等の所得が無いあるいは著しく低い被保険者が増加している。 近年の要因 度から、20歳到達者で自ら資格取得の届出を行わない者に対して、職権適用を実施したが、職権適用者には、年金制度への関心や保険料納付の意識が薄い者が多い。 経済の低迷、就業形態の多様化により、離職等による第1号被保険者の増加や保険料負担能力の低下。 2002年度の要因 免除基準を改正したことで、免除の対象から外れた者が多く発生し、しかもこれらの者の納付率が極めて低かった。 保険料収納事務が市町村から国へ移管したが、収納体制の整備が遅れ、納付組織を活用できなかった。 不祥事による年金に対する不信 特に20代には、実際に保険料を支払いした総金額が、将来支払われるのかという不安がある。 この不信・不安の要因として、不祥事発生時のその場しのぎとも見られる法改正や、度重なる保険料の引き上げがある。 特に保険料納付記録が失われ、納めたにも関わらず納めていないことになっているいわゆる「消えた年金」問題、職員による横領が相次いで発覚してからは特に年金への不信感が増大している。 2011年度の58. 6%を底に改善しているものの、依然として低水準であるのに変わりはない。 未納者 第1号被保険者(任意加入被保険者を含む)のうち、過去2年間に1月も保険料を納付しなかった者 納付率 [ ]• 納付対象月数(分母)とは、当該年度分の保険料として納付すべき月数であり、全額免除月数・月数・若年者猶予月数は含まないが、半額免除等月数は含む。 納付月数(分子)とは、納付対象月数のうち当該年度中(翌年度4月末まで)に実際に納付された月数である。 保険料は2年前まで遡って納付できるため、最終的な納付月数はこれより多くなり、実際の納付率も高くなる。 納付率の推移 [ ] 近年の納付率は、平成4年()度の85. 平成15年()度からは若干上昇している。 度は前年度に比べ、納付対象月数(分母)が7. 5ポイント増加した。 このように納付月数(分子)が増えなくても、免除等が増えて納付対象月数(分母)が減れば納付率は増加する。 これを保険料収納対策においては、 分母対策と呼んでいる。 また、度分の最終的な納付率は、保険料を遡って納付したことにより、4. 6ポイント増加し68. 最近の納付率(現年度分) 2002年度 62. 納付率上昇要因 [ ] 2004年度から2005年度にかけて納付率が3. 5ポイントアップした要因は、主として法律改正と免除勧奨による分母対策である。 若年者納付猶予制度導入(法律改正)・・約1. 申請免除・学生納付特例の承認期間の遡及(法律改正)・・約0. 保険料の納付が困難な者に対する免除勧奨・・約1. 第1号被保険者の人口構成の変化(納付率が低い若年層が減少し、納付率が高い50歳代後半層が増加)・・約0. また、市町村から提供された情報により、未納月数と所得からなる未納者属性の区分けを行い、未納者の属性に応じた効果的・効率的な収納対策を行うとしている。 国民年金特別対策本部 2002年度の納付率が大幅に低下したことを受け、収納対策を強化するために、にを本部長とする国民年金特別対策本部が設置され、各に地方社会保険事務局長を本部長とする地方社会保険事務局国民年金特別対策本部が設置された。 特別対策本部では、保険料の未納要因分析を踏まえて新たな個別収納対策を実施するとともに、保険料納付は国民の義務であるという意識の徹底を図ることとした。 各年度の目標納付率 2004年度・・65. 度重なる納付催告に応じない未納者に対しては、 最終催告状(滞納処分の手続きの前に未納者に自主納付を促す最後の通知)を送る。 最終催告状の指定期限までに納付がない者には 督促状(未納者に未納保険料を督促するの通知)を送る。 督促状は法律上で定められた行為であり、督促状を発行することによって滞納処分の第一着手となり、これによって が中断し、保険料の徴収時効がもう2年延びるという法律的な効果がある。 督促状の指定期限までに納付がない者には調査(等に対し、等の差押え可能な財産の有無を調査)を行い、差押予告(期限までに納付がない場合、差押えをすることを予告する通知)を送る。 指定した期限までに納付がない者には 財産差押(預貯金等が主な対象)を執行する。 法改正 [ ] 幾度かの法改正を経た結果、以下のように改善および徴収が強化された。 保険料を納めやすい環境の整備・手続の簡素化等 による納付(3月分保険料から実施) 国内在住の任意加入被保険者は、による納付を原則義務化 受給者や学生等の免除手続の簡素化• 収納対策の基本は、未納者から確実に保険料を徴収することであるが、一方で年金受給権確保のために、免除基準に該当する未納者を免除に結びつけることも重要である。 納付率が収納実績(分子)と免除実績(分母)とで成り立っていることを踏まえ、それぞれの実績を評価できるような新たな仕組みを導入し、達成された納付率がどのような対策の結果によるものかを分析・検証するとしている。 関連項目 [ ]• 個人情報の漏洩 [ ] 2004年3月から社会保険庁が保有する年金未納情報がで報道され、職員によるが疑われたため、内部調査が実施され、同年7月に321名の職員の業務目的外の閲覧行為が明らかになった。 その後、2004年1月から12月までの期間における職員の業務目的外の閲覧行為について、2005年3月に全職員を対象に自己申告調査を行った結果、1,535名(2004年7月の処分者321名を含む)の閲覧行為、通信履歴の記録をもとに調査を行った結果、1,574名の閲覧行為が明らかになった。 国会議員の未納 [ ] 詳細は「」を参照 国民年金が創設された当時は、国会議員は適用除外とされ加入できなかった。 その後、にの改正により任意加入となり、に基礎年金制度が導入されて強制加入となった。 したがって、国会議員は1961年から1986年までの期間は、強制加入者ではないため年金未納期間にはならない。 2004年の期間中に、3人のの年金未納が発覚したことに始まったでは、110人を超える議員に未納期間があったことが明らかになった。 これは、主として法改正や種別変更により国民年金への加入義務が生じていながら、本人届出による切替手続きを行っていなかった(未加入)ため、納付書が届かずに納付できなかったことが原因である。 この問題は、政治不信とともに年金不信を加速しただけでなく、年金運営事業であるの収納体制やの管理が徹底していなかったことをも浮き彫りにした。 自己申告による調査 [ ] 2005年3月に社会保険庁の全職員(職員17,692人、非常勤職員10,585人の合計28,277人)を対象に2004年1月から12月までの業務目的外閲覧の有無について、自己申告による調査結果は以下のとおりであった。 業務目的外閲覧を行った人数 職員 1,198人 非常勤職員 337人• 閲覧対象者(複数回答) 国会議員 554人 著名人(、芸能人等) 343人 友人、知人 472人 その他(家族等) 596人• 閲覧理由 興味本位 633回 報道の確認 87回 機器操作訓練等 26回 通信履歴による調査 [ ] 社会保険庁の職員が、2004年1月から12月までの間に業務目的外閲覧した状況について、オンライン通信履歴の記録をもとに行った調査結果は以下のとおりであった。 業務目的外閲覧を行った人数 職員 1,244人 非常勤職員 330人• 閲覧の時期 5月まで 1,328人 6・7月 114人 8月以降 132人• 閲覧対象者(複数回答) 国会議員 732人 著名人(タレント、芸能人等) 987人 友人、知人 202人• 閲覧理由 興味本位 1,524人 報道の確認 50人 職員の処分 [ ] 年金個人情報の業務目的外閲覧については、個人情報を管理するとしてあってはならないことであり、業務目的外閲覧を行った者及び管理監督者が処分された。 2004年7月の処分 閲覧行為者 321人 監督者等 192人• 2005年12月の処分 閲覧行為者 2,694人 監督者等 579人 関連項目 [ ]• 個人情報保護対策 [ ] 年金個人情報の管理責任の明確化や内容の監視体制の強化を図るため、以下の個人情報保護対策が行われた。 2004年• 5月 当時の社会保険庁処理保護管理規程を改正し、データの業務目的外の閲覧行為の禁止を明記。 7月 端末操作に必要なカード番号の固定化(一人一枚化)を図るとともに、同年10月に本人識別のを導入し、管理責任を明確化。 9月 全職員に対し、個人情報保護に関する周知徹底と意識の啓発のための研修を実施。 2005年• 1月 社会保険事務所等における被保険者記録へのアクセス内容を監視できる仕組みを導入し、監視体制を強化。 4月 「」の施行を踏まえ、新たに「社会保険庁保有個人情報保護管理規程」を策定し、個人情報保護を徹底。 2006年1月 全職員に対し、改めて業務目的外閲覧の禁止の徹底を図るための特別集中研修を実施。 脚注 [ ]• 『平成26年度の国民年金保険料の納付状況と今後の取組等について』 厚生労働省、2015年6月 関連項目 [ ]• 構想 外部リンク [ ]• 「」 第8回社会保障審議会年金部会 平成20年5月20日•

次の

「本当に年金もらえるの?」不安な若者こそが訴えるべき解決策とは。30歳エコノミストに聞いた

年金 問題

記事の更新はでご確認ください。 リアルタイムで更新をおしらせします。 をクリックするとに登録できます。 発売時間をよく忘れてしまう人はに登録しましょう。 記事にした商品の発売開始30分前に通知でお知らせしてくれるので便利です。 老後の生活費に備えて、日本国民が毎月納めている年金。 しかし、「年金が貰えなくなる」と不安に思う方は多いのではないでしょうか? 2019年6月には、金融庁が「老後の金融資産が約2000万円必要」という試算を盛り込んだ報告書を作成するなど、将来貰えるはずの年金に根強い不安が残りますよね。 今回の記事は、知っているようで知らない「公的年金制度」の概要、今後の人口推移から見る年金制度の未来について解説します。 記事を読むことで、年金制度についての理解を簡単に深めることが可能です。 ぜひ、最後までご覧下さい。 公的年金制度を詳しく解説 年金への不安の前に、そもそも年金制度の何が難しくて分からない人も多いですよね。 この項目では、『公的年金制度』について分かりやすく解説します。 公的年金制度は2階層で成り立っている 年金制度とは、『労働生産人口』と呼ばれる人たちが受け取る給与の一部を年金として支払うことです。 日本に住んでいる20歳から60歳未満のすべての人に加入義務があり、集まったお金を高齢者に支給することで成り立っています。 65歳以降に年金を受け取るためには、今までは『保険料を25年間払い続ける』というのが受け取りの対象でした。 しかし、2017年より年金受給資格が『10年以上の支払い』に変更されました。 10年だけの支払いでも、年金を受け取ることが可能です。 しかし、払込期間が長いほど、未来の受け取り金額は大きくなります。 「公的年金制度」は、受け取る種類として2階層で成り立っているのです。 次に、制度を構成する2つの年金について解説します。 満額の国民年金を受け取るためには、毎月必ず支払うことが必要です。 しかし、最低10年間の保険料納付で年金を受け取ることは可能です。 保険料は、平成29年度で16,490円。 この保険料は年々増加傾向にあります。 支払いは会社員であれば給与から天引きされるケースが大半で、フリーランス、経営者などの方は口座振替、銀行、郵便局、コンビニなどで納付することが可能です。 厚生年金 年金は企業に所属していれば支払が発生します。 その為、18歳で仕事を始めて60歳で定年退職した場合、42年間厚生年金保険料を納めることになります。 厚生年金の保険料は、実際の所得によって大きく変化し、『基準報酬月間』である毎年4,5,6月の平均給与で算出されます。 2で割っている理由は、保険料を企業側と個人で折半する為です。 「4月から6月で残業し過ぎると手取りが少なくなる」というのは、厚生年金が原因なんですね。 年金制度が「少子高齢化社会」でも維持される理由 結論から言うと、年金制度は今度も維持されていくでしょう。 理由としては、政府が「年金を支払えません」と発表したら、国民の反発が強くなり政権の支持率が大きく揺らぐからです。 しかし、これから更に進行する日本の『少子高齢化』は、今後の年金制度に大きな影響を及ぼします。 この項目では、「少子高齢化社会」の進行でも年金制度が維持される理由を解説します。 2017年 2035年 予測 人口 12,532 万人 11,522 万人 65歳以上の人口 3,515 万人 3,782 万人 高齢化率 平成29年推計 27. これは、自分が支払っている年金が将来の受け取る年金になるのではありません。 いま年金を受け取っている高齢者世代に振り分けられる『世代間扶養』の仕組みなのです。 平成29年 2017年 のデータでは、65歳以上が総人口に占める割合は27. 2035年には1〜2人で1人の高齢者を支えることに 2035年の予測を見ると、平成29年推計の総人口に占める65歳以上の高齢者の割合は32. 15歳〜64歳の人口は2017年に発表された7596万人から、2035年は6494万人に減少。 この数値は、1〜2人で1人の高齢者の年金を賄う計算となってしまいます。 年金制度で掲げられている『世代間扶養』とは、年金を支払う側と受け取る側のバランスが大切。 しかし、少子高齢化によって年金を受け取る人口が増加、支払う側に大きな負担が掛かっているのです。 年金が貰えない可能性は少ないと言えます。 しかし、受給年金額が削減される可能性は、今後十分にあるでしょう。 日本の総人口も減少傾向 『公的年金制度』の財源の約半分は、実は税金で賄われています。 これによって、多くの専門家が「年金が貰えないことはない」という見解を示しています。 今後の人口推移を見ると、2017年には1億2500万人の人口。 2035年には1000万人の人口が減少することが想定されています。 このデータから単純に税金を払う人が少なくなる為、税収も減少していくのです。 なので、年金制度は、今後も維持され続けるでしょう。 しかし、税収が今後減っていく日本社会において、消費税は更に上がっていく可能性は高いです。 年金だけを頼りにしては行けない理由 ここまでは、日本の人口推移と予測から見る年金制度の変化について解説しました。 次に、老後の生活を年金だけを頼りにしてはいけない理由を解説します。 消費税は今後も上がる 少子高齢化は、将来の大幅な人口減少を生み出します。 前述したように、年金制度を政府が維持することを想定した場合に、税収を確保するために大幅な増税が今後行われる可能性があるのです。 私たちが貰える年金が保障されたとしても、普段の生活の出費は増税により増えていきます。 税金は上がっても、貰える会社の給与が大幅に上がるとは思えません。 未来を見据えて、会社以外の収入を増やす取り組みが求められるのです。 年金が未来どうなるか分からない 2017年には、1500万人ほどいた0〜14歳まで子どもは、2035年には1200万人ほどに減少すると予測されています。 このデータは30代〜40代が高齢者になった時に、年金の財源が減少することを意味します。 もちろん、それでも年金制度を維持しようとすれば、毎月の年金支払額の増額と消費税の引き上げに拍車が掛かるでしょう。 どのような結果に転んだとしても、しわ寄せは全て働く世代にやってきます。 だからこそ、副業などで収入を増やすことは大切なのです。 副業をしてみようか検討している方は必ず下記の記事を読みましょう。 「」 「」 年金に頼らない為にも、会社以外の収入源を確保しよう! 今回は、「公的年金制度」の説明から今後の年金動向について解説しました。 結論として、 ・年金が貰えなくなることは政府としても国民の批判が強くなり非現実的。 ・年金制度を維持することで、支払年金額の上昇と段階的な増税を政府から求められる。 と言うのが答えです。 だからこそ、政府や大手企業が推奨している『複業』を始めることは大切。 未来の不安があるからこそ、今の時代から準備しておきましょう。 「」 「」 転売ヤー必須の「」に登録しよう!!! 登録するだけでヤフオク! みなさんのおかげで 人気ブログランキングで1位を獲得できました! 次は、 で1位を取りたいです!こっちは今何位でしょう? 記事の更新はでご確認ください。 リアルタイムで更新をおしらせします。 最終的な購入は自己判断でお願い致します。 転売に関するトラブル等は一切責任を負いませんのでご了承ください。

次の