パチンコ 鳳凰 打ち方。 ハナハナ鳳凰

P鳳凰インフィニティ(∞)【パチンコ新台】|スペック ボーダー 3穴クルーン 保留 信頼度 予告 評価 演出 セグ 感想 導入日 打ち方 解析 攻略 タイプ 型式名 継続率 出玉 止め打ち

パチンコ 鳳凰 打ち方

・導入台数が多いか ・技術介入の効果があるか ・店の看板機種となり得るか ・お金に直結する小ネタがあるか ・一撃性が高いか ・安定感があるか これらが評価基準。 一撃性と安定感は二律背反なので、どちらかを満たしていれば勝てるパチンコ台であるという定義です。 雑誌などのボーダー回転数は、基本的には加味していません。 ボーダーが甘くても釘を閉められれば終わりですし、ボーダーが辛くてもそれを考慮した釘になっていれば問題ないからです。 一撃性に関しては、長期的な目で見れば低い方が良いです。 一撃性が高いということは、それだけ波が荒いということになり収支のブレが大きくなってしまいますからね。 ですが、多くの人はそのブレがどうこう言うほどパチンコに時間は割けません。 なので、一撃性が高く、勝ち逃げがしやすい点も考慮に入れています。 第8位 役物系の台 いわゆる「アナログ要素」のある台。 天下一閃や天龍などがこれにあたります。 考えることは、「店側の調整ミス」です。 ここが付け入る隙になります。 基本的に店側のミスによるものですから、新装初日、2日目ぐらいまでしか効果が見込めない、要は寿命が短いことは難点です。 大手チェーンのホールなんかではグループ内で寝かせのデータやら諸々を共有しているので、ミスは起こりにくいです。 管理が甘めの店に役物系の台が導入されたら狙ってみる価値はあり。 この手の役物系(一発台)と羽モノにおいての生命線である「寝かせ」に関しては以下のページで詳しく書いています。 結局、この手の台は店の扱いが難しく、使いづらいのが現実です。 状況が良ければ普通のデジパチと違い「ほぼ間違いなく勝てる」ので、探して損はないですが、相当な実力と店回りが必要になります。 ちょっと非効率的過ぎで、現実離れし過ぎですね。 第7位 高継続率系の旧基準機 ヤマト~オンリーワン~、ダンバイン、009などの高継続率台。 これらの中でもオススメは、ダンバインと009。 特にオススメなのは009の方です。 こちらはの方でも書いたように、技術介入が効く高継続率台のほぼ最後の生き残り。 波が荒くともしっかりと回っていれば終日勝負も可能です。 しかし基本的にはそんなに回ることはないですから、一撃を取ったら止めるという選択肢を常に持っておくべきでしょう。 投資金額をあらかじめ決めておくのも良いですね。 中途半端なスペックの台や、回転率がさして変わらない新基準機を打つぐらいなら、こっちを打つ方がまだ勝てます。 一撃の連荘の夢が見られるのもその機種がある間だけ。 撤去される前に爆連を目指してみるのも一興ですよ。 しかし、総量規制の関係上どうしても時間は掛かってしまいます。 また、現状ではその高い継続率を警戒(それを餌に)し、回転率が芳しくない状態で使われている状況を多いのも現実です。 額面上の継続率に踊らされることなく、しっかりと回転率と出玉を把握しましょう。 第6位 バイオハザードリベレーションズ2 P機のマックス機にあって、この「バイオハザードリベレーションズ2」は個人的にかなりオススメ出来る機種です。 機種としてのスペックには全く問題ありません。 ただ、店の扱いと今後看板機種になれるかどうかの点で結構マイナスになってしまいます。 それでもこのランクという事は、それほどに今の機種ラインナップの中では勝つために魅力的な部分があるという事。 詳しくは以下の機種紹介ページをチェックしてください。 第5位 蒼天の拳 双龍 蒼天の拳 双龍はなかなかに良いスペック。 ボーダーラインがもともと甘めであり、細かな技術介入を行う事で他人との差を容易につけることも可能です。 導入台数もそこまで少なくないですし、人気の無いシリーズでもありませんから、ある程度の状況で扱われる可能性もあります。 ただ、今までの蒼天の拳シリーズがどうしても2番手、3番手として扱われてきたという実情を鑑みると、これぐらいの位置が妥当なのかな?と。 釘や打ち方のポイントなど、詳しい解説は以下の機種紹介ページを参考にしてください。 第4位 真花月2 設置台数と看板にはならないだろうな。 って所がマイナスポイントですが、基のスペックも悪くないですし、技術介入で他人と差が付く面もあります。 そして、なによりも「天井時短(遊タイム)」の存在が大きい。 初めからある程度は投資金額の上限に目途を付けることが出来ること。 これは勝つためにはとても重要です。 まぁ、天井時短もぶっ飛ばしてハマる可能性も0ではないですけどね。 詳しくは以下の機種ページで確認してください。 第3位 真・花の慶次 漆黒の衝撃 個人的には漆黒ではない方の真・慶次の方が好きなのですが、人気的には漆黒の方が圧倒的に高いように感じます。 実際にホールでの扱いも人気がある分、漆黒の方が優遇されている場合が多いですからね。 やはり最大の魅力は今では少なくなった「払い出し2,400発」の部分でしょう。 技術介入もソコソコ効くので、プロも御用達の台になり、人気も定着しました。 認定切れで撤去になるまでは、ホールの看板の一角としてそれなりに扱われることでしょう。 技術介入や釘のポイントなど。 詳しい機種解説は以下のリンクからどうぞ。 第2位 海シリーズ の方でも書きましたが、特に書くことがないです。 打っている層のメインがシニアだから、レベルが非常に低いことが多いので店も扱いやすいです。 基本的に薄利で調整されている場合が少なくないので、その中から選んで少し止め打ちなどに気を配ればなんとかなります。 消化効率の良さは今でもかなりのものですから、回る台を掴めれば他のムダに長い演出を見せられる台に比べて試行を稼げます。 試行が稼げる=期待値が上がるわけですから、大事な要素です。 勝てるパチンコ。 というテーマでは、外すことは出来ないシリーズです。 出来るだけ旧基準の海を打つ方が良いですが、あくまでもスペックだけを考えた場合。 スペックに応じた釘になっていれば問題ないです。 海ジャパン2などの「設定付き海」に関しては、個人的にはオススメしません。 メイン層が老人のため、設定推測や設定の概念自体が薄い、無いためホールも設定を入れてこない傾向が強いと感じています。 (あくまでも私の周囲の話) 第1位 北斗無双 今、勝てるパチンコ、勝つためのパチンコとなれば北斗無双は筆頭。 多くの店で今も看板機種として扱われているため、調整は比較的甘めの場合が多いです。 近隣店舗との競争が起こっている場合もあるので、そう酷く扱うことができません。 さらには多台数を抱えている場合も多く、ここが客離れしてしまうと店の見栄えも悪くなります。 基スペックも甘めで、オーバー入賞狙いや時短、確変中の1~2個打ちで差も付けられます。 波は結構荒い部類の機種なので、ある程度その甘さや結果を求めるには時間がかかるでしょう。 それでも、店の扱いや機械の性能などを考えて、トータル的に甘い。 勝てるパチンコの一番手と言っても過言ではありません。 が、まだまだ主役級であることに間違はありません。 パチンコ 北斗無双に関しての詳しい勝ち方やポイントは以下の記事を参考にしてください。 まとめ ランキングにおいて、4位とそれ以下では大きく違います。 もっと言えば、 ベスト3の機種だけに絞って機種選びをするのがベストです。 さておき、 勝てるパチンコ台=回る台。 これは封入式でないなら絶対的に変わらないことです。 ですが、例え回ったとしても出玉がまとまりにくい台は勝ちにくい。 これは勝ち逃げがしにくく、勝ち逃げした時の金額が少ない場合が多いからです。 この記事で取り上げている台は、 現状では戦える、勝てるパチンコの可能性がある機種たちです。 裏を返せば、これらの機種以外は打つ前から勝てるパチンコではない。 最初から勝負にすらなっていない可能性が高いとも言えます。 限定的な状況であれば他の台にも勝てるパチンコの可能性はあります。 しかし、 勝てるパチンコを念頭に台を選択するなら今回紹介した機種たちを中心に、優先的に釘を見ていった方が効率が良いことは確かです。 勝てるパチンコを目指して、機種を選んでいきましょう。 甘デジで勝てる台や安定感のある台をお探しなら、以下のページをそれぞれ読んでみてください。

次の

ハナハナホウオウ

パチンコ 鳳凰 打ち方

高評価の感想 18時頃予定が全部終わったのでふらっと寄ったホールで新台『P鳳凰』が1台だけ空き台であったので着席。 初当たり取るまでに単発挟んで41k持ってかれるやばい展開も確変一撃で34,251発出て仰天。 クルーンも7連勝で都合43連というストック機みたいな出方。 寝かせよければマジでやばい台だと思います。 いや、私はそれでもマルホンから出たというブランド推しで打つけどね!! というか、このスペックというか出玉性能でよく検定通ったな〜と思う。 現行機最速じゃね?これ。 まあ、2ラウンドとクルーンで出玉調整してるのかなって感じ。 とんでもない機種が登場したわ。。。 ww ちょいちょい出てくる天龍の音源はマルホンファンにはたまりませんね。 — ヒデリーヌ ネクストゾーンch. fugutarou55 新台P鳳凰に35000円投資して、 初当たり確変4回。 2連、3連、単発、単発 でボロ負け。 すごく楽しかったのに。 クルーンも4回ともハズレ。 新装開店2日目。 少しでも打つ際の参考になればと思います。

次の

ハナハナ鳳凰

パチンコ 鳳凰 打ち方

パチンコ 2019. 07 2020. 15 pe-young13 パチンコの回転率の求め方 打たずして導き出す 今回も文章力に乏しいpe-young13にお付き合いいただき感謝いたします。 私なりではございますが、 パチンコ台の回転率を求め方をご説明させていただきます。 皆様は、 「ボーダー理論」をご存知でしょうか? ボーダー理論をご存知ではない方はお手数ではございますが、ぜひともググって調べていただいてからこの記事をご覧になることをお勧めいたします。 ・・・・。 んなやついねーか 回転率を求める、というタイトルでこの記事見てる時点でご存知ですよね。 偉大だ石橋達也 さて、 回転率を求める際、 皆様は 「釘」を見て・・・・ から始めていませんか? 以前、私もそうでした。 ムズいわ・・釘読み・・。 で、 5kのマイナス。 ・・・・。 5kですよ!! 無駄な投資と時間。 で、 そういった無駄を皆様にも避けていただきたく、この記事をしたためた所存でございます。 よかったら見てみてください。 それでは ヨロシクオネガイシマス。 サイトセブンのデータから回転率を求める まずは、準備するものがございます。 サイトセブン• 定規 をご用意ください。 サイトセブンでなくても、 「大当たり履歴」「差玉がある程度正確なスランプグラフ」が見れれば問題ないです。 てか、レイトギャップのグラフよ!!これ!!・・・・ 適当すぎんだろ!!これ!! ・・・・話それるからいいや!! 本題 今、私がお世話になっている北斗無双のデータをちらり サイトセブンで言う 「大当り履歴」と 「出玉推移」でございますが まずは、 「出玉推移」 最後、はまりを食らっております・・・・。 このはまりで何k分消費したかを求めます。 携帯の画面を最大限に拡大して定規で計ります。 694mmで20000発・・・ 41. 654mmで何発でしょう?という計算。 はまりで消費した玉数は10722. 585玉、ゆえに 約42. あたる前の通常保留は・・・・いいや、考えなくて。 89= 18. 89= 19. 42 と、 ・・・・。 あれ、 ・・・・釘しめたか!? 自分が回したときは20回ってたんだけどな・・・・。 30k分のサンプルだけど。 50k分くらいはほしいのかなぁ~。 ・・・・。 みたいなことも把握できますよと。 汗 ・・・・。 あ、 でも保留の数に関係なく打ちっぱなしだったらこんなもんか?・・・・打ちっぱなしだったとして、打ち止めって大切だなぁ。 ・・・・。 みたいなことも把握できますよと。 明日、仕事終わったら釘の確認いかねば。 私事がいちいち登場する説明となってしまいましたが、 この方法で自分が求める回転率の台にたどり着けるまでの時間が 飛躍的に縮まりました。 あとはなにより、 朝一、釘を確認するプロどもを横目にうち始める優越感。 私が打ってる後ろで、約10秒間ほどのラオウ立ち。 これに限ってはキモティー! こういう回転率の出し方もございますよ。 という説明でございました。 私的にはやるには十分な台だと思っております。 定規に関して 今私、 まさにこれを使っております。 ホームセンターで500イェンくらい。 1mm単位も測れるやつなのでございます。 今回、イラストレーターで画像編集していて気付いたのですが イラレに測ってもらった方が正確だわw サイトセブンで出玉推移が見れない店対策 サイトセブンでは、お店さんによって出玉推移、大当り履歴が見れないこともございます。 そういったお店さんの対策をご説明させていただきます。 そういったお店さんの場合、 出向くしかない と、私は思うのですが 出向いて、 スランプグラフと大当り履歴を写メ あとは、サイトセブンから求めたときと同様でございます。 写メを拡大できるだけ拡大して、 回転数と要した玉数から回転率を割り出します。 1つ例としてデータをちらり 餃子の王将7000でございますが、 こういうスランプグラフでしたら分かりやすいですよね。 その場で暗算。 1日前 黄色線のグラフ の最初のはまりに注目 最初のはまりで消費した玉数は 20000発、つまりは 80kでございます。 80k分の投資で回転数はと、 75・・・・。 9375・・・・。 近づいてはいけない台・・・・ 確定!! と、いった流れでございます。 役物機の場合、役物内での出来というのも回転率に左右される機種でございます。 王将、ダイナマイトキング、最近で言うとすしざんまい等の機種を打つ場合、 ヘソに入る玉数を確認しながら様子見。 というのをお忘れなく。 ヘソに入る玉数でボーダー算出してくださってる方の記事を押さえとくと良いと思います。 ちなみに私は「ちょんぼりすた」様の記事を拝見させていただいております。 王将以外でもいつもお世話になっております。 この場を借りてお礼申し上げます。 知りたいことが1つのページに全部収まってるのが助かります。 度々にはなりますが、 私事が混じり合う解説でご不便おかけいたします。 サイトセブンで見れないデータカウンターでも見れない店の対応 サイトセブンイレブンでも「出玉推移」、「大当り履歴」が見れないお店さん。 データカウンターでもドットのスランプグラフでよくわからん!みたいなお店さん。 そういったお店さんに関しては、 毎日通える、釘読みに長けている、サクラの存在を把握でいている等の専業勢でない限り、私クラスの副業勢は近づかないのが無難かと思います。 副業勢であることの身の程を知るというのも・・・・ ・・・・。 ・・・・。 あ、話しそれちゃう。 近づかないのが無難かと思います。 注意点とまとめ サイトセブン等から回転率を求めるということで記事を書き進めさせていただいましたが、 注意点がございます。 それは、 お店さん傾向 釘をいじるタイミング、場所 の把握する必要がございます。 たとえば・・・・ 具体的に私のマイホ、4店舗のうちパチンコで稼働しているホールが3店舗。 釘は滅多にいじらない。 回りすぎる台がある場合、個別に調整する。 調整中する際は「寄せ釘」 寄り釘、鎧釘、ハカマ、なんか調べたら色々名称があるんだが・・。 の右下を下方にマイナス調整。 釘をいじるタイミングがよくわからない。 調整する際はバラ釘からのこぼし、右打ち時の釘をマイナス調整 出玉を調整。 釘をいじるタイミングは特定日前後 力を入れたい機種に限る。 いじる箇所はへそ釘、あからさまに開ける。 突貫的なので回るにしても台によって回転率に差が出る。 おわり•

次の